SS保存場所(けいおん!) TOP  >  SF >  律「うわ、ありがちな話」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律「うわ、ありがちな話」#前編 【SF】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278696102/

律「うわ、ありがちな話」#前編
律「うわ、ありがちな話」#後編




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:23:52.87 ID:OvdK2QBG0


部室


ガチャ

律「ちーす」バタンッ

梓「お疲れ様です」

律「うをっ!?」

唯「りっちゃん遅いよー」

律「な、なんだこれ。ハイセンス過ぎるだろ」

澪「なんでもIFの装置らしい」

律「えーと、はい?」

梓「律先輩が珍しく呆れてますね」

澪「さすがの律でもいきなりは信じない、か」

唯「試してみるのが一番だよ!」

律「待て、何?このわけのわからん帽子がIFの装置?帽子っていうよりヘルメットか」

唯「どっちでもいいよ!」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:24:45.44 ID:OvdK2QBG0


紬「そうよ。ほら、百聞は一見に如かずよ」トンッ

律「わわ、押すなよ!?」

紬「はい、これ被ってね。・・・それじゃどんな世界に行きたい?」

律「え、え?」カポッ

紬「特にないならこっちで決めるわね」

律「待て待て待て」

澪「練習までには帰ってこいよー?」

律「いや、だからこれなんだよ!?」

紬「それじゃいくわよー!」

ヴィーン・・・!

律「頭についてる機械が熱いぞ!?」

梓「それは頑張ってください」

律「いや、頑張るって何を!?」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:25:26.40 ID:OvdK2QBG0


紬「りっちゃん、強く思う気持ちをそのまま口にして!出来るだけ大きな声で!」

律「へ!?」

唯「りっちゃん!早く!!」

律「あーもう・・・ふざっけんなぁぁぁ!!!」


プシュン


梓「わー!今回も成功ですね!」

紬「そうね。まだ開発段階だから、本人の強い意思を補助パワーとして必要としてるけど・・・」

澪「そんなことよりさ」

梓「それくらいいいじゃないですか!
  IFの世界に飛び立つための儀式として定着させちゃえばいいんですよ」

紬「うーん、でもねぇ・・・」

梓「何か問題でも?」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:25:56.82 ID:OvdK2QBG0


紬「装置をつけてる人の気持ちの強さ次第では大変なことになるらしいの」

澪「おーい」

梓「大変なこと?」

紬「うん。帽子を被っていない周りのみんなも巻き込んでIFの世界にワープしちゃったり」

梓「それは困りますね」

澪「なぁ、その話なんだけど・・・」

紬「あ、ごめんなさい!どうしたの?」

澪「うん、今まさにその状況みたいだぞ?」

梓紬「へ?」

澪「唯がいない」

梓紬「あ゛・・・」


・・・

・・・



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:26:31.37 ID:OvdK2QBG0


律「いってー・・・」

唯「りっちゃん!大丈夫!?」

律「唯!?」

唯「そこから降りれそう?」

律「え?降りるって?・・・って、はい!?」

唯「暴れたら危ないよー」

律「なんで私だけ木に引っかかってるんだよ!?」

唯「しばらくその状態で気失ってたみたいだよー?」

律「我ながらなんて器用なんだ・・・唯は平気だったのか?」

唯「うん、私は目が覚めたら草の上だったから平気だったよ」

律「そっか・・・よっと」ヒュッ



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:26:56.82 ID:OvdK2QBG0


唯「りっちゃん!?」

律「っと!」ストン

唯「おぉー!10点満点でございます!」

律「へへーん、だろー?」

唯「かっこいい!私もやりたい」ダッ

律「待て」ガシッ

唯「ちぇー」

律「それよりも・・・なんでそんな恰好してるんだ?」

唯「りっちゃんこそー」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:27:19.97 ID:OvdK2QBG0


律「町娘みたいだぞ?」

唯「りっちゃんはお侍さんみたいだよ?」

律「へ?」

唯「いーなー、その刀貸してよー」

律「駄目だ。あとこれは刀じゃなくて十手。
  私は侍じゃなくてどっちかって言うと岡っ引きかな」

唯「なんだ、偽物!」ブー

律「うっさい」



・・・

・・・



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:31:14.91 ID:OvdK2QBG0


紬「どうしましょ」

梓「どうしようって言っても・・・」

紬「多分問題なくこっちに帰って来れるとは思うんだけど、万が一を考えると心配ね・・・」

澪「よりによってあの二人だもんなー・・・」ハァ

紬「梓ちゃん、澪ちゃん」

梓澪「はい?」

紬「あとを追ってくれないかしら」

梓「そんなこと出来るんですか?」

紬「えぇ、舞台は機械にデフォルトで登録されてるものだから。
  設定を変えなければ同じ世界に飛べるはず」

澪「見つけ出したらすぐに戻ってくるよ」

梓「そういえば、どうやって戻ればいいんですか?」

紬「まず、その世界にいるストレンジャーを集めること」

澪「ストレンジャーって、私達のことだよな?」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:32:14.46 ID:OvdK2QBG0


紬「そう、開発チームがそう呼んでたからそのまま使わせてもらうわ」

澪「なんかそれっぽい呼び方だな」

紬「それでみんなが集まったら戻るって大きな声で意思表示して」

澪「案外原始的なんだな」

梓「そういえばさっきみんなでお菓子の家に行ったときは自然にやってましたね」

紬「そう、さっきと同じ要領でいいわ」

梓「あの」

紬「なに?」

梓「ムギ先輩はこないんですか?」

紬「私はフォローに徹するわ」

澪「でもそこにいるだけじゃ・・・あ、そうか」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:32:34.05 ID:OvdK2QBG0


紬「そういうこと」

澪「その帽子を被っていればストレンジャーに声を届けることができる、だよな?」

紬「えぇ、飲み込みが早くて助かるわ」

梓「じゃあ早速」スチャ

澪「よしっ」スチャ

紬「二人とも、準備はいいわね?」



・・・

・・・



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:33:35.22 ID:OvdK2QBG0


律「団子うめー!」

唯「すみませーん、おかわりくださーい!」

律「あー!唯ずるいぞ!私にもおかわりー!」

唯「ふぃー癒されますなー」

律「あっぱれですなー」

唯「そういえば、ここは何時代なのかな?」

律「さぁ?とりあえず昔ってことはわかるぞ、うん」

唯「みんな和服着てるねー」

律「それは私たちもだけどな」

唯「あ!そうか!」

律「おいおい、頼むぜー」

唯「それじゃお団子食べ終わったら戻ろうか」

律「えぇ!?来たばっかだろ!?」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:33:54.19 ID:OvdK2QBG0


唯「ふかおいはしちゃ駄目ってムギちゃんが言ってたよ」

律「ってことは・・・やっぱあの変な帽子、ムギが持ってきたのか」

唯「うん、ムギちゃん家の会社が作ったんだってー」

律「へー、すごいな」

唯「じせだいりょこうきぐって言ってた」

律「平仮名ばっかで読みにくいな」

唯「へへー、ムギちゃんが言ってたのそのまま言っただけー」テヘヘ

律「うん、わかる」

お団子屋「お待たせしましたー」

律「おぉー!」

唯「待ってましたー!」

律「えっと、それで?」モグモグ

唯「それでって?」パクパク



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:34:31.78 ID:OvdK2QBG0


律「どうやって戻るんだ?」ゴックン

唯「帰るーって大きい声で言ったら戻れたよ、さっきは」パクパク

律「へー。・・・って、『さっき』?」

唯「うん!りっちゃんが来る前にみんなでお菓子の家に行ったんだー♪」

律「・・・ずるい!」

唯「りっちゃん来るの遅いんだもん」

律「しょうがないだろー?和に捕まって部長会議に出てたんだから」ムグムグ

唯「美味しかったよ、ケーキの机とかパフェの木とか」

律「それを食った上でまだ食うかっ!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:35:10.56 ID:OvdK2QBG0


唯「別腹なんだよー」モグモグ

律「別腹って、全部お菓子だろ」

唯「もー、怒らない怒らない。後でまたムギちゃんに連れてってもらおうよ!」

律「よっしゃ、それいいな!」


・・・

・・・



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:36:01.85 ID:OvdK2QBG0


紬「みんな無事かしら」

紬「でもまさかりっちゃんの雄叫びで唯ちゃんまで道連れになるとはね」

紬「やっぱり改良の余地あり、か・・・」

紬「・・・」ピピッピッ

紬「うーん、だれともコンタクトが取れないわ・・・」

紬「まだダイブしてから時間が経ってないから?」

紬「これも改良ポイントね。技術部にメールしておうっと」メルメル

紬「あと、唯ちゃんが普通に戻ってこれるかも確認しておかないと」メルメル

紬「よしっ」

紬「送信っ」ピッ

紬「・・・」

紬「きっと大丈夫よ、うん」


・・・

・・・



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:36:35.64 ID:OvdK2QBG0


律「よし、それじゃ戻ろうか」

唯「うん!」

律「で、帰るーって大きな声で言えばいいんだっけ?」

唯「そうそう。まだしさくひんだからそうしなくちゃいけないんだって」

律「お前、試作品の意味ちゃんとわかってるか?」

唯「ううん、よくわかんないかも」

律「・・・ま、いいや」

唯「販売するときはボタンでパッと帰れるようにするって言ってたよ」

律「だよなー。出たり入ったりする度に大声出さなきゃいけないのは辛いよな」

唯「ちなみに私はさっき『お菓子食べたーい!』って叫んだよ!」

律「うわ、唯っぽい」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:37:15.14 ID:OvdK2QBG0


唯「えへへー」

律「・・・あれ?」

唯「どうしたの?」

律「唯、この世界にくるときにはなんて叫んだ?」

唯「私は叫んでないよ」

律「え・・・何か言ったりとか」

唯「ないよー。気付いたら草の上にいたんだよー」

律「・・・もしかして、私が唯を連れてきちゃったのか?」

唯「あー・・・かも」

律「これ、普通に戻れるんだろうな?」

唯「やってみたらわかるよ!」

律「楽観的だなー。私も人のこと言えないけど」

唯「それじゃ、せーのでいくよー?」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:37:56.94 ID:OvdK2QBG0


律「おうっ!・・・せーの!」

律唯「帰るー!!」


シーン・・・


通行人A「!?」

通行人B「・・・」ギロッ

唯「・・・あれ?」

律「駄目、か」

唯「どうしよう・・・」

律「これ、最悪のパターンじゃないか?」

子供「お母さん、あれなにー?」

通行人C「しっ!見ちゃ駄目よ!指さしちゃ駄目!近づいちゃ駄目!」

律「・・・」プルプル



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:38:44.68 ID:OvdK2QBG0


子供「変な人達だぁー!」プークスクス

律「・・・っぎゃおぉぉぉ!!」ダッ

子供「こっち来たぁ!?」ダダダダダッ

唯「りっちゃん、子供に八つ当たりは駄目だよ!」

通行人C「ひぃぃぃ」タッタッタッ

律「・・・全く、あいつら。人の気も知らないで」

唯「どうどう」

律「で・・・どうしようか?」

唯「えっとー、あはは・・・」

律「だよなー、たはは・・・」



・・・


・・・



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:39:34.01 ID:OvdK2QBG0


紬「これは・・・誰かしら?梓ちゃん?」

紬「ちょっと声掛けてみようかな」

紬『もしもーし』

梓「うわぁ!?びっくりしたぁ!?」

通行人D「!?」ビクゥッ

梓「えーと、ムギ先輩ですか?」

紬『そうよー。どう?そっちの世界は』

梓「かなりのんびりした感じですね。昔の日本ってカンジです」

紬『ちゃんと同じ世界には行けているみたいね』

梓「はい。とりあえずすぐ近くに町が見えるんで、そこに向かってます」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:39:52.44 ID:OvdK2QBG0


紬『了解。山賊に襲われたらすぐに逃げてね』

梓「え、山賊・・・?そんな物騒なー」アハハ

紬『・・・出るわよ?(嘘だけど)』

梓「はい、見かけたら速攻で逃げます」

紬『りっちゃん達は見つかった?』

梓「いいえ。私も今さっきこっちに来たばかりなので・・・」

紬『そう、焦らずに探してちょうだい』

梓「はい」

子供「お母さーん!あの人ひとりで喋ってるー!」

梓「んな!?こら!指ささない!」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:42:14.61 ID:OvdK2QBG0


通行人C「駄目でしょ!さっきも言ったでしょう?指をさすのは失礼なことなのよ?」

子供「だってー」プークスクス

梓「こぉんの、ガキ」

通行人C「あの人にはあの人の世界があるんだから邪魔しちゃダメよ!?」

梓「お母さんが一番ひどい!」

紬『あ、梓ちゃん?』

梓「あ、ごめんなさい。こっちの話です」

紬『そ、そう?ならいいんだけど・・・』

梓「でもこの世界、なんだか広そうです。あの二人を探すのにも時間が掛かりそうですね」

紬『それは仕方ないと思うの。さっきも言ったけど、焦らなくていいからね?』

梓「は、はい。・・・でも」

紬『でも?』

梓「澪先輩ともはぐれちゃいましたし・・・」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:42:55.53 ID:OvdK2QBG0


紬『途中ではぐれちゃったの?』

梓「いいえ、この世界にきたときはもう一人でした」

紬『澪ちゃん・・・実はコンタクトも取れないの。どこにいるのかしら?』

子供「このぉー!」ゲシッ

梓「いったぁ!?」

紬『もしもし?梓ちゃん?』

子供「やーいやーい」ダッ

梓「こぉんの・・・!!」ダッ

通行人C「ごめんなさい!」

子供「やーい!」ダダダッ

梓「逃がすかっ!」ダッ

紬『え?え?(音声しか聞こえないから何がなんだか・・・)』



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:43:19.28 ID:OvdK2QBG0


通行人C「聞いちゃいない・・・」

子供「うお!?足速ぇー!」

梓「このっ!」ガシッ

子供「うわー!離せよー!」

梓「しつけのなっていない子供は嫌いだなー」ニコニコ

通行人C「すみません、うちの息子が・・・」

梓「全く、もう少しどうにかならないんですか」プンスカッ

子供「う・・・う・・・」グスッグスッ

梓「泣いても許さないよ?」ニコッ

子供「!?」ビエーン!



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:44:52.26 ID:OvdK2QBG0


通行人C「本当にごめんなさい・・・」

梓「全く・・・」パッ

子供「あー怖かった」ケロッ

梓(こいつ、懲りてないな?)

子供「でもさっきのデコのお姉ちゃんの方が怖かったもんねーだ!」

梓「!?」

ガシッ

梓「怒らないから。怒らないから『デコのお姉ちゃん』についてもうちょっと聞かせてもらえる?」

子供「は、はい・・・!(やっぱこっちの姉ちゃんの方が怖い・・・!)」



・・・

・・・



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:46:11.63 ID:OvdK2QBG0


律「どうしようか?」

唯「とりあえず、悪者を倒しましょー!」

律「いるのか?悪者」

唯「でも相場じゃない?」

律「うーん、でもそれって元の世界に戻る根本的な解決になっていないような・・・」

唯「細かいことはいいんだよ!」

律「そ、そうか??」

唯「それに岡っ引きさんって昔のお巡りさんなんでしょ?」

律「あぁ、そんな感じじゃないか?」

唯「じゃありっちゃんは悪者を懲らしめないと!」

律「唯は?」

唯「私はさらわれる役だよ!」

律「うわー助ける気しねー」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:47:18.06 ID:OvdK2QBG0


唯「ひどい!」

律「どうせこういう時代に来たならあれがやりたいなー」

唯「あれって?」

律「『お代官様ぁーん・・・!あ~れ~』みたいな」

唯「いいね!やろう!」

律「やるの!?」

唯「うん、いいよ!私丁度着物着てるしね」

律「でもあれってすごい帯の長い着物じゃないと」

唯「じゃあ一回転だけね」

律「いいのか?」

唯「りっちゃん隊員は特別だよ!」

律「やった!よし・・・いくぞー?」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:48:05.03 ID:OvdK2QBG0


唯「いつでもオーケーだよ、りっちゃん!」

律「それー!」

唯「あ~れ~♪」


ハラリ


律唯「」


唯「うわぁぁ!?///」

律「ばばばばバカ!隠せ隠せ!!」

唯「恥ずかしいよぉ!」

律「普通の着物で『あ~れ~』をすると一回転で帯が取れる、勉強になったぜ」

唯「そんなこと言ってないで助けてよぅ!」

律「あぁ、ごめんごめん。えっと」

岡っ引き「待てー!お前らー!」

律唯「!?」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:48:23.84 ID:OvdK2QBG0


岡っ引き「街のど真ん中で全裸になるとは何事だぁー!!」

律「この時代も街中で全裸になるのは犯罪なんだな」

唯「うん、みたいだね。・・・っていうか全裸じゃないもんっ」

律「唯、はだけないようにしろよ?」

唯「大丈夫、もうはだけてる」

律「よし、それじゃ・・・」

律唯「ごめんなさーい!!」ダッ

岡っ引き「逃げるなー!こらー!」

律「岡っ引きが岡っ引きに追いかけられるとかどういう状況だよ!!」ダッダッダッ

唯「こういう状況だよ!りっちゃん!!」ダッダッダッ

律「だな!・・・って、あほかー!!」


・・・

・・・



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:48:51.19 ID:OvdK2QBG0


紬「やっと音声を捕捉したと思ったら・・・」

紬「りっちゃんと唯ちゃん何してるの・・・?」

紬「でも、梓ちゃんと唯ちゃん達が会うのは時間の問題みたいね」

紬「私は澪ちゃんを探してみんなを同じところに誘導しないと」

紬「それにしても、どこにいるのかしら」

紬「地下にいたらコンタクト取りにくいとか?」

紬「そんな、まさかね。ケータイじゃあるまいし」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:49:31.26 ID:OvdK2QBG0


紬「それにこの時代の建物に地下っていうのも考えにくいわ」

紬「ほんと、どこに行っちゃったのかしら」

チャスチャンチャンチャチャーン♪

紬「メールだわ!!」ピッ

紬「・・・唯ちゃんの件は、どうやら問題なさそうね」

紬「改善点に関しては至急パッチを作ります、か」

紬「なんとかなりそうね・・・よかったぁ・・・」


・・・

・・・



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:50:11.62 ID:OvdK2QBG0


律「なんか随分遠くまで来ちゃったみたいだな」

唯「森の中?に来ちゃったね」

律「森って程大きくはないけど・・・ちょっと不気味なところだな」

唯「なんか暗いね?」

律「木で光が遮られてるから暗いんじゃないか?」

唯「・・・今何時なんだろ」

律「私達が来たときに既に夕方だったよな?」

唯「そろそろ暗くなってもおかしくないよね・・・」

律「だ、大丈夫だって。いざとなったら街に戻ればいいんだし」

唯「そっか、りっちゃん戻り方わかる?私、それどころじゃなくてさー」アハハ

律「・・・」

唯「りっちゃん?」

律「唯、とりあえず進もうぜ」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:51:19.29 ID:OvdK2QBG0


唯「りっちゃん戻り方わかんないんでしょ!?」

律「ううううるへー!そんなんじゃないぞー?ちょっと覚えてないだけだぞー?」

唯「『覚えてない』って言っちゃった・・・『忘れた』ならまだ希望があったのに・・・」ガーン

律「ごめん」

唯「ううん、私の方こそごめんなさい」

律「どうする?進むか、戻るか」

唯「うーん、歩こう!」

律「遭難する人の気持ちがわかった気がする・・・」

唯「へ?」

律「いんや、なんでもない。じゃ行くか」


・・・

・・・



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:51:58.65 ID:OvdK2QBG0


梓「あの子供が律先輩に絡まれてた?なんて」

岡っ引き「チキショー!取り逃がしちまったぜ!」

梓「すごい、岡っ引きだー。初めて見た(当たり前だけど)」

梓「ムギ先輩は澪先輩の居場所を探るとかでコンタクト切っちゃうし」

梓「子供に教えてもらった辺りを探してもいなかったし」

梓「オマケにもう夜になるし・・・」

梓「そういえば元の世界と時間が少しズレてるような」

梓「元の世界ではやっと夕方になるくらいの時間のハズ・・・」

岡っ引き「お侍さん!この辺りで怪しい二人はみかなったかい?」

梓「元の世界といえば・・・ムギ先輩、下校しないとまずいんじゃ?」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:52:15.79 ID:OvdK2QBG0


梓「・・・私達が跡を追ってこの世界に入った時間を考えると、
  学校にいられるのはせいぜいあと1~2時間か・・・」

梓「ムギ先輩、なんかと粘ってくれないかなー。1~2時間で集合出来る自信がない・・・」

岡っ引き「おーい、お侍さん!?」

梓「明日が土曜日なのが救いだったかも・・・次の日に授業があったら色々とめんどくさそうだし」

岡っ引き「てやんでぃ!無視すんな!」

梓「はい!?」

岡っ引き「お侍さん、ぼやっと歩いてたら危ねぇぜ?」

梓「あ、はい。すみません(お侍さんって私のことか)」

岡っ引き「さて、一つ聞きたいことがある」

梓「なんですか?」

岡っ引き「でこっぱちの岡っ引きとオツムの暖かそうな町娘の二人組を見なかったかい?」

梓「」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:54:44.05 ID:OvdK2QBG0


梓(これ、もしかして律先輩と唯先輩?っていうか岡っ引きに追いかけられるとか何したんだあの二人)

梓「さぁ?見なかったですね。ところでその二人が何かしたんですか?」

岡っ引き「おぅ!聞いてくれるかお侍さん!」

梓「え、えぇ(その『お侍さん』っていうの止めてくれないかなー・・・)」

岡っ引き「街のど真ん中ででこっぱちがオツムほかほかの町娘の着物の帯をいきなりほどいたんだ」

梓「え゛」

岡っ引き「あいつら公衆の面前だっつーのに・・・」ブツブツ

梓「あの、帯をほどいたって、つまり・・・?」

岡っ引き「困るんだよなぁ、ああいうの。毎年そういう奴らが春になると増えるんだよ」

梓「マジで何してんの、あの二人」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:55:10.32 ID:OvdK2QBG0


岡っ引き「とっ。そんじゃ、そいつらをもし見つけたらすぐに教えてくれ!飛んでくるぜぃ!」

梓「あ、あの!どっちの方に行ったかもわからないんですか?(ダメ元で聞いてみよう)」

岡っ引き「いいや、方角はわかるよ。あっちだ」

梓「(って、知ってるんかい!)あっちって・・・わかってるなら追いかければ」

岡っ引き「あっちはもう街の外だからな。俺っちに取っ捕まえる権利はないんだ」

梓「あ、そうなんですか・・・でも、そうなるとわざわざ捕まりに戻ってはこないんじゃ?」

岡っ引き「いいや、あいつらは絶対に引き返してくるハズだ」

梓「?」

岡っ引き「あっちの道は行き止まりだからな!」

梓「行き止まり・・・?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:55:58.31 ID:OvdK2QBG0


岡っ引き「おうよ!あるのは寝泊まりするところぐらいで、
     周りは林だらけだからそこを抜けるのは難しいと思うぜ!」

梓「そうなんですか」

岡っ引き「つまり奴らは戻ってくる!俺っち頭いい!」

梓「あーそうですね」ナンダコイツ

岡っ引き「まーそういうこった!そんじゃな!」

梓「・・・寝泊りするところって、宿とか?」

梓「無事そうだし、律先輩達はほっといて澪先輩探そうかな・・・」



・・・

・・・



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:57:35.75 ID:OvdK2QBG0


律「なんだろうな、あの建物」

唯「ちょっと豪華だね」

律「豪邸?」

唯「でも雰囲気がそれっぽくないね」

律「おいっ、なんか中から人が出てきたぞ!」

唯「本当?遠くてよくわからないや」

男「ちょっと、どいてくれねぇか」

律唯「!?」クルッ

男「・・・」スタスタ

唯「・・・いきなり後ろから声かけられたらビックリするよー」ハァー

律「あれ、あの男・・・」

唯「どうしたの?」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:58:22.95 ID:OvdK2QBG0


律「あの建物に入るんじゃないか?」

唯「色んな人が出入りしてるのかな?」

律「さぁ?でも、人がたくさんいるってことは・・・」

唯「何?」

律「色々と情報が手に入るかもしれないな」

唯「情報って?」

律「ばかー、唯が言ったんだろ?悪者を懲らしめるって」

唯「そっか!悪者の情報が手に入るんだね!?」

律「あぁ。もしそういうのがいない平和な世界なら、諦めて帰る方法探そうぜ」

唯「がってんです!」

律「よっしゃ!それじゃ潜入開始だ!」

唯「ほい!」

律「・・・と思ったら、さっきあの建物から出てきた人がこっちに歩いてきたぞ??」

唯「なんだろう・・・なんか私達のこと見てる?」

律「だな。なんだなんだ?」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:58:44.83 ID:OvdK2QBG0


客引き「どもー!」

律「あ、はい。どうも?」

客引き「お客さん!今夜のお店はお決まりですか!?」

律「はい?・・・まだですけど」

客引き「おぉー!そりゃよかった!どうです?うちで決めませんか?」

律「えっと・・・」

律(おい、唯)

唯(なに?)

律(お店ってどういうことだ?)

唯(やだなーりっちゃん、きっと宿って意味だよー)

律(ほーなるほどな。じゃああの建物は宿だったワケか)

唯(っぽいね。一応寝るところは確保しておいた方がいいよね?)

律(あぁ。その前に進展があるといいけど、念のためにな)

唯(お金大丈夫そう?)



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 02:59:08.96 ID:OvdK2QBG0


律(平気平気。この時代の物価はわからないけど、
  さっきお団子食べたときのお代から考えるとかなりの大金持ってると思う)

唯(じゃあ決まりだね)

律「お待たせしました。えーと、二人部屋でお願いできますか?」

客引き「何言ってるんですかー。うちの店は全部二人部屋ですよ」ナッハッハッ

律「?えっと、じゃあいいんですけど・・・」

客引き「それじゃ行きましょうか!さっ!こちらへどうぞ!」

律「あ、はい」テクテク

唯「よかったねー」テクテク

律(・・・やっぱなんかおかしくないか?)

唯(なんで?)

律(なんで二人用の部屋しかないんだ?私達何か勘違いしてないか?)

唯(そんなことないよー。じゃあ他に何があるの?)



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:03:13.27 ID:OvdK2QBG0


律(うっそれはだな・・・)

唯(大丈夫大丈夫、もし違ったらすみませんでしたって言って出てくればいいんだよー)

律(それもそうだな)


ザッザッザッザッ・・・


律「やっぱさっきの建物だ」

唯「槍幕亭・・・?」

律「や、やりまくって?」ポカーン

唯「なんだろ?」

律「さぁ?店の名前じゃないか?」

客引き「じゃあ早速!」

律唯「!?」

客引き「今日はどの娘にしましょうか?」

律「・・・へ?」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:03:53.35 ID:OvdK2QBG0


唯「なに?どの娘?え?」

客引き「はい!ふくよかなでボインな娘から華奢で可憐な娘まで!当店の自慢の品揃え!」

律「・・・意味がわからない」

唯「この中から選べばいいの?」

律「似顔絵と名前、自己紹介の表か・・・」

唯「なんかみんな平安美人って感じだね」

律「唯!」

唯「ほい!?」

律(まずいって、ここ出ようぜ)

唯(え?なんで?)

律(見てわかるだろー!?ここ、遊郭ってところじゃないか?)

唯(ゆーかく?)

律(だからー、今でいう風俗みたいなもんだよ!)



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:04:10.77 ID:OvdK2QBG0


唯(え!?ふーぞく!?エッチなことするところ!?)

律「ばっ!///・・・そ、そーだよ!だから出ようぜ?)

唯(でも、ここの人達なら悪者について知ってるかも!?)

律(た、確かに色んな客が来るからそういう話は詳しいかも知れないけど・・・)

唯(じゃあ行こうよ!)

律(おまっ!風俗ってどういうことか本当にちゃんとわかってるのか!?)

唯(大丈夫!ちょっとお話するだけ!)

律(アホかー!)



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:04:51.42 ID:OvdK2QBG0


客引き「あの、お客さん?」

律(唯!ここは『おっと、お金が足りない作戦』を決行しよう!)

唯(なにそれ!?)

律(名前で大体わかるだろ!?じゃあいくぞ?)

律「えーと、こちら一泊いくらになるんでしょうかね?」

客引き「えー、ご指名頂いた娘にもよりますが、基本料金は銀六十匁になります」

律(ほら、基本料金とか言ってるだろ!?絶対怪しいって!)

唯「あー、私達そんなお金ないやー」

律「だ、だなー。えーと、失礼しまs」

唯「だから私は遠慮するよ。りっちゃんは楽しんできて?」

律「」

律「いやいやいやおかしいおかしい」

客引き「そうですか?残念ですが、
    うちも一応高級店なんでお値引きなどはできないんですよ・・・」

唯「いいえ、いいんですよー。この近くに普通のお宿はありますか?」

律「待て待てちょっと待て」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:06:24.40 ID:OvdK2QBG0


客引き「左隣の建物がそうですよ」

唯「やったぁ!近い!」

律「いや、『やったぁ!近い!』じゃないから」

客引き「お出口は突き当たりを右となっております」

唯「はーい!それじゃ、りっちゃん!また明日ね!」

律「え?!何言ってんの!?」

唯(えー?これが作戦じゃないの?)

律(ちげー!どういうことだよ!)

唯(だからー、お金がない→私は別のところに泊まる→手分けして情報収集!ってカンジ?)

律(深読みしすぎだぁぁ!!)



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:06:48.83 ID:OvdK2QBG0


客引き「それじゃ岡っ引さん、どの娘にしましょうか?」

律「いや、違う、ちょっと待って」

唯「それじゃねー!」ヒラヒラ

律「おいぃぃ!?」

客引き「あ、照れなくても大丈夫ですよ?最近は女性のお客さんも増えてますし」

律「いや、そういう問題じゃなくて」

客引き「まぁまぁまぁ、可愛い子揃えてますんで」

律「いらないって!」

客引き「この中から選んでくださいね!」サッ

律「え、えぇー・・・?」

律「・・・」

律(・・・腹、括るしかないのか?)



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:07:10.95 ID:OvdK2QBG0


律(『菊:銀七匁、華:銀十匁、蘭:銀五匁』か・・・指名料ってことだよな?)

律(どうせ寝泊りするだけなんだから指名料が低い娘がいいな・・・)

律「えーと」

律「」

客引き「どうしました?」

律「あの、この『座敷童子』ってなんですか?」

客引き「あー、その娘今日入ったばかりなんですけど、
    一言も喋らないからこっちで勝手に名前を決めたんですよ」

律(勝手にも程があるだろ・・・)



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:07:32.19 ID:OvdK2QBG0


客引き「すいませんね、新入りなもんで絵師に似顔絵描かせる時間もなかったみたいで・・・」

律「新人だから指名料が無料なんですか?(もしそうならこの娘に決定だな)」

客引き「え、いや、その、えっと・・・」

律「・・・?」

客引き「大きな声では言えないんですが・・・かなり気の毒な顔の造りでして・・・」

律「不細工ってことですか?」

客引き「えぇ。目は二重だし、細いし、そのくせ妙に胸だけ大きいし、男よりも背が高いんですよ」

律「は、はぁ・・・?(なんだ?綺麗そうなカンジするけど)」

客引き「あ、すみません、お客さんも長身ですよね!気を悪くしないでくださいね」

律(長身って、生まれて初めて言われたな。っていうかこの時代の人って背低すぎなんだよなー)ポリポリ



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:07:48.80 ID:OvdK2QBG0


客引き「あの、お客さん?」

律「へ?あ、あぁ。大丈夫ですよ、気にしてないです」

客引き「よ、よかった」ホッ

律「それじゃ、指名は座敷童子で」

客引き「よかった・・・って、はい!?いいんですか!?」

律「はい。えっと、どの部屋ですか?」

客引き「おおおお部屋まで案内させていただきます!」


・・・

・・・



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:08:07.96 ID:OvdK2QBG0


紬「『映像は拡張機能の設定をすればすぐにでも』って・・・」

紬「私、あまりこういう機械は得意じゃないのに」ピッピッピッ

紬「えーと、拡張機能っと・・・」ピッ

紬「これかしら」ピッ

紬「・・・」


ザザッ・・・


紬「映ったわ!」

紬「よかったー、声だけだとイマイチ状況がわかりにくかったのよね」

紬「・・・えーと、これはりっちゃん?」

紬「何処に居るんだろう?」

紬「・・・宿かしら」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:08:31.76 ID:OvdK2QBG0


紬「あ、あれ?」

紬「唯ちゃんは?」

紬「はぐれちゃったのかしら・・・?」

紬「とりあえずりっちゃんとコンタクトを!」

ザーッザーッ

紬「!?」

紬「り、りっちゃんの姿も見えなくなっちゃった・・・」

紬「うーん、故障かしら?」

紬「いえ、そんなことはないはず・・・」

紬「・・・考えていてもしょうがないわ。唯ちゃんを探しましょう」

紬「えーと・・・唯ちゃん、唯ちゃん、っと」

紬「・・・反応がないわね」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:08:50.56 ID:OvdK2QBG0


紬「この検索機能も改良すべき、ね」

ザ・・・

紬「・・・あれ」

ザザザッ・・・

紬「ちょっと、待って・・・」ピッピッ

紬「やっぱり、唯ちゃんだわ!」

紬「唯ちゃーん!」


・・・

・・・



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:09:12.12 ID:OvdK2QBG0


平安美人A「やーい、ブス」

平安美人B「あたいこんなブス見たこともないよ」

平安美人C「うちもさwwこったら不細工本当にいるんだねぇwww」

澪「・・・」

平安美人A「まーせいぜい私たちの引き立て役になることね」

平安美人C「もしあんたのお陰で客が増えたらうちらが銭くれてやるよwww」

平安美人D「おー、そりゃなかなか名案じゃないか」アッハッハッ

澪(こいつら、すっごいムカつく・・・)

澪(自惚れてるわけじゃないけど、こんなに不細工不細工言われたのは生まれて初めてだ)

平安美人B「こんな細い体じゃ殿方は満足しないよ?」グイッ

澪「いたっ!?」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:09:33.89 ID:OvdK2QBG0


平安美人A「ちょwwww聞いた?今の」

平安美人D「聞いた聞いた。あんた喋れるんだ?」

澪(馬鹿にして・・・!)

平安美人C「なんさwwその目wwwなんか文句あるのかいww」

澪「い、いえ・・・」

平安美人B「それにしても本当に可哀想な顔だねぇ?私の下膨れ、少し分けてやろうか?」

澪「 結 構 で す 」

澪(こんなの分けられたら恥ずかしくて生きていけない・・・)

平安美人B「んなっ、生意気なブスだね!」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:09:49.18 ID:OvdK2QBG0


澪(あーもう!なんで私はこんなところにいるんだよ!っていうかここ何処だ!)

澪(どこかの部屋みたいだけど・・・出口はなし、か)

澪(なんか監禁されてるみたいだな・・・)

澪(こ、怖いよ・・・!)

平安美人A「ひゃっひゃっひゃっ」

澪(こいつらの方が数倍怖いけど)


・・・

・・・



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:10:13.41 ID:OvdK2QBG0


唯「はう!?」

紬『唯ちゃん、聞こえる?』

唯「あれ!?ムギちゃん!?」

紬『無事だったかしら』

唯「うん!大丈夫だよ!」

紬『よかった・・・唯ちゃんは今どこにいるの?』

唯「えーとね、お宿にいるよ」

紬『そうなの・・・。りっちゃんは?一緒じゃないの?』

唯「りっちゃんとは手分けして情報収集作戦なのです!」

紬『なるほど・・・それにしても、情報収集ってなんの?』

唯「悪者だよ!私達で懲らしめるんだー」

紬『きっとこの世界に悪者はいないわよ・・・?』

唯「え!?」ガビーン



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:10:40.48 ID:OvdK2QBG0


紬『旅行者の身に何かあったら困るもの。そういう設定はされていないハズよ』

唯「そうなの?」ガーン

紬『えぇ。この世界の人に危害を加えたりしない限りは平和なハズよ』

唯「ちぇー、そっかー」

紬『ごめんね』

唯「あ、そういう意味じゃないんだよ?ごめんね」

紬『梓ちゃん達には会った?』

唯「あずにゃん達も来てるの!?」

紬『えぇ。さっき唯ちゃん、帽子被っていないのにそっちの世界に飛んじゃったでしょ?』

唯「うん、ちょっとビックリした!」

紬『できればもうちょっと疑問視して欲しかった・・・』



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:11:14.65 ID:OvdK2QBG0


唯「うん?」

紬『ううん、こっちの話。なんでもないわ』

唯「そう?あ!そうだ!」

紬『どうしたの?』

唯「さっきね、お菓子の家のときみたいに『帰るー!』って言ったのに帰れなかったんだよ!」

紬『うーん、さっきっていつかしら?』

唯「・・・えーと?」

紬『もしかしたら、澪ちゃん達がそっちに行ってからの話かもしれないわね』

唯「それだと帰れないの??」

紬『えぇ、ストレンジャーが集まって一斉に帰る意思表示をしなければならないの』

唯「そうなんだ・・・どうして?」

紬『ほら、そうしないと一人で置き去りにされる人が出てくるでしょ?』

唯「確かにそうだねぇ」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:11:35.77 ID:OvdK2QBG0


紬『だからあえてみんなが揃わないと帰れないようになっているらしいわ』

唯「そっかー。じゃあ帰るには澪ちゃんとあずにゃんを探さないといけないんだね?」

紬『そうね、ん?あれ?』

唯「どうしたの?」

紬『ごめんね!またあとでかけ直す!』

プツンッ

唯「かけ直すって・・・」

唯「ムギちゃん、今完全に電話してる気分だったよねー」ケラケラ

唯「でも、そっかー」

唯「みんなを探せば元の世界に帰れるんだね!」

唯「燃えてきたよー!!」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:11:46.37 ID:OvdK2QBG0


ガラッ


唯「!?」

女将さん「あの、もう少し静かにしてもらえませんか?」

唯「あ、はい。ごめんなさい」シュン


・・・

・・・



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:12:05.78 ID:OvdK2QBG0


梓「暗くて足元がよく見えないよ・・・」

梓「本当にこんなところに唯先輩達がいるのかな?」

梓「まぁ、いいや。考えてもしょうがないから歩こう・・・」トボトボ

紬『梓ちゃん?』

梓「のわ!?・・・ムギ先輩ですか」

紬『えぇ。今歩いてるのは、何処かしら?』

梓「えっと、林の中です」

紬『そこ、街の外よね?』

梓「はい、こっちの方に律先輩達がいるって話を聞いて」

紬『そうなの?唯ちゃんならさっきお宿にいたわよ?』

梓「本当ですか!?じゃあきっともうすぐ会えますね!」

紬『???』



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:12:36.11 ID:OvdK2QBG0


梓「さっき岡っ引きの人に聞いたんですけど、この林の先には宿泊施設があるらしいんですよ」

紬『そうなの・・・それじゃビンゴね』

梓「はい!よかったー、早めに合流できそうですね!」

紬『あとは澪ちゃんだけね・・・』

梓「って、あれ?」

紬『どうかした?』

梓「ムギ先輩、唯先輩と話したんですよね?」

紬『えぇ、さっきやっとコンタクトが取れてね。今は一人でお宿にいるらしいの』

梓「一人・・・?律先輩は一緒じゃないんですか?」

紬『そうなの。でも、居場所はわかっているみたいだからとりあえず唯ちゃんと合流したらどうかしら』

梓「そうですね、そっちの方が早そうですね」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:12:55.02 ID:OvdK2QBG0


紬『それじゃ、私は澪ちゃんを探さないといけないから・・・』

梓「あ、ムギ先輩?」

紬『どうしたの?』

梓「あ、あの、もう少しお話しません?」

紬『梓ちゃん・・・暗い林の中を一人で歩くのが怖いんでしょう?』

梓「いや、そんなことは!・・・はい、怖いです///」

紬『うふふ。じゃあもう少しだけお話していましょうか』


・・・

・・・



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:13:25.37 ID:OvdK2QBG0


客引き「ささっ、こちらがお部屋になります」

律「あぁ、どうも」

客引き「それでは、ごゆっくり・・・」サッ

律(・・・嫌だなぁ)

律(この扉の向こうにはとんでもない不細工(?)が・・・)

律(いや、駄目だ。情報収集、情報収集!)

律(向こうも私が女だってわかれば何もしてこないだろ)

律(よっしゃ!開けるぞ・・・!)


ガラッ


律「」

澪「見えない聞こえない見えない聞こえない・・・」ブツブツ

律「おま、ちょ、え、何してるの?」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:13:43.46 ID:OvdK2QBG0


澪「見えない聞こえない見えな・・・へ?律?」

律「・・・澪、だよな?」

澪「律ぅぅぅぅ!!」ダキッ

律「のわぁぁ!?」

澪「こ、怖かったぁー・・・!」ギュー

律「痛い痛い!っていうかどうしたんだよ!?色んな意味で!」

澪「うううぅぅぅ」

律「と、とりあえず座ろう?な?」


ピシャン


律「・・・で、どうしてこんなところにお前がいるんだ?」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:14:03.62 ID:OvdK2QBG0


澪「どうしてって・・・気付いたらいたんだよ」

律「気付いたらってことは・・・」

澪「どうしたんだ?」

律「既に何人か相手にしたのか?」ニヤニヤ

澪「ばか!」ゴツンッ

律「あだっ」

澪「お前が初めてだよ」

律「そ、そっか、私が初めてか・・・///」ポッ

澪「そういう意味で言ったんじゃない!///」

律「冗談だよー。それにしても、その格好・・・結構似合ってるぞ?遊女っていうの?」

澪「あまり嬉しくない・・・って、律は岡っ引き?」

律「みたいだなー。どう?」

澪「ある意味似合ってるよ」

律「ある意味ってなんだよ!?」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:14:24.60 ID:OvdK2QBG0


澪「まぁまぁ。唯は?一緒じゃないのか?」

律「あいつは裏切り者なので普通の宿に泊まりました」

澪「普通の宿・・・?って、そうだよ!」

律「!?」

澪「お前、こんなところで何してるんだよ!スケベ!」

律「お前にだけは言われたくねーし、スケベじゃねぇーし!!」

澪「だって、そうだろ?客としてこんな店に来るなんて・・・!」

律「あーあー、違うんだって。これには深い訳が」

澪「言い訳は聞きたくない」

律「えー」

澪「律って最低だな。鼻の下伸ばしてこんなところに来て!」

律「待てって!知らなかったんだよ!ホントだって!」

澪「はいはい」

律「なんで聞き流すんだよー!」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:14:47.49 ID:OvdK2QBG0


澪「知らなかったよ、律が下膨れフェチなんてさ」

律「あー、下膨れで思い出した」

澪「なんだよ」

律「澪、自分の源氏名知ってるか?」

澪「へ?そんなのあるのか?知らないよ」

律「・・・座敷童子」

澪「なんだそれ!?」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:15:03.40 ID:OvdK2QBG0


律「全く喋らないから座敷童子って名前にしたってさ」クスクス

澪「な・・・そんな・・・」ガーン

律「いいじゃんいいじゃん、幸せをもたらしてくれるんだろー?」ニヤニヤ

澪「こぉんの・・・!」

律「ぼぼぼ暴力反対!」


ゴツンッ


澪「ん?今何か言ったか?」

律「・・・いいえ」


・・・

・・・



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:41:26.14 ID:OvdK2QBG0


梓「失礼しまーす・・・」ガラッ

唯「あずにゃん!?」

梓「唯先輩!」

唯「あずにゃんだぁー!」ダキッ

梓「早速これですか」

唯「一人で寂しかったよー」ギュー

梓「あー、はいはい」

唯「あずにゃんは?寂しくなかった?」

梓「私はここに来るまでムギ先輩と話していたので、別に・・・」

唯「う、裏切り者だ・・・」ガーン

梓「で、でも」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:41:44.26 ID:OvdK2QBG0


唯「?」

梓「唯先輩に会えて嬉しい、です」

唯「えへへー」ギュー

梓「苦しいですって」

唯「あれ・・・?あずにゃん、お侍さん?」

梓「そうなんですよ。刀が重くて重くて・・・」

唯「ちっちゃいお侍さんってカンジで可愛いね!」

梓「そ、そうですか?」

唯「うん!私、普通なんだもん。つまんないー」ブー

梓「でも似合ってますよ?」

唯「本当に?へへー」

梓「そうだ」

唯「うん?」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:41:57.10 ID:OvdK2QBG0


梓「そういえば、律先輩は?一緒じゃないんですか?」

唯「りっちゃんならこの隣の建物にいるよ」

梓「あ、そうなんですね。・・・って、はい!?」

唯「だからー、りっちゃんは」

梓「そうじゃなくて!!隣の建物って、その、遊郭?ですよね?///」

唯「あ、それそれ!りっちゃんも言ってた!」

梓「・・・」

梓(何してんだあのデコ)



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:42:14.44 ID:OvdK2QBG0


唯「今からりっちゃんのところに行く?」

梓「でももう遅いですし・・・」

唯「そっか、そうだよね」

梓「・・・あ」

唯「?」

梓「やっぱり今から行きましょう」

唯「へ?遅いから駄目って」

梓「ムギ先輩ですよ!」

唯「ムギちゃん・・・?あー!!」

梓「私達はいいですけど、このまま寝ちゃうとムギ先輩は家に帰れなくなるじゃないですか!」

唯「そうだね!あずにゃんに言われるまで気付かなかったよ!」

梓「ゆ、遊郭って私達でも入れるんですかね?」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:42:34.83 ID:OvdK2QBG0


唯「大丈夫だよ。私とりっちゃんが客引きにあったくらいだし」

梓「そうですか・・・なんか緊張してきました」

唯「あれ、そういえば私達ってりっちゃんのお部屋に入れてもらえるのかな?」

梓「あ゛・・・無理じゃないですかね」

唯「どうしよう・・・」

梓「ムギ先輩、聞いてますかー?」


シーン・・・


梓「今は取り込み中みたいですね」

唯「私ももうちょっとムギちゃんと話したかったなー」

梓「どうしましょう?とりあえず待機しときます?」

唯「そだね。それまであずにゃんとイチャイチャするよ!」

梓「しません」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:43:00.69 ID:OvdK2QBG0


唯「えー、ケチー」

梓「全く・・・///」

紬『私のこと、呼んだでしょ?』

梓「さっき呼んだときは返事しなかったくせに・・・」ボソッ

紬『うん?』

梓「ごめんなさい、なんでもないです」

紬『りっちゃんと澪ちゃんなんだけど・・・』

唯「うんうん」

紬『一緒にいるみたいなのよ』

唯梓「へ?」

紬『今さっき反応が返ってきたんだけどね、どうも同じところにいるみたいなの』

梓「じゃあすぐに合流できるんですかね?」

紬『えぇ、そんなに時間はかかわらないと思うわ。ラッキーね』

唯「ムギちゃん、下校時間大丈夫そう?」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:43:26.67 ID:OvdK2QBG0


紬『粘ってあと1時間ってところかしら』

梓「やっぱり・・・って、はいぃぃ!?!?」

唯「うわぁ!?ビックリしたぁ!」

紬『どうしたの?』

梓「確認しますけど、律先輩は遊郭にいるんですよね??」

紬『遊郭!?』

唯「うん!りっちゃんはゆーかくにいるよ!」

紬『えええ!?』

梓「もう一つ確認なんですけど、澪先輩は律先輩と同じところにいるんですよね?」

紬『えぇ、帽子の反応では・・・!』

梓「それって・・・」

紬『ごめんなさい。急用を思い出したわ』

梓「こら待て」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:43:47.53 ID:OvdK2QBG0


紬『だ、だって。遊郭でりっちゃんと澪ちゃんが二人きり・・・!!』

梓「わかったから」

唯「じゃありっちゃんと澪ちゃんがエッチなことしてるの!?」

梓「してないでしょう!?」

唯「だって、ゆーかくはエッチなところだって聞いたもん・・・」シュン

梓「これは憶測ですけど、澪先輩はこの世界にくるときに遊郭に飛ばされちゃったんだと思います」

唯「なるほどー、あずにゃんあったまいー!」

梓「その帽子の感度というか、場所特定の精密さってどれくらいなんですか?」

紬『反応が返ってくればかなり精密よ。ただ、よく通信が途切れるのがちょっと・・・。』

梓「そうなんですか」

紬『一度場所の情報を読み込むことができれば、映像として確認することもできるわよ』

唯「なんかわからないけどすごい!」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:44:12.25 ID:OvdK2QBG0


紬『だから私には唯ちゃんが両手をあげて『すごい!』って言ったのも見てたわ』

梓「へー、声しか聞こえないんだと思ってました」

紬『最初はそうだったんだけど、さっき拡張機能の設定をしたからね。位置情報もかなり正確よ』

唯「位置情報?」

紬『さっき言ったでしょう?『りっちゃんと澪ちゃんが同じところにいるみたい』って」

唯「うん!」

紬『恐らくだけど、同じ部屋にいると思うの』

梓「これは・・・ラッキーですね」

唯「っていうことは、りっちゃんが澪ちゃんを指名したってこと?」

紬『・・・!!!!』ブシュアアァァァァ!

梓「なんでだろう。こっちからはムギ先輩が見えるわけじゃないのに鼻血を出したんだと理解できた」

唯「豪快な鼻血だね!」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/10(土) 03:44:28.18 ID:OvdK2QBG0


紬『と・・・にか、く・・・わた、しは・・・二人の、様子を・・・!』

梓「そんな死にそうな声で言わなくても」

唯「私達はどうしたらいいと思う?」

紬『遊郭に全員集合するわけにはいかないから、二人は部屋で待機していて?』

梓「それが一番無難ですよね」

紬『えぇ、私はりっちゃんと澪ちゃんにコンタクトを取って、そっちに移動するように言うわ』

唯「おー!ムギちゃんなんかスパイみたいでかっこいいー!」

紬『そ、そう?///』テレテレ


・・・

・・・



98 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:51:50.05 ID:OvdK2QBG0


律「どうしよっか」

澪「まず、ここから出たい・・・」

律「うーん、とりあえず隣の宿に移るか」

澪「隣に宿なんてあるのか」

律「あぁ、唯がそこにいるぞ」

澪「唯が!?そういえば、梓には会ったか?」

律「梓?そーいや、一緒じゃなかったのか?」

澪「私達は別々の場所に飛んできちゃったみたいなんだ・・・」

律「そうだったのか。でも梓なら大丈夫じゃないか?」

澪「だといいんだけど・・・」

律「ま、なんとかなるって」

澪「問題はここから抜け出せるのかって、ね・・・」



99 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:53:14.38 ID:OvdK2QBG0


律「確かになー。簡単には抜け出せないかもな」

澪「うぅ」

律「裏口とかないの?」

澪「なかったと思う」

律「ってことは正面突破?・・・いやいや、危険すぎるだろ」

澪「うーん」


コンコンッ


律澪「!?」ビクゥ!!

客引き「失礼します。今、お邪魔してよろしいでしょうか?」

律(な、なんだよ急に)

澪(わ、わからないけど・・・逃げようとしたのがバレた、とか?)

律(おい、嘘だろ?)

澪(でもそれ以外何が考えられるんだよ)



100 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:54:02.69 ID:OvdK2QBG0


律(ま、まぁ・・・な)

客引き「失礼しました。お取り込み中でしたか。それでは、これはここに置いておきますので」コトッ

律(これってどれだよ)

澪(わからない)

客引き「それでは、失礼しますね」トントン・・・

律「・・・」

澪「・・・」

律「行ったみたいだな」

澪「あぁ」

律「で、あいつは何を置いてったんだ?」

澪「さぁ?」

律「っていうかお取り込み中じゃねぇっつの」

澪「そうだそうだ。誰がだよ、全く・・・///」

律「おい、恥ずかしいから赤くならないでくれ」

澪「う゛///」



101 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:54:28.41 ID:OvdK2QBG0


律「よっしゃ、何を置いてったのか見てみようぜ」

澪「そうだな」

ガラッ

律「」

澪「これ、なんだ・・・?」


パタンッ


律「見なかった。私達は何も見なかった」

澪「なぁ律。今のあれ、なんなんだ?」

律「澪」

澪「なんだよ」

律「見なかった。私達は何も見なかった」

澪「さっきも聞いたよ、それ」



102 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:54:57.71 ID:OvdK2QBG0



律「いいから。とりあえずここから出る方法を考えようぜ」

澪「わかったよ」

律「っと、ごめん。ちょっとトイレ行ってくる」

澪「この時代では厠っていうんだぞー」

律「おぉ、そうだったな」

澪「あんまり横文字ばっか使ってると不審がられそうだよな」

律「確かに。ちょっと気をつけた方がいいのかな」

澪「うーん」

律「そんじゃ、ちょっと行ってくるわ」

澪「あぁ。行ってらっしゃい」


紬(やっと映ったわ!!!)



103 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:55:37.18 ID:OvdK2QBG0


澪「・・・」

紬(早速コンタクトを取りたいんだけど、その前にちょっと覗き見しちゃったり・・・)ウフフ

澪(もう夜になっちゃったな・・・ごめん、ムギ。もうちょっと時間かかりそうだ)

紬(遊女の澪ちゃん、綺麗ね)ホゥ

澪(あ、そうだ!)ピンッ!

紬(何かしら?何かを思い出したみたいだけど・・・)

澪「さっきのアレ、なんだったんだろう」

紬(????)

澪(律は見なかったことにしてたけど・・・)ソワソワ

澪(やっぱり気になるよな・・・)


ガラッ


紬(あれ?外に出ちゃうの?)

澪「あー、あったあった」ヒョイッ



104 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:56:05.50 ID:OvdK2QBG0


ピシャンッ


澪(これ、なんだろ)

紬「!?!?!?!?!?!?!?」

澪「うーん・・・」

紬「」ポカーン

律「おーす、戻ったぞー」

澪「遅いぞー?」

律「ごめんごめん、なんか使い方よくわからなくてさー」アハハ

澪「律、私もこれの使い方よくわからないんだけど」

律「あー、それはなー・・・って、おいぃぃぃ!!!」



105 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:56:27.95 ID:OvdK2QBG0


澪「うわぁ!?ビックリした、なんだよ急に大きい声出して」

律「お前なんでそれ持ってきたんだよ!?///」

澪「だって、なんだったのか気になって・・・」

律「置いてこい!今すぐ置いてこい!!///」

澪「え、でも」

律「いいから!///」

澪「なんだよ、いつもと違うぞ?」オドオド

律「そんなことないって!っていうかなんで持って来ちゃうんだよお前はーもー!///」

紬(りっちゃんが今だかつてないくらいにテンパってるわ!)

澪「なぁ、このこけしなんなんだよ」

律「こけしって言うなぁ!///」



106 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:57:02.58 ID:OvdK2QBG0


紬(確かにあれは驚くでしょうね。
  扉のすぐ向こうにこけし(双頭)が置いてあったら誰だって、ね)

澪「律はこれがなんだかわかるのか?」

律「ううううるさい!///」

紬(ここはりっちゃんの友人として私が手助けをしてあげるべき!
  もうちょっと眺めていたかったけど、りっちゃんのためよ!)

紬『二人とも、聞こえる!?』

律澪「!?!?」

紬『遅くなっちゃってごめんね、私よ。紬よ』

律「おぉ!ムギか!」

澪「ムギ、そっちは今何時くらいなんだ?」

紬『もうそろそろ7時を回るわ。次に警備員に見つかったらアウトかも』

律「うげ、マジかよ」

澪「ごめんな、なかなか合流できなくて」

紬『ううん、平気よ。もうすぐみんな合流できるから』

律「どういうことだ?」



107 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:57:24.30 ID:OvdK2QBG0


紬『隣に唯ちゃんが泊まってるでしょ?』

律「あぁ・・・もしかして!」

紬『そう、隣の建物で唯ちゃんと梓ちゃんが待ってるのよ』

澪「本当か!?じゃあやっと帰れるのか・・・!」

律「ちょっと待てよ。まだ問題が一つあるだろ」

澪「なんだよ?」

紬『澪ちゃんがどうやってここから出るか、とか?』

律「あぁ。澪はこの店で働いてるから勝手に外に出るのはまずいだろ?」

紬『それなら問題ないわよ』

律澪「へ?」

紬『ちょっと言いにくいんだけど、澪ちゃんはこの時代では可愛くないの・・・』

律「あぁ、それは、まぁ、わかる」

澪「客待ちの部屋で散々ブスブス言われたよ・・・」

律「私も。座敷わらしは残念な顔の造りだから指名料はいらないって言われた」

澪「・・・」ズーン



108 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:57:55.91 ID:OvdK2QBG0


紬『つまり、澪ちゃんが辞めたいって言ってもお店は快諾してくれると思うの』

澪「なんか、結構、傷つくよなー・・・?」

律「ま、まぁ仕方がないだろ?」

澪「うぅ・・・」

律「ほらほら」ナデナデ

紬『澪ちゃん、涙目だとなんだか色っぽいわぁ』ホゥ・・・

澪「なっ///・・・そういえば、唯達はどんな格好してるんだ?」

律「唯は町娘って感じかな。梓は知らん。まだ会ってないし」

紬『梓ちゃんは小さなお侍さんだったわよ』

澪「侍!?いいなー、可愛い・・・!」

律「でも岡っ引きりっちゃんもなかなかだろー?」バーン!

澪「そのまま過ぎでひねりがない、5点」

律「なっ」ガーン

澪「200点満点で」

律「うっ」ズーン・・・



109 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:58:33.50 ID:OvdK2QBG0


紬『あらあら、りっちゃんも可愛いわよ』

律「だよな!?だよな!?」ヨカッター!

澪「はは、馬鹿だなー。律も似合ってるって。さっきも言っただろ?」

律「ビビらせんなよー」

紬『その格好で笑う澪ちゃん、なんだかコケティッシュで素敵』

澪「ははは、何言ってんだよムギ」

律「そうだぞ。コケティッシュはちょっと褒めすぎd」

澪「私が持ってるのはこけしだけだぞ?ティッシュは持ってないぞー?」アハハハ

律「澪さぁぁぁぁんん!!?」


紬『』



110 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:01:20.90 ID:OvdK2QBG0


澪「え?なんだよ」

律「いい。もういい、お前ちょっと黙ってろ」

澪「あ、そういえば。ムギ、これを何に使うか知ってるか?」

紬『!?』ブフッ

澪「おーい?」

紬『し、知ってるけど・・・』アセアセ

澪「本当か!?」

紬『り、りっちゃんと使ったらいいんじゃないかしら』アハハハハハ・・・

律「おい!自分が関係ないからってそうやって」

澪「律!私、これがなんなのかすごく気になる!」

律「いや、気にしなくていいから」

澪「でも・・・こういうのって一回気になったらずっと忘れられないよ」

律「頭の中のデリートボタン連打しとけ」



111 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:01:52.42 ID:OvdK2QBG0


澪「・・・よく見たらこいつ、可愛い、かも」

律「おい、正気か」

澪「ほら、見て。ちょっと笑ってるよ?」ナデナデ

紬(澪ちゃんの感覚ってやっぱりちょっとズレてるわよね)

律「撫でるな。こけしの頭を優しく撫でるな」

澪「お前も一緒に遊びたいよなー?」

律「ちょっ///」

紬『え、えっと、澪ちゃん?遊びたいって?どういうことかしら?』

澪「これオモチャなんだろ?昔の遊びなんて興味深いじゃないか」

律「・・・///」

紬『ま、まぁ確かにオモチャだけど・・・///』

澪「・・・」ジー

律「そんな目で見ても私はしないぞ」

澪「せめてどんな風に遊ぶのか教えてくれよ」



113 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:02:37.62 ID:OvdK2QBG0


律「逆に澪はどんな風に遊ぶものだと思うんだ?」

澪「うーん、頭が二つついてるからな。水に浮かべるとか?」

律「は?」

澪「それでどっちの顔が浮かんでくるかを当てるんだ」

律「何その斬新な遊び」

紬『どっちかが水面に沈んで~っていうよりも普通に真横に浮かんで来ちゃうんじゃない?』

澪「あ、そうか。うーん・・・?」

律(真剣に悩んでるよ・・・)

澪「りつ」

律「澪、そろそろ行こうぜ?ムギの時間の問題もあるし」

澪「そ、そうだな・・・」

律「よし」



114 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:03:07.29 ID:OvdK2QBG0


澪「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」ジー

律「わかったって。後で使い方だけ教えてやるから」

澪「・・・」パァァァ

律「ほら、行くぞ?」

澪「うん!後で使い方教えてくれるなら、これ持ってこうな!」

律「置いてこうな!?」



115 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:03:58.27 ID:OvdK2QBG0


澪「えー」

律「なんでそんなに粘るんだよ・・・どうでもいいじゃん・・・」

澪「・・・そうだけどさ」

律(澪は一回こうなると梃子でも動かないんだよなー、変なところで頑固っていうか・・・)

澪「・・・」

律「ムギ」

紬『何?』

律「悪いんだけどさ、その・・・私達とのコンタクト、一度切断してくれないか?」




紬『』

紬『』

紬『』



116 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:04:18.69 ID:OvdK2QBG0


律「しないぞ!?しないけど、ちょっと、軽く説明するから。な?」

律「あ、唯達のところにはすぐ行くから!ごめん!」

紬『ぅぅぅ~・・・ぅわぁんだふぅぅぅぅ!!!!!!!』


プツンッ


律澪「ムギ!?」

律「・・・」

澪「・・・」

律「ま、いいや。えっとな、澪。その道具なんだけど」

澪「道具?オモチャだろ?」

律「いや///まぁ、どっちでもいいんだけど///それはな・・・」



・・・

・・・



117 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:04:58.46 ID:OvdK2QBG0


唯「あずにゃん、暇だよー」

梓「そんなこと言ってもしょうがないじゃないですか」

唯「えー」

梓「律先輩達がくるまでの辛抱です」

唯「ちぇー」

梓「ちぇーじゃないですよ。でも確かに・・・」

唯「?」

梓「そろそろ来てもらわないと、ムギ先輩の下校時間の件もありますし」

唯「そうだよね・・・私達が早く戻らないとムギちゃんが不良になっちゃうよ!」

梓「家の人もきっと心配するでしょうし」

唯「そういえば、あずにゃんは?お父さんとお母さん心配しない?」

梓「両親は今家を空けてますので平気です」

唯「そっか。私と一緒だね!」

梓「ふふっ、そうですね。・・・って、あ゛」



118 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:05:30.72 ID:OvdK2QBG0


唯「どうしたの?」

梓「憂に連絡、なんてしてないですよねー・・・?」

唯「あー」ヤバッ

梓「まずくないですか?」

唯「うん、もしかしたら探してるかも」

梓「いや、もしかしなくても探してると思いますよ」

唯「うわぁ・・・」

梓「やっぱり今日中に帰らないと色々と都合が悪いみたいですね」

唯「だね。う~、りっちゃん!澪ちゃん!早く!」


ガラッ


律「おー、呼んだか?」

唯「りっちゃん!」



119 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:06:05.56 ID:OvdK2QBG0


澪「えと、唯、梓・・・久しぶりだな///」ピシャン

梓「澪先輩!無事だったんですね!」

澪「あ、あぁ、まぁな///」

唯「・・・澪ちゃん?」

律「あー、しばらくそっとして置いてやってくれ」

梓「どうかしたんですか?」

律「えっとk」

澪「言ったら殺す」

律「はい」

唯「えー気になるよー」

澪「・・・///」

梓「私も気になります!」

澪「えっと、その・・・律」

律「なんだ?」



125 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:18:06.22 ID:OvdK2QBG0


澪「やっぱり自分で言うの恥ずかしい・・・///」

律「ま、自分であんなこと言うなんて拷問だもんな、いいよ」

澪「オブラートに何重にも包み隠してソフトな表現で二人に何があったら伝えて」

律「注文の多い秋山澪だな」

梓「その料理をするのは律先輩ですよ、ほら」

唯「はやくー」

律「えっとな、澪は自分が無知なせいでちょっと恥ずかしい思いをしたんだ」

梓「それじゃなんのことかわかりませんよー」

唯「そっかー、澪ちゃんは自分がムチムチだから恥ずかしい思いをしたんだ」

澪「ブフッ!?」

律「やめてあげて。今の澪にその手の話はやめてあげて」



127 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:18:25.23 ID:OvdK2QBG0


唯「ん?はーい」

梓「でも、これでやっと四人揃ったんですね・・・!!」

律「おう!やっと帰れるんだ!」

澪「なんとかなってよかったな。個人的には梓の侍姿、もうちょっと見たかったけど」

律「な。結構似合ってるじゃん?」

梓「うー、あまり嬉しくないです」ムー

唯「みんなで一斉に叫べばいいんだよね?」

澪「あぁ、お菓子の家から帰ってきたときと同じ要領だよな?」

律「それじゃ、いっくぜー!?」

律梓澪唯「せーの・・・!!」


・・・


・・・




関連記事

ランダム記事(試用版)




律「うわ、ありがちな話」#前編
[ 2011/10/30 09:46 ] SF | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6