SS保存場所(けいおん!) TOP  >  カオス >  唯「あずにゃんは明太子ぶつけられるの好きだねぇ~」#第一部

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「あずにゃんは明太子ぶつけられるの好きだねぇ~」#第一部 【カオス】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1288364787/

唯「あずにゃんは明太子ぶつけられるの好きだねぇ~」#第一部
唯「あずにゃんは明太子ぶつけられるの好きだねぇ~」#第二部
唯「あずにゃんは明太子ぶつけられるの好きだねぇ~」#第三部




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:06:27.99 ID:/+hOqfni0

唯「ほいっ!ほいっ!」

メタッ メタタッ

梓「ふっ・・んぁああ・・・
  明太子・・・・ほぁぁあ・・・・ぷつぷつ・・・・ほほおぁあ・・・」

梓の端麗な顔面に幾度と無く投げつけられる明太子

そのひとつひとつが紅の彗星の如き軌跡を描き

衝突の衝撃で真っ赤な花火の様に弾け飛んでいく

唯「ほいっ!ほいほいっ!!」

メタタッ メタッ メタタタッ

唯の投球、否、投卵フォームもこの上なく理想的な動きだった

元より何事も飲み込みの早い素質を持った彼女だったが

このような行為にさえ、それは発揮されていた

明太子を握りつぶさないよう、赤子を抱く母を思わせる優しい手つき

梓の顔面で程よく弾けるよう、緩やかながらも力強さを感じさせる投卵

類稀なる彼女の才能によって明太子は梓の顔面で存分に己が全てをさらけ出していた

梓「んんっ・・・はぁっ!
  ほあぁ・・・ぁぁあっ・・・・うぶぅっ!・・・んぐ・・・はぁ・・・」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:07:40.25 ID:jnP6VFAL0

今日のmjktスレ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:10:33.78 ID:E0chw7Lm0

面白いと思ったけどそれは多分俺が寝不足だからだな・・・



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:11:53.04 ID:hc3iNDi4O

勃起した
意味がわからない



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:12:30.95 ID:g4dlPzv7O

ふぅ…







15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:17:39.16 ID:/+hOqfni0

唯「あずにゃんは明太子ぶつけられるの好きだねぇ~」

梓「そうですっ・・・そうなんですっ・・・・
  私は・・・・明太子無しでは生きてはいけない身体になってしまったんですっ・・・!」

この儀式めいた一見不可思議な行動は梓の意思によって行われていた

彼女がこの性癖を唯に打ち明けたのは一ヶ月前

放課後ティータイムの面々が帰宅にかかろうとしたとき、梓は唯を呼び止めて全てを打ち明けた

考えても見ていただきたい。

明太子を顔面にぶつけられる事に快感を覚えるなどと、どうして人に晒せようか?

だが彼女は打ち明けた。彼女が絶対的な信頼を置く唯に。全てを打ち明けたのだ

そして唯はそれを受け入れた。他ならぬ愛すべき後輩の全てを受け入れたのだ

その愛と絆のなんと美しきことかな

二人の間には今確かに卵管よりも強い強い絆が結ばれていた

そして愛する二人の間には一切の邪魔はなかった

日々日々二人は惜しみなく愛の華を咲かせ続けた

梓の顔面で飛び散る粒は、まさしくそれを思わせる美しさだった

唯「あずにゃん・・・愛してるよ・・・・。ほいほいっ!!ほほいっ!!」

梓「唯先輩・・・・大好きです・・・・・んはっ!んほほぉっ!!・・・ほァッ!!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:30:44.45 ID:/+hOqfni0

唯「あずにゃん・・・私最近またコントロールが良くなってきたと思わない?ほいっ!」

梓「えぇ・・・ええ!思いますっ!!素敵です!!
  私がぶつけて欲しいところに的確に明太子が・・・・あぁっ!!」

唯「だよねだよね!そしてなんと!
  愛すべきあずにゃんのために!!私は新技を思いついたのです!」

梓「し、新技・・・・?あぁ・・・な、何をする気なんですか唯先輩・・・・!
  想像しただけで・・・私、もう・・・・んんんっ///」

唯「ふっふっふ・・・、ねえあずにゃん?私のこと、好き?」

梓「えっ・・・・は、はい!もちろん!好きです!!」

唯「愛してる?」

梓「あ・・・ぁぃ・・・・、あ、愛してますっ!!!うぅぅ~////」

唯「じゃあ私のことをもっと見つめて」

梓「はっ、はい!!」ジィ~

唯「そう、私のことを愛してるなら、絶対に目をそらさないでね!何があってもだよ!」

梓「はいっ!はいっ!!絶対に唯先輩を見つめ続けます!!」

唯「いい子だねぇ~あずにゃん!それじゃいくよ!・・・ほいっ!!!」

梓「ォギャッ!!!」

唯の新技であろう明太子は梓の大きくてくりくりとした眼球に正確無比にクリーンヒットした




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:31:30.30 ID:P1as96U80

うわあああああああああああああああああああ



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:33:06.64 ID:46knRR7O0

梓wwww



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:33:44.95 ID:7NkzDS8m0

おぎゃwwwwwwwwwww



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:34:33.40 ID:0VReYhgK0

どんなプレイだwww



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:35:41.89 ID:0210RQ490

wwwwww明太プレイ





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 00:45:51.52 ID:/+hOqfni0

唯「すごい!すごいよあずにゃん!!
  眼球に明太子が直撃しても私を見続けてくれるなんて!!」

事実、梓は高速で飛翔する明太子が目前に迫っても瞼を閉じず

本来眼球にぶつかろうはずもないものがぶつかってもなお、愛する者を見つめ続けていた

しかも・・・ぶつかった明太子・・・・これは・・・・

いや、これは明太子ではない・・・・・なんと、辛子明太子だったのだ

となると当然、梓の眼球には

明太子の味付けに使用されている唐辛子調味液が存分に付着したことだろう

そんな状態で目を開き続ける梓・・・相当な痛みが襲い掛かっているのだろう

その目尻からは大粒の涙がぽろぽろと溢れ出している

だが、それでもなお、彼女の瞳は唯の姿を捉えて離さない

愛は人をどこまで成長させるのだろうか・・・

梓「ふぐっ・・・・ふっ・・・・ぁひ・・ぁ・・・くっ・・・・
  ゆ、唯せんぱぁい・・・・こ、これは・・・ギャヒィッ!!」

唯「ほいほいっ!!!ほほいのほいっ!!」

メタメタッ!! メタタタッ!!

間髪いれずに投卵を繰り返す唯

その全てが黒い輝きに吸い込まれる様に飛び込んでいく



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:01:17.10 ID:/+hOqfni0

恐るべきは唯のこの投卵力とコントロールである

後述となってしまったが、二人の姿は今、放課後と呼ばれる時間も過ぎ

全ての部活動が終了した人気の無い学校の廊下にあった

いや、誤解の無いように言おう

二人の姿は学校の廊下の"両端にあった"

これがどういうことかお分かりだろうか?

そう、唯は廊下の端から端という距離をもって、梓に明太子をぶつけているのだ

廊下の距離は・・・約50メートルといったところだろうか

野球のマウンドからホームベースまでの距離が約19メートルである事を考えると・・・・

無理だ、あり得ない、そういった類の言葉しか浮かばないだろう

ましてや唯が投げているものは硬球でも軟球でもない

味付けされた、食用の、スケトウダラの卵だ

だが現実として二人の間には幾重もの赤い架け橋が生まれては消えているのだ

愛、それは人に限界というものを与えないのだろうか・・・

唯「ほいっ!!ほほいっ!!!よ~っし、3点バースト!ほほほいっ!!」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:15:33.85 ID:/+hOqfni0

梓「ふっ・・・ぅくっ・・・・先輩・・・唯せんぱぁい・・・・ぐすっ・・・んっ・・・」

唯「あれあれ?あずにゃん・・・泣いてるの?どうして?悲しいの?」

梓「いえ・・・・いえっ!ぐすっ・・・
  悲しくなんか・・・ありません!あるわけ無いじゃないですか・・・・!」

唯「じゃあどうしたの?」

梓「・・・唯先輩が・・・っ!私のために・・・
  こんなに頑張ってくれて・・・嬉しいんです!すっごく、嬉しいんです!!」

唯「・・・・・・・あずにゃん」

梓「嬉しくって・・・嬉しくって・・・・涙が止まらないんですよ・・・・!」

唯「・・・・・・」

梓「だって・・・、ずっと憧れてた唯先輩が・・・
  私のために・・・・私だけのために・・・頑張ヒギャアァッ!!!」

唯「ほいほいっ!!ほほいほいほいっ!!」

メタタッ メタラララッ!

唯の無慈悲とすら感じさせる投卵はますます速度を上げ、

さながらアサルトライフルのようであった

そしてその銃撃は確実に梓の顔面と心を撃ち抜いていく

梓の性的興奮はピークを迎えつつあり、

彼女の下着は既にその役割を果たさない程にぐしょぐしょに濡れそぼっていた




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:17:29.93 ID:P1as96U80

50メートルwwwww会話すんのも大変だろwwww



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:18:42.73 ID:0210RQ490

唯の肩力パネェな



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:20:39.09 ID:cAF4GKvO0

何か分かんないけど興奮する





47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:34:04.09 ID:/+hOqfni0

唯「さぁ~って、あずにゃん!そろそろクライマックスだね!!」

梓「んっ!!んぐんっ!!ほぉぉっ・・・!ほぁぉぁっ・・・・!!!」

唯「あらら~!もうろくに喋ることも出来ないみたいだねぇ~」

唯「じゃあとどめを刺すよ!
  次のはさっきの"アイズ・オン・ミー"なんて目じゃない技だよ!
  あ、これダジャレじゃないからね!!」

梓「ふひっ・・・!・・・ひっ!・・・ひっ!・・・・ふぅっ・・・ぁ・・・!」

唯「じゃあいくからね!・・・平沢流奥義!!"ダイブ・トゥ・ブルー"!!」

技名なのだろう、唯はそれを叫ぶと共に状態を大きく後ろに反らし、

バネのように反動をつけて大きく右腕を振りかぶった

当然のように、その手には明太子、いや、辛子明太子

それが彼女の手元を離れる瞬間、手首が目では追えない速度で複雑に回転する

一体何をしたのか・・・それを知るには

愛を乗せて飛び始めた辛子明太子の行方を見守るほかにないだろう

廊下との平行線を描く辛子明太子、だがその軌跡は・・・・あまりにも低い

床から10センチ程だろうか、まるでホバリングするかのように直進する辛子明太子

物理法則を無視しているとしか思えないそれは着実に梓の元へ迫っていく




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:37:59.33 ID:0210RQ490

投げ方がミラクルジャイアンツ童夢くんだな





51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 01:48:54.93 ID:/+hOqfni0

このままでは辛子明太子は梓の股下を潜り抜けて壁にぶつかって無残に砕け散るだろう

梓は虚ろな眼差しで迫る辛子明太子を見てそう思った

そしてそれは決して間違いではない

投手が・・・彼女でさえなければ・・・・!

唯「はーばたくーのーっさーすぐーにー♪」

"彼女"が口ずさむ―――

梓「・・・!?」

"辛子明太子"が急上昇し始める――――

梓の"股間"を目掛けて―――――

梓「――ひぃっ!!」

梓はその光景に、恐怖すら感じた

いや、言い換えよう、"恐怖で感じた"

おそらくほんの数秒後には、アレは女性の中心点をえぐりぬいてくれるのだろう

その期待が彼女に至上の興奮をもたらしたのだ

そしてその期待を背負った箱舟は、とうとう終着点へと―――――



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:00:28.52 ID:/+hOqfni0

タッタッタッタッ!!

律「わっすれっものー!わっすれっものー!
  あのノートがないと宿題できねーよー!――って!?」

唯「!?」

梓「!!?」

ドンッ!!

律「いたたた・・・・あ、梓!!
  こんなとこで一体なにやって・・・ゥホギャァッッ!!!」

梓「・・・・・」

唯「・・・・・」

律「ホギャーッ!!!ホギャギャーッ!!!ギャッギャギャー!!!!」

梓「・・・・・」

唯「・・・・・」

律「ウホッホホホホwwwwwホホホwwwwオホホホwwwww」

「「・・・・・・・・」」

何が起こったのかは言うまでもないだろう

突如現れた田井中律は股間を押さえ白目を剥きながら狂気染みた笑顔で床を転げまわっている




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:03:15.33 ID:z0dq5EKG0

ついに賽は投げられたか。。。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:03:59.05 ID:0210RQ490

wwwwwwやっぱ律だな





58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:11:47.51 ID:/+hOqfni0

唯「あずにゃん・・・・」

梓「ゆ、唯先輩・・・・・」

唯「ごめん、あずにゃん・・・・」

梓「せ、先輩が謝ることじゃないです!!わたしがもっと注意してれば・・・!」

唯「ううん、私が悪いんだよ・・・・あずにゃんを愛しすぎて注意が向かなかった」

梓「・・・・もう一度、もう一度やってください!!」

唯「駄目なんだよ、あずにゃん・・・」

梓「!?」

唯「今の一球は私の全てを込めた卵。投手生命をかけた全力投球だったんだよ」

唯「私の肩は、もう、上がらないんだ・・・・」

梓「そ、そんな・・・・そんなのって・・・・ないです・・・・。あんまりです・・・・!!」

唯「だから・・・・ごめん」

梓「う・・・・うぁああぁああああん!!唯先輩!!唯せんぱあぁぁい!!!」

唯「あずにゃん・・・・!ごめんね・・・・!ごめんね・・・・!!」

律「ホッwwwwwwホホッwwwwwww」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:13:12.95 ID:qwTw7x1OO

泣いた



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:17:51.45 ID:P1as96U80

工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:18:30.59 ID:z0dq5EKG0

律「ホッwwwwwwホホッwwwwwww」





62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:25:14.78 ID:/+hOqfni0

何故こうなってしまったのか

お互いの不注意を嘆く二人

あの甘く辛い時間は一瞬にして消え去ってしまった

なんという悲劇、なんという悲恋

あろうことか二人の愛は、たった一人の招かれざる客によって永遠に潰えてしまったのだ

愛し合う二人に壁などない、そう思えたのはほんの数分前のこと

だがどうだ!今のこの有様は!!肩を抱き合いながら悲しみの涙を流す二人は!!

憎むべきは田井中律

なんなのだこいつは?何故現れた?どこから現れた?誰が望んだ?

神か?世界か?大地か?宇宙か?誰が望もうとも私は望んでいない

ならば現れるべきではなかった、

二人の邪魔をする資格などなかった、私の邪魔をする資格などなかった

貴様は邪魔者、貴様は障壁、貴様は不要、貴様は消えるべき、貴様は削除対象!!


貴様は―――――


紬「わたしがころしてやる」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:39:15.32 ID:/+hOqfni0

唯「!!? ムギちゃん!駄目!!」

紬「おいゴルァ!!りっちゃんさんよォオ!!
  えぇぇっ!??何さらしてくれとんじゃてめぇはよぉおおォォッ!!!」

メタッ!!メタタタッ!!!

紬「私がどんだけ金つぎ込んで
  この二人の愛を実らせようと頑張ってきたと思ォッてんデスかァァァ!?!?」

メタタタッ!!!!メメタタタタッ!!!!!

紬「この明太子!!ねぇ分かる!?
  ホラホラ味わって!!!口から!!鼻から!!目から耳から毛穴から!!!!」

紬「博多産最高級明太子"天"なんですよおおぉ!!?分かる??ワカル!??」

梓「先輩!!ムギ先輩!!やめて・・・・やめてください!!」

メタタタタタタッ!!!!

紬「どう?どう??このぷつぷつの食感!!!
  どう?いくらだと思う!?500グラムで二万円よォ!!!」

紬「ねぇ?ねぇどう??辛さの中にある仄かな素材の甘み!!!
  どう?いくらだと思う!?500グラムで二万円よォ!!!」

紬「どう?Do???早く食べないとどんどん鮮度が落ちていくの!!!
  どう?いくらだと思う!?500グラムで二万円よォ!!!」

メギュッ メタギュギュッ ムギュッ

律「ホブゥwwwwオブゥwwwwwww」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:55:09.81 ID:/+hOqfni0

紬「私がいい気分で二人の甘ァい辛ァイ
  ラブラブプツプツコミュニケーションに脳内ナレーションつけてんのによぉぉお!!!」

紬「てめぇはよォ!!ナァ!!何様!!
  何様のつもりんりんりっちゃん!!!??ホァッ!?ネェァ!?!?」

ムギュバババ!! ババッ!! メタバババッ!!!!

唯「駄目だよムギちゃん!!そんなやたらめったら明太子を投げるもんじゃないよ!!」

梓「そうですよ!!食べ物は大事に!!キャッ!!ふぁぁああ///
  っあ・・・!駄目・・・!こっちにも飛んできて・・・・!!・・・ぁっ」

唯「あ・・・あずにゃん!?」

梓「ぁっ・・・ムギせんぱぁい・・・駄目・・・・!ダメですぅっ・・・
  そんな500グラム二万円最高級明太子ぶつけちゃぁ・・・・ん///」

唯「あず・・・にゃ・・・・。そんな・・・・・」

唯「嘘・・・・嘘だよ・・・・・。あずにゃんが私以外の明太子で感じるなんて・・・・・」

梓「だめぇ・・・ぷつぷつが服の中に入ってきて・・・・・ふ、ふにゃあぁぁぁっぁぁ」

紬「どう?どう?りっちゃん!!美味しい!!?美味!?デリシャス!!?デリっちゃん!?」

律「ブバゥwwwwwブババゥwwwwwオフゥwwww」

唯「あずにゃんの・・・・あずにゃんの浮気者ーッ!!!うわああぁぁぁああ!!!」

梓「ふにゃあぁあぁぁぁん////」

紬「アビャババビャバァー」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:58:14.81 ID:mbWoqAOM0

めんたい!!



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 02:58:35.11 ID:0210RQ490

デリっちゃんwwww



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:00:17.37 ID:g4dlPzv7O

めんたいこ…!?



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:01:13.70 ID:z0dq5EKG0

明太子一つでここまでカオスを作れるなんて。。。。奇才現る



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:01:45.19 ID:JOKKDIrp0

なんなんだこのスレwww





83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:13:14.98 ID:/+hOqfni0

紬「大体よぉおおお!!てめぇらもテメェ等よねェェ!!?
  何!?明太子で感じるって!!?キモッ!!!キモモモモッ!!!」

紬「変態!!ド変態!!!ド明太!!!!
  スケベ!!スケベトウダラァ!!!!ダラララァッ!!!!」

ムババッ バッババッバッ!!! メタタタタ!!! メタタァ!!!

梓「ぁぁっ!んっ!!そんな!!
  罵りながら500グラム二万円博多産最高級明太子ぶつけちゃぁぁぁっにゃぁぁあ!!!」

紬「そんなに!!明太子が好きならッ!!!
  好きなだけ食えばいいじゃない!!パンがないなら!!明太子をォオヨォォッ!!!」

グンッ!!

唯「えっ・・・・あの構えは・・・・っ!?まさか・・・・そんな・・・!!!」

紬「食べて!!食べて食べて!!!
  わたスィの明太子!!コ!!メイタイコ!!メンタイ!!!ゴォォォォォォォォォォォォ」

ブンッ!!!

唯「"ダイブ・トゥ・ブルー"・・・・!!!」

紬「はーっばーたくーのーっさすぐーにーっ♪」

グンッ メリャリャァッ!!!

梓「ンイ゛グッ」

唯「あ・・・・あずにゃぁぁぁあああん!!!!」

梓「イグッ イググッ ヒッ ンギッ・・・」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:23:58.89 ID:/+hOqfni0

唯「そんな・・・?あずにゃんのはじめてが・・・・ムギちゃんの明太子に・・・・?」

唯「うそ・・・・・そんなの嘘・・・・・」

唯「嘘だァアアアアああああああ!!!!!」

紬「!!・・・・え?あっ・・・・・唯・・・・ちゃん・・・・?」

梓「ンゴッ ギッ ホァァッ ホァッ ンギギ」

紬「あ、梓・・・・ちゃん・・・・・??」

律「ホホッwwwwww」

紬「りっちゃ・・・・・ん・・・・???」

紬「ぁ、・・・・わ・・・私・・・・・・・・」

紬「私は・・・・・何を・・・・・・・」

唯「アアアアァアァアアアア゛!!!アァァアア゛ア゛ア゛!!!アアアァァアアァァァアアアア゛アア゛アァアアアァア」

梓「ンギッ」

律「ホッwwwww」

紬「こんな・・・・こんな筈じゃ・・・・
  うぅ・・・・・、ぅ・・・・うふ・・・・うふふ・・・・・ふふふっ」

紬「うふふふふふふふふふふふふふふふふふ」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:33:36.30 ID:/+hOqfni0

――――翌日

澪「おはよう唯」

唯「アァァァァア゛ア゛ア゛アア!!!!!ア゛ア゛ァア!!!!アアァァァア゛ア゛ア゛ア゛アァ゛ア゛ァ゛ァ!!!!!!」

澪「おはよう律」

律「ンホッwwwwホホッwwww」

澪「おはようムギ」

紬「うふふふふふふふふふふふふ」

澪「ははっみんな今日も元気だな」

和「おはようみんな」

澪「あぁ、おはよう和」

和「ちょっと律?あなた先週渡したプリント、提出しないと学際出れないわよ?」

律「ホホァwwwwww」

和「部長なんでしょ?もうちょっとしっかりなさいな」

唯「ア゛ァ゛アァ゛ア゛ア゛ア゛アアア!!!!ア゛ア゛アア゛゛ア゛ア゛ア゛ア゛アア゛アアア!!!!アアッ!!!」

澪「何言ってんだ唯、だったら二人ともしっかりすればいいだろ」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:44:11.59 ID:/+hOqfni0

――――授業

さわ子「えーと、じゃあここの問題を・・・・・平沢さん!」

唯「ア゛ァ゛アァ゛ア゛ア゛アアア!!!!ア゛ア゛アア゛゛ア゛ァアア!!!!アアアア!!!!!!アアァァアァッ!!!!!!」

さわ子「平沢さん聞いてるの?ったくもう!平沢さん!お・き・な・さ・い!!」

唯「アァアアア゛アア゛アア゛アアアア゛ア゛アアアアア!!!!!!!アアアアアアアアアア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛アアアアア゛アアア゛アアアアアアアア!!!!」

さわ子「さわちゃんって呼ばない!はぁ・・・もういいわ、じゃあ、琴吹さん?」

紬「うふふふふふふふふふふふふふ」

さわ子「はい、正解ね!さすがね琴吹さん」

紬「うふふふふふふふふっふふ」

律「wwwホッwwwww」

澪「・・・・ん?なんだ律のやつ・・・・手紙?」

『ンホッwwwwwホホッwwwwwwホッ』

澪「・・・ぷっ・・・くくっ・・・・り、りつぅ!!!ふざけるなよ!!」

さわ子「秋山さん!!なに騒いでるの!?」

律「ホハッwwwwwww」




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:55:24.03 ID:qWSuJ1gdO

起から既に異常だが一体どんな結が待っているんだ



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:56:36.77 ID:JOKKDIrp0

>>96
アアアアアアアアア゛ア゛アアアアア





98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 03:57:37.15 ID:/+hOqfni0

さわ子「――はい、今日の授業はここまで、みんな宿題を忘れちゃダメよ?」

澪「聞いたか唯?律?ちゃんとやってこいよ」

唯「ア゛ア゛アアアアアアアァァッ!!!」

律「ッホwwww」

さわ子「あー、あと、ちょっと宿題とは関係ないんだけど」

さわ子「今朝廊下で一面に明太子を撒き散らした形跡がありました」

唯「・・・・・・」

律「・・・・・・」

紬「・・・・・・」

澪「は?明太子?なんだそれ・・・」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:02:35.52 ID:/+hOqfni0

さわ子「食べ物を粗末にした上に、
    掃除をしてくれた人にも迷惑をかける最低なイタズラですね」

さわ子「みんなの中にはこんな事をする人はいないと思うけど、
    一応伝えておきます!こんなことは絶対にしないように!」

ガタッ!!

紬「うるせぇえええぇボゲエエエェ!!!!これでも喰らえやババァアアアアアアアア!!!!」

ブンッ!! メタタッ!!!

さわ子「ギャブッ!?」

唯「さわちゃんがそんな事言うなんて思わなかったよ!!ほいっ!!ほいほいっ!!!」

メタッ メタメタッ!!!!

さわ子「ゥボォア!!」

律「さわちゃんサイテーだぜ!!」

メタタタタタッ

さわ子「フンギッ」

さわ子(何これ・・・・き、気持ちいい・・・・)




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:04:04.46 ID:0210RQ490

wwwwwwww明太プレイすげー

そして唯律正気にもどるなよwww



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:09:43.92 ID:fmySPDVZO

正直正気に戻ってくれてホッとした



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:14:06.47 ID:P1CE1bVbO

>>102
これのどこが正気だwww

初めから狂気の塊じゃまいかよ…





103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:11:28.59 ID:/+hOqfni0

澪「み・・・みんな何やってるんだ!?先生!!大丈夫ですか!?」

さわ子「・・・・・・・・・・・・・・」

澪「せ、先生・・・・・?」

さわ子「予定を変更します」

澪「!?」

さわ子「今から体育の授業を行います」

澪「!!?」

さわ子「今日やる競技はドッヂ明太子です」

澪「!?!!!?!?!?」

律「ひゃっほーぃ!!さっすがさわちゃん!!話がわかるねぇ!!」

唯「わ~い!ドッヂ明太子なんて私はじめてだよー!!」

紬「私クラスのみんなでドッヂ明太子をやるのが夢だったの~」

さわ子「琴吹さん、明太子の調達おねがいできるかしら?」

紬「もちのロンロンですぅ♪」

澪「なにこれ・・・・・・・・・」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:24:57.94 ID:/+hOqfni0

――――放課後

唯「――ってなことがあったんだよ!」

律「楽しかったなぁ!ドッヂ明太子!」

唯「私、右肩はあがらないけど左でも結構投げられるんだよ!」

澪「あのぶつけられたときの・・・ぷちぷち!ってのがたまらないよな!!」

紬「梓ちゃんとも一緒にやりたかったわぁ♪」

梓「ンギッ ゴッ ガギッ」

唯「えっ・・・・」

紬「梓ちゃん・・・・?」

梓「ンガッ! ギッ! ゴガギッ!!」

律「・・・・梓?」

澪「何言ってんのかわからんぞ梓」

梓「ゴギギッ ガッ!!! ンギギガギッ!!!」

紬「梓ちゃん・・・大丈夫?喉に何か詰まったの?」

梓「・・・・!!ゴッ・・・ィグッ・・・」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:32:15.42 ID:/+hOqfni0

律「おい梓、なんのあそびだ?」

澪「あんまりふざけるなよー?」

梓「ッ!!ッ!・・・・ギッ!!!」

ダッ   ポロポロ・・・

紬「あっ!梓ちゃん!?」

律「行っちまった・・・」

澪「・・・梓、泣いてたな・・・・」

律「まぁーいいか!そのうち戻ってくるだろ!お茶にしようぜー!!」

澪「そうだな!ムギ!今日のケーキはなんなんだ!?」

紬「今日は明太子ケーキに明太子ティーにしてみたのー♪」

律「おっ!これは美味そうだなー!!」

澪「うめー!!」モグモグ



唯「・・・・・・あずにゃん」




110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:34:48.17 ID:0210RQ490

俺このスレ全部読み終わったら明太子プレイしようと思う



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:37:46.28 ID:9JMaADyb0

ちょっと俺今から明太子買って来る



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:38:29.50 ID:WmqjcRmV0

冷蔵庫に明太子があって良かった





114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:46:51.27 ID:/+hOqfni0

梓「・・・・・・・・・・」

梓「・・・・・・イグッ・・・・イグッ・・・・イグッ・・・・」

ペチッ

梓「!?」

唯「やっぱりここにいたんだねあずにゃん」

梓「!!・・・・・」

唯「あずにゃんはここで私たちのライブを見て、軽音部に入ってくれたんだよね」

梓「・・・・」

唯「嬉しかったなぁー、すっごく」

唯「新入部員はもう駄目かなって諦めかけてたときに、
  こんなに可愛くてギターも上手い子がきてくれたんだもん」

唯「あのとき私にはあずにゃんが天使に見えたんだー。あはは~」

梓「・・・・・・・・」

唯「そして今も・・・・・、あずにゃんは私の天使だよ・・・・・」

チュッ

梓「!?」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 04:54:46.59 ID:/+hOqfni0

唯「あはは~・・・そういえば私たち、まだキスしてなかったもんね」

唯「ファーストキスは・・・明太子味になっちゃったけど・・・・」

唯「あずにゃんは・・・こんな私をまだ好きでいてくるかな?」

梓「・・・ガッ・・・ィグッ・・・・・グッ・・・・ウッ・・・・うぅ・・・・あ・・・・」

梓「ぁ・・・・・ぅぁ・・・・・
  あ・・・・・、ゆ、・・・・ゅぃ・・・・せ、・・・・ぱ・・・・・」

唯「好きだよ、あずにゃん」

ペチッ ペチペチッ

梓「あぁ・・・・ぁああああぁぁ!!
  ゅ・・・ゆい・・・・、唯せんぱぁあぁぁい!!!!」

唯「あずにゃあぁぁぁん!!!!ほいっ!ほいほいっ!!」

ペチッ ペチペチペチッ

梓「ぁっ・・・んぁっ・・・
  唯先輩・・・唯先輩・・・・・唯先輩・・・・・大好きです・・・」

唯「それだけ?」

梓「あ・・・愛してます!!」

唯「うっふっふー!うれしいなぁ~ほいほいっ」

梓「ォギャッ!! 目ッ 目がッ!!」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:06:13.73 ID:/+hOqfni0

唯「ふふぅー!どんなに目にぶつけてもあずにゃんは私のことを見ててくれるんだもんね」

梓「はい・・・・はい!私は何があっても、唯先輩だけを見続けます!!」

唯「あずにゃん・・・・」

ペチペチッ

梓「んっ・・・///唯先輩の明太子・・・気持ちいいです・・・・」

唯「んふふ・・・でしょ~」

梓「でもどうして左手で投げないんですか?左でも投げれるってさっき・・・」

唯「・・・・この右手は、あずにゃんだけのものなんだよ」

梓「・・・・!!」

唯「この右手で、ずっとあずにゃんを愛してきたんだもん。右手はあずにゃんにしか使わないよ」

梓「ゆい・・・・せんぱぃ・・・・・」

唯「あずにゃん、私、お医者さんにいくよ。
  そんで右肩を治して、またあずにゃんに弾けるくらい明太子をぶつけるよ」

梓「うっ・・・・うっっ・・・っ・・・せんぱい・・・・せんぱい・・・・」スリスリ

唯「そしてまた最初からやりなおそうよ。いっぱいあずにゃんを愛してあげる」

梓「はいっ・・・・!はいっ・・・・・!!唯先輩・・・・!愛してる・・・・・」



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:17:11.75 ID:/+hOqfni0

唯「あずにゃん・・・」

梓「あ・・・・先輩・・・///」

唯「手で・・・ゆっくり押し込んでも・・・・いいかな・・・・?」

梓「先輩・・・・私・・・・・私・・・・・・紬先輩に・・・・」

唯「いいんだよ、あずにゃん」

唯「たしかにあずにゃんの初めてはムギちゃんのものになっちゃったけど・・・」

唯「私は今もあずにゃんを愛してるんだもん・・・、だから、そんなの関係ないよ」

梓「せんぱぃ・・・・せんぱぁい・・・・」

唯「それじゃ・・・・いれるよ?」

梓「はい・・・・私を、先輩のものにして下さい・・・・・」

唯「あずにゃん・・・・」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:21:37.71 ID:/+hOqfni0

パンッ!

唯「ッ!?」

梓「えっ!?先輩の右手の明太子が・・・・弾け飛んだ・・・・?」

唯「なに・・・何が起こったの・・・・!!」

唯「も・・・・もう一度・・・・」

パンッ!

唯「な・・・・なんで・・・・?」

唯「何で明太子が持てないの・・・・・!?」

梓「ゆ、唯先輩・・・・?」

梓「い、一体何がどうなって・・・・・・・・・ぅ、うぅっ・・・・!」

唯「・・・・あずにゃん?」

梓「ぅっ・・・・うぇっ・・・・・おぇえぇぇっ・・・・!」

唯「あずにゃん!あずにゃん!!どうしたの!!!?」

梓「うっ・・・・ぁ・・・・これって・・・・・」

唯「あず・・・・にゃん・・・・・?」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:27:12.29 ID:/+hOqfni0

―――――

医師「中野梓さんは、妊娠しています」

唯「――――え? ニン、シン?」

医師「はい、こちらが超音波写真になります」

唯「・・・うそ・・・・・うそだよ・・・・・・!!」

唯「嘘だあああぁあぁぁぁぁぁああああ!!!!!」

―――――

梓「先輩・・・?どうでした・・・・・?私の体・・・・」

唯「・・・・・・」

梓「先輩・・・・?」

唯「ムギちゃんだよ・・・・・」

梓「え?」

唯「あずにゃんのお腹には・・・・ムギちゃんの子供がいるんだよ・・・・」

梓「・・・・・・ぁ・・・・・ぇ・・・・?」

唯「・・・・・・・・」




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:28:09.13 ID:0210RQ490

wwwwwwwなにこの衝撃wwww



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:30:52.79 ID:KPyLb/bF0

妊娠ってあずにゃんのまんこから明太子が出てくるのか?





129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:32:43.95 ID:/+hOqfni0

―――――

紬「・・・・・・そう、梓ちゃんが・・・・」

律「まさか・・・・梓が妊娠なんてなぁ・・・・」

澪「は?みんな何言ってんだ?妊娠?梓が?いつ?誰の?」

紬「それで・・・梓ちゃんは?」

唯「一人で考えたいって・・・・今日は学校を休んでるよ」

紬「そう・・・・」

唯「・・・・・どうするの?ムギちゃん」

紬「・・・・・・・・・」

律「・・・・・・・」

澪「お、おいおい、冗談だろぉ~?みんなしてまた私をからかって~」

唯「どうすんのって聞いてんだよムギちゃん!!!!」

紬「・・・・・・・・・」

唯「黙ってちゃわかんねぇだろうがあぁぁ!!なんとか言えよ琴吹紬ィィィイッ!!!!!」

紬「わ、私は―――――」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:38:50.21 ID:/+hOqfni0

―――――

医師「それで、平沢さん、あなたの右肩・・・・いえ、右手なのですが・・・・」

唯「右手・・・・?私が治して欲しいのは右肩・・・・」

医師「いえ、右肩よりもおそらくこちらのほうが重要でしょう」

唯「・・・・・?」

医師「いいですか、気を確かに持って、聞いてください」

医師「・・・あなたの右手には、明太殺し(メンタイブレイカー)という能力が備わっています」

唯「明太・・・・殺し・・・・?」

医師「右手に触れた明太子、及びそれに順ずるものを一瞬のうちに消し去ってしまう能力です」

唯「な・・・・なにそれ・・・・・」

医師「これは病気ではありません。れっきとした特殊能力なのです」

医師「ですから・・・・肩のほうはともかく、その右手は、私には、治す事はできません」

唯「・・・・ぁ・・・・・」

唯「・・・・・なに・・・・・」

唯「なんでこんな・・・・・こんな・・・・・・・・・」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:42:15.99 ID:/+hOqfni0

唯「ぁあああぁぁあああああああああああああああぁぁあああああッ!!!!!」



望まぬ特殊能力、明太殺し(メンタイブレイカー)を、

梓を愛すると誓ったその右手に有してしまった唯

そして紬の子を妊娠してしまった梓

唯の運命は

紬の決断は

梓の子供は

一体どうなってしまうのだろうか・・・・



~ 第一部 完 ~




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:44:37.49 ID:P1as96U80

wwwwwwwwwww



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:46:40.66 ID:KPyLb/bF0

とんでもないスレを開いてしまったようだ



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:46:43.39 ID:bCSfoDSaO

いいか?約束だぞ


か な ら ず 完 結 さ せ な さ い



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:53:59.23 ID:P1CE1bVbO

わらたwwwwww

まじで続けるなら必ず完結させろよ



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 05:54:47.44 ID:ss8qm1pfO

俺、今日はご飯をおかずに明太子食べるんだ……



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 06:03:33.35 ID:0210RQ490

取りあえず朝市で辛子明太買ってくるわ



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 06:28:49.70 ID:ETfrvaaA0

明太殺しwww



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 06:36:56.40 ID:TTDKOQPu0

>右手に触れた明太子、及びそれに順ずるものを一瞬のうちに消し去ってしまう能力です

アナゴさん逃げてぇえ






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「あずにゃんは明太子ぶつけられるの好きだねぇ~」#第一部
[ 2010/10/30 06:20 ] カオス | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6