SS保存場所(けいおん!) TOP  >  カオス >  唯「同じ窓から見てた海」#7

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「同じ窓から見てた海」#7 【カオス】


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1285425699/

唯「同じ窓から見てた海」#index




184 名前:◆zwI8yAhfqw:2010/09/26(日) 11:59:18.84 ID:Hwnugb.o

みなさん乙です

投下開始します



185 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:00:11.79 ID:Hwnugb.o


紬「唯ちゃんがトンビに油揚げをさらわれて泣いていたわ」

梓「『待ってよ~!!』とか わめきながら

  涙目で鳥を追いかける唯先輩が印象的でした」

紬「まさか本当に油揚げをさらわれる人間がいるなんて…」

梓「でも よく起こりうる事だから諺になったんじゃないですか?」

紬「犬も歩けば棒に当たるのかしら」

梓「あっ。私 子供のころ、犬を棒で叩いて遊んでましたよ!!」

紬「なにこの子こわい」

梓「怖くないですよー、あずにゃんですよー」ピョンピョン

紬「なにこの子 気が狂ってるの?」

  「地面に勢いよく叩きつけたいわ」





186 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:00:49.50 ID:Hwnugb.o






唯「同じ窓から見てた海」

※ただし澪はのぞく





187 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:01:51.34 ID:Hwnugb.o


梓「そうやすやすと地面に叩きつけられるものか!!」

紬「1000円あげるわ」

梓「さぁどうぞ」

紬「しゃらんらああぁ!!」

┣¨┣″ォォン!!



188 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:02:47.53 ID:Hwnugb.o


ガチャ

律「おーすクズども!!」

 「ん?」

 「梓に地獄の断頭台(※1)を炸裂させてどうしたんだムギ」

紬「私、梓ちゃんを地面に  

  勢いよく叩きつけるのが夢だったのかしら?」

律「アタシに聞かれても知らん」


※1 スピン・ダブルアームで相手が垂直になったところを上空に投げ飛ばし、
逆さになった相手の首にギロチンのように自分の膝を落とし、そのままリングに叩き付ける技。

古代に一度だけ悪魔超人が地球の支配に成功した時代において
捕虜の正義超人を実験台とし、完成させたとされる。



189 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:03:28.30 ID:Hwnugb.o


律「なるほど、また梓の気が狂ったのか」

紬「壊れたテレビにチョップをしたら治るって のび犬のママが言ってたの~」

律「それで壊れた梓は治ったのか?」

梓「もちろんですとも。ムギ先輩のおかげで正常なあずにゃんに戻りました」

紬「狂人はみな そう言うわ」

梓「デュヘヘwwww」



190 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:04:48.43 ID:Hwnugb.o


ガチャ

澪「ごめんごめん、遅くなったよ」

唯「わんわん!」

紬「えっ、唯ちゃん…?」

律「おや、唯の様子がおかしい……?」

唯「わふ?」

梓「わははは!!唯先輩が狂った!!唯先輩が狂った!!」

律「どうすればいいんだ」



191 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:05:34.61 ID:Hwnugb.o


紬「唯ちゃん、どうしたの?」

澪「いや、教室で唯をイメチェンさせて遊んでたら

  例の犬の髪型になってさ」

律「犬の髪型って……いつだったか和が『犬みたい』って言ってたヤツか」

澪「それで本当に 唯が犬みたいになっちゃたってワケさ」

律「なっちゃったってワケさ、とか言われても納得できないけどな」

唯「うぉん♪」



192 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:06:47.66 ID:Hwnugb.o


紬「トンビに油揚げをさらわれる人類などいないと信じていたけど

  唯ちゃんが犬だったなら謎は全てとけたわね」

唯「わん!」

梓「なっとくなっとく」

澪「それより どうして唯はトンビに油揚げをとられたんだ?」

律「そりゃトンビも腹減ってたんだろうさ」

澪「いやいや、仮に食に貪欲なトンビがいたとしてだ」

 「油揚げって普通、家の中で食べるもんだろ」

 「トンビがゾンビみたいに平沢家に侵入して さらっていったのか?」

梓「違いますよ。○○町の広場でハイパーうどん祭りがあって

  みんなで行った時の話なんですよ、これって」

澪「えっ」



193 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:07:48.50 ID:Hwnugb.o


律「そこで みんなで 出店のきつねうどんを食べたんだよな」

紬「私、きつねうどんってキツネの肉が入っているのかと思っちゃったぁ」

梓「ベタですね」

律「あはは、あの時の残念そうなムギの顔、おっかしかったなぁ」

唯「わんわん♪」

澪「なるほど、状況はわかった」

 「しかし、今の会話の『みんな』の中に

  私が含まれていないのはどういうことだ?」

梓「あっ、しまった」

澪「なにがしまったんだ」

梓「私、歯医者に予約を入れていたので失礼します」

澪「返答次第では、梓の歯は全部なくなるから行かなくても大丈夫だよ」




194 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:08:44.21 ID:Hwnugb.o


紬「梓ちゃんから『澪先輩は受験のストレスで脱腸して

  口から大腸とウンコがハミ出てるから行けない』と

  聞いていたわ」

律「アタシも」

唯「わぅ」

澪「信じるなよ!!仮に信じても お見舞いに来てよ!?」

 「私、口から内臓がハミ出てるんだろ!?」

律「いや、マジメな話、アタシが遊びに行こうぜって電話したら

 『受験でクソ忙しいこの時期に遊びになんて行けるかこのダメ超人』と

  一方的に罵って切ったんじゃないか」

澪「そういえばそうだったね」



195 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:09:43.34 ID:Hwnugb.o


唯「クゥン…」スリスリ

澪「ゆ、唯……慰めてくれるのか…」

唯「わん」

澪「うっとおしいなぁ、あっち行け駄犬が!!」

唯「キャインキャイン;;」

律「最低のクズ野郎だなコイツ」

梓「しかし唯先輩はいつまで犬のままでいるんでしょうか」



196 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:11:03.20 ID:Hwnugb.o


律「髪型を元に戻せば元に戻るんじゃないか?」

澪「元に戻せば元に戻る?」

  「お前、なんかすごくアタマの悪そうなしゃべり方だね」

律「うるさいようるさいんだよクソ野郎」

梓「アンタ、なんかアソコがすごい汚物みたいなしゃべり方だな」

律「アンタってのは誰の事だ? チャンスは一回だけだぞ」

梓「アンタっていうのは 実は私の事でした」

律「よしよし、ガムやるぞ」

梓「キヒェwwww」クチャクチャ



197 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:11:55.92 ID:Hwnugb.o


紬「お手」

唯「わん」ポム

紬「お座り」

唯「きゅん」ストン

紬「はい、ケーキよ~」

唯「わふわふ♪」

紬「おあずけ」

唯「はっはっ」ピタ

紬「あぁあいいわ、いいわコレ……」ウットリ

唯「わんわん♪」ペロペロ

澪「おっと、梓が狂っている間にムギが唯犬のとりこだ」

紬「唯ちゃん、いいコいいコ~。1000円あげるわね」

唯「あぉん?」キョトン

律「がうがう!!」

澪「そして人間をやめたバカがまた一人」



198 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:12:44.32 ID:Hwnugb.o


紬「がうがうりっちゃんもカワイイわね」

 「1000円あげるわ」

律「わんわんwwww」

澪「欲に目がくらんでイヌになりさがったか」

梓「にゃんにゃん!!」

紬「あら、梓ちゃんはネコ耳をつけてネコあずにゃんなのね」

梓「にゃ~ん」

紬「バカじゃないの」



199 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:13:57.02 ID:Hwnugb.o

澪「さてと、おしゃべりはここまでにして久々に演奏するか」

唯「えぇ~っ」

梓「あまりの練習に対する拒絶反応で唯先輩が正気に戻った」

律「今日はそんな気分じゃないよなぁ」

澪「みんなはうどんを食べに行ってリフレッシュしたかも知れないが

  私は受験のストレスで口から大腸がハミ出そうなんだよ」

 「練習でスッキリしよう練習で」



200 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:15:07.02 ID:Hwnugb.o


律「バカヤロウ、お前ってヤツは口を開けば練習練習とバカヤロウ」

 「物書きがシコシコ文章だけ書いて おもしろい話が書けるか?」

 「よく遊びよく食べてよく笑った経験があるからこそ

  オリジナリティ溢れる作品が生まれるんだ!!」

澪「だから?」

律「なんだっけ?」

澪「知るか」

律「え、アタシ誰だっけ?」

澪「誰だよ」



201 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:17:22.55 ID:Hwnugb.o


梓「つまり人を感動させる音楽を奏でたいなら

  私達自身が色々なことを体験して感動しなければいけないと

  そこのオデコが特徴のポケットモンスターは言いたいワケです」

律「アタシはポケモンだったのか!?すげぇ!!」

唯「そこに7つのドラゴンボールがあるじゃろ?」

紬「願いが叶うわね!」

梓「唯先輩のパンティストッキングお~くれ!!」

唯「ちょっと待っててね、よいしょ」ズルリ

紬「」パチパチパチパチ

梓「」パチパチパチパチパチ

澪「だめだこいつら、本当になんとかしないと本当に」




202 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:18:11.18 ID:Hwnugb.o


紬「私も久々にキーボード弾くのはいいけど

  練習前にテンションをヒートアップさせるべく、何か一勝負しない?」

律「いいね」

唯「やろうやろう!!」

澪「はぁ、じゃあなんか一回だけやったら絶対に練習しような」

梓「それで何をするんですか?」

 「集団催眠[田島「チ○コ破裂するっ!」]ですか?」

唯「かくれんぼしようよ!!」

紬「かわいい!!1000円あげるわ唯ちゃん!!」

唯「えっ、こんなお金 受け取れないよぉ」

紬「奥ゆかしい!!1000円あげるわ唯ちゃん!!」

唯「このメカニズムで一生、食べていけないかなぁ」

紬「全額没収よ」

唯「わぁああん」



203 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:19:02.02 ID:Hwnugb.o


紬「じゃあ かくれんぼに決定!!」

澪「やれやれ、子供じゃあるまいし……」

梓「でも童心に戻るのも、歌を作るのに役に立つかも」

澪「む、確かに」

律「『少年時代』や『夏休み』然り、子供時代を歌詞にした名曲も多いもんな」

梓「澪先輩の作る歌詞ときたら『揺れる思いはマシュマロ』だとか

  『カレーCHOPPILIライスTAPPULI』だとかラリってんじゃねぇの?って

  感じのばっかりですからね」

律「でもあれ、シラフで作ってるんだぜ」

梓「正気を疑いますね」

澪「お前らの上履きにヤモリとイモリを100匹ずつ詰め込んでやるからな!!」

 「うわあああああ想像しただけで気持ちわるいいいいいいい!!」

 「ゲロロロロロロロオロロロロロロオロロr」ビチャビチャビチャビチャ

律「あれでシラフなんだぜ」

梓「疑いは確信に変わった」



204 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:27:10.85 ID:Hwnugb.o


紬「子供心を忘れ汚らしく汚れた天然シャブ中キング秋山澪をその気にさせるために

  かくれんぼキングには賞金10万円出すわ」

澪「マジで!?」

律「おっしゃああ!!オニ決めようぜ!!」

梓「最初はグー!!」

唯「ジャ~ンケン…」

律「エロ本何冊~!?」

梓「ぇあっ!?」パー

澪「わあああ梓、エロ本5冊も持ってるんだああ!!」

紬「やーいやーいwwww」

唯「えっち!!あずにゃんのえっち!!」

梓「小学生かコイツら」



205 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:28:24.32 ID:Hwnugb.o


律「じゃあ気を取り直してジャーンケーン…」

唯「ほいっ!!」

澪「あいこでしょ!!」

律「あいこでしょい!!」

梓「あっ」

紬「私の唯ちゃんの負けー!!」

唯「くぅ~、絶対にみんな見つけるもん!!」

澪「グララララwwww唯なんかに見つかるもんか!!」

 「とっておきのあの場所の隠れてこようっと!!」タッタッタッタッタッタッタッ

律「むむ、澪のヤツ、簡単には見つからないかも知れないぞ」

 「なにせアイツは一人で弁当を喰うスポットを見つける王者だからな」

梓「王様って孤独なんですね」



206 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:29:15.62 ID:Hwnugb.o


唯「じゃあ、みんなも早く隠れてきてね」

紬「それよりなんか澪ちゃんが勝利しそうだし

  かくれんぼ 今すぐ やめない?」

律「開始10秒でナイスな英断だな」

梓「賛成です」

唯「ぇあっ? 澪ちゃんは?」

律「アイツはずっと隠れ続けるさ」

梓「その方が幸せなんですよ。だって恥ずかしがり屋さんだから」

唯「そっかぁ」



207 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:30:20.01 ID:Hwnugb.o


唯「あっ、じゃあ逆に私達が澪ちゃんから隠れるっていうのはどうかな~」

紬「いいわね!!唯ちゃんもいい趣味してるわ!!」

唯「ほぇ?」

律「メールの一つも入れてやれば泣きながら探しに来るぞ」

梓「さすがに学校の外にまで出ると澪先輩に深いトラウマを作りそうなので

  あれっ、じゃあ絶対に学校の外に出ましょうよ!!」

 「いっそ、澪先輩抜きでカラオケにでも!!」

律「ヒッヒヒヒヒwwwwww怖いヤツだよ、お前は」

紬「それもいいけど澪ちゃんのあわてふためく顔が見たいから

  校内にとどまりましょう」

梓「はーい!!」

唯「なんだか 私の意図とは別の盛り上がりを見せてきたよー」



208 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:31:31.10 ID:Hwnugb.o


────────────────────────
─────────────────
─────────────

梓「ここなんか いいんじゃないですか?」

ガチャ

唯「視聴覚室だね」

紬「目立たない場所だし、隠れ場所として悪くないわねぇ」

律「しっかし、なんか久々だな~。1年の頃は授業で使ってたけど」

唯「ヒアリングの授業、全然 わかんないから窓の外ばっかり見てたよ~」

律「ここはアタシらの教室とは逆側にあるから

  見える景色が違うんだよな」

梓「授業も聞かずに、まるで白痴のように窓の外を眺めている

  お2人の姿が目に浮かびますよ」



209 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:32:35.58 ID:Hwnugb.o


律「『多数決で 澪が かくれんぼの鬼になりました』っと」ピッ  

 「メール送ったし、これで澪のヤツ あわてて探しにくるぞ」

梓「はてさて泣きながら澪先輩がここにたどりつくのは

  いつになるやら…」

ピロリロ~

律「おっと、澪からメールが返ってきたぞ」

ピッ



210 名前:澪のメール:2010/09/26(日) 12:33:17.39 ID:Hwnugb.o

人人人人人人人人人人人人人人人人子花死花死死死死死花花子人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人花死秋秋秋秋秋秋秋秋秋死花子花花子人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人死死秋秋死死花秋秋秋秋秋花花死死死花花人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人子花死秋死死死死死死死死秋秋秋秋死子花死秋花子人人人人人人人
人人人人人人人人人人人子花死死死死死花花死秋秋秋秋秋死死花花花死死秋死子人人人人人人
人人人人人人人人人人子花死秋死花花死死秋秋死秋秋秋秋秋秋死花花花死死秋死花人人人人人
人人人人人人人人人人死死秋死花死秋秋秋死秋死死死死秋秋秋秋秋死花花花死秋花人人人人人
人人人人人人人人人花死秋秋子花秋秋秋秋死死死死秋秋秋死死死秋死花花子死死秋子人人人人
人人人人人人人人人秋秋死子子花花花死死秋秋秋秋秋秋秋秋死秋秋死花子子花死死死人人人人
人人人人人人人人人最死死子子子花花死秋死死秋秋秋秋秋秋死秋秋死花子花子死死猿秋人人人
人人人人人人人人秋醐秋花花花花花花死秋死死死死死死死死死秋秋死花子子花花死猿醐人人人
人人人人人人人人最醐秋死死花花子子花秋秋秋秋秋秋秋死死死秋秋死花子花死死秋秋醐人人人
人人人人人人人人醐醐秋死死死花花花花死秋秋秋秋秋死花死死秋秋死花子子花死死秋醐人人人
人人人人人人人人醐醐秋死死花子花花花死秋秋死秋死花花死死死死花花子人子子花死醐死人人
人人人人人人人人醐醐花死死秋猿夢猿秋花死死死死死花花死猿猿夢夢猿秋死子子子花最夢人人
人人人人人人人人最死花死猿醐醐醐醐醐最猿秋花花死子花死夢醐醐澪醐醐醐猿人人子最醐人人
人人人人人人人人醐花死猿醐醐醐醐醐醐醐醐夢秋死死子死最醐醐醐醐醐醐醐最秋死死醐醐人人
人人人人人人人人夢夢猿醐醐醐醐醐醐醐醐醐最猿死死子死最醐醐醐醐醐醐醐最夢猿夢醐醐人人
人人人人人人人人花醐猿醐醐醐醐醐澪醐醐醐醐猿花花花秋夢醐醐醐醐醐醐醐最夢死醐醐猿人人
人人人人人人人人人醐花秋醐醐醐醐醐醐醐醐夢秋死死死花秋最醐醐醐醐醐醐醐花花最醐死人人
人人人人人人人人人最花死夢醐醐醐醐醐夢秋秋秋秋秋死死秋最醐醐醐醐醐最花子花秋最猿人人
人人人人人人人人子夢花子花死死秋秋死死花死秋秋夢秋死花秋夢秋花花死花子子花花最最人人
人人人人人人人人花猿花子子子子子花死死花死秋夢夢最秋花花秋秋死子子子死花子花最最人人
人人人人人人人人子秋花花花子花死秋秋死花花秋最醐最最花子秋猿猿秋秋秋死死花秋醐猿人人
人人人人人人人人人最秋子花死秋猿最夢猿花花猿最醐醐最秋花秋最醐醐醐醐最最最醐醐人人人
人人人人人人人人人最最猿秋猿最醐醐醐秋花死秋最醐醐最秋花花猿醐醐醐醐醐醐醐醐最人人人
人人人人人人人人人子醐醐醐醐醐醐醐最死子花秋最醐醐最猿死子秋最醐醐醐醐醐醐醐人人人人
人人人人人人人人人人最醐醐醐醐醐醐猿花花死秋夢醐醐最秋花子死夢醐醐醐醐醐醐人人人人人
人人人人人人人人人人人醐醐醐醐醐醐秋花花死死死秋猿花子子花死猿猿醐醐醐最花人人人人人
人人人人人人人人人人人子最醐醐醐醐夢死花花花死死秋花子子死夢猿花醐醐醐最人人人人人人
人人人人人人人人人人人人死醐醐醐醐最最死死花死死秋死花死猿夢花死醐醐最死人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人猿醐醐醐夢夢夢夢秋猿秋猿猿秋秋死死死夢醐醐最人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人子夢醐醐醐夢最猿最醐猿夢死花死人死夢最醐夢夢人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人秋秋最醐醐醐最醐猿猿夢花子猿秋夢夢醐夢夢花人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人子死秋夢醐夢醐醐醐醐醐最最醐最秋秋猿死夢人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人花花夢最猿最秋最夢醐猿夢秋秋死猿死死猿人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人花死秋猿猿死死秋猿死死死花死死子花人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人死猿秋猿死秋死死死死花秋秋秋子花花人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人夢夢花花死秋猿猿猿猿猿秋子子死人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人猿秋人人人子子子人人子死秋子人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人死猿花人人人人人人秋秋子人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人花死死花死花花人人人人人人人人人人人人人



211 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:34:02.31 ID:Hwnugb.o


律「うわああああああ!?」

唯「こ、こわいよ!!」

梓「5秒でメール返ってきましたけど

  あの人、このコピペ ケータイに登録してるんですかね」

紬「コピペより澪ちゃんの精神そのものが怖いわね」

梓「これは怒ってますね」

律「悲しんでいるのかも知れないな」

唯「悪いことしちゃったかなぁ」

紬「それよりお茶にしよっか」

唯「そうだね!!」

梓「ポット持ってきたんですか」



212 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:34:50.29 ID:Hwnugb.o

唯「はぁ~、お茶おいしいねぇ、あずにゃんや」ズズッ

梓「そうですね~」ゴク

紬「部室以外でくつろぐのも なんだか新鮮ねぇ」

律「こうやって、友達同士で視聴覚室に隠れてましたっていうのも

  いい思い出になるのかもなぁ」

梓「さすがに30分もぼーっとしてると退屈ですけど」

唯「ふっふっふ、甘いよあずにゃん」

 「こんな場所でも楽しもうと思えば いくらでも楽しみはあるんだよ」

梓「たとえば?」



213 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:35:48.66 ID:Hwnugb.o


唯「床に落ちてるホコリの数を数えてみたり

  窓からどれだけ遠くにオシッコを飛ばせるか試してみたり」

律「お前は界王さまか」

唯「空よ!大地よ!私に元気をわけてくれー!!」ガラリ

律「あっ、コイツ窓を開けて…」

 「本気でオシッコを飛ばす気か!?」

唯「もちろんだよ~!!」ヒャッホー



214 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:39:33.48 ID:Hwnugb.o


律「おい、みんな止めるぞ!!」

紬「なぜ?意味が分からない」

梓「唯先輩の好きにさせましょう。だって唯先輩の人生ですから」

律「しまった、こいつら 唯の放尿シーンを見たくて やまない病んだ変態だった」

 「くそ、こうなったらアタシもウンコするしかねぇ!!」ズルリ

唯「…あれ?」

律「どうした!?今さらためらってんのか!?」ミチ…

 「アタシはもうドキドキが止まんないフルスロットルな脳内ぃぃぃぃっ!!」ブチミチ

唯「ねえ、ひょっとして……あれって海?」

律「え?」ピタ

梓「うみ?」

紬「学校から海なんて…」

梓「あっ、本当に海だ!!」



215 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:40:48.55 ID:Hwnugb.o


律「へぇ~、視聴覚室からだと海が見えるんだ」

 「高校生活最後の冬にさしかかるこの時期にして初めて知ったよ」

唯「すごいすご~い!!」

紬「みんな、この教室の同じ窓から海を見てたハズなのに

  誰も気づかなかったのね~」

梓「山の隙間からかろうじて見える程度ですし

  遠くてぼんやりとしてますからね」



216 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:41:49.71 ID:Hwnugb.o


梓「毎日、部室でムダにダラダラしてましたけど

  こんな身近な景色も ゆっくり観てなかったんですねぇ」

律「ダラダラしているようでアタシたちは

  毎日、かけ足で生きてたって事さ」

 「立ち止まってる時間なんてなかったんだよ」

紬「ホント。そういえば中学生のときの3年間と

  高校生の3年間って密度が違わない?」

 「たくさん思い出があるの~」

唯「私も私も~」



217 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:42:49.82 ID:Hwnugb.o


唯「中学の頃は家でゴロゴロしたりアイスを食べながらゴロゴロしたり

  テレビを見ながらゴロゴロしてたけど

  高校でけいおん部に入ってからは、部室でお茶したり あずにゃんにスリスリしたり

  アイスを食べながらゴロゴロしたりテレビを見ながらゴロゴロしたりと

  大忙しだよ~」

梓「結局 ほとんどゴロゴロしているように思えますが本当にかけ足なのでしょうか」

唯「でも本当に色んなことがあったんだよ」

梓「でしょうね」

 「私も色々ありました」



218 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:43:53.73 ID:Hwnugb.o


唯「ギー太を買うためにみんなでバイトしたり、合宿にいったり」

梓「私は海で埋められましたけどね」

律「学園祭でライブをして、ライブハウスでもライブして」

梓「私は打ち上げで校庭に埋められましたけどね」

紬「修学旅行も楽しかったし、夏フェスもすごく感動した」

梓「私は山でも埋められましたけどね」

唯「クリスマス会もおもしろかったね」

梓「私は雪に埋められましたけどね」

律「梓は埋められてばっかりだったな」

紬「でも、おもしろかったわね」

唯「そうだね」

梓「私の高校生活を返せ!!」



219 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:45:02.64 ID:Hwnugb.o


唯「あ~ぁ」

律「どうしたんだ?」

唯「せっかく学校で海が見えるスポットを発見したのに

  あと少しで卒業なんだー」

紬「そうね」

律「みんなで集まって いいトシこいて

  かくれんぼしようなんてバカやってられるのも あとわずかか~」

梓「私はあと1年以上ありますけどね!」

律「そうだな」

梓「そうです。私だけ1年以上もあるんですよー!!」エッヘン

律「アタシらが卒業しちゃったら寂しいだろう?」

紬「いい気味ね」

梓「意味がよくわかりません」

唯「あ~ずにゃん」ギュ

梓「フヒヒ…」シュン…



220 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:46:03.65 ID:Hwnugb.o


ガラララララッ

澪「見つけたぞクソどもおおおおああおおおおあ!!」

梓「ぎゃあああああああああああああああああああ」

唯「わぁあぁあああ!?澪ちゃん!?」

律「マ、マジでおどろいたああ」

紬「」ドキドキドキ

澪「あ?え?マ?お前らなんだよなんでなんだよ!?」

 「私がジャンケンで勝ったのになんで鬼なの!?」

 「講堂のステージの天井裏に潜んでいた

  私の気持ちをどうする?どうすんの私!?」

梓「チッ、申し訳ありませんでした」

澪「ん?なんか 梓 ちょっぴり涙目じゃない?」

 「そんなに私、怖かった?」

梓「そうですね、さすがにビビりましたよ」ゴシゴシ





221 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:47:15.87 ID:Hwnugb.o


澪「ははっ、さぁて、次は誰が鬼をやるんだ?」ウキウキ

唯「ふふ、ねぇあずにゃん」

 「今度の休みの日、一緒に海に行こっか?」

梓「ふぇ?」

唯「あずにゃんと もっといっぱい思い出作っておこうかなって」

梓「唯先輩…」

紬「私も行く!!いく!!イクゥゥゥウウウッ!?」ビクンビクン

律「じゃあ みんなで海に行くかー!!」

澪「えっ、なにこれ、どういう流れ?なんで海に行くの?」

 「みんなの気持ちが分からないのは

  私が本当の鬼になってしまったから…?」

律「おい、しっかりしろ」



222 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:48:11.72 ID:Hwnugb.o


澪「あおおおぉああああああ」

人とは思えぬ野太い声で咆哮をあげると

澪の体が むくりと膨らみ、その形相は本物の鬼のそれへと変貌する。

唯「あ、あぁあああ……澪ちゃん…」

紬「そんな…」

爪は長く伸び、髪を振り乱し、いびつにならぶ歯の隙間から

腐った魚のような臭気が漂ふ。

黄色く濁った瞳で獲物を品定めすると

ひゅぅっと飛び跳ね、哀れな標的の首をねじり、その口から華奢で か細い声が漏れる

梓「ぅげえあっ」



223 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:49:15.64 ID:Hwnugb.o


唯「澪ちゃん、やめてええええ!!あずにゃんが死んじゃうううう」

紬「しゃらんらああ!!」

ガシッ

澪「グェア!?」

律「あぁっ、ムギが澪にスピンダブルアームをしかけた!!」

ビュンビュンビュン

律「ダブルアームの体勢で澪の体を回転させるなんて

  なみたいていのパワーじゃ不可能だ!!」

唯「これは巨大たくあんの力が はたらいているんだね!!」

紬「そりゃー!!」

ブゥゥン

澪「……!!」

唯「澪ちゃんを上に放り投げたああああ!!」

ガッ

紬「地獄の断頭台いぃぃぃ!!」

┣″カ″シャアアアアン

澪「グハッ、私は何を…?」

律「正気に戻るの早ぇ」



224 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:50:47.09 ID:Hwnugb.o


澪「私は友達失格だよ…」

 「みんなが楽しそうに海の話をしているのに

  私ときたら、『え、なんでコイツら人を鬼にしといて かくれんぼに興味を失って

  海の話してるの!?[ピーーー]!!氏ねじゃなくて[ピーーー]!!』とか思ってムカムカして…」

唯「ごめんね…澪ちゃんの気持ちも考えないで…」

紬「確かに澪ちゃんはルール破りの最低の悪魔超人だけど私達も少しだけ悪かったわ…」

律「アタシはちっとも悪くないと内心 確信してるけどケジメだから謝っておくよクソが」

梓「サメの群れに突入しろよ」

澪「なんだろう、すごくモヤモヤするよ」



225 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:51:33.23 ID:Hwnugb.o


唯「ごらんよ澪ちゃん、あの窓を」

澪「唯……」

唯「ほら、何かに気づかない?」

澪「何かってなに?あのアパートのベランダにパンティが干してあるって事?」

唯「そうじゃなくてほら、海が見えるでしょ」

澪「見えるな」

唯「一年生の時、みんな この同じ窓から海を見てたんだよ」

澪「そうだろうね」

唯「ね?」

澪「なにが?」

唯「だからホラ……高校生活でいろいろあったでしょ?」

澪「そりゃあったけど」

唯「そんなことができるのも今だけなんだよ?」

澪「そんなこと唯に言われなくても分かってるよバーカ」



226 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:52:25.88 ID:Hwnugb.o


唯「だめだよ澪ちゃんはもうダメだよ」

律「分かってはいたけどさ…」

梓「まぁ話をするタイミングとかもありますし…」

澪「なにが?」

紬「もう澪ちゃん、帰っていいわよ」

澪「なにがだよなんでだよあの窓から海が見えるからなんだって言うんだ…あっ!!」

律「何か感じた?」



227 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:53:28.58 ID:Hwnugb.o


澪「いや、トンビがこっちに向かってきて…」

トンビ「ピーヒョロロ」

バサバサ

律「あっ、窓から入ってきたぞ!!」

唯「やぁあっ!?」

トンビ「ピョロロwwww」

バッサバッサ

梓「あっ、あのクソ鳥、唯先輩のヘアピンを盗んでいきました!!」

唯「わあぁん、返してぇぇぇ!!!ヘアピン返してぇええ!!」

澪「ばんざーいばんざーい!!」

  「私も唯がトンビに何かをさらわれる光景を目の当たりにしたよ!!」

  「これで私もみんなの仲間だね!!」

紬「よかったわね」ペッ



228 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします:2010/09/26(日) 12:54:24.05 ID:Hwnugb.o


唯「その後、澪ちゃんはこれらの経験をもとに

  新しい歌詞をルーズリーフいっぱいに書いてきましたが

  りっちゃんがケツを拭く紙として使用しました」

 「残念だなぁ」



おわり



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「同じ窓から見てた海」#7
[ 2010/09/26 15:15 ] カオス | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5577 [ 2012/02/12 16:54 ] [ 編集 ]

あの方の作品か
隠れた名作だな

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6