SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  部長「最近署員の間で度々耳にするけいおんとは一体何のことだ?」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






部長「最近署員の間で度々耳にするけいおんとは一体何のことだ?」#前編 【クロス】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1280294846/

部長「最近署員の間で度々耳にするけいおんとは一体何のことだ?」#前編
部長「最近署員の間で度々耳にするけいおんとは一体何のことだ?」#中編
部長「最近署員の間で度々耳にするけいおんとは一体何のことだ?」#後編




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 15:19:28.30 ID:CPQLyo8GO

中川「えっ、けいおんですか?」

大原「知っているのか中川」

中川「はい。今巷で話題の高校生バンドグループですよ」

麗子「雑誌でも紹介されているわよね。ほら、このページの……」ペラッ

大原「ふむ。この女の子達が、けいおんというグループなのか?」

中川「けいおんは部活の略称ですよ。
   グループ名は、こっちに書いてある放課後ティータイムの方ですね」





13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 15:30:27.88 ID:CPQLyo8GO

キキーッ

両津「両津勘吉、ただいまパトロールから戻りました」

大原「うむ、ご苦労」

麗子「お疲れ様。今お茶を持ってくるわね」

両津「ん、何見てるんだ中川?」

中川「音楽雑誌に載っているバンドグループの話を部長としていたんですよ。ほら、この……」


両津「ああ、けいおんで噂の放課後ティータイムか」

中川「あれ、先輩も知ってるんですか?」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 15:40:42.22 ID:CPQLyo8GO

両津「左近寺が最近ハマっているんだよ。毎日毎日、けいおんけいおん……」

中川「……確かキーボードを買ったとか言ってましたね」

両津「サンドバッグにダンベル、そしてキーボードだぞ。部屋の雰囲気に合わなさすぎる」

中川「確かに、あの部屋の中にあるのは想像できませんね……」

大原「どうしてキーボードなんだ?」

両津「メンバーの真似をして自分も楽器を買うんですよ」

中川「同じギターやヘッドホンを買ったり……ファンは熱心ですからね」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 15:51:30.26 ID:CPQLyo8GO

中川「左近寺さんは紬ちゃんが好きなんですね」

大原「紬?」

中川「ここに写っている、ほら。この子ですよ」

大原「ほう、この子が……」

麗子「彼女のピアノを聞く機会があったんだけどすごく上手なのよ」カタッ

両津「おっ、サンキュー」

中川「僕も彼女のグループが主催するパーティーに参加しました。かなり大きなグループですよ」

大原「なるほど、お嬢様というわけか」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:03:33.35 ID:CPQLyo8GO

両津「知り合いか?」

中川「何度か話した事はありますが……」

麗子「礼儀正しくて、とても可愛らしい子よ」

両津「ふぅ~ん……」


大原「まあ、大体わかったよ。ありがとう中川」

中川「いえ。また何かあれば」

大原「うむ。では署に戻るか。サボるんじゃないぞ両津」

両津「わかってますよ」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:11:55.63 ID:CPQLyo8GO

ニコニコ寮

両津「さあて、今日のカップ麺ちゃんはと……」

左近寺『ムギゅぅぅぅぅぅ!!』ピロリラ ピロリラ

両津「……また左近寺か」


両津「おい左近寺。夜中に楽器は控えろとあれほど……」ガチャッ

左近寺「む、ムギゅぅぅぅぅぅぅ! ムギゅぅぅぅぁ!」

両津「駄目だ聞いてない……格闘技と、どきメモ一筋だった男がこんなになるなんて……」

両津「ん……」

中川『何度か話した事はありますが……』

左近寺「ム、ム……ムギゅぅぅぅぅぅ!」

両津(これは使えるかもしれん……)ニヤリ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:19:24.83 ID:CPQLyo8GO

次の日

中川「ええっ、紬ちゃんに会いたいんですか?」

両津「頼むよ中川くぅ~ん。お金持ち同士の仲でさぁ~、ちょこっと」

中川「ど、どうしたんですかいきなり?」

両津「いやぁ音楽の素晴らしさに目覚めてしまってね。生の音楽に触れてみたいのだよ」

中川「何もけいおん部じゃなくても……」

両津「頼むよ中川! この通りだ!」ガバッ

中川「わ、わかりましたよ。しかし彼女も忙しいですからね……次の休みが空いていれば……」

両津「バカもの! 今から行くんだ今から!」

中川「ええっ! 勤務中ですよ!」

両津「学校に行けばいいだけの話だ。車を出せ中川」

中川「ダ、ダメですよそんなの……」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:26:54.27 ID:CPQLyo8GO

両津(くそっ、約束している手前後には引けん……)

……

左近寺「えっ、ムギちゃんに会える!」

両津「ああ、わしに任せろ。会いたいなら会わせてやるぞ」

左近寺「た、頼む両津! ムギちゃんの事を考えると夜も眠れないんだ……
    こんな気持ち、沙織と出会って以来なんだ……」

両津「ほう……」

左近寺「最近は食欲も減って、沢庵しか喉を通らないんだ……」ポリポリ

両津「大丈夫だわしが口を聞けばすぐに会える」

左近寺「た、頼む両津!」

両津「だがしかぁし!」ドン

両津「タダで会えるとは思ってないよな左近寺君?」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:30:54.52 ID:CPQLyo8GO

左近寺「か、金を払うのか?」

両津「相手は忙しいお嬢様だぞ!
   わざわざ時間を割いて会ってもらうんだ。紹介料だよ紹介料」

左近寺「い、いくらだ?」

両津「そうだなとりあえず……指五本かな」

左近寺「ご、五千円?」

両津「バカもの! 五万だ五万!」

左近寺「た……高すぎるぞ両津!」

両津「ん~? 五万円払えば愛しのムギちゃんに会えるんだぞ?
   安いとは思わんかね、ん?」

左近寺「……」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:35:23.72 ID:CPQLyo8GO

左近寺「本当に会えるんだろうな?」

両津「ムギちゃんとは昔からの知り合いでな。
   以前はよくキーボードとピアニカでセッションしたもんだ」

左近寺「何だか違和感のある組み合わせだな……」

両津「とにかく、会いたいなら前金で五万だ。ビタ一文負けんぞ」

左近寺「う、うう……よし! 払う。払うぞ両津!」

両津「ヒッヒッヒッ、毎度どーも。明日中川の車で迎えに来るからな」

左近寺「おう! ああ、ムギ……ムギゅぅぅぅぅぅ……」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:40:50.75 ID:CPQLyo8GO

……

両津「な? な?」

中川「うぅ~ん……」

キーッ

ボルボ「両津。来週のサバイバルゲームの打ち合わせだが……」

両津「お、ボルボか!」

両津(この際ボルボでも……)

ボルボ「両津?」

両津「ボルボ、車を出してくれ」

ボルボ「えっ? お、おいちょっと待て。サバイバルゲームの……」

両津「そんなのは後回しだ。ほら、早くしろボルボ」

中川「ち、ちょっと先輩!」

両津「部長にはパトロールと言って誤魔化しといてくれ」ブォオオ

中川「行っちゃった……」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:43:24.81 ID:CPQLyo8GO

ボルボ「抜けてきて良かったのか?」

両津「なあに、いつもの事だよ」

ボルボ「それで何処に向かうんだ?」

両津「まずは寮に寄ってくれ。左近寺を拾ってからだ」

ボルボ「左近寺? またゲームの話か?」

両津「いや、今回はけいおん……音楽の事だ」

ボルボ「ほう?」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:50:01.29 ID:CPQLyo8GO

左近寺「……というのが放課後ティータイムだ」

ボルボ「女子高生バンドか」

両津「まあ、追っかけみたいなもんだな」

左近寺「ムギちゃんに会えるなら……何でもいい」

ボルボ「で、その桜ヶ丘高校に向かえばいいんだな?」

両津「住所はこの雑誌にある通りだ。頼んだぞボルボ」

ボルボ「ああ、任せておけ」

両津(会えても会えなくても関係無いがな)



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 16:57:41.73 ID:CPQLyo8GO

桜ヶ丘高等学校

ボルボ「さ、着いたぞ」

左近寺「しゃ、写真で見た通りだ……」

両津「さあて」スタスタ

ボルボ「そう言えば両津。俺たちが来るためのアポはとってあるのか?」

両津「そんなものは無い」

左近寺「だ、大丈夫なのか両津?」

両津「なあに、ムギちゃんの知り合いなんだからいいんだよ。
   それにわしらは警察官だ。何の問題も無い」

ボルボ「すごい考え方だ……」

左近寺「頭の中がふわふわ時間みたいなものだからな……」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 17:03:47.05 ID:CPQLyo8GO

校舎内

両津「さあて目的のムギちゃんは……」

ボルボ「いいのか両津。職員室に行かなくて」

両津「ちょっと会うだけだからいいんだよ」

左近寺「こ、この校舎、この階段……一緒! 一緒だ!」

ボルボ「……」

両津「ただの建物にいちいち感動するんじゃない。ほら、行くぞ左近寺」

左近寺「ム、ムギゅぅぅぅぅぅ……」

ボルボ「やれやれ……」



唯「…………」ジーッ



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 17:11:23.90 ID:CPQLyo8GO

部室

律「おっそいなー。唯のやつ」

梓「すぐに帰ってきますよ」


バタバタバタバタ

ガチャッ!

澪「噂をすれば、だな」

唯「た、大変大変だよ!」

紬「どうしたの唯ちゃん。そんなに慌てて」

唯「さ、さっき学校の中に……」

澪「学校の中に?」

唯「ゴ……ゴリラとプロレスラーがいたんだよ!」

澪「ゴ、ゴリラぁ?」

律「ははっ、そのプロレスラーがマスク被っていたり馬が校庭を走ってたりしてたのか?」

唯「ま、漫画の話じゃないよ! 本当にいたんだよ!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 17:18:49.48 ID:CPQLyo8GO

律「いいかあ~唯。今日日学校にそんなのがいたらな、
  通報されてあっという間に警察行きに……」

澪「そ、そうだよ。それにゴリラって……」

梓「なんだかちょっと怖いです……」

唯「あずにゃんは信じてくれるの!?」

梓「そ、そんなのいたら嫌だなぁって……」

唯「私も思わず二度見しちゃったんだよ……」

澪「ほ、本当に見たの?」

律「おっ、泣き虫澪ちゃん。怖いのかい?」

澪「だって……」

唯「あ、でも……普通に話してたからゴリラではないのかなぁ……」

律「喋るゴリラなんて逆に会ってみたいわ」ビシッ

唯「あいたっ」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 17:27:41.28 ID:CPQLyo8GO

唯「でも私、聞いちゃったんだよ。そのプロレスラーの人が……
  ムギゅぅぅぅぅぅ、って言っているの……」

梓「それってムギ先輩の事ですか?」

唯「わからないけど、この学校の事知ってるみたいだったよぅ~……」


律「んー。ムギを狙ったストーカーか?」

梓「一応先生に相談してみますか?」

唯「そうだねそうだね~」

律「さわちゃんもそろそろ来ると思うしな。よし、それまでお茶して待ってようぜ」

澪「結局それかよ!」

律「えへへ~」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 17:38:44.02 ID:CPQLyo8GO

両津「随分広い学校だな」

ボルボ「闇雲に探しても時間の無駄だ。やっぱり職員室で誰かに……」

さわ子「あら?」

左近寺「お、おい両津」

両津「丁度いい。あー、ちょっと聞きたいんだが。けいおん部の部室は……」

さわ子「ゴ……ゴ……」

両津「ん、あんたどっかで見た事が……」

ボルボ「この雑誌に載っているな。けいおん部の顧問として、ほら……」

両津「おお。わしらけいおん部に行きたくてな。連れていって欲しいんだが……」

さわ子「ゴゴゴゴゴ……」

左近寺「様子が変だぞ?」

さわ子「ゴ……ゴリラァァァァァ!」ピューッ

両津「あ、おい。待てっ!」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 17:46:17.69 ID:CPQLyo8GO

部室

バタバタ バタバタ

ガチャッ!

律「おっ、やっぱり噂をすれば…」

さわ子「た、大変よみんな! 学校の中にゴリラがいてね……!」

律「うわぁ、唯とおんなじ事言ってるよ」

唯「ほら、やっぱりいたんだよ!」

梓「本当みたいですね……」

律「いや~わからんよ? 二人で相談してイタズラしてるだけかも」

さわ子「本当にいたんだってば! 話しかけられただけで捕まって食べられちゃいそうだったのよ!」

澪「なんか、唯の時より話がでかいな……」

さわ子「それに、この部室を探しているみたいだったし……」
律「やっぱりストーカーか!」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 17:58:10.51 ID:CPQLyo8GO

唯「どうしようさわちゃん~……」

さわ子「……戦うしかないわね」

律「いやいや。警察に連絡すればいいじゃん」

さわ子「奴等はすぐそこまで来てるのよ! そんな暇無いわ!」

紬(ちょっと面白いかも……)キラキラ

唯「武器はどうするのかな? 音楽戦士らしく楽器かな?」

律「いや、楽器で戦えるのはゲームの中だけだから……」

澪「ギターで戦うなら、せめて戦闘機に乗ってないとな」

唯「えっ?」

律「えっ?」

澪「……な、何でもない……」

さわ子「ほらあなたたちも、この消火器持って。使い方わかるわね?」

律「おお、いつの間に」

唯「うわぁ、避難訓練みたいだよ~」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:02:32.70 ID:CPQLyo8GO

紬「一応、こんなのもありましたけど」

【ゴキジェット】

さわ子「いいわよムギちゃん。武器になりそうな物は何でも利用する。その意気や良し」

紬「はいっ、頑張ります!」ワクワク

律「……二人は燃えてるな」

梓「わ、私はちょっと……」プルプル

唯「怖がるあずにゃんもかあいいなぁ~」ナデナデ

律「全く……おい、澪も何か言ってや……」

澪「……」

律「澪?」

澪「何か来る……」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:12:03.24 ID:CPQLyo8GO

両津「確かこっちの方に」

ボルボ「この階段か?」

左近寺「おお、見た事があるぞ。確かにこの上に……」

両津「あの部室か?」

左近寺「そうだ!」

両津「ふう。やっと着いたか」

ボルボ「だから早く誰かに聞けば良かったものを」

両津「お陰で喉がカラカラだ」

左近寺「運がよければお茶をご馳走してくれるかもしれないぞ。
    ムギちゃんの優しい味……か、考えただけで……」クラクラ

両津「確かに、そんな事も書いてあったな。よし、まずはわしが挨拶にだな……」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:16:44.98 ID:CPQLyo8GO

左近寺「抜け駆けはずるいぞ両津!」

両津「こういうのは最初の挨拶が肝心なんだよ。
   わしが話を通してやるから、お前らは後ろからゆっくり付いてくればいい」

ボルボ「顔見知りは両津だけだからな。仕方あるまい」

左近寺「うう……早くムギちゃんに会いたいのにぃ……」

両津「焦るな焦るな。じゃあ……行くぞ」

左近寺「おう!」

……

ガチャッ



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:20:04.16 ID:CPQLyo8GO

ギシッ ギシッ ギシッ

澪「三人分の足音……」

『……確か、こっちに……』

澪「野太い話声……」

律「ま、まさか……」

さわ子「みんな、準備はいい?」

紬「……」コクッ

唯「えっと、安全ピンを外して、と……」

梓「……」ブルブル

律「……」ゴクリ



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:23:21.66 ID:CPQLyo8GO

『よし、わしが……行くぞ』

全員(来る!)

ガチャッ

両津「はぁ~いみなさん。両津勘吉どぇ~す」スチャッ(五所川原の車を止めたポーズで)

さわ子「うわああぁぁぁぁ!」ブンッ

両津「え?」

ゴシュッ!

澪「顔面殴打!」

律「消火器ってそう使うんかい!」

さわ子「こういう使い方もあるのよ!」ゴシュッ ゴツッ

両津「い、いてて……お、おいやめろ!」

さわ子「唯ちゃん。噴出!」

唯「え、エイっ!」シュゴワァァー

両津「ぺっ、ぺっ……消火剤か……ま、まて……」

さわ子「しぶといわね」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:28:23.38 ID:CPQLyo8GO

紬「えいっ。えいっ」プシュー プシュー

律「人間にゴキジェットって効くのかなぁ?」

澪「体に良い事はないと思うけど……」

梓「……」プルプル

両津「……」ピクピク

紬「やったかしら?」

さわ子「もう少し。ダメ押しで」ボカッ

唯「ほいさっ」ブシャァァァ

紬「うふふっ」プシュー プシュー

澪「地獄絵図だ……」

律「ちょっとした事件だな……」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:40:02.37 ID:CPQLyo8GO

翌日

両津「ふざけるなよ! あいつら!」ガシャン

グワッシャーン

ボルボ「不法侵入した俺たちが悪い」

左近寺「俺もそう思うぞ。謝って来たんだからいいじゃないか。誤解も解けたし」


両津「わし以外の人間だったら死んでるぞ!!」

ボルボ「死ななかったからいいじゃないか」

両津「さらっと言うんじゃない!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:43:13.75 ID:CPQLyo8GO

両津「お前らは被害を受けてないからそんな事が言えるんだ!」

左近寺「お、俺は生のムギちゃんに会えたから何でも良い……」

ボルボ「い、いやあ。音楽もなかなかいいものだな。
    俺もちょっとギターを初めてみようかな、なんてな!」

左近寺「お、バンドでも組むか!」

ボルボ「いいねぇ! じゃあ早速メンバーの募集から……」

両津(こ、こいつらはダメだ……)

両津(だが仕返しをしなければわしの腹の虫がおさまらん……)



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:50:56.54 ID:CPQLyo8GO

部室

澪「昨日はすごかったな」

さわ子「昨日のことはもう忘れてぇ……」フニャッ

律「普通に考えて警察沙汰だもんな。
  しかも当の警察をボカスカ殴っていたんだから、そりゃあもう……」

さわ子「やめてぇぇぇぇぇ!」ジタバタ

梓「あ、あんまりいじめちゃ可哀想ですよ」

律「へへっ、冗談冗談」

唯「でも逮捕されなくてよかったね~」

紬「本当ね。変わりにサインが欲しいだなんて……ふふっ、変なの」

律「あー、あの筋肉さんすごいムギの事好きそうだったからなー」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 18:57:06.99 ID:CPQLyo8GO

律「唯はあの軍人さんがお気に入りだっけか? よく話していたし」

唯「え~、だってあの筋肉すごいカッチカチだったんだよ~」

澪「触った瞬間大量の鼻血を出したのには驚いたけどな……」

唯「へへ~。触ると噴水みたいに出るからつい面白くて」

律「生きた人間ポンプだったな」

澪「それ、意味違うぞ多分」

梓「で、でもあのゴリラさんはずっと不機嫌な顔してましたよ?」

律「あんな後でご機嫌になる人間なんていないってば……」

梓「それはそうですけど……」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:06:54.91 ID:CPQLyo8GO

ピンポンパンポーン

『さわ子先生さわ子先生。来客の方が見えております、職員室までお願いします……』

ピンポンパンポーン

律「さわちゃん呼び出しだ」

唯「まさか昨日の事が学校にバレて……ていしょく!」

律「いやあ辞職もあるぜ~? 消火器で顔面ジャストミートなんて普通に考えたら、ねえ?」

さわ子「へ、へへ、変な事言わないでよ!」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:07:42.90 ID:CPQLyo8GO

紬「先生。就職先に困ったら言って下さいね? 私が全力でお世話しますからっ!」

さわ子「ムギちゃんが言うと冗談に聞こえないからやめて……」スタスタ

唯「いってらっしゃ~い」

澪「大丈夫かな? 来客って……」

律「本当にあのゴリラだったりしてな」

澪「もう、律ってば……」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:12:39.26 ID:CPQLyo8GO

さわ子「教職を失う……」

さわ子「ううん……そんなに後ろ向きにばっか考える事も無いわよね」

さわ子「そうよさわちゃん。昨日の事は綺麗サッパリ許してくれたじゃない。多分だけど……」

さわ子「それに、職員室にあの原始人がいるなんてそんなまさか……」

ガラッ

両津「お」

さわ子「ひいっ……ご、ごめんなさい! 本っっ当に申し訳ぇぇ……」

中川「この人が昨日先輩が話していた人ですね?」

さわ子「え、あ……」

さわ子(カ、カッコいい……)



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:19:17.95 ID:CPQLyo8GO

中川「初めまして。中川と言います」

さわ子「な、中川さん……?」

中川「ええ、今日は先輩が昨日のお詫びをしたいからと。そのお付き合いです」

さわ子「ゴ、ゴリさんが?」

両津「わしは両津だ。昨日騒がせちまった分を謝りたくてな」

さわ子「あ、謝るだなんてそんな! 悪いのは私の方でして……」

両津「部員の子にも是非挨拶させて欲しくてな。こうして赴いたわけだ」

さわ子「そ、そういう事なら……」

さわ子(意外と良い人なのかも? 私ったら誤解していたのかな?)



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:25:18.73 ID:CPQLyo8GO

さわ子「で、ではこちらに。部室まで案内します」

両津「おう頼むぜ」

中川「いやあ先輩から謝りに行きたいなんて聞いた時はびっくりしましたよ」

両津「ははっ、わしは女性には優しいんだ。こうして手土産も持ってだな」

中川「前の時みたいに中身がゴキブリ、なんて事は無いですよね?」

さわ子「ゴ、ゴキ!」

両津「バカ変な事を言うな。せっかく来たのに誤解されるだろうが」

中川「ははっ、すいません」

さわ子(や、やっぱりまだちょっと怖いかも)



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:31:27.09 ID:CPQLyo8GO

ガチャッ

さわ子「……」

唯「あ、おかえりさわちゃん」

律「どうだった? 休職? 辞職?」

唯「え、さわちゃん給食係になるの?」

澪「いやそういうの要らないから」

唯「じゃあ定食?」

澪「もういい」ビシッ

唯「あたっ」

さわ子「あはは~……あのね、昨日の警官さんがね」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:35:25.99 ID:CPQLyo8GO

両津「うおっす」ニュッ

唯「あ、ゴリさんだ」

律「うわ~本当にいるよ」

さわ子「昨日の事を謝りたいって……」

梓「へ?」

紬「謝りたい、ですか? 悪いのは私達の方で……」

中川「先輩も思う所があるみたいですよ」

律「わお。イケメンじゃん!」

紬「あら? もしかして……圭一様ですか?」

中川「久しぶりだね紬ちゃん」

紬「やっぱり圭一様。お久しぶりです」

さわ子「あ、あれ? 知り合い?」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:42:37.28 ID:CPQLyo8GO

紬「父の会社がお世話になっているんです。圭一様とも立食パーティーで何度かお会いして……」

律「なあ澪。普通のパーティーとは違うもんなのかな?」

澪「お金持ちばっかのパーティーなら違うんだろうな」

中川「そんなわけで彼女とは親交があるんですよ」

さわ子「そ、そうだったの? ム、ムギちゃんちょっとちょっと……」

紬「はい?」

さわ子「あとで中川さんの事教えてね?」ヒソヒソ

紬「ふふっ、はい」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:47:33.48 ID:CPQLyo8GO

両津「中川。挨拶はその辺でだな」

中川「あ、すいません先輩」

梓「先輩って事は……中川さんも警察官なんですか?」

両津「中川はわしの部下だ。もちろんわしの方が位だって上だ」

唯「ええ~、本当?」

律「凶悪犯の護送中にしか見えないよな」

両津「っ……!」プルプル



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:51:31.72 ID:CPQLyo8GO

中川「先輩は本当に頼れる上司だよ。犯人検挙率だって100パーセントなんだから」

唯「それってすごいの?」

澪「100パーセントって事は全ての犯人を捕まえてるって事だから……多分」

両津「わっはっはっ。君はなかなか見る目があるね」

律「でもその割にはニュースで見る凶悪犯罪の量、減ってねーけどな」

両津「」ピクッ

律「大方、食い逃げとか万引きとかそんなのばっかだろ?」

両津「」ピクピクッ

澪「ち、ちょっと律……」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 19:57:35.01 ID:CPQLyo8GO

律「もっと大きな事件の犯人捕まえてから威張れよなー」

両津「」スチャッ

中川「せ、先輩! 銃はダメですって、銃は!」

両津「うるせえ中川! こんな事言われて黙ってられるかぁ!」カチッ

中川「本気で撃鉄起こさないで下さいぃ!」

律「あ、もしかして怒っちった?」

両津「当たり前だバカ野郎! そこ動くんじゃねえぞデコスケ野郎!」

中川「ダ、ダメですってば!!」ガシッ



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:05:07.25 ID:CPQLyo8GO

律「その気力を犯人逮捕に使えればなぁ……」

両津「わし一人で捕まえられるか! 事件は北海道から沖縄、色んなで四六時中起きてるんだぞ!」

紬「確か圭一様のお父上は72時間働ける方でしたよね?」

中川「父は常に世界を飛び回ってるからね。立派な父親だよ」

律「なんだちゃんと出来てる人もいるんじゃん。ゴリもそれくらいさ~」

両津「できるかぁ!」スチャッ


中川「だぁぁっ! 女子高生相手に本気になっちゃダメですよ!」

梓「……」ガタガタブルブル



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:13:40.26 ID:CPQLyo8GO

両津「ふんっ。大体凶悪犯なんざ他の警察が捕まえてくれるんだよ」

律「あっ、開き直りやがったなこいつ」

両津「古くは、はぐれ刑事。太陽に吠えろ……ジーパンにだな……」

さわ子「なんじゃこりゃぁぁぁあ!」

澪「この状況がなんじゃこりゃあだよ……」

両津「更に時代を遡って銭形平次捕物控にだな……」

ポカーン

中川「先輩。年代がズレすぎてますからその辺で……」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:19:14.67 ID:CPQLyo8GO

律「っていうかそれ全部ドラマや作り物の話だろー?」

澪「それくらいはわかるよな」

唯「ねえねえ、そういうカッコいい刑事さんっていないの?
  お呼びとあらば即参上! って感じの」

梓「それこそドラマじゃないんですから、そんな刑事さんが実際にいるわけ……」

中川「そ、そうだよ。そんな刑事なんているわけが無いよ」

両津「いや……いるぞ!」ニヤッ



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:27:10.72 ID:CPQLyo8GO

律「ええ、どっちだよ全く~」

さわ子「中川さんがいないって言うならいないんじゃない?」

澪「そうですよね」

律「ま、所詮はゴリラの戯れ言だよな」

梓「変な事言っちゃってごめんなさい~」

唯「もう~あずにゃんたら」

梓「えへへ~」

両津「もう~あずにゃんたら~」

両津「えへへ~」

……

両津「ふざけんなてめえら!!」スチャッ

澪「ぎゃああぁぁぁああ!」

中川「先輩! きっと彼女達の冗談ですよ冗談っ!」

両津「冗談だけで会話されて堪るか!!」カチッ

中川「ま、待って下さいよ先輩!」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:32:28.04 ID:CPQLyo8GO

中川「こんな所で特殊課の話はできませんよ!」ヒソヒソ

両津「なぜだ! 現代にもこんな素晴らしい刑事がいるとだな……」

中川「本当に現れちゃったらどうするんですか! トラウマどころじゃ済みませんよ!」

両津「だから呼ぶんだよ。会いたいって言ってるんだから仕方ないだろ!」

中川「よ、呼ぶってまさか……」

両津「奴らは来る。必ずな」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:38:02.78 ID:CPQLyo8GO

律「なに話してるんだよ~、原始人」

両津「ふふっ、お前ら刑事さんな会いたいか?」

唯「やっぱり会えるの!」キラキラ

紬「会えるなら私も興味があるわぁ」キラキラ

澪「い、いるんですか?」

両津「ああ、いるとも。もう一度聞くぞ、会いたいか?」

唯「あいたい!」

律「もったいぶらずに早く呼べよな~」

両津「ふふっ、見ていろ……」スッ

澪「ホラ貝?」

両津「スッ……」

ブオオゥオゥオオオー

……



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:42:17.59 ID:CPQLyo8GO

律「何も起こんないぞ?」

唯「あれ~?」

両津「ふふふ。まあ待ちなさい」

梓「あ、あんなので誰か来るんですかね、澪先輩」

澪「……」

梓「澪先輩?」


ドドドドド

澪「来る……足音がする」


律「え? え?」

澪「もう、すぐそこにいる……」

ドドドドド ドドドドド



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:47:24.33 ID:CPQLyo8GO

両津「来たか」

梓「な、なんか怖いです」

さわ子「何が来るっていうのよ?」

澪「もう……いる」

全員「え?」

……

ピンポンパンポーン

『えー、テステス。テステス』

律「……なんだよただの放送かよ。びっくりさせやがって」

さわ子「あら? でも今日は放送室開いてないはずよ?」

梓「へっ?」

さわ子「鍵は私が管理してるから……誰も入る事なんて……」

『あー、あー。よし』

律「じゃあこれは一体誰なんだよ!」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:52:50.54 ID:CPQLyo8GO

『では改めて……ミュージックスタートだ』

チャララ~チャ~チャチャ~♪(あの音楽)

律「うおっ! なんか流れてきた!」

紬「あ、私この音楽好きかも」

澪「マジでかっ!」


『桜ヶ丘高等学校の諸君。私は特殊刑事課の一人……汚野だ』

唯「け、刑事? 刑事さんだよ! 本当にいたんだね!」

中川「いつもの自己紹介はどうしたんですかね?」

両津「今は前座だな、気合いが入っている証拠だ」

中川「はぁ……」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 20:58:09.92 ID:CPQLyo8GO

汚野『ただ今から、けいおん部の部室にて
   汚野たけしスーパーイリュージョンショーを行う。興味のある方は是非……』

律「いや、あんな刑事だろ……」

唯「きっとマジシャンで刑事さんなんだよ! 怪盗キッドみたいなあんな感じでさ!」

澪「イリュージョンショーかー」

梓「ちょっと興味はありますね」

汚野『では今から部室へ向かう……待っていろ両津! ふははピンポンパンポーン』

さわ子「放送切るタイミング間違えたわね……」

澪「かっこわる!」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:02:14.25 ID:CPQLyo8GO

唯「でもすっごくイイ声してたよ~」

律「確かにあのハスキーボイスは素晴らしかったかもな」

紬「一体どんな人なのかしら~?」

さわ子(刑事さん、いい男だったらもしかして……)グッ

……

チャララ~チャ~チャチャ~♪

唯「今度は部室のアンプから音楽!」

律「どんな仕組みだよ……」

澪「ま、まさかもう……」ドキドキ

ガチャッ

全員(き、来た~!)



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:11:00.26 ID:CPQLyo8GO

スイッ

澪(……生ふともも? )

律(うわあ、嫌な予感しかしねえ)

汚野『股間のもっこり伊達じゃない』

さわ子(……)

梓「ひぇ……あ……あっ……」

汚野『陸に事件が起きた時、海パン一つで全て解決』

澪「……」バッタリ

紬「まあ……」ポッ

律「えっ、何で赤面!?」

汚野『特殊刑事課、三羽ガラスの一人。海パン刑事ただいま参上!』

全員「…………」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:20:22.48 ID:CPQLyo8GO

両津「いやあ~よく来てくれたね、うん」

汚野「久しぶりに呼ばれたからな。私もつい気合いが入ってしまったよ、ハッハッハッ」

全員「……」

中川「悪夢だ……」

両津「みんな。こちらにおわすお方こそ
   現代に生きる特殊刑事の汚野たけしこと海パン刑事と……」


律「嘘言ってんじゃねえ!」シュッ

両津「」ゴシュッ

両津「なにしやがる! けいおん部がスティック投げていいと思ってんのか!」

律「それは捨てるヤツだからいいんだよっ! なんだよその変態は!」

汚野「変態ではない、汚野だ」

律「変態じゃねえか!」

紬「まあまありっちゃん」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:25:03.10 ID:CPQLyo8GO

汚野「私が刑事だと信じていないようだな」

律「あったり前だ!」

汚野「ならば……」モゾモゾ

澪「ひいっ!」

梓「か、海パンの中に手突っ込んでる……」

汚野「警察手帳に名刺だ。どうぞお嬢さん方」スッ

澪「ば、ばばっちい……」

律「触れるかこんなの!」

中川「正常な反応ですね」

両津「う~む、呼んでおいてアレだが異常な光景だ」

中川「今さら気付いたんですか、もう……」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:30:03.84 ID:CPQLyo8GO

ピピピピピ

さわ子「あら、誰かの携帯?」
律「私じゃない~」

澪「私も」

唯「ゴリさんの?」

両津「わしじゃない」

汚野「私だ」スッ ピッ

汚野『ああ、私だ。うむ……うむ……』

唯「い、今あんな所から電話が出てきたよ!」

澪「いや、そうじゃなくてな……うん……」

ピッ

汚野「失礼した。部下からの定時連絡だったものでな」

律「もしかして、本当に偉い?」

中川「汚野刑事も、犯人検挙率は100パーセントですからね。出世するのは当然です」

唯「うわあまた100パーセントだ~」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:36:03.70 ID:CPQLyo8GO

汚野「先日都内で起きた誘拐事件、立て籠り事件……
   更には殺人事件の犯人まで全て私が検挙している」

唯「おおっ、すごい本格的!」

律「同じ100パーセントでも随分中身が違うみたいだなん?」チラッ

両津「」スチャッ

汚野「よすんだ両津。事件に重いも軽いも無い。大事なのは正義を貫く心だ」

澪「い、言ってる事はすごくしっかりしている……!」

さわ子「やっぱり本物の刑事さんってすごいのね?」

汚野「……ん、失礼。栄養補給の時間だ」スッ

梓「股間からバナナを……」

汚野「うむ、うまい」モグモグ


律「いや、うん。やっぱりダメだよこれは」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:40:51.27 ID:CPQLyo8GO

汚野「腹も膨れた所でそろそろ私のショーを始めようか」

さわ子「そんな事言ってたわね?」

汚野「ギャラリーも集まっているようだし」

ワイワイ ガヤガヤ

律「うお! いつの間にか生徒達が!」

唯「たくさんだね~」

澪「今までのやり取り見られてたのかな?」

梓「そ、そんな……新入部員の問題だってあるのに、あんな人がいたら……」

汚野「心配はいらないよお嬢さん」ヌッ

梓「ひいっ!」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:45:25.26 ID:CPQLyo8GO

汚野「私がけいおん部をPRしてあげよう。そうすれば部員が入る事間違い無しだ」

梓「ほ、本当ですか?」

汚野「私を信じなさい」

梓「は、はい……」

律「股間からバナナ出す人間信じるなよ……」

汚野「……コホン。お集まりの皆さん、
   ようこそスーパーイリュージョンショーへ。本日は私の……」

律「なんだか手慣れてる感じだな」

澪「うん。意外といける……かも?」

汚野「ではまずは小手調べ。超低位置リンボーダンスから……」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:51:19.30 ID:CPQLyo8GO

ズンドコズンドコ

汚野「ほっ、ほっ……ほうっ!」
律「おー、すげーすげー」

さわ子「結構やるわね!」

澪「あの股のアングルだけはどうにかならないかな……」

汚野「ふぅ……はいやっ!」

ワーワー パチパチ

澪「結構ウケてるぞ!」

律「うん。やるじゃん海パン」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 21:57:32.42 ID:CPQLyo8GO

汚野「では続いて……この海パンから何でも好きな物を取り出してみよう。
   そこの君、何かリクエストはあるかな?」


生徒「じゃあステーキ肉!」

律「おいおい、いきなり難問だなあ。パンツから肉が出たら苦労しないってのに」

汚野「ふっ……はっ!」テローン

\おー! すげー本当に出た!/


紬「なんで! ねえ! どうしてかなぁ!」ワクワク




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:01:02.57 ID:sxVCKrkO0

\おー! すげー本当に出た!/

女子高の反応じゃないだろw





105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:04:09.36 ID:CPQLyo8GO

律「うん。手品だと思って割りきろうね……うん」

汚野「ん……失礼。ちょっと焼き方が足りなかった。これではレアだ」スッ ジュゥゥゥ

汚野「……ウェルダンだ」ニヤリ

律「海パンの中でステーキ焼く手品なんてねーよ!」

紬「わ、私はミディアムレアが好きなの~!」

律「焼き方の好みなんてどうでもいいんだよ!」

汚野「ふむ。焼き具合を戻さなければな……」スッ シュゥゥゥゥ

澪「ま、まさか……」

汚野「これがミディアムレアだ……」ニヤリ

紬「きゃああああ♪」キラキラ



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:08:51.11 ID:CPQLyo8GO

汚野「さあ、召し上がれ」スッ

紬「い、いただきます」パクッ

律「食べるんかい!」

汚野「お味の方は?」

紬「……」

澪「ムギはグルメだからもし生半可な味だったら……」ゴクリ

ざわ……ざわ……

紬「……」

紬「星……三つです!」

汚野「ふふっ! みなさま、盛大な拍手をお願いします!」

パチパチ! パチパチ!
パチパチ! パチパチ!

汚野「さあ、次のイリュージョンは……」

律「まだやるのかよ!」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:16:05.49 ID:CPQLyo8GO

澪「ま、まあまあ律。内容はともかくさ……」

汚野「はいっ!」スッ


唯「すごいね~。何でも出てくるよ!」

澪「みんな楽しんでいるみたいだから?」

律「……そうだな。確かにちょっと品は無いかもしれないけど、
  体を張って頑張っているんだよな?」

汚野「鳩が出ま~す!」

澪「ああ。あの人の事ちょっとだけ誤解していたみたいだな」

律「……な。あとで謝らないとな」

梓「えへへっ、それが一番ですよ」

汚野「では、次が最後のリクエストだ」

え~、もう~?



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:22:39.10 ID:CPQLyo8GO

汚野「ありがとうみんな。最後のリクエストだ、何でも応えよう。ではそこの……君」

憂「わ、私ですか?」

唯「あれ、憂? 来てたんだね」

憂「けいおん部って言ってたから、ちょっと気になって……」

汚野「では君のリクエストは何かな? 叶えてあげよう」

憂「え、えっと……この手品の仕組みが知りたいなあ、なんて」テヘッ

汚野「……」

澪「さすがにネタバラシなんて出来ないわよね?」

律「逆にネタがあったら知りたいもんだ」

汚野「……いいだろう」

律「え?」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:28:43.10 ID:CPQLyo8GO

律「まさか本当に仕込みネタがあるのか?」

さわ子「で、でもいいんですか? 大事な手品のネタを私達に……」

汚野「私は逃げも隠しもしない。そして嘘もつかない海パン刑事だ」

律「途中ちょっと変だった気がするけど……」

紬「……」ポッ

律「だから赤面はおかしいって!」

汚野「では、このイリュージョンのタネを見せるとしよう」

……

ダダダダダダダ♪(あの音楽)

律「お、ちょっと盛り上がってきたな」

汚野「この手品には……」

……ゴクリ

汚野「とうっ」スッ

ファサッ

律「……え」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:34:04.18 ID:CPQLyo8GO

汚野「はーっはっはっ。ご覧の通りこの海パンの中にはタネも仕掛けもない」ブラブラ

澪「」

律「」

梓「」

紬「」

憂「」

さわ子「」

生徒達「」


汚野「ふふっ。あまりに見事なイリュージョンにみんな声も出ないようだな。
   以上、海パン刑事によるスーパーイリュー…… 」

両津「女子高生の前でフルチンになるやつがあるか!!」ボカッ

汚野「……フルチンになったのでは無い。タネ明かしをしただけだ」ブラブラ

両津「脱ぐ必要ねえだろバカ!!」

汚野「私は隠し事はしない主義だ」ブラブラ

両津「早く隠さないとお前の存在がイリュージョンになるんだぞ!!」

汚野「うるさい男だなまったく」ブランブラン




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:39:50.41 ID:8Bvngrpb0

これはひどい


けど海パン刑事ってこういうやつだもんな





115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:40:58.37 ID:CPQLyo8GO

汚野「私はリクエスト通りに仕掛けをだな……」

両津「当たり前のように裸になるんじゃない!!」


中川「せ、先輩。先輩……もう誰もいませんよ……」

汚野「なんだ、みんな帰る時は早足だな。残念な事だ」ブランブラン

さわ子「あ、あ……」

汚野「お。どうでしたか、今日のイリュージョンショーは。また是非お招き……」ブラブラ

さわ子「こ、来ないでぇぅぇぇうえ!」ダダダッ

汚野「ん……しまった」ブラブラ

汚野「ネクタイが曲がっていた。これでは逃げられて当たり前か」キュッ

両津「あれだけの生徒の前で脱いだのに全く動じていない所がすごい……」

中川「……まさに地獄でしたね」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/28(水) 22:47:42.67 ID:CPQLyo8GO

ピピピピピ

汚野『ん、私だ……わかった、では例の場所で』

ピッ

汚野「仕事だ。困った時があったらまたいつでも呼んでくれたまえ」

中川「おそらくこの学校ではもう呼ばれないと思いますよ……」

汚野「では、さらばだ」

ダダダダダダッ

両津「よし、わしらも帰るか」

中川「ええっ、謝る話はどうなしたんですか!」

両津「そんなのいいんだよわしの目的は達した」

中川「目的って……汚野刑事を使ってイヤガラセさせる事だったんですか?」

両津「海パン刑事はただの時間稼ぎだ。わしの目的は別にある」

中川「やっぱり謝りに来たわけではなかったんですね……」




関連記事

ランダム記事(試用版)




部長「最近署員の間で度々耳にするけいおんとは一体何のことだ?」#前編

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6