SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「みんな!空はみんな繋がっているからね!」#9

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「みんな!空はみんな繋がっているからね!」#9 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1279389643/

唯「みんな!空はみんな繋がっているからね!」#index




278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 22:46:27.57 ID:ba0UQ5DI0

紬「…唯ちゃん」

律「わかってるっての…」

澪「だからこんな風に話ができるんだろ?」

唯「あれー?」

澪「まったく…しっかりしてくれよ、唯」

律(さっきまで泣き喚いてたくせに、なんとまあ…)

唯「いいじゃんいいじゃん、気長にやろーよ!」

律「お前ものんきだなっ」

梓「いいんですか唯先輩、このまま出られないとティータイムも無いですよ?」

唯「はっ、それは困るよ!みんな何やってるの!?はやく何とかしなきゃ!」

律澪(単純だ)





279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 22:49:27.95 ID:ba0UQ5DI0

紬「でも仲間でピンチを乗り越えるって、なんだかドラマチックね!」

唯「私たち主役だよムギちゃん!」

澪「ムギまで…もっと危機感持とうよ」

律「まあ焦ったって今すぐどうにかなるわけじゃねーし、あんまり気負うなよ?」

澪「律…そうだな、焦らずに出来ることを」

律「唯ー!パントマイムだぞー!」ペタペタ ベチャー

唯「あははは!りっちゃん変な顔ー!私もー♪」ベチャー

律「ぶははははっ」

澪(…私がしっかりしないと!)



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 22:53:00.69 ID:ba0UQ5DI0

紬「それにしても、この壁丈夫ね」

紬「さっき椅子で思い切り叩いてみたんだけど、ビクともしないの」

澪「そんなに分厚くは見えないんだが…何で出来ているんだろうな」

律「ていうかムギ、意外と大胆だな…」

梓「脱出どころか、合流すら出来ない感じですね。どうしましょうか」

唯「こんにちは!平沢唯です!」

梓「えっ」ビクッ



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 22:54:15.18 ID:ba0UQ5DI0

唯「突然ですが、私たち、閉じ込められちゃってます!」

梓「ゆ、唯先輩?」

唯「お茶っ葉入れるカンカンみたいな所です」

唯「色々あるけど、食べ物がないです。食べ物が!一切!」

律「ヤバい、もともと変だった唯が更に変になった!!」

唯「空は見えます。でも、食べ物はありません!」

紬「唯ちゃん、しっかりして!!」

澪「うううぅ…」ブルブル

唯「私たち5人を隔てるのは透明な板、というか壁!」

唯「きっと上から見た私たちは学研の学習キットみたいなんだろうなあと思います!」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 22:55:52.25 ID:ba0UQ5DI0

唯「つまり、私が言いたいことは」

唯「みんな!空はみんな繋がっているからね!」

唯「ってことです!」ドヤ

律「ありゃりゃ…」

澪「それさっき言っただろ!」

唯「だってぇ、どうしたらいいかわかんないんだもん」

唯「お腹すいたよー…誰かお菓子持ってない?」

律「気長にやろうっていったの誰だ。食べ物持ってても渡せないだろー?」

唯「あずにゃーん、お菓子ちょーだーい」

律「無視かいっ」

唯「あずにゃん?おーいあずにゃーん」

梓「……」

唯「あずあずにゃんにゃんあずにゃにゃにゃーん、あーずにゃんにゃん♪」

梓「聞こえてますから歌わないでくださいっ!」

唯「じゃあ返事してよお」



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 22:57:00.64 ID:ba0UQ5DI0

梓「すいません。ちょっとおかしなものを見つけたので」

唯「お菓子っ!?」

梓「おかしなものですっ!どれだけお腹すいてるんですか!」

澪「まあまあ、ところで梓は何を見つけたんだ?」

梓「パイルバンカー、だそうです。説明書もあります」

律「パイルバンカー!?」

澪「何、それ?」

律「武器だよ武器!杭をズバーン!って打ち出すんだ。カッコイイんだぜー?」

律「工事現場にある長ーい機械あるじゃん。あれを小さくしたような奴だよ」

澪「ふーん…?」

梓「カッコイイですか?これ」ヒョイ

律「装着タイプだとっ…!ちくしょー、羨ましすぎる!!」

澪「私には良さがよくわからない…」



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 22:58:09.00 ID:ba0UQ5DI0

唯「あずにゃんこっちにも見せてー!」バンバン

紬「私も見たーい♪」

梓「あ、ハイ」チャッ

唯「勇ましい!勇ましいよあずにゃん!!」

紬「梓ちゃんステキ!」

梓「こ、こんなので褒められても別に嬉しくないです///」スチャッ

澪(梓、さりげなくポーズとってる)



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 22:59:17.67 ID:ba0UQ5DI0

律「で」

梓「はい?」

律「使えるのかそれ?メッチャ見たい」ウズウズ

梓「別にいいですけど…」カチッ

ヒュィイィン ガションッ

梓「うわっ」ドタッ

プシュウゥゥゥゥゥ

梓「ったぁー…。反動めちゃくちゃですよ、これ。…律先輩?」

律「か、カッコイイ…」ポー

梓「…」

律「もっかいだけ!もっかいだけお願い!お願い梓サマー!」

梓「嫌ですよ!それと、これあと二回しか使えませんからね?」

律「漢兵器過ぎる…」ジーン

梓(ダメだこの人)



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:00:27.15 ID:ba0UQ5DI0

梓「とりあえずコレは置いときます。皆さんのほうでは何か見つからなかったんですか?」

澪「そうだな、見たところ私たちのスペースにもいくらかモノがあるみたいだし…」

律「各々で探すって事だな!行くぞ唯隊員!」

唯「了解でありますりっちゃん隊員!」

紬「なんだか宝探しみたい♪」

梓「私ももう少し探してみます」

律「ドリルドリルドリルドリルドリルドリル…」

ガサガサゴソゴソ



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:01:32.32 ID:ba0UQ5DI0

澪「…で、結局見つかったのは」

紬「いつもの楽器でしたー」

唯「えへへ、ギー太ー♪」ムチュー

律「ドラムあるけどドリルない…」ショボン

梓「アンプもありました。電気は通ってるみたいですね」ジャーン

澪「演奏でもしろと…?」

澪「…そうか、わかったぞ!ここから出る方法が!」

唯「ホント?澪ちゃんすごーいっ!」

律「マジで!?あたしらは何したらいいんだ?」

澪「演奏だよ!演奏するんだ!」

律「…へ?」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:02:38.78 ID:ba0UQ5DI0

澪「この閉じられた空間と透明な壁、これは今の私たちの状態を表しているんだ」

澪「私たちは知らないうちにお互いの間に壁を作りあっていた、それがこの壁だ」

律「あのー澪さーん…?」

澪「そして用意してあった私たちの楽器。つまり、これが解決のツールになる」

澪「だからみんなで演奏することで心の壁を取り払う!」

澪「そうすればこの窮地を脱することが出来る!私はそう確信したんだ」

紬「すごいわ澪ちゃん!この場所にそんな哲学的な意味があったなんて…」

唯「澪ちゃんがいれば放課後ティータイムは無敵だね!」

梓「澪先輩尊敬します!一生ついていきます!!」

律「え…?え…?」

律「そ、そうだよなー!澪しゃんサイコーー!!」

「「「「みーお!みーお!みーお!みーお!」」」」

澪「そ、そんなに褒められると照れる…」テレテレ

澪「そ、それより早く始めよう!」

「「「「おーー!!」」」」



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:03:43.22 ID:ba0UQ5DI0

ジャララララッダラダダダンダダダン

澪「どうしてこんなことになったのか…それはわからない」

澪「でも、それが何だって言うんだ」

澪「私はどんな逆境にも負けない」

澪「だって、私たち放課後ティータイムに不可能はないんだから!」

澪「君を(中略)~ム♪」

ダダッダダッジャーン

澪(『けいおん!』完!)



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:04:49.76 ID:ba0UQ5DI0

澪「ふぅ…いい演奏だった」

紬「あの…すごくいい顔してるところ申し訳ないんだけど」

澪「なんだ、ムギ」ニコッ

紬「何も起こらないわ…」

澪「なん…だと…」

律「ですよねー」

梓「よく考えたら心の壁とか意味わかりませんよね」

梓「はぁ…メルヘンは結構ですけど、現実見ましょうよ澪先輩…見損ないました」

唯「ていうか歌の前の語り?私ちょっとヒいちゃったんだけど」

律「私たち放課後ティータイムに不可能はないんだからぁんっ!」キリッ

唯「ぶほぉっ!や、やめてりっちゃーん!」ゲラゲラ

紬「わ、私はちょっと変でも秋山さんのこと友達だと思ってるから!」

澪「うわああん!お前らも乗ってたくせにー!!」



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:05:54.74 ID:ba0UQ5DI0

律「澪が死にました。精神的に」

澪「ブツブツ」

梓「でもどうしましょうか?さすがに手詰まり感が否めません」

唯「もう疲れたー。お腹すいたー!うーいー!…あずにゃん分が足りないよぉ」

梓「唯先輩…」

律「どうしようもないだろー?なんかいいアイデア出さないとさあ」

紬「…あ、あの!」

律「どしたームギ?」

紬「梓ちゃんのところにあったパイルバンカー、使えないかな?」

梓「あっ、非現実的すぎてすっかり忘れてました!」

唯「それで壁を叩いて壊すんだね!ムギちゃん頭いいね!」

律「そんな使い方を思いつくお前はアホだけどな」



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:07:01.46 ID:ba0UQ5DI0

紬「さっきの反動からして、たぶんすごい威力だと思うの」

紬「その分、梓ちゃんには無理させちゃうことになるんだけど…」

梓「……いえ、やります。やらせてください!」

唯「あずにゃん…」

梓「今度は大丈夫です。唯先輩、壁から離れて。…いきます!」カチッ

ヒュィイィン バアァァァァァン!!!

梓「きゃあっ」ドサッ

ガラガラガラガラ

律「わ、割れた!(ていうかカッケー!!)」

唯「あずにゃぁーーん!!」タタタタ ギュッ

梓「あっ…唯先輩…」

唯「会いたかったよあずにゃん!大丈夫?痛いところない?」

梓「正直、全身が痛いです…」



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:08:12.27 ID:ba0UQ5DI0

唯「ところでさ、あずにゃん」

梓「なんですか?唯先輩」

唯「それ、私も使ってみたい」

梓「だ、ダメですっ!唯先輩には危なすぎます!もっと大人になってからです!」

唯「お願いあずにゃん…ダメ?」ウルッ

梓「うっ…しょ、しょうがないですね、今回だけですよ///」

唯「わあ♪ありがとーあずにゃん大好きー!」ギュー

梓「にゃああああ///」

律「帰ってこーい」

紬「良かったわね梓ちゃん」ニコニコ



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:09:18.14 ID:ba0UQ5DI0

梓「ほら、ここをこう持って…ここを押すんです」

唯「なるほどー。ではさっそく!」

梓「あ、待って唯先輩。危ないですから私が補助します」ガシッ

梓「どうぞ!」

唯「んではポチっとな」カチッ

ガションッ

唯梓「わあっ」ドテーン

梓「ふふ、やっぱりこけちゃいましたね」

唯「あずにゃんってば、一人でこんなの使ってたんだねー。偉い偉い」ナデナデ

梓「…えへへ」

律「…で、残り回数がなくなったわけだけど、あたしらの壁は?」

梓「え?何でですか?」

律(こいつ…)



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:32:57.39 ID:NaUYx6jWP

紬「もう何時間たったのかしらね…」

唯「二人っきりだね、あずにゃん…」

梓「こ、困りましたね///」

律「おふたりさーん、ほかの人もいますよー」

唯「このまま出られなかったら二人で一緒に頑張ろうね!」

梓「そうですね、二人でもやし作りましょうもやし。こないだテレビで見たんです」

律「ダメだ、この二人もうダメだ」



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:34:50.54 ID:NaUYx6jWP

紬「みんなー!ほら、ラバーカップー♪」

澪「ブツブツ」

律「澪ー、ここは実は残酷な殺し方をするための場所でー」

澪「ブツブツ」

律「誰かー。……みおー。構ってよ…」ボソッ

澪「ああ!!歌詞浮かびそうっ!!」ガタッ

律「澪!よかったぁ…」

澪「私の想いは閉鎖空間、内にこもって壁を作る自己完結の世界」

澪「声を掛けられても惑わされるな。そいつらはみんな敵だ」

澪「敵は殺せ。殺せ殺せ殺せ…ヒヒヒ」

律「うう、澪ー…」グスッ

紬「二つもあるのよー♪」



298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:36:05.96 ID:NaUYx6jWP

紬「ほら、壁にこうやって使えば登れるかも!」ガポン

紬「…登れない」ガッポン

紬「ううん、もう一回」ガッポン

紬「…」

紬「……」ガッポン

紬「…」

紬「……ぅふ」ガッポンガッポン

紬「くくっ!ふふふふふ」ガポンガポンガポンガポンガポン

紬「ふーんふふーん♪ふふーん♪ふふーん♪」ガッポンガポンガポンガッポン



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:38:16.03 ID:NaUYx6jWP

唯「あ、そうだ!あずにゃん結婚しよう!!」

梓「だ、ダメです///結婚は二十歳になってからって法律が///」

唯「違うよあずにゃん!結婚して子供を作れば脱出できるんだよ!」

唯「小亀と親亀の要領で積み重なっていけばいつか上に辿り着くっ!!」フンス

梓「ゆ、唯先輩…」

梓「天才ですっ!!やっぱり先輩すごい!大好きです!」

唯「じゃあ早速結婚しよう!」

梓「はい、喜んで!!」ダキッ



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:40:11.96 ID:NaUYx6jWP

紬「…」ガッポンガッポンガッポンガッポン

澪「殺す殺す…ブツブツ」

律「みおー…みおー…」ペタペタ

唯「あずにゃん…」

梓「唯先輩…」

グゥゥゥ

唯「あ、お腹すいちゃった」

梓「でももやしも子供もまだ出来てないですよ。どうします?」

唯「ちょっと待ってて」ピピピッ

rrrr…

唯「あ、憂ー?ちょっとお腹すいちゃってー」

唯「場所?わかんないけど…あ、GPSで場所送るよお」

唯「ちょっと待っててね、憂が今食べ物持ってくるから」

梓「唯先輩カッコイイ…」ポッ



301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:42:19.52 ID:NaUYx6jWP

憂「ここかな…お姉ちゃーん」ヒョコ

唯「おーい憂ー!!食べ物持ってきてくれたー?」

憂「持ってきたけどー…落とし穴?に落ちて何やってるのー?」

唯「出られなくなっちゃったから出る方法を考えてたんだー!」

唯「それとねー!私、あずにゃんと結婚することにしたー!」

梓「唯先輩///」

憂「へー…そうなんだー…(新しい遊び…?)」

憂「とりあえずー、食べ物は落としたらいいのー?」

唯「それでいいよー!あ、でも…憂ー!その前にハシゴ持ってきてー!」

唯「トイレ行きたーい!!」



302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:44:26.80 ID:NaUYx6jWP

梓「お帰りなさい唯先輩!」

唯「んしょ、んしょ…あずにゃんも行って来たら?」

梓「そうですね、長丁場になるかもしれないですから。じゃあ私も失礼します」カンカンカンカン

唯「待ってるよー。女は待つものなのさっ…この場合どっちがお嫁さんなんだろうね?」

梓「唯先輩ったら///」

唯「他のみんなも行きたいときは憂に言ってねー?」

澪「トイレでぼっち飯イコール天国…いいかも」

律「澪ちゃんって作詞できるんだぁ!澪ちゃんすごーい!」パチパチ

紬「ラバーカップあるわよ♪ぎゅっぽんぎゅっぽん♪」ガッポンガッポン

唯「…聞いてるのかな?」



303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:46:22.20 ID:NaUYx6jWP

梓「今帰りましたー…ってあれ」

梓「私と唯先輩の家に他の先輩たちが勝手に!!」

唯「勝手じゃないよお、私つれてきたんだよー…それに」

唯「誰が来たって私とあずにゃんの愛は揺るがないからね」ギュッ

梓「唯先輩…私、唯先輩と結婚できて良かったです///」ギュー

唯(…アウト)

梓「それにしても皆さん、顔が腫れて酷いことになってますけど…?」

唯「……」クイッ

律「…」コクッ

澪紬「……」ガシッ

梓「あ、あれ?唯先輩…?」

唯「ごめんねあずにゃん、ちょっとだけ痛いと思うけど、我慢してね?」スッ

梓「何を言ってr」

パシーン



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:50:35.91 ID:NaUYx6jWP

梓「…はっ!私は今まで何を!?」

紬「良かったー!梓ちゃんも正気に戻ったのね」

律「極限状態が長かったからなあ」

唯「りっちゃんなんかキャラ完全に変わってたもんね!可愛かったよー♪」

澪「みおちゃーん、ってな」クスッ

律「うあああっ///」ガンガン

澪「でも、ホントに良かったよ。みんなも合流できたし。唯の機転のおかげだな」

唯「だから最初から言ってるじゃーん」

唯「空はみんな繋がっているからね、って!」

澪「そうだったな!あはは」



305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/18(日) 23:51:35.46 ID:NaUYx6jWP

憂「じゃあ私帰るから、気が済んだら帰ってきてねー?」

唯「ありがとー憂ー!またよろしくねー!!」

唯「では、みんなもそろった事だし、頑張って脱出するぞー!」

「「「「おーっ!」」」」

唯「私たちの戦いはまだ始まったばかりだ!」



END




308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 00:37:15.92 ID:dQtjcpJ10





309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/19(月) 00:40:54.20 ID:GCbBxYnG0

おつ!!






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「みんな!空はみんな繋がっているからね!」#9
[ 2011/11/05 12:59 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6