SS保存場所(けいおん!) TOP  >  日常系 >  唯「牛乳!」#5 律「ボディチェンジ!!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「牛乳!」#5 律「ボディチェンジ!!」 【日常系】


唯「牛乳!」#index




72 名前: ◆Qnd2Mxwkkc :2010/10/31(日) 03:06:46.28 ID:gLm5.us0

テーマを思いっきり穿って見た結果
牛乳が全く別の物に変わってしまったがまあ許して欲しい
もしかしたらかなりKYかもしれない

だが一応、澪律

タイトルは律「ボディチェンジ!!」





73 名前: ◆Qnd2Mxwkkc :2010/10/31(日) 03:07:38.24 ID:gLm5.us0


律(幼馴染は私に対して暴力的だ)



今日も今日とて放課後の部室!



澪「りぃいいつぅううっ!!」


ゴツン!

律「いてっ!!」


律「う、うぅ…ひどい」 ヒリヒリ

澪「余計な事するからだ」

律「ただ胸触ろうとしただけじゃん!」 ブーブー

澪「それが余計な事だって言ってるんだっ!!」

律「けーち」

澪「ケチじゃないっ!!」



74 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:08:32.15 ID:gLm5.us0

律(もちろん仲が悪いとかじゃなくって

  むしろ信頼の結果だと自信を持って言えるんだけど…

  最近…少し不満に思うことがある)


唯「まあまあ 澪ちゃん」

律(例えばこの親友の行動だ)

澪「唯…」

唯「りっちゃんだって悪気があったわけじゃないよ」

澪「でも…」

律「そうだそうだー」

澪「調子に乗るなっ!!」

唯「澪ちゃん!」 ギュッ

律(あ、手握った)

澪「わっ…唯」

唯「怒っちゃダメだよ ね?」

澪「う、うん… 律…ど、怒鳴ったりしてごめん」

律「えっ ああ うんうん! わ、私こそごめんな」

唯「わあ!! やっぱり皆仲良しが一番だよねっ!!」 ギュギュッ

律(う、腕に抱きついただと…

  て、て言うかおい、あの体勢だと胸の感触わかるだろ おい)

澪「わっ… こ、こら 唯…」

唯「えへへ」

律(そして澪も澪で唯相手にはあまり強く拒否しない

  私の時は殴るのに…むぅ)



75 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:09:30.07 ID:gLm5.us0

律(それに唯だけではない)


梓「ほら唯先輩、遊んでないで練習しますよ」

律(例えばこの後輩の行動だ)

唯「うぅ…あずにゃん先輩厳しいっす」

梓「ちゃんと練習しないといいライブができませんよ!

  …澪先輩もそう思いますよね!」

澪「ああ、そうだな

  唯、ちゃんと練習するぞ」

唯「ほーい…」

澪「律も」

律「はいよー」


澪「それにしても、梓は偉いな

  いつもちゃんと練習してて」

梓「そ、そんな事は……こ、これが普通です!」

澪「ううん 偉い偉い」 ナデナデ

梓「…にゃあ」 クラッ

律(これだ… 梓は私達にとって可愛い後輩だし

  澪から見ると背丈の差が丁度いいのか たまに頭を撫でられている

  それが何ともまあ…むぅ…)



76 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:10:03.80 ID:gLm5.us0

律(…つまりだ 何が言いたいのかと言うと

  羨ましいのだ

  スキンシップが得意な親友や

  可愛がられてる後輩が  すっげー羨ましい)


律(羨ましい 羨ましい 羨ましい 羨ましい

  羨ましい 羨ましい 羨ましい 羨ましい…)

律「…」

澪「? …律?」

律「羨ましい」 ボソッ

澪「えっ?」


律「うらやましぃぃいあああああああああっ!!!!!!!!」 ダッ

澪「?!」


律「うわぁぁあああああああああああっ!!!!!!!!!」 ピューン


澪「へ?」

梓「り、律先輩出て行きましたよ…?」

唯「ど、どうしたんだろ?」

紬「うふふ、りっちゃんにも色々あるんじゃないかしら」 ポワポワ

唯「色々って…?」


澪「…」

澪(…りつ)



77 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:10:49.13 ID:gLm5.us0

律の部屋!


律「うらやましぃい!!!!!!!」


律「羨ましい! 羨ましいっつの!」 ゴロゴロゴロゴロ


律「私も澪に抱きついたりしたいし頭撫でられたりしたいっ!!」 ジタバタ


ガチャ

聡「ねーちゃんうるさい…」

律「おい聡、レディーの部屋に入るならノックくらいしろ」

聡「はいはい」

律「それで、何か用か?」

聡「ドラゴンボール探してるんだけどこっち置いてない?」

律「…あのなあ聡」

聡「?」

律「現実とフィクションの区別くらいはつけろな?

  ドラゴンボールはさ、現実には存在しないんだよ…

  だからな、ギャルのパンティーは諦めろ」

聡「ちげーよっ!!本物じゃねーよっ!

  ドラゴンボールの単行本探してんだよっ!!それくらい読み取れよっ!!

  つか仮に本物探してたとして、もっとマシな願い事するよ!」



78 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:11:49.53 ID:gLm5.us0

律「あーはいはい、漫画ね

  確かちょっと前に借りてそのままその辺に放ったらかしだったな」

聡「読んだらちゃんと元の場所戻しといてよ…」

ヒョイッ

律「ん? …このキャラクターは…」

律 ピコーン!

律「これだ…」

聡「?」

律「これだよこれっ!! きゃはっ!!」


聡「これって…

  ギニュー隊長がどうかしたの…?」

律「ボディチェンジだ!」

聡「はぁ?」

律「ボディチェンジを習得すれば澪に抱きついたり撫でられたりするのも夢じゃないぞ!!」

聡「さっき現実とフィクションの区別つけろとか言ってなかった…?」



79 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:12:41.14 ID:gLm5.us0

ボディチェンジとは

ドラゴンボールの人気キャラクター、ギニュー特戦隊の隊長ギニューの使う他人と体を入れ替える技である。

「チェーンジ!」と叫ぶことで目の前の対象と自身と体を入れ替える。

余談ではあるがギニュー特戦隊5人の名前は全て乳製品が元になっている。

ギニュー隊長の名前の元はもちろん 「牛乳」 (←今回のテーマだよん☆)



律「つまりだな、ボディチェンジをつかって唯や梓と入れ替われば…ふっ ふふふっ」 ニヤニヤ

聡「姉ちゃん…そもそもさ、ボディチェンジなんてできないだろ…」

律「聡… あきらめたらそこで試合終了だぜ?」

聡「同じジャンプ漫画の名台詞でごまかされても…」


さわ子「その意気やよしっ!!!!」 ガラッ

律聡「うわぁあっ!!!!」

さわ子「何よ、そんなに驚いて!失礼しちゃうわね!」

律「あんた本当に神出鬼没だなっ!」

聡「…姉ちゃん知り合いなの?」

律「ああ、私の学校の教師で軽音部の顧問」

聡「ああ…軽音部…なるほど」

律「? 何、納得してるんだ?」

聡(姉ちゃんの軽音部って変わり者しかいないらしいもんな、納得)



80 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:13:48.44 ID:gLm5.us0

律「それより、さわちゃん!このタイミングで出てきたと言う事は…」

さわ子「ええ!りっちゃんを修行につけてボディチェンジを習得させてあげるわ!」

律「わあ!!」

聡「なんでもありか」

さわ子「可愛い教え子が困ってるんですもの、放っておけないわよね

     桜高の武天老師と呼ばれたこの私に任せて頂戴!」

律「桜高の武天老師…!!

  でも男には?」

さわ子「無縁教師!! って何言わせるの、りっちゃん!」


さわ子「早速、明日の朝から修行を始めるわ!

     最初はこの亀の甲羅を背負って牛乳(←今回のテーマよ☆)配達ね!」

律「わかりました!」

聡(迷走してるなあ…)



律(こうして私の苦しい修行の日々が始まったんだ…

  けどその辺の描写は今回は関係ないから省略するよん


  そうして…ついに)



81 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:14:55.85 ID:gLm5.us0

あくる日の放課後!


唯「ふ~んふんふふ~ん♪」

律「唯、唯 ちょっと来てくれ」

唯「ほぇ? りっちゃんどうしたの?」


トイレ!

律「お願いっ!一日でいいんだ!唯の体貸してくれ!この通り!」

唯「へ?」

律(色々考えたが…無理やり入れ替わったりしても問題だし…

  やっぱりこうやって正面から頼み込むしかないよな…)

唯「りっちゃん…体を貸してだなんて…

  私、えっちな事はちょっと…ごめんね」 テレテレ

律「すまん、言い方が悪かった」



82 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:15:32.87 ID:gLm5.us0

かくかくしかじか

唯「ほうほう、ボディチェンジ」

律「そうそう、ボディチェンジ」

唯「りっちゃん!そんな事できるの!?すごい!!」

律「へへん、まあな~」

唯「体が入れ替わるなんて…なんだか面白そうだね!私やってみたい!!」

律「! 本当か!?」

唯「うん!」


律「よ、よし! それなら善は急げだ

  行くぞ!唯!!」

唯「うん!来てりっちゃん!!」


律「ちぇーんじっ!!!」 ボウッ!!

唯「!!」



83 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:16:20.73 ID:gLm5.us0

律「…」

唯「…」

律「えっと…あ、あれ… 私?」

唯「ふ、ふっふっふ…」

律「も、もしかしてりっちゃん…本当に!」

唯(律)「ああ成功だ!!」

律(唯)「ちょっと鏡見てくる!!」


律(唯)「うおっ!!本当に私りっちゃんになってる!!

     すごいすごい!!!りっちゃんすごいよ!!!」

唯(律)「ああ!私も初めて使ったけど…成功みたいだな!

     あの苦しい修行に耐えた甲斐があったってもんだ…

     これで心おきなく澪に…」

律(唯)「? 澪ちゃん? あ、そう言えばりっちゃんはどうして私と入れ替わりたかったの?」

唯(律)「えっ… えっと それは…(澪に抱きつきたかったからなんて言えないよな…)」



84 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:17:10.19 ID:gLm5.us0

唯(律)「えっとな…そ、そう!皆をびっくりさせたくてさ!」

律(唯)「びっくり?」

唯(律)「そうそう!普段と変わらない部活なのに

     実は!誰かと誰かが入れ替わってましたー!

     ってびっくりするだろ?」

律(唯)「うおぉ!それはびっくりだね!」

唯(律)「でも澪や梓は真面目だからこういう事に付き合ってくれそうにないだろ?

     それで唯が一番頼みやすかったって言うか…そんな感じだよ、うん!」

律(唯)「そっかぁ、何か面白そうだね!」

唯(律)(なんとか誤魔化せたか…? 唯が能天気でよかった)



85 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:17:57.69 ID:gLm5.us0

律(唯)「えっと じゃあ今日はこのまま部活に行くの?」

唯(律)「そうだ!」

律(唯)「えぇ…私ドラム出来るかなぁ…」

唯(律)「あっ…しまった…私もギターなんて出来ないな…その辺は全然考えてなかった…」

律(唯)「それに私りっちゃんの真似なんて…」

唯(律)「うーん、ま 確かにさっきからちょっと違和感あるな…

     ちょっとやってみ」

律(唯)「えっと……

     イエエーイ!!軽音部一の美少女、田井中りっちゃんだよ!!」

唯(律)「…」

律(唯)「…」

唯(律)「わ…私ってそんな感じか…?」

律(唯)「た、たぶんこんな感じだよ!」

唯(律)「うぅ…なんだ…この居た堪れない気持ちは…」



86 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:18:43.54 ID:gLm5.us0

律(唯)「そうだ、りっちゃんもやってみてよ~私の真似~」

唯(律)「…」


唯(律)「えへへ~」 ニヘラ~

律(唯)「!」

唯(律)「うい~アイス~」

律(唯)「わ、私だ!!」

唯(律)「ええ……ア~イ~ス~!」

律(唯)「!! アイス食べたいけど憂に「ご飯食べてから」って言われた私だ!!」

唯(律)「!! うぅ…ごめんなさい!」 ウルウル

律(唯)「怒られてる!! 私が憂にわがまま言って怒られてるよ!!」

唯(律)「わあ!本当に!!うい~大好きだよ!!」 ギュッ

律(唯)「くぁ!! 見える!見えるよりっちゃん!私には抱きつかれてる憂が見える!!」


唯(律)「…と、まあこんな感じだな」

律(唯)「すごいよ!りっちゃん!完全に私になりきってたよ!!

     モノマネとかそっくりさんの域を通り越してたよ!!

     はっ!! もしかして平沢唯ご本人でしたか?」

唯(律)「いや、ご本人はお前だろ…」



87 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:19:27.21 ID:gLm5.us0

唯(律)「ま、ギターさえ弾かなきゃ完璧だな」

律(唯)「どうしよう…私そこまでなりきれる自身無い…」

唯(律)「しょうがないなぁ… うーんと…」

唯(律)(でも考えてみれば唯本人がその場にいない方がいろいろやりやすいかな…)

唯(律)「よし! とりあえず唯はここで待機で」

律(唯)「えっ えええ!そんな… やだよ~

     私毎日この時間が楽しみで来てるのに…」

唯(律)「唯… そうだよな…

     やっぱり唯にとっても部活の時間は大切な時間だもんな ごめんな…」


律(唯)「今日のお菓子は何かなって毎日毎日楽しみなんだよ~」 じゅるり

唯(律)「私のごめんなを返せ」

律(唯)「でへへ…でもね!皆と一緒にお話したり練習したりする時間が楽しいのは本当だよ!」 ニコッ

唯(律)「そうだよな 私だって皆といる時間は楽しいし…大切にしないとダメだよな…

     はは、こんな簡単な事、唯に教えられるなんて…


     まったく いざとなったらチョコレートパフェで買収しようとしてた自分が恥かしいよ」

律(唯)「大人しくしてます!!」 フンスッ

唯(律)「えぇっ!」

律(唯)「何してるの!りっちゃん!!早く部活行ってきなよ!!」

唯(律)「扱いやすっ!!」



88 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:20:23.59 ID:gLm5.us0

ぶしつまえ

唯(律)「思いのほか、簡単に事が運んでしまった…」

唯(律)「しっかし!今回はここからが本番だ…!

     ちゃんとシュミレートしておかないとな…

     私は平沢唯…平沢唯…」

スタスタ…

澪「? 何してるんだ、唯

  部室入らないのか?」

唯(律)「うぇっ!? 澪!?!」

澪「…ん? 澪?」

唯(律)「あ…いや…その! 澪ちゃんっ!!」 アワアワ

澪「…?何慌ててるんだよ、唯」 クスッ

唯(律)「べ、別に!? 何もないよ!?」

澪「? 変な奴だな ま、何もないなら気にしないよ

  ほら、部室行くぞ」

唯(律)「う、うん」

唯(律)(あっぶねぇ…)



89 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:21:12.71 ID:gLm5.us0

ぶしつ!

ガチャ


紬「あ、澪ちゃん唯ちゃん」

澪「よっ ムギ」

唯(律)「おいっす! ムギ…ちゃん!」

紬「今、お茶入れるわね~」 サッ

澪「ありがと」 キョロキョロ

澪「? 律と梓はまだ来てないのか?」

紬「うん、りっちゃんは今日はまだ見てないわ

  梓ちゃんはさっき少しだけ来てたんだけど…またすぐ行っちゃった

  ジャズ研の手伝いを頼まれてるんだって」

唯(律)(ほう…梓はジャズ研に)

澪「そっか、じゃあ遅くなるのかな」

紬「たぶん」 チラッ

紬 ジーッ

唯(律)「ん?」

唯(律)(あ、あれ?何でムギこっち見てるんだ…?

     も、もしかして…バレた? い、いやまさか…)



90 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:22:03.47 ID:gLm5.us0

唯(律)「どうしたのムギちゃん?」

紬「唯ちゃん、梓ちゃんが居なくて寂しくないかなって」

唯(律)「えっ あっ」

唯(律)「そ、そうだね 私、あずにゃんが居なくて寂しいよ~」

唯(律)(いざ入れ替わってみると…意外に難しいな…

     そもそも梓がいないなんて想定外だったし…)


唯(律)(ん、待てよ… でもこの状況は結構使えるんじゃ…)


唯(律) チラッ

澪「?」

唯(律)「みおちゃ~ん!!」 ダキッ

澪「ひゃっ! えっ!?」

唯(律)「私あずにゃんが居なくて寂しいよ~慰めて~!」 スリスリ~

澪「わっわっ な、なんだ急に?!」

紬「まあまあまあまあ」 ポワ ポワ

唯(律)(うしし…役得役得) ニヤニヤ



91 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:23:02.97 ID:gLm5.us0

澪「こ、こら 唯! は、はなせ!」 アセアセ

唯(律)(やっぱり唯の姿だと強く拒否しないな…むぅ…

     ようしっ!ここは思いきって!)

唯(律)「みおちゃ~ん!!」 ギュギュッ

澪「ひゃあっ!」

唯(律)「~♪」 サワサワ

澪「ちょ、ちょっ唯 ど、どこ触って!!」


澪「む、ムギ!助けて!」

紬「うふふ~♪」 ポワ ポワ

澪(聞こえてないっ!?)


澪「ひゃうん! そ、そこは…」

唯(律)「うふふ~」 サワサワ

澪「わ、わざとやってないかっ!?」

唯(律)(ここまでやっても…大丈夫か…なら!)

唯(律)「え~い」 モミッ

澪「っ…」 ピキッ

澪「りつ~!!!」

ゴツンッ!!

唯(律)「いてっ!!!」



92 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:23:45.25 ID:gLm5.us0

唯(律)「う…うぅ…」 ウルウル

澪「はっ!ご、ごめんつい…

  で、でも唯も悪いんだぞ!胸なんて触るから…」

唯(律)「そ、それより…いま律って…」 イタタ…

澪「えっ? あっ…確かに…

  いや…何かさっきの唯が律に似てたから…つい口に…」

唯(律)(バレてるわけじゃないんだな…)

唯(律)(しかし唯の姿でも直に胸はダメだったか…)

澪「……唯?」

唯(律)(あっと…ちゃんとフォローしとかなくっちゃな)

唯(律)「…ご、ごめんね、澪ちゃん!私やりすぎちゃったよ…」 ゴシゴシ

澪「あ…うん、わかってくれたらいいんだけどな」

唯(律)「えへへ~ごめんね」

澪「ああ、今度からは気をつけてくれよ」


紬「いい物を見せてもらいました~♪」

澪「…ムギも見てないで助けてくれよ…」

紬「うふふ、ごめんなさい」



93 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:24:35.37 ID:gLm5.us0

ガチャ

律(唯)「りっちゃん、遅い~…私お腹空いちゃったのにぃ」

唯澪紬「へ?」

律(唯)「ほぇ?」


唯(律)「ちょっ、ちょっとこい!」 ダッ!

律(唯)「え、え?どうして?」

タッタッタ…


紬澪 パチクリ

紬「? りっちゃんと唯ちゃんどうしたのかしら?

  お茶も飲まずに…」

澪「さあ…?」



94 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:25:38.48 ID:gLm5.us0

トイレ!

律(唯)「ぜぇぜぇ…りっちゃん、どうしたの?」

唯(律)「やっぱ 唯はダメだな」

律(唯)「!? いきなりダメだし!?」 ガーン

唯(律)(唯のキャラクターなら抱きつき放題だと思ったのに…)

律(唯)「りっちゃん?」

唯(律)「唯、戻るぞ」

律(唯)「えっ さっき出てきたところなのに…?」

唯(律)「ちがうちがう、部室に戻るんじゃなくてもとの体に戻るの」

律(唯)「あれ、もう元に戻っちゃうの?」

唯(律)「ああ」

律(唯)「う~ん、私りっちゃんの体になってから何もしてないけど…

     ま、いっか」


唯(律)「ちぇーんじっ!!」 ぼうっ

律(唯)「!」



95 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:26:19.29 ID:gLm5.us0

唯「…」

律「…」

唯「…元に戻った…よね?」

律「よし!これで元通りだな」

唯「う~ん…ずっとトイレに居ただけだから

  私あんまり楽しくなかったや……」

律「うっ…ごめんな唯 チョコレートパフェは今度絶対奢るからさ」

唯「本当!?わあ!! りっちゃん大好きだよ!!」 ギュッ

律「私のモノマネそのまんまか…」


律「それじゃ、部室戻るぞ~」

唯「ほ~い」



96 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:26:54.70 ID:gLm5.us0

ろうか!

梓「それじゃあ、純 後は頑張って」

純「はいは~い ありがとね、梓」


スタスタ…

律「…ん」

律「あれは梓…そう言えばジャズ研の手伝いに行ってるんだったな」

唯「? どしたの?りっちゃん?」

律(唯は気づいてない…)

律「唯、ちょっと先 部室に戻っててくれ」

唯「りっちゃんは?」

律「えっと…ほら 一緒に戻ってくると怪しまれるだろ」

唯「なるほど」

律(我ながら無理があるが…唯なら大丈夫か)

唯「じゃあ、先戻ってるね~」 ニコッ

律「私もすぐに行くって言っておいてくれ」

唯「ほ~い」



97 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:27:41.71 ID:gLm5.us0

トテトテ

梓「? あれ、律先輩 どうしてここに?

  えっと…部活はどうしたんですか?」

律「部室には…梓と一緒に行きたくて…待ってたの…」 ウルウル

梓「うわぁ……気持ち悪いんでやめてください……」

律「おぉい! リアルにひくなよ! 傷つくだろ!」

梓「はいはい、ところで本当にどうしたんです?」

律「ちょっと梓に相談があってな」

梓「相談?」

律(さて…ここからどうするかだな

  梓は唯と違って強敵だ…う~ん…)

律「梓、もし私と体が入れ替われるとしたらどうだ?」

梓「遠慮します」

律「ですわよね~」

律(う~ん… これは正面から頼み込んでも厳しいか…)



98 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:28:26.17 ID:gLm5.us0

梓「いきなりどうしたんですか? そんな事聞いて…」

律「えっとだな……

  そう、梓は将来きっと頼れる先輩…つまり私みたいになりたいだろうと…」

梓「なりたくないです」

律「おい」

律(ん…待てよ)

律「私じゃないなら誰みたいになりたい?」

梓「? …そうですね… 頼れる先輩って言うなら澪先輩みたいになら…なってみたいかも…」

律(! これだっ!)

律「なってみたくないか?」

梓「えっ?」

律「澪になってみたくないか?」

梓「い、意味がよくわかりませんが…詳しく聞きましょう」



99 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:28:58.95 ID:gLm5.us0

かくかくしかじか

律「と、言うわけで私はボディチェンジを習得したのだっ!!」

梓「はぁ…そうですか…」

律「なんだ、その冷めた目は!」

梓「いえ…無駄に変な所で努力してるなと…」

律「よせやい!褒めても何もでないぞ!」

梓「褒めてないです」

律「つまり、私がボディチェンジを上手く使えば梓と澪が入れ替わる事も夢ではない!」

梓「入れ替わるって…澪先輩はどうなるんですかっ!」

律「ちゃんと許可とるって~」

梓「で、でも…」

律「何もずっと入れ替わるって訳じゃないしさ、一日だけ一日だけ」

梓「い、一日だけ…」

律(後一押しか…)



100 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:29:47.16 ID:gLm5.us0

律「……体験してみたくないか」

梓「えっ」

律「澪のアレの大きさをだよ」

梓「あ、アレ…それって…」

律「あの大きさは他には無いぞ~、

  ずっしりふわふわ 産地直送…

  梓ちゃ~んにとってはちょっと憧れじゃあないかなぁ~」

梓「うっ 放って置いてくださいっ!」 プイッ


律「…そっか ならいいや」

梓「えっ」

律「ごめんな 変な話して… 今の話は忘れてくれ」

梓「ちょ、ちょっ」

律「それじゃ、部活行こうぜ」

梓「待ってください!!」

律 ピタッ


梓「の、乗りましょう!」

律 ニヤッ



101 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:30:33.79 ID:gLm5.us0

女子トイレ…

律「よし、じゃあ具体的な流れを説明するぞ」

梓「は、はい…」

律「まずは私と梓が入れ替わる」 カキカキ

 律(梓)  梓(律)  澪(澪)

梓「…絵へたくそですね」

律「ほっとけ」

律「その後、私は澪を説得して澪と入れ替わる」

 律(梓)  梓(澪)  澪(律)

律「それで、最後は澪の姿の私と 私の姿の梓が入れ替われば…」

 律(律)  梓(澪)  澪(梓)

梓「おおっ!完璧ですね!」

律「ああ、戻るときはこれの逆にやればいい」

梓「い、一日だけですからね!」

律「わかってるって て言うか梓が澪の姿でずっといるなんて私が許さん」

梓「ま、まあそれなら…」


律「よしっ、じゃあ早速始めるぞ」

梓「ちゃんと手筈通りにしてくださいよっ!」

律「ま、任せとけって!」


律「ちぇーんじっ!!」 ぼうっ

梓「!!」



102 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:31:24.98 ID:gLm5.us0

律「…」

梓「…」

律(梓)「す、すごい…本当に入れ替わった!?」

梓(律)「ふっ、ふっふっふ もっと褒めろぉ!!」

律(梓)「…私の体で調子に乗らないでください…」

梓(律)「ええ~…」

律(梓)「ええ じゃないです」

梓(律) ピコーン

梓(律)「律先輩って本当に凄いと思います!天才です!」 キラキラキラ

律(梓)「えっ」

梓(律)「美人で優しくてかっこよくて!本当に頼りになる部長って感じで!

     私本当に憧れちゃいます!!」 キラキラキラ

律(梓)「や、やめてくださいっ!」 アセアセ

梓(律)「私、将来は律先輩みたいになりたいな~ えへっ」 ニッコリ

律(梓)「そんな事言いませんです!!」



103 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:32:04.73 ID:gLm5.us0

律(梓)「とにかくやめてください!」 ガシッ ググッ

梓(律)「えっ わわっ ちょ、ちょ ギブギブ!」

律(梓)「あ、今は私が律先輩の体ですから

     力でなら私が勝っちゃいますね」 パッ

梓(律)「ぜぇぜぇ、私が暴力的みたいに言うな!」


律(梓)「とにかく私の体で変な事しないでくださいよ!」

梓(律)「ぎくぅっ!」

律(梓)「ギクッってなんですかっ!!もう!絶対に変な事しないでくださいね!!」

梓(律)「はいはい」

律(梓)「絶対絶対絶対ですからね!!」

梓(律)「まあ 任せとけって 梓はここで待っててくれ」

律(梓)(今更だけどすごく不安だ…)



104 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:32:44.88 ID:gLm5.us0

ぶしつ!


唯「あずにゃん 早くこないかな~」

紬「そうね~」

澪「梓が来てくれないと また私が唯に抱きつかれちゃうよ」

唯「ほぇ?」

澪「?」


ガチャ

梓(律)「遅れてすみません!」

唯「あ、あずにゃんっ!!」 ガタッ

梓(律)「あっ」

唯「あっずにゃあんっ!!!!!」 ガバッ

梓(律)「ぎゃあああっ!」

唯「あずにゃん!!会いたかったよ~!」 スリスリ~

梓(律)「ちょっ 唯 くるしっ」

唯「あずにゃあん!!」 ギュギュッ

梓(律)「む、ムギ… 先輩 助け」


紬「あらあら うふふ♪」 ポワ ポワ

梓(律)(聞いてねえ!!)



105 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:33:23.98 ID:gLm5.us0

澪「まったく 唯、その辺にしとけ

  梓、困ってるだろ」

唯「おっとと ごめんね、あずにゃん」

梓(律)「ぜぇぜぇ… も、もう…やりすぎ…です」

梓(律)(まったく…私は唯に抱きつかれるために梓になったんじゃないんだぞ!)

澪「さっき私に抱きついた時以上に勢いがあったんじゃないか?」

唯「さっき?」

梓(律)(!! やばっ)

澪「えっ…だからさっき…」

梓(律)「あ、あああああああっ!!!!」

唯澪「!?」

梓(律)「え えと…きょ、今日のお菓子は何かな~?」

唯澪「…」

梓(律)「…」

梓(律)(ご、誤魔化し方間違えたぁあっ!)



106 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:34:08.74 ID:gLm5.us0

唯「あずにゃん…」

梓(律)(っ! 流石に唯には気づかれたかっ!?)

唯「やっぱり、あずにゃんもお菓子楽しみにしてるんだね!」

澪「なんだ、そうなのか」

梓(律)(…あれ)

紬「ふふっ 丁度梓ちゃんの分もお茶入ったわよ」

梓(律)「あ、ありがとう…ございます」

唯「あずにゃん!一緒にケーキ食べよう!!」

梓(律)(助かった…?)

澪「ふふっ 梓もこの空気に毒されてきたのかもな」 クスッ

梓(律)(あっ…

     しまった!これじゃあ澪に褒めてもらえない!

     ナデナデして貰えないじゃん!!)

梓(律)「や、やっぱり練習しますよ!!!練習!!!」

唯紬「ええっ」 ガガーン!!



107 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:34:59.11 ID:gLm5.us0

唯「で、でもでもあずにゃん来てから一杯もお茶飲んでないし…」

梓(律)「練習!練習です!」

紬「あ、梓ちゃんの分のケーキもちゃんとあるし…」

梓(律)「ダメです!!練習が先です!!」


梓(律)(きっとこれなら…) チラッ

澪「…」

梓(律)(あれ? な、何か機嫌悪い…?)

澪「梓… そんなに焦らなくてもいいんじゃないか…?」

梓(律)「えっ…」

澪「梓の言うとおり…確かに練習も大事だと思う…

  でも前にも言ったけど… ティータイムも私達の大切な時間なんだっ」

梓(律)(…お…怒られてる…?)

唯「澪ちゃん…」

紬「…」

澪「だから…」

梓(律)(ど、どうして…こ、こんなはずじゃ…)

梓(律)「…」

澪「? …梓?」

梓(律)「……ぐすっ」 ウルウル



108 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:35:30.39 ID:gLm5.us0

澪「!!」

梓(律)「そんなこといわれたって… じゃ、じゃあどうすればぁ…ぐすっ」 ウルウル

梓(律)(澪を怒らせるつもりなんて…無かったのに…)

梓(律)「うわぁあん…」

唯「あずにゃん…」

紬「…」


梓(律)「うっ ううっ…」 グスグス

ナデナデ

梓(律)「えっ…」

澪「ご、ごめんな…梓…言い過ぎたよ…」 ナデナデ

梓(律)「澪……先輩…」

澪「梓は…私達の事 一生懸命考えて言ってくれてたんだもんな…」 ナデナデ

梓(律)(いや すまん、澪 何も考えてなかった)

梓(律)(でも……何か幸せだ……) ギュッ

澪「! …ふふっ」

澪「よしよし」 ナデナデ

梓(律)「えへへ…」


唯「澪ちゃんいいなぁ…」

紬「うふふ」 ポワ ポワ



109 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:36:22.87 ID:gLm5.us0

澪「…落ち着いたか?」

梓(律)「えっと……はい… すみません…お騒がせしました…」

澪「いいんだよ 私達仲間だろ?」

梓(律)「……はい」

澪「ティータイムだって大事な時間だ…それはわかってくれ、な?」

梓(律)「はい…」

澪「でもまあ 梓の言う事も一理あるよ」

梓(律)「えっと…そ、そうですよね!」

澪「たまにはティータイム無しでずっと練習するのもいいかもな!!」

梓(律)「え」

澪「よし!そうと決まれば…皆、今日は充実した練習をしよう!!」

唯「そうだね!あずにゃんのためだもん!」

紬「うん!たまにはいいかも」


梓(律)(ちょ ちょっと待てよ…

     澪に撫でられるって当初の目的は達成したが…

     練習…するって…… それって…)


梓(律)(やっべええええええ!!!!!!私ギター弾けねえ!!!!!)



110 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:37:06.19 ID:gLm5.us0

唯「はい!あずにゃんのギターだよ!ほいっ」

梓(律)「え… あ… どうも…」

梓(律)(や、やべえ… ど、どうしよ…逃げれねえ…)

澪「さあ梓!練習しよう!」 キラリッ

梓(律)(ちくしょう!人の気も知らないでいい顔しやがって!

     て言うか元々は私が言い出したことだけど…)

梓(律)「あの… えと… その…」

梓(律)「律先輩!」

澪「?」

梓(律)「ほら、律先輩もまだ来てませんし!

     その…練習するのは皆揃ってからでもいいんじゃないかなぁ…なんて」

澪「え、でも…梓が練習しようって…」

梓(律)「ははは…そうでした…」

紬「でも…確かにりっちゃん遅いわね」

澪「まったく…どこをほっつき歩いてるんだか…」

梓(律)(実はここにいたりして…)

唯「う~ん…さっきまで一緒にいたんだけどなぁ…」

梓(律)(やべぇっ!!)



111 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:37:54.68 ID:gLm5.us0

澪「? ああ、そう言えば…

  唯はさっき律と一緒に出て行ってたけど…アレはなんだったんだ?」

梓(律)「あ あ あの えと そ、それは!」

唯「りっちゃんとボディチェンジで遊んでたんだよ!」

梓(律)「ちょっ!!」

澪「ボディチェンジ?」

唯「うん! 私とりっちゃんの体を入れ替えてたんだ!」

紬「体を…入れ替えてた…?」

唯「そう! りっちゃんが「ちぇ~んじ!」って叫ぶと体が入れ替わるんだよ!」

澪「そんな変な話あるわけ…」

梓(律)「で、ですよねー! はは…」

唯「で、でも確かに…」


ガチャ

律(梓)「ちょっと律先輩!!遅いですよ!何やってるんですかっ!!!」

澪紬唯「!!」

梓(律)「ばかあああああっ!!!」



112 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:38:31.74 ID:gLm5.us0

梓(律)「梓!お前なんてタイミングでっ!!」

澪「梓…?」

梓(律)「!…しまっ…」

律(梓)「梓は私です」

紬「えっと…ってことは…じゃあ今りっちゃんが律先輩って言ったのは…もしかして…」

唯「りっちゃんとあずにゃんの体が入れ替わってたんだね!」

律(梓)「そうです! 律先輩!変な事はしてないですよね!」

澪「…」

梓(律)「…は…ははは…」

澪「りぃいいいつぅうう!」


梓(律)「に、にげろぉ!!」 ダッ

澪「あっ!こら 待て 律!!!」



113 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:39:10.17 ID:gLm5.us0

ろうか!

澪「こら律っ!!!!」 タッタッタ


梓(律)「ひっ」 タッタッタ


澪「唯も梓も様子がおかしいと思ったら!!

  お前の仕業だったのかっ!!」 タッタッタ


梓(律)「あわわわわ…」 タッタッタ


澪「また私をからかってたのかっ!」 タッタッタ


梓(律)「そ、そんなつもりじゃあ…」 タッタッタ


澪「いつもいつも!!律はっ!!」 タッタッタ


梓(律)「うう…」 タッタッタ


澪「今日と言う今日は許さないっ!!」 タッタッタ


梓(律)「ひいいい!お助け~!!」 タッタッタ



114 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:39:42.24 ID:gLm5.us0

曲がり角!


梓(律)「ぜぇぜぇ…」


和「ん?」

梓(律)「和!」

和「梓ちゃん…?」

梓(律)「そうだ…」

和「ちょっと廊下は走ったら」

梓(律)「すまん!和!」


「ちぇ~んじっ!!」

澪「ん!?」 タッタッタ


和「いたた…」

澪「…」



115 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:40:10.25 ID:gLm5.us0

和「澪…?」

澪「ふっ…騙されないぞ」

和「え?」

澪「唯から聞いてるからな

  律が「ちぇんじ!」って言うと体が入れ替わるって事は!」

和「ちょっと、何いって…」

澪「さあ観念しろ!律!!」

和「えっ ええ…どういう事…?」


ものかげ

梓(律)「すまん…和」 タッタッタ



116 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:40:46.90 ID:gLm5.us0

ろうか!

梓(律)「和のおかげで助かった…」


律(梓)「へー、それは良かったですね」

梓(律)「ああ、ほんと良かった良かった…

     って梓っ!!!」

律(梓)「律先輩っ!!私の体で一体何したんですかっ!!!」

梓(律)「っ!」 ダッ

律(梓)「逃げようとしても無駄ですよ!!」 ガシッ

梓(律)「!? 何っ!」

律(梓)「忘れたんですか? 今の体なら私の方が力は上です!」

梓(律)「く、くっそ~…」

律(梓)「観念してくださいっ!!!」

梓(律)「わかった……降参する…だから離してくれ…」

律(梓)「…本当ですか?」

梓(律)「本当に本当だって…許してくれ!この通り!」

律(梓)「まあいいでしょう…また逃げようとしても同じ事だし」



117 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:41:54.22 ID:gLm5.us0

梓(律)「本当にすまん!!

     梓には本当、悪い事したと思ってる!」

律(梓)「い、一体何したんですか!さっきから気になってるんですけど…」

梓(律)「そうだな…

     例えば… こんな格好とかしたっけ…」

律(梓)「格好!? ま、まさか恥かしい格好したりなんか…」

梓(律)「よっと」 グッ

律(梓)「へ?」

梓(律)「こんな感じだったかな」

律(梓)「ブリッジ…?」

梓(律)「そうだ!ブリッジだ!」

律(梓)「…はぁ…律先輩にはあきれま…」

梓(律) ニヤッ

律(梓)「!! まさかっ」


梓(律)「そのまさかさ!

      ちぇーんじっ!!!」 ぼうっ



118 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:42:25.94 ID:gLm5.us0

梓「なっ!!っ!! 元に…戻ったっ!」

律「じゃあな!梓!!後はよろしく!」 タッタッタッ


梓「っ! は、早く立ち上がらないと…」

梓「ああっ!この体勢キツ…」

純「…」

梓「あ…」

純「…何してんの…梓?」

梓「えと…その…ブリッジ?」

純「そっか……頑張って…」 スタスタ

梓「…」

梓「…」 プルプルプル

梓「りつせんぱいっ!!!!!!!」



119 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:42:55.35 ID:gLm5.us0



律「…しかしこのままだと追い詰められるのは時間の問題か」

律「…」

律「はは…て言うか何逃げてるんだ、私は…」

律「……悪いのは私なんだから…逃げちゃダメだろ…」

律「……でも」

?「りっちゃん」

律「!!」

?「ふふっ」



120 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:43:27.09 ID:gLm5.us0



澪「和ごめん!!」

和「いいわよ、誤解はとけたんだし…

  それに今回は悪いのは律でしょ」

澪「…う、うん…」

和「…澪?」

澪「…」

和「顔色悪いわよ?」

澪「…えっ ああ…」

和「…何があったかは知らないけど…

  きっと仲直りできるわよ」

澪「そう…だよな」

和「でもあまり無理しちゃだめよ?」

澪「うん、ありがとう和

  ちょっと部室で休んでるよ」



121 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:44:37.59 ID:gLm5.us0

ぶしつ!

ガチャ

澪「!!」


律「…」

澪「りつ!…って えっと今は梓だったっけ」

律「違うよ、梓とは元に戻ったから」

澪「って事は…りつっ!!」

律「澪…」

澪「色々言いたいことはあるけどっ!!

  人に迷惑かけたらダメだろっ!!

  何考えてるんだよお前!!」

律「…あ…その…えっと」

澪「答えろっ!!」

律「み、澪ちゃん…り…りこぴーん!」

澪「…」

律「…」

澪「っ… こんな時にっ!」

律「あ、あら 違ったかしら ごめんなさ

澪「りぃつぅう!!」

ゴツン!!



122 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:45:16.19 ID:gLm5.us0

律「イタタ…」

澪「たっく…」

律「痛かったけど…でも…えへへ…」

澪「こんな時に何で笑って…」

律「あ、ごめんなさい 澪ちゃん!」

澪「ん?あれ? …澪……ちゃん?」

律「うん 澪ちゃん」 ニコッ

澪「あ?え? 嘘 もしかして…」

律(紬)「私で~す」

澪「ムギっ!?!」


律(紬)「うふふ」

澪「ほ、本当にムギなのか!?」

律(紬)「ええ!何だか楽しそうだったから私も混ぜてもらっちゃった!

     あ!澪ちゃんのげんこつ凄いねっ!!」

澪「あああっ!ご、ごごごめんムギっ!!!」

律(紬)「ううん!いいのよ!

     私澪ちゃんに一度叩かれてみたかったから気にしないで!」



123 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:45:55.45 ID:gLm5.us0

澪「あれ…でもムギがここにいるって事は…本物の律は…」

律(紬)「今は私の体で梓ちゃん達に追いかけられてるんじゃないかしら」




紬(律)「ひいいっ」 タッタッタ

梓「律先輩!!まちなさ~いっ!!!!」 タッタッタ

唯「あずにゃん、まって~!」 タッタッタ



律(紬)「うふふ」

澪「…そっか」

律(紬)「…」

澪「…」

律(紬)「不安?」

澪「えっ」

律(紬)「澪ちゃん、不安なのかなって」



124 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:46:49.02 ID:gLm5.us0

澪「そ、そんなこと…」

律(紬)「澪ちゃん、朝から機嫌悪かったでしょ?」

澪「えっと…」

律(紬)「普段なら手を出さない唯ちゃんに手を出しちゃったり…

     梓ちゃんについキツく言っちゃったり…」

澪「そ、それは…中身が律だったから…」

律(紬)「…そうだけ?」

澪「…」

律(紬)「でもそれだと…

     中身がりっちゃんなら手を出したりキツく言ってもいいのかしら」

澪「えっ あっ…そ、それは…」

律(紬)「…」

澪「でも律とは…幼馴染で…」

律(紬)「りっちゃんもね、不安なんだと思う」

澪「えっ…」



125 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:47:30.85 ID:gLm5.us0

律(紬)「りっちゃんも…澪ちゃんと同じように不安なんだって私はそう思う」

澪「で…でも…いつもそんな風には…」

律(紬)「幼馴染だからわかる?」

澪「うん……そのつもり…だけど…」

律(紬)「ふふっ 二人は信頼しあってるのね 羨ましいわ~♪」 ポワ ポワ

澪「そ、そんなんじゃ」 テレテレ

律(紬)「…澪ちゃん、人は誰にでもね

     誰かにしか見せない顔と…誰かには見せたくない顔があるんだって」

澪「…?」

律(紬)「りっちゃんは、澪ちゃんにしか見せない顔があるように…

     きっと 澪ちゃんには見せたくない顔があるんじゃないかしら」

澪「見せたくない顔…」

律(紬)「その1つが不安な顔

     きっとりっちゃんは澪ちゃんに心配かけたくないのよ」

澪「…そんなの…」

律(紬)「でも、それが澪ちゃんには不安なのよね

     不安な顔を隠されると逆に心配になっちゃうものね」 ニコッ

澪「うん…」



126 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:48:22.36 ID:gLm5.us0

律(紬)「それとこっちが本題なんだけど

     もう1つ、りっちゃんが澪ちゃんに見せようとしない顔…」

澪「もう1つ…」

律(紬)「それが… 今回のりっちゃんの動機」

澪「…」

律(紬)「きっと りっちゃんは…」





紬(律)「はぁはぁ… そう言えばムギ、体力はあまり… ぜぇぜぇ」

梓「追い詰めましたよ!!律先輩!!」

唯「ぜぇぜぇ…」


紬(律)「あ、梓は元気そうだな… ハァハァ…」

梓「ふふん! 当然です!鍛え方が違いますから!」

紬(律)「そっか…なら…」 ニヤリッ


紬(律)「ちぇーんじっ!!」 ぼうっ



127 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:49:01.80 ID:gLm5.us0

ぶしつ!

ガチャ!

唯「…」

梓「…」


澪「!! 唯、梓!」

律(紬)「二人とも、おかえり~」


梓「ふっふっふ」

唯「あずにゃん…」

澪「? ところで律は?」

梓「ここにいます」

澪「?」 キョロキョロ

澪「ここって…?」

梓「だからここですよ ここ」


梓「私の手元です!」

トンちゃん「…」 ジタバタ

澪「え」



128 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:49:36.40 ID:gLm5.us0



澪「なるほど… つまりボディチェンジを使って逃げられるとキリが無いから

  持久力の少ないムギが協力するフリをして…追い詰めやすくして…

  そして追い詰めたら律は ボディチェンジをしようとするから…そこで」

梓「トンちゃんの出番です!」

紬(トンちゃん)「…」

律(紬)「ふふっ トンちゃ~ん」

紬(トンちゃん)「?」 キョトン


トンちゃん(律)「…」 コン コン コン

唯「りっちゃん、水槽から出して欲しそうだけど」

澪「しばらくそこで反省してろ!」

トンちゃん(律)「…」 シュン

澪「やれやれ…まったく…」



129 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:50:17.01 ID:gLm5.us0

唯「でも…大丈夫かなぁ…

  ボディチェンジは…「ボディチェンジ!」って発声しないとダメなんだよね?

  トンちゃんの姿だと声が出せないんじゃあ…」

澪「はは、大丈夫だろ」

梓「あっ…」

澪「えっ…」

梓「やっちゃいました☆」

澪「……そ、そんな…じゃあ律は一生このまま…なのか?」

トンちゃん(律)「…!!」 ブンブン


ガチャ!

さわ子「大丈夫よ!!こんな事もあろうかと思って亀が喋れる様になる機械を作っておいたわ!

     だいたいウミガメが喋れてスッポンモドキが喋れない道理はないものね!」

唯紬澪「…」

梓「何でもありですか」



130 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:50:54.64 ID:gLm5.us0

かえりみち…


律「死ぬかと思った~!!」

澪「自業自得だろ」

律「うぅ…まぁ…そうだけどさぁ…」


澪「…」


( 律(紬)「きっとりっちゃんは甘えたいんじゃないかしら」 )

( 律(紬)「普段の自分の顔だと甘え足りないから…

       だから唯ちゃんの姿で澪ちゃんに抱きついたり…

       梓ちゃんの姿で澪ちゃんの気をひこうとしたんだと思うわ」 )

( 澪「あれは…唯や梓になりきる演技…とかじゃあ…なかったのか…?」 )

( 律(紬)「演技もあるかも… けど殴られた時に流した涙や…

       怒鳴られた時に流した涙は…きっと演技じゃないと思うから」 )

( 澪「……律…」 )

( 律(紬)「だから今日は少しだけりっちゃんに優しくしてあげて」 )


澪「律…」

律「ん?」

ギュッ

律「えっ」



131 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:51:43.93 ID:gLm5.us0

澪「ごめんな、律…」 ナデナデ

律「みお…?」

澪「…ずっと我慢してたんだよな? 偉かったな…」 ナデナデ

律「な…なあっ! ば、馬鹿にするなぁっ!」

律「私は…私はなぁっ!」 ウルウル

律「ぐすっ」

律「うわぁあん!寂しかったよぉ!!澪ぉ!!」 ギュッ

澪「よしよし」

律「うぇえん…」

澪「やっと見せてくれたな…泣き顔」 ナデナデ

律「えっぐ…ぐずっ」

澪「不安ならさ…ちゃんと話してくれよ

  それか見せてくれ そうしてくれたら…

  こうやって答える事ができるんだからさ」 ナデナデ

律「……うん!」

澪「よしよし」 ナデナデ

律「…」


モミモミ

澪「…」

律「…」 モミモミ


澪「りぃいいいいいいいいつぅうううううううう!!!!!!!!!」

律「キャハッ☆」


ゴツンっ!!



132 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:52:24.80 ID:gLm5.us0

律「いたたたたた…」

澪「まったく…心配して損した!」

律「ええ!澪しゃん酷い!」

澪「…」

律「…」

澪「ふふっ」

律「ぷっ」

澪「ふふっふふふっ」

律「あははははっ」


澪「帰ろっか」

律「おう!」

律「…そうだ!手繋いで帰ろうぜ!」

澪「えっ… う、うん…」

ギュッ

律「♪」

澪「…」 クスッ


おしまいっ



133 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/10/31(日) 03:53:38.13 ID:gLm5.us0

え?牛乳? 何それ、飲めるの?

言いたいことは色々あるかもしれない
なんて言うかテーマの絡め方に問題あったかもしれない

だがそれでもカップリングは澪律だ
誰がなんと言おうと澪律だ

それじゃあ次の方どうぞ、後は任せた




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「牛乳!」#5 律「ボディチェンジ!!」
[ 2010/10/31 11:50 ] 日常系 | 律澪 | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4414 [ 2011/11/20 14:41 ] [ 編集 ]

良作だ...
りっちゃんは寂しがりやでかわぇぇわぁ 澪も良かった!!

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6