SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  梓「唯先輩と憂って仲良しですよね」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「唯先輩と憂って仲良しですよね」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1277062244/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 04:30:44.57 ID:Hcivqda50

唯「って今日あずにゃんに言われたよ」

憂「そうなんだ」

唯「何も知らないくせにね」

憂「あはは、そうだn」

バチィン!

憂「ッ!?」

唯「あっごめーん。顔に虫がついてたからさぁ」

憂「…ふふふ、お姉ちゃん今日も絶好調だね」

唯「えへへ」

憂「うふふ」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 04:34:24.02 ID:Hcivqda50

――食事中

唯「もぐもぐ、今日のカレーは美味しいね」

憂「でしょ?」

唯「もぐもg!?!?」
唯「~~~~ッ!!んん~~ッ!?」

憂「どうしたのお姉ちゃん」

唯「はぁはぁ…、画鋲が入ってた」

憂「うふふ、美味しい?」

唯「うん、少し鉄の味がするけどね」

憂「ふふふ」

唯「えへへ」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 04:38:26.11 ID:Hcivqda50

唯「もぐもぐ…ねぇ憂、お醤油とっt」
唯「あっ、やっぱりいい!自分でとるから!」

憂「うん」

唯「危ない危ない」ヒョイ

唯「やっぱりカレーにはお醤油だよねぇ♪」トプトプ

唯「いただきまーす。パクッ」
唯「ぶべらぁッ!?」

憂「汚いよお姉ちゃん」

唯「げほっげほっ…、これ墨汁じゃん」

憂「うん」

唯「もー、まったく憂はー!」プンスカ



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 04:42:48.68 ID:Hcivqda50

憂「お姉ちゃんお風呂沸いたよー」

唯「憂が先に入ってよ」

憂「うんわかったよ」


ちゃぽん


憂「ふんふふーん♪」いい湯だなぁ」

憂「あれ?シャンプーがないや」

憂「お姉ちゃーん、シャンプーとってー」

唯「はーい。どうぞ」ガラッ

憂「ありがとう」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 04:45:54.12 ID:Hcivqda50

憂「それじゃ、頭でも洗おう」カシュッカシュッ

憂「…ん?これシャンプーじゃない…」

憂「カレー…、これ今晩のカレーだ!」

憂「ちょっとお姉ちゃん!」

唯「えへへ、おかえしだよー」

憂「もー!」プンプン



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 04:50:51.21 ID:Hcivqda50

唯「? 憂ー、何してるの?」

憂「明日の朝ごはんの支度だよ」トントントン 

唯「へー」
唯「って、あー!」

唯「憂それまな板じゃなくてギー太じゃん!」

憂「うん、そうだけど?」

唯「最悪だよ憂!本物のまな板使ってよ!」

憂「あはは、まな板もギー太も大差ないよ」

唯「むむむ…!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 04:53:47.27 ID:Hcivqda50

唯「もう怒った!私も憂の大切なもの壊してやる!」

唯「さぁ、憂の大切なものは何!?早く教えてよ!」プンプン

憂「お姉ちゃん」

唯「えっ」

憂「私の大切なものはお姉ちゃんだよ」

唯「憂…」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 04:57:40.11 ID:Hcivqda50

憂「私お姉ちゃんが大好き。世界で一番大切なの」

唯「憂…私も…」
唯「…って危ない危ない!上手く丸めこまれるとこだった!」

憂「嘘じゃないよ。本当だよ」

唯「憂…」

唯「だからって、ギー太をまな板に使っていい理由にはならないよね」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:01:00.88 ID:Hcivqda50

――次の日

唯「それじゃ学校に行こう」

憂「お姉ちゃんお弁当持った?」

唯「勿論だよ!」

憂「そう、良かった♪」

唯「それじゃ靴をはいてっt」
唯「いたっ!!いたたたっ!!!」

唯「何これ…靴の中に、画鋲…?」

憂「うふふ」

唯「……」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:02:54.91 ID:Hcivqda50

――学校

和「おはよう唯」

唯「あっ和ちゃん…」

和「どうしたの?元気ないわね」

唯「えへへ、ちょっとね…」

和「…また憂ちゃん?」

唯「……」コクッ



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:07:07.59 ID:Hcivqda50

唯「私ね、憂のことが良く分からないや…」

和「今度はどんな嫌がらせを?」

唯「嫌がらせなんかじゃないよ!」
唯「…きっと」

和「はぁ…、昔からあの子はああだもんね」

唯「うん、だから私もなんだかんだで
  色々と付き合ってあげてたけどさ…」

唯「…とうとうギー太にまで手を出しちゃったんだ」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:11:00.04 ID:Hcivqda50

和「あらあら…それはちょっとやりすぎね」

唯「うん…、私これからどうすればいいのか…」

唯「軽音部のみんなには
  仲のいい姉妹って思われてるから相談しづらいし…」

和「困ったわね」

唯「うん…」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:13:38.58 ID:Hcivqda50

――お昼休み

律「いやー腹減ったなぁ」

唯「私もお腹ぺこぺこー」

澪「それじゃみんなでお昼にするか」

律・唯「おー!」

紬「あらあら♪みんな元気ねぇ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:20:29.03 ID:Hcivqda50

律「はいはい、それじゃ御開帳ー!」カパッ
律「おぉ、これは…!」

律「…いつも通りの普通の弁当か」

唯「えへへ、今日のお昼は何かなー♪」カパッ
唯「!!!」


お姉ちゃん大好き


澪「凄い…、海苔で字を書いたのか」

律「へぇー、相変らず平沢姉妹は仲良しだなぁ」

紬「羨ましいわぁ」

唯「……(もう一度、憂としっかり向き合ってみよう)」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:23:51.82 ID:Hcivqda50

――家

唯「ねぇ憂」

憂「なーにお姉ちゃん」

唯「あのね、憂に大事な話があるんだ」

憂「? どうしたの改まっちゃって」

唯「うん、実h」
唯「いたたたたたっ!痛いっ!!」

憂「うふふ」

唯「ね、ねぇまずはプロレスごっこやめない?」

憂「うふふふ」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:30:27.36 ID:Hcivqda50

唯「あのね憂、大事な話っていうのはね」
唯「どうしてこんな変なことばかりするのかなって思って」

憂「変なこと?」

唯「そうだよ、普通の姉妹はこんなことしないよ」
唯「それに憂は私のことが好きなんだよね?」

憂「うん。大好きだよ」

唯「ありがとう。私も大好きだよ」

唯「だからこんなお互いを傷つけあう様な真似やm」
唯「ぐほぉッ!」

唯「げほっげほっ…
  ひ、人が大事な話をしてる最中に…地獄突きなんて…」

憂「うふふ」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:34:29.19 ID:Hcivqda50

憂「だからだよ」

唯「えっ?」

憂「だからやるんだよ。お姉ちゃんが本当に大好きだから」
憂「お姉ちゃんもそうなんじゃないの?」

唯「ち、違うよ!それにこんなのやっぱり間違ってる!おかしいよ!」

憂「えっ…?」

唯「ねぇ憂、約束して。もうこんなことしないって」
唯「じゃないと私…」


唯「憂のこと、嫌いになるから」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:38:11.45 ID:Hcivqda50

――次の日

憂「おはようお姉ちゃん」

唯「おはよう憂」

憂「…ねぇお姉ちゃん、私あれから考えたの」
憂「もう変なことしないよ絶対。約束する」

唯「憂…」

憂「だからね、私のこと嫌いにならないで…」

唯「当たり前だよ!」ギュッ
唯「…当たり前だよ」

憂「えへへ、苦しいよお姉ちゃん」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:42:34.47 ID:Hcivqda50

――学校

唯「えへへ♪」

和「どうしたの唯、随分ご機嫌ね」

唯「あっ和ちゃん!」

和「その顔は…憂ちゃんと和解できたのね」

唯「うん!もう変なことしないって約束しくれたんだぁ」
唯「ちゃんともう一度憂と向き合ってよかったよ」

和「おめでとう、これからはちゃんとした仲良し姉妹でいれるわね」

唯「うん!」


ガラッ


純「憂のお姉さん!!!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:45:36.22 ID:Hcivqda50

唯「あずにゃん!」

梓「唯先輩…」

唯「あずにゃん大丈夫!?怪我は!?」

梓「私は大丈夫です。それより憂が…」

唯「憂…」

憂「あ、お姉ちゃんやっと来てくれたんだ」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:51:53.84 ID:Hcivqda50

唯「憂…どうして?もう変なことはしないって約束したじゃん!」

憂「うふふ、そんなことより見てよお姉ちゃん」
憂「梓ちゃんとっても痛そうだよ?このカッターで切りつけたんだ」

唯「憂…おかしいよ…。どうして…?
  どうして関係ない人まで巻き込むの…?」ポロポロ

憂「だってそれはお姉ちゃんが大好きだからだよ」
憂「それにお姉ちゃん、やっと泣いてくれた…。 やっぱり泣いた顔も可愛いなぁ♪」

唯「憂…」ポロポロ



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:55:45.33 ID:Hcivqda50

憂「ねぇお姉ちゃん、私はお姉ちゃんが大好き」

憂「お姉ちゃんの全て、全部が大好きだよ」

憂「だからありがとう。私はお姉ちゃんの妹で本当に良かった」

憂「ありがとう。本当にありがとう」

唯「憂…?」

憂「さようならお姉ちゃん。大好き」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 06:03:55.43 ID:Hcivqda50

私は自分の胸に包丁を勢いよく突き刺した。

周りの視界が一瞬にして揺らぎ、そしてスローモーションになる。

その中で、涙でぐしゃぐしゃになった姉が
逸早く私の元へとゆっくりゆっくりと駆け寄ってくるのが見えた。

私は本当に幸せな妹だ。

最後に愛する姉の本当の涙が見れたんだから。

愛する人の中で永遠に生き続けることができるのだから。


――おすまい――



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 06:12:24.38 ID:Hcivqda50

――えぴろーぐ

和「唯ー、いる?」

和「勝手に上がるわよ」ガチャッ

唯「……」

和「なんだいるじゃない」

唯「……」

和「相変らず汚いわね。掃除くらいしないと」

唯「……」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 06:15:55.01 ID:Hcivqda50

和「ご飯は食べてるの?」

唯「……」

和「じゃあ今から何か作るわね」

唯「……」

和「…ねぇ、憂ちゃんが亡くなって悲しいのも分かるけど…」
和「あれから5年もたつのよ?そろそろ立ち直らなくちゃ」

唯「……」

和「…はぁ、憂ちゃんが今のあなたを見たら何をするでしょうね。眼つぶしかしら」

唯「……」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 06:22:10.67 ID:Hcivqda50

和「…ほら、しっかりしなさいな」

唯「……」

和「……」
和「…全く、憂ちゃんが抜けた穴は予想以上に大きかったみたいね」


憂『うふふふ、お姉ちゃん大好き』



――おおすすままいい――



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 06:34:50.59 ID:Hcivqda50

本当におすまい
解らない人の為の解説

憂ちゃん唯スキー、好きすぎて殺してしまいたい。でも殺せない
               ↓
         なら死なない程度に…
               ↓
 次はお姉ちゃんの代りになるもの(大事なもの)を壊してしまいたい
               ↓
          ギー太まな板プレイ
               ↓
      唯ちゃん憂のことが大好き発言
               ↓
学校であずにゃん怪我させる、唯はあずにゃんも好きだから&呼ぶため
               ↓
そして唯の大好きな自分も殺す、自分が死んでも一生覚えていてもらう為
泣いたのを見て喜んだのは、自分が唯に本当に愛してもらっていたと悟ったから
               ↓
そして最後は憂の思惑通り、唯の中で憂は永遠に生き続けました(幻想)とさ

ちゃんちゃん

これを話の中で語れない俺は死ぬべきだと思う




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 06:40:43.14 ID:MaCpUQM90

そういうことか
最後の憂のセリフは、憂が和ちゃんに憑依してるのかと思って怖かった



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 09:45:08.82 ID:VmXgVEWpO







関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「唯先輩と憂って仲良しですよね」
[ 2011/10/03 20:17 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6