SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  梓「ゴキにゃん2号!」#後編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「ゴキにゃん2号!」#後編 【非日常系】


http://live28.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1275784267/

梓「ゴキにゃん2号!」#前編
梓「ゴキにゃん2号!」#後編




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 13:39:09.20 ID:q5fHpJuM0

梓「…とは言ったけど」 ドキドキ

梓「やっぱり勇気いるよね…」 ソーッ

梓「…」 ドキドキ

G「…」 ジーッ

梓「…」 ゴクリッ

梓「が、がんばれー梓ーっ!!」 ドキドキ

梓「せいっ!」

パカッ

G「…」 ジーッ

梓「は、早く容器をだっ出さないと…!」 アセ アセ

スッ スッ 

梓「よ、よし 閉めますよー」

パチン

梓「…」

梓「…ふぅー、なんかまだ容器取り出しただけなのに凄く疲れた……!!」 ドサッ



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 13:42:16.55 ID:q5fHpJuM0

梓「うわっ 容器汚い…」

梓「洗わないとね……」 ジャーー

梓「うぅ… なかなか汚れ落ちないし…」 ハァ


ピンピカリン

梓「よしっ!」

梓「ゼリーも容器に入れたし」 ビシッ

梓「水も入れてガーゼも新しいのに変えた!」 ビシッ

梓「後はタッパーに入れるだけ…

  なんだけど…」

G「…」バサバサバサバサ

梓「…」

G「…」バサバサバサバサ

梓「心なしか元気になってない…? あの子…」

G「…」バサバサバサバサ

梓「ひぃい…」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 13:45:19.70 ID:q5fHpJuM0

G「…」バサバサバサバサ

梓「…」

梓「こうなると… 横でスタンバって…

  大人しくなるタイミングを見計らって入れるしかない…!」

G「…」バサバサバサバサ

梓「…」ソロリソロリ

梓「準備おk… 来るなら…来い…っ!!」 ゴクリッ

G「…」バサバサバサバサ

G「…」バサバサバサバサ

G「…」バサバ…ピタリ

G「…」

梓「今だ!!!」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 13:48:39.03 ID:q5fHpJuM0

パカッ

G「…」

梓「動かないでね…」

コトッ コトッ

梓「よしっ!!!!」



G「…」 カサカサ

梓「!!!!」



G「…」 バサバサバサバサバサ

梓「ぎゃあああああああああああああああああああ!!!!!」 ガタガタッ



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 13:51:29.67 ID:q5fHpJuM0

G「…」 カサカサカサ

梓「だっだああだ脱走したあああああっ!!」

G「…」 ピタリ

梓「あっ…ああっ…」

梓「壁に止まって…」

梓「ハッ」

梓「ま、不味い!!!物凄く不味い!!!」

梓「私の部屋には物が一杯!! 隠れる場所は山ほどある!!!」

梓「まだ壁に止まってて居場所がわかる内になんとか!!なんとかしないとっ!!!」

G「…」 キョロキョロ

梓「でもでもどうしよう……」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 13:54:28.32 ID:q5fHpJuM0

梓「!」

梓「そうだ、割り箸!割り箸を使えばいいんだ!!」

梓「割り箸を使ってタッパーの中に落とす!そして閉める!」

梓「……よしっ!!」 グッ


パキッ

梓「…」 ゴクリ

G「…」

梓「今なら…動きの無い今ならできるはずっ!!」 ドキドキ

G「…」

梓「…」 ソロリソロリ

G「…」

梓「…」 ドキドキドキドキドキ

G「…」

梓「…」 ソーッ



135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 13:57:09.41 ID:q5fHpJuM0

梓「今だ!やーっ!」 バッ

G「…」 カサカサカサカサカサカサ


梓「ひいいいいいいいいいいっ!!!!!!!!」 バッ

梓「な、なんで急に動き出すの…っ!!」


G「…」 カサカサカサ

梓「あっ…!!」

梓「あぁあ…やってしまった!!」

梓「棚の後ろに…っ!!」


梓「うぅ…もうっ……最悪…」 ガックリ

梓「どうしよう…棚は動かせないし…」

梓「出てくるのを待つしか…」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 13:59:09.57 ID:q5fHpJuM0

小1時間経過…

梓「どうしよ…全然出てこないよ…」

梓「うぅ…名前呼べば出てくるのかな…」

梓「本当はこの名前で呼びたくないけど…」

梓「ゴ、ゴキ…」

梓「…」

梓「って…出てくるわけ無いよね…」 ガックリ

梓「…」

梓「何やってるんだろ私…」

梓「ゴキブリに振り回されて…

  ゴキブリが出てくるのを待ってる…女子高生…」

梓「すごく惨めな気が……」

梓「…」グスン

梓「どうしよう…」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:00:34.55 ID:q5fHpJuM0

梓「どうしよう どうしよう…」

プルル プルル

梓「…こんな時にメール?」


[From]唯センパイ
[Sub]ゴキにゃんはどう?
===========
あずにゃん大丈夫?
困ったことがあったらなん
でも言ってね!☆

あずにゃんのギターで
ゴキにゃんは元気になって
たけど

ゴキにゃんはあずにゃんの
ギターが好きなのかな

             END


梓「!!!」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:03:05.96 ID:q5fHpJuM0

唯の家!


唯「あれー 返信こないなー」

リリリン リリリン

唯「あッ、電話だ」

ピッ

唯「もしも~し あずにゃん?」

梓『ゴキにゃんって使うの止めてください!!』

唯「えっ」

梓『でも助かりました!』

唯「えっ」

ガチャ

ツー ツー

唯「ええぇっ かわいいのにーっ」 ブー



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:06:07.26 ID:q5fHpJuM0

梓の部屋!


梓「よしっ!」 ザッ!

梓「ギターの準備おーけー!!」 ババンッ!!


梓「正直こんな事で出てくるとは思えないし!

  1人で何してんだ!って考えるとすっごく馬鹿らしいけど!!」

梓「今できる事はもうこれしかない!」

梓「行くよ!むったん!!」 ジャーン

ジャカジャカジャンジャン♪



♪ ♪

♪ ♪ ♪



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:09:05.35 ID:q5fHpJuM0

♪ ♪ ♪

G「…」 カサカサ

梓「!!」

梓「うそ…本当に出てきた」

梓「…」

ジャカジャカジャンジャン♪

♪ ♪ ♪

G「…」 バサバサバサッ

梓「うわっ!!こっちに……飛んで?」

G「…」 バサッ バサッ

梓「…?」

梓「私の周りを…?」

梓「音に合わせて飛んでる!?」

♪ ♪ ♪



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:12:05.82 ID:q5fHpJuM0

♪ ♪ ♪

G「…♪」 バサ バサバサ

梓「すごい…」

梓「この子 音楽わかるの?!」

ギュアアン

♪ ♪ ♪

G「♪」 バサ バサ

梓「ふふっ!」 ニッコリ

梓「まるで 踊ってるみたい!!」 キラキラ

G「♪」

梓「あはは」

G「♪ ♪ ♪」

梓「あはははははははは♪♪」




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:13:47.28 ID:DaNh6rCp0

これはひどい



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:14:51.24 ID:85fH+zW70

読んでて自然と妄想できてしまうから困る・・・



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:14:59.24 ID:Fb4WAQLx0

どんだけ機動力たけーんだよ





147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:15:16.37 ID:q5fHpJuM0

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪




            梓「あははは♪ あははははははは♪」

                    G「♪ ♪ ♪」 バサバサバサバサバサバサ



♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪




148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:15:36.42 ID:5pb3MD8I0

ゴキにゃん・・・



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:16:50.72 ID:uP4cKOJv0

なにこの展開楽しいwww



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:17:07.24 ID:EyHUnQqQ0

病んだか



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:17:30.71 ID:6uO/DGrG0

きが くるっとる・・・



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:17:32.72 ID:UVkP+jbtO

ナウシカのレベルに達してるな





154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:18:11.29 ID:q5fHpJuM0

♪ ♪ ♪

ジャーン

梓「…ふぅ」

梓「…」

梓「…」

梓「って 何やってんだ私…」 ガクッ

梓「ギター弾きながらゴキブリと戯れる女子高生…

  おかしすぎるでしょ…」

G「…」 バサバサ

梓「…でも」

梓「楽しかった…」 

G「…」 バサバサバサ ピト

梓「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!

  顔にとまるなあああああああああああ!!!!!!!!!!!」 ガバッ



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:21:09.92 ID:q5fHpJuM0



梓「ぜぇ…ぜぇ…」

G「…」

梓「なんとかタッパーに戻せたけど…」

梓「疲れたぁ~…」

G「…」 カサカサ

梓「…もう」

梓「止まるなら止まるって言ってよね…」

G「…」 サーセン

梓「…」

梓「ふふっ」

梓「ゴキにゃん」 ニコッ

G「…」 テレテレ



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:24:05.50 ID:q5fHpJuM0

げつようの朝!

梓「純!!」 トテトテトテ

純「あ、梓」

純「梓…先週は本当ごめん!!この通り!!」

梓「ううん、そんな事もう気にしてないよ!」 ニコニコ

純「えっ」

梓「えへへ…」 ニコニコ

純(なんでニコニコしてるの…?)

純「……ハッ …もしかして梓怒ってる?

  って…そりゃそうだよね…やっぱりゴキブリなんて…」

梓「? 怒ってないけど…?」 キラキラ

純「えっ」

梓「何も酷い事されてないのに怒るわけないよ」 ニコニコ

純「えぇ…」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:27:27.61 ID:q5fHpJuM0

純「じゃ、じゃあ何でそんなにニコニコ笑ってるの…?」

梓「え、私そんなに笑ってた…?」

純「笑ってた笑ってた」

梓「うーん… まあいい事あったから…かな」

純(…いい事?)

純「! あ」

純「そっかそっか」

梓「?」

純「梓はそんなにたい焼きが楽しみだったんだね」 ウンウン

梓「あ、そんな約束もあったっけ」

純「え、ええぇ 違うの?!」

梓「考えてみたら 鯛焼き10匹は流石に純に悪いし…

  今度1匹だけ奢ってくれればいいよ」

純「あ、梓に取って鯛焼き以上の事が…?!」



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:30:09.11 ID:q5fHpJuM0

梓「えへへ…」

純(な 何かちょっと不気味なんだけど…)

梓「あ そうだ!」

梓「ねえ 純!”1つだけなら何でも言う事聞く” って言ってたよね!?」

純「あ ああ、そんな事も言ったような…」 アセアセ

純(はっ いい事ってもしかしてそれ!?)

純(い、一体何をさせるつもり…?!?!) ゴクリ…

梓「じゃ、じゃあ1つお願いがあるんだけど!」

純「うっ! あ、あんまり無茶な事は止めてね!!」

梓「……そ、そう言われると ちょっと無茶かも…」

純(あ、梓 本当に何させるつもりなの!?!?!)


純「ほ、放課後まで待って!!心の準備しとくから!!」

梓「え う、うん…」



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:33:31.55 ID:q5fHpJuM0

純「それと… あの子 返してもらう話だけど…」

梓「…」 ションボリ

純(な、なんでションボリ…?)

純「でも人がいる内は騒ぎになると思うし…

  悪いんだけどそれも放課後まで待ってて貰えないかな…」

梓「…」 パァア

純(え、えぇ な、なんで パァア?)

  
梓「あ、そうだ

  放課後は時間あるんだよね!?」

純「え うん 部活あるからそんなに長くは取れないけど…」

梓「じゃあ!放課後になったらすぐ準備室来て!!」

純「えっ… いいけど…」

梓「純に見せたいものがあるんだ! あ、先輩達にも言っておかないと…」

純(一体何…???)



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:36:12.13 ID:q5fHpJuM0

放課後!
 ドタドタドタドタ
   ハヤクハヤク ジュンコッチ!
 マ、マッテ アズサ

軽音部室!
ガチャ

梓「お待たせしました!!」

純「失礼しまーす…」

唯「あ、あずにゃん! それに純ちゃん!! おーっす!」 バッ

紬「こんにちは」 ニコニコ

純「こ、こんにちは!」

紬「今、お茶入れるわね」 ニコッ

純「は、はい!」(緊張する…)

純「?」 キョロキョロ

純「あれ?澪先輩は?」

律「あー、澪は今ちょっと外して貰ってるんだ」

純「そうなんですか…」 ションボリ 



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:39:08.73 ID:q5fHpJuM0

梓「じゃあ、純 そこで見てて!」

純「?」


律「梓の奴、張り切ってるなぁ…」

紬「ふふ、楽しみだわぁ」

純「えと あの一体何を…」

唯「今からあずにゃんとゴキにゃんでセッションだよ!!」

純「えっ」


スッ

梓「行くよ、ゴキにゃん」

カパッ

G「…」 バサバサバサバサ


純「えっ」




166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:40:28.44 ID:F2Sf12K60

理解不能



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:42:12.23 ID:DeorDmfz0

ゴキブリ飼ってみたくなったwww





168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:42:29.08 ID:q5fHpJuM0

梓「…」 ジャーン!!

G「…」 バサバサ

ジャンジャン ジャカジャカ

唯「わー!」

律「…」

紬「…」

純「え え?」


梓「♪」 ジャーンジャーンジャカ

G「♪」 バサバサバサバサ


♪ ♪ ♪


純「!!…す、すごい」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:45:29.38 ID:q5fHpJuM0

梓「♪」 ジャカジャカ

G「♪」 バサバサ


ジャーン

G「…」バサバサ…ピタ

梓「えっと、こんな感じです」


唯「すごいすごーい!」 パチパチパチパチ

律「やるな、梓!」 パチパチパチ

紬「本当、すごいわねー!」 パチパチパチ


梓「えへへ」

G「…」 テレテレ

梓「純、どうだった?」

純「うん、凄かった…!」(色んな意味で)



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:48:16.14 ID:q5fHpJuM0

純「で、でも 何でこんな事になったの?」

梓「この3日間散々練習したからね!」 フンスッ

純「いや、そうじゃなくて…」


律「この3日の間に梓の中でどういった心境の変化が…」

紬「でも何だか素敵だったわぁ」 ポワポワ

律「…ま 正直ゴキブリなんて気持ち悪い!!って思ってたけどさ

  ここまで巧みにゴキブリを操ってたら…感動するしかないな!」 ウンウン

律(流石に澪には見せられないけど…)ボソッ

唯「やっぱり凄いね!あずにゃんは!」

梓「いえ、何もかもゴキにゃんのおかげです!」

G「…」 ソレホドデモ


純(梓…こっちに戻って来れない所まで行っちゃったみたい……これってもしかして私のせい?)



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:51:31.17 ID:q5fHpJuM0

梓「……」

純「? 梓?」

梓「お別れだね ゴキにゃん」

G「…」

唯「えっ」

律「元々 ゴキにゃんは純ちゃんから預かってた訳だしな…」

唯「あ、そっか!そうだよね!」

梓「私、ゴキにゃんに会えて本当に良かった!」 ニッコリ

G「…」 テレテレ

梓「それもこれも純のおかげだよ!」

梓「ありがと 純、私とゴキにゃんを出会わせてくれて!

  感謝の印として純には私とゴキにゃんのセッション、見て欲しかったんだ!」

純「そ、そう 私にはよくわからないけどさ…

  まあ喜んでもらえたなら良かったよ…」

純(その感謝のされ方はちょっと理解できないけど…)



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:53:42.38 ID:q5fHpJuM0

梓「今朝、お願いがあるっていったでしょ?

  本当はその時にゴキにゃんを引き取りたいってお願いしようと思ってたんだ…」

純(えぇえ… お願いって それ??!)

梓「でもそれは無茶だよね…
  純のお父さんも連れ歩きたいくらいゴキにゃんの事好きみたいだし…

  だから 今日でお別れ」

梓「ゴキにゃんの事、私忘れないよ!」

G「…」

梓「元気でね、ゴキにゃん!」 ウルウル

G「…」 タッシャデナ


唯「うぅ…あずにゃん!ゴキにゃん!」 ウルウル

律「やめろよ…泣けるじゃないか…」 グス

紬「悲しい別れね…」 メソメソ


梓「純、お父さんに言っておいて

  これからもゴキにゃんの事大切にしてくださいって」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:57:17.61 ID:q5fHpJuM0

純「…」

純「それなんだけどね梓…」

梓「?」

純「実は…」

……

梓「えっ」

純「だからお父さんもう虫飼わないって」

梓「なんでっ!?」 グイッ

純「お父さん…この休み中にスズメバチに刺されちゃってさ

  それが結構ヤバかったみたいでトラウマになっちゃったの

  それで虫はもう嫌だ!!って…」

梓「なにそれっ!!全然虫への愛が足りてないよ!!」

純「え…まぁ…そうだね」

 (なんで私怒られてるんだろ…)



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 14:59:27.70 ID:q5fHpJuM0

純「と、とにかく…それでほとんど虫は遠くの知り合いにそのまま引き取ってもらって…」

純「後はその子だけなんだけど…」

唯律紬「!!」

梓「それじゃあ、もしかして!!」

純「梓 引き取ってくれる?」 ニコッ

梓「…」

梓「…わぁ…」

梓「やったー!!!純ありがとう!!!」 ガシッ

純「う、うん まあ気にしないでよ…」

唯「おめでとう!あずにゃーん!!」

律「よかったなー!!」

紬「今日はお祝いしましょ!」 ニコッ

梓「はい!先輩たちもありがとうございます!」 ニコニコ

純(梓、こんなに喜ぶなんて…ちょっと複雑だけど…)

純「そ、それじゃあ私ジャズ研いくね…」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:01:15.88 ID:q5fHpJuM0

ぶしつのそと!

ガチャ

純「どうしてこうなった…」

澪「…」 ズーン

純「うわっ!!」

純「って澪先輩!?」

純「どうしたんですか!?俯いて…具合悪いんですか?」

澪「…みんな」

純「?」

澪「……みんな中で盛り上がってるのに…」

澪「………私だけ仲間はずれ…」

純「あ…」

澪「寂しい…」 グスン

純「えっと げ、元気出してください!!」

澪「うぅ…」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:04:26.58 ID:q5fHpJuM0

ぶしつ!

澪「それでさっきから梓、機嫌いいのか…」

唯「うん!良かったよー、あずにゃんとゴキにゃんが引き離されなくて!!」

梓「はい!良かったです!」 ニコニコ

唯「ゴキにゃんもよかったねー!」

G「…」 モソモソ

澪「うっ…」

澪「やっぱり私はまだ抵抗あるかな…」 ナミダメ

律「この前は気絶してたんだから、それに比べればマシになったって!

  て言うかむしろだんだん抵抗無くなって来てる私らの方が 女子としてどうなんだ…」

梓「…」 ピクッ

律「ま、それを言ったら梓なんかとうとうゴキブリの飼い主になってしまったけどな!」

梓「うっ…」

唯「ん?どうしたのあずにゃん?」

梓「や…やっぱりおかしいですよね…ゴキブリ飼ってる女子高生なんて」 ナミダメ



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:06:40.87 ID:q5fHpJuM0

紬「あ、梓ちゃん!」 アセアセ

唯「な、泣かないで!」 アセアセ

澪「ご、ごめんな、梓! 抵抗あるとか言って… 律!お前も謝れ!」

律「え、私? あ、梓、すまん!気持ち悪いなんて全く!これっぽちも思ってないぞ!」 キッパリ

唯澪「…」

律「いや、ホントだって!!」

梓「そんな……先輩たちが謝る事ないです!」


梓「誰でも抵抗があって当然だと思います…
  それに私自身ちょっとどうかな…って思ってる部分はありますし」

梓「だから先輩たちが気持ち悪いって思うのもわかります!」

梓「飼うと決めたからには そう思われる事も含めて…最後まで責任持たないとダメだよね

  気持ち悪いって意見もちゃんと受け止めて… 周りに人が不快にならないように…」

唯「あずにゃん……」



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:09:17.31 ID:q5fHpJuM0

梓「澪先輩律先輩!不快になる人もいるのに

  よく考えずに見せ付けたり騒いだりしてすみませんでした…!」

澪「梓…」

律「…」

律「…水臭いぞー梓!」

梓「…」

律「そんな事今更気にするかよ!何を飼ってたとしても梓は大切な後輩だ!

  それにゴキにゃんもゴキブリだけどさ、その前に梓の大切なペットなんだろ?

  大切な後輩の大切なペットなんだ!それを気持ち悪がって避けたりしない!

  さっきのセッションだってさ、純粋にすげーって思ったしな!!」

梓「律先輩…!」
  
澪「そうだよな…梓! わ、私も、怖がったりしないように頑張るからな!!」

梓「澪先輩…!」

唯「よかったね、あずにゃん!」

梓「はいっ!」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:12:06.83 ID:q5fHpJuM0

澪「…」 ジーッ

G「…」 バサバサバサバサバサ

澪「ひっ」(うぅ…でもやっぱりまだ怖い)

梓「澪先輩!無理はしないでください!気持ちだけで嬉しいですから!」

澪「ごめんな…梓…少しずつ慣れていくようにするから…」ナミダメ

ぐー

唯「あ…」

唯「お腹空いてきちゃったー」 ニヘラ

梓「唯先輩…」 ガクリ

紬「それじゃあ、お茶にしましょうか」 ニコニコ

梓「流石にお茶の時間は閉っておきますね」 ゴソゴソ

唯「ゴキにゃーん、また後でねー」

G「…」 マタネー



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:15:09.47 ID:q5fHpJuM0

唯「今日の♪ お菓子っは♪ なーにっかなー♪」 ワックワック

紬「今日はゼリーなの!」 ババン!

梓「!!」 ビクッ

唯「わーい!!ゼリーだゼリーだ!!」

澪「ムギ、いつも悪いな」

律「私 オレンジ!!」

唯「じゃあ 私ソーダでー」

梓「…あの」

紬「はい、梓ちゃんはどれにする?」 ニコニコ

梓「!」 パァア

梓「…じゃ、じゃあさくらんぼ」

澪「私はグレープ…」

紬「私は桃ね!」



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:18:14.25 ID:q5fHpJuM0

モグモグ

唯「ひんやりしてておいしいね!あずにゃん!」 モグモグ

梓「はい!」 モグモグ

梓「そうだ…」 (ゴキにゃんにもゼリーあげられないかな…)

唯「ほぇ?あずにゃんソーダ欲しいの?」

梓「え、いやそうじゃなくて」

唯「私さくらんぼも食べたかったんだー、半分こしよ!半分こ!」

梓「…だからそうじゃなくて」





唯「うーん!さくらんぼもおいしいよー!」 モグモグ

梓「そうじゃないのに…」 ハァ

梓「…」 モグモグ

梓「ソーダ…おいしい…」 モグモグ



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:21:23.19 ID:q5fHpJuM0

梓「…」 チラチラ

梓(ゴキにゃんにゼリーあげたいけど流石に今出すのは…)

澪「どうしたんだ、梓?さっきから鞄チラチラ見て」

梓「え!?」

律「ゴキにゃんが気になるのか?」

梓「え、えっと」

唯「わかった!ゴキにゃんにもゼリー食べさせてあげたいんだね!」

紬「あらあら、そうだったの?」

梓「そ、その…」

律「そっか、なら食べさせてあげなよ!」

澪「私達の事なら気にしなくていいからさ」

梓「先輩…」 パァア

梓「はい!」 ニッコリ



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:24:18.20 ID:q5fHpJuM0

G「…」 モソモソ

パカッ

律「躊躇無くタッパー開けるんだな……飛んできたりしないのか?

  いや怖がってるわけじゃないぞ!念のためだ!」

梓「ちゃんと躾けてあるから大丈夫です!」

律「そ、そうか…なら心配ないか」

律(ゴキブリに躾?)

梓「はい! ゴキにゃーん、ご飯ですよー」

G「…」 カサカサ

澪「人間用のゼリーでも食べられるのか…?」

梓「雑食ですから、大丈夫だと思います」

パチン

G「…」 モグモグ

唯「ゴキにゃんおいしそうに食べてるねー!」

梓「はい、皆さんありがとうございます!」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:27:16.97 ID:q5fHpJuM0

澪「…」 ジー

G「…」 モグモグ

澪「…」 ジー

G「…」 モグモグ

澪「…」 ジー

G「…」 モグモグ

澪「ちょっと可愛い…?」

律「おっ ついに澪にも抵抗がなくなって来たか!?」

梓「本当ですか?!」

澪「た、たぶん…」



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:30:22.58 ID:q5fHpJuM0

澪「…」

澪「…梓とゴキにゃんのセッション見たいかも」

梓「!!」 パァア

澪「…今なら気絶したりしないと思うし…

  それにせっかく梓が頑張って練習したんだしな」

梓「はい!!ちょっと待っててくださいね!

  今から準備しますから!」

ガサゴソ

梓「ゴキにゃん♪」 ニコニコ

G「…」 モゾモゾ


唯「嬉しそうだねー、あずにゃん!」

律「…ああ、後輩があんなに嬉しそうなんだ!

  先輩としては喜んでやらないとな」

紬「うふふ」



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:33:18.54 ID:q5fHpJuM0

G「…♪」 バサバサッ

梓「準備できました!」


唯「あずにゃん頑張ってー!」 ワクワク

紬「ふぁいと!」

律「期待してるぜーっ!」

澪「が、ガンバレー!」


梓「それじゃあ始め…


ガチャ



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:36:19.15 ID:q5fHpJuM0

さわ子「チーッス!」

紬「あ、先生」

さわ子「あら、何やってるの?」

唯「今からあずにゃんとゴキにゃんでセッションなんだよ!」

さわ子「へー」

さわ子「…」

さわ子「ゴキにゃん?」


G「…♪」 バサバサバサバサ


さわ子「へ」

さわ子「ぎゃあああああああああああああああああ!!
    ゴキブリぃいいいいいいい!!!」 ガタガタッ

澪「せ、先生!?」



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:39:22.83 ID:q5fHpJuM0

さわ子「ひいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!」 バタバタッ

律「だ、誰かさわちゃんを止めろ!!」

唯「お、落ち着いてさわちゃん!!」

さわ子「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!」


G「…」 アセアセ

さわ子「にがすかああああああああああああああああああああ!!!

さわ子「死に晒せ!!!!ゴラアアアアアアアアア!!!!!!!」

G「…」 !


ドスッ グチャッ


梓「え…」


唯律紬澪「あ」




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:39:56.48 ID:Fb4WAQLx0

うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああ



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:40:01.01 ID:5gfACWwz0

ああああああああああ



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:40:09.01 ID:F2Sf12K60

あああ



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:40:31.54 ID:KKbal4suP

ああああああああああ



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:40:33.94 ID:j//Hr8Ga0

そりゃそうなるわなww



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:41:19.46 ID:tl+zC0ee0

これが普通だけど… だけど…



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:41:41.12 ID:EyHUnQqQ0

オワタ・・・





213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:42:30.48 ID:q5fHpJuM0

梓「何が…起こって……?」 ワナ ワナ


さわ子「ふう、敵は撃墜したわ!

     虫けら風情がこのさわ子の魔の手から逃げようだなんて100万年早いのよ!!」

律「さ、さわちゃんのアホおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!」

唯「さわちゃん……なんて事を……」

さわ子「え、えぇ?」

紬「あ、あの…さわ子先生…実は」


G「…」 ピクピク

梓「ゴキにゃん…?どうして……?

  なんで……?? ペシャンコになってるの…??」

G「…」 …

梓「!? ゴ、ゴキにゃん!?」

G「…」 チーン

梓「嘘でしょ!!? 動いてよ!!ねえ!! ゴキにゃん!!」 ポロ ポロ



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:45:10.56 ID:q5fHpJuM0







梓「ゴキにゃああああああああああああああああああああん!!!!!!!!!!!!!!!!!」








219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:48:08.43 ID:q5fHpJuM0

数日後

唯「…」

律「…」

紬「…」

澪「…」

唯「…」

律「…もう3日か…」

紬「…」

澪「…」

唯「…あずにゃん……来ないね…」

律「…」

紬「…」

澪「まあ……あんな事があった後じゃあな…」



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:51:13.13 ID:q5fHpJuM0

紬「梓ちゃん…あんなに大切にしてたんだもの…

  きっと凄くショックだったんだと思う…」


さわ子「本当シャレにならない事しちゃったと思ってるわ…」

律「そうだよ!さわちゃん!!」

唯「なんであんな事しちゃったの!!!」

さわ子「だ、だって ゴキブリ飼ってるなんて普通思わないじゃない…!」 アセアセ

律「そりゃそうだけどさ……」

澪「梓……大丈夫なのかな……」

紬「大丈夫…って?」

律「ま、まさか後追い自殺とか!?」

唯「ええっ!!あ、あずにゃんが死んじゃうのは嫌だあぁ!」 ウルウル

澪「…」

澪「…皆!」

澪「梓の家に行こう!」



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:54:35.43 ID:q5fHpJuM0

梓の家!


一体どれくらいの間 こうしていただろう

あの日 目の前の現実を受け入れられず 

先輩たちの制止を振り切り 部室を飛び出した私は

誰もいない 自室へと逃げ帰った


あの時の私は それは もう どうかしていた

何も見なかった事にして 何も聞かなかった事にして 外界との接触を拒めば

無残な現実に抗うことができるなどと幸せな事を考えていたのだろう


しかし 現実は残酷にも 私に逃げ場を与えてはくれなかった

実際には 自室は3日もの間 あの子との絆を育んだ場所であり

そこでともに分かち合った 幸せな思い出を 振り返ることで

結果として 私は あの子はもういないのだ と言う

覆らない現実に 気付かされたのだった



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:57:13.48 ID:q5fHpJuM0

私は 今もこうして 何をするわけでもなく

真っ暗な部屋の中に篭り続けている

何の解決にもならない事はとっくにわかってはいたが

だからと言って そうする以外他に 何をどうすればいいのか 全くわからなかった


明かりも無い 時計の音だけがコクコクと響く 空っぽの部屋で

時々思い出したようにもう戻って来ないあの子の名前を呼んでみる


梓「……ゴキにゃん」


空しいだけだった


ただひたすら 空しいだけだった



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 15:59:18.97 ID:q5fHpJuM0

梓「…ゴキにゃん」

梓「どうして……」

梓「どうしてよ……」 ポロ

梓「私を一人にしないで…」

梓「帰ってきてよ… ゴキにゃん…!」 ポロ ポロ


ピンポーン

梓「…」

梓「お客さん…?」

ピンポーン

梓「……」

梓「うるさいなあ……放っておいてよ…」


ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン

梓「…」



229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:00:06.09 ID:q5fHpJuM0

ガチャ

梓「…!」

梓「先輩たち…」

唯「あずにゃん!」

梓「……」

紬「梓ちゃん…大丈夫?」

梓「……」

澪「部活も学校も来てないからさ、心配で見に来たんだ…」

梓「……」

律「皆待ってるんだぜ… さわちゃんも謝りたいって言ってるし

  だから…」

梓「……」


梓「もういいんです…」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:03:41.23 ID:q5fHpJuM0

唯「え…? あずにゃん?」

律「もういいって…」

梓「いいんです…謝罪なんて」

梓「別にさわ子先生の事怒ってるわけじゃないんです…」

梓「ただ……謝ってもらっても…あの子が帰ってくるじゃないですから」

澪「…」

律「…」

紬「…」


梓「軽音部にはもう戻りません…」

唯「えっ」

律「梓、お前何言って!」

梓「……」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:06:13.43 ID:q5fHpJuM0

律「それって軽音部を辞めるって事かよ!!」

梓「…すみません」

紬「考え直す気は無いの!?」

梓「…」

梓「…さようなら」

澪「おい、梓!」


唯「自分を責めてるの?」


梓「……」 ピタッ

唯「あずにゃん、自分の事責めてるんだよね?」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:09:09.64 ID:q5fHpJuM0

梓「…」

紬「梓ちゃん…」

澪「そうなのか…?」

梓「…」

律「なあ梓…」

梓「…」

律「私達はそんなに頼りないか?」

梓「えっ…」

律「私にはさ 梓の気持ちはわからないよ

  大切な者を失ったことの無い私には… 大切な者を失った奴の気持ちはわからない」

梓「…」

律「でもさ、だったら教えてくれよ!その気持ちを!梓の気持ちを!」

澪「梓は一人で抱え込みすぎだ… もっと私達を頼ってくれたっていいんだよ!」

唯「そうだよ!あずにゃん!! 言ったでしょ!困った時は何時でも言ってねって!」

紬「私も!力になるって言ったわ!」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:12:49.79 ID:q5fHpJuM0

梓「先輩…」 グスッ



梓「…だって」

梓「だって申し訳ないじゃないですか…!」


梓「ゴキにゃんが死んだのはっ…!!…私のせいなんですよ!!?」 ポロ ポロ


梓「さわ子先生は悪くないですよ…だって叩き潰すのなんて当たり前じゃないですか…」

梓「ゴキブリなんですから… ゴキブリが誰かに飼われてるなんて普通思いませんよ」


梓「『責任を持たなきゃならない』だとか 『不快になる人もいる』だとか

  口だけは綺麗事言ったりしても!! 実際は調子に乗ってタッパーの外に出して!!!

  誰かが来るかもなんて少しも考えてなかった!! 

  そのせいでゴキにゃんが死ぬかもなんて 少しも考えてなかった!!!!」



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:15:55.32 ID:q5fHpJuM0

梓「だから私のせい!!私のせいなんです!!!」

梓「私があの子を死なせた……も同然です…」

梓「はは 飼い主失格ですよね……」

梓「いや 飼い主どころか人間失格ですよ」

梓「大切にするべき命を守れなかったんですから…」


梓「そんな私が軽音部に戻る???」

梓「抜け抜けと??」

梓「また幸せな生活に戻る??」

梓「自分の罪を忘れて?」

梓「ゴキにゃんを殺した事を忘れて ??」

梓「あはは そんなの許されるわけ無いじゃないですか」

梓「そんなの許されるわけ無いじゃないですかっ!」 ポロ ポロ



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:19:12.37 ID:q5fHpJuM0

唯「あずにゃん…」

紬「…」

律「…」

澪「…梓」

梓「…」

澪「梓が自分を責めて ゴキにゃんはそれで喜ぶのか?」

梓「…それは」

澪「…」

澪「…」 ゴソゴソ

澪「梓、コレ」

梓「…!」

梓「ゴキにゃんのタッパー…」

澪「あの日は梓… 慌てて帰ったからコレ部室に置きっぱなしだったろ?

  だから今日持ってきたんだよ…」 サッ



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:21:31.93 ID:q5fHpJuM0

梓「…」 スッ

梓「…ゴキにゃん」

唯「…あずにゃんとゴキにゃんのセッションカッコよかったよね!」

梓「…!」

律「ああ、あそこまで出来るようになるまで随分練習したんじゃないか?」

紬「それだけじゃないと思うわ… あれだけ素晴らしかったんですもの

  練習量だけじゃ説明できない… きっと二人の間にはそれだけ大きな絆があったと思うの」

紬「…たった数日だったけどゴキにゃんは

  梓ちゃんに飼われて幸せだったんじゃないかしら」

梓「…!」

紬「梓ちゃん、きっとゴキにゃんは梓ちゃんの幸せを望んでると思うわ…」

梓「……」

梓「…ゴキにゃん」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:24:10.61 ID:q5fHpJuM0

梓「…ゴキにゃん…」 ギュッ


梓「ご…ごめんなざいっ…!」 ウルウル


梓「ごめんなざいっ!! ごべんなざいっ!!!!!!!

  わ、私…あなたの事っ…グズッ …飼い主になって…

  たっだ…たっだの数時間で  死なぜちゃった……」

律「…」

紬「…」

梓「ごべんなざいっ!!!!!!ごべんなざいっ!!!!!!

  ごべんなざいっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!」

唯「…」

澪「…」

梓「うわあああああああああああああん!!!!!!!!!」



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:27:10.69 ID:q5fHpJuM0

………


梓「……」

唯「落ち着いた?」

梓「……はい」

紬「お台所借りたわ……お茶入れたから、これでも飲んで?」

梓「……ありがとうございます」

梓「……」 ズズーッ

梓「先輩たち 本当に有難うございました」 ペコリ

律「…いいっていいって、私達仲間だろ」 

澪「…明日はどうするんだ?」

梓「明日からまた学校に通います」

唯「軽音部は!?」

梓「…こんな私ですけどこれからもよろしくお願いします」

唯「!」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:30:07.97 ID:q5fHpJuM0

唯「あ…あぁ…」

梓「先輩…?」

唯「あっずにゃーん!」 ガバッ

梓「にゃっ!」

唯「よかったよー!!あずにゃんが辞めなくて!!」 スリ スリ

梓「…やめてくださいー」 ググッ


澪「やれやれ、一時はどうなるかと思ったけど…」

律「梓が辞めなくて良かったな!」


紬「う~ん…」

律「? どうしたんだ、ムギ?」

紬「これ何かしら…?」



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:33:11.50 ID:q5fHpJuM0

澪「? ゴキにゃんのタッパー?」

紬「うん、この中なんだけど…」

律「どれどれ…」


律「茶色いな」

澪「丸いな」

紬「なんでしょう…」


梓「!!」

梓「見せてください!!」


梓「うそ…!」

梓「これ!卵鞘です!!」

律澪紬「えっ!」

唯「らん…しょう?」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:36:22.37 ID:q5fHpJuM0

数ヵ月後

律「しっかし、ゴキにゃんは雌だったとはなぁ!」  カサカサ

澪「……」  カサカサ

紬「本当あの時は驚いちゃった!」   カサカサ

律「まさか卵が残ってるとはな」  カサカサ

澪「……」 カサカサ

紬「うふふ、ゴキにゃんが梓ちゃんのために残していったのかもね!」  カサカサ

澪「…」  カサカサ

澪「なあ…」   カサカサ

律「…? どうしたんだ、澪?」  カサカサ


G14「…」カサカサ G3「…」カサカサ G26「…」カサカサ

G22「…」カサカサ G17「…」カサカサ G8「…」カサカサ

G16「…」カサカサ G4「…」カサカサ G25「…」カサカサ


澪「なんで部室がこんなことになってるんだ…?」 ゾワゾワッ




264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:36:26.11 ID:wmVW8JoJ0

雌だったのかあいつ



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:36:43.95 ID:KghprVMXO

置き土産か



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:37:38.24 ID:5gfACWwz0

これはさすがに困るだろw





269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:39:43.07 ID:q5fHpJuM0

澪「おかしいだろお!!一匹ならともかく!こう何十匹もいたら!!!」 ゾワゾワッ

律「仕方ないだろ? ゴキブリは1つの卵鞘から何十匹も産まれるんだし

  梓一人じゃ全部育てられないだろ?」  カサカサカサ

澪「だからって軽音部室で飼わなくても!!」   カサカサカサ

紬「まあまあまあまあ」  カサカサカサカサ


G5「…」バサバサバサッ G11「…」バサバサバサッ G28「…」バサバサバサッ

G21「…」バサバサバサッ G9「…」バサバサバサッ G12「…」バサバサバサッ

G19「…」バサバサバサッ G23「…」バサバサバサッ G7「…」バサバサバサッ


澪「ひいいいいいいいいい!!!」     バサバサバサバサッ

澪「そ、そう言えば梓は…?」 ビクビク

紬「唯ちゃんと一緒に出かけたみたいだけど…?」  バサバサバサバサッ

律「ああ、あいつ等なら」    バサバサバサバサバッ

律「墓参りだよ、ゴキにゃんの」




270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:40:04.64 ID:UdNq5GWo0

まだまだ増えるよねww



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:40:24.72 ID:F2Sf12K60

どうしてこうなった・・・



273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:41:00.31 ID:4UCR+M2O0

アシダカさん投入しても駆除しきれなそうだなw





274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:42:06.01 ID:q5fHpJuM0

うらにわ!

唯「あずにゃんその子は?」

梓「ゴキにゃんの子供です!」

G2「…」 カサカサ

梓「一番大きくなった子なので、

  ゴキにゃんに見せてあげようと思いまして」

唯「そっかー」 ニヘラ

梓「はい!」 ニコニコ


天国のゴキにゃん! あなたの子供達は元気だよ!!

子供達と優しい先輩達に囲まれて私は幸せだよ!

きっと あなたの子供達も幸せにするから、天国で見守っててね!

梓「ありがとう、ゴキにゃん!」



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:45:05.86 ID:q5fHpJuM0

梓「…」

唯「…挨拶終わった?」

梓「はい!帰りましょうか」

唯「うん」 ニコッ


梓「…さ、みんなの所戻ろっか」

梓「ゴキにゃん2号!」

G2「♪」 バサバサバサッ



goki_end_aa.png



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:47:43.46 ID:q5fHpJuM0

作中のゴキブリの生態はマジ適当、愛好家の方には本当すまん


俺、コレ書いてる間中さ ずっと思ってたんだ…

どうしてこうなった…?




281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:46:09.28 ID:M3q6AkUyP

乙!感動した!



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:46:37.19 ID:PnEKjCma0



キチガイじみてた



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:47:24.35 ID:Fb4WAQLx0





285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:47:42.60 ID:pi4b+XReO

おめでとう



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:48:05.36 ID:rSOfdl320

おつ!!



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:48:25.45 ID:EyHUnQqQ0

おつ



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:48:52.14 ID:nAmfkVPn0

乙!!
冗談抜きで感動した



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:49:03.59 ID:6uO/DGrG0

お・・・おつかれ!



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:49:23.86 ID:U2nUK3r00

<<1 乙!
楽しかった



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:49:29.51 ID:ETHOVTWa0

>>286
乙、君のご主人様のワモンゴキブリさんも妹のチャバネさんも喜んでると思うよ。



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:53:24.05 ID:xE23HEWq0

>>286
それはこっちがいいてぇよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:54:07.37 ID:W+RiewuE0

乙!
泣いたり笑わせてもらったわw



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:57:14.58 ID:5gfACWwz0


いろいろ面白かったw



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 16:57:27.34 ID:Mgy90Dv/0

これがシリアスな笑いか…



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/06(日) 17:08:37.31 ID:bhV6EFL+0







関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「ゴキにゃん2号!」#後編
[ 2011/11/20 19:52 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4421 [ 2011/11/20 21:47 ] [ 編集 ]

おぉ…

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6