SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  梓「澪先輩と体が入れ替わったら、ですか?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「澪先輩と体が入れ替わったら、ですか?」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278420483/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:48:03.28 ID:GCqzigdt0

梓「それは律先輩の願い事なんじゃないですか?」

律「んま! この子ったら生意気な口を聞いて!」

唯「でも、澪ちゃんと入れ替われたらいいなぁーって思うよ!」

澪「みんな……」

梓「私は今成長期なんです! 大きくなったら澪先輩みたいになるんです!」

律「澪は中学生の頃からおっぱい大きかったぞ!」

澪「おぉい律ぅ! 変なこと言うなよ!」

梓「……なん……だと?」

紬「(イイハナシデスワー)」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:51:14.21 ID:GCqzigdt0

梓「でも、澪先輩」

澪「何、梓、なんか目付きが怖いよ?」

梓「その……私は小さいのであれなのですが、おっぱいってやっぱり重いですか?」

澪「ぶっ!」

唯「私も気になるよー、憂のおっぱいって結構おもたいしー」

紬「唯ちゃん、その話kwsk」

律「ああ、梓の頭くらい重いぞ!」

澪「私はその発言を聞いて怒ればいいのか悲しめばいいのか分からないよ……」

梓「私の頭はそんなに軽くないです♪」

澪「(あ、怒って良かったんだな)」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:53:21.41 ID:GCqzigdt0

梓「唯先輩は澪先輩と入れ替わったら何をしたいですか?」

唯「あれだよ! セクシーポーズとりたい! うっふーんってやつ!」

澪「私がそんなポーズとったっていやらしくないぞ?」

律「澪はおっぱい大きくても色気ないからな」

紬「りっちゃん、その話kwsk」

梓「でも、唯先輩が澪先輩と入れ替わっても色気なさそうですけど」

澪「そうだな」

唯「ぶーぶー!」

律「その子供っぽい反応のせいだぞ、唯」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:56:28.94 ID:GCqzigdt0

澪「でも、何で急に入れ替わりの話を?」

律「いや、梓と澪って似てるじゃん? だから、入れ替わりとしたら面白いかなーって」

梓「単純ですね」

律「なんだよー、ざ・ちぇんじみたいな話あこがれるだろー」

唯「りっちゃんは乙女ですなぁー」

紬「りっちゃんは乙女乙女連呼しなくても十分に可愛いのは確定的に明らか」

澪「ムギェ……」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:59:07.95 ID:GCqzigdt0

律「まあ、それは置いておいても、ほら、ちょっとおでこごっつんしてみろって」

澪「律とはいつもやってんだろ」

律「ばか、あれとはもっとソフトにだよ!」

澪「だ、だよな、あれをやるのは律にだけだからな」

律「分かってんじゃん」

紬「二人とも、その話kwsk」

唯「じゃあ、梓ちゃん、私とおでことおでこでちゅーしよ?」

梓「お、おでこだけですか……?」

紬「(くすん)」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:01:57.53 ID:GCqzigdt0

律「って、話が進まないだろ、ほれ、こうだよ!」

澪「わっ、離せよ律!」

唯「ほらほら、梓ちゃんも!」

梓「ヤルッツェブラッキン!」

紬「あ、みんなお茶、入れるわね?」

ごちーん♪

澪「(あ、唇触れた)」

梓「(……!? ここに触れていいのは唯先輩だけなのに!)」

律「やり過ぎたな」

唯「ウィームシュー」

紬「(見逃した……)」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:05:48.19 ID:GCqzigdt0

律「当たり前だけど入れ替わらないな」

唯「りっちゃん、こういうのは時間が経過してから起こる物なんだよ」

澪「そんなわけあるか!」

梓「そうですよ!」

澪「……梓、怒ってる?」

梓「当たり前です! 澪先輩の唇は非処女じゃないですか!
  もう、律先輩のテクでガバガバになっちゃってるんでしょう!」

澪「くっ、上の口ではそうかもしれないが、まだ下の口では……!」

律「どうしてこうなった」

唯「梓ちゃんは下のお口もがばがばだけどね」

紬「唯ちゃん、そのお話kwsk」

唯「ムギちゃん、お茶おかわり!」

紬「これ入れたら、話してくれる?」

唯「はやくはやく!」

紬「やぁーってやるわっ!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:08:25.51 ID:GCqzigdt0

澪「って、もうこんな時間じゃないか、くだらないこと話してないでさっさと練習するぞ!」

律「えぇー」

唯「ごきゅごきゅ」

梓「あ、この愛と勇気の柏餅美味しいですよ」

唯「えへへー、梓ちゃん、半分ちょーだい?」

梓「私が食べたやつなんてあげません!」

唯「梓ちゃんが食べたやつを食べたいんだよ」

澪「……律、その飲みかけのお茶くれ」

律「えぇ!?」

紬「負けない……! だって私、女の子だもん! でも、涙が出ちゃう……」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:12:09.33 ID:GCqzigdt0

澪「ふぅー、今日は気持ちよく練習できたな!」

律「何がだよ、澪と梓がハイテンション過ぎてこちとらついて行くだけで精一杯だよ」

澪「だって……精力ついたし、発散しないとどうにかなりそうだったんだよ!」

律「はいはい、そんなんで精力使い果たしてどうするんだよ?」

澪「え?」

律「今夜、部屋の窓の鍵開けておくよーに!」

澪「……律ぅ」

梓「あぁーっ! 気持ちよかったですねー」

唯「そうだね、でも、梓ちゃん」

梓「なんですか?」

唯「梓ちゃんのギター走りすぎてたよ!」

梓「う……」

唯「気分が高ぶっちゃった悪い子は今日はお仕置きだね……!」

紬「……あ、キー坊? 私今日暇なの、付き合ってくれる?」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:14:36.38 ID:GCqzigdt0

唯「憂ー!」

憂「お姉ちゃん、それに梓ちゃんも」

梓「お、お世話になります!」

憂「今日は精力のつく料理作ってあげるね!」

唯「今日は違うよ! お仕置きできたの!」

憂「え? じゃあ、私も梓ちゃんにお仕置きしていいの?」

梓「だめっ! 私、唯先輩以外に痛くされても気持ちよくならないもん!」

憂「ふふ、わかってるよぉ」

梓「だよねぇ」

憂「嫌じゃなきゃお仕置きにならないもんね」

梓「ういぃぃぃ!?」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:17:18.90 ID:GCqzigdt0

律「澪ーっ! 来たぞー!」

澪「……まだ私おふろ入ってないんだけど」

律「それがいいんだろ?」

澪「だって、今日はちゃんと練習して汗もかいたし……」

律「澪の汗は美味しいんだけどな?」

澪「私が気になるんだよ!」

律「ほーれほれー! そんなに怒ると汗かいちゃうぞー」

澪「くっ、とにかくお風呂に入ってくるからな!」

律「ごゆっくりー」

澪「……あんまり人の部屋いじくるなよー」

律「オナニーして待ってるから大丈夫!」

澪「そこはいじらないで待ってろ!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:22:29.01 ID:GCqzigdt0

紬「……と、本当に面白いわね」

紬「この紬は友達が少ない、略してはがない」

紬「今度部室に持って行ったら少しはみんな会話してくれるかしら?」

紬「でも」

紬「でも、ほっとかれるとやっぱり感じる……」

紬「唯ちゃんに抱きつかれるよりも、澪ちゃんに頼られるよりも、
  りっちゃんに呼ばれるよりも、梓ちゃんに変態を見るような目で蔑まれるよりも……」

紬「みんなに放っておかれるだけでやっぱり感じちゃうのね……」

紬「……感じちゃうからこんなに涙が止まらないのよ……気持ちいいから……気持ち……」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:27:09.05 ID:GCqzigdt0

唯「あーずにゃーん♪」

梓「……どうしたんですか急に指摘されたからって呼び名を変えて」

唯「実は梓ちゃんという呼び名はお仕置きの一環だったのです!」

梓「説得力ないですよ?」

憂「あずにゃん」

梓「その壮絶にヤンデレた目で呼ばないでよ……」

憂「何? 私のあずにゃんという呼び名ががこんなに可愛いわけがないってそういうこと?」

梓「意味分からないし」

唯「まあ、それはとにかくお仕置きだよ! おしり出して!」

憂「はいお姉ちゃん、塩酸浣腸の準備は整ってるよ?」

梓「死んじゃう! 私不老不死じゃないから死んじゃう!」

唯「お尻から塩酸出すあずにゃんもすっごく可愛いよぉ……」

憂「肉って感じだよね」

梓「唯先輩かえって来てぇー!」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:31:10.41 ID:GCqzigdt0

唯「でも、お尻を差し出しちゃうあずにゃん可愛い!」

梓「あ、こ、これは癖で……塩酸ってどれくらい痛いのか考えるとぬれて来ちゃうって言うか」

憂「死ぬと思うけどね」

梓「唯先輩なら、塩酸浣腸で逝かされてもいいかなーって」

唯「あずにゃんのばかっ!」

梓「はぅ!? 気持ちいいです!」

唯「逝っちゃうなんて簡単にいっちゃだめ! イっていいのは鈴木家の次男だけだよ!」

梓「もっとぉ! もっとぶって下さい!」

憂「ふんっ!」

梓「はん! 唯先輩の足下にも及ばない!」

唯「けんかしないの!」

梓「はぁん! ゆいせんぱぁい!」

憂「(どうしてこうなった)」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:32:26.95 ID:GCqzigdt0

律「はぁはぁ……やっぱ澪の匂いがするベッドは最高だな」

律「今日はノリで入れ替わりネタなんて言ったけど、澪が誰かと入れ替わるなんて考えただけで……」

律「……」

律「ちょっと、イった」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:34:40.41 ID:GCqzigdt0

紬「ん……あれ、もう朝だわ?」

紬「いけない、目が腫れてしまってるわね」

紬「斉藤!」

斉藤「はっ、ここに!」

紬「今すぐ目薬を持ってきてちょうだい、それとお風呂の用意を」

斉藤「お嬢さま……」

紬「訳は聞かないでちょうだい?」

斉藤「はい」

紬「(ちょっと聞いて欲しかった……)」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:37:47.86 ID:GCqzigdt0

憂「むにゃむにゃ……そこは上の口じゃないからもう入らないよぉ……」

梓「すぴー」

唯「すやすや……」

憂「あぁん! お姉ちゃんだめ! まだ梓ちゃんイかせちゃだめ! その前にこの硫酸浣腸……」

梓「んん……あずにゃぁん……」

唯「うぇっへっへっへぇ……! ゆいせんぱぁいぃ!」

憂「へへ……死んだ! 今死んだよ! この浣腸でぇ……」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:42:14.46 ID:GCqzigdt0

律「ん……寝ちゃったのか、まったく昨日は本当に律のやつ激しかったな……」

律「爽快感かな……何か身体が軽い」

律「ん? 黒髪? まったく律、驚かそうって言ったって黒髪のカツラなんて……」

律「……あ、この眠ってる女は……梓か?」

律「いや、梓にしては胸が大きすぎる……」

律「それにこの声……心のなしか律に似ているような」

澪「んぁー、澪、もう起きた……うぉう! 美少女がいる!」

律「調子に乗るな!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:46:40.91 ID:GCqzigdt0

和「で、朝までお盛んだった結果からだが入れ替わったと?」

律「そうなんだよ和」

梓「どぉしよぉ和ちゃぁーん」

和「そのまま入れ替わっちゃえば? 苦労しないわよ」

唯「それは困ります真鍋先輩! 唯先輩が授業について行けません!」

憂「梓ちゃん、その生意気な口二度と開けないようにしてあげよっか?」

律「……ところで律は?」



澪「うっへっへー姫子ちゃんセルフパイズリー!」

姫子「うわ、やっぱり秋山さんの胸大きいのね」

澪「だろぅ? さらにこんな事までできる」

姫子「わっ、セルフ乳首吸い?」

律「何やってるんだお前!」

澪「叩いていいのかー? お前の身体だぞー」

律「……こっちこい!」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:49:12.19 ID:GCqzigdt0

和「ふう、じゃあこれ、張っときなさい」

梓「これ、名札?」

唯「私の名前が書いてありますね」

律「なるほど、これを付けておけば、誰と誰が入れ替わってるか分かるってわけだな」

澪「さすが和! こんなこともあろうかと用意してたんだな!」

和「せめて、自分の名前だけは間違えないようにしておきなさい」

憂「うわぁ……」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:53:01.54 ID:GCqzigdt0

梓「じゃあ、私は二年生の教室に戻るよー」

唯「居眠りとかしないで下さいよ?」

梓「あずにゃんのためにがんばるー」

憂「お姉ちゃん大丈夫だよ、眠ったら私が吹き矢飛ばしてあげるし」

唯「死んじゃう! 私死んじゃう!」

和「……そろそろ()で誰が中身なのか表示させたらいいじゃない……」

律(澪)「それはいい案だな」

澪(律)「さすが生徒会長だっぜ!」

和「……」

唯(梓)「あれ、どうしたんですか、真鍋先輩?」

和(恵)「……な、なんでもないわよ?」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:56:31.16 ID:GCqzigdt0

ほうかご!

唯(梓)「すごく疲れました……さすがに三年生の授業は難しいですね」

梓(唯)「あずにゃんあずにゃん、今日ちゃんと眠らなかったんだよ、ほめてくれる?」

唯(梓)「あ、そうですね……ふふ、私が頭撫でちゃってます……」

梓(唯)「いい感じ?」

唯(梓)「複雑です、私は撫でられる方が好きです」

澪(律)「撫でてやろうか?」

律(澪)「……いい、何か屈辱だから」

澪(律)「なにをー! こうなったら意地でも撫でてやるー!」

紬「あ、みんな、お茶入れるわね?」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:01:36.17 ID:GCqzigdt0

紬「でも不思議ね、身体が入れ替わっちゃうなんて」

梓(唯)「えへへ-、でも、慣れると楽しいよ?」

唯(梓)「そうですね、勉強も教えて頂けますし」

律(澪)「でも、テストまでには元に戻りたいな」

澪(律)「さすがに、澪の身体でテストの点を落とすヘマなんてしねーよ」

律(澪)「律……」

唯(梓)「はっ、唯先輩、留年しないで下さいね?」

梓(唯)「うぅ……頑張る……」

紬「(すごく……疎外感が……大きいです……)」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:05:10.41 ID:GCqzigdt0

紬「あ、あの! 何をして入れ替わったのかは分からないけど、
  その原因となることをすればいいんじゃないかしら」

唯(梓)「それ、いい案ですね!」

梓(唯)「変わった気分が味わえるね?」

澪(律)「澪の身体の感度はどれくらいかニャー?」

律(澪)「……(いい感じかも)」

唯(梓)「先輩、今日は寝かせないですからね?」

梓(唯)「ばっちこいです!」

澪(律)「澪、覚悟しとけよ?」

律(澪)「はいはい、あんまり激しくして元に戻ったときに困らないようにな?」

紬「(……)」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:07:42.81 ID:GCqzigdt0

ほうかご!

憂「え? 今日も梓ちゃんとエッチするの?」

唯(梓)「うん、エッチして入れ替わったなら、もう一度エッチすればいいと思って」

梓(唯)「二人で話し合った結論だから、今日は憂は……」

憂「分かったよ、今日はお料理頑張るね?」

唯(梓)「……憂……」

憂「早く元に戻ってね?」

唯(梓)「あ、なんだろう、すごい複雑」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:12:30.64 ID:GCqzigdt0

澪(律)「……」

律(澪)「……」

澪(律)「こうして、澪の家のお風呂につかったの、久しぶりだな」

律(澪)「お前の家だとエッチなことしかしないからな」

澪(律)「だって、澪成長早いから、エッチなことしたくなるんだよ」

律(澪)「手ばっかり成長しちゃって」

澪(律)「澪の身体がいやらしいから飽きないんだよ」

律(澪)「……あのさ、律」

澪(律)「なに?」

律(澪)「何回でも入れ替わろう?」

澪(律)「やっぱり澪が恥ずかしい台詞言うよな」

律(澪)「二人が一緒になってわけわかんなくなるまでエッチしたらどうなるんだろうな?」

澪(律)「やってみようか」

律(澪)「あんっ、律の身体……感じる! すごく!」

澪(律)「……なんかムカついてきた、今日はたっぷりいじめてやるから」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:15:00.51 ID:GCqzigdt0

よくあさ!

憂「お、おねえちゃーん? あずさちゃーん?」

憂「あ、朝だよー?」

憂「……(どうしよう、梓ちゃん蹴り飛ばしたい、でも、中身がお姉ちゃんだったら……)」

憂「お、起きてー」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:18:14.46 ID:GCqzigdt0

梓「うぅーん?」

唯「うう……体中が痛いよ……」

憂「ふ、二人とも、身体は?」

梓「あ!」

唯「ふあ!」

梓唯「も、元に戻ってる!」

憂「やったねお姉ちゃん!(跳躍)」

梓「え、なに憂、そのキックの姿勢、げふぉ!?」

憂「気持ち良くならない? だよねぇ、痛くされるのは嫌だよねぇ」

梓「……うぅ、私は……唯先輩の痛みにしか感じない……」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:21:07.57 ID:GCqzigdt0

和「って、みんなは元に戻ったのね」

澪「ああ、一日だけど、この身体愛おしかったよ」

律「二人で愛し愛されまくったけどな」

澪「おかげで体中が痛いよ」

唯「やっぱり、この空気、このクラスが一番だね!」

梓「純や憂がいるクラスも捨てがたいですね」

憂「……」

和(恵)「(足りなかったのかしら……エッチ……)」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:25:15.59 ID:GCqzigdt0

紬「(いけない……寝坊しちゃったわ!)」

紬「(身体が動かないわ……いったいどういうことなのかしら……)」

紬「でも……(なんか……ういんういん、言っている気がするわね……)」

紬「(そう……この揺れ……昨日使った……!)」

斉藤「お嬢さま、そろそろ起きなくては学校に……お嬢さま?」

斉藤「おじょうさまぁぁぁぁぁぁぁ!
   こんな変わり果てたお姿に! なぜ、どうして! ほわーい!」

バイブ(紬)「……ういんういんういんういん」


おわれ




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:27:08.08 ID:LuE5prFS0

おつ
面白かったようん



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:31:54.29 ID:nt3eU7/00

紬・・・






関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「澪先輩と体が入れ替わったら、ですか?」
[ 2011/10/25 21:23 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4184 [ 2011/10/26 19:18 ] [ 編集 ]

ムギ……

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6