SS保存場所(けいおん!) TOP  >  妄想 >  男「ムギ先輩、好きです」 紬「えっ?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






男「ムギ先輩、好きです」 紬「えっ?」 【妄想】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1279614829/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 17:33:49.92 ID:z3dfPTdP0

以下俺の妄想



入学式!

男「女子が多い・・・」

男「去年まで女子高だったし当たり前っちゃ当たり前だけど」

男「正直つらいな」

校長「ぺらりんこぺらりんこ」

男「zzz」


男「終わったか」

男「クラスも男3人女子25人かぁ」

男「とりあえず男友達は確保しなきゃな」

ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ
先生「明日は新入生歓迎会があります。
   みなさんも部活に入って高校生活を楽しみましょう。ではさようなら」

さようならー

男「部活か・・・」

男「運動はめんどくさいから文化系がいいな」

男「とりあえず帰るか」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 17:42:25.93 ID:z3dfPTdP0

よくじつ!

男「おはよー」

男友「うぃーっす」

男「そういや今日は新歓会だったな」

男「部活どうしよ」


~~~~~
「ぜひテニス部で高校生活エンジョイしましょう!」

「次は軽音部です」

唯「はじめまして!軽音部の放課後ティータイムです!」

唯「音楽が好きな人はぜひきてください!」

唯「今から私達の曲、ふわふわタイム演奏します!ぜひ聞いてください!!!」

男「!!!!」

男「(軽音部か・・・かっこいいなぁ)」

ふわふわたーいむ ふわふわたーいむ

男「(軽音部入ろうかな)」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 17:45:45.76 ID:z3dfPTdP0

男「ここが、軽音部か」

男「結構どきどきすんな」ドキドキ

ガチャ

男「あの!入部きb」

唯「あずにゃん、あーん!」

梓「唯先輩ったら・・・あーん」

紬「あらあら♪」

男「」

澪「! 入部希望ですか?」

律「男の子じゃん!なになに!軽音部に入りたいの?」

男「(なんか・・・ゆるいな・・・)」

男「はい、新入生歓迎会を見て、僕も音楽したいなと思いまして」

唯「わーい!進入部員だぁ!」ダキッ

男「あqwせdrftgyふじこ」

男「(あばばばばばばb・・・いいにおいだ・・・)」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 17:50:46.47 ID:z3dfPTdP0

紬「男君って言うのね」

男「はい、男と呼び捨てに呼んでもらっても・・・」

律「おい男!そんなかしこまんなって!とりあえずケーキ食おうぜ」

澪「いきなり男君に失礼だろ!ごめんな、男君」

男「あ、いえ。」

紬「男君、何ケーキがいいかしら?」

男「じゃあモンブランで」

紬「はーい♪」

律「このケーキ全部ムギが用意してくれてんだ。
  どうだ?毎日おいしいもの食べられるぞ?」

澪「律!」ポカッ

律「いたっ!」

紬「はいどうぞ、男君」

男「(紬先輩きれいな人だな)」ポーッ

律「あ!男、さてはムギに一目ぼれしたな!」

男「ち、ちがいますよ!」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 17:55:52.84 ID:z3dfPTdP0

紬「男君、かわいいわね」ニッコリ

男「(天使みたいな人だな。)」

梓「男君は楽器なにかやってるの?」

男「いや、とりわけ。小学生の頃少しピアノを習ったくらいで」

唯「じゃあ男君はキーボードやりたいの?」

男「そういうわけじゃないですよ。とりあえず音楽やりたいなって思ったくらいで」

紬「じゃあとりあえず楽器屋に行ってみる?」

唯「そうしよー!」

律「そういや最近スティック欲しかったしな・・・」

梓「私も新しい弦欲しかったですし・・・」

澪「じゃあ行くか」

おーー



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 18:00:55.13 ID:z3dfPTdP0

イラッシャイマセー

男「おー!楽器がいっぱい」

律「楽器屋なんだからあたりまえだろw」

紬「まずはギターから見ましょうか」

男「ギターかっこいい…」

唯「あ!私のギー太だ!」

男「あー、唯先輩新歓のときレスポールでしt、高っ」

男「唯先輩よくこんなの買えましたね」

唯「負けてもらったんだぁ」

澪「(ここの店、ムギの家の財閥の傘下で融通利かせてもらったんだ)」ヒソヒソ

男「(えっ!?紬先輩ってそんなお金持ちなんですか!?)」

律「(そりゃもう…結婚すれば逆玉の輿だぜ?男。どうだ、ムギと結婚したくなったか?)」

澪 ポカッ

律「いったぁ!」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 18:09:04.38 ID:z3dfPTdP0

紬「次はベースね」

男「ベースは長くてこれはこれでかっこいいですね」

澪「だろ?」

律「男、ドラムのほうがカッコいいぞ!」

唯「男君もギターやりたいよね!」

男「えーと…」

紬「じゃあ全部買う?」

男「え?俺そんなお金ないですよ」

紬「部活入ってくれたからお祝いにプレゼントするわ」

男「それはダメですよ!会ってそうそうそんな…申し訳ないですし」

紬「そうかしら…」ショボーン

男「(うっ…反則だ…)はぁ、わかりました。じゃあとりあえずギターだけ欲しいです。」

紬「!」パァ

紬「どれにする?」

男「じゃあこれで」 白SG



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 18:15:09.14 ID:z3dfPTdP0

紬「もっと高いものでもいいのよ!」

男「いや、このクワガタみたいな形かっこいいですし」

紬「わかったわ、斉藤」

斉藤「ハッ」

紬「お会計済ませて」

斉藤「畏まりました、アンプなどの付属品はいかがしますか?」

紬「任せるわ」

斉藤「では」

オカイケイハ、30マンエンニナリマス
アリガトウゴザイマシター

男「ありがとうございます、紬先輩。アンプやらエフェクターやら…」

紬「いいのよ。あとムギってよんでいいわ」

男「じゃあムギ先輩」

紬「はいはい♪」

梓唯澪律「(私達…空気…)」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 18:20:58.60 ID:z3dfPTdP0

男家

男「アンプやエフェクターという用語知っていても、
  実物使うこと無いからよくわかんないな」

男「とりあえず音出してみるか」

男「シールドでつなげて…」ゴチャゴチャ

男「これでおk」

男「では早速…」

ジャラーン

男「おぉお!!! やっぱ感動するわ」

男「早速練習するか」

男「まずはピックの持ち方からだな…」

ジャーンジャーン



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 18:23:39.47 ID:z3dfPTdP0

次の日ほうかご!

男「こんにちわ…」

律「あれー?男元気ないじゃん!どうした?」

男「夜中ずっとギターの練習してました…」

澪「それはいいことだな、感心感心」

紬「えらいわね、男君。今日のお菓子は羊羹よ」

男「いただきまーす」

梓「で、男君ギター弾けるようになった?」

男「とりあえず音を出すくらいです」

唯「じゃあ弾いてみて!」

男「え?ぜんぜん弾けないですよ?」

唯「いいっていいって!私も最初そうだったし。
  分からないところは唯先輩にきいちゃいなさい!」エッヘン

男「じゃあとりあえずコードだけですが…」

じゃーんじゃーん



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 19:24:58.07 ID:z3dfPTdP0

男「こんなもんです」

みんな「……」

男「す、すいません。もっと練習します…」ショボーン

澪「あ、いや、そういうわけじゃないが」

梓「男君ってギターとかアコギとかやってたの?」

男「? 前言ったとおり小学生のときちょこっとピアノ弾いてたくらいで、
  あとはリコーダーくらいですね、楽器類は」

澪「(一日でこんなうまく弾けるか?天才なのかも…)」

梓「(…嘘乙)」

唯「男君うまいね!」

律「すげーな男!一日でそんなうまくなったのか」

男「そうですかね」///

紬「男君本当にすごいわね!」

男「///(ムギ先輩に褒められるとうれしいな)」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 19:32:01.76 ID:z3dfPTdP0

きたく!
男「もっと紬先輩に褒められるように頑張るぞ!」 じゃんじゃんじゃん


----合宿!---
律「そろそろGWか」

律「よーし!合宿だぁ!!」

澪「おい!律。もう私達は三年生なんだぞ!」

唯「澪ちゃん、そんな怒らずに~。息抜きしようよ!」

澪「いつも息抜きしてるだろ…」

男「え?合宿するんですか?」

紬「長い休みのときは合宿、たまにするのよ」

男「へー、楽しそうですね」

梓「で、今年は海ですか?山ですか?」

唯「山でバーベキューしようよー!」

紬「いいわね、バーベキュー」

律「決定!行くぞ山!」

おおーー



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 19:38:50.43 ID:z3dfPTdP0

紬「ここよ!」

男「ここがムギ先輩の別荘…」

男「(俺の家よりでかすぎワロタ)」

唯「わーい!川あるよ、川!」

律「魚釣りしようぜー!」

澪「おまえら、練習が先だ!!」

唯&律「あそびたぁいぃーー!」

梓「はぁ…」

男「いつもこんな感じなんですか?」

梓「いつもこんな感じ…。いっつも唯先輩たち遊んじゃうんだから」

男「梓先輩は遊ばないんですか?」

梓「まぁ、その、遊ぶけど…」

男「梓先輩かわいいですねw」ナデナデ

梓「…///」(ちょっとドキっとしちゃった)



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 19:56:33.59 ID:z3dfPTdP0

ばちゃばちゃ いやーん 釣れた! ぼっしゃーん わいわい がやがや

男「ふぅー、つかれましたね(先輩達の水着みんなかわいかったなぁ)」

澪「練習やるぞ!」

唯「もうお腹すいたよぉ~」

紬「ご飯にしましょう」

律「バーベキューだー!」

男「何か手伝うことありますか?」

紬「大丈夫よ、男君はそこのベンチで休んでて」

男「うーん、じゃあお言葉に甘えて…」

男「遊びつかれた…」

男「zzz」

梓「あ、男君寝てる」

梓「…」どきどき

梓「私も隣で寝ちゃおうかな」

梓「zzz」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:02:14.77 ID:z3dfPTdP0

紬「あらあら♪仲良しさんね」

紬「二人とも起きて」ユッサユッサ

梓&男「…んっ」

男「!! なんで梓先輩俺の上で寝てるですか!?(フルボッキktkr)」

梓「ニャー!! え、えっと」

紬「二人ともご飯よ。急ぎましょ」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:09:52.77 ID:z3dfPTdP0

唯「あずにゃーーーん!」ダキッ

梓「にゃ!」

律「お、二人ともどこ行ってたんだよ…まさか二人っきりであんなことやこんなことを…」

澪「あんなことやこんなこと…」ボッ

男「あ、澪先輩!」

律「あちゃー、澪には刺激が強すぎたか」

男「ってかそんなことしてませんって」

律「まぁいいっていいって、律先輩は深くは追求しない、大人のレディーなんだよ」

男「その割には胸が…」

律「うふー、なんか言ったかかぁー?」ゴリゴリ

男「いた、痛いです!律先輩、なんかもう食い込んでます!」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:13:05.43 ID:z3dfPTdP0

紬「バーベキュー始めるわよー」

わーい がやがや ごにょごにょ あっはん

紬「男君は梓ちゃんのことが好きなの?」

男「え?違いますよ」

紬「そうなの?一緒に寝てたからそうだと思ったわ」

男「いや、起きたらいつの間にか梓先輩が…」

紬「じゃあ梓ちゃんが…」

律「おーい、ムギ。肉が足りないぞー!」

紬「はいはーい。男君、梓ちゃんのことよろしくね」タッタッタッタ

男「あ…」

男「(俺が好きなのは…ムギ先輩なのに…)」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:16:38.92 ID:z3dfPTdP0

梓「(まだドキドキしてる…)」ドキドキ

梓「(私、男君のこと好きなのかな…)」

梓「(……)」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:22:55.87 ID:z3dfPTdP0

唯「お腹いっぱいーい」グッタリ

澪「私もお腹いっぱいだ」

律「ふぅー、さてお風呂はいるか」

男「じゃあ俺待ってますね」

律「何言ってるんだ?男も一緒にだぞ?」

男「え?」

律「ここのお風呂は混浴だからな。男も一緒に来い」

男「だ、だめですよ!」

律「なんだぁ?みんなの は だ か みたくないのかぁ~?
  澪はこれでもDカップあるんだぞぉ?」

男「Dカップ!」

律「それにムギだってそれなりに、いたっ!」

澪「りぃつぅ…!!!」プルプル

律「ごめんなさーい」

紬「じゃあ男君、待っててね」

男「はい、ギター練習してますね」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:33:45.00 ID:z3dfPTdP0

ガチャ
男「自然と前かがみになってしまうな」じゃらーん

男「まぁ男としてしかたないだろ」ピロピロピロ

男「…ムギ先輩は俺のことなんて眼中に無いんだろうな」

斉藤「男様」

男「うぉおお! えーと、確か執事の斉藤さんですよね」

斉藤「はい、男様、単刀直入にお聞きしますが」

男「なんでしょう?」

斉藤「男様は紬様のことを好いていらっしゃいますか?」

男「!   まぁ…」

斉藤「左様でございますか…」

男「で、それが何か?」

斉藤「紬様は財閥の一人娘故、次期会社を担う方です」

斉藤「それゆえ許婚の方もいらっしゃいます」

男「いい、なずけ?」

斉藤「はい、ですのでムギ様のことをおあきらめください。」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:40:32.94 ID:z3dfPTdP0

斉藤「などということを言いにきたのではありません。」

男「?」

斉藤「確かに会社のことを考えれば
   権力もお金もあるお方と紬様がご結婚なされば、両家とも発展なさるでしょう」

男「(俺にはお金も地位も、ないな…。普通のサラリーマンの息子だし)」

斉藤「ですが、紬様のことを第一に考えれば、やはり紬様を愛し、紬様も夫様を愛される。
   そのような結婚を私はなさって欲しいのです。」

男「…」

斉藤「紬様と一緒になるということはそれなりの覚悟をしていただきたいのです。」

男「…はい」

斉藤「男様がより一層、一皮向けた大人の男性になられるのを願っています。」

斉藤「では…」シュン

男「…(斉藤さんは、俺に頑張れって言ってくれたのか?)」

男「がんばう!」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:44:24.52 ID:z3dfPTdP0

律「じゃあ布団決めな」

唯「私真ん中~」

澪「私は端で…」

男「じゃあ俺も端で」

紬「じゃあ私は男君の隣にしようかしら」

男「(ktkr!!)」

梓「(ちくしょー!男君の隣が…)」

梓「じゃあ私はムギ先輩の横で」


律「じゃあ電気消すぞー」カチャ



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:46:38.99 ID:z3dfPTdP0

男「(山の中だけあって窓から見える星の数はすごいな)」

紬「男君、起きてる?」

男「あ、はい、起きてますよ」

紬「星きれいよね」

男「そうですね、さすが山だけあって」

紬「喜んでもらえてうれしいわ」

紬「男君って…」

男「はい?」

紬「好きな女の子いないの?」

男「!! まぁいますけど…」

紬「ほんとう!?誰?」キラキラ

男「いや、言えませんよ」

紬「うーん、じゃあどんな人?」

男「とってもきれいな人で、でもかわいらしくて…」

紬「そうなの」キラキラ



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:48:00.28 ID:z3dfPTdP0

男「ムギ先輩は好きな人いないんですか?」

紬「うーん、私は好きな人を作るのは昔やめたわ」

男「え?」

紬「私って幼い頃にもう許婚の男の子がいるの」

男「…」

紬「それから男の子に告白されても、私はYESとはいえないの」

紬「それで恋愛はあきらめたわ」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:49:38.32 ID:z3dfPTdP0



紬「ってなんだか暗い空気にしちゃったわね、ごめんなさい」ウフフ

男「いや、そんなことは無いですけど…。ムギ先輩はその許婚の男の人が好きなんですか?」

紬「これは言ったらよくないかも知れないけど、あまり好きではないわ。
  でも会社のためだもの。仕方ないわ」

男「……」

紬「まぁ私の恋愛話はそんなとこよ。男君はしっかり恋愛するのよ」

男「…はい」

梓「(男君って…ムギ先輩のことが好きなのかな…)」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 20:54:34.16 ID:z3dfPTdP0


澪「朝だぞ!おきろーー!」

男「おはようございます」

紬「おはようみんな」

梓「先輩、男君、おはようございます」

律「まだ寝たいーーー」

唯「あと10分」

ゴツンッゴツンッ

律「おはよう!」キリッ

唯「いい天気だね、みんな!」キリッ

男「(すごいタンコブだな)」

澪「よし!今日こそ新曲練習するぞ!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:02:38.58 ID:z3dfPTdP0

ずっちゃんずずちゃん!べんべん ぎゅぃーーーん


澪「完成したー!」

律「お疲れ!」

紬「みんなデザートよー」

唯「わーい」

男「(練習の分でけうまくなってる気がする、よしっ!)」



澪「じゃあ帰るか、忘れものないよなー」

唯「あれ?私のギー太が!」

律「そんな大事なもの忘れんなよ…」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:05:09.53 ID:z3dfPTdP0

男「夏…暑い…」

梓「にゃーん…」

唯「溶けちゃうよぉー」

男「そういえば、夏休みは合宿しないんですか?」

澪「さすがに受験勉強しないとな」

律「えー、行こうぜ!」

唯「海行きたい!」

澪「唯、律、今日帰ってきた模試を出してみろ」

律「男、私達は受験生だから夏休みは勉強しなければならないのだ!な、唯」

唯「はいであります!りっちゃん隊長!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:06:09.15 ID:z3dfPTdP0


紬「ごめんね、男君」

男「いや、いいですよ。受験勉強頑張ってください」

男「梓先輩は夏休みどう過ごしますか?」

梓「私は親戚のお家で音楽の勉強してくる予定だけど」

男「すごいですね」

唯「男君は夏休みどうするのー?」

男「そうですね…」

男「ギターの練習してます」

澪「がんばるんだぞ!」

男「はーい」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:12:48.47 ID:z3dfPTdP0

----夏休み----

男「さて…」

男「ムギ先輩に似合うような男性になろう」

男「とりあえず勉強してみるか…」カキカキ

男「ギターの練習しよ」じゃーん

男「そういえば…他の楽器も練習しようかな?」

男「せめて他の楽器は自分で買おう」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:15:09.89 ID:z3dfPTdP0


男「過去3年分のお年玉がふっとんだ…」

男「まぁいいか、どうせ貯めてるだけだったし」

男「電子ドラムはここにおいて、ベースはここ、
  キーボードはここ、マイクはPCにくっつけりゃいいか」

男「おぉ!なんか俺の部屋プロッぽくなったな」

男「さて、まずはドラムから…」ずったん!ずずたん!


斉藤「男様…がんばってくださいませ」

斉藤「プルルルル、ご主人様、非常に素敵な紬様のご結婚相手をお見つけしました」

斉藤「はい、では後ほど」


男 カキカキ ズッタンズッタン ジャンジャン ギュイーン ポロン ベンベン クソ!ID腹筋スレダト! フンフン!



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:22:12.19 ID:z3dfPTdP0

男「なんだか一段とビックなマンになった気がする」

男「今日から二学期か」

男「夏休み中軽音部のみんなに会ってなかったからなんか緊張すんな」


校長「みなさん、有意義な(ry」

男「zzz」


男「終わったか」

男「部室、部室っと」

ガチャ

男「お久しぶりです!」

みんな「おひさしぶり(です)(ね)!」

唯「男君久しぶりー!」ダキッ

男「おふんっ」

澪「元気だったか?」

男「はい」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:23:06.70 ID:z3dfPTdP0

律「あ、そうそう!聞いてくれよ男!」

男「なんですか?」

律「明日ムギ、許婚と談笑パーティーするんだって」

男「…っ!」

唯「許婚ってすごいね~、ムギちゃん」

紬「そんなことないわよ」ウフフ

男「…」

梓「(やっぱり、男君はムギ先輩の事…)」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:27:35.88 ID:z3dfPTdP0

律「じゃあ終わりにするか!」

澪「結局練習しなかった…」

唯「じゃーねー」


男「あ、ムギ先輩」

紬「? なにかしら?」

男「一緒に帰りませんか?」

紬「別にいいけど…」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:30:21.70 ID:z3dfPTdP0

トコトコ

男「…」

紬「…」

男「…(きまずい)」

紬「男君」

男「は、はい!」

紬「何か私に用事があって一緒に帰ろうなんていったんじゃないのかしら?」

男「はい…」

紬「用事って何かしら?私にできることならなんでもするわ!」キラキラ

男「あの…」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:32:37.22 ID:z3dfPTdP0

男「ムギ先輩、好きです」

紬「えっ?」


男「新歓会のときから、一目見たときから好きでした」

男「付き合ってくれませんか?」


紬「…」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:34:43.62 ID:z3dfPTdP0

紬「ごめんなさい」


男「…」

紬「男君が嫌いってことじゃないの!ホントよ!」

紬「でも私には許婚がいるって前いったわよね」

紬「彼氏がいるなんて知られたらそれこそ両家に溝ができてしまう」

紬「私は会社を支えるためにも溝をつくってはいけないわ」

紬「だから…」

男「そう…ですか…」

紬「あ、電車来たからもう行くわね!」

男「あっ!…」

紬「また明日ね、男君!」

プシュー ガタンゴトン


男「(今ムギ先輩…)」

男「(泣いてるように見えた…)」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:40:50.91 ID:z3dfPTdP0

男「布団にダイブ!」

ボフッ

男「ムギ先輩…」


斉藤「男様」

男「…もう驚きませんよ」

男「なんですか?」

斉藤「ご主人様からです」ピラッ

男「ムギ先輩のお父さんから?」

斉藤「では」


招待券 談笑パーティー 13:30 中央ホールより

男「…」グッ



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:45:53.65 ID:z3dfPTdP0

紬「(今日は許婚さんとの談笑パーティー…)」

紬「(失礼の無いようにしなきゃ)」

斉藤「許婚様がご到着されました」

紬「じゃあ行きましょうか」

許婚「紬ちゅわぁーん」

紬「許婚さん、お久しぶりですわ」

許婚「紬ちゃんに会いたかったよぉー」ダキ

紬「(我慢しなきゃ!)」

紬「私も許婚さんに会いたかったわ」

許婚「本当!?ホンとに!?うれしいなぁ」ハァハァ

許婚「今日紬ちゃんぼくの家に来なよ」はぁはぁ

紬「え?」

許婚「僕と一夜を過ごそうよぉ」はぁはぁ 



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:48:40.53 ID:z3dfPTdP0

バンッ


男「ムギ先輩!」

紬「え?」

男「まだあきらめきれずにもう一度戻ってきました」

男「ムギ先輩のことが俺は好きです!」

男「本当に好きです!」

男「俺には権力も!地位もないけれど」

男「俺は!」

男「ムギ先輩が好きです」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:50:12.28 ID:z3dfPTdP0

許婚「なんだこの男は!早くつまみだせYO!」

紬父「おやおや。三角関係とは今の子たちはすすんでいるな」ハッハッハ

紬父「紬、紬が選びなさい」

紬「…」

紬父「会社のことなど気にするな、お前の好きな人を、大切な人を選びなさい」

紬「私は…」

紬「男君がいいわ…」

許婚「っむっきいいぃいい!この無礼な!!こんな会社!潰してやる!」

紬父「それは男君に言ってくれ」

紬父「次の社長はこの子だからな」

男「かかってきやがれ、このピザ野朗」

許婚「むっきーーー!もう帰るぞ!車をだせ!」

ブーン



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:52:20.47 ID:z3dfPTdP0

男「(勢いで言っちゃったけど、次期社長ってなに?あ、漏れる)」

紬父「男君」

男「はい!(漏れた)」

紬父「頑張ってくれ」

男「はい!!」

紬「男君」

紬「ありがとう、大好き」ダキッ

Fin



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:53:56.69 ID:z3dfPTdP0

EP
俺はそれから帝王学とか商学とか色々勉強した。もちろん琴吹家の名に恥じないよう言

い大学へと進んだ。

男「よ、よろしくお願いしますっ!」

紬「うふふ、よろしくね」

初夜も迎えた

今最高に充実してる俺がいる。

会社の運営もムギ先輩のお父さんにアドバイスをもらいながら順調にやっていってる

男「ムギ先輩、今日は式でのプログラム決めですか」

紬「男君、もう私達夫婦になるんだし、先輩はやめてね」

男「じゃ、じゃあ、ムギ///」

紬「はい、旦那様」ウフフ

おしまい



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:56:33.75 ID:z3dfPTdP0

ここまで読んでくれた人、ありがとう

これは男=俺で、妄想を大爆発させながら書きました。最後のほうなどもう酷いです

自分と同じよう、ムギちゃんが大好きな人が呼んで同じく妄想してもらったらうれしいです。

では 
沢庵 はぁはぁ(*´д`*)




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:55:00.24 ID:PxN3nB7o0

よし!次は現実編だな!



74 名前:keion!!:2010/07/20(火) 21:55:01.20 ID:Tmy4A0pF0

男が他の楽器覚えた必要性は一体……



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 21:59:03.26 ID:TjeqZe1n0



面白かった



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/20(火) 22:13:49.85 ID:vdej8Ob1O

乙面白かった






関連記事

ランダム記事(試用版)




男「ムギ先輩、好きです」 紬「えっ?」
[ 2011/11/08 18:38 ] 妄想 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6