SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月9日

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月9日 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#index




251 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:13:22.47 ID:qmEGUPh0o


9月9日


姫子「・・・面白くないな」

和「ビンテージ雑誌ね」

唯「希少品だよ」

姫子「おはよ」

和「おはよう・・・どうしたの、それ」

姫子「父さんから借りたんだけど・・・」

唯「どれどれ・・・」ズイッ

姫子「ち、近いよ唯・・・」

和「・・・さて、と」

唯「馬・・・。和ちゃん」

和「なに?」

姫子「?」

唯「この漢字読める?」

和「・・・えーと・・・そうま・・・ね」

姫子「あれ・・・どこかで・・・?」

唯「うまさんだよ」

和「まさか、苗字が一緒なだけよ」

姫子「どこだっけ・・・」ウーム

プッププー

「琴吹さんおはよー」

唯「むぎちゃんおはよ~」

和「おはよ・・・ってそれ持って登校してるの?」

紬「・・・」フルフル

和「そうよね」

姫子「あ、おはよ」

紬「・・・」コクリ

風子「おはよ~、今日はなにを見てるの?」

姫子「・・・20年前の雑誌」

和「ずいぶんと古いわね」

唯「私たち生まれてないね」

紬「・・・」プップププー

風子「・・・?」

唯「き・・・れ・・・い・・・」



252 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:15:24.68 ID:qmEGUPh0o


和「確かに古い割にはキレイよね」

姫子「・・・内容も古くてつまんないんだけどね」

風子「どうして読んでいるの?」

唯「いい質問だよ」ウンウン

紬「・・・」コクコク

和「・・・」

姫子「旅に興味があるなら読んでみろって・・・」

唯「ほぅ」キラン

和「じゃ、次読ませてね」

紬「・・・」ププッププー

唯「おっと、お二人ともそうはいかないよ」

風子「・・・?」

和「むぎも読みたいそうよ」

姫子「じゃあどうぞ」

紬「・・・」ペコリ

風子「紬さんに渡ったね」

和「あら・・・」

唯「なんと!」

澪「ここはジャンケンじゃないか」

律「うむ」

信代「そうだな」

いちご「・・・」

春子「・・・よし」

紬「!」

律「いやいや、人増えすぎだろ」

澪「興味あるの?」

信代「無いことも無いことも無いかな」

唯「えーと、無いことも無い。は興味あるって事だから、それが無いって事は・・・」

風子「興味無いんだ・・・」

春子「昨日の雑誌は?」

唯「持ってるよ~」

姫子「あ、唯が持ってたんだ」

和「ちゃんと返しなさいよ」

春子「じゃあそれは私が借りるよ~」

信代「本格的に興味もったみたい」



253 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:16:48.52 ID:qmEGUPh0o


澪「あれ・・・?」

律「むぎは・・・いつの間に席へ!?」

唯「ジャンケンだよ!」

紬「・・・」ペラッ

いちご「・・・あ、ちょっとまって」

紬「・・・」コクリ

いちご「・・・ありがと」

和「二人で読んでいるわね」

姫子「面白いのかな」

律「しゃーない、後で読ませてもらうかな」

信代「活字大丈夫なの?」

律「どういう心配のされ方だよ・・・」

澪「小説にはまったくらいだから・・・大丈夫」

律「あのな・・・」

風子「私も覗いてこよう」

スタスタ



254 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:17:35.49 ID:qmEGUPh0o


和「そろそろ先生が来るわね」

姫子「和・・・」

和「?」

姫子「私と紬とでは視点が違うの?」

和「・・・当然じゃない・・・私と唯も違うわよ」

姫子「そういう意味じゃなくて」

和「それなら、いちごに聞いてみたら?雑誌の感想を」

姫子「そうか・・・そうだね」

澪「唯はなにをしているんだ?」

唯「来るよ・・・さわちゃんが来る・・・」ムムム

律「当たり前だろ」

姫子「・・・」

唯「今扉を開けるよ!」

ガチャ

さわ子「みんなおはよう~」

律「マジかよ」

澪「まだ時間あるのに・・・」

信代「ど、どうして分かった唯!?」

唯「分かりませんよ」フフフ

姫子「分からない事に自信を持ってる・・・」

和「なかなか涼しくならないわね」

澪「季節を気にしている和はすごいなぁ」



255 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:19:19.96 ID:qmEGUPh0o


―――――昼

姫子「面白かった?」

紬「・・・」コクリ

いちご「・・・うん」

姫子「どこが面白かった・・・かな?」

紬「・・・」プッププー

いちご「・・・」

姫子「・・・」

紬「・・・」

いちご「・・・唯が居ないからこれに書いて」

紬「・・・」コクリ

姫子「・・・」

唯「ちょっと待ったー!」

いちご「!」ビクッ

唯「ダメだよ、練習にならないよ!」メッ

いちご「ご、ごめんなさい・・・」

紬「・・・」プッププー

唯「分かればいいんだよ」

姫子「・・・じゃあいちごから聞いていい?」

いちご「・・・女性が一人写った写真が良かった」

紬「・・・」コクコク

唯「なんの話?」

姫子「この雑誌の感想聞いてるの」

唯「読み終わったなら貸して~」

姫子「どうぞ」

唯「ありがと!」

テッテッテ

和「・・・唯はまだ読んでなかったのね」

姫子「写真が良かったのは分かるけど・・・」



256 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:20:29.72 ID:qmEGUPh0o


紬「・・・」プププップー

和「そうね・・・。カメラマンの恋人みたいね」

いちご「・・・うん。いい笑顔だったから、納得した」

紬「・・・」コクコク

姫子「・・・」

いちご「他の写真も良かった・・・建物や風景、動物」

紬「・・・」プププッププー

澪「むぎは空の写真がお気に入りらしい」

律「褪せてたぞ、あの写真のページ」

紬「・・・」プッププー

律「・・・そ、そうか」

姫子「・・・なんて言ったの?」

律「だからいいんだってさ」

和「元の写真は評価できなくなるわよ、それだと」

紬「!」

いちご「写真を撮った人のコメントもよかった・・・」

和「そうね、その瞬間を撮るために何ヶ月も待ったという人もいれば、
  偶然撮った瞬間がかけがえのない時だったとか・・・」

姫子「・・・ちゃんと読んでいなかったのかな」

澪「多分、写真に興味が無かったからじゃないかな」

律「私もないけどな!」

姫子「じゃあ律は面白くなかった?」

律「いや、コメントが面白かったな」

姫子「・・・」

和「いちごはどうして面白いと思ったの?」

いちご「その写真だけだから・・・人一人だけ写っているの」

澪「そういやそうだ」

律「おぉ、マジだ・・・」

紬「・・・」コクリ

姫子「・・・読んでくる」ガタッ



257 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:21:51.40 ID:qmEGUPh0o



―――――放課後

唯「おまたせ」

紬「・・・~」ノビノビ

澪「今日も終わったな」

梓「帰りましょう」

スタスタ

律「部活も勤しんだし、私ら学生の本分を全うしてんな!」

唯「そうだね・・・」

梓「どうしたんですか?」

唯「うーん・・・なにかひっかかっているんだよ」

澪「昼からこんな感じだな」

紬「・・・?」

梓「悪いものでも食べたんですか?」

律「いくら唯でも拾い食いはしないだろ」

唯「うーん」

梓律「「 ・・・ 」」

澪「無視されたな」

紬「・・・」

斉藤「・・・」ペコリ

律「あ、斉藤さん」

澪「じゃあな、むぎ」

梓「明日です」

律「じゃーな~」

唯「あ、むぎちゃん明日ね~」

紬「・・・」フリフリ



258 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:23:15.33 ID:qmEGUPh0o


スタスタ

梓「どうして私の家は学校から歩いて帰れる距離なんですかね!」プンスカ

律「知らねえよ」

澪(・・・すっかり戻ったな)

唯「なんだろう・・・このモヤモヤ・・・」ウーン

梓「電車通学なら一緒に帰れるのに」ブツブツ

律「・・・なにもいうまい」

ドルルルルルル

梓「む・・・、それじゃ私はこっちから帰りますから」

澪「え?」

キキーッ

轍「こんばんは」

律「女子高生に気軽に声をかけるなよ」

轍「う・・・」グサッ

唯「うま・・・さん・・・」

轍「相馬だってのに・・・」

澪「・・・」

律「まだこの街にいたのか?」

轍「昨日は一山越えたまちまで行っていたんだけどね」

律「行動範囲広いのな」

轍「足で稼がないとね」

澪「・・・」

唯「・・・」ジー

律「私らの話が聞きたいって?」



259 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:24:45.00 ID:qmEGUPh0o


轍「あぁ・・・キミ達の担任の先生に会ったよ。その時に少し話をしたんだ」

澪「・・・」

唯「・・・」ジー

律「で、何を聞きたいんだよ」

轍「話を聞かせてくれるの?」

律「タダじゃないけどな~」ニヤリ

轍「・・・しっかりしてるね」

律「当然!」

澪「・・・」

律「あれ・・・?どうした澪」

澪「・・・なんでもない」

律「いつもなら・・・」

唯「・・・」ジー

轍「な、なにかな・・・?」

唯「うまさん・・・写真の人に似てる」

轍「写真?」

澪「ごめん律・・・先に帰ってて」

タッタッタ

律「ありゃ?」

唯「あれ・・・あずにゃんもいない」

轍「話聞けないかな・・・・・・」

律「・・・」



260 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:25:33.52 ID:qmEGUPh0o




タッタッタ

澪「まって、梓」

梓「澪先輩・・・」

澪「ちょっと寄り道しよう」

梓「遠回りになりますよ?」

澪「それは梓もだ・・・行こう」

梓「・・・はい」



261 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:27:08.73 ID:qmEGUPh0o


轍「旅の話」

律「・・・」

唯「しょうがないですな」

轍「いいの?」

律「そこで慎重になるのはどうしてだよ」

轍「気軽に聞いていいものかと・・・」

律「記事のネタになりそうなんだろ?」

轍「そうなんだけど・・・、さっきの髪の長い子は触れて欲しくなさそうだったから」

律(読み取るのはやいな・・・何者だよ・・・)

唯「?」

轍「中野さんも俺を避けたわけで」

律「はは、しょうがねえよ」

轍「・・・無理強いはしたくないからさ・・・縁が無かったという事で諦めるよ」

唯「・・・」

律「記事はどうすんだよ」

轍「昨日行った場所で発見があったから、そこをつついていくかな」

唯「・・・」

律「そっか・・・」



・・・・・・



和「一人で読んでいたの?」

姫子「うん・・・私だけ読み取れていないみたいで・・・疎外感を感じたから」

和「教室で一人・・・」

姫子「絵になってたでしょ?」

和「・・・そうね」

姫子「流したよね?」

和「・・・あれ、唯たちよね」

姫子「唯?」



262 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:28:55.19 ID:qmEGUPh0o


律「それじゃーな」

轍「うん、それじゃ」

唯「最後に聞いていいかな?」

轍「ん?」

唯「しんひかりてんって知ってる?」

律「なんだよそれ・・・」

轍「???」

唯「心ひかり展だよ!」

和「心光展でしょ」

轍「!」

唯「そ、そうだよしんこうてんだよ」

姫子「いつぞやの人・・・」

轍唯「「 なんで・・・ 」」

唯「姫ちゃんと和ちゃん一緒なの?」

轍「心光展を知っているんだ・・・?」

和「帰ろうとしたら姫子が教室にいたのよ」

姫子「唯・・・姫ちゃんって・・・」

律「雑誌を読んだ」

唯「そうなんだ・・・、姫ちゃん雑誌貸して?」

姫子「小学校以来だよ・・・それ浸透させてほしくないな・・・。はい、どうぞ」

轍「・・・」

唯「ありがと~・・・えぇとね」ペラペラッ

轍「ここでその言葉を聞くとは・・・」

律「呆然としてんな・・・大丈夫か?」

轍「あ、あぁ・・・」

和「・・・」

唯「あったあった、やっぱり似てるよ」

姫子「あの笑顔の写真?」

轍「か、貸してっ!」

唯「ど、どうぞ」

轍「・・・・・・ここで出会えるなんて・・・」

姫子「?」

唯「やっぱりうまさんだったよ、和ちゃん」

和「・・・偶然ね」

姫子「でも、その雑誌20年前のだよ・・・?」



263 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:30:27.39 ID:qmEGUPh0o


唯「あれ・・・写真に写った人がうまさんに似ていて、写真を撮った人がうまさん・・・?」

律「唯の言葉だけ聞いたら奇想天外な想像してしまいそうだ・・・」

轍「この写真に写っている人は俺のお袋で、撮ったのは親父だよ」

律唯和姫子「「「「 え!? 」」」」

轍「・・・」

唯「すごー・・・い」

律「すげえなアンタのお父さん・・・あの写真は私も惹かれるものがあったぜ」

姫子「・・・うん」

和「当時は恋人同士だったわけですね」

轍「・・・うん」

唯「いい写真だよね~」

轍「・・・」

律「うむ」

轍「・・・」

姫子「うん、とてもいい写真だと思う」

轍「・・・ありがと」

和「?」

轍「面白い、な。・・・ありがと、返すよ」

唯「はいよ・・・。今でもらぶらぶなんでしょうな」ニヤニヤ

律「そりゃそうだ、こんなにいい写真が撮れる関係なんだからな」ニヤニヤ

轍「うん・・・。親父は・・・お袋を笑顔にさせる事が出来た。
  お袋は親父を信頼しているから、笑顔を出せる事が出来た」

和「・・・」

轍「・・・親父の・・・『最高の一枚』なんだ」

姫子(遠い目をしている・・・?)

律「親のなりそめを恥ずかしげも無く」

和「り、律・・・!」

律「な、なんだよ?」

唯「ど、どうしたの和ちゃん・・・?」

轍「あ、ごめん・・・。いきなりだったから油断してたな・・・気にしないでいいよ」

和「・・・いえ」

律「えぇと?」

唯「?」

姫子「・・・」



264 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:32:17.06 ID:qmEGUPh0o


轍「・・・鎖になっているわけじゃないから大丈夫だよ、ありがとね」

和「そういう訳じゃ・・・」

轍「お袋は俺が幼い頃に亡くなっているんだ
  親父も俺が高校に入った頃に亡くなった」

律「!」

唯「え・・・」

姫子「・・・」

和「・・・」

律「ご、ごめん」

唯「ご、ごめんなさい」

姫子「・・・」

轍「いや、あの世でらぶらぶなら俺も安心・・・って自分の親がらぶらぶってのもなんか嫌だな」

和「キレイな人だから、絵になりますよ」

姫子「変なフォロー・・・」

唯「私の両親もらぶらぶなんだよ」

律「よく旅行に行ってるもんな」

轍「・・・」

和「巧いフォローってどうやるのよ」

姫子「フッてもやらないよ」

唯「また海外行くとか言ってるんだよ」

律「またか!」

轍(バラバラなようで・・・纏まっているんだな・・・)

律「その・・・なんだ・・・私だけでも話してやってもいいぞ」

轍「?」

和「話って?」

唯「夏の旅の話だよ!」

姫子「・・・聞きたいかも」



265 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:33:41.37 ID:qmEGUPh0o


律「無神経な事を言ってしまったお詫びもかねてな!
  ファーストフードでな!ソーマ持ちでな!」

轍「あ、ごめん」

唯「しょうがない・・・アイスで手をうつよ~」

和「お詫びする気あるの?」

轍「時間が無いんだよ、今日はもう戻らないと」

律「戻る?帰るじゃなくて・・・」

轍「あぁ、一応旅としてここに来てるからね俺は」

姫子「・・・」

唯「テント?」

轍「うん・・・、キャンプというより野宿だけど」

律「ここらへんでテント張れる場所なんてあったかな」

和「たしか・・・離れたところにキャンプ場があったわね」

姫子「・・・どのくらい離れているの?」

和「えぇと・・・」

轍「俺がテントを張る場所は、バイクで2時間ちょっと」

唯「今から戻っても間に合うの?」

轍「今日は戻ってネタをまとめるだけだから・・・少し食べて寝るだけだな」

律「ふ~ん・・・」

和「時間が無いってそういう事なんですね」

唯「どうしてそんな事してるの?」

轍「この方がリアリティのある記事が書けるからね」

律「・・・」

姫子(あ・・・面白い事おもいついた・・・けど・・・・・・)

和(・・・唯が言いそうね・・・だけど・・・面白いわ)

唯「むふふ~」



266 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:35:53.27 ID:qmEGUPh0o



―――――森林公園


澪「河川敷じゃないんだ」

梓「た、たまには違う場所でもいいじゃないですか」

澪「・・・そうだな。いい場所だなここも」

梓「はい・・・開けた場所ですから、のんびりできていいです」

澪「梓は・・・答えを見つけたのか?」

梓「・・・・・・・・・はい」

澪「そっか・・・」

梓「・・・」

澪(やっぱり・・・むぎがいると梓は強くなるな・・・夏の時と一緒だ)

pipipipi

澪「?」スッ

ピッ

梓「・・・」

澪「唯から・・・メール来たんだけど・・・」

梓「どうしたんですか?」

澪「・・・読んで見て、どういう事か分かる?」

梓「?」

『キャンプをします!』

梓「分かりません」

pipipipi

梓「?」スッ

ピッ

澪「律じゃない?」

梓「そうです・・・えぇー・・・」

澪「どうした?」

梓「見てください」

『今週末開催!』

澪「えぇー・・・」



267 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:37:32.73 ID:qmEGUPh0o


―――――夜・山中邸

『もしもし、さわちゃん~?』

さわ子「なによ・・・もう寝るんだから用件は短めにお願いね」

『早寝はNO NO NOだよ』

さわ子「明日遅刻したらおやつ私が食べるからね」

『そんな!って遅刻なんてしないよ~』

さわ子「分かったから、なによ」

『今週末って空いてる~?』

さわ子「今週末って・・・土日よね・・・」

『金曜日の夜から土曜日だよ』

さわ子「学校終わってから・・・?」

『そうだよ』

さわ子「空いてるっちゃ空いてるけど・・・」

『学校は行かなくていいの?』

さわ子「生徒に言われるとおかしな気分になる台詞ね・・・」

『うん?』

さわ子「・・・なにがあるの?」

『キャンプしようよ!』

さわ子「・・・」

『みんなでやろうよ!』

さわ子「あなたたちだけ贔屓しているみたいで気が引けるわ」

『姫ちゃんも来るよ~、いちごちゃんも誘ったら来てくれそうだよ』

さわ子「・・・」

『どうかな?』

さわ子(・・・このタイミングなのね)

『さわちゃん?』

さわ子「しょうがないわね・・・みんなが乗れる車借りてくるから、ありがたく思いなさいよ」

『ひゃっほぅ!』

『ガンッ』

『あいたぁ!』

『お、お姉ちゃん大丈夫!?』

『だ、大丈夫』

さわ子「あれ・・・?今週末って言ったわよね・・・」

『言ったよ』

さわ子「明日木曜日よ!?」



269 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 22:46:20.82 ID:qmEGUPh0o


『そうだよ?』

さわ子「あのねぇ・・・」

『楽しみだなぁ~♪』

さわ子「明日一日で全ての準備しなきゃいけないのよ?」

『ばっちりだす!』

さわ子「・・・」

『ありがとね、さわちゃん』

さわ子「・・・お礼なんていいわよ」

『おやすみ~♪』

さわ子「えぇ、おやすみなさい」

プツッ

さわ子「唯ちゃんはまだ、むぎちゃんの治療の事知らないのよね・・・」

カチッ

さわ子「よいしょ」ファサ

さわ子「・・・このタイミングなのね」




関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月9日
[ 2011/10/13 22:24 ] クロス | 風雨来記 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6