SS保存場所(けいおん!) TOP  >  妄想 >  俺「おめでとー!!」唯「ありがとー!!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






俺「おめでとー!!」唯「ありがとー!!」 【妄想】


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322372385/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 14:39:45.15 ID:VzumUk2J0

俺「ところで唯ちゃん。今年でいくつになるの?」

唯「んもー俺君!れでぃーに年を聞くなんて失礼だよ!女心がわかってないよ!」

俺「いっけねー☆俺ったらうっかり口が滑っちゃったぜ!」

唯「実は今年で20歳になるんだけどね?」

俺「言っちゃった!割とあっさり言っちゃった!」

唯「うん!私は俺君に隠し事なんてひとつもしないよ!」

俺「愛されてるぅ!!」

唯「愛してるぅ!!」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 14:43:54.89 ID:VzumUk2J0

俺「よーし!」

唯「おおっ!?」

俺「唯ちゃんの20歳の誕生日!
  俺がきっとスペシャルでエレガントな素敵な1日にしてみせるからね!!」

唯「そんなに頑張らなくても大丈夫だよ?」

俺「えっ?」

唯「俺君が一緒にいてくれればそれだけで、
  今日という日はすっごくスペシャルでエレガントだよ!」

俺「ゆ、唯ちゃん……」

唯「えへへ///」

俺「唯ちゃん!!」

唯「俺君!!」

俺「愛してるううううううううう!!!」

唯「愛されてるううううううううう!!」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 14:47:53.78 ID:VzumUk2J0

俺「それにしても20歳かー!すごいなー!めでたいなー!」

唯「でしょでしょー!」

俺「よーし!20歳になった唯ちゃんに大人なプレゼントをあげちゃうぞー!」

唯「お、大人なプレゼント!?」

俺「うん、頭を撫でてあげよう!」

唯「それ子供扱いだよ俺君!?」

俺「ほーれほーれ」ナデナデ

唯「えへー///」

唯「……って違う違う!」

俺「油断してる唯ちゃんもかわいいー!」

唯「もー!」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 14:52:35.87 ID:VzumUk2J0

俺「冗談冗談!本当はちゃんとした大人のプレゼント用意してるから!」

唯「……ホントにぃ~?」

俺「ホントもホント!超本当!」

唯「なにくれるの?」

俺「デートです!!」

唯「なんですとっ!?」

俺「デートに行こうよ!」

唯「デ、デ、デ、デート!?」

俺「うんデート!」

唯「お、大人だね!」

俺「大人だよ!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 14:58:12.56 ID:VzumUk2J0


俺「というわけで遊びに行こうよ!!」

唯「あ、そういうことか!デートってそういうことか!」

俺「大人になるとなぜだか名前だけ立派になっていくからねー!」

唯「大人って変なの!!」

俺「とにかもかくにもバースデーデートだー!!」

唯「ラブラブデートだー!!」

律「待て待て待て待てー!!」

唯「あ、りっちゃん!」

律「……お前ちょっとこっち来い」

俺「えっ、あっ、ちょっ」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:02:22.68 ID:VzumUk2J0




俺「なに!なんなの!愛の告白なら申し訳ないけどお断りだよ!」

律「違うわアホっ!」

俺「じゃあなんだよ!」

律「言っただろ!今日は唯の誕生だから
  サプライズパーティーするんだって!外に連れ出したりするなよ!」

俺「……忘れとった」

律「まったく……もうすぐ準備終わるから!それまで大人しくしてろよ!」

俺「そ、そんな……まだもう少し時間かかるんでしょ?だったらその間だけでも」

律「ダーメーだ!いいからじっとしてろ!」

俺「えー」

律「えー、じゃないっての!もうケーキも焼き上がるんだから!」

唯「ケーキ!?」

俺律「あ」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:07:53.24 ID:VzumUk2J0

唯「なになに!ケーキの話だったの!?それなら私も混ぜてよ~!」

律「あー……いや、こ、これはちがくて」

俺「景気!景気の話ですよ!
  ギリシャにだけは移住したくないよね~って話をしてたんですよ!」

唯「景気!?」

律(おいマヌケ、このままじゃ唯のサプライズ誕生パーティーが
  全然サプライズじゃなくなってしまうぞ)

俺(ひそひそ話がへたくそなりっちゃんが悪いんじゃないか)

律(……2人で外に遊びに行ってこい)

俺「えっ!いいの!?」

律「1時間で帰ってこいよ!1時間だけだからな!」

俺「やったー!唯ちゃんお出かけしようぜー!!」

唯「ええっ!ケーキは!?」

俺「ケーキなら遊びに行ったら山ほど売ってるよ!じゃあねりっちゃん!いってきます!」

唯「それなら行く行く!いってきまーす!!」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:10:54.66 ID:VzumUk2J0

律「はぁー……」

ガチャッ

澪「おい律!みんな準備でてんてこまいなんだぞ!こんなところで油を……あれ、唯は?」

律「な、なんかデート行った」

澪「はあ!?もうすぐパーティー始まるのに!?」

律「まーま!すぐ帰ってこいって釘刺しといたし!なんとかなるって、多分!」

澪「多分っておい!」

律「そんなことより調理班が台所から離れたらダメだろー!早く戻るぞー!」

澪「あっ、ちょっ、律ー!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:14:46.05 ID:VzumUk2J0

ビュウウウウ~

俺「寒っ!外寒っ!」

唯「寒ーい!」

俺「そうだ唯ちゃん!手を繋ごう!俺が唯ちゃんを温めるから唯ちゃんが俺を温めて!」

唯「おお!名案だね!」

ギュッ

俺「……うひひ」

唯「……えへへ」

……ビュウウウウウ~

俺唯「……」

俺「……ダメだ!寒っ!普通に寒っ!」ブルブル

唯「寒いー!」ガタガタ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:18:22.43 ID:VzumUk2J0

俺「そ、それじゃあ唯ちゃん!どこに行こっか!!」ガタガタ

唯「わ、私はどこか体の温まる場所がいいな!!」ブルブル

俺「賛成!それ俺も賛成!」

ビュウウウウウ?

俺「うおわあああああああ!!!」ブルブル

唯「ひゃああああああああ!!!」ガタガタ

俺「そだ!温泉!温泉に行ってひとっ風呂浴びてこよう!!」ピーン

唯「さっすが俺君!!それ名案!!」

俺「よーし!温泉デートだー!!」

唯「ゴーゴー!!」



菖「ねー、なんか外が騒がしいっていうかかしましいっていうか」

律「し、知ーらね」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:22:52.60 ID:VzumUk2J0

俺「着いたぞー!!」

唯「着いたねー!!」

俺「おおっ!券売機だ!!」

唯「ボタンが光ってるよ俺君!!」

俺「靴入れが100円ロッカーだ!!」

唯「後で100円が返ってくるやつだね俺君!!」

俺「休憩室にテレビだ!!」

唯「安心のNHKだよ俺君!!」

俺「マッサージチェアだ!!」

唯「足ツボのやつも付いてるよ俺君!!」

俺「売店だ!!」

唯「あっ、お菓子!」

俺「男湯だー!!」

唯「女湯だー!!」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:27:06.92 ID:VzumUk2J0

俺「平沢隊員!!平沢隊員!!」

唯「なんですかたいちょー!!」

俺「ここで二手に分かれよう!分隊作戦だ!!」

唯「た、たいちょー!!」

俺「指令はひとつ、生きて帰ることだ!!」

唯「りょーかいであります!!」

俺「武運を!!」

唯「はいっ!!」



俺「というわけで」

俺「また後でねー!!のぼせちゃだめだよー!」

唯「の、のぼせないよー!私もう大人だもん!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:32:24.31 ID:VzumUk2J0




唯「はー!いいお湯でしたなー!」

俺「唯ちゃん知ってる!?温泉の湯上がりには牛乳を飲むのが日本人のマナーなんだよ!」

唯「あっ、それ聞いたことある!」

俺「俺コーヒー牛乳ー!!」ピュー

唯「じゃあ私フルーツ牛乳ー!!」ピュー




俺「フルーツ牛乳売ってねえ……」

唯「ええーっ!?」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:37:15.77 ID:VzumUk2J0

唯「うーん……じゃあ私もコーヒー牛乳にするー!!」

俺「お揃いだねー!!」

唯「お揃いだよー!!」

俺「よーし!ここは俺がおごっちゃうよー!!」

唯「ええっ!そんな悪いよ!」

俺「いーのいーの!誕生日なんだから!プレゼントだよプレゼント!」

唯「むー……じゃあ私の分はおごってもらうから俺君の分は私がおごる!!」

俺「ええっ!?」

唯「私ももう20歳だもんね!コーヒー牛乳の一本や二本なんてことないよ!」

俺「わーお!唯ちゃん太っ腹ー!!」

唯「へへーん!」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:43:41.05 ID:VzumUk2J0



俺唯「ぷっはー!」

唯「コーヒー牛乳もおいしいね俺君!!」

俺「うんうん!!それに唯ちゃんが買ってくれたと思うと三割増しでおいしいよ!!」

唯「じゃあじゃあ!俺君に買ってもらった私は五割り増し!」

俺「だったら俺は二倍おいしい!!」

唯「私は五倍!!」

俺「それなら十倍!!」

唯「百倍!!」

俺「千倍!!」

唯「一億!!」

俺「無量大数!!」

唯俺「無限!!」


唯「とにかくおいしいね!」

俺「いやホント」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 15:47:40.24 ID:VzumUk2J0


ビュウウウウウ~

俺「へっへーん!温泉で体を温めたから北風なんてへっちゃらだぜー!!」

唯「へっちゃらだぜー!!」

俺「そろそろ帰りますかー!」

唯「もう帰るのー!?もっといろいろ行こうよー!!」

俺「ふっふっふっー。外を回るよりずっと楽しいことが寮のお部屋で待ってるんだぜ!」

唯「ほえ?」

俺「ほらほらー!!捕まえてごらーん!!」ピュー

唯「ああっ!待ってよ俺君ー!!」ピュー



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 16:13:19.74 ID:VzumUk2J0



律「……遅ーい!!!」

澪「自分が一時間って言ったのが悪いんだろ!」

律「それを言われると痛いんだぜ!」

菖「お料理冷めちゃうよー」

晶「……だーりぃ」

幸「まあまあ」

紬「……あっ!見て見て来たみたい!」

律「ホントか!!」



俺「ゆ、唯ちゃん足速いー!待ってー!!」

唯「あははははは!捕まえてごら~ん!!」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 16:18:43.23 ID:VzumUk2J0

唯「俺君俺君!!寮に着いたけどここに何があるの?」

俺「まーまー!とにかく戸を開けてごらんよ!!」

唯「んんー?」

ガチャッ


  パン!パーン!

「「「「お誕生日おめでとー!!!」」」」

唯「……ふおおおお!!」

俺「唯ちゃん!ハッピーバースデー!!!」

唯「うわー!うわー!!」

律「そーかそーか!言葉にできないほど嬉しいか!」

菖「サプライズ大成功だねー!」

唯「わー!!!」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 16:23:32.93 ID:VzumUk2J0

唯「すっごい!すっごく嬉しいよ!!ありがとー!!!」

紬「喜んでもらえてよかった!」

菖「もー!早く食べようよ!お腹ペコペコだよー!」

澪「一応全部私たちの手作りなんだ」

唯「すごーい!!」

律「やー、唯はさっきからそればっかりだなー」

唯「だって本当に嬉しいんだもん!!ありがとう!本当にありがとー!!!」

 わー!わー!

          きゃー!きゃー!


俺「……やっぱりな。可愛い子ってのは笑顔が一番可愛いんだ」

晶「な、なんでこっち向いて言うんだよ」

俺「さーてね」

晶「ぐ」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 16:27:07.92 ID:VzumUk2J0




俺「宴もたけなわ!歌うたって締めようじゃないの!!」

律「歌?」

俺「ほらほら!ハッピーバースデーのあの歌だよ!!」

唯「わー!!」パチパチ

澪「でも俺さんって音痴だったんじゃ」

俺「いーんだよ!こういうのは気持ちだよ!!俺は魂で歌うのさ!!」

唯「俺君かっくいー!!!」キャー

紬「じゃあ私が伴奏するわ!」

俺「よーしそれじゃ!せーのでいくぞ!……せ~の!!」


ハッピバースデートゥーユー! ハッピバースデートゥーユー!!



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 16:30:56.33 ID:VzumUk2J0


   じゃーねー  またねー


唯「ねえ、俺君!」

俺「なあに唯ちゃん!」

唯「この先私がおばあちゃんになっても、私のこと好きでいてくれる?」

俺「あったりまえじゃーん!!」

俺「俺は唯ちゃんが若いから好きになったわけじゃないよ!」

 「もっと純粋に、心から君のことが好きなんだよ!年なんて関係ないよ!」

唯「俺君!!」

俺「唯ちゃん!!」

唯「愛されてるううううううううう!!!」

俺「愛してるうううううううううう!!!」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/27(日) 16:32:50.74 ID:VzumUk2J0

寮で開かれたはずの誕生会なのに俺と唯ちゃんが一緒に帰っているのは
実はこのあと平沢邸で家族水入らずな誕生パーティーが開かれるからです


めでたしめでたし




関連記事

ランダム記事(試用版)




俺「おめでとー!!」唯「ありがとー!!」
[ 2011/11/27 19:29 ] 妄想 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4558 [ 2011/11/29 01:16 ] [ 編集 ]

センター頑張れよ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6