SS保存場所(けいおん!) TOP  >  カオス >  梓「中野梓です。昆虫系女子です」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「中野梓です。昆虫系女子です」#後編 【カオス】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1277569675/

梓「中野梓です。昆虫系女子です」#前編
梓「中野梓です。昆虫系女子です」#後編
梓「昆虫系女子のクリスマス」
梓「中野梓、昆虫系女子です!」#前編
梓「中野梓、昆虫系女子です!」#後編




145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 14:41:43.06 ID:QX4xAfGN0

律「いてて、カブトムシって力強いし、爪は鋭いし、つかまれると痛いんだよな」

梓「ですね、それでいて喧嘩は紳士的。カブトはまさに日本男児ですね!」

紬「それにしてもこの子、普段はずっとゼリー食べてるわ…さっきだって」

梓「クワガタに比べて大食いですからね…ちょっとその辺は鑑賞するとき残念です」

梓「もぐりっぱなしのクワも大概ですけど」

梓「でも、この手に乗せるとせわしなく動くコクワ…ああ…っ可愛い…///」



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 14:42:46.82 ID:QX4xAfGN0

律「そういやカブトムシのえさってこのゼリーでいいのか?」

梓「はい、私たちはブリーダーではありませんし、よっぽど悪いものでなければ問題はありません」

紬「でも前に梓ちゃん、私がクワガタのゼリー持ってきたとき、

  「なんでこんなのカロリーばっかりの持ってくるんですか
   ほんと金とお茶しか能の無い先輩ですね、チッ」
  
  とか言ってたわよね。あれちょっと傷ついたんだけど」

梓「ああ、あれはですね…種類と個体によりますが、基本的にクワガタは嗜好性で選ぶんです」

梓「産卵の時期なんかはまた事情が変わってきますけど」

律「あーごめん、語らせちゃったところで悪いんだけど、そうじゃなくってさ」

律「スイカとかあるじゃん、ああいう果物のほうがいいんじゃないかな、って思って」

梓「ああ、そういう意味ですか。えーとですね、スイカはダメです。カブトがお腹壊します」

梓「あげるならリンゴがいいですね。でもやっぱり、ゼリーがベストです」

紬「えっ…じゃあせっかくスイカ持ってきたんだけどダメなのね…捨ててくる」

律「いやなんでだよ!食べようよ!!」



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 14:58:12.49 ID:QX4xAfGN0

律「ってなことがあったわけで」

紬「今日はみんなでスイカを食べましょう。塩もあるわ♪」

澪「たまにはこういう素朴なのも悪くないな」

唯「…」プルプル

澪「…唯?」

バンッ!

唯「何考えてるのムギちゃんっ!?」



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 14:59:08.62 ID:QX4xAfGN0

澪「ゆ、唯!?」

紬「え…えっ?ど、どうしたの唯ちゃん」オロオロ

唯「酷いよ!見損なったよ!ムギちゃんは役に立たないけどお茶だけは間違いないと思ってたのに…」

律「まだ言うか…」

唯「なんで今の話の流れであずにゃんにスイカを出せるの!?この人でなし!!」

梓「えっ私?」

唯「あずにゃんお腹壊しちゃうよ!スイカダメだよ!ゼリー出しなよ!!」

律澪「えっ」

紬「ご、ごめんなさい唯ちゃん、梓ちゃんも…はい、ゼリー」コトッ

梓「唯先輩は私を何だと思ってるんですか…ていうかムギ先輩もゼリー出さないでください」

紬「え?何で?…ああ、カロリー高いのじゃだめなのよね♪」

梓(うわ、この人根に持ってる)



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 15:09:35.54 ID:QX4xAfGN0

ドアガチャ

澪「おはよー…って、今日は私が一番乗りか」

澪「…」

カサカサ… カサカサ…

澪「気づかなかったけど、意外と騒がしいんだなこの部屋…」ソワソワ

澪「…」トタトタ

澪「…うーん、やっぱり私には良さがわからない…」ジーッ

澪「戻るか」ガタッ

澪「…ひ、暇だなあ」

澪「……あーあーかーみさーまおねーがいーふたりーだーk」

ブブブ!!

澪「ひっ」ビクッ

澪「……早くみんな来てよお…」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 15:17:53.67 ID:QX4xAfGN0

梓「…澪先輩独り言すごいなぁ」

律「面白いからもうちょっと見ていたいけど、それとはまた違う理由で入りにくいな」

梓「ですね。まぁそういってちゃきりが無いんで入りませんか?」

律「そだな!」

ドアバターン

澪「」ビクッ

律「よっすー♪」

梓「お疲れ様です」

澪「おおおお脅かすな!!せっかく人が落ち着いた時間を過ごしてたのに…」

律「落ち着いた時間、ねえ?」ニヤニヤ

澪「な、なんだよ…」

律「梓」

梓「はい。あーあーかーみさーまおねーがいーふたりーだーkひぃっ!」

澪「」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 15:31:50.91 ID:QX4xAfGN0

律「今日はカブト戦わせようぜっ!」

梓「えぇー…?あんまりそういうことさせたくないんですけど…」

律「お願いっ!一回だけだからぁっ!」パン!

梓「仕方ないですね…一回だけですよ?」

ガタッ

澪「え…え…出すの?」

律「うん、そだけど?」

澪「だ、ダメだっ!ああ危ないじゃないか」

律「大丈夫だってばー。噛むわけじゃないんだし」

澪「それは…わかってるけど…飛んだら怖いし…」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 15:35:20.60 ID:QX4xAfGN0

律「…!」ピコーン

律「みーおー」

澪「な、なんだよりt」

ブブブブブ

澪「うわああっ!」ドターン

律「あははは!転んでやんのー」

梓「律先輩!その持ち方やめてください!…私もときどきそれやりますけど」

澪「…」ガタガタ

梓「…大丈夫ですよ、澪先輩」

梓「とりあえず地面に這いつくばっとけば飛んできたりしませんから」

澪「え、私そんなことしなくちゃならないの?」

梓「でもオシッコとかは諦めてくださいね」

澪「」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 15:42:55.00 ID:QX4xAfGN0

梓「さて、じゃあ木をセットして」

律「お、専用の用意してあるんだ。なんだかんだ言って梓もやる気だったんじゃん!」

梓「う、うるさいです///…じゃあ、やりますか!」

ギチギチガガッギギ

律「よーしいけー!そんなチビ助ぶっ飛ばしちまえー!」

梓「がんばって!大きいだけの相手に負けちゃダメ!!」

澪「…(楽しそう、だな)」※伏せてます



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 15:56:35.80 ID:QX4xAfGN0




律「いやぁ楽しかったー!」

梓「まさかの大接戦でしたね!」

律「さて、片付けるか…あれ、こいつら足引っ掛けあいやがって…」

梓「あ、気をつけて律先輩。私それで失敗しましたから…昔ですね…」チラッ

澪「(今私のほう見た!)ちょっと待って梓!聞きたくない!聞きたくないから!!」

梓「…」ニタリ

澪「無理強いしないって言ったのに!?」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 16:00:49.72 ID:QX4xAfGN0

梓「昔私の飼ってた子、今の律先輩の持ってる二匹と同じ状態になったんですね」

梓「幼かった私は「ふたりとも力持ちだなー♪」ぐらいにしか思ってなかったんですよ」

梓「私それがなんだか嬉しくなっちゃって、歌なんか歌いながらグイグイと引っ張ったんですね」

梓「そしたら…可哀想に」

梓「二匹とも、足が根っこから、ブチッ、って」

澪「うわああああああああ…」ガタガタ

梓「私、悲しくて泣いちゃいましたよ♪」ニタニタ

律「その割には今梓滅茶苦茶いやらしい笑顔なんだけど」

梓「いや、久しぶりだから嬉しくて」



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 16:05:57.52 ID:QX4xAfGN0

唯「あ、ガイグルゲルの弦が錆びてる…」

律「ギー太をどうしたらガンドランダーになるんだよ」

梓「そんなことより皆さん、次の土曜日は買い物に行きませんか?」

梓「ほら、ゼリーはありますけど結局ケージや霧吹きは買ってないじゃないですか」

律「そういやそうだっけ。よし、じゃあ土曜日全員参加で駅前な!」

唯「えー、でもお金ないよぉ」

梓「ギター売ればいいんじゃないですか?」

唯「そっかぁ!あずにゃんって知能高いね!」ガバッ

梓「…」サッ

澪「軽音部から楽器なくしてどうするんだ!!」

律「でも触ってないのは事実だけどな…はは」

紬「あの…その日は私都合が…」

唯「別にいいよ!今回はお金出してもらうわけじゃないし」

紬「」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 16:10:55.65 ID:QX4xAfGN0

どようび!

唯「お待たせー!!」

澪「遅いぞ唯ー」

唯「別に澪ちゃんに言ったんじゃないよぉー」ヘラヘラ

律「…どこ行こうか?」

梓「この近くにいい店はないので…仕方ないですね、ホームセンター行きましょう」

律「おっ、いいね!今の時期ならそこでも結構揃ってそうだし」

梓「とりあえず必要なものをメモしてきました。あとはいいのが見つかったら適宜買って行きましょう」



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 16:12:53.81 ID:QX4xAfGN0




律「あー…すずしー…」

唯「あぅ…ちょっと冷房効きすぎだよぉ…」グッタリ

梓「じゃあ、とりあえずこのメモの分、ケージとマットとシートに霧吹き、あと皿木を買いましょう」

梓「虫コーナーはっと…あった」

梓「ふんふん~♪」ガサガサ

澪「何してるんだ梓?」

梓「あ、澪先輩。丁度いいところに」

澪「嫌」

梓「まだ何も言ってないですよぉ」

澪「梓が私にそういう反応するときって大体わかるから。だから、嫌だ」

梓「そうですか…じゃあいいです」シュン



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 16:15:08.98 ID:QX4xAfGN0

澪「というか梓、キャラ変わったなぁ」

梓「そうですかねー?」ガサガサ

澪「うん、変わったよ。最初はもっと自己中で、誰にでも慇懃無礼って感じだった」

澪「でも今はみんなと打ち解けて、積極的にみんなと行動するっていうかさ」

澪「…兎に角、前より人として楽しい、ってこと」

梓「そんな酷かったですか?私。…でも、なんだか照れますね」…ガサガサ

梓「…ぁ」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 16:19:02.71 ID:QX4xAfGN0

澪「梓が来てから練習を一切しなくなったのと、律に似てきたのはいただけないけどなっ」

梓「あはは…いいじゃないですか。昆虫部で。楽しいんだから」

澪「良くないっ」ペシッ

梓「いてっ…あ、いいんですか?そんな事してー?」

澪「え?」

梓「せっかくいいもの見つけたのに見せてあげませんよー?」

澪(梓のいいものって間違いなく虫関係なんだろうなぁ…別に見たくないなぁ…)

澪「うん…別に」

梓「えっ…」ショボン

澪「わー!ごめんごめん、み、見たいなあー叩いてゴメンネ梓ー!」

梓「…しょ、しょうがないですねぇ、許してあげます♪」



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 16:22:20.17 ID:QX4xAfGN0

澪「…で、結局いいものって何なんだ?」

梓「よくぞ聞いてくれました!今日は幸運な日です!!」

梓「見てください!この皿木っ!!」バッ

澪「ん…何の変哲もないただのs」

澪「」

梓「カミキリさんが入ってましたぁ!可愛いです♪」

梓「これも子供の頃に一度だけ発見して、それからずっと今まで探してきました」

梓「まさかここで出会えるなんて…私、軽音部に入ってよかったです!」

澪「まさかこんな軽音と関係ないことでそういわれるなんて」


律「おーい、いつまで皿木選んでるんだよ!もう他のみんなかごに入れちゃったぞ?」

梓「すいません…でも見てください!当たりです!」

律「おおぅ!そんなのあるんだぁ。すげー…」

梓「えーと、マット、霧吹き、シート…これで問題ないです。あ、ハエ取りテープ、いいですね」

梓「…せっかくだから、塗るゼリーとか栄養液とか試してみません?」

律「おお、いいなあ!さんせー!」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 16:23:57.22 ID:QX4xAfGN0

律「いやー買った買った!」

梓「ちょっと重いですね。こういうときに荷物持ちのムギ先輩がいないのは不便です」

律(不憫なムギ…)

澪「あれ、そういえば唯は?」

梓「…ここに」

唯「」

律「おー唯、すっかりダウンしてるなあ…唯?」

律「…し、死んでる」

梓「…」グッ

澪(あ、今梓ガッツポーズした)


唯「うぅ…ひどいよりっちゃーん…生きてるよぉ…」

律「あっははー!いやーわりーわりー!でも買い物もう終わったから出ようぜ」

梓「そうですね、次はどっか適当なところでご飯食べましょうか」

梓「…冷房がよく効いた場所で」

唯「」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 17:50:14.53 ID:QX4xAfGN0

ほうかご!

梓「では、本日の部活は虫たちのお部屋を模様替えです!」

唯律紬「おーー!!」

澪「今更練習とはいわないけどさ…」

梓「律先輩、新聞はたくさん持ってきましたか?」

律「おうよ!うちはめったに回収出さないから大量だぜ!!」

梓「日常においてはクズなことこの上ないですけど今回はありがたいですね」

唯「私は使い古しの歯ブラシ持ってきたよ!」

梓「はい。じゃあそれをムギ先輩に渡してください」

唯「えー。あずにゃんが使ってほしいのにー」

梓「用途が違います。虫を洗うんです!」

唯「えーでもぉー」

梓「…考えて見てください。間接的に、唯先輩の口がクワガタを洗うんですよ?」

唯「はっ///」キュゥン

梓(やっぱこの人おかしい)



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 18:01:11.83 ID:QX4xAfGN0

唯「…あれ?でもなんでそれをわたしがやっちゃいけないの?」

梓「間違いなくクワガタが無事じゃすまないからです」

唯「何もしないよう。私もクワガタさん洗いたいよぅ///」クチュクチュ

梓「オナりながら言われても全然説得力ないです。唯先輩は私の監視下に置きます」

唯「…あずにゃん、告白?///」

梓(ウザいほどおめでたい頭だ)






192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 18:14:20.42 ID:QX4xAfGN0

梓「役割分担はわかりましたね?では、開始!!」

バサッガサガサガサ

律「…こうやって一面に新聞しくと今から何かの塗装でもするんじゃないかって思える…」

梓「…」 ザザー

カサカサ

梓「…」パシッコトッコトッ

唯「…」ぼけー



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 18:29:54.89 ID:QX4xAfGN0

律「…」ガコンガコンガタガタ

律「…はい、ムギ」パシッ

紬「どんとこいでーす♪」ヒョイッ トコトコ

梓「…」ガリッ…ポイッガサッ

律「…ほい、澪」スッ

澪「う、うん」トコトコ

唯「…」ぼけー

梓(やっぱ新成虫は綺麗だなあ…)コトッ

紬「終わった子はここ置いておきまーす♪」トスットスッ

梓「あ、喧嘩させないようにしてくださいね」ガサガサ






195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 18:38:32.55 ID:QX4xAfGN0

梓律澪紬「…」もくもく

唯(暇だよぉ…しかも土の匂いでムラムラしてきちゃったし)

唯(洗い終わった子を眺めるぐらいなら…いいよね)スススッ

唯(…コクワはちっちゃくて可愛いなあ。指の間に入られるとくすぐったいんだよね)

唯(ミヤマは上品な色合いだよぉ。頭の突起がつかみやすいから好きだな)ドキドキ

唯(水牛…私にとってノコギリはこっちだな…顎の曲がり具合が雄雄しいよぉ…///)ムラムラ

唯(そして、ヒラタ…、黒光りしてるよぉ、硬そうだよぉ、大きいよぉ///)ジュン



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 18:48:18.62 ID:QX4xAfGN0

唯「…ぁ、」

唯(ダニが一匹、残ってる…)

唯(掃除、しなくちゃ、だよね。私だって、手伝って、いいよね…?)

ハシッ

唯「はぁ…はぁ…」

唯(歯ブラシ…持ってないや…)

唯「はぁ…はぁ…舐めとれば…いいよねっ…いいよねっ…!」

唯(ヒラタ、怒ってる…舐めたら…噛まれちゃうかも…)



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 18:58:10.25 ID:QX4xAfGN0

梓(唯先輩、静かだな…)チラッ

梓「!!」

唯「ちょっとだけ、ちょっとだけ…はっ、はっ、はぁっ」レロォ…

梓「先輩!!!何やってるんですか!!!」

タタタタタパシッ

梓「まったく、油断も隙もならない人です」

唯「あ、あのねあずにゃん!違うの、ダニが」

梓「今の方法だと下手したらヒラタごと掃除されてましたよね!?」

唯「だ、だって!あずにゃんが最近私としてくれないから!!」

梓「何のことかまったくわかりませんが一回もしたことないですよ!!」

梓「ちょっと先輩方、作業は中断です。この人縛って物置にしまいこむの手伝ってください」




201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 19:09:34.77 ID:rs6XXO2h0

唯が狂いすぎてるwww





202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 19:09:38.73 ID:QX4xAfGN0

唯「うあーん、最近あずにゃん野生化してきたよぉー…」ズルズル

ドアガチャ

紬「えいっ♪」

ドォン!グエッバタン

律「うーん、唯の重症化が顕著だなあ…」

梓「せっかくみんなで捕った虫たちをオナネタや食糧にされたら困ります…」

律梓(はぁ…どうしたものか…)



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:13:19.58 ID:QX4xAfGN0

梓「―ってことがあったんだよ…」ハァ

憂「お姉ちゃん可愛い!」

梓「その感性が全くわからないよ!?」

純「相変わらず憂のお姉ちゃんはハイレベルだね…憂もだけど」

憂「うん!」ニコッ

純「なんでそんな嬉しそうなの?にしても、
  はじめ梓に会ったときは濃いのがきたなって思ってたけどなんていうか…世界って広いんだね?」

梓「ていうかあなた誰?」

純「」



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:19:12.99 ID:QX4xAfGN0

梓「憂…どうにかならないかな?」

憂「うーん、そうだねぇ。私はお姉ちゃんのしたいようにさせたらいいと思う!」

梓「(言うと思った…)そうじゃなくってさ、衝動を抑えるとか、嗜好を変えるとかさ」

憂「あっ!それならいい解決方法があるかも!」

梓「…何?」

憂「今私ね、虫の料理勉強中なんだぁ。隣のおばあちゃんが詳しくてね?」

憂「お姉ちゃんもいつもオナニーするとき網戸に飛んでくる虫食べてるから、
  やっぱり虫が食べたいのかなって」

憂「虫捕りに必死なお姉ちゃんも可愛いんだ♪」

梓(なんでこの子はそんなおぞましいことをこんな笑顔で言えるんだろう)

憂「だから、私が料理を覚えたらきっとお姉ちゃんは満足すると思うんだぁ!」

憂「うふふ、お姉ちゃんおいしいって言ってくれるかなぁ♪」

梓「が、がんばってね…」

梓(普通の子だと思ってたんだけど、最近の言動聞いてるとそうでもない気がしてきた)



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:31:01.08 ID:QX4xAfGN0

律「なるほど、憂ちゃんらしいなあ」

紬「それにしても、唯ちゃんの愛はもうそんなレベルで侵食していたのね…」

梓「アレを愛と呼ばないでください。虫唾が走ります。…虫だけに」

律紬「」

澪「…フフッ」

梓「…忘れてください//」カァァァ



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:45:08.44 ID:QX4xAfGN0

律「でも、確かに変だよなあ。そこまで食いたがるとは…」

律「だってさ、梓が唯に教育したのは昆虫の…こ、交尾、の良さ…なんだろ?」

梓「はい。しかも、その時に使ったのは捕食シーン一切なしの王道ものでした」

梓「ていうかあのときの私どうかしてました…唯先輩を見て当時自分の異常さがわかります」ズゥーン

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ、いいもの見せてもらったし過ぎたことよ♪」

澪「交尾に王道とか外道とかあるのか…?」

梓「澪先輩の今の一言にはちょっと言いたいことがありますけど」

梓「要するに、それで食虫に目覚めるのは変なんですよね」

紬「でも、唯ちゃんってバ…天然っぽいし、バ…感覚的なところってあるでしょ?」

律「だから、対象を知るために手っ取り早く食べるって方法をとったってこと?」

梓「うーん…まぁ、説明はつかないこともないんですけど、ちょっと納得いきませんね…」

梓「また、憂に聞いてみます」



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 21:57:38.49 ID:QX4xAfGN0




ドア「その必要はないわ」



梓律澪紬「ドアが喋った!?」

ドアガチャバタン

和「何馬鹿なこと言ってるの、私よ私」



229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:05:48.60 ID:QX4xAfGN0

梓「なんか私の知らない人があまりに多い」

澪「和だよ、まなべのどか。唯の幼馴染なんだ」

和「わざわざひらがなで呼んでくれてありがとう、助かるわ」

澪「そして私のクラスメートで、…親友だ」

和「えっ」

澪「えっ」

紬「もしかして…恋人?」

和「えっ」

紬「えっ」

和「ただのクラスメートよ。別に仲良くもないわ」

澪「」

律「(哀れ…)…まぁとにかく、和は知ってるのか?唯が虫を食べる理由」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:15:06.39 ID:QX4xAfGN0

和「そうね…意外だと思うけど、唯って実は、子供の頃、なんでも口に入れるタイプの子だったの」

律(意外?)

和「まあそれは関係ないんだけど」

律「えっちょっと待って関係ないの?じゃあ何で言ったの?」

和「関係ないわ。でも、唯って可愛いから、そういうことって少しでも多く伝えたいじゃない?」

律「」

梓(もしかして唯先輩の周りってこんな人ばっかりなのかな…)

和「唯はね、昔から一つのことに集中するとm」

律「たぶんそれも原因とは関係ないだろ」

和「まぁね」

律「頼むから本題に入ってくれ…」

和「しょうがないわね。あれは私が幼稚園の秋…」モワモワ



232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:25:39.20 ID:QX4xAfGN0




和「唯ちゃーん」

唯「あ、のほろちゃーん」

和「唯ちゃんもう私の漢字読めるようになったんだ!すごいね!」

和「でももうちょっとおとなになるまでいつもみたいに呼んでほしいな」

唯「わかったーえへへへー」





和「唯って天才だと思わない?」

律「わかったから続けて」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:29:11.88 ID:QX4xAfGN0




ブーン ブーン

和「なんか虫が多いねー」

唯「くさいよぉー」グスン

和「あ、唯ちゃんのお洋服についてる!」

唯「ほんとだぁー。つかまえよう」

ソーッ

唯「とった!」グシャ





澪「やめてえええええ」ガタガタ

梓「話を聞く限りだと、マルカメムシ、ですかね?私もあれはあまり好きではないです…」

和「その通りよ、触覚の子。その知識は唯譲りかしら?」

梓「違います(なんかウザいなこの人)」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:36:07.75 ID:QX4xAfGN0




唯「うええぇ…」グスグス

和「唯ちゃん、元気出して!ほら、ムギチョコたべよ?」

唯「うん…」ガサッ

唯「あっ」ツルッザザー

唯「…ぅ」ブワワッ

和「ゆ、ゆいちゃん!拾おう?ね?」

唯「…ぅん」グスッ





和「ああ唯…なんて可愛いのかしら…」ハァー…

和「唯という天使をこの世に遣わしてしまった神様のミスに感謝しないと…」

律「回想の和がいい子過ぎて限りなく嘘っぽいんだけど…」

和「あら、一字一句違わないわ。私、記憶力には自信があるの」クイッ

律「どうしてこうなった」



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:47:19.97 ID:QX4xAfGN0




唯「」ヒョイパク

和「唯ちゃーん…きれいにしないで食べたらばっちいんだよ…」

唯「」ヒョイパクヒョイパク

和「あれ…そっちにはムギチョコこぼれてないよー?」

唯「…」ヒョイ

和「…?待って唯ちゃん、それ…!ちょっと待って!…ダメーー!!」

唯「」


パク





シャリ




237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:49:54.66 ID:gSmAYG+cP

おええええええええええええええ



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:50:47.44 ID:ozFDbp5ZO

食事中に見るんじゃなかった



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:51:09.25 ID:fXf/dJHMO

うわ・・・うわあああああ・・・・



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:58:28.42 ID:N0Q6bFyo0

>シャリ
何食ったんだ?



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:59:35.97 ID:rs6XXO2h0

そこは分かれよ……





245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:02:16.81 ID:QX4xAfGN0

大量発生を描写し忘れていたせいでわかりにくくなって申し訳ない

唯が食べたのはマルカメムシです



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 22:57:02.29 ID:QX4xAfGN0




澪「…ぅっ!」ダッドアガチャバタン

和「あら、クラスメートの秋山さんはお手洗い?」

梓「澪先輩には刺激が強すぎたか…」

紬「唯ちゃん…ちょっとアレだと思ってたけどまさかそこまでとは…」

律「似てなくも…ないけど、さすがになあ…」

梓(あれ…?みんなやってると思ってたのに…噛んではいないけど)



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:10:49.85 ID:QX4xAfGN0

和「…で、それが食虫との出会いってわけね」

和「唯いわく、「苦くて辛くてピリピリするけど癖になる味」だそうよ」

和「唯って何でも愛せる力を持ってるのね。本当にすごいわ。あと可愛い」

和「ふう、気が済んだわ。じゃあ私生徒会行くね」ドアガチャバタン


律「よく考えたら、なんでドアの前にいたんだろ…」

紬「そういうのって、あまり考えないほうがいいと思うの」

梓「しかし、今の話を聞く限りだと、
  幼稚園の時点で唯先輩は食虫に抵抗がなかったと考えられますね」

律「「癖になる」とかどう考えても何回も食ってるな」

紬「意外と根が深い問題ね…憂ちゃんの料理だけではもしかしたらダメかも…」

梓「習慣として定着して、しかも唯先輩には倫理観が全く無い」

梓「やめさせることは恐らく不可能でしょうね…」

律「とにかく、今後も何か手段を考えないと軽音部の存続に関わるな…」

紬「各自の課題ね」

梓「とりあえず、私は憂と相談してみます」



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:19:18.87 ID:QX4xAfGN0

ドアガチャバタン

澪「ハァ…ハァ……話は、まとまった…のか?」

律「(くさっ)ああ、とりあえずここで虫を食わせないようにすることを目標とした」

澪「そうか…いい案はあるのか?」

紬「(くさっ)うーん、今は何も出来ないわ。憂ちゃんしだいってところかしら」

澪「何故顔を背ける。でも今は待つしかないのか…はぁーっ」

梓「澪先輩、さっきから臭いんで喋らないで息しないで」

澪「」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:28:34.81 ID:QX4xAfGN0

憂「それでねー、最近は私も食用n」

梓「憂、ちょっと相談聞いてほしい…」

憂「なあに、梓ちゃん?」

梓「まず聞きたいんだけど、唯先輩ってさ、もしかして結構昔から…虫食べてた?」

憂「食べてたけど?」

梓「(やっぱり…!)えーと、やっぱり、生きたやつを…捕まえて、だよね」

憂「違うよー!お姉ちゃんがそんな変なことするわけないじゃない、梓ちゃんおもしろーい!」

梓「えっ」



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:36:11.32 ID:QX4xAfGN0

憂「となりのおばあちゃんがくれるイナゴの佃煮とか蜂の子とか」

梓「え、でも今現在唯先輩は生きてるのを食べてるよね(あれ…?)」

憂「うん!」

梓「え、今変って」

憂「お姉ちゃんがすることが変なわけないよ♪」

梓(ダメだこの子…話がまるで通じない…)

憂「今度蜂の巣取りに行くんだけど、梓ちゃんも一緒にどうかな?」

梓「いや…遠慮しとく」

憂「あ、そういや梓ちゃん相談があるんじゃなかったの?」

梓「それもいいや…」ハァ…

憂「……ふーん…そっか♪」ニコッ



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:42:27.93 ID:QX4xAfGN0

梓「…さて、突然ですが第28回唯先輩の食虫をどうにかする会議を始めます」

律澪紬和「わー」パチパチ

律「では各員、状況を報告せよ!」

律「私から!特に変わりなし!次はムギ隊員!」

紬「はいっ!そういえば最近唯ちゃんが来ていません!」

律「それについては、梓隊員から説明してくれ」

梓「はい」

梓「それは、憂が新メニューを開発してそれをエサに唯先輩を釣っているからだと思われます」

梓(何考えてるかわかんないけど、ちゃんと協力してくれてるんだなあ…)

律「…最後に、澪隊員」

澪「く、クワガタを触れるようになりました…」

律「…」

澪「…だってしょうがないだろ!ぼっちなんだから!!何もできないんだよ!!」

律「何も言ってないじゃん」



257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:48:55.46 ID:QX4xAfGN0

和「まったく…進展なしとはダメダメね」

律「あれ、和?」

和「気づくのが遅いわ。私も唯を観察するなんて素敵な会議に参加するのはやぶさかでないのだけど」

和「ごめんなさいね、私も人間である以上、社会の歯車なの。義務が生じるの」

律「回りくどいな…何が言いたいんだよ?」



258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/27(日) 23:59:01.17 ID:QX4xAfGN0

和「あんたたち、今度の文化祭のライブ、ちゃんと準備できてるんでしょうね?」

律「…」

澪「…」

紬「…」

梓「…」


「「「「えっ」」」」



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 01:34:59.77 ID:dHHpuZt20

律「最悪だ…あまりに遊びすぎてここが軽音部だって忘れてた…!」

澪「活動を示さなければ廃部だって言われるし…」

紬「それに加えて…」

唯「みんな久しぶりの部活だねー!!あれ?なになに、どしたのー?」

律「唯が帰ってきてしまった…」ギリッ

律「八方塞だ…」


梓「私の、せいですよね。なんか…すいません」

澪「梓が謝ることじゃないさ、私たちも楽しかったんだし」

律「そうそう、練習なんて今からすればいいって!」

梓「先輩…」

梓「でも、唯先輩はもう…!」

紬「唯ちゃん…」ジワッ

律「…くそっ!」

唯(え…なにこの空気)ポリポリ



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 01:39:46.28 ID:dHHpuZt20

梓「あれ…唯先輩、何食べてるんですか?また、虫じゃ…」

唯「違うよぉー、憂がね、ムラムラしたり食べたくなったりしたらこれを食べてって…ほら!」

梓「錠剤…?(色やべえ)」

唯「なんかね、これを食べると、気分が、落ち着く…って…」

唯「死にたい」

梓「」

律「ま、まぁ問題はとりあえずクリアだ!とにかく練習しよーぜー!」



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 01:45:54.88 ID:dHHpuZt20

とうじつ!


ドアガチャバタン

憂「お姉ちゃんが風邪を引いたので私が変わりに出ます!」ジャラーン

梓律澪紬「」

梓「でも、あんなに元気…?だったのに、なんで」

憂「ビタミン剤が効きすぎて心の風邪をひいちゃった♪」

バターン

唯「憂!私出るから!!出るから返して!ギター返してー!!」グイグイ

憂「無理しちゃダメだよお姉ちゃん、家で虫食ってゴロゴロしてなよぉ!」グイグイ

唯「おねがいしますっ!お゛ね゛がい゛し゛ま゛す゛ぅっ!!!」ボロボロ

梓(あれ…なんか思ってた姉妹像と違う)



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 01:52:07.25 ID:dHHpuZt20

梓「あの、憂…ギー太、返してあげて?」

憂「でも、今のお姉ちゃんの腕は梓ちゃんにも劣る畜生級だよ?」

梓「それでもなの!唯先輩抜きの軽音部は卵抜きのすき焼きだから!」

唯「あずにゃん…」

梓「ちなみに私は使わない派です」

唯「」

律「あっあたしも使わないや」

澪「わ、私も…」

紬「ごめんなさい、すき焼き食べたことがないの…」

唯「」

梓「すいません唯先輩、軽音部は全員唯先輩いらない派でした」

憂「やったねおねえちゃん♪」

唯「死のう」



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 01:57:25.56 ID:dHHpuZt20

梓「唯先輩、冗談ですよぉ」

憂「涙目のお姉ちゃん可愛い!」

唯「ひどいよみんな…」

律「ま、まぁまぁ!兎に角これで全員そろった!」

澪「ああ、後は本番を待つのみ!」

紬「がんばるっ!」

ドアガチャ

和「唯、今日も天使ね。みんな、用意は出来てる?すぐに出番だから準備して頂戴」

律「よーし、いくか!」



「「「「「おー!!」」」」」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:04:02.66 ID:dHHpuZt20




律「…いやーひどかったなー!」

唯「半年ぐらい楽器触ってなかったもんね」

梓「もう…しっかりしてください!私の夢が遠ざかるじゃないですか!」

律「10割おまえら二人が原因だけどな」

梓「う゛っ…すいません…」

澪「いや、梓はライブよく仕上がってたからいいんだ。問題は…」チラッ

律「ああ…」チラッ

紬「そうね…」チラッ

唯「あれ…今日私虐められる流れ?」

梓「やっぱり軽音部全員唯先輩いらn」

唯「うわああああああん」ダッ



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:09:11.05 ID:dHHpuZt20

憂「すねるお姉ちゃんも可愛いっ!」

唯「…みんなサイテー。もう知らないっ」

梓「冗談ですってばぁー」

唯「…」ツーン

梓「…唯先輩?」

唯「…と見せかけてあずにゃん確保っ!もう我慢できないよおお!」ガシッ

梓「ギャアアアアアアアア!!」ジタバタ

紬「●REC」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:14:53.31 ID:dHHpuZt20

唯「あずにゃーん、あずにゃん交尾こうびこうびひひひひひゃっひゃっ」

梓「いやああああ心のビョーキがうつるぅぅぅ!!!」

律「ひでぇ!」

唯「いいよおおうつしてあげるよ恋のビョーキをおおおおおおハァハァハァ」

梓「響きが嫌ですー!最低ですっ!」ガスッゴスッ

唯「ぐあっあがぁっあああずにゃああああん」ギュー

梓「このっ死ねっ!…死ねっ!!」バキッバキャッ

唯「ぐえっ」バターン

紬「ああっ!」

澪「ふふ…すっかりいつもの梓だな」

律「えっこんなんだっけ?」

唯「うう…あずにゃん…」ポロポロ

梓「」ペッ

憂「恋破れるお姉ちゃんも可愛いよお!」ニコニコ

紬(雰囲気良かったのにまた未遂だなんて…)イライラモンモン



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:22:50.62 ID:dHHpuZt20

憂「…でもさ、梓ちゃん?」…ハァ

梓「えっ」ビクッ

憂「それ…私のお姉ちゃん、なんだよね」

梓(しまった、憂のことを失念してた…)

憂「酷いことしてくれたわけだけどさ」

憂「そうなった原因は梓ちゃんにもあるわけだし」

憂「…わかってる?」

梓「…はい」

律「う、憂ちゃん落ち着こう…?」

憂「私は落ち着いてますよ?ただやっぱりそういうケジメ?って大事じゃないですか」

梓(私…何されるんだろ…)



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:25:17.14 ID:dHHpuZt20

紬「…喧嘩はやめて!!」

澪「ムギ…そうだよ、ムギの言うとおり!これからだって時にこんなk」

紬「喧嘩やめてセックスしなよ!セックスセックス!!」

律澪梓「」

ムクリ

唯「仲直りの儀式だね!!私もあずにゃんと仲直りしたいなー!」

梓「」



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:31:03.24 ID:dHHpuZt20

唯紬「セックス!セックス!セックス!セックス!セ(ry」

律「え…どう収集すんの、これ」

憂「良かったね梓ちゃん、早速ケジメつけようよ♪」

唯紬「セ(ry

澪「梓!気を確かに持て!流されるなよ!!」

梓「……ぅ」プルプル

梓「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

澪「あ、梓!?」


梓「…や、やってやるです///」

律「ちょ///」

唯紬「っしゃあああああああ!!」ハイタッチ!

憂「梓ちゃん信じてたよ!」



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:38:08.33 ID:dHHpuZt20


唯梓「………」ゴソゴソゴソ

唯「…」プルプルプルプル

梓「…」モゾモゾ

唯「…」プルプル


律「…で、そのマウントポジションで唯が震えるだけのそれはなんなの」

唯「カブトムシセックスだよ!…疑似だけど」

紬「どうしよううれしくない」

憂「よかったねお姉ちゃん!」

唯「うん!」

梓「唯先輩に奪われちゃった…」グスン

澪「えっ何を」


律「え?えっ…えっ?け、けいおんだいすきー…?」


End



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:40:26.45 ID:dHHpuZt20

一応終わりです。長々とお付き合いくださいましてありがとうございます。
ネタが中途半端なのはクリスマスで終わらせるつもりだったからです



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:41:58.05 ID:dHHpuZt20

かずにゃんさんが喜んでくれるようにがんばって唯梓にしました!
思い出した頃にクリスマスネタをそっと投下します!おやすみなさい!!




289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:40:54.73 ID:MhslvPP4O

え?えっ…えっ?







291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:42:04.40 ID:hzWLyORgO

どうしよううれしくない乙



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:43:44.17 ID:H8hNB1l5O

乙!

いい唯梓エンド……なのか?



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 02:56:35.82 ID:HTU/LOOJ0

終わりやがったw



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 03:02:07.00 ID:tzRsJBHbO

紬「どうしよううれしくない」
 
クソワロタwwwwww



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 03:15:37.19 ID:hXVH1iLUO

カマキリセックスであずにゃんを食べちゃえばよかったのに



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 03:59:10.03 ID:nNsg4pkd0

過去のけいおんSSと比べても唯の変態度が屈指だな



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 05:51:15.92 ID:05Gr3KBsO

唯の変態度もさることながら、こんなに言動が理解できない憂も俺は知らない



298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/28(月) 06:42:02.39 ID:UHlxcPE8O

なにこれ面白すぎるwww

続編も楽しみにしてる






関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「中野梓です。昆虫系女子です」#後編
[ 2011/10/09 15:38 ] カオス | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6