SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月4日

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月4日 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#index




96 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:29:43.15 ID:hNaTs+3Io


9月4日

カンカンカンカンカン

ダカダダーンッ

ダダダダンッ

律「」スヤスヤ

This song is for my friend in summer time

ドンドンッ

「ねーちゃん、うるせー!」

律「」スヤスヤ

Every day,Every day,Every day Pray the music

ジャカジャカ

ドンドンッ

「起きろー!」

律「・・・ぅん?」

ダンダンダンダンッ

「音止めろー!」

律「・・・ふぁ」

「起きろってばー!」

ジャカジャカ

ドンドン

律「あいつ、ドラムの才能あるんじゃないのか・・・。曲のドラム音と同調してやんの」

ダンダンダダダン

「うるせー!」

律「はいはい、すいませんねー・・・」

ピッッピッピ

律「・・・なんでこんなに音大きくしたんだ・・・?」

ジャカジャカ

Oh, my joy for world, ever more...

  With the music!
律「音楽とともに・・・か」

ダダダンッ

律「久しぶりに眠れた感があるな・・・ん~」ノビノビ



97 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:31:07.64 ID:hNaTs+3Io


律「出だしのドラムがいいんだよな~」

澪「どうせ寝てて聞いてないんだろ」

律「そうですとも!だから聞きなおしましたさ!」

澪「行くぞ」

律「はいよ~」



98 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:32:17.74 ID:hNaTs+3Io


バタンッ

「ん?」

澪「り、律!」

「どうした澪?勢いよく扉開けて・・・」

「元気いっぱいの秋山さんって新鮮だね・・・」

「どうしたんですか?」

「大きな声で挨拶するとか?」

澪「ち、ちがう!」アセアセ



和「注目の的ね」

唯「どうしたんだろ」



律「どうしたんだー?」

「澪が元気よく扉を開けたからさ、なにかの意思表示かと思って」

律「え・・・?」

澪「白々しいぞ!」ゴスッ

律「あいたぁ!」

「なんだ、律の仕業か」

「はい解散解散」

「なーんだ~」



99 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:33:19.20 ID:hNaTs+3Io


さわ子「今日もお休み・・・と」

ザワザワ

「新学期始まって一度も来ないね」

「風邪ってこんなに長引くものかな」

律「・・・」

澪「・・・」

いちご「・・・」

信代「・・・」


唯「姫子ちゃん」

姫子「?」

唯「月曜日に来るからね」

姫子「・・・」

和「・・・」

唯「・・・」

姫子「・・・うん」



100 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:35:35.45 ID:hNaTs+3Io


―――――昼

トントントントン

唯「『みち』だよ!」

和「正解よ」

唯「どうですかりっちゃん!」

律「二文字で威張るなよ」フフン

澪「じゃ私が弾くから」

トントントトントントントントトントントン

律「・・・」

和「律、やるわね」

唯「頑張ったんだね」

澪「梓もビックリだ」

律「答えてないんですけど・・・」

和「長かったから分からないわよね」

唯「そうだよね~」

澪「私が悪かった」

律「ぐっ・・・」

「鍵盤・・・?」

唯「そだよ~」

「・・・」

「私も気になってたんだけど・・・それなんの練習なの?」

律「音を拾えるようになるための練習だ」

「・・・ふーん」

「そうなんだ・・・」

澪「・・・」

「和も?」

和「えぇ」

「・・・」

姫子「春子も風子もちゃんと聞いたらいいよ。気になるんなら」

唯「うむ。どんと来たまえ」

春子「風邪じゃないでしょ?」

律「うん」

春子「あんたたちの雰囲気が夏前と違うから気になっていただけ。そんじゃ」

スタスタ



101 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:37:43.92 ID:hNaTs+3Io


風子「昨日秋山さんと中島さんの会話聞こえてたから」

澪「・・・そうだよな。いちごに聞かれたくらいだからね」

風子「いつ学校に来るの?」

和「月曜日ね」

風子「そうなんだ・・・。邪魔してごめんね」

スタスタ

姫子「聞かれたらちゃんと答えるんだ」

律「おぅよ!」

澪「でも、核心ついた質問はしなかったな」

和「そうね」

唯「うん」

姫子「練習の邪魔してごめんね。オヤスミ」

律「彼女はその言葉を吐き捨てるとイヤホンを耳につけ、机に伏せて眠るのであった」

唯「彼女の聴いている曲は、かの有名なきらきら星であった」

姫子「ちがう」

澪「再生してないの?」

姫子「・・・眠るのにボリューム上げないでしょ?」

和「背骨が曲がるわよ」

律「お母さんか」

唯「なに聴いてるの、モーツァルト?」

姫子「・・・」

唯「・・・」

姫子「・・・」

唯「・・・」シクシク

律「誰も・・・悪くないんだよ・・・唯」

唯「うん・・・」

姫子「律から借りた曲だよ」

和「カーテン閉めましょうか?」

姫子「・・・いい」

澪「暑くない?」

姫子「大丈夫」

律「さっきの授業でわからない所があったんだよ」

姫子「先生に聞いて」



102 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:39:34.30 ID:hNaTs+3Io


信代「昼は何を食べたの?」

姫子「・・・サンドイッチ」

唯「サンドウィッチ伯爵」キリ

和「エドワード・モンタギューね」

律「猿だか牛だかワカンネーな」

姫子「・・・」ガバッ

信代「寝るの諦めたか」

律「信代はどうしたんだよ?」

信代「姫子をイジっているから面白そうだと思って来ただけ」

唯「だめだよ。これから寝るんだから」メッ

和「さ、うちわで扇いであげるから・・・オヤスミ」パタパタ

サヤサヤ

姫子「・・・いい風だけどさ」

信代「いいお母さんだな」

和「なんだか眠たくなってきわ・・・ふぁ」

唯「私もだよ・・・」

澪「みんなで仮眠とろうか」

律「だな」

姫子「・・・」

信代「・・・一斉に伏せたけど」

澪「・・・」

和「・・・」

律「・・・」

唯「・・・」

信代「どうすんのこれ?」

姫子「人の眠気を払っておいて寝るんだ・・・」

律「冗談だよ~ん」

澪「・・・うん」

唯「」スヤスヤ

和「」スヤスヤ

信代「二人は本当に寝たね」

姫子「・・・」



103 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:41:00.37 ID:hNaTs+3Io


信代「紙に書いた鍵盤・・・」

律「そうだぜ」

信代「・・・音をどうするの?」

姫子「・・・」

澪「声として聴くんだ」

信代「・・・そっか」

姫子「・・・」フゥ

律「あんまり悪いほうに考えないでくれ・・・な?」

澪「・・・」

姫子「・・・」

信代「・・・」

和「」スヤスヤ

唯「・・・ん」

律「起きたか」

澪「そろそろ先生来るぞ」

姫子「のどか・・・熟睡してるね」

唯「勉強してるからね・・・ふぁ」

姫子「・・・勉強」

信代「勉強・・・か・・・」

唯「和ちゃん起きて~」ユッサユッサ

和「・・・ぅ・・・ん?」

律「すごい現象が起きています」

澪「滅多にないな」

姫子「・・・律」

信代「・・・澪」

律「ん?」

澪「?」

姫子信代「「 それ、一枚ちょうだい 」」



104 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:43:03.65 ID:hNaTs+3Io


―――――放課後

律「みんな土日はどーするんだ?」

梓「私は明日CDショップへ」

唯「それなら一緒に行こうよ」

梓「はい。いいですよ」

律「そっか~」

澪「なにかしたいのか?」

律「そういう訳じゃないんだけどー」

唯「りっちゃんはどうするの?」

律「散歩でもすっかなー」

澪「それなら付き合うよ」

律「うむ。よきにはからえ」

澪「・・・」

唯「よきにはからえってなに?」

梓「好きにしろって事ですかね」

律「偉そうだな」

澪「言ったの誰だよ」

唯「りっちゃんです!」

律「私だよん!」

澪「・・・知ってるけどな」

梓「・・・」

唯「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

唯「・・・」

律「・・・」

澪「・・・あのさ」

律「なんだ?」

澪「いや・・・なんでも・・・ない・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」

澪「・・・」

律「・・・」



105 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:44:52.95 ID:hNaTs+3Io


コンコン

ガチャ

純「こんにちはー」

憂「こんにちは」

唯「どうしたの~?」

純「梓、いつ帰るのかなーって」

梓「先に帰ってていいよ」

憂「うん、分かった」

律「あ、ちょっとまって、蝉時雨れさん」

純「夏は終わったんですよ!」

梓「・・・」

純「って、そんな苗字の人いませんよ」

律「あだ名だ。今日はもう帰ろうぜー」

澪「そうだな」

唯「そだね~」

律「と、言うわけだから。せ・・・聖歌隊のみなさん」

純「ネタを捻りすぎて自滅しましたね」

憂「クスクス」

律「次は『そ』だかんな!」ビシッ

純「・・・」

梓「それでは、これで失礼します」ペコリ

唯「あとでメールするね~」

梓「はい」

テッテッテ

純「帰ろう帰ろう」

憂「それでは、失礼します」

澪「来週な」

律「月曜日な~」

唯「バイバーイ」

バタン



106 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:45:46.44 ID:hNaTs+3Io


律「・・・」

澪「・・・」

唯「あれ、帰らないの?」

律「梓を帰らせる口実だ」

澪「今は、純と憂ちゃんの二人といたほうがいいと思ってな」

唯「・・・そっか」

律「変に気を使いやがって・・・」

澪「それは・・・しょうがないと思うけど」

唯「・・・うん」

律「・・・」

澪「・・・」

唯「気づいた事があるんだ~」

律「ほぅ」

澪「気づいた事?」

唯「わたしたちの言葉をクッションのように受け止めてくれる存在・・・だよ」

律「あぁ・・・そうだな」

澪「・・・うん」

唯「・・・」

律「さー・・・て」

澪「する事ってないな」

唯「どうしよっか?」



107 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:47:28.46 ID:hNaTs+3Io


純「~♪」

梓「・・・」

憂「純ちゃん、最近その曲をよく口ずさむよね」

純「あ、分かる?マイフェーバリットソングなんだよね~」

梓「・・・」

憂「どんな曲なの?」

純「ダンスクラシックやアシッドジャズを取り入れたバンドなんだって」

梓「・・・」

憂「アシッドジャズ・・・?」

純「私もよく知らないジャンルなんだけどね」

梓「色々なジャンルを混ぜ合わせたのがアシッドジャズ」

純「へぇ~」

憂「ダンスクラシックは?」

梓「知らない・・・」

純「・・・」

憂「・・・」

梓「・・・」

純「色々なジャンルって?」

梓「純はジャズ研でしょ」

憂「・・・」

純「話題を探そうとしていたんじゃん」

梓「・・・」

憂「・・・」

純「・・・」

梓「・・・」

憂「ここ、いい所だね」

純「うん。新学期が始まってから梓と毎日来てる」

梓「・・・」

憂「上流では雨が降ったのかな?」

純「勢いがある・・・」

梓「・・・遠雷」

憂「・・・鳴った?」

純「聞こえなかったな・・・」

梓「・・・気のせいかも」



108 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:48:30.68 ID:hNaTs+3Io


憂「・・・」

純「・・・」

梓「憂・・・」

憂「?」

梓「唯先輩、ギターの練習してる?」

憂「ううん、してないよ」

純「・・・?」

梓「そっか・・・」

憂「変わりにキーボードとにらめっこしてるんだよ」

純「・・・」

梓「そう・・・なんだ・・・」

憂「梓ちゃんはしてる?」

純「・・・」

梓「してるよ。鍵盤の」

憂「違うよ。ギターの練習だよ」

純「・・・」

梓「・・・してない」

憂「お姉ちゃんと一緒?」

純「?」

梓「・・・多分」

憂「そっか・・・」

純「こら、二人で納得しないでくれないか」

憂「お姉ちゃんがね」

梓「今は音を出したくない」

純「・・・」

憂「・・・」

梓「・・・出せない」

純「・・・」

憂「・・・」



109 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:50:04.11 ID:hNaTs+3Io


梓「澪先輩が練習しようって言わない・・・」

純「え・・・」

憂「紬さんがいないから・・・?」

梓「・・・どうなんだろ。5人揃ったら言ってくれるのかな」

純「律先輩は?」

梓「・・・ドラムには触っていない」

憂「・・・」

純「・・・そっか」

梓「・・・」

憂「梓ちゃん」

梓「?」

純「?」

憂「梓ちゃんとお姉ちゃんが楽器を触らない理由は同じじゃないよ」

梓「え・・・?」

純「・・・」

憂「どうして音を出したくないの?」

梓「・・・それは・・・・・・」

純「紬先輩と演奏したいから・・・とか?」

憂「・・・」

梓「・・・うん。一緒に練習して、一緒に間違えて、一緒に補っていきたい・・・から」

純「・・・」

憂「澪さんと律さんもそうだと思うの?」

梓「・・・うん」

純「・・・」



110 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:51:07.28 ID:hNaTs+3Io


憂「お姉ちゃんはね、ただ、『鍵盤に集中したいから』それだけなんだよ」

梓「・・・っ!」

純「・・・あらら、まーた霧に迷い込んじゃったか」

憂「もー、純ちゃん」

梓「・・・」

純「えっへへ、ごめんごめん」

憂「でも、根本的なところは同じだよね」

梓「・・・」

純「うんうん」

ゴロゴロゴロ

憂「あっ」

梓「鳴ったね」

純「結構重たい雲がきましたね」

憂「夏は終わったのに・・・ね」

梓「うん・・・」

純「いやいや、のんびりしている場合じゃないでしょ!」

ザァーーーーーーーーー

憂「橋の下行こう!」

梓「うんっ」

純「うわーっ」

タッタッタ



111 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:52:44.68 ID:hNaTs+3Io


ザァーーー

憂「日没までは時間があるけど・・・」

梓「止まないね」

純「予報では夜からって言ってたのに」プンスカ

憂「しょうがないよ~」

梓「・・・」

純「走って帰りますか?」

憂「雨の中、傘をささずに踊る人がいてもいい・・・よね」

梓「・・・」

純「よーし行くぞー」

タッタッタ

pipipipi

憂「あ・・・」

ピッ

憂「もしもし、お姉ちゃん?」

梓「純ー、戻ってきてー!」

タッタッタ

純「どしたー?」

憂「うん、河川敷の橋の下で雨宿りしてるとこだよ」

梓「・・・」

純「だれ?唯先輩かな」

憂「ありがとー。それじゃ待ってるね」

ピッ

梓「なんだって?」

憂「傘持ってきてくれるって」

純「ちょっと雨にうたれちまいました」

梓「・・・」

憂「・・・」

純「・・・」



112 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:53:59.83 ID:hNaTs+3Io


ザァーーーー

憂「雨にうたれて歩く機会なんて、これから無くなるんだろうね」

梓「そうだね。これからは、『あの人どうしたんだろ』って見られるよ」

純「子供なら、それだけで許される光景なんだけどね」

憂「・・・」

梓「・・・」

純「・・・」

憂梓純「「「 三人で歩けば・・・ 」」」

憂「ふふっ」

純「あははっ」

梓「・・・」

憂「・・・」ウズウズ

純「私もそうしたいけど」

梓「唯先輩が来てくれるんでしょ」

憂「そうだけど~」

純「最後のチャンスみたいな・・・そんな感じ」

憂「そうだよね~」ウズウズ

梓「・・・姉妹だね」

純「うんうん」

憂「どうしよっか?」



113 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:54:41.72 ID:hNaTs+3Io


唯「どうしよっか?」

澪「うーん・・・」

律「いい雰囲気っていうか、壊したくないよなー」

唯「でも、このまま私たちがここにいても、雨止まないよ?」

澪「うーん・・・・・・」

律「唸るだけか」

唯「・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

ザァーー

唯「もうちょっとだと思ったんだけどな~」

澪「・・・うん」

律「梓・・・笑いそうだったけどな・・・」



114 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:55:42.44 ID:hNaTs+3Io


律「来たぞ!」

梓「・・・あれ?」

純「澪先輩たちも来てくれたんですか?」

澪「うん、一緒に帰ろうか」

憂「傘・・・持ってきてくれたんじゃ・・・?」

唯「相合傘だよっ!」

純「失礼しますっ」ササッ

澪「あ、あぁ」

憂「お邪魔するね」

唯「はいよー」

梓「・・・」

律「・・・」

梓「・・・」

律「・・・強制はしないが」

梓「・・・お願します」



115 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 21:57:07.72 ID:hNaTs+3Io


ザァーー

唯「結構降るね~」

憂「うん・・・通り雨だと思っていたのに」

唯「季節の変わり目だからね」

憂「暑い日だと思った次の日は肌寒くて」

唯「寒いかと思ったら暑くて・・・涼しくて」

憂「こうやって季節が歩いていくんだね」

唯「そうだね~」



116 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 22:00:23.30 ID:hNaTs+3Io


ザァーー

澪「河川敷にはよく行くの?」

純「梓とは放課後に毎日ですね」

澪「・・・そっか」

純「なんか、話題が無くてもぼんやりできる場所なんで」

澪「・・・そういう場所があるっていいな」

純「・・・はい」

澪「・・・?」

純「・・・」

澪「どうした?」

純「今日は憂がいてくれてよかった・・・と思いました」

澪「・・・」

純「私が茶化して、憂が私を叱る。・・・その流れが出来ました」

澪「・・・」

純「梓が・・・1人で彷徨っている・・・そんな感じだったので・・・」

澪「そうか・・・」

純「・・・はい」

澪「指摘してくれたんだな・・・」

純「・・・っ」

澪「大丈夫。彷徨ってもむぎがちゃんと示してくれる」

純「でも・・・」

澪「ここにむぎがいなくても、梓はむぎを想っている。それが大切な事なんじゃないかな」

純「・・・」

澪「・・・はやくベースを弾きたいよ」

純「唯先輩と一緒だったんですね!?」

澪「え?」

純「・・・」キラキラ

澪「え・・・と・・・・・・?」



117 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 22:01:05.38 ID:hNaTs+3Io


ザァーー

律「さっきなんの話していたんだ?」

梓「?」

律「私たちが声をかける前だよ。なんか楽しそうだった」

梓「・・・憂が雨の中、傘をささずに踊る人がいてもいいよね・・・と」

律「・・・ふーん」

梓「これから先、そんな事できないじゃないですか」

律「そうだな」

梓「・・・だから・・・・・・・・・はっ」

律「・・・ニヤリ」

梓「だ、だめですよぉ!」



118 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 22:02:02.74 ID:hNaTs+3Io


澪「ん?」

純「?」

タッタッタ

律「・・・その傘討ち取ったりぃぃいいい」

バサッ

澪「あ、こらっ!」

純「あー!」

梓「律せんぱいーっ!!」



119 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 22:02:46.53 ID:hNaTs+3Io


ザァーーー

タッタッタ

律「憂ちゃーん!」

憂「はい・・・?」

唯「りっちゃん・・・雨降っているんだよ?」

律「分かってるよ!」

澪「待てりつーっ!!」

純「せっかくの相合傘ー!」

梓「傘渡してくださいーっ!」

ザァーーー

憂「お、お姉ちゃん、走って帰ろう!」

唯「・・・そうだね!」

律「よっしゃ走るぞー!」

ザァーーー



120 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/01(木) 22:03:59.89 ID:hNaTs+3Io



―――――夜

澪も結局楽しそうにしてたじゃんか

なのにゲンコツなんてひっでえの


梓も少しは雨にうたれて気持ちも流せたかな

シャワーとは違った感覚で

少し気分が晴れた



むぎと・・・また笑える気がする




今しか出来ない事は

今やっておかないと

きっと

物足りなくなる

やらなかった事を正当化して

やらない事を出来ない理由にしてしまうんだ

それが当たり前になって

きっと

動けなくなってしまうんだ

そんなの



―――私は嫌だ




関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月4日
[ 2011/10/05 22:46 ] クロス | 風雨来記 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6