SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  澪「オリジナル・ラヴ」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「オリジナル・ラヴ」 【非日常系】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1321726537/l50

律「オリジナル・ラブ」
澪「オリジナル・ラブ」
梓「オリジナル・ラブ」
憂「オリジナル・ラブ」

律「オリジナル・ラブ」
澪「オリジナル・ラヴ」




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:15:37.40 ID:ld0O5XOi0

唯「ながくーあまいーくちづーけをかーわすー」

澪「くっ、くちづけっ?!」

律「おっ!それ、なんだっけ?」

唯「えっとー…この前テレビでやってた!」

律「昔流行ったんだよなー!」

唯「まさに、昔の人たちの特集でした!」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:20:33.75 ID:ld0O5XOi0

び、びっくりした…。
唯が突然歌い出したその歌は、私とムギが、昨日お泊りした日に交わした…///

律「澪?なーんで赤くなってんのかなぁ~?」

私は律に顔を覗かれて、自分の顔が熱くなっていることに気づく。

澪「な、なんでもない!」

慌てて否定するところが、また怪しい…
そんなことを言われそうなタイミングで、ムギがお茶を淹れて戻ってきてくれた。

紬「今日はアップルティーでーす!」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:23:49.04 ID:ld0O5XOi0

唯「いいにおーい!」

律「やっぱり、ムギの紅茶は美味しそうだ!」

澪「そ、そうだよな!」

今突っ込まれたことを思い出して、ムギを見る。
ムギは目が合うと優しく微笑んでくれた。

紬「おかわりもあるから、言ってね?」

律・唯「はーい!」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:28:03.00 ID:ld0O5XOi0

律は、アップルティーとお菓子のうまさで、私の異変を忘れてるみたいだ。

紬「澪ちゃん!」

突然、ムギから声をかけられ驚いた。
思ったより近くにいて、昨日の事を思い出す。

澪「ひえっ!」

なぜか私の身体はムギと反対方向に逃げてしまい、そして、案の定ー。

ガターン!!



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:30:40.59 ID:ld0O5XOi0

澪「いたた…」

紬「大丈夫?!」

澪「う、うん…ちょっと擦りむいたかも…」

律「何やってんだよー澪ー」

唯「へ、平気ー?」

澪「大丈夫だよ!ちょっと、保健室に絆創膏もらいに行ってくる。」

紬「私も行くわ!」フンス



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:33:19.92 ID:ld0O5XOi0

澪「だ、大丈夫だから、さ」

紬「一緒に行かせて!」

律「もしかして、怪我をした友達を保健室に連れて行くのがー。」

紬「夢だったのー!」

そう。表向きの理由はそうだったの。
でも、本当は違う。
大事な人だから、そばに居たい。
二人の時間が欲しかった。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:39:58.89 ID:ld0O5XOi0

人気のない廊下になると、私は澪ちゃんの手を握った。
流石に今度は少し抵抗されちゃったけど、
私たちは手を繋いで、保健室の入り口まで歩いた。

澪ちゃんの手は、優しくて暖かい。
そして、唇は柔らかくて優しいー。

澪「あれ…?誰もいないみたいだ。」

その言葉を待ってました!

私は遠慮せずに澪ちゃんの後ろから抱きつくと、澪ちゃんは少し悲鳴をあげた。

優しく私の腕をほどくと、そこには赤い澪ちゃんの顔。

やっぱり、澪ちゃんは可愛いわぁ。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:43:00.04 ID:ld0O5XOi0

澪「び、びっくりさせないでくれ!」

私はそういって、ムギと少し距離を取る。

自分でも顔が赤いのがわかるくらい顔が火照ってる。
ムギは大胆すぎる!

紬「嫌だった…?」

そう言って少ししょげているムギも魅力的だ。
あぁ、なんでこんなに可愛いと思ってしまうんだろう。

あ、何か良い詩が浮かびそうだ。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:46:50.54 ID:ld0O5XOi0

私が何も言わないことを、受諾と受け取ったのか、ムギはまた距離を詰めて来た。
こういう時のムギは積極的だ。

澪「ちょっ、ちょっとまっー。」

ムギを止めようとしたけど、遅かった。
ムギの唇は、すでに私の唇の上に…。

と、思った私を殴りたい。

ムギは私の腕を引き、机の上にあった消毒液を手に取った。

紬「まず消毒よね?」

私の考えを見透かしたのか、ちょっとイタズラに笑ったムギ…。

それもまた、可愛いムギの一面だった。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:51:52.31 ID:ld0O5XOi0

優しく治療をしてくれるムギをぼーっと眺める。
窓から差し込む日の光が、髪の毛に反射して、ムギの美しさを一層際立てて…。

お、また良い詩が…。

紬「はい!終わりました!」

そんなことを考えていたら、治療が終わったようだ。
ムギは手際よく、治療をしてくれた。

さすが、夢だっただけはあるのかも。

なんて、感心をして、ムギに目線を戻す。

ムギは目を閉じて、私からのキスを待っていた。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:54:20.50 ID:ld0O5XOi0

澪ちゃん!チャンスよ!
私はそんなことを思いながら、目をつむった。

保健室の先生はいつ帰ってくるかはわからないけれど、
私は澪ちゃんのくちづけが、欲しかった。

澪ちゃんもおそらく、想像していたのだと思う。

これは、絶好のチャンスよ!

紬「んー…」

わざと、物欲しそうに声を出す。
澪ちゃん、キスして?



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 03:58:26.87 ID:ld0O5XOi0

数分の間の後、澪ちゃんは意を決したのか、ふーっと、息を吐いてる。

紬(そろそろね…!)

昨日のキスが忘れない…。早く!

でも、私達のキスはお預けになっちゃった。
保健室の先生が帰って来てしまったの。

慌てて取り繕って、外へ出ると、二人で同じタイミングで溜息をついて、笑っちゃった。

澪「やっぱり、学校は危ないな」ハハハ

紬「そうね」フフフ

また二人っきりになりたいと、切にそう思った。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:02:10.20 ID:ld0O5XOi0

好きな人と過ごす一週間はあっと言う間だった。

もちろん、軽音部の皆と過ごしているのも、大きいけれど。

キスをし損ねた次の日、私はムギにもちかけた。

澪「今週末、もし良かったら、うちにー。」

ムギはいい終わるや否や、「行きます!」
と、即答してくれた。

それが今日。今日は二人で料理をすると、約束した。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:07:30.02 ID:ld0O5XOi0

ムギは思った通り、車に乗ってやって来た。
以前とは違う車だ。

紬「お邪魔します!」

澪「いらっしゃい」

紬「ご両親は…?」

澪「帰ってくるけど、夜遅いんだ。友達呼ぶことは言ってあるから大丈夫。」

友達じゃなく、恋人と堂々と言えないことは、切ない。
けれども、私達は、好き合っている。
愛し合っている。

ムギは荷物を玄関に置くと、すぐにキスをした。

熱く甘いくちづけをー。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:13:36.60 ID:ld0O5XOi0

久々のキスは、何分経ったか…私の方が、求めていたのかも。

澪「…」

紬「…ん」

私達は互いに見つめ合って息を整えると、またくちづけ合う。

澪「…ムギ…」

キスの合間に名前を呼ばれて、少し我に帰った私は、澪ちゃんを見つめる。
赤く染まった澪ちゃんの顔は、本当に愛おしい。

澪「そ、そろそろご飯の準備しないか?」

気づいたら、辺りは暗い。
本当にどれだけの時間、キスしてたのかしら!
少しいきすぎたキスに、流石の私も恥ずかしくなってしまった。

私はこんなにも、澪ちゃんが好きなんだ。



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:18:36.02 ID:ld0O5XOi0

普段お料理をする私をお手伝いしてくれる澪ちゃん。

こんな未来が、日常になってくれたら…私は切に願う。
きっと、澪ちゃんも、そう思ってくれるだろうな…。

澪「ムギはやっぱり、上手いなぁ」

ムギ「包丁捌きは、シェフ直伝です!」フンス

澪「シェ、シェフ…」

紬「うふふ」

澪「なぁ、ムギ?」

突然呼び掛けられ、顔を向ける。
すると、澪ちゃんからの嬉しいサプライズキスが!

紬「ど、どうしたの?!」

澪「…笑ってるムギが可愛くて…つい」

もう!どうしてそんなテクニックを!
可愛いわ!澪ちゃん!



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:22:33.75 ID:ld0O5XOi0

どうして、キスをしたんだろう。
私はいつか、律たちの前でも、ムギにキスをしてしまいそうだ。

料理がら完成して、二人で食べさせ合いっこをする。

澪「美味しい!」

紬「えへへ…この味は…」

澪「シェフ直伝!」フンス

紬「残念!ばあや直伝です!」

澪「違うのか!」

紬「和食は基本的にばあやなのー」

澪「その人もただものじゃないんだろうな、きっと…」

私は改めてムギの家との違いに、驚いた。

でも、ムギは、私と変わらない女の子だ。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:27:17.15 ID:ld0O5XOi0

夕食の片付けも、もちろん二人でやる。
こんな幸せな未来が、くるといいなと、思う。


澪「今日は泊まれる…?」

紬「もちろんよ!」

そう言って笑うムギが、何よりも癒しだ。

前みたいに一緒にお風呂に入って、
ムギの家のベッドには負けるけど、二人で私のベッドに入ろう。

澪「ムギ」

紬「なぁに?澪ちゃん」

澪「もう少しだけ、またキス、しよう?」

おわり




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:41:17.35 ID:cY9qoBUy0

おーつー
やはりいいふいんきだな



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:43:26.47 ID:RKRQAaHl0

おつ



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 04:51:40.37 ID:NJD6N+du0


澪ムギいいね



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 05:15:35.16 ID:4FeYHEJk0

追いついたら終わってた乙
面白かった



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 05:16:26.30 ID:XOXxS1L40

澪紬2回目か
ずっと待ってたんだ乙



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 05:26:16.47 ID:9kcBugo8O


キスより先はなかったか
ちょい残念だけどよかった






関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「オリジナル・ラヴ」
[ 2011/11/20 09:02 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6