SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  梓「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月28日

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月28日 【クロス】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

紬「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#index




231 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:49:16.69 ID:5Gr5Uk3Fo



9月28日



「・・・」ピップップ

trrrrrr

プツッ

「もしもし」

『もしもし、轍くんかい?』

轍「はい」

『これからフライトなんだね?』

轍「そうです。修平さんにはお世話になりました」

修平『いやいや、キミは仕事をこなしてくれて、僕はそのお礼をしただけだよ』

轍「いえ、夢を繋げる事ができましたので」

修平『ははっ、まぁそれはいいとして』

轍(そんな軽く言わないでくださいよぉ・・・)

修平『暦には電話したのかい?』

轍「後でかけようと・・・」

修平『そうかそうか、義兄としては気になっててねぇ、あっはっは』

轍「・・・」

『お義姉さんと話をさせて』

轍(うわぁ・・・もうすっかり義弟扱いだぁ)

修平『今、葉子に変わるよ。轍くん、応援してるからな』

轍「はい、本当にありがとうございました」

修平『うん。無事に帰ってきてくれよ。それじゃ』

葉子『もしもしー』

轍「お久しぶりです、葉子さん」

葉子『お久しぶりね。これから大変だろうけど、あなたならひょいと乗り越えられるわ』

轍「ははは・・・」

葉子『あと、義妹のことよろしくね♪』

轍「はい」

葉子『またやーたい~』

轍「それでは、また」

プツッ



232 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:50:06.45 ID:5Gr5Uk3Fo


轍「・・・ふぅ」

ピッピッピ

轍「敵わないなぁあの夫婦には・・・」

trrrrrr

ドンッ

「にゃっ」

ポロッ

轍「おっと」

カラカラカラ

「すいません」

轍「こっちこそ余所見をしてたから。ごめん」

「いえ」

ヒョイ

轍「シーサー?」

「それ私のケータイで・・・あ・・・」

轍「・・・?」

「相馬・・・轍・・・さん・・・」

轍「中野梓・・・さん・・・?」

梓「は、はい」

轍「・・・」ジー

梓「な、なんでここにいるんですか?」

轍「飛行機に乗るから・・・」

梓「そうですか」

『もしもし、もしもし?』

轍「・・・あ」

梓「どうぞ」スッ

轍「・・・」

梓「?」

轍「キミは・・・旅をしてきたんだね・・・」

梓「は?」



233 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:51:32.95 ID:5Gr5Uk3Fo


『もしもし・・・轍くん・・・?』

轍「出て」

梓「・・・大丈夫ですか?」

轍「俺の頭は至って通常だよ。なにか伝わるかもしれないよ」

梓「またそれですか・・・」イラッ

轍「・・・」

梓「も、もしもし・・・」

『え!?』

梓「当然こうなるじゃないですか!」

轍「名前を言って」

梓「なにがしたいんですか・・・中野梓です」

『あずさ・・・?・・・え?』

轍「ごめん、貸して」

梓「・・・」スッ

轍「ごめんごめん暦、前に話した子いるだろ?」

暦『・・・』

轍「ごめんって!」

暦『・・・どうしたの?』

轍「中野梓、彼女と空港でまた会ったんだよ」

暦『・・・』

梓「ケータイ返してください」

轍「少し、戸惑ってるみたいだからさ」

梓「なっ!」ムカッ

暦『・・・うん』

轍「少し話をしてみてくれないかな」

暦『・・・』

轍「はい」スッ

梓「そっちのケータイじゃないですよっ!」

轍「キミはこれから、ここで、大切な人と別れるんだろ?あの子と」

梓「ッ!」

轍「そんな顔では、引きずる別れになるよ」

梓「ど、どうしてそう言えるんですか!」

轍「昔の俺のような顔していたから」

梓「なんですかそれは・・・」

轍「大切な親友を失った俺のような顔だよ」

梓「!」



234 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:52:17.62 ID:5Gr5Uk3Fo


轍「話をしてみて」

暦『・・・』

梓「・・・」スッ

暦『もしもし・・・?』

梓「もしもし」

暦『大切な人と別れるの?』

梓「・・・・・・・・・はい」

暦『・・・』

梓「真鶴は・・・?」

暦『お母さんとアメリカへ帰ったよ』

梓「・・・海琴さんは・・・?」

暦『石垣島へ』

梓「・・・そうですか」

暦『うん』

梓「・・・」

暦『・・・』

梓「あ、あれ?」キョロキョロ

暦『どうしたの?』

梓「あっ!私の事放ったらかしにして手続きしてます!」

暦『ふふっ』

梓「なんなんですかあの人!」

暦『なんなんだろうね』

梓「・・・あなたもなんなんですか」

暦『え?』

梓「顔も知らない私とよく話ができますね」

暦『ふふっ、そうだね』

梓「これからずっと見ることがない私の顔ですよ?」

暦『だからじゃないかな?』

梓「え?」

暦『メールや手紙で、顔も知らない人とよく身の上話とかできるでしょ?』

梓「そう・・・ですね・・・」

暦『顔が見えなくても、心で伝えることができるんだよ』

梓「・・・」

暦『あなたも見てきたんじゃないかな?』

梓「・・・はい」



235 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:52:50.56 ID:5Gr5Uk3Fo


暦『ごめんね。踏み込んでしまったね・・・』

梓「いいです。相馬さんから聞いたんですか?」

暦『うん・・・』

梓「顔も見えない相手だからこそ、こんな話もできるんですから」

暦『そうだね・・・』

梓「・・・」

暦『どうして、轍くんが私とあなたを繋ごうとしたのか・・・分かるかな?』

梓「・・・?」

暦『あなたの状況は轍くんから少し聞いてるよ』

梓「・・・そうですか」

暦『フェアじゃないから、言うね』

梓「なんですか?」

暦『・・・私、光を失ったの』

梓「・・・?」

暦『盲目』

梓「―――ッ!」



236 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:53:33.18 ID:5Gr5Uk3Fo


暦『・・・』

梓「・・・っ」

暦『そんな私の居場所を教えてくれたのが轍くんなの』

梓「・・・」

暦『私と兄さん、二人だけの家族で、孤児院で育ったのね』

梓「・・・っ」

暦『兄さんは頑張って、仕事を身に付けて、生涯を共にする人と巡り会えた』

梓「・・・」

暦『自分で見つけることが出来たの。兄さんは』

梓「・・・」

暦『そんな兄に・・・迷惑をかける事になってしまって・・・』

梓「・・・」

暦『・・・梓・・・さん?』

梓「聞いてますよ。・・・どうやってあなたの『居場所』をみつけたんですか?」

暦『まだ見える事ができる先月の夏に、一緒に旅をして、見えてきたの。轍くんと沖縄を走り回って』

梓「・・・」

暦『・・・』

梓「・・・そうですか」

暦『うん』

梓「・・・」



237 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:54:00.75 ID:5Gr5Uk3Fo


暦『そろそろ切るね』

梓「は、話しないんですか?」

暦『・・・うん。電話すると轍くんの足を引っ張ってるみたいで、ちょっと迷ってたから』

梓「・・・大切な・・・人・・・なんですよね・・・」

暦『うん』

梓「だったら・・・言葉を交わしたいはず・・・です・・・」

暦『また、会って話をするよ』

梓「国際線ですよ・・・」

暦『うん』

梓「遠くへ行っちゃうんですよ・・・」

暦『うん』

梓「大切な人の・・・そばに・・・いられないんですよ・・・」

暦『目指す場所が同じなら、何度別れてもまた道の先で出会えるって信じてるから』

梓「!」

暦『あなたもいい旅をしてきたんだね』

梓「・・・・・・はい」

暦『それじゃ、さようなら』

梓「はい、さようならです」

暦『顔も知らないあなたに』

梓「はい。いつか出会えるかもしれないあなたに」

暦『ふふっ・・・。うん』

プツッ



238 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:54:56.95 ID:5Gr5Uk3Fo


梓「・・・」

轍「はい、返す」

梓「・・・」

轍「シーサーは一対でなくちゃいけないんだ」

梓「知ってますよ」

轍「・・・そっか」

梓「・・・」

轍「・・・」

梓「どうして、暦さんを置いていくんですか・・・」

轍「・・・」

梓「大切な人をどうして・・・」

轍「俺と相手が同じ価値観を持って
  立ち止まらないで歩き続けていれば
  きっとまた何処かで、何度でも・・・会えるから」

梓「・・・」

轍「『帰る場所』を暦は与えてくれた」

梓「『帰る場所』・・・」

轍「暦の隣だ」

梓「・・・」

轍「いや、リアクションが欲しいな」

梓「・・・」

轍「キミの先輩達なら、きっとなにかしら言ってくれるんだと思うけど・・・」

梓「それはどうでもいいです。これからどこへ?」

轍「・・・アラスカへ」

梓「・・・」

轍「おっと、時間だ。それじゃあね」

梓「それでは」スッ

轍「・・・え?」

梓「握手です。なんですかその反応」

轍「いや・・・嫌われているかと思っていたから・・・」スッ

梓「さようなら、です」

ギュ

轍「あぁ、さようなら。元気で」



239 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:56:46.62 ID:5Gr5Uk3Fo


梓「・・・」

「・・・」

梓「私、憧れていたんです。あの人の背中に」

「・・・」コクリ

梓「様々な『別れ』を通してでも、前を向いているから」

「・・・」

梓「真っ直ぐに顔を向けて進んでいくから」

「・・・」コクリ

梓「その背中を追いかけたくて、その見ている景色を、私も見たくて・・・」

「・・・」

梓「行きましょうか。先輩達が待ってます」

「・・・」コクリ

梓「これ、持っててください」スッ

「・・・?」

梓「シーサーは一対でいなくちゃいけないんです」

「・・・」

梓「あなたの道の先を守ってもらうんです」

「・・・」コクリ

梓「ありがとう、むぎせんぱい」

ギュ

紬「・・・?」

梓「行きましょう、むぎ先輩!」グイッ

紬「・・・!」



240 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:58:12.17 ID:5Gr5Uk3Fo



「どこ行ってたの二人とも」

梓「野暮用ですよ。唯先輩・・・お二人は?」

紬「・・・?」

唯「どこか行っちゃったよ」

梓「ど、どこへ・・・」

紬「・・・」

唯「はい、むぎちゃん!」

紬「?」

梓「・・・」

唯「今日ここへ来れなくて、学校で学園祭の後片付けしてくれているみんなからのお手紙だよ」

紬「!」

唯「空の中で読んでね」

紬「・・・」コクリ

「なんかつまんねえな、見たことあるお土産ばっかだ」

「当たり前だ」

梓「お土産覗いていたんですか・・・?」

「そうだぜ!」

「クラスのみんなで食べようってさ・・・」

梓「律先輩・・・」

律「なんだよその目は!」

梓「澪先輩・・・」

澪「うん。変なの買うところだったけど、止めたから大丈夫」

唯「りっちゃんなにしにきたの?」

律「見送りだよ!」

紬「・・・」ニコニコ

澪「最後までこのノリか・・・」

梓「そうですよ」

律「私悪くないもーん」

唯「もぅ~」

紬「・・・」

梓「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

唯「・・・」

紬「・・・」チラッ

梓「そろそろ時間ですね」

紬「・・・」コクリ



241 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:58:49.23 ID:5Gr5Uk3Fo


唯「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」クイッ

唯(メジャーのC#・・・唯)

紬「・・・」クイッ

律(オギューメントのA・・・律)

紬「・・・」クイッ

澪(特別コード・・・澪)

紬「・・・」クイッ

梓(メジャーのA・・・梓)

紬「・・・」ペコリ

唯「・・・っ」

律「・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」クイックイッ

唯「『忘れない』」

律「『この季節を』」

澪「『過ごせた時間を』」

梓「・・・」

紬「・・・」ニコニコ



242 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 00:59:29.67 ID:5Gr5Uk3Fo



澪「ありがとう、むぎ」スッ

紬「・・・」スッ

ギュ

澪「昨日の演奏の中で見つけることができた」

紬「・・・」

澪「私の『最高の場所』がそこにあったよ」

紬「・・・」

澪「放課後ティータイムの演奏の中にそれは生まれた」

紬「・・・」

ギュウ

澪「ありがとう」

紬「・・・」コクリ



243 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 01:00:05.38 ID:5Gr5Uk3Fo



律「あーぁ、結局見つけられなかったぜー」

紬「・・・」

律「でも、探す楽しさはやめられないからずっと求め続けるよ」

紬「・・・」ニコニコ

律「バトミントン勝負・・・決着つかなかったから、帰ってきたら勝負だからな」

紬「・・・」コクリ

律「むぎ」スッ

紬「・・・」スッ

律「へへっ、やっぱり私はこの別れ方が合ってるや」

パァン

律「ありがとう」

紬「・・・」コクリ



244 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 01:00:43.89 ID:5Gr5Uk3Fo



唯「むぎちゃん!」ガバッ

紬「!」

唯「泣かないって決めたのにっ、やっぱりダメだったっ!」グスッ

紬「・・・」ナデナデ

ギュウウ

唯「解散しても・・・っ・・・再結成があるんだからね・・・!」ボロボロ

紬「・・・」コクリ

唯「『音楽を続けて欲しい』ってアキヨちゃんが言ってくれたから」ボロボロ

紬「・・・」

唯「わたし・・・やめないからね・・・っ」グスッ

ギュウウウ

紬「・・・」

唯「またみんなで演奏しようねっ!」グスッ

紬「・・・」コクリ

唯「えへへ、また甘えちゃった」グスッ

紬「・・・」ニコニコ

唯「ありがとぉ」

紬「・・・」コクリ



245 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 01:01:31.74 ID:5Gr5Uk3Fo



梓「・・・」

紬「・・・」

梓「甘えていたのは私だったんです」

紬「・・・」

梓「むぎ先輩の後ろを付いて行って、それが自分の旅路だと、そう思っていたんです」

紬「・・・」

梓「でも、私は私の道を行くんです」

紬「・・・」ニコ

梓「いつか、その道がむぎ先輩の道と交わるその時まで・・・待っています」

紬「・・・」コクリ

梓「むぎ先輩の言葉をお借りします」

紬「・・・」

梓「『いつかみた、あの大好きな、空の下で』」

紬「・・・」

梓「『もう一度出会いましょう』」

紬「・・・」

梓「さようなら、です」

紬「・・・」



246 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 01:02:12.89 ID:5Gr5Uk3Fo



そして あなたは優しく 微笑を返してくれる

振り返ることなく 進む その姿を目に焼き付けて

私は 約束を胸に刻み 隣にいないあなたを想い 私の道を進みます

必ず もう一度出会いましょう 



                 End



250 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 20:38:02.54 ID:5Gr5Uk3Fo


読んでくださった方ありがとうございました


風雨来記チームのシナリオが重過ぎる為
作中はどんより空気一色です。でも、これが風雨来記の魅力でもあるんですよね
※欝ゲーではない

伝わりにくさを演出したつもりだったんですが
読み手に伝わらないのですから本末転倒ですよね・・・
もっと巧く表現できた部分もあったと思います
自分が扱うテーマとしては荷が重かったようです

読み手には色んな意味で苦痛を与えた作品になってしまいました
不親切な箇所、遠回りな展開、主軸の不安定さなどなど

どうしてもだらだら、gdgdと長い作品になってしまいます
私はそのウダウダと話をするが好きなんです すいません
それに付き合わせてしまいました。猛省しております

梓にあの一言を言わせる為の長さなんです

それでも前フリが長すぎました

風雨来記のネタバレのオンパレードでした。未プレイの方にお詫びを
海琴にもちょっと台詞を与えたかったです


まだ梓は『最高の場所』に辿り着けていません
後日談を21日に




247 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 13:44:47.41 ID:Zrv8uoTco


よく分からない部分もあったけど引き込まれた
ただベガの続編と考えるとちょっとキツいな
あの時のムギ達には順風満帆に人生を過ごして欲しかった



251 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 21:15:03.32 ID:PO7W63s9o

乙を言うのは、後日談をよんでからだ


由美さんマダー



252 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/19(月) 17:05:02.92 ID:mxamd2Hho

おつおつ
後日談たのしみにしてます






関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「いつかみた、あの大好きな、空の下で」#9月28日
[ 2011/11/02 21:22 ] クロス | 風雨来記 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6