SS保存場所(けいおん!) TOP  >  SF >  唯「短編だよ」#憂「ほぉるいん、0」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「短編だよ」#憂「ほぉるいん、0」 【SF】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278645647/

唯「短編だよ」#憂「ほぉるいん、0」
唯「短編だよ」#唯「仮面のわたし」
唯「短編だよ」#梓「やさぐれ!」
唯「短編だよ」#さわ子「18歳未満の少女との淫行はry」
唯「短編だよ」#澪「ふでペン……はぁ」
唯「短編だよ」#梓「ちょっと変な夢を見てしまっただけ」




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:20:47.85 ID:9pEjc62o0

憂「ほぉるいん、0」


私は今日も憂ホールを掘っている。
昨日も一昨日も、その前も掘っていた。
だからきっと、明日も明後日もその明くる日も、きっと掘っていることだろう。





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:31:01.30 ID:9pEjc62o0


 この前、同級の鈴木純が私の掘った穴に落ちた。
 私はすこうし、嬉しかった。
 いくら学校中に穴を掘っても、たまに引っ掛かったと思えば、
 それはどれも、一年生か、私の姉の唯だけだったからだ。

 しかし、私はすぐに気分を害した。

 鈴木純は、憂ホールに落ちたことに関して、なにか言い訳をしていた。
 あんまりに長かったものだから殆ど覚えてはいないれど、
 なかなかよくできた言い訳であったように思う。
 でもどんどん論点がずれていって、果てには、

「あんたはこれを憂ホールなんて言っているけれど違う。
 これは単なるくだらない落とし穴だ。そんなこともわからずに……」

 とか言い出したから、私は助けてやるのをやめた。

 だって、これは憂ホールだから。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:32:08.08 ID:9pEjc62o0


 気分を害したといっても、苛苛したわけじゃあない。
 鈴木純のとっても必死な顔を見たのと、
 憂ホールを落とし穴呼ばわりされたことで、心がさみしくなった。

 次の日、とてもやつれている鈴木純に会ったけれど、何の会話も交わさなかった。
 彼女は、いつも通り、どちらかというと粗暴に振る舞っていた。
 でも私を見る瞳の奥には怯えの色が見えていた。
 
 きっと、憂ホールのことを誰にも言ってほしくなかったんだろと思う。
 心配しなくても、私は鈴木純じゃないから、
 自分の功績を触れ回ったりだとか、そんなことはしない。

 落とした獲物は一人でこっそりと楽しむほうが好きなんだ。



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:32:38.05 ID:9pEjc62o0


 そういえば、少し前に姉と同じ軽音部で三年生の秋山澪を落としたこともあった。

 どうやら部活に行く途中に落ちたみたいで、発見したときはそれはそれは見るにも無残な状態だった。
 憂ホールというお皿の中に、秋山澪とベースのカルパッチョ、みたいな状態だった。

 私が声を掛けると、秋山澪は第一声にいきなり「わざとかかってやったんだ」と言った。だから助けなかった。
 自分で這い上がる見込みがあるからわざと落ちたんだろうと思ったからだ。

 私は「ホールが無駄になるから今度からはわざと落ちないでくださいね」と言ってその場を去った。

 なにか叫び声が聞こえたけれど、忙しかったから後でいいやと思った。
 本当に用事があるならまた私のところに来るだろう。そう思った。

 でも、秋山澪はそれから私に話しかけることがなくなった。
 覚えている限りで一度もない。
 
 前は、家に来たりしたときに必ず「いつも大変だね」なんて声を掛けてきたのに、どうしたんだろう。

 まあ、いいや。とるに足らないことだ。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:38:56.02 ID:9pEjc62o0



 私は、そうやって今までいろんな人を落としてきた。
 そしてきっとこれからも。
 それでも、今日のように素晴らしい日は、もうやって来ないだろうと、確信している。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:41:16.31 ID:9pEjc62o0

 唐突だけれど、私にはとてもお気に入りの穴がある。
 それは一年前、私が学校に入ったばかりの頃、初めて掘った憂ホール。
 そう、やりたいことを見つけた姉への憧れと少しの寂しさから、
 何か自分も打ち込めることがないかと模索していたあの頃。

 とても稚拙で、醜いけれど、でもきらきら光るホール。そのホールは私にとって特別だった。
 正直、今までたくさん掘りすぎてどのホールがどのホールかなんて覚えてはいないけど、
 あれだけはずっと忘れない。
 私の。



 それは、空が蒼く、疎らな雲に侵されている午後、
 私はちいさなちいさな、でもとてもいとおしい存在を手に入れた。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:43:23.41 ID:9pEjc62o0

「あ、の、さあっ」

 声が聞こえる。とてもとても奥のほうから。そのいとおしい声に、私は顔を綻ばせた。

「あなたの落とし穴にかける情熱はわかったわよ!
 でもさ、早いところここから出してくれないかしら!
 行かなきゃいけないとこあるし……それにここなんか怖いんだけど!」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:45:10.80 ID:9pEjc62o0

「落とし穴ではないのです。憂ホールです。あなたのお名前はなんですか?」

「曽我部、よっ!
 とにかく早く出し……ま、まさか鈴木純さんとやらや澪さんみたいに
 置き去りにするつもりじゃないよわね!?
 ちょっ……」

「曽我部先輩さん……素敵なお名前ですね。待っていてください、今出して差し上げます」

「よかった……もうだめかと思ったわ……」

「と思ったけれど、どうやって出そう。
 引き上げるにしてもそんな長い紐はないですし……結んでも途中で切れたら悲惨ですし。
 それ以前に私には引き上げる力がないですね、多分」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:49:07.74 ID:9pEjc62o0

「えええっ、だめでもいいからやってみてよ! 頼むわよ!」

「そうですね、紐がないなら自分で結えばいいですね。やってみましょう。
 私は不器用だから時間がかかるかもしれないけれど」

「そっち違うわ! ていうか人を呼んでー!? 後生ですから! 土下座でもなんでもしますから!」

「いやだなあ、こんな状況で野暮ですよ、人を呼ぶだなんて。ここは私とあなたの世界なんですから」

「いや、ここは私だけの真っ暗な世界だよ! お前は上から見下ろしてるだけだろーが!」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:51:19.61 ID:9pEjc62o0


「……私もそちらへ行ったほうが良いですか?」

「やめろー!」

「少々お待ちください。いま、会いにゆきます」

「ちょっ……いろんな意味でやめろぉおぉぉぉぉぉ!!」

 叫び声までもがいとおしい。
 こんな気持ちは、きっと、ずっと、これからも続く。
 初めてのホールの初めてのお客さま。ずっと放しはしない。



 出会いは、二年間掘り進めた私のホール。二十七ヤード。


終わり




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:53:55.82 ID:R1JIpAdT0

初めてのホールの初めてのお客さまなのになんで純と澪が先に落ちてんの?





16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:56:59.69 ID:9pEjc62o0

>>15
ふたりが落ちたのは違う(最近掘った)落とし穴です
曽我部さんのは初めて掘ったものです




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 12:57:59.13 ID:lV2Rqm100

なかなかおもしろかった

おつ!!






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「短編だよ」#憂「ほぉるいん、0」
[ 2011/10/29 12:56 ] SF | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6