SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「変態ってレベルじゃないっ!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「変態ってレベルじゃないっ!」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278685093/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:15:10.31 ID:H4une5Bk0

つい昨日のこと。
何気なしに、つまり暇つぶしで弟の部屋をあさっていた時、
見つけてしまったんだ。

日記と言えなくも無い、走り書きの羅列。
でも、その内容は弟の頭ん中が正常かどうか、よくよく考えて見なきゃいけないものだった。
忘れてしまえれば。
逃げられるのなら。





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:19:11.30 ID:H4une5Bk0

だから、弟を問い詰めた。

律「これ、」

律「なに?」

聡「…」

律「なに?」

弟はその日記帳を目にしたとたん、まるで人間を止めて別の生き物になったみたいに
ゆっくりとした挙動不審にとりつかれていった。
変な呼吸音が、しばらく、その場を支配した。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:22:00.66 ID:H4une5Bk0

だから、もうどうでもよくなったというか、早くこの状況をどうにかしたくて、
弟の前で、私はその日記を読み上げはじめた。

律「『澪姉のでかちんぽを喉奥まで…』」

聡「…」

聡は一瞬、びくっ、って動いた。

けど私はかまわずに、声に出して読み続けた。



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:26:15.35 ID:H4une5Bk0

中身はざっとまとめると、こういう内容だった。
澪になぜか巨大なちんちんが生えていて、それで聡の穴という穴が犯されて、
そして、聡の、自分の小腸の外壁に澪の赤ん坊を孕んでしまう。

かたや、聡も澪の穴という穴を自分のちんちんで犯し、
互いに妊娠してお腹を大きくして、さらに犯しあい、心の奥の奥まで澪の精液付けになる、
そういう内容だった。
(澪も最後は聡の精液で同じように、狂ったみたいになっていた。)



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:29:13.40 ID:H4une5Bk0

ノートの端には、時折稚拙で下手糞な絵が描かれていた。
でも、それが、絡み合い妊娠している聡と澪を表しているってことは、了解できた。

はっきり言って、想像を超えるとか、変態ってレベルを超えた…
だから、私は聡を問い詰めなければいけなかった。
姉として、そうしなければならなかた、
ような、気がした。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:34:40.81 ID:H4une5Bk0

律「これ、こういうこと、お前澪に、」

律「され、たいの?」

聡「…」

聡は汗を顔中から垂らしながら、がくがく、と小刻みに震えていた。
目は見開いたまま、ゆっくりと小刻みに呼吸している、みたい。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:40:42.64 ID:H4une5Bk0

聡が澪を姉のように慕っていて、一人っ子の澪も実の弟のように可愛がっている、ってことは
我が家と秋山家の、いわば公認癒しシチュ、みたいなものになっていたはず。
というか、そんなシチュが存在してる我が家とか澪たち一家との関係とか、
そういうのが当たり前!って幸せを幻想してただけかもしれない。
とすら、もう、思い始めていた。

聡自体も、どちらかといえば明るくて友達も多くて、
確かに澪のことエッチな目で見てるかもしれないけど、
でも、その思いは本当のものだから、それが澪に伝わって、
澪と私が義理の姉妹になれたら、素敵!
って、そういう幸せ妄想に浸ったこともあった。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:43:32.03 ID:H4une5Bk0

でも、聡の中の聡と澪の関係、こうありたいって関係は、まったくの別物だったみたい。
男の子ってみんなこんな感じなの?
それとも、はっきり言っちゃえば、聡が精神病レベルで頭がオカシイからなの?

だから、私は、聡に問い出さなくちゃならなかった。
あの幸せ妄想は、多分、本当に、ただの幸せ妄想なだけだった。
私が、なにも、知らなかっただけ?



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:46:51.69 ID:H4une5Bk0

聡は何も答えなくて、相変わらず、がくがくしてるだけだった。
なのに、それなのに。
逆に、そんな聡を可愛いとすら思ってしまった。
もしかして、私も頭がおかしいの?
頭がオカシイと統合失調なんたらって病気は実は、家族でかかるものなの?
私も、



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:50:44.09 ID:H4une5Bk0

だから、怖くなったから、聡を問い詰めるのを止めた。
「部屋にもどれ」
って言って、追い返した。

ノート、妄想が所狭しと書き込まれたノートを右手で握り締めたまま。
でも、握り締めたところで、状況が良くなるわけでもなかったし、
夢が覚めるみたいに、いつもの日常に落ち着く、ってこともなかった。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:53:24.67 ID:H4une5Bk0

次の日、私は早めに家を出た。
とにかく、学校で一息つきたかった。
だから、澪の家は、駆け足で通り過ぎた、
はずだった。

「あら、りっちゃん?」

澪のお母さんが偶然、玄関に出ていて、私は声をかけられた。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/09(金) 23:58:07.08 ID:H4une5Bk0

澪の姿かたちに天然を加えたような、
そんな澪のお母さんが無邪気に微笑みかけてくれた。

「澪ね、今、ご飯食べているところだから、りっちゃんもあがって、
 待っていてね。」

昨日の聡の、大きく見開いて汗にまみれた目が私の頭の中を走って。
私は、澪のお母さんの言う通り、澪の家の中へと向かっていた。



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:07:20.44 ID:SZxhXKYA0

そして、再び登校する。
隣には澪。
うれしそうににやにや笑いを浮かべてる。
いつものなら、どうしたんだよっ!って
突っ込み半分で乗っかるだろうけど、この昨日の今日では、そうもいかなかった。

澪「聡が、これ、くれたんだ♪」

澪がそういうと見せてきたのは、棒状の形のケータイストラップだった。
よく、よく見れば、ちくわに似せてつくられた、小さなレプリカ。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:15:26.33 ID:SZxhXKYA0

昨日の今日のこと。
私は、聡の意図をすぐに、頭の中で再現しえた気になった。
その竹輪は自分のをイメージしてるのか、それとも、澪のをイメージしてるのか。
女の子の澪がそんなモノを…

澪「おそろいなんだってさ♪」

聡はきっと、安易で独りよがりな盛り上がりと、澪への薄汚い思いに身を任せて、
妄想のままに喜んでいるだけ。
そう、確信した。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:24:57.67 ID:SZxhXKYA0

そして教室、一時間目の休み時間。

和「もう、唯ったら…」

唯「えへへ、ごめーん!」

いつもみたいな、仲の良い友達のやり取り。
でも、それにすら、裏、画され隠された本当の意味があるのでは?
と勘ぐってしまう。
まじめで面倒見良く見える和にも、おバカで純粋に映る唯の表情にも。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:29:17.18 ID:SZxhXKYA0

全ては禽獣が人間の皮をまとっているだけ。
そういう稚拙な表現が頭の中を渦巻く。

唯「あれ、りっちゃん?」

唯「どうしたの?」

唯が心配、"するような"、表情を向けてくる。



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:32:45.14 ID:SZxhXKYA0

律「ん、ああ…んなんでもない。」

唯「…」

唯「えいっ!」

ごつっ!

唯が頭突きをかけてくる。

律「いたっ…」

唯「ご、ごめんっ!でも、熱はないかなぁ…」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:35:46.90 ID:SZxhXKYA0

あ。

和「この時期、悪寒やだるさを覚えたら、すぐに休むか早退しなさいよ。」

紬「そうよ、りっちゃん!」

あ。

澪「そうだぞ、律。」

ああ。



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:40:04.24 ID:SZxhXKYA0

そして放課後、部室。

梓「それはなんだか、心配ですね。」

憂「お姉ちゃん、律さんは部長で色々大変なんだから、我侭言って困らせないようにね。」

澪「我侭を言うのは、むしろ律のほうだけどな。」

ふう。

律「な、なにを言ぅ!」

目にしなかったことにして、日常をもう一回楽しみなおす。
そうなんだ、そういうことなんだ。



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:44:07.41 ID:SZxhXKYA0

帰り道、唯達と別れ、澪と別れ、一人でまた考える。

私は、自分でも友達からも、明るくて活発、って言われてきた。
もちろん、そういうところもあるし、そうでないところもあって。
でも、軸のぶれない、自分のノーマルポジションがあるとするなら、
そういうような基本性格で。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:50:45.33 ID:SZxhXKYA0

そう思い至ると、すごくうれしくなって。
自分の家の前まで来てたけど、澪や唯達の顔がもう一回見たくなって。
だから、澪の家までダッシュして、澪ん家の小母さんはパートでこの時間はいないから、
澪の家のお勝手からまわって、で、澪の部屋まで駆け上がって、
親友にいきなり飛びついてやろう!
そうだ!

階段を駆け上がり、澪の部屋のドアに手をかける!



「さとしっ!!もっと愛して!!」

そして、ドアを五センチ開けたとき、その声音が大きく耳に届いてきた。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 00:58:12.84 ID:SZxhXKYA0

澪の勉強椅子の上で、聡と澪が素っ裸で抱き合っていた。
聡が下で、不自然に、自分より背の高い澪を抱き上げるように。
不自然な体勢で。

今、よくよく、やっとわかり始めてきた。
すべてにおいて稚拙で分かった振りをしていたのは、私だったってことに。
聡のあの妄想すら、何かしらの高い、私には考えも付かぬような意味を持っているって事に。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 01:03:12.68 ID:SZxhXKYA0

聡は切なそうな顔つきで、恥骨を澪のそれにこすりつける。
こすり付けるたびに、澪の両腰から伸ばした足の、さらに足先の間接を
上下に、ひょこ、ひょこ、と動かす。
互いの性器は、どっぷりと交じり合っていて。
聡が足先の間接を動かすたび、澪のまぶたが、ぴく、ぴくと痙攣する。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 01:08:13.24 ID:SZxhXKYA0

聡「もっと、奥に行きたい、澪姉のもっと奥に行きたい!」

そう口にしながら、足先の力強く伸ばす。

澪「無理、むりぃ…!」

聡「もっと奥いきたい!妊娠(はらま)せる…だけじゃ…足りない!」

聡「おく、おくっ!!!」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 01:15:44.04 ID:SZxhXKYA0

そしてまた、せつなそうに恥骨を一層澪へこすり付ける聡。

聡の書いたあの妄想の切れ端はどういう意味なんだろう?
男が妊娠させ、女がその身に孕むんじゃないの?
なのに、なぜ、聡は澪の大きなちんちんに孕まされることを望むの?


五ヵ月後、澪の妊娠と堕胎の不可能が両家の両親に発覚した。
幸せそうな二人。
だけれど私はとにかく、
澪の胎の中の甥ッ子(ということは分かっている)に問いただしてみたいのだ。
お前はいったい、何者なのだ、と。


おしまい



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 01:16:34.73 ID:SZxhXKYA0

駄目だ駄目だ、バタイユを一から読み直してくる




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「変態ってレベルじゃないっ!」
[ 2011/10/29 21:32 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4229 [ 2011/10/30 08:04 ] [ 編集 ]

ふう…パタリロをもう一回読み返してくるわ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6