SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月11日 前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月11日 前編 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#index




280 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:05:10.00 ID:qmEGUPh0o


9月11日


―――――澪の部屋

ビュウウウウウウウウウ

ガタガタガタガタ

澪「・・・ぅん?」

ビュウウウウウウウ

澪「・・・朝・・・?」

シャー

澪「うわっ!」

ザアアアアアア

ビュウウウウウ

澪「うわー・・・」

ジリリリリリリリ

カチッ

澪「朝とは思えない暗さだな・・・」

ザアアアアアア

澪「この雨・・・」

pipipipipipipi

ピッ

澪「はい・・・」

『おはよ』

澪「おはよう・・・すごいな・・・風と雨」

『あぁ・・・キャンプ大丈夫かよ』

澪「キャンプの前に行く所あるだろ」

『・・・え?』

澪「学校だ・・・」

『・・・テレビ見てないのか』

澪「・・・今起きたから」

『つけてみろ』

澪「・・・?」

ピッ

澪「あ・・・」

『テロップ出てるだろ?』



281 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:08:19.39 ID:qmEGUPh0o


澪「うん・・・交通機関の運休・欠航・・って事は」

『休みだっ!』

澪「喜ぶ所じゃないだろ・・・」

『まぁな・・・でも、見方によればラッキーかもしれないじゃん』

澪「・・・どうして」

『午前中に通りすぎれば、キャンプに間に合う。学校が終わるより早く到着する』

澪「・・・なるほど」

『テルテル坊主作っとけよー』

澪「今から・・・?」

『なにもしないよりはいい!』

澪「分かった」

『そんじゃ後でなー』

澪「うん」

プツッ

澪「何年ぶりに作るんだろ・・・」

pipipipipipi

澪「・・・今度はメールか」

ピッピッ

『お昼に河川敷に集合!』

澪「唯の予報では晴れになるのか・・・」

ピッピッピッピ

『どうして河川敷なんだ?学校でいいんじゃないの?』

ピッ

澪「・・・とりあえず準備しておくか」

pipipipipipi

澪「おっと・・・」

ピッ

『さわちゃんが学校嫌だって』

澪「ふふ・・・教師が登校拒否してるみたいだな・・・」

ビュウウウウウウウウウ

ガタガタガタガタ

ザアアアアアアアアアア

澪「この台風はすごいな・・・」



282 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:16:03.45 ID:qmEGUPh0o


―――――昼・河川敷

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

紬「・・・」ヒヤヒヤ

憂「流れが凄いですね・・・」ゴクリ

姫子「・・・自然は侮れないね」

律「少し風が強いな・・・」

純「キャンプ地に到着する頃には落ち着いてますよ」

律「なんで分かるんだよ」

純「・・・女の勘です」

憂「使い方間違ってるような・・・」

澪「よいしょっ」ドサッ

唯「荷物載せたよっ!」

斉藤「それでは参りましょう」

紬「・・・」コクリ

唯律純「「「 お願いしまーす! 」」」

澪憂姫子「「「 お願します 」」」

ガチャ

律「うっしゃー、乗り込め乗り込めー!」



283 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:17:18.17 ID:qmEGUPh0o


純「よっしゃー」

姫子「凄いテンションだねぇ」

唯「自分だってワクワクしてるくせにぃ~」ツンツン

澪「・・・」

憂「よいしょっ・・・」

バタン

紬「・・・」チラッ

律「・・・ん?」

澪「全員乗ったよ」

紬「・・・」コクリ

斉藤「それでは、出発します」

唯「ごーごー!」

純「レッツゴー!」

律「レッツゴーゴー!」

澪「このテンションのまま2時間持つのか・・・」

姫子「途中で飽きるんじゃないかな」

律「私らのテンションを見くびるなよ」フフン

憂「クスクス」

紬「・・・」ウキウキ

ブオオオオオオ



284 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:18:34.62 ID:qmEGUPh0o


―――――30分後・シュガー車

律「・・・」

純「・・・」

唯「・・・」

澪「はやっ!」

律「飽きたんじゃないぞ、体力を温存してるだけだ」

純「はい」

唯「そう・・・だよ・・・」

憂「お姉ちゃんは眠そうだね」

紬「・・・」ルンルン

姫子「紬はまだテンション高いみたいだよ」

律「むぎー、体力温存しておか・・・なくていいよこの子!」

澪「体力あるからな」

紬「・・・」フンス!

斉藤「音楽でもおかけしましょうか?」

純「じゃあクラシックお願します」

斉藤「かしこまりました」

ピッ

~♪

紬「・・・」ルンルン

唯「」ウトウト

憂「・・・」

律「こら!」

斉藤「なんでしょう?」

律「斉藤さんじゃなくて・・・純!」

純「すいませんでした」

姫子「・・・」

律「まったく、これからキャンプだってのに落ち着いてはもったいないだろ」

純「そうですね、それではどのようなジャンルがいいでしょう」

律「それは唯が教えてくれる」

澪「キラーパス・・・」



285 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:20:36.75 ID:qmEGUPh0o


憂「お姉ちゃん」ユッサユッサ

唯「ぅ・・・ん・・・うん?」

憂「キャンプへ向かう時に聞く曲って何かな」

姫子「結構攻めるね、憂ちゃん」

紬「・・・」メモメモ

律「しっかり覚えるんだぞむぎ」

紬「・・・」コクリ

澪「なにをだ」

律「教えてやれ唯」

唯「姫ちゃんが聞いてる曲だよ~」ムニャムニャ

姫子「えっ!?」

紬「・・・」メモメモ

律「なるほど、こういう手もあるのか」

純「なるほど~」

憂「姫子さんは主にどんなジャンルを?」

澪「攻める攻める」

姫子「律に――」

律「パスはもう無しな」

姫子「――教えてもらった曲がこのプレイヤーに入っているんですけど、再生できますか」

澪「これは律に責任が回ったな」

律「ぐっ・・・」

純「なるほど~」

斉藤「お嬢様、申し訳ありませんがお願します」

紬「・・・」コクリ

姫子「お願いね」

紬「・・・」

斉藤「そこの線・・・そうです」

紬「・・・」

ピッ

ダンッダンッダンッダンッ

純「おぉ、このバンド!」

律「あぁ、これかー」

紬「・・・」ルンルン

唯「」スヤスヤ

澪「・・・」



286 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:22:17.15 ID:qmEGUPh0o


a vapor tail disappears

I lost my feeling in the sky

憂「いいですね、曲調と外の天気が合っているような気がします」

律「合ってるなー」

姫子「・・・」ホッ

純「憂、このバンドだよ昨日言ってたの」

憂「最近お気に入りっていう・・・?」

純「そう」

姫子「いいよね、このバンド」

純「いいですよね!」

澪「あ、テンション戻った」

姫子「どうかな・・・紬?」

紬「・・・」グー

律「へぇ・・・むぎもこういうの聞くのか?」

紬「・・・」

斉藤「ボサノバの要素もありますから・・・そこが合っていると思われます」

紬「・・・」グー

澪(知らなかった・・・)

律(むぎの知らない部分ってまだあるんだな・・・当然か・・・)

憂「河川敷で話したバンドだよね?」

I could not see

純「そうだよ、アシッドジャズやダンスクラシックを取り入れたってヤツね」

any hope

姫子「へぇ・・・」

if I'd stay here

律「ここに留まっていても、何の希望もみえない・・・」

澪「・・・?」

唯「」スヤスヤ

律「・・・」

紬「~♪」

律(重なるな・・・)

紬「・・・」ルンルン

    so take me higher
律(もっと高くヘ連れていってくれ)

 to get back the song I lost
律(失くした歌を取り戻す為に)



287 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:23:46.55 ID:qmEGUPh0o


―――――1時間後

紬「・・・」

律「・・・むぎ?」

紬「・・・?」

律「なにか見えるのか?」

純「未確認飛行物体とか」

紬「・・・」スッ

律「あぁ・・・晴れてきてるな」

澪「台風一過だな」

姫子「うん、いいタイミングに晴れたね」

純「これならキャンプ地は乾きますよね」

斉藤「それはどうでしょう・・・結構な雨でしたから」

澪「うん・・・バケツをひっくりかえしたような雨だった」

律「台風一家・・・」

澪「・・・はいはい」

姫子「?」

律「・・・」

純「どうして繰り返して言ったんですか律先輩」

律「うるさいっ」

紬「・・・?」

澪「むぎも気づいていないのか」



288 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/02(金) 23:24:44.60 ID:qmEGUPh0o



姫子「どういう事?」

純「台風にもお父さんとお母さんが」

律「ボケを説明するなぁ!」

紬「・・・」コクコク

姫子「・・・」

憂「」スヤスヤ

唯「」スヤスヤ

ドルルルルルルル

姫子「あ・・・」

澪「ん?」

姫子「女性ライダーだよ」

純「おぉ、かっこいいバイクだ」

律「どれどれ・・・マジだ・・・かっこいいな」

姫子「・・・気持ち良さそう」

紬「・・・」

律「太陽出てきてるからな」

ドルルルルルルルル・・・

澪「ぐんぐん伸びていったな・・・」

憂「」スヤスヤ

唯「」スヤスヤ



289 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:31:39.71 ID:/tE7ZYkDo


―――――2時間後

澪「起きて、二人とも」

憂「・・・ぁ」

唯「・・・ぉ?」

律「そろそろ着くぞ~」

姫子「雲も少なくなってきたね」

律「純の女の勘とやらも・・・捨てたもんじゃないってことか・・・」ゴクリ

紬「・・・」キラキラ

斉藤「・・・えぇと・・・山中様は・・・」

純「あ、梓がいたっ!」

斉藤「では、そちらへ・・・」

律「梓も運が悪いなー」

純「そうですね」

澪「・・・くじだからしょうがないけど」

斉藤「到着致しました」

ガチャ

純「ありがとうございましたー!」

澪「ありがとうございました」

律「ありがとー!」

憂「・・・ありがと・・・うござ・・・まし・・・」

唯「うい~、ちゃんと目を覚まさないと危ないよ~」

和「寝ていたの?」

唯「えへへ」

憂「・・・」ボケー

律「到着!」



290 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:32:21.16 ID:/tE7ZYkDo


梓「純があのくじ作ったんだってね」

純「そうですよ」

梓「・・・」

純「私は悪くない!」

梓「自分の引きが弱かっただけ・・・誰も責めてはいないよ・・・」フッ

純「ご、ごめんなさい」

梓「・・・帰りもくじ・・・?」

純「そう・・・なります・・・かね・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」イソイソ

梓「手伝います!」

斉藤「場所を確保しておいてくれますか?そちらへ荷物を運びますから」

律「よっしゃー、行こうぜむぎー!」

澪「よし!」

純「いい場所を確保したいなー」

姫子「先ずは下見だね」

紬「・・・」ダッ

タッタッタ

梓「むぎ先輩まってください!」

和「・・・」ダッ

タッタッタ

姫子「和まで・・・」

唯「あれ、りっちゃんたちは~?」

憂「・・・あ、到着していたんだね」

斉藤「皆様向こうへ行かれましたよ」

唯「えー!?」



291 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:33:12.13 ID:/tE7ZYkDo



―――――山中さわ子班


いちご「料理班がいい・・・」

風子「仕方ないよ、くじで決まった事だから」

信代「そうだぞ、諦めて木の枝を集めようじゃないか」

春子「なんで木の枝を・・・」

信代「姫子と澪が言ってたでしょ」

風子「湿った枝で焚き火をするとすぐに火が落ちるから、早めに集めて天日干しするって」

春子「雑誌で得た知識か・・・」

いちご「・・・」スィー

信代「ちょいまち」ガシッ

いちご「・・・テント設営班なんて聞いてない」

信代「しょうがないな・・・あっちの班の誰かと代わってもらうといい」

いちご「・・・うん」

スタスタ



292 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:34:35.11 ID:/tE7ZYkDo


―――――シュガー班


唯「さわちゃんは~?」

律「あれ・・・いないな」

いちご「帰ったよ」

澪「え!?」

梓「正確には一度戻った、です」

紬「・・・?」

梓「学校で用事をすませてくるそうです」

紬「・・・」コクコク

純「大変ですね・・・片道2時間ちょっとの距離なのに・・・」

憂「・・・うん」

律「こら・・・梓といちごはテント設営班だろ」

いちご「誰か変わって・・・」

紬「・・・」ズバッ

いちご「変わってくれるの?」

紬「・・・」キリ

いちご「・・・ありがと」

梓「それじゃあ私も設営班に戻ります」

純「え・・・サボってたの?」

梓「サボってないよ、荷物運びしたから」

憂「・・・うん・・・そうだね」

唯「姫ちゃんと和ちゃんがいないよ」

澪「買出しだよ、斉藤さんと」

梓「あれ・・・、むぎ先輩は?」キョロキョロ

律「とっくに設営に向かったぞ」

梓「もぅ!」

テッテッテ

いちご「・・・あの子・・・紬さんの傍によくいる」

律「まぁ・・・尊敬してんだろ」

澪「・・・うん」

いちご「・・・」

憂「・・・ふぁ」トントントントントン

純「あくびしながら見事な包丁裁きで・・・」



293 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:35:22.93 ID:/tE7ZYkDo


唯「あいたぁ!」

澪「ヒィ!」

唯「皮擦りむいちゃった」

澪「聞こえない聞こえない」ガタガタ

律「邪魔だなぁ・・・」

いちご「・・・」スラスラスラスラ

純「見事な皮剥きです!」

律「・・・嘘だろ・・・?」

いちご「・・・どうして?」

律「・・・すまん、みくびってた」

いちご「?」

律「いちごのキャラはそんなんじゃないと思ってた」

いちご「む・・・」

唯「あっつー!」

憂「お、お姉ちゃん・・・まだ火を点けちゃダメだよ」

唯「えへへ、やってみたくて~」

澪「唯はあぶなっかしくて見てらんない」ブルブル

律「あなたたち二人設営班に行ってくれませんかね」

唯「どして~」ブー

澪「な、なんでだよ」

律「邪魔だ!」

唯澪「「 」」ガーン

純「ひどい事いいますね」

律「で、純はなにをやってんだよ」

純「全体の状況を」

律「行って来い!」

純「な、なにかやりますよ」

律「今は下準備だから手は足りてる、後で手伝ってくれ」

純「うぅ・・・」

憂「・・・」トントントン

いちご「・・・」スラスラスラスラ

律「・・・」トントントントン



294 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:36:46.49 ID:/tE7ZYkDo



―――――設営班


紬「・・・」

梓「薪はこんなもんでいいですかね」

唯「そだね~」

信代「結構集まった」

風子「多すぎるんじゃないかな」

春子「余って困る事はないからいいんじゃない?」

澪「・・・よし、次はテントを張るか」

純「地盤ぬかるんでません?」

紬「・・・」コクリ

澪「まだ早いか・・・」

梓「夕方まで待ってみませんか?」

唯「そうしましょう!」

純「それまでどうしましょう」

風子「あれ、料理班は三人?」

純「そうですよ」

春子「ちょっとまて!律はどこだよ!!」

信代「ま、まさか」

澪「そのまさか・・・です」

信代「」

春子「」

唯「絶句だよね」ウンウン



295 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:37:30.48 ID:/tE7ZYkDo


―――――買出し班


キキッ

斉藤「到着致しました」

ガチャ

姫子「ありがとうございました」

和「ありがとうございました」

斉藤「いえいえ」

和「よいしょ」ガサガサ

姫子「・・・」

和「言っておくけど・・・私が、じゃないわよ」

姫子「・・・分かってるよ。唯のために買ったんでしょ、花火」

和「・・・」

斉藤「お荷物大丈夫ですか?」

姫子「大丈夫ですよ」

和「えぇ、そんなに重くはありませんから」

斉藤「そうですか。・・・それでは参りましょう」

和「色々と手伝ってくれてありがとうございます」

斉藤「いえ・・・」

姫子「あ、見て和・・・」

和「バイク?」

斉藤「こちらへ向かう途中に追い越して行った型のようですね」

姫子「はい・・・。運転していた人もここにいるんだ」

和「あ、見て姫子」

姫子「人?」

「・・・」

斉藤「倒れていますね」

和「行き倒れかしら」

姫子「・・・大変な事なんだけど」

「・・・うぅ」



296 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:38:27.08 ID:/tE7ZYkDo



姫子「・・・」

和「その格好暑くないですか?」

「・・・うぅ?」

和「日陰で寝たほうがいいですよ」

「・・・うぅ」

斉藤「どうなされましたか?」

「・・・うぅ」

和「どうしたものかしら・・・」

グギュルル

「・・・ぅう」

和「お菓子でよければ」

ガバッ

「ください!」

姫子「び、びっくりした」

和「・・・チョコですけど」

「ありがとー!」

斉藤「お腹が空いていただけのようですね」

「うまうま」ムシャムシャ

和「・・・」

姫子「・・・」

「はぁ~、助かったー」

斉藤「なによりです」

「お店があるだろうと探していたんだけど、見当たらなくて大変だったよ」

和「・・・この辺りは自然が多いですから」

「そうそう、いくら走っても緑ばっかりで」

和「もう一度聞きますけど、暑くないですか?その格好」

「うん・・・。バイクで走っているといいくらいだよ」

姫子「・・・」

和「やっぱり・・・あなたがあのバイクの持ち主なんですね」

「そうだよ。私の名前は滝沢玉恵・・・24歳独身、よろしくー!」

姫子「・・・」



297 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:39:18.01 ID:/tE7ZYkDo


―――――料理班


和「みんなは?」

憂「湖の方へ行ったよ」

姫子「そこでなにを・・・?」

梓「泳ぐと言っていました」

憂「止めたんですけど・・・」

玉恵「おいしそうなにおい~」クンクン

梓「え、と・・・?」

玉恵「お呼ばれしました」

和「一人分くらいは余るわよね?」

憂「うん、斉藤さんと山中先生の分もあるから大丈夫だよ」

斉藤「・・・私はこれで失礼します。せっかくのご招待を無下にしてしまい申し訳ありません」

憂「そうですか・・・」

斉藤「明日のお昼にお迎えにあがります。紬お嬢様にお伝えください」

玉恵「・・・」

和「ありがとうございました」

斉藤「それではこれで・・・」

梓「斉藤さん・・・お聞きしたい事が・・・」



298 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 00:44:16.03 ID:/tE7ZYkDo


―――――・・・

玉恵「執事さんだったんだ・・・」

梓「そうですよ」

玉恵「・・・ふーん」

和「どうかしたんですか?」

玉恵「なんでもない。というか、敬語はやめようよ~、
   私たちこれで最初で最後なんだから伸び伸び会話しよう!」

梓「ふふっ」

憂「!」

和「分かりました」

姫子「・・・」

玉恵「滝沢玉恵です。よろしく」

梓「中野梓です」

憂「平沢憂です。よろしくおねがいします」ペコリ

玉恵「れ、礼儀正しい・・・!」

姫子「・・・」

玉恵「和ちゃん達は高校生だよね?」

和「そうです。クラスメイトと後輩達とここへキャンプをしにきました」

玉恵「いいな~そういうの」

姫子「・・・」

憂「姫子さんも湖へ行って来てはどうですか?」

姫子「う、うん・・・」

玉恵「私が見張りしているから憂ちゃんも行ってきていいよ」

梓「つまみ食いしませんよね?」

玉恵「ま、まさか・・・」

梓「どもったじゃないですか」

憂「まだダメですよ~」

和「私が見張っているから平気よ」

玉恵「食べないって」

姫子「じゃ・・・行ってくる」

梓「お願します」

憂「すぐ戻ってくるからね」

和「えぇ」

玉恵「ごゆっくり~」フリフリ

姫子「・・・」



302 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:33:06.22 ID:/tE7ZYkDo


姫子「知り合い・・・じゃないよね?」

梓「玉恵さんですか?」

姫子「・・・うん」

憂「初対面です」

姫子「すごく馴染んでいたから」

梓「きっとそういう人なんですよ。
  誰にでも気軽に接して、接して欲しいから壁なんて最初からなくて」

憂「そうだね」

姫子「・・・」

梓「うわっ!みんな、もう泳いでる!」

憂「水着持ってきていたんだ・・・」

姫子「・・・」

梓「えいっ」ズババッ

憂「水着着ていたんだ・・・」

梓「先に行ってるから!」

タッタッタ

憂「はいは~い」

姫子「・・・」

憂「湖があるのは知っていたけど、泳げる事は知らなかったのに」クスクス

姫子「・・・」

憂「お姉ちゃんも楽しそう」ニコニコ

姫子「・・・なんか、あの子・・・梓ちゃんと私には人生経験の差を感じたな」

憂「?」

姫子「さっきの人との会話を聞いててさ、私はなりゆきをみていただけ」

憂「・・・」

姫子「和と、憂ちゃん、梓ちゃんの三人と玉恵さんとのやりとりを
   一人外から眺めている・・・そんな気分だった」

憂「そうですか・・・」

姫子「変だよね・・・、疎外感じゃないけど、
   前から知り合いのような雰囲気を持った4人が少し羨ましかった」

憂「私は・・・梓ちゃんが玉恵さんにすぐ気を許したから、打ち解けられたんだと思います」

姫子「・・・なんか不思議な子」

憂「私は知っていますから・・・普通だと思います」



303 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:34:45.37 ID:/tE7ZYkDo


姫子「知っている・・・?」

憂「あ・・・夏に出会った人がいて・・・その人と梓ちゃん、とても楽しく旅をしていたんです
  その人に似た雰囲気だから、玉恵さんとも馴染めたんだと思います」

姫子「・・・」

いちご「・・・」

憂「ごめんなさい。知らない話を・・・」

いちご「・・・玉恵さんって?」

玉恵「私」モグモグ

いちご「ッ!?」ビクッ

憂「あ、食べてるじゃないですか~」

玉恵「おいしいよ、この冷やしソーメン」ズルズル

憂「みなさんと一緒に食べましょう」

姫子「・・・」

いちご「・・・」ドキドキ

玉恵「うん、そうだね・・・。お茶碗置いてくる」

スタスタ

憂「・・・やっぱり似てる」クスクス

姫子「いちごはどうしたの?」

いちご「ぇ・・・え?」ドキドキ

憂「・・・?」

姫子「泳がないの?」

いちご「・・・水の中冷たくて、少し日光浴」

憂「台風過ぎた後なのに、今日も日差しが強いですね」

姫子「多分、最後の日差しかもしれないね」

いちご「・・・」

憂「そうですね・・・私も遊びたかったな」

姫子「・・・」

いちご「・・・」

憂(・・・ビーチ・・・湖バレー・・・?)



304 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:35:17.24 ID:/tE7ZYkDo



唯「りっちゃーん、パース」ポンッ

律「よっしゃー!」ポンッ

梓「むぎ先輩!」

紬「・・・!」ポンッ

春子「っしゃー!」バシッ

澪「ちょっ!」

ボフッ

澪「っ!」

バッシャーン

純「大丈夫ですか!?」

律「倒れただけだ、心配はいらねえ」

澪「りつー!」バシッ

律「私じゃないだろ!」ポンッ

風子「そろそろこっちにもボールを回してほしいんだけどなぁ~」

信代「突っ立ってるだけだよ私たち」プンスカ

唯「それじゃボールもう一個追加だよっ」ポーン

梓「面白いですね」ポンッ

澪「りつー!」バシッ

律「そんな攻撃でやられるほどヤワじゃ」

春子「りつー」バシッ

律「ずりぃ!」ポンポンッ

純「対応しましたね」

風子「きたきた」

信代「よしよし」

スッ

紬「・・・!」バシッ

サッ

唯「それっ!」バシッ

風子信代「「 うーん・・・ 」」



305 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:35:56.71 ID:/tE7ZYkDo


姫子「みんな一生懸命楽しんでるって感じ」

いちご「・・・うん」

憂「・・・」

姫子「・・・」

いちご「・・・」

憂「姫子さん・・・」

姫子「?」

憂「梓ちゃんと、その人を紡いだのは・・・紬さんですよ」

姫子「・・・そうなんだ」

憂「はい」

いちご「・・・尊敬しているって・・・そういう事なのかな」

姫子「・・・?」

憂「・・・」

玉恵「ごめんね、憂ちゃん・・・勝手に食べちゃって」

憂「いえ、おいしいって言ってくれて嬉しかったです」

玉恵「本当においしかったよ」

憂「えへへ、・・・私、和さんの所へ行ってきますね」

玉恵「うん」

いちご「・・・」

憂「反省する所とか、すっごく似ています」ヒソヒソ

テッテッテ

姫子「・・・」

玉恵「みんな楽しそうだね~」

いちご「・・・」

玉恵「キミは行かないの?」

いちご「・・・今は嫌」

姫子「なんか・・・ボールのぶつけ合いになってるからね・・・」

玉恵「あはは」

いちご「・・・」

姫子「・・・」

玉恵「いい所だここは~」ゴロン

姫子「・・・」

いちご「・・・」



306 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:36:33.84 ID:/tE7ZYkDo



玉恵「・・・寝ちゃいそう・・・・・・」ウトウト

『とても楽しく旅をしていたんです』

姫子(けいおん部が変わった理由がそこにあるのかも・・・いや、ある)

玉恵「・・・ふぁ~」

いちご(なんで私たち三人並んで座っているんだろ・・・一人は知らない人)

姫子「あの・・・玉恵さん?」

玉恵「ぅん?」

姫子「えっと・・・その・・・バイクに乗って・・・どう変わりましたか?」


―――――・・・



307 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:37:14.88 ID:/tE7ZYkDo


―――――設営班

律「ねみぃ・・・」

唯「眠いよ・・・」

澪「ダメだぞ!」

風子「テント立てるよ!」

信代「そうだ!」

純「なんか怒ってます?」

風子「そんな事ないよ!」

信代「ないよ!」

純「怒ってますね・・・」

紬「・・・」

梓「こうですか?」ググッ

紬「・・・」コクリ

梓「では行きます、せーっの!」

ボンッ

春子「お、いいぞー」

澪「そのままそのまま」

紬「・・・」ググッ

バサー

梓「あっ」

唯「あらら」

律「うまくいかねえな」

澪「手伝わないからだろ」

律「立て方分かんねーよ」

唯「・・・うん」

風子「説明書読んでも要領得ないね」

信代「力はいらないんだけどなー」

玉恵「そこで私の出番ですよ」フフン

紬「・・・?」

梓「さきほど出会いました、滝沢玉恵さんです」

紬「・・・」ペコリ

玉恵「よろしく~」



308 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:38:02.97 ID:/tE7ZYkDo


律「・・・出番って?」

玉恵「これくらいのテントなら私に任せてよ」ドン

澪「頼りになる!」

唯「お手並み拝見といきましょうか」フンッ

律「なんで偉そうなんだよっ」

風子「・・・」

春子「・・・」

信代「・・・」

玉恵「それじゃそこの・・・えぇと・・・」

純「鈴木純です。よろしくお願します」

玉恵「よろしくね。えぇと髪の毛ボンバーな子」

純「自己紹介したでしょ!」

玉恵「そこを・・・えぇと・・・」

澪「田井中律です」

律「田井中律は私だ。あなたは秋山澪だ」

玉恵「澪ちゃんはそこを持ってて」

澪「はい」

玉恵「よいしょっと」

唯「おぉ・・・それらしくなったよ!」

律「あとはなんとなく分かるな」

玉恵「そう?」

澪「はい、大丈夫です」

紬「・・・」フンス!

梓「純・・・そっちお願い」

純「任せとけ!」

春子「・・・」

信代「・・・」

風子「・・・手伝えないまま出来上がってしまうよ」

春子「手伝うよー!」

信代「出遅れてしまう」



309 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:38:58.38 ID:/tE7ZYkDo


紬「・・・」

コンコンコン

梓「おっけーです、むぎ先輩」

紬「・・・」コクリ

唯「出来た!」

玉恵「立派なもんだね」

律「そんじゃ私はあっちへいくから、次のテントも頼んだぞ~」

澪「私も料理班だ」

唯「おぉっと、私もだよ」

純「あ、私もだ・・・」

律「戻るか」

スタスタ

信代「・・・え?」

風子「どうしたの?」

信代「私と紬・・・風子、春子、梓ちゃんの5人?和は?」

紬「・・・?」

春子「そろそろ来るんじゃないか?」

梓「そうです。次立てましょう」

玉恵「手伝おうか?」

梓「というか、玉恵さんはどうしてここにいるんですか」

玉恵「和ちゃんに『働かざるもの食うべからず』って言われたんだよ~」

和「そういう事ね」

梓「なるほど・・・いえ、そうじゃなくてですね」

風子「和さん・・・自然に混ざった・・・」

紬「・・・」ニコニコ



310 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:39:39.14 ID:/tE7ZYkDo


玉恵「なぁに?」

梓「玉恵さんの予定はどうなんですか・・・って意味ですよ」

紬「・・・」コクコク

玉恵「あぁ、私も今日はここでテント張って寝るから気にしないでいいよ」

春子「バイタリティある人だな」

玉恵「ありがと」

和「褒めてないけどね」

玉恵「褒め言葉だよ今の!」

風子(和さんも打ち解けてる・・・)

梓「陽が傾いてきましたから急ぎましょう」

和「えぇと・・・どうやるの?」

玉恵「紬ちゃん、そっち持ってくれる?」

紬「・・・」ビシッ

玉恵「そこを・・・えぇと、髪を両方結って」

梓「自己紹介しましたからね」

玉恵「・・・梓ちゃんはそこ持ってー」

梓「やる気だしてください」

玉恵「ボケを潰されたんだよ、やってらんないよ」ツーン

梓「いいですから、次の指示を」

玉恵「もぅ・・・。和ちゃんそっちを・・・うん。・・・よいしょっと」

信代「おぉ・・・形になってきた」

和「的確な指示ね・・・」

玉恵「そこを・・・えぇと・・・」

風子「風子です」

玉恵「ふぅちゃんお願い」

風子「・・・は、はい」テレッ

春子「リアクションおかしくない?」



311 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:40:07.49 ID:/tE7ZYkDo


―――――・・・


紬「・・・」

コンコンコン

梓「・・・」

紬「・・・」フゥ

梓「出来ましたね」

信代「紬といちごを交換してよかったな」

風子「うん」

春子「さて、料理班を覗いてくるか」

紬「・・・」スタスタ

和「?」

シャー

紬「・・・」モゾモゾ

風子「?」

モゾモゾ

信代「え?」

春子「どうして中に入ったのあの子」

梓「恒例行事みたいなものです」

和「行事なの?」

梓「夏フェスでテントを立てたときもやったんです」

風子「へ、へぇ・・・」

梓「玉恵さんは・・・?」

和「いないわね・・・自分のテントでも張りに行ったんじゃないかしら」

梓「手伝ってきます」

風子「どこ行ったか分かるの?」

梓「一緒にご飯食べるといいましたから、その辺だと思います」

テッテッテ

紬「・・・?」ヒョコ

和「梓なら玉恵さんの所へ行ったわよ」



312 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:40:54.70 ID:/tE7ZYkDo


―――――料理班


梓「どうしてここにいるんですかっ!?」

玉恵「へ?」

梓「・・・」

和「落ち着いて梓・・・玉恵さんのテントはあれよ」

純「近ッ!!」

玉恵「ん?」

律「てか、なんでこの人が自然に混ざり合ってんだよ」

玉恵「だ、ダメ?」

律「ダメじゃなくて・・・なりゆきを説明して欲しいんだが」

澪「そうだな・・・」

玉恵「お腹が空いてて・・・食材も手に入らなくて」ションボリ

和「だからよ」

純「短ッ!!」

姫子「いいじゃん、一緒に食べよう」

玉恵「姫ちゃん良い子だね~」ホノボノ

姫子「はぁ・・・玉恵さんまで・・・」

唯「私悪くないよ~」

憂「澪さん、山中先生はいつごろ到着しますか?」

澪「あと一時間くらいかな」

律「丁度いいな」



313 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:41:27.61 ID:/tE7ZYkDo


唯「さわちゃんだけ置いてけぼりはかわいそうだもんね」

玉恵「さわちゃん?」

純「先輩方の担任の先生です」

玉恵「仲がいいね~」

唯「でっへっへ~」

信代「紬は・・・?」

風子「・・・いないね」

梓「どこへ・・・?」

いちご「・・・あっちでボンヤリしてる」

梓「・・・」

春子「どうしたんだろ?」

梓「ちょっと散歩してきます・・・30分くらいで戻ってきますから」

風子「うん・・・分かった」

唯「・・・」ヒョイ

ポチャン

憂「お姉ちゃん!」

唯「でへへ」

いちご「・・・何を入れたの?」

唯「チョコだよ、隠し味だよ」

律「ルーを入れる前にいれやがった・・・」

唯「麦チョコだよ、むぎちゃんだけに」



314 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:42:02.78 ID:/tE7ZYkDo


梓「むぎ先輩」

紬「・・・?」

梓「なにが見えるんですか?」

紬「・・・」スッ

梓「キレイな夕焼けですね」

紬「・・・」コクリ

梓「台風のせいで・・・いえ、台風のおかげで空気がキレイになったんですね」

紬「・・・」ニコニコ

梓「湖まで散歩しませんか?」

紬「・・・」コクコク

梓「では行きましょう」

タッタッタ

澪「私も行くよ!」

梓「行くです」

紬「・・・」ニコニコ



315 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:43:11.45 ID:/tE7ZYkDo


玉恵「ちょっとこっちきて」カムカム

律「なんだよ?」

玉恵「澪ちゃんの事で聞きたいことが」

律「・・・」

純(なんだろ、ついて行ってみよう)

和「・・・」

スタスタ

玉恵「律・・・ちゃん・・・」

律「その呼び方は・・・」

玉恵「じゃあリッチャンでいい?」

律「あ、あぁ・・・」

玉恵「・・・澪ちゃん・・・ちょっと頑張りすぎてない?」

律「・・・どうしてそんな事が言えるんだよ」ムッ

玉恵「・・・笑顔が・・・不自然になる時がある」

和「・・・」

純「・・・」

律「むぎの事情知ってんだろ?」

玉恵「うん・・・、梓ちゃんと執事さんが話しているのを聞いたから」

律「あんたに・・・澪のなにが分かるんだよ」

玉恵「怒った?」

律「ちょっとな」

玉恵「怒らせちゃったついでにちゃんと言うよ」

律「なんだよ」

玉恵「そのうち転ぶよあの子」

律「っ!」

玉恵「梓ちゃんは前を向こうとしている」

律「知ってるよ」

玉恵「澪ちゃんは足元を見ている」

律「知ってるって!!」

純「!」ビクッ

和「・・・」

玉恵「・・・」



316 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:43:39.19 ID:/tE7ZYkDo


律「・・・っ」

玉恵「・・・意味分かるでしょ?」

律「あぁ・・・!」

玉恵「足元を見ていたら迫ってくる壁には気づかないんだよ」

律「・・・」

玉恵「壁に弾かれて転ぶんだ」

純「・・・」

和「・・・」

玉恵「・・・」

律「私と澪は一緒なんだよ・・・」

玉恵「そっか・・・」

律「・・・足元を見ていないと、しっかり立てないんだよ・・・私たちは」

玉恵「・・・」

純「・・・」

和「・・・」

玉恵「私はね・・・前を見ないで、足元すらみないで歩いてて、壁にぶつかって、
   転んで、その壁が倒れてきて・・・潰されたんだよ」

律「っ!」

玉恵「なんちゃって、潰されそうだった」

和「どういう事ですか?」

玉恵「バイクがあったから・・・そのバイクに乗って旅をする事ができたから」

律「・・・」

純「・・・」

玉恵「・・・倒れてくる壁から、なんとか避けられたのかな~」

律「なんだよそれ」

玉恵「うまい喩えだったでしょ」

律「知るかっ」

純「・・・」ホッ

和「・・・」



317 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:44:45.76 ID:/tE7ZYkDo


―――――湖

澪「・・・」

紬「・・・」ボケー

梓「・・・」ボケー

澪(私だけ違うところにいるみたいだ・・・)

紬「・・・」

梓「・・・」ボンヤリ

澪「・・・」

紬「・・・」チョンチョン

澪「ん?」

紬「・・・」

梓「?」

澪「・・・どうした?」

紬「・・・」

ギュ

澪「・・・」

紬「・・・」スラスラ

澪(ど・・・う・・・し・・・た・・・の・・・)

紬「・・・」

澪「・・・たそがれているだけだよ」

梓「・・・」

紬「・・・」スラスラ

澪「・・・?」

紬「・・・」アセアセ

梓「・・・」

紬「・・・」スラスラ

澪「・・・ごめん・・・分からない・・・」

紬「・・・」フリフリ

澪「ごめん・・・」

紬「・・・」スラスラ

澪「・・・っ」

梓「むぎ先輩、私にも書いてくれませんか?」

紬「・・・」コクリ

ギュ

澪「・・・」フゥ



318 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:46:04.05 ID:/tE7ZYkDo


紬「・・・」スラスラ

梓「・・・これ、漢字じゃないですか?」

紬「・・・」コクリ

澪「え・・・」

梓「澪先輩はひらがなだと思っていたはずですよ」

紬「・・・」ウッカリ

澪「・・・」

梓「もう一度書いたら分かると思います」

紬「・・・」

ギュ

澪「・・・っ」

紬「・・・」スラスラ

澪「黄・・・?」

紬「・・・」スラスラ

澪「昏・・・黄昏・・・?」

紬「・・・」キラキラ

梓「さっき、澪先輩がたそがれているって言ったから、今の時間の黄昏時をかけたんですよ」

紬「・・・」フンス!

澪「黄昏時にたそがれている私・・・」

紬「・・・」キリ

澪「ぷっ・・・」

梓「・・・」

澪「あっはっはっは」

紬「・・・」ニコニコ

梓「・・・ふふっ」

澪「なんだそれ・・・ふふっ・・・あははっ」

紬「・・・」フフン

梓「いえ、むぎ先輩の言った事が面白かったわけではないと思いますよ」

紬「・・・」ガーン

梓「しょうがないですね」

澪「ふふっ・・・ダメだっ・・・笑ってしまうっ」

紬「・・・」プクー

梓「・・・」

澪(よかった・・・聴こえた・・・。諦めず伝えてくれてありがとう、むぎ)



319 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:47:28.05 ID:/tE7ZYkDo


―――――料理班


轍「うわっ!本当にいる!」

唯「あ、うまさんだ」

憂「あ・・・」

轍「しかもいっぱい人がいるっ!」

姫子「・・・思い付きから始まったイベントですけど」

春子「誰・・・?」

風子「・・・誰?」

いちご「・・・」

轍「思いついたの二日前だよね・・・?」

唯「実行力を甘く見ない事ですよ」フフン

轍「すご・・・」

憂「ビックリしてるね」

姫子「よくよく考えたらビックリするもんだけどね」



・・・・・・



玉恵「まだなのさわちゃんは」

律「もうそろそろじゃねえか?」

純「あと10分くらいですね」

玉恵「まだまだじゃない・・・うそつき」

律「いやいや、どんだけ時間間隔離れてんだよ」

和「あれ・・・って・・・相馬さん?」

玉恵「え・・・?」



・・・・・・



轍「あぁ、炊事施設そろっていたなここは」

唯「そう教えてくれたよ」

轍「俺は生活用具持参しているから使わないんだ」

憂「昨日の夜ってどう過ごしたんですか?」

轍「屋根があるところに泊まったんだ」

姫子「あれでテント張っていたら・・・よほどの物好きですよね」

風子「物好きって話ではすまないよ・・・」



320 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:48:49.08 ID:/tE7ZYkDo


律「なんだよ来てたのか」

轍「話をしてくれるって言っていたような・・・」

いちご「話・・・って・・・?」

律「私らが行った旅の話だ」

玉恵「・・・」コソコソ

和「?」

純「どうしたんですか、玉恵さん?」

玉恵「純ちゃん、しーっ」

轍「・・・?」

姫子「旅の話聞きたい」

いちご「聞きたい」

唯「言いたい」

風子「聞きたい」

春子「聞きたい」

さわ子「ご飯できた~?」

玉恵「そうそう、ご飯食べようってあなたは誰・・・?」

さわ子「こっちの台詞ですよ」

玉恵「わ、わたしは・・・えと、山田・・・たか子です」

律「誰だよあんた・・・」

轍「・・・???」

唯「どしたの、うまさん?」

轍「いや、どこかで見た顔・・・?」

和「こちらは、私たちの担任の山中さわ子先生です」

さわ子「よろしく」

玉恵「よろしく~」

和「さきほど出会いまして、
  テント設営に協力してくれたお礼に、一緒にご飯を食べる事になった」

玉恵「山根・・・真綾です」

律「本当に誰だあんた・・・」

轍「・・・」

和「滝沢玉恵さんです」

玉恵「えへっ」

唯「かわいいよ!」

轍「あぁーっ!!」



321 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:49:57.42 ID:/tE7ZYkDo


玉恵「ひ、ひさしぶりー」

轍「なんでここにいるんだよ玉恵!」

玉恵「旅に来てるからだよ」

轍「そんな事知らねえよ!」

玉恵「摩周湖へ行くって言ったから退いたんだよ私は」

轍「退いたって言わないね、スッポかしたって言うんだよ!」

玉恵「昔の話じゃん~」

轍「あ の な !」

玉恵「会いたかったの?」

轍「違う!旭川でどれだけ待ったと思ってるんだよ!」

律「痴話げんかか・・・」

唯「ふむふむ」メモメモ

玉恵「なにをメモってんの唯ちゃん?」

唯「ん?彼女さんに報告するんだよ」

轍「しなくていいよ!って、やましい事もないよ!!」

玉恵「へぇ~」ニヤリ

轍「なんだよ」

玉恵「よかったねぇ」ポンポン

轍「うっさい」



322 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:50:24.28 ID:/tE7ZYkDo


律「旭川?」

唯「摩周湖?」

轍「・・・『俺は』北海道の道東を旅していたんだよ」

玉恵「『私たちは』北海道を旅していたんだよ」

轍玉恵「「 4年前に 」」

律「・・・」

唯「でっかいどー・・・」

さわ子「唯ちゃん、むぎちゃん達呼んできてくれる?」

唯「ん?」

さわ子「ご飯の準備できたわよ」

律「いつの間に!?」

さわ子「そこの二人が騒いでいる間にね。後はよそうだけ」

玉恵「やった~」

轍「・・・よかったな」

スタスタ

さわ子「あら・・・?」

律「ん?」

さわ子「相馬さんの分も用意するつもりだけど・・・いらないのかしら」

律「・・・呼んでくる」

タッタッタ



323 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:51:39.90 ID:/tE7ZYkDo




律「手際がいいな」

轍「まぁね」

律「あっという間にテント完成だ」

轍「好きでやってることだから、慣れたもんだよ」

律「・・・いいのか?」

轍「うん・・・あの中で男が俺一人ってのも居心地悪いからさ」

律「準備してあるって言ってるぞ」

轍「・・・悪いね」

律「無理強いはしないけどさ、多分、最後のチャンスだぞ」

轍「最後?」

律「私は前を向く為に、あの夏の旅は封印する」

轍「・・・」

律「玉恵ちゃんに言われた・・・。『足元をみていたら壁にぶつかって転んでしまう』って」

轍「そんな事言ってたのか・・・」

律「みんな聞きたがっているから、今がチャンスなんだと思う」

轍「・・・」

律「唯は知らないけど、澪はアンタに言わないだろうな。梓も」

轍「・・・」

律「どうするんだ?」

轍「・・・分かった」



324 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:52:13.91 ID:/tE7ZYkDo



律「どうしたー?」

唯「あずにゃん達を呼びにいくところだよ」

玉恵「そういう事」

轍「・・・」

玉恵「まだ怒っているの~?」

轍「なんで俺が怒るんだよ」

律「じゃついでに一緒に行くか」

唯「行こう行こう!」

玉恵「旭川に置いてけぼりにされたから」

轍「やっぱりすっぽかしだったか・・・」

玉恵「・・・うん」

姫子「律と唯は私たちを置いていきましたけど・・・」



325 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 18:59:19.96 ID:/tE7ZYkDo



―――――湖


紬「・・・」スラスラ

澪「かきやすい・・・?」

紬「・・・」コクリ

澪「・・・?」

梓「大きいからですかね」

紬「・・・」ニコニコ

澪「・・・唯にも言われたよそれ・・・」

紬「・・・」スラスラ

澪「キレイな・・・空・・・?」

紬「・・・」コクコク

梓「そうですね、もう少しで太陽が隠れますよ」

澪「琥珀色だな」

紬「・・・」コクリ

澪「じゃあ今度は私がかくよ」

ギュ

紬「・・・?」

澪「・・・」スラスラ

紬「・・・」

澪「・・・ちょっと恥ずかしかったり」

梓「なんて書いたんですか?」

澪「内緒」

紬「・・・」ニコ

梓「むむ・・・」



・・・・・・



律「・・・」

唯「・・・」

玉恵「さっきとは別人だね」

律「あぁ・・・」

轍「・・・なんで隠れてんの?」



326 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:00:07.88 ID:/tE7ZYkDo


姫子「・・・あの時間を壊したくない・・・からです」

唯「うぅ」ウズウズ

律「待て待て」



・・・・・・



梓「和先輩から聞いたんですけど」

紬「・・・?」

澪「?」

梓「むぎ先輩が掌に文字を書いて私達に伝えるじゃないですか」

紬「・・・」

澪「うん・・・」

梓「『てのひら(掌)』とかいて『たなごころ(掌)』と読むそうです」

紬「・・・?」

梓「こう書きます」スラスラ

紬「・・・」コクリ

澪「私にも」

梓「・・・こうです」スラスラ

澪「うん」

梓「人の手の平には『こころ』があるという漢字の意味だそうです」

紬「・・・」

澪「へぇ・・・」

梓「むぎ先輩は人のこころに直接言葉を送っている・・・と和先輩が言っていました」



・・・・・・



和「言っていないわね」

唯「え・・・?」

律「言っていないのかよ」

和「『たなごころ』のくだりだけよ。むぎが人のこころに・・・の所は言っていないわ」

姫子「・・・そう感じ取ったんじゃないの?」

和「さぁ・・・。どうかしらね」

玉恵「梓ちゃん・・・」

轍「・・・」



327 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:01:28.98 ID:/tE7ZYkDo


唯「どうしたの和ちゃん?」

和「唯たちが戻ってこないから、山中先生の指示よ」

唯「そっか・・・」



・・・・・・



梓「とんぼです・・・」

澪「うん・・・。これから秋が深まっていくんだろうな」

紬「・・・」

梓「少し涼しくなってきましたね」

澪「夜は冷えそうだ・・・」

紬「・・・」コクリ



・・・・・・



憂「のんびりしているね」

いちご「・・・たそがれている」

唯「青春の1ページだよ」

和「たまに表現古くなるわね、唯」

唯「そんな事ないよっ」

律「し、静かにしろって」

唯「すいやせん」

風子「いい雰囲気だよね」

玉恵「混ざりたくなるよね」

姫子「今だけはやめてくださいね」

轍「・・・」



328 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:02:23.22 ID:/tE7ZYkDo



・・・・・・



澪「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」

澪(静寂っていうのかな・・・)

梓「・・・」

紬「・・・」

澪「・・・」

梓(やっぱり・・・隣は落ち着く・・・)

紬「・・・」



・・・・・・



さわ子「どうしてりっちゃんがここにいるのよ」

律「ん?」

さわ子「相馬さんを呼びに行ったんでしょ?」

律「だからソーマいるだろ、そこに」

さわ子「戻ってきなさいよね」

律「あー、はいはい」

純「・・・喋っていませんよね」

唯「こころで会話しているんだよ」

玉恵「そんな特技があるんだね」

和「ちょっと、変なこといわないでよ。崩さないで」

唯「えぇー」ガーン

風子「ちょっと騒がしくなってきたかな」

信代「気づかれるよ」

春子「で、なにしてんのあの子ら」

姫子「・・・青春だって」

さわ子「そうねぇ~」ウンウン

憂「あれ・・・全員揃っている?」

律「向こうは誰もいないのかよ・・・いちご、行ってきて」

いちご「え?やだ」イジイジ

轍「・・・」



329 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:03:15.29 ID:/tE7ZYkDo




・・・・・・



梓(ちょっと癪だけど・・・聞いてみたい)

紬「・・・」

澪「・・・」

梓「むぎ先輩に聞きたいことがあるんですけど・・・」

紬「?」

梓「むぎ先輩の・・・その・・・『最高の」

ガサガサ

澪「ん・・・?」

紬「・・・?」

梓「な、なんですか!?」

唯「あ、見つかっちゃった」

律「あはーはー」

澪「覗いていたのか、みんなで・・・」

さわ子「えへっ☆」

玉恵「てへっ☆」

和「えへっ☆」

憂「えへっ見つかっちゃった☆」

姫子(の、のどか・・・?)

純「・・・」

いちご「・・・」ゴクリ

春子「やりたいんならやれよ」

風子「てへっ☆」

信代「・・・ちょっと遅かったかな~」

風子「・・・」カァァ

紬「・・・☆」

律「見られちゃった☆ってか!」

梓「しょうがないですね・・・戻りましょうか」

澪「そうだな」

唯「あれ、うまさん・・・?」キョロキョロ



330 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:12:47.16 ID:/tE7ZYkDo


唯律純「「「 おぉー! 」」」

ホカホカ

いちご「うまく炊けたみたい」

姫子「誰が炊いたの、このごはん」

唯「・・・」フフン

春子「すごい、唯!」

唯「私の妹ですよ」フフン

憂「火を点けたのはお姉ちゃんですよ」

信代「見事だ、これ以上のフォローを私は見たことがない」

さわ子「遊んでいないでお皿によそいなさいよ」

紬「・・・」ビシッ

梓「むぎ先輩はテント設営頑張ったんですから、座っててください」

紬「・・・」フルフル

玉恵「まだかな~」

律「手伝え!」

玉恵「だって、入り込む隙がないんだよ~」

澪「それじゃあ、お皿を運んでくれますか?」

玉恵「それくらい朝めし前だよ」

純「はい、運びましょう~」

玉恵「これから夕食なのにね~」

いちご「・・・これも?」

和「そうよ、お願いね」

玉恵「夕食のお手伝いを・・・朝めし前っていう・・・ね・・・」

さわ子「あら、この飲み物ちゃんと冷えているのね」

梓「斉藤さんがクーラーBOXを貸してくれました」

風子「氷も入ってますから、朝ごはんも冷やして保存しています」

玉恵「・・・」シーン

チョンチョン

玉恵「?」

紬「・・・」スッ

玉恵「あぁ、良かった。みんな私が見えていないのかと思った」

紬「?」



331 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:13:22.14 ID:/tE7ZYkDo


玉恵「なんでもないよ。なにかな?」

紬「・・・」スッ

玉恵「そうだね、行こうか」

紬「・・・」ニコニコ

梓「行きましょう」

スタスタ

唯「あ、うまさん・・・どこ行ってたの?」

轍「手ぶらじゃなんだから、沖縄の珍味持って来たよ」

姫子「沖縄の・・・?」

轍「お皿貸してくれるかな、小さいやつでいいんだ」

澪「・・・ど、どうして相馬さんが?」

律「あぁ、ソーマがここでキャンプしてるって話を聞いて、唯が発案したんだ」

澪「そ、そうだったのか・・・びっくりした」

律「・・・嫌じゃないのか?」

澪「・・・なんでだよ」

律「その・・・」

澪「話をしないと進めないって言ったのはりつだぞ」

律「まぁ・・・そうなんですけど・・・」

澪「・・・なんてな。私は夏の旅に誇りを持てるようになった。・・・って事かな」

律「・・・ちぇー」

澪「?」

律「なんでもない」

唯「なにこれー!」

憂「どうしたの?」

唯「うまさんが持ってきた・・・変な味っ・・・しょっぱい!」

轍「食べたからにはちゃんと飲み込まないとダメだよ」

唯「うぅ・・・」モグモグ

憂「つまみぐいしたらダメだよ」メッ

さわ子「変わった・・・これは料理ですか?」

轍「はい、魚の塩漬け。スクガラスといいます」

さわ子「へぇ・・・」

澪「みんな行きましたよ」

唯「あれ・・・噛めば噛むほど味が出てくるよ」モグモグ



332 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:15:38.65 ID:/tE7ZYkDo


轍「隣失礼するよ」

玉恵「どーぞ」

梓「聞いてないんですけど・・・」ジロッ

轍「あはは・・・」

律「言ってないからな!」

梓「・・・」ムスッ

紬「・・・」チョンチョン

梓「?」

紬「・・・」フルフル

梓「あ、ごめんなさい・・・これからご飯なのに」

紬「・・・」キリ

梓「はい。・・・今だけは忘れています」

轍「・・・」

玉恵「・・・?」

唯「・・・」モグモグ

紬「・・・?」

唯「うまさんが持ってきた珍味だよ~」モグモグ

紬「・・・」コクコク

和「一人だけ食べているわけね・・・」

さわ子「みんなちゃんと揃っているわね?」

「「 はーい 」」

さわ子「りっちゃんよろしく」

律「今日は趣向を凝らして、他の人にやってもらおうぜ!」

さわ子「いいわね。早く選んでね」

律「誰にしよっかな~」

純「・・・」ドキドキ

いちご「・・・」ハラハラ

姫子「・・・」ドキドキ

信代「なんだこの緊張感」

風子「・・・いただきますを言うだけじゃないの・・・?」

唯「それが違うんだよ」モグモグ

澪「早く飲み込んだらいいのに」

唯「噛むほど味が出てもったいないんだよ」モグモグ

憂「後で食べてみようかな・・・」



333 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:16:59.04 ID:/tE7ZYkDo


春子「・・・」

紬「・・・」ワクワク

轍「・・・」

玉恵「・・・」ソォー

轍「我慢しろよ」

玉恵「わかってるよ」

梓「冷めちゃいますよ」

律「そうだな、梓頼んだ」

梓「え!?」

純「・・・」ホッ

姫子「よかった・・・」

いちご「・・・」ホッ

唯「・・・」ガッカリ

和「やりたかったのね・・・」

梓「えぇと」オロオロ

憂「コップを持って」

梓「う、うん・・・」

さわ子「立って」

梓「は、はい・・・」ガタッ

風子「一言」

梓「一言」

律「・・・よし、いいぞ」

梓「・・・」

澪「?」

「「 ・・・ 」」シーン

和「一言って台詞じゃなくて、なにか言いなさいって事よ」

梓「あ・・・」

唯「私のあずにゃんです!」

姫子「可愛かったけどさ・・・主張しないでよ」

梓「なにを言えば・・・」

さわ子「真面目ねぇ~」

轍「今日あった一日をどう感じたか・・・それでいいと思うよ」

梓「・・・」ムッ

澪「・・・」



334 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:18:13.28 ID:/tE7ZYkDo


玉恵「梓ちゃんふぁいと~」

紬「・・・」

梓「・・・」フゥ

「「 ・・・ 」」

梓「あ、朝は台風でどうなるかと・・・心配でしたけど」

唯「・・・」

和「・・・」

梓「運よく通り過ぎて、午後一でこっちに来れて、たくさん遊ぶ事ができました」

澪「・・・」

純「・・・」

憂「・・・」

梓「けいおん部の先輩方以外のみなさんとも話が出来て、楽しかったです」

姫子「・・・」

いちご「・・・」

信代「・・・」

風子「・・・」

春子「・・・」

梓「こんな時間を過ごせた事が・・・嬉しいです」チラッ

紬「・・・」

梓「・・・」ボソッ

紬「?」

轍「・・・」

梓「太陽は沈みましたけど、まだっ一日は終わってません」

さわ子「・・・」

玉恵「・・・」

梓「もうちょっとだけ楽しみましょう!」

ストッ

梓「・・・ふぅ」

律「梓・・・これ」

梓「あっ」

ガタッ

梓「か、乾杯!・・・ですっ」



335 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:19:22.28 ID:/tE7ZYkDo


「「 かんぱーい!! 」」

梓「・・・はぁ」

玉恵「おっつかれ~、いい音頭だったよ」

梓「ど、どうもです」

カン

紬「・・・」ニコニコ

純「カレーおいしい!」

春子「ほんとだ、おいしい!」

玉恵「私このソーメン大好きだよ」ズルズル

唯「自家製つゆだよ~」

憂「それは私が作ったつゆですよ」

轍「・・・」ズルズル

玉恵「おいしいよね?」

轍「う、うん・・・」

玉恵「?」

憂「相馬さんのはお姉ちゃんが作ったつゆだと思います」

律「なに!?」

和「え・・・?」

紬「・・・」

姫子「どんな味ですか・・・?」

轍「あ、甘い・・・ブルーベリーの味が・・・する」

梓「・・・え」

唯「どうしたの?」

澪「唯がつくった特製つゆはどっち・・・?」

唯「こっちの入れ物だよ~」

春子「っ!」サッ

信代「わ、私のもお願い!」

律「た、頼む!」

さわ子「りっちゃん、よろしく」

唯「そっちじゃないよ!」

律「こっちでいいんだよ!」

憂「あ・・・えぇと・・・」

唯「そっちは、ういが・・・あれ?」

律「よぉーし、確保はできたぞ」



336 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:19:57.50 ID:/tE7ZYkDo


風子「もうなくなっちゃった」

さわ子「でかしたわよ、りっちゃん」

姫子「・・・じゃあ私は唯が作ったヤツでいいや」

和「そうね・・・ブルーベリーつゆもいいかもしれないわ」

律「好奇心旺盛だな~」

唯「うい~、私が作ったのってどっちだっけ?」

憂「空になったほう・・・です」

春子信代律さわ子「「「「 え・・・ 」」」」

澪「ブルーベリー味か・・・私は遠慮して憂ちゃんのでいただくとしよう」

梓「そうですね、むぎ先輩もそっちにしますよね」

紬「・・・」

梓「ブルーベリーがいいんですか!?」

紬「・・・」コクリ

唯「大好評だね」

春子信代律さわ子「「「「 それは違う! 」」」」

風子「食べたい人が食べられなくて、食べたくない人が食べられて・・・」

純「たまにふにゃっとしたのがあるんだけど、なにこれ?」

憂「むぎチョコだよ」

純「あぁ・・・。唯先輩・・・」

唯「おいしいでしょ?」

純「・・・はい」

玉恵「頷くことしかできないよね」

純「・・・はい」

紬「・・・」モグモグ

唯「隠し味なんだけど、どうかなむぎちゃん」

紬「・・・」グー

唯「分かる人には分かるんだよ」

律「言ってろ」

澪「・・・やっぱりカレーだよな」

姫子「うん」モグモグ

和「・・・」モグモグ



337 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:21:22.10 ID:/tE7ZYkDo


玉恵「ずるずるっ」

轍「・・・」

玉恵「うまうま」モグモグ

轍「お前・・・変わったよな」

玉恵「この鰹節の香りが・・・って、誰の事?」

さわ子「?」

轍「この中で知り合いって、お前しかいないだろ」

玉恵「・・・今は食事中だから後でゆっくり話しようじゃない」

轍「・・・」

春子「後片付け終わったらどうすんの?」

律「薪集めていたから・・・談話?」

紬「・・・」キラキラ

梓「火を囲んでですか」

唯「あれしようよ!」

憂「さすがに照れちゃうよ」テレ

澪「あれで分かったのか・・・さすがだ」

純「さすがだよ憂」

姫子「それで、なにをするの?」

和「フォークダンスでしょ」

信代「和も分かって・・・え?」

風子「久しぶりだなぁ・・・小学校以来だよ」

いちご「・・・うん」

律「乗り気かっ!?」

さわ子「こんなこともあろうかと、音は用意してあるわ」キラン

玉恵「うわ、久しぶりだ」

轍「混ざろうとするなよ・・・」

姫子「の、和が唯のために花火買ったんだよ」

純「わ、わーい!花火しましょー!」

唯「おぉ、いいね!」

春子「・・・」ホッ

和「・・・」

いちご「・・・」

風子「・・・」

紬「・・・」

梓「あれ、残念がってませんか?」



338 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:22:34.60 ID:/tE7ZYkDo


澪「でも、花火をしていいのかな」

玉恵「花火禁止の看板がないからいいんじゃないの?」

轍「ここの利用者はマナーがいいから、そういう制約は厳しくなっていないんだ」

梓「ふーん・・・」

純「そっけないな」

風子「それじゃ、キャンプファイヤーもOKなんですね」

轍「やろうとする人がいないんじゃないかなぁ・・・」

信代「しないよなぁ・・・」

さわ子「相馬さん・・・こちらの品頂きますね」

轍「うさがみそーれ」

「「 ??? 」」

律「なんだ?」

轍「沖縄の方言で召し上がれって意味」

玉恵梓「「 沖縄? 」」



339 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:24:02.55 ID:/tE7ZYkDo


―――――・・・


「「 ごちそうさまでしたー! 」」

さわ子「さぁ、パパッと片付けるわよ」

律「よっしゃー」

信代「よし、あまり役に立てなかった分をここで挽回するよ」

風子「おぉー」ブンッ

紬「・・・」ブンッ

春子「お、腕を振り上げるなんて、気合入ってるな二人とも」

澪「・・・」

風子「もちろんですよ。ね、紬さん!」

紬「・・・」コクリ

梓「フォークダンスはナシですよ?」

風子紬「「 ・・・ 」」

姫子「水を注しちゃったね」

風子「・・・」フラフラ

紬「・・・」フラフラ

純「梓・・・責任とりなよ」

梓「う・・・」



340 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:24:33.37 ID:/tE7ZYkDo



憂「置いておいていいですよ、私が洗いますから」

いちご「・・・一緒にやろ」

和「その方がはやく終わるわ」

唯「そうそう」

ジャブジャブ

唯「おっと」ツルッ

カランカラン

唯「いっけね~」

憂「・・・」

唯「洗い直しだよ」エヘヘ

いちご「・・・」

唯「ありゃ」ツルッ

和「おっと」ガシッ

唯「ナイスキャッチだよ」

和「唯、花火の準備してきてくれる?」

憂「バケツに水を入れて運んでくれないかな」

いちご「・・・」

唯「任せておいて!」ドン



341 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:26:25.92 ID:/tE7ZYkDo


―――――湖


唯「参りますりっちゃん隊員!」

律「着火せよー!」

シュボッ

バチバチバチバチ

律「おおぉー!」

唯「輝いておりますよりっちゃん!」

律「あっはっはっはー!」

澪「こっちにも火を移してくれよ」

春子「くれよ!」

姫子「みんなテンション高いね」

純「そうでもないですよ」

いちご「二人だけ沈んでる・・・」

風子「・・・」ズーン

紬「・・・」ズーン

信代「なんで沈んでいる・・・?」

梓「ど、どうぞです!色が変化するヤツですよ!」

風子「うん・・・」

紬「・・・」

梓「り、律せんぱーい、こっちにも火を移してくださーい」

律「おっけ~」

風子「・・・」ウキウキ

紬「・・・」ウキウキ

シュウ

律「あ、消えちった・・・」

風子紬「「 ・・・ 」」

梓「み、澪せんぱーい!」

澪「分かったー」

風子「・・・」ワクワク

紬「・・・」ワクワク

シュウ

澪「あれ?」

風子紬「「 ・・・ 」」ズドーン

梓「あぁ・・・」オロオロ



342 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:27:33.51 ID:/tE7ZYkDo


信代「ライターを使えばいいよ梓ちゃん」

梓「ら、ライターは・・・!?」

唯「うまさんが持って行ったよ~」

梓「・・・」ムカッ




・・・・・・




轍「こうやって、枝を組み立てれば・・・」

カチャカチャ

玉恵「・・・」

轍「火の巡りが良くなって、短時間で全体に燃え移るわけだ」

和「手際がいいですね」

轍「これくらいはできないと、キャンプが物足りなくなるからね」

玉恵「・・・」

憂「玉恵さん?」

玉恵「なぁに?」

憂「いえ・・・なんでもないです」

さわ子「・・・」

轍「で、火を点けて」

シュボッ

メラメラメラ

憂「わぁ~」キラキラ

和「いいわね、この空気」

玉恵「・・・」

梓「ライター貸してください」

轍「ん?・・・あぁ、どうぞ」

梓「どうも」

タッタッタ

さわ子「あらあら」



343 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:29:22.68 ID:/tE7ZYkDo


轍「後は火が消えないように足していくだけ。消すときは土や砂がいいよ」

和「どうしてですか?」

律「知ってんぜー、水で消すと煙が立って敵に知られるんだよな」

澪「敵はどこだよ」

玉恵「再利用できるかもしれないから」

轍「・・・濡れても利用できるけど、あんまり意味無いからね。資源は無限じゃない」

律(今のギャグうめえな)

玉恵「できるだけ燃やし尽くしたほうがいいよ。真っ白な灰になるまでね」

憂「玉恵さんも熟練者なんですね」

玉恵「・・・そうでもないよ。私も花火に参加してくるよ」

タッタッタ

轍「?」

さわ子「・・・」

和「どうしたのかしら、急におとなしくなったわね」

憂「うん・・・」

律「火をもっと大きくしたいな」

澪「・・・みんなで囲めるように?」

律「YES!!」

轍「それなら・・・」



・・・・・・



玉恵「・・・」シュッシュッ

紬「・・・」クルクル

風子「・・・」シュッシュッ

春子「文字だな・・・」

梓「・・・」

いちご「・・・」

純「単純にSOSですね」

玉恵「正解!」

紬「・・・」ニコニコ



344 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:29:51.83 ID:/tE7ZYkDo


風子「あぁ、消えちゃう!」ハラハラ

紬「・・・」ハラハラ

姫子「・・・」

梓「・・・」

春子「風子が唯より楽しんでるな」

いちご「・・・うん」

シュウ

風子「あぁー・・・」

唯「むぎちゃんの持ってるヤツで最後だよ」

紬「・・・」クルクル

梓「R・・・ですか」

紬「・・・」コクリ

シュウ

紬「・・・」

純「終わりましたね」

玉恵「終わった~」

姫子「それじゃ、焚き火の所へいこうか」


345 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:33:31.57 ID:/tE7ZYkDo


―――――・・・


パキパキパキ

律「・・・それからというもの、夜な夜な湖を眺める女性の姿が目撃されたという」

澪「・・・」ブルブル

姫子「どうして怪談話になってるの?」ヒソヒソ

和「さぁ・・・?」

律「女性は湖にどんな想いを抱いているのであろうか・・・。おしまい」

紬「・・・」

さわ子「なかなかいい話だったわ」

憂「ちょっと切ないですね」

玉恵「うん・・・」シクシク

唯「ひっく・・・」シクシク

信代「・・・」

いちご「ハンカチ使って」

風子「ないでっだいよっ」

純「声が潤んでますけど」

梓「それで、どうしているんですか?」ジロ

轍「えー・・・と・・・」

春子「そろそろ誰か教えてくれませんか?」

玉恵「あっはっは、轍さん正体不明だ!」

信代「あなたもですけど・・・」

玉恵「うっ・・・」

律「あれ、紹介してなかったっけ?」

いちご「してない・・・」

澪「・・・どうぞ」

轍「じゃあ俺から。旅を題材にした記事を書いている相馬轍です」

玉恵「私は滝沢玉恵。私も轍さんと同じ仕事をしています」

轍「えっ!?」

さわ子「どうしたんですか?」

轍「最初にあった時・・・4年前になりますけど、ずいぶん変わったと思ってびっくりしたんです」

玉恵「4年あれば充分変われるよ人は」

梓「・・・」

紬「・・・」コクコク



346 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:34:32.33 ID:/tE7ZYkDo


轍「変わりすぎだろ・・・最初はこいつ、テントの張り方も知らなかったんですよ」

唯「最初は誰でも初心者だよ」

純「そうだそうだ」

和「私たちのテントを立てるときはスムーズで、指示をくれてとても動きやすかったです」

春子「うん・・・」

轍「へぇ・・・」

玉恵「ふふん」

澪「相馬さんと同じく、一人旅してるんですか・・・?」

玉恵「いつもは二人旅だよ。ツーリングでね」

姫子「・・・」

律「・・・」

春子「バイクかぁ・・・」

憂「・・・読んでみたいですね」

和「そうね・・・」

風子「どうして今日は一人なんですか?」

玉恵「午前の台風で予定がズレちゃってね・・・私だけ先に来たってわけ」

信代「おぉ~」

純「仕事熱心ですね」

玉恵「ふふん」

和「行き倒れていたけどね」

唯「なんとっ!」

玉恵「うっ」グサッ

姫子「お腹が空いてね」

玉恵「それ以上言わないで~」

轍「無計画なのは変わってないのか」

玉恵「う・・・」グサッ

律「そんじゃ、次は私の番だな」

さわ子「また怪談話?」

律「・・・夏の旅の話だ。一応約束だからな」

轍「約束として受け取ってくれていたんだ」

梓「・・・」



347 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:35:40.46 ID:/tE7ZYkDo


紬「・・・」キラキラ

姫子「・・・やっと聞ける」

いちご「・・・うん」

風子「・・・」

信代「・・・」

春子(けいおん部の雰囲気が変わった理由・・・)

パキパキ

梓「・・・」ヒョイ

パキパキパキ

唯「あずにゃん、今カッコ良かったよ!」

梓「え・・・?」

澪「無言で枝を放り込んだ事?」

唯「そうだよ!」

純「・・・」ヒョイ

コロコロ

春子「外してやんの」

純「うぅ・・・」

紬「・・・」ヒョイ

パキパキパキ

紬「・・・」ホッ

さわ子「火の中に入ってよかったわねぇ」

律「あの・・・喋っていいですかね」

轍「・・・」

「「 ・・・ 」」シーン

律「うわ・・・喋りにくい・・・」

玉恵「じゃあ聞かないフリしているからさ」

憂「こっそり聞いているわけですね」

和「意味あるのそれ・・・」



348 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:36:43.59 ID:/tE7ZYkDo


律「私たちは列車で日本縦断の旅をしたんだ。
  私たちは途中下車をしたけどむぎは縦断達成を成し遂げた
  色々な土地で、色々な人に出会って、色々な景色をみてきたんだ」

いちご「・・・景色ってなに?風景とは違うの?」

律「辞書で調べれば一緒なんだろうけど、私は違うニュアンスだな」

轍「・・・教えてくれるかな」

澪「・・・」

律「うーん・・・言葉にするのはちょっと難しいな
  例えば、隣にいる人が見ているモノを表現した時、
  そのモノの見方が自分と異なっている事があるだろ?」

いちご「・・・うん」

律「言葉ではもちろん、行動でも変わってくるんだ。
  一人でボンヤリ見ている景色と、二人でボンヤリ見ている景色は別物だ
  自分と隣の人との見たモノが重なったとき、それが同じ景色を見ている事になる
  二人で共に行動を起こさないと見れないモノ。それが私の言う景色。・・・なんだけど」

澪「一緒だ」

紬「・・・」コクリ

梓「・・・」コクリ

唯「一緒だよ~」

律「そっか・・・。良かった」

轍「・・・」

いちご「・・・」

さわ子「そんなに深く考えなくていいのよ。今日、いちごちゃんとりっちゃんが共に過ごして
    同じ経験をしてきた事が、その景色という風に捉えてもそう遠くないわ」

いちご「・・・はい」

律「教師みたいだ・・・うまくまとめた」

唯「びっくりだよー」

さわ子「・・・」

律唯「「 ごめんなさい 」」

玉恵「?」

純「無言の圧力ってやつです」

姫子「律は・・・。律にとって特別な景色ってあったの?」

律「あった。まぁ、全部が特別なんだけど、更に特別な出会いと景色があった」

澪「・・・」

風子「特別な出会い・・・」

律「その子は・・・自分に自信がなくて、いつも周りに迷惑をかけている自分が嫌いだったんだ
  それが原因で自分をみてくれている人たちの前から逃げ出した」

玉恵「逃げ出した・・・」

律「あぁ、大好きな人たちに嫌われるのが怖くて逃げ出したんだ」

轍「・・・」



349 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/03(土) 19:40:01.41 ID:/tE7ZYkDo


澪「・・・」

律「でも、それはその子がとっても優しいからなんだ。
  自分のせいで周りに迷惑をかける事にとても心を痛めていた」

紬「・・・」

律「私はその子の近くにいて、とても大切なことを教わった」

轍「それは?」

律「ありのままの自分を出す事ができる。そんな場所が存在することだ」

信代「へぇ・・・」

純「おぉ・・・」

律「それは私だけじゃなく、もう一人いるんだけど・・・それはまた話が違ってくるから割愛だ」ウシシ

唯「不憫な子」シクシク

梓「・・・む、むぎせんぱい・・・」

紬「・・・?」

梓「な、なんでもないです」

紬「・・・」ニコニコ

律「その子は旅を通して気づくんだ。逃げ出した事で自分の周りの人たちを傷つけた事に
  その人達を信じていない自分自身を・・・な」

澪「・・・うん」

姫子「・・・」

律「旅を終える理由が『帰って謝りたいから』なんだ。
  自分自身が嫌いだけど、人を好きになる自分を好きになりたいと強く笑って帰って行ったよ」

梓「・・・」

姫子「連絡先・・・とか、交換したの?」

律「いや、彼女とはそれっきりだ」

いちご「・・・仲良くなったのに」

澪「そうだな。でも今思えば、そのまま別れる事が自然のような気がする」

律「『出会い』に『別れ』、それが旅だからな」

轍「・・・」

玉恵「・・・そうだね」

紬「・・・」

律「と・・・こんな感じだ」

姫子「それが律たちがしてきた旅・・・」

春子「なるほどねぇ・・・」




関連記事

ランダム記事(試用版)




紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月11日 前編
[ 2011/10/15 23:45 ] クロス | 風雨来記 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6