SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「短編だよ」#さわ子「18歳未満の少女との淫行はry」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「短編だよ」#さわ子「18歳未満の少女との淫行はry」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278645647/

唯「短編だよ」#憂「ほぉるいん、0」
唯「短編だよ」#唯「仮面のわたし」
唯「短編だよ」#梓「やさぐれ!」
唯「短編だよ」#さわ子「18歳未満の少女との淫行はry」
唯「短編だよ」#澪「ふでペン……はぁ」
唯「短編だよ」#梓「ちょっと変な夢を見てしまっただけ」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 15:41:47.46 ID:9pEjc62o0

さわ子「18歳未満の少女との淫行はry」


「キスがしたいです」

 自分がどんな表情をしていたかわからない。

 耳を疑った。顔が赤くなるのを止めたいのに止められなくて、どうしようもなくて、固まった。
 彼女の手が、こちらに伸びてくる。少しずつ、少しずつ。
 そのときの私は、ドッヂボールで相手の球がこっちへ向かってくるのを待っているときなんかより、
 ずっとずっとずっと神経を尖らせて、来るべき衝撃に身構えていた。
 見た目には呆然としていたかもしれないけれど。





55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 15:46:18.10 ID:9pEjc62o0

「……」

 しかしその手は私の首元の空気を軽く攫って、
 少し躊躇うように円を描いてから、また彼女の方へと戻って行った。
 重い沈黙が頬をぴりぴりと叩きつける。

「ごめんなさ」

「あ、ああああの!」

 ほとんど同時だったと思う。それでも間に合ってよかった。
 きっと、謝られてしまったらもう二度と彼女の口からそんな言葉は聞けない。そう思った。
 大体、彼女は生徒会長のくせに、日本語が下手だ。
 していいですか? とか、しますよ、じゃなく、したいです、って。どう答えればいいのか。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 15:50:33.83 ID:9pEjc62o0

 切り出してみたはいいものの、言葉が続かない。これではさっきの二の舞になってしまう。
 何か、言わなきゃ。

「あ、あのー……なんで?」

 前言を撤回する。私のほうが日本語、下手だ。
 案の定、彼女は予想外すぎるであろう私の言葉に鳩が豆鉄砲喰らったような顔をしている。
 でも、こっちだって予想外だ。



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 15:52:39.16 ID:9pEjc62o0

「……せんせい」

 下を向かれて、ぞっとする。私は、なんてことを言ってしまったのか。なんと無神経極まりない。
 けれど、彼女は私の予想に反して、顔を上げてニッと笑った。どぎまぎする。
 なんなんだ。

「先生、かわいいです」

「は……っ?」

 かわいい、だって?
 そんなことを言われたのは何年振りだろう。少なくとも、教師になる以前、まだ学生だった頃の話だ。
 今の自分はそんなことを言われるに値しないと、少なくとも私はそう思う。

 というか、私はいい大人で教師なので、
 そんなことを生徒に言われて喜んでいいのかどうか。寧ろ悲しむべきかもしれない。
 そのはずなのだが、なんだろう。妙な気持ちになるのは。



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 15:57:07.95 ID:9pEjc62o0

「緊張、してますね」

 笑いながら、そんなことを言う。
 お互い様、のはずなのに、
 彼女のほうが少しばかり余裕を持っているように感じるのは、
 やはり主導権を握られているからなのか。
 認めたくはないけれど。

「好きです」

 ――こないだも聞いたわよ。
 そう、口に出せなかった。唇が震えて。
 かなり情けない。

「私も、」

 掠れた声で小さく言ったら、彼女があんまりに嬉しそうな顔をするから、やばいと思った。
 その顔、見てると胸が痛い。痛いのに、目が離せない。



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 16:03:28.41 ID:9pEjc62o0

「先生……好きです」

 ぎゅうを手を握られる。
 その力は、殺人ギターで鳴らした私にとってはなんてことないはずなのに、
 手が真っ赤になるくらいとても強く感じられた。
 握り返す力はなくて、でも放したくはない。
 いつから私は、こんなふうになってしまったんだろう。

「ごめんなさい」

 私の顔が、困っているようにでも見えたのか。私の想いは虚しく、手は放されてしまった。
 遠慮しいなんだ、彼女は。私は、単に、わけがわからなくなって、なにもできなくなってしまう。

「ごめんなさい」

「ねえ、」

 二度目。
 謝られるたび、距離ができてしまうようで嫌だった。
 彼女は、謝られるようなこと、していない。いつだって私がしたくてできないことをしてくれている。



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 16:09:23.72 ID:9pEjc62o0

「手……、寂しいわ」

 馬鹿な言い方だ。言って、思わず赤面した。
 でも、私には自分から握ることなんて無理だ。

「……いいんですか」

 首を傾げる姿ながら手を差し出す動作を、かわいいと思ってしまった。
 彼女だって威厳あるはずの生徒会長なわけだが。でも、おあいこだ。

「口も」

 寂しい。言いながら、頬を寄せた。

「……へ、」

 多分彼女はものすごく驚いた顔をしていたに違いないのに、
 見たかったのに、私は見ることができなかった。
 こっちもいっぱいいっぱいだった。



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 16:14:10.90 ID:9pEjc62o0

「さわ子さん」

 名前で、しかもさん呼びされた、とかどうでもよかった。

「嫌じゃ、なかったんですか」

「いまさら、何を」

「じゃ、じゃあ」

 いたく興奮した様子の彼女に、少しびびる。しかし次の言葉に、少しどころか思い切りびびった。

「もう一回、しても……いいですか」

 ここで、おかしな顔とかおかしなこととか言ってしまうから、私はだめなんだろう。
 素早く頷く。顔を晒せないから下を向いただけ、ともいえるが。意思の、疎通。ちゃんとしたい。



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 16:16:41.95 ID:9pEjc62o0

「ありがとうございます」

 さわ子さん。
 目を閉じたら、囁かれた耳元が余計にこそばゆくて、身体全体がぞうっとした。
 開けそうになる目を、頑張って閉じた。そして、やさしい衝撃を待った。

「…………」

 掠めた空気は、確かに彼女のものだった。目をゆっくり開ければ、いつもの笑顔。私も笑った。
 これからもずっと一緒に、とか馬鹿な言葉が頭に浮かんで、だめだなあと思った。熱に浮かされている。


 だめだなあ、私。本当に、好きだ。








デビルさわちゃん「おめーきもちわりーんだよこのキモヲタ厨二病!」ゴキャ
俺「きゃいん!」


終わり




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「短編だよ」#さわ子「18歳未満の少女との淫行はry」
[ 2011/10/29 13:00 ] 非日常系 | 和さわ子 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6