SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  梓「このくじが出るのを待っていた ‐ダークサイド・ローソン‐」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「このくじが出るのを待っていた ‐ダークサイド・ローソン‐」 【非日常系】


梓「このくじが出るのを待っていた!」
梓「このくじが出るのを待っていた!!」紬「~♪」
梓「このくじが出るのを待っていた ‐ダークサイド・ローソン‐」




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 22:55:50.00 ID:5TN4tJzU0

「いらっしゃいませー」

純「やった、梓ー!」

純「まだクリアファイル置いてた! しかもいっぱい!」

梓「……驚いた。てっきりもう無くなってるとばかり思ってたのに!」

純「1枚ずつゲットしちゃえー」

梓(フェアは繰り返すたび、難易度が下がる)

純「ほら、あずぐるみもまだあるよ」

梓「!」

梓「都内のコンビニでしかも夕方! なのにまだぬいぐるみが存在してる!?」

梓「もしかして私のぬいぐるみは人気がないのでしょうか!?」

「さぁ、僕に聞かれましても」

梓「くっ……!」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 22:58:54.38 ID:5TN4tJzU0

「ありがとうございましたー」

純「えへへ、買っちゃったぁ」

梓「良かったね」

純「梓はよかったの? ファイル」

純「またいつかみたいにどこに行ってもないみたいなことになると」

梓「私はいいの。今回のフェアには参加しない……金欠で」

梓(今月調子に乗って、アルター憂とフィギュアーツナイト買っちゃったし)

純「え、じゃあ一番くじは? フェアと同時期なんだよ!?」

梓「……たぶん、やらない」

梓(もうお小遣いの先借りはできないし、そんな私に来月まで収入は期待できない)

純「どうした、梓……」

梓「もういいんだよ。私の運は前回で尽きた……」

梓「私は、燃え尽きて死んだんだよ」

梓は、変わった
戦争は、ない

けいおん!!(パーティ時間)一番くじ発売中





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:01:15.26 ID:5TN4tJzU0



(残り3回! これが最後! 最後です!)
「お客さん! 早く」
「わあああああああぁぁぁああああああああああああああああああ!!」



梓「私はこれまで戦った。私のために」



「む、ムギ先輩……」
「なぁに? 梓ちゃん」
「ぷぷぷっ、プレゼントです!! よければ貰ってくださいぃっ」ドッサリ
(こんなに可愛くてキラキラしてる笑顔が見れたんだから……いいんだよ)
「ハッピーバースデー! ムギー!」



梓「何も後悔はないよ。だから今回は……ううん。もう、これからは」

梓「一番くじをスルーします」

純「あ、梓……そんな」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:04:04.20 ID:5TN4tJzU0

自室

唯『もうすぐ劇場版けいおん!の公開日だね~』

梓「そうですね。とっても楽しみです!」

唯『あずにゃんが前売り券5枚も持ってたおかげでみんなで行けそうだねぇ』

唯『りっちゃんも澪ちゃんもムギちゃんも! 全員でけいおん!が見れます!』

唯『きゃー!!』

梓(テンション高いなぁ)

梓(それより……今言ってしまおうか、どうしようか)ピラ

梓(皆さんと行く分とは、別にペアチケットを用意してあると)

梓「あの、唯せんぱっ」

唯『あ、私明日早いから~。じゃあねー、おやすみあずにゃんチュッチュー!』

ブチッ

梓「唯先輩いぃ……うう……!」ムスッ



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:07:06.33 ID:5TN4tJzU0

ピロリン

梓「メール? あ、唯先輩」

『そういえばローソンであずぐるみ売ってたから買ったよー
 可愛いでしょ? あげなーい これと一緒に寝るね! ピースピース』

梓「写メつき……うわ」

梓「唯先輩も今回のくじやらフェアやらには関心ないのかな」

梓「律先輩たちも忙しいからって理由で放置みたいだけど……」

梓「あー、何だろう。まだ愛は残ってるよ」

梓「でも何か、もう私は着いて行けない感が」

チラ

部屋に埋もれるこれまでの戦利品たち

梓「フィギュア、そろそろちゃんと飾らないと……きゅんキャラぐらいなら」

梓「ケース買わなきゃだよね……」

梓(あれだけ狂ったように手に入れた品々を粗末に扱って)

梓「どうしちゃったんだろう、私……」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:10:04.86 ID:5TN4tJzU0

憂『梓ちゃんが倦怠期?』

純「そう! 今日だっていつものハリキリがなかったっしょー?」

純「あの一番くじだってスルーしちゃったんだよ! 私、もうビックリ」

憂『あの梓ちゃんが……きっと、部長になってから忙しくて、それどころじゃ』

純「いーや、おかしい」

憂『うーん』

憂『でも、それって悪い事かな?』

憂『確かにあの梓ちゃんがグッズ総スルーなんて珍しいけど』

憂『もしかして、飽きちゃったとか』

純「あ、飽きた?」

憂『うん。それにローソン行っても、そこまでグッズの取り合いもなかったでしょ?』

憂『張り合いっていうか、やる気がそれで起きなかったのかも』

純「あー……」

純「……ふっ、所詮梓もただのお祭り大好きっ子だったってわけかねぇ」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:13:35.19 ID:5TN4tJzU0

『レンシュウスルゾ!』

『マズハオチャデショー』

梓「……」

梓(私はけいおんが好き、私はけいおんが好き)

梓「けいおん、面白いなぁ…へ、へへへ……」

ブチッ

梓「何回も見たから飽きちゃった。2ch見ようっと」ウィーン

梓「けいおんフェアのスレがvipに立ってる……」

梓「あー、やっぱり。今回はそれほど入手困難ってわけじゃなさそう」

梓「あずぐるみすら難なく購入できる現状……ぬるいわね」

梓「あのハラハラ感、殺気、そして戦争」

梓「カムバック!!」

梓「まぁ、私にはもう関係ないんだけどねー」カチカチ



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:16:20.68 ID:5TN4tJzU0

次の日

梓(いつ唯先輩にチケット渡そうかなぁ)

菫「あの、梓先輩。お茶が……」

梓「はぁ」

菫「もしもーし」

直「先輩、上の空。どうかしたんですか?」

純「最近はずっとこんな感じよー。つまんないでしょ」ツンツン

梓「……」

直・菫「無反応!」

憂「梓ちゃん大丈夫かなぁ、心配だよ」

直「でも寡黙で真面目な梓先輩というのも中々……」

純「やだー! くじに熱心なキモい梓じゃなきゃやだよー!」

菫「それって褒めてるんでしょうか」

純「はい、私なりに!」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:20:23.13 ID:5TN4tJzU0

梓(唯先輩の誕生日は27日。なら、誕生日プレゼントにさっと渡すのがいいのかな)

梓「あ、いやでももしっ!
  もし二回も映画見たくないとかで受け取ってもらえなかったら私惨めだし、向こうも気まずいし」

純「何? 映画?」

純「あ、梓……まさか男ができた……」

梓「は?」

梓「……別に、そんなんじゃないよ」

梓「しばらく私のこと放っておいて。ちょっと色々考えてて」

憂「考え事? よかったら私たちが相談に乗るよ」

菫「先輩の力になれるのなら、よろこんで!」

梓「ううん。いいの、私1人で悶々としていればいいから。だから……」

純「ね、梓!!」

純「今日は部活この辺にしといて、みんなでローソン行こうよ!」

梓「ローソン……」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:23:33.93 ID:5TN4tJzU0

「らっしゃせー!」

梓「何でまたローソンなんかに。昨日も来たでしょ?」

純「いやぁー、私くじ引きたくて」

憂「あ、私もまだ引いてないし、やるよー」

直「それじゃあついでで」

菫「梓先輩はいいんですか? くじ」

梓「パス……今200円しかないの」

菫「はぁ」

純「すげー! まだクリアファイル残ってる!」

憂「あれ、フェアって昨日じゃなかったの?」

梓(お、おかしい……1日で完売しない? ここ表通りのローソンなのに)

梓(そしてこの一番くじ! まだまだ上位賞が余ってる! おかしい!)ズビシィ



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:26:28.16 ID:5TN4tJzU0

梓「おかしいですよ、店員さん!!」

憂「あ、梓ちゃんっ」

梓「何ですかコレは!?」

「けいおんっスね。俺もめちゃLOVEっスよ」

梓「じゃあ買えよ!!」

梓「あそこにはあずぐるみ、あそこにはクリアファイル!」

梓「パンもあればお菓子もある! 選り取り見取り、選び放題! さぁ楽しめ!」

「お客さん困りますよ……
 それに店員は、フェア商品で買える物がかなり限定されてるんス」←店によります

梓「チロルチョコも好きなの選べます! いっぱい詰めて買って!」

「お、お客さぁん……」

直「店員さん困ってますよ、梓先輩っ」

純「そうだよ! あんたどうしちゃったのさ!?」グイグイ

梓「は、離せー! わ、私はけいおんが好きなだけなのっ」

梓「嫌いになんかなってない! ずっと好き! 違うのぉっ」

純「あ、梓……?」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:29:39.73 ID:5TN4tJzU0

梓「……」

「えー、Iが1つ。Gが2つ。あとEっスね」

純「よーし、ムギ先輩ヒット!」

菫「ひゃあああ、ちっちゃいお嬢様可愛い……!!」

菫「よく見せてください! はぁぁ~……」

純「お、落ち着くんだ。スミーレ」

憂「うーん」

純「お、憂はどうだった?」

憂「A賞の大きいトナカイお姉ちゃん狙ったんだけど、残念ながらコップが3つでした」

憂「でもこれラバーコースター可愛いから気にいっちゃったよ~」

直「あ、いいなぁ」

梓(みんな普通に一番くじを楽しんでる)

梓(……本当のこと言えば、私だって一度は引いておきたい)

梓(でも、私がしたい一番くじはこんなじゃない。もっと殺伐としてて)



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:33:02.27 ID:5TN4tJzU0

直「結構大きい……あの、袋。スケスケで外から丸見えなんですけど」

「周りに見せつけて女子力UPスよ」

純「うわっ、すげぇー! トナカ唯先輩当てちゃったの!?」

直「ええ、偶然にも」

憂「いいなぁ」

直「……あ、あげられませんから!」

直「私、これ家宝にしますから! 家族のみんなにも見せたいし……」

憂「ほ、欲しいなんて言わないよ。大丈夫大丈夫」

憂(あとでローソンまわろうっと)

菫「梓先輩! 奥田さんがA賞を……」

梓「……ぬるゥい」

菫「え?」

梓「温すぎるの。まるで微温湯……! これじゃない……!」

梓「みんな、ごめん。私もう耐えられないよ……今日は帰るね」

純「は!? え、ちょっと梓ー!」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:36:46.13 ID:5TN4tJzU0

たたたたたっ

梓「なんで、どうして!」

梓「今の私にローソンは、けいおんが!」

梓「魅力的に感じられない……!」

梓「くじは引きたい……はっ」

梓(まさか、まさか私は)

梓「けいおんが好きだったわけじゃなくて、ただくじを引くのが好きなだけな」

梓「バカなギャンブラー」

梓「う、うう、うううぅぅぅ……!!」

梓「酷い……そんなの、あんまりだよ……」

梓「……そうだ」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:39:07.92 ID:5TN4tJzU0

ガヤガヤガヤガヤドヤドヤドヤドヤ

梓(う、うるさい)

梓「夕方だからかな、サラリーマンが多い」

梓(ああ、この辺空いてる。どれどれ)

「お、お客さん! 制服でここに来るのはダメですよ……!」

梓「うるさいです! 私は孤独なギャンブラー!」

梓「パチンコ、スロット! きっとこっちの方が相に合っているはず……!」

「はぁ!?」

梓「それに今お金がないんです! 精一杯稼がせて!」

「だからダメですって!」

梓「ええいっ、どれ。お金は……え、千円から?」

梓「」チラ

財布の中には200円とその他もろもろ

梓「帰ります」

「はい、お気をつけて」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:42:16.25 ID:5TN4tJzU0

梓「……」トボトボ

「梓? 梓じゃないか」

梓「え」

澪「私だよ、梓。どうしたんだ、暗い顔して」

梓「澪先輩……いえ、何も」

澪「ウソだ。絶対にそんな事ない」

梓「さすが澪先輩。何でもわかっちゃいますね……」

澪「何でもではないけど、後輩が悩んでるぐらいは私にだってわかるよ」

澪「言ってみて。話したら少しは楽になるかもしれない」

梓「……私、今までの自分がわからなくなっちゃったんです」

澪「というと?」

梓「一番くじを狂った様に求めていた、自分が」

澪「お前、そんなだったのか……」

梓「どうか引かないで……」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:45:16.72 ID:5TN4tJzU0

梓「澪先輩、その手に提げてるローソンの袋は」

澪「ああ、昨日からけいおん!フェアだったろ。
  結局色々欲しくなっちゃって、こっそり買った」

澪「律たちには内緒、ね?」

梓「別にいいですけれど。澪先輩はけいおんが今でも好きですか?」

澪「もちろんだよ。映画だって楽しみにしてるし」

梓「では一番くじは? けいおん!一番くじは!?」

澪「あればたぶん1、2回は引くと思うけど。まぁ、好きかな」

梓「そう、ですか」

澪「ていうか別に飽きたのならそれはそれでいいんじゃないのか。別に強要されてるわけじゃ」

梓「それが……内にいる自分がくじを引け、くじを引けと囁いてくるんです」

梓(唯先輩へチケットを渡す事に専念したいのに、さっきローソンに行ってから私は!)

『け、引け……くじを引け、くじを引け、くじを引くのです……』

梓「ううっ、頭がどうにかなっちゃいそう……」フラフラ

澪「梓? 大丈夫か、何かフラフラしてるぞ?」




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:47:30.62 ID:jmSMc4/X0

これがあずにゃんのダークサイド・・・





28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:48:14.16 ID:5TN4tJzU0

梓「どうしたら」

梓「澪先輩っ、私どうしたらいいのでしょうか?」

梓「みんなに言った通りくじを引く事を止めるか、今までのように引き続けるか」

梓「お、教えて……でないと私……」

澪「……答えは」

澪「答えは梓、梓自身の中にあると思うんだ」

澪「私にそうしろって言われて満足? 違うよね」

澪「梓は自分で選択をしなきゃいけない。そうだろ?」

梓「そんなっ……!」

澪「梓。私、そろそろ帰らなきゃ」

梓「待って! い、行かないでっ」

澪「梓、自分を見失っちゃダメ。本当の自分を貫くんだ」

澪「じゃあね」

梓「う、ううぅぅ……わからない……!」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:51:13.88 ID:5TN4tJzU0

自室

梓(けいおん!フェアから2日経とうとしている)

梓「さすがに明日辺りからはグッズが減り始めるとみた……!」ウィーン

梓「やっぱり、vipでもそんな情報が」カチカチ

梓「しかしクリアファイルはまだ余ってると……ぷぷ、転売厨ざまぁ」

梓「……カオス分が足りてない。この人たちだってそう思ってるはずだよね」

梓「こんなのじゃ満足できない! でも」

梓「グッズが色んな人に行き渡るのは悪い事じゃない」

梓「何なんだろう、私」

『引きなさい、くじを引きなさい……』

梓「くっ、うるさい……!」

プルプルプル

梓「手が、手が震えている……これは禁断症状?」

梓「ぐぅっ! し、静まって私……ダメ……!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:54:09.56 ID:5TN4tJzU0

ピロリン

梓「ゆ、唯先輩からメール?」

『ムギちゃんがくじ引いたよ! こんなに色々当たったんだって! じゃーん』

梓「!!」

梓(写メを見てみると、そこには)

梓「可愛い可愛いけいおん!グッズたち……う、うう!」

梓「……ダメぇっ」ス

ガチャガチャ

梓「貯金箱! 中身は、2000円……!」

梓「一回600円、なら3回引ける……そして財布の中の200円」

梓「プラス200円加えれば4回!! お、お母さんー!」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/23(水) 23:57:31.47 ID:5TN4tJzU0

梓「うぅ、外寒いっ」

梓「さすがにこんな夜遅くに出ればそうだよね……」

梓「でも私は引くんだ! 一番くじを!」

梓「自分に素直に、抑えつけるな。そうですよね、澪先輩!!」

梓「とぉー!!」

「らっしゃいませー」

梓(この店、もうクリアファイルが置いてない)

梓「余裕ができたから1ついただこうと思ってたのに」

梓「まぁ、いい。店員さん、一番くじを」

「は、一番くじ?」

梓「けいおんの一番くじです。ありますよね」

「少々お待ち下さいね」

梓「まさか……いや、まさかね」

「申し訳ありませんが今日の昼頃に買い占めていかれた方がいまして」

梓「」ドクン!



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:00:03.59 ID:VMiqa34z0

梓「はぁはぁ」

梓「次、次のローソンへ!」

・・・

梓「一番くじを!」

「売りきれちゃいましてねぇ」

・・・

梓「引かせてください!」

「あ? ねぇよそんなもん」

・・・

梓「隠してもあなたの為になりません」

「だったら隠してません」

・・・

梓「……ない。くじがない」

梓「どこも売り切れだよ!」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:03:09.18 ID:VMiqa34z0

梓「寒い、寒すぎる」ガタガタ

梓「もうどこにも置いてない? まさかそんなわけ」

梓「……」

梓「こうなったらヤケクソです。隣町までちょっくら」

梓(大丈夫。まだ0時を切ったばかり! 余裕余裕!)

梓「最悪、明日の学校休むし!」

梓「ゴーゴー私! さぁ、進め!」

警官「そこの自転車止まりなさーい」

梓「げっ」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:06:03.64 ID:VMiqa34z0

梓「しょ、職質ですか。拒否します……」

警官「いや、職質じゃなくて」

梓「危ない物なんて持ち歩いてません! 触って確認してくれても構いませんから!」

梓「だから行かせてください! ローソンが、一番くじが私を待っているんです!」

警官「ローソン? くじ? はぁ、よくわからないよ」

警官「ダメじゃないか。君、未成年だろ? こんな時間にうろついてちゃ」

梓「それは……よくないことかもしれません」

梓「でも、今しかない! 今この瞬間が大切なんです!」

梓「わかりませんか!?」

警官「ちょっとわからない」

梓「でしょうね……」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:08:08.80 ID:HaDDSfBK0

いつぞやも警官に呼び止められたな





37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:09:05.45 ID:VMiqa34z0

警官「とにかく、ちょっと交番に来なさい」

梓「い、嫌っ」

警官「体震えてるじゃないか。そんな薄着で寒いんだろう?」

警官「おいで、交番の中暖かいから。きっと落ち着く」

梓「体は落ち着いても心は落ち着きません! 拒否します!」

警官「弱ったなぁ……(苦笑)」

梓「いいじゃないですか。ただ、コンビニに行くだけですよ」

梓「何がそんなにダメだと言うんですか、お巡りさん!」

警官「青少年、少女がこんな時間に外にいるのがあまり思わしくない」

梓「ふん……これ以上この話は無駄です! どうか見なかった事にして私を行かせて!」

警官「ちょっと無理。これ以上グダグダ言ってると、怒るぞ」

梓「これだから公務員は……」


あずにゃん、連行




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:11:23.98 ID:J/vylMxT0

しょっちゅう警察に捕まるなww





39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:12:04.11 ID:VMiqa34z0

交番

警官「はい、お名前は?」

梓「……」ムスッ

警官「ちょっとぉ」

梓(いつもいつもこうだ。不幸はいつも重なる)

梓「空しい」

警官「そうか」

警官「仕方がないから、今日の所は帰りなさい。車で送ろうか?」

梓「いえ、大丈夫。ちゃんと家に帰りますから……」

警官「そう?」

梓「はい。それでは……うわっ!?」

ドドーン

梓(あれは……まさしく、そう)

梓「けいおん!一番くじ……」

ドド ドドド ドドド ド



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:15:26.23 ID:VMiqa34z0

警官「ああ、ソレかい? あれは同僚が今日大人買いしてきたもんなんだって」

警官「引いちゃった? だろうなぁ(苦笑)」

梓「い、いえっ、そんなことは全く!」

梓(欲しい!!)

梓(手を伸ばせばすぐに手に入る距離)

梓「ああ……」スゥ

警官「あ、触ったら俺が怒られちゃうかもだから勝手にそういうのやめて!」

梓「」ピタ

梓「はい、すいません」

梓(またあの時の様にタダでもらえるかなんて思って)

梓「私って、ズルい……」

警官「ん?」

梓「いえ、何でも。それでは失礼します」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:18:09.14 ID:VMiqa34z0

次の日

憂「梓ちゃん何だか眠そうだね。大丈夫?」

梓「ん」

純「反応も薄いし、どうした梓ー?」

梓「……昨日の夜、くじ引くためにローソンを回ったの」

「!?」

梓「でも結局見つからなくて。それで悶々してよく寝れなかった」

純「目が覚めたね、梓!!」

梓「はぁ?」

憂「梓ちゃん昨日までくじはもういいって言ってたよね?」

純「そうか、そうか。梓はやっぱりそうだったか」ウンウン

梓(何がなんだか)

梓「まぁ、衝動的に引きたくなっただけってのもあるけど」

梓「今は……とっても引きたい。けいおん!一番くじを」

梓「その気持ちにだけは、私は嘘をつかないよ!」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:21:05.89 ID:VMiqa34z0

梓「でも肝心のくじが見つからないには始まらないよ」

純「そっか。さすがにそろそろグッズも売れてきた頃だし、見つけるのも一苦労」

純「任せて梓!」ドン

純「あんたの為に私が一肌脱いで、売ってる所調べる!」

憂「じゃあ私も! 安心してね、梓ちゃん。きっと見つかるよ」

梓「ふ、2人とも……」

梓(2人がこんなにも頼もしい。ああ、私はなんて幸せ者なんだろう)

梓(不幸も続けば幸も来る。2人のためにも、私は何としてでもくじを引かなきゃ!!)

梓「やってやる……私の意地、見せつけてやる」


燃える梓。その瞳にはかつて失ったドス暗い欲望。
その手で、再びくじを引く事はできるのだろうか。



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:24:21.42 ID:VMiqa34z0

「ありがとうございましたー」

純「ダメ、ここも全滅。やられちゃってるよ」

憂「このお店じゃ、人の入りも多いしね……」

梓「まだ、まだ行ける」

憂「やっぱり車じゃなきゃ行けないような所のローソンがまだ」

純「バス使う?」

梓「……バス代に出すお金が勿体ない。これはくじの軍資金」

梓「行くとしたら自転車を使うよ! 徒歩じゃ間に合わない!」

憂「梓ちゃん、燃えてる……」

梓「これよ。私はこれを求めていた……超ギリギリのデッドオアライブ」

梓「そしてけいおん!に対する愛。まだこの心には灯っている……」

梓「叫んでいい!?」

純「何で!?」

梓「わあああああぁぁぁぁーーーーーー!!」

あずにゃん、吼える



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:27:17.27 ID:VMiqa34z0

梓「一番くじはありませんか!?」

「ああ、リラックマの売れ残りのなら」

梓「結構です!!」

・・・

純「ありませんか?」

「うちの店舗じゃ扱ってないねぇ」

純「でもあそこにポスターが」

「あ、アレ欲しい? 良かったらあげますよ」

純「え、マジ! やたー!」

・・・

憂「もしかして売り切れちゃいましたか……?」

「あるにはあるけど、あとはストラップが3つ程度」

「600円出してくれましたら、好きなの選んで構いませんよ?」

憂「あ、いいです」

憂(これじゃあ梓ちゃんも満足しないよね……)



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:30:10.78 ID:VMiqa34z0

「箱買いされちゃいました。てへぺろ」

梓「ちっ……!」

「ざっしたー」

憂「どうだった?」

梓「」フルフル

純「無かったかぁ」

梓「……2人とも、ありがとう」

梓「もういいよ。後は私だけで探す」

憂「そ、そんな!」

純「ここまで来たら最後まで付き合うって!」

梓「いいの。もう遅いし……それに」

梓「これは私とローソンとの戦争。2人を巻き込めない」

純「梓……わかった」

憂「応援してるね。きっと見つかるよ!」

梓「うん……!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:33:20.36 ID:VMiqa34z0

梓(このローソンにもない)

梓「もう、諦め……ううん、ダメ」

梓「ここでやめたら憂と純に申し訳がつかない。多々買おう」

「あずにゃん?」

梓「え?」

唯「やっぱり! あずにゃんだ!」

梓「ゆ、唯先輩。どうしてここに……」

唯「えへへ、あのねぇ」

唯「けいおん!の一番くじ引きたくて探してるんだけど、全然見つからなくて」

梓「唯先輩も!?」

唯「てことは、あずにゃんもそうなの?」

梓「え、ええ!」

唯「じゃあ、私たち一緒だね」

梓(これは私だけの孤独な多々買いじゃなかった。唯先輩もなんだ)

梓(唯先輩も……!)



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:36:43.35 ID:VMiqa34z0

唯「自転車でここまで来たの!?」

梓「へ、変でしょうかっ」

唯「えっと……すごいよ、あずにゃん!」

唯「あずにゃん、そこまでしてくじがやりたかったんだね」

唯「私なんか気持ち的に負けちゃった感じ……」

梓「そんなことないです!」

梓「唯先輩だって寮からこんな離れた場所まで来たってことは、
  それだけくじに思いを馳せていたんでしょう? なら」

梓「探しましょう。そして引きましょう。2人で」

唯「あずにゃん……! うん!!」

「店内ではお静かにー」

梓・唯「すみませんでしたー!!」ピュー



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:40:58.50 ID:VMiqa34z0

梓「ダメ。どこにもない……」

唯「全滅だったねぇ……」

唯「これって、ローソンにしか置いてないの? 前はTSUTAYAでも見かけたんだけど」

梓「今回のはTSUTAYAには無かったかと……はっ」

梓「……そうだ。それです!!」

唯「え?」

梓「今まで私たちはローソンに縛られ過ぎていました! ですけど」ピッピッピ

唯「携帯なんかいじってどうしたの?」

梓「見てください。ここです……!」

唯「HMV? でもこれってCDとかDVD売ってるとこでしょ?」

梓「TSUTAYAだってそんなもんです! ここに置いているんですよ!!」

梓「行きましょう。これが最後の賭け……!」

唯「よしきたー!」

唯「絶対、絶対2人で引こうね。くじ!」

梓「はい!」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:44:02.48 ID:VMiqa34z0

HMV

唯「今流れてる曲いいねぇ!」ズンズンズン♪

梓「それどころじゃないです……アレを見て!!」

唯「あ~!?」

ババーン

唯「ある……あるよ!? 一番くじ!」

梓「ええ、しかもまだ残っています……まだまだ!!」

梓・唯「やったぁー!!」ギュゥ

梓「……はっ」

梓「でも、まだ……引くまでが一番くじ。見つけて終わりじゃ」

唯「ないよね。よし、トップバッターあずにゃん! 行っておいで」

梓「で、ですけど」

唯「ここはあずにゃんのおかげで見つけられたんだよ。だからあずにゃんが先」

唯「いっけー!」

梓「……はい!」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:47:11.03 ID:VMiqa34z0

「いらっしゃいませ……!」

梓「あの、けいおん!の一番くじを」チラ

梓(今の手持ちは2860円……4回だ。4回できる)

「何回、引きますか?」

梓「4回で」

「はい。では2400円になります」

梓「どうぞ……」

梓(4回引いてどこまで行けるか。数打ちゃ当たる戦法より、これはまさに運の問題)

梓(欲は、捨て去る!)

「4枚引いてくださいね」

梓「はい」

梓(完全に出たとこ勝負……先が見えないこの胸の高まり、ドキドキ)

梓(堪らないっ……!!)

梓「ていっ」ペイッ

梓「まずは、一枚です……」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:50:08.81 ID:VMiqa34z0

「G賞。好きなのを選んでください」

梓「では、とりあえず律先輩のを」

梓「さぁ、次!」

唯「お、おぅ……」

唯(あずにゃんの周りだけ空気が違ってみえる! 今のあずにゃんは)

唯「くじの鬼! いつものあずにゃんじゃない!」

梓「気が散るっ! 黙っていて!」

唯「はぁい……」

梓(さっきは一番上から一枚とってG賞だった。そうしたら)

梓「次は下から! どうだ!」ヒュンッ

「G賞です」

梓「っ!!」

梓(また、またG! 上も下もG! Gのサンドイッチ!?)

梓(どうする……どうも、今の私は運気が傾いている。追い風が吹いていない!)

梓「……っ」タラタラ



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:53:17.84 ID:VMiqa34z0

梓(熱い!)

梓(汗が出てきたよ……体が火照ってる……?)

梓(……興奮しているんだ、きっと。アドレナリンが出ているのが自分でもよく分かる)

梓「へ、へへへ……」

「お客様?」

梓「これ、これ、これ、です。残り3枚、確認を」サッ

「……よろしいのですか」

梓「ええ」

(なんてスッキリとした顔だ。さっきの鬼の様な形相とは打って変わって……)

(1人の女子……! そんな顔……!)

「では」

「I賞、G賞、I賞です」

梓「やっぱり、か」

唯「あずにゃん……!」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:56:05.40 ID:VMiqa34z0

梓「……わかっていたんです。この勝負」

梓「私の負けは確定的だった。なぜか」

梓「私は、ただくじを引きたい。その一心でやっていたからなんです」

唯「え?」

梓「つまり、上位賞を狙うとか、あれが欲しいとか」

梓「まったく欲が出せなかった。それが敗因」

唯「でもそれっておかしいよ。所詮くじは運の問題なんだよ?」

梓「違うんです。私は今までくじを」

梓「運ではなく、自身の欲で引いてきたんです……!」

梓「強すぎる欲望は時として勝利を手にする。そういうものなんです」

梓「……満足しました! 唯先輩、ファイトです!」

唯「あずにゃん……敵討ちは私に任せといてね!!」

唯「引くよー、きゅんキャラコンプしちゃうもんね!」フンスフンス




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:57:20.70 ID:aBI4wOzyO

勢いと雰囲気で一枚分誤魔化しやがった





63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:59:48.74 ID:VMiqa34z0

うわ、あずにゃん何か5回も引いちゃってる! すまん、ミスです。



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 00:59:48.74 ID:VMiqa34z0

唯「6回で!」

「3600円になります。では、どうぞ」

唯(6回なら、上手くいけばA~Fが来るかもしれないよね。とりあえず)

唯「この2枚!!」ピピッ

「H賞とG賞です」

唯「あうっ……!」

唯(だめだめ! 弱気になってちゃ引けないよ)

唯「集中ー集中ー……そして、ごちゃまぜの術!」

グチャグチャ!!

梓「!」

梓(箱の中身を混ぜてシャッフルした? 唯先輩、何を……)

唯「次はこの一枚!」ピッ

唯(よく上位賞はかたまってたりするんだよねー、だからごちゃまぜにしちゃって)

唯「さらに私の運に任せる……! 意味は特にありません……!」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:03:22.02 ID:VMiqa34z0

「G賞」

唯「ああぁ……!」

「ラスト3枚、よろしくお願いします」

唯「は、はいぃ……!」

唯(ダメだよ、あずにゃん! まったく当たる気がしないの!)

唯(これじゃあダメだってわかってる。けども……)

唯「く、悔しい……」

梓(唯先輩が苦しんでる。
  きっと、あの人のけいおん!グッズに対する思いは私をも越えているんだ)

梓(だからこそきゅんキャラを当てたい……!
  そんな思いがこっちにもヒシヒシと伝わってくる……!)

唯「う、ううぅ」

梓「唯先輩!!」

唯「あ、あずにゃん……?」

梓「無我の境地です! 頭で考える事をやめて、見た物を取って中から出して!」

唯「……よぉし!」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:06:30.77 ID:VMiqa34z0

唯「無心、無心」

(顔つきが変わった。まるで何も感情が入っていないような)

(機械! 彼女は今、ただひたすらくじを引く事しかしない機械になったんだ……!?)

唯「」ピッピッ

(目で、俺にくじを確認しろと訴えている……いいだろう)

「では」

「I賞が3つです」

唯「!?」ハッ

…ガクン

梓「ゆ、唯先輩!」ガシッ

唯「あずにゃん……私、ダメだったよ。へ、へへ……」

梓「いいえ!! あなたは、唯先輩は立派でした……!」

唯「そ、そっか……そりゃ良かったなぁ……」

唯「」ガクン

梓「う、う、うわあああああぁぁぁぁぁぁぁ!!?」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:09:25.43 ID:VMiqa34z0

「店内で騒がれては困りますよ」

梓「で、でずげど……ゆい、ぜんばいがぁっ……ぐすんっ」

「……お客様」

「お客様、これで終わりになさいますか。お帰りになられますか」

「くくっ……」ニタァ

梓(この店員、笑っている!!)

梓(あの目は敗者を笑う目だ……)キッ

梓(まだ多々買いたい……でも、残金は460円)

梓「足りないよぉ……」

「それではこの場からとっとと去るのだな。敗者よ」

梓「ぐぬぬぅっ……」

梓(諦めたくない! 諦めたくないっ!!)ギリリ



梓「え、200円……これは、唯……先輩?」

唯「」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:12:08.38 ID:VMiqa34z0

唯「」

梓(まさか、唯先輩。気を失っていながら……無意識に財布からこれを)

梓(ああ、聞こえる……くじを引けと、内なる自分からの声が。そして)

梓(それを後押ししてくれている様な、唯先輩の200円!!)

ギッ

「どうした? 引かないのか?」

梓「……望む所ですよ。やってやるです!!」

梓「これが正真正銘、最後の多々買い! 私はこの1回に全力を注ぐ!」

梓「店員さんっ、けいおん!一番くじを1回! 引かせてください!!」

「……いいだろう。600円だ」

梓「ふんっ」ス

「たった1回が何になる。お前の敗北は見えている」

「まぁ、引くだけ引いてみるがいいさ」

梓「……」

「既に集中しているのかこいつ」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:15:11.58 ID:VMiqa34z0

「くく……お客さまよ、俺の顔をどこかで見たことはないかな?」

梓「は?」

「俺はお前の顔にとても見覚えがある。そして」

「見るたびにムカっ腹が立つ」

梓「あなた、まさか……!」



A「交換しませんか、I賞」
梓「交換!? はい!」
A「こちらの純ちゃんとあなたの澪を交換してくれないかなーって」
梓「純はいりません!! 純は!」
A「え、えー……そうですか……」



梓「前回のくじのとき、交換をせがんできた男の人!」

A「そうだくそったれ! お前のせいで澪ちゃんだけ揃わなかったんだよ!」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:18:13.83 ID:VMiqa34z0

梓「まさか、くじを引かせる立場になっていたなんて」

A「俺はもう多々買いを止めたのさ。そして」

A「売る側になり、欲しい賞が取れなかった奴らの顔を見て喜ぶ方に回った!」

A「楽しいなぁ……絶望している奴を見るのは」

梓「外道め……!」

A「さぁ、話は終わりだ。さっさとくじを引け。そしてここで朽ち果ててしまえ」

梓「……」

梓(この人の事は気にしていられない。だけど)

梓(多々買う人々をバカにされちゃ私の誇りが許さない……!)

梓(唯先輩……これは私とあなた、一緒に引くくじです)

梓「一緒に、多々買ってください……!」




梓「これだぁああああああああ!!!」バンッッッ



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:21:12.01 ID:VMiqa34z0

唯「……う、うーん」

梓「唯先輩、気が付きましたか?」

唯「……そ、っか。私お店で気絶しちゃったんだねぇ……てへへ」

唯「あの後は、どうなったの?」

梓「ええ」ニコ

梓「私たちは勝ちましたよ。私と唯先輩、2人の力で」ス

唯「それって、A賞……!? え、どうして!」

梓「最後に引いてみたんです。そしたら偶然にも、えへへ」

唯「そっかぁ! よかったねぇー! あずにゃん! よかったよぉー!」ギュウ

梓「苦しいですよ~! あははっ」

梓「でも、これは私だけの物じゃなくて唯先輩の物でもあるんですよ」

唯「そうなの? ……あー、でも私の部屋に私の人形ってのも変だし、あずにゃんが持っててよ」

梓「……ほ、本当ですか!? わぁぁ……あぁ、ありがとうございます、唯先輩!」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:24:40.50 ID:VMiqa34z0

唯「喜んでもらえてよかった。えへへ」

梓「……」

梓「それじゃあ唯先輩にも喜んで……もらえるかわかりませんけど」

唯「んー?」

梓「えっと……はい、この中から1枚引いてください」

唯「おやっ、あずにゃん! 何だねこれは?」

梓「けいおん!一番くじ 中野オリジナル! ……ってところです」

梓「ほ、ほらー! 早く引いてくださいよっ、せっかく作ったんですから!」

唯「え、えっ、あ!? うんっ」

梓「ハズレなしで当たりしか入ってません」

梓「それが唯先輩にとって、当たりかどうかはわかりませんけれど……」

唯「ううん、そんなことない。あずにゃんがくれる物なら何でもうれしいよ、私!」

梓「……そう、ですか」ドキドキ



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:27:07.18 ID:VMiqa34z0

唯「……?」

唯「これ、中に1枚しか入ってないみたいなんだけどー?」

梓「……は、早く引いてくださいっ」

唯「ん~? えいっ」ピッ

唯「あっ」

梓「」ドキドキ

唯「けいおん!劇場版のチケット?」

梓「A賞、おめでとうございます……」

唯「で、でも前売り券もうあずにゃんから貰ってるんだけど」

梓「じ、実は! それペアチケットの1つなんです!」

梓「A賞は……私と一緒に2回目の映画を見に行く、ってのはどうでしょう……か?」

唯「……」

梓「だ、ダメですよね……てへへ……」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:34:13.08 ID:VMiqa34z0

唯「ううん、ダメなんかじゃないよ。あずにゃん、一緒に行こうよ。映画!」

唯「あ、でもでも。まずはみんなと一緒に行ってからだよ?」

梓「唯先輩……いいんですか、同じ映画なのに?」

唯「けいおん!は大好きだから3回は見ようと思ってました!」

梓「……ぷっ」

唯「あ、何で笑うの!?」

梓「い、いえっ、何か安心しちゃって! あはははっ」

梓「……よ、よかった。喜んでもらえて」

唯「だから何でも嬉しいって言ったじゃーん」

梓「あはっ……そうですねっ」

梓「ちょっと早いけれど。唯先輩、お誕生日おめでとうございます」ニッコリ

唯「うん♪ ありがとね、あずにゃんっ」

梓(ありがとう、一番くじ。ありがとう、けいおん!)

梓「これまでも、そしてこれからも!
  私はあなた達の為に多々買い続けます……1人のファンとして!」

おしまい



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:36:07.83 ID:VMiqa34z0

これにてシリーズ完です
見て下さった方、それと去年から見てくれていた方、ありがとうございました!




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:39:57.06 ID:2/5s/nJU0

きれいにまとまって乙あず

3期始まってまたフェアがあったらまた書いてね



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:40:04.96 ID:HaDDSfBK0


ちったぁ報われて良かった
あと警官ワロタ



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:42:14.40 ID:J/vylMxT0

乙!
やっぱ今回で完結だったのか
本当に色んな意味で乙だ
このシリーズ大好きだよ!



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:43:20.00 ID:d+22Fc070

おつ
何だかんだで全部読んでたわ



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/24(木) 01:46:46.21 ID:/CqW9wdZO


三回とも乙






関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「このくじが出るのを待っていた ‐ダークサイド・ローソン‐」
[ 2011/11/24 18:51 ] 非日常系 | 一番クジ | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4498 [ 2011/11/24 23:08 ] [ 編集 ]

くじの人かw
このシリーズ好きだなぁ、またあったら書いて欲しい(^ω^)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6