SS保存場所(けいおん!) TOP  >  カオス >  梓「もの凄くうんこがしたい…」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「もの凄くうんこがしたい…」 【カオス】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1275312164/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 22:22:44.84 ID:5wOQa04r0

もの凄くうんこがしたい…

あずにゃんこと中野梓であるこの私は今猛烈にうんこがしたかった。

私の中にあるその強大な廃棄物質は、

まさに私の小さな尻から捻り出ようと暴走を続けているのだ。

これ以上我慢する事は今後の私の学園生活を含めた

あらゆる人生の分岐に影響を与える事だろう。

一刻も早くうんこをしなければならない…



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 22:28:22.17 ID:5wOQa04r0

私は走った。目的の為にただひたすら走った。

だが、そんな私の前に厄介な最初の難関が立ち塞がっていた。

えへへ、あずにゃん何してるの?

けいおん部の天然要塞こと平沢唯が私のうんこの邪魔をせんと、

私の前にその邪悪なにやけづらを掲げながら立ち塞がっていたのだ。





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 22:34:27.72 ID:5wOQa04r0

すいません、先輩どいてください

うんこがしたくて必死な私は恥を忘れ彼女に懇願した。

しかし彼女はその場から立ち去るでもなく

私の前に依然としてその場からまったく動かなかった

うへへ、何をしようとしてるのか話してくれるまでどいてあげなーい♪

くそ!この犬以下の畜生め!

私は彼女の説得を諦め、強行手段で彼女をどかせる事にした。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 22:39:40.65 ID:5wOQa04r0

ん!何をやめ…やめて!

私は抵抗する先輩の腕をむんずと掴み、猛烈に唇を吸った。

私のキスに抵抗しようとする先輩の体は私の腕力には逆らえきれず、

壁に張り付けられ、ただ私に体を預けた状態となった

やめて…ん、あ…やめてよぉ…



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 22:45:48.42 ID:5wOQa04r0

私はもちろん止めはしない。

私は先輩の舌を強引に自分の舌と絡ませ、先輩の唾液をにちゃにちゃと吸い取った。

ビクビクと震える先輩の体を弄びながら私は執拗に先輩の唇を嘗め回した。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 22:53:15.94 ID:5wOQa04r0

必死に抵抗していた先輩の体から徐々に力が抜けていくのが分かる

先輩が私の体に足を絡め、執拗にキスをねだる瞬間を見計らって

私は先輩を押し出し、うんこをするため全力で駆けだした。

私は勝ったのだ!平沢唯に!

だが勝利の余韻に浸る間もなく私の前に新たな難関が立ち塞がった。

よぉ!あずさー!何急いでるんだ? 



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 23:01:56.36 ID:5wOQa04r0

そこには走る強風こと、田井中律が立っていた。

またしても邪魔が……私は尻の悪魔の叫びを必死に押し込めながら先輩に懇願した。

お願いします急いでるんです…そこをどいて下さい

私は必死に先輩に懇願した。だが彼女はその場を退く事はなく、非情にも私に言い放った。

へへへ嫌だよ~通りたかったら私を越えていけー!なんちゃて♪

貴方もそうなのか…ならば仕方ない!

私は先輩を壁に押し付け、唯先輩と同じ要領で先輩のあそこに強引に手を入れた。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 23:09:19.09 ID:5wOQa04r0

な、何するんだよ!梓!?

必死に抵抗する彼女の唇を先程唯先輩の唾液でトロトロとなった唇で塞ぎ、

すさまじいスピードで先輩のあそこをまさぐった。

   ん!ん!ん!

先輩は私の思春期の男の子の電動マッサージ機の使い方のような技に耐えきれず、

体の中の体液を派手にまき散らした。



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 23:17:16.36 ID:5wOQa04r0

先輩は私に唇を塞がれている状態の中で必死に細かい声をあげ、喘ぐ

先輩の体液で手がびしょびしょになった頃を見計らい、

私は再びうんこをするため駆けだした。

私は再び勝利を得たのだ!

高らかに勝利の雄叫びをあげる衝動を抑え、私は悪魔の封印口へと、ひたすら走る

だがそこには新たな敵が立ち塞がっていた。

ん、梓?何急いでるんだ?

澪先輩お前もか!私は憤慨した!



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 23:23:44.13 ID:5wOQa04r0

私は有無を言わさず彼女の唇を吸い上げ、人の居ない放送室へと先輩を導いた。

   な、なに!?

先輩のおびえた声を無視しながら

私は彼女の服を強引に脱がし、部員の中で一番大きな彼女の胸を弄んだ



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 23:31:22.28 ID:5wOQa04r0

先輩はじたばたと暴れながら必死に私の支配から逃れようとするものの

私が先輩の乳首を強く噛み、抵抗すると噛みちぎるぞと脅すと先輩はおとなしくなった。

所詮人は力にひれ伏すのだと思いながら

私は先輩の乳房を餅をこねるかのごとく強く揉みしだいだ。

うぅ… うぅぅ…

先輩のかそぼい泣き声が聞こえてくるが私はかまわず揉みしだいだ。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 23:48:12.57 ID:5wOQa04r0

最初はかそぼい声をあげ、静かにすすり泣いていた先輩だったが

私が先輩の乳房を触る強さを緩め、耳を優しく甘噛みすると先輩の状態は一変した。

体は徐々に桜色に染まり、先輩の声は甘い喘ぎ声に変わった。



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 23:55:46.05 ID:5wOQa04r0

私は体の中の悪魔を必死に押さえ込みながら先輩のあそこに自分のあそこを擦り合わせた。

私達はまるでプロレスでもしているかのような状態で激しく体を上下させる。

もはや先輩になんの抵抗も無く、私の動きに合わせるように自ら体を擦り合わせ私を逆に味わった

だがそんな中でも私の体の中の悪魔は確実に育ち、私の人生を滅茶苦茶にせんと、うごめいているのだ。



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:02:43.16 ID:/LBKpQE90

私は先輩がもうすぐいきそうという頃を見計らい、必死に駆けた。

生殺しは酷いという先輩の声を左に流しながら、

私はうんこという生命の神聖な行為をなす為内股になりながらも頑張って走った。

いや、もはや走るとはいえないだろう。

私は尻を抑え、汗をだらだら流しながらトイレに滑り込んだ。

しかしそこにいたのは邪悪な沢庵の悪魔だった。




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:02:58.75 ID:vivfxfOe0

GoGo!!



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:04:12.52 ID:fDITKhsF0

Aznyac!





41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:07:13.75 ID:/LBKpQE90

あら、梓ちゃん?貴方もおトイレ?

おのれ…おのれ!またもや邪魔が入った。

私はもう我慢の限界だ!だがここで悪魔の誘惑に屈する訳にはいかない!

私は先輩の強引に押し倒すと膀胱を巧みに操り、彼女の口に神秘の黄金水を流し込んだ。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:10:42.34 ID:/LBKpQE90

  んー!んー!んーー!!

先輩の声にならない激しい唸り声が聞こえてくる。

だが私はおかまい無しに先輩の口に天然の黄金水を流し込む。

けっしてうんこは出していない。

んー んー んん……



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:15:10.96 ID:/LBKpQE90

驚いた事に先輩は私の黄金水をゴクゴクと音をたてて飲んでいる。

どうやらそっちの気があったようだ。

私は先輩の性癖を理解すると、中に残っていた黄金水を彼女に注いでいった。

もちろんうんこは出していない。

んー 今度は大きいほうも~



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:20:57.85 ID:/LBKpQE90

私は先輩がうんこのほうも要求する頃を見計らって迅速にトイレの個室に入った。


うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!

私は激しい唸り声をあげるとあの忌まわしい悪魔は便器の中に封印された。

私は今全ての戦いに終止符をうったのだ!

しかし目標を終え、油断していた私はある重要な用件を思い出してしまった。 



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:24:57.79 ID:/LBKpQE90

見たいテレビがあるんだった…

そう私はテレビで見たい番組があった事を思いだし、

尻を拭くのも惜しんでトイレの扉を開けた。

しかしそこにいたのは私が乗り越えた数々の障害達だった。



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:29:16.41 ID:/LBKpQE90

ねぇ?あずにゃん

まさかこれで終わりだなんて

言わないよな?

続きをしましょ♪

どうやら私は戦いはまだ始まったばかりだったらしい…

私は見たいテレビの為に決死の覚悟で先輩達に突撃した。

拭かない尻を掲げながら…

終わり




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:31:47.28 ID:uN5i7C8W0

これはいい糞スレ



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/01(火) 00:32:50.30 ID:H+YFsJh+0

これは新しい






関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「もの凄くうんこがしたい…」
[ 2011/10/01 17:26 ] カオス | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6