SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  唯「もんすたーふぁーむ!」#3

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「もんすたーふぁーむ!」#3 【クロス】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1282002516/
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1282286672/

唯「もんすたーふぁーむ!」#1
唯「もんすたーふぁーむ!」#2
唯「もんすたーふぁーむ!」#3
唯「もんすたーふぁーむ!」#4
唯「もんすたーふぁーむ!」#5




883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:00:35.82 ID:8v1/MbIJ0

Sランク会場4
ゆうしょうけっていせん!

ジャンヌ「・・・さて」

澪&ジャンヌ 6勝0敗
ブリーダー&タナトス 6勝0敗

タナトス「ヒャッヒャッヒャッ・・・」

ジャンヌ「(願わくば奴との戦闘を避けての優勝を狙いたかったが・・・)」

ジャンヌ「(やはり奴は他の参加者とはレベルが違ったな・・・)」

ジャンヌ「(技の威力もさることながら狙いが正確過ぎる・・・)」

ジャンヌ「(しかも試合を見る限りまだ奴は全ての手の内を見せていない・・・)」

ジャンヌ「(・・・奴の攻撃・・・私に避けきれるか・・・?)」

澪「ジャ、ジャンヌぅ・・・」

ジャンヌ「・・・澪?」



884 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:04:05.11 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「・・・どうした澪?優勝決定戦に緊張しているのか?」

澪「あ、あのっ・・・」

ジャンヌ「ふっ・・・無理も無い。
     四大大会出場へのキップがかかった試合なんだ。私でさえ緊張してしまう」

澪「ジャ、ジャンヌ!」

ジャンヌ「・・・!」

澪「この試合・・・棄権しないか・・・?」

ジャンヌ「・・・・・・」



886 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:10:21.62 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「・・・ふっ、何を言い出すかと思えば・・・なんだ?まだあの死神が怖いのか?」

澪「こ、怖い・・・」

ジャンヌ「全く・・・Sランク出場をしても腰抜けなマスターだ・・・そろそろしっかり・・・」

澪「だってジャンヌが!死んじゃうかもしれないんだもん!!」

ジャンヌ「!!」

澪「うぅっ・・・」グスグス

ジャンヌ「(澪も気づいたのか・・・奴と私の相性が最悪だということを・・・)」

ジャンヌ「(・・・確かに私は回避特化のモンスター)」

ジャンヌ「(奴に一撃をもらってしまったら・・・)」

ジャンヌ「・・・・・・」

澪「ジャンヌが死んだら・・・私・・・イヤだよぉ・・・」グスグス

ジャンヌ「(・・・澪)」



887 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:15:32.81 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「澪」

澪「ひぐっ・・・?」

ジャンヌ「私も・・・」

ジャンヌ「私も澪と離れ離れになるなんてイヤだ・・・」

澪「じゃ、じゃんぬ・・・」

ジャンヌ「死ぬのは怖いさ・・・二度と澪に会えなくなるんだからな・・・」

澪「そ、それじゃあ・・・」

ジャンヌ「・・・だからこそ」

澪「えっ?」

ジャンヌ「その想いを胸にして私は奴と戦って勝つ」

澪「そ、そんな・・・」



889 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:22:05.83 ID:8v1/MbIJ0

澪「だ、だけど・・・!」

ジャンヌ「・・・・・・」

澪「・・・!」

澪「(きっと何を言ってももう・・・)」

澪「・・・ジャンヌ」

ジャンヌ「・・・なんだ?」

澪「それも・・・デュラハンの血筋だからか・・・?」

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「血筋もあるかもしれない・・・でも昔とは違う」

ジャンヌ「私は私自身の為だけじゃなく澪と一緒にどこまでも上を目指したい」

澪「!!」

ジャンヌ「信じてくれ。私は死なない。
     私が嘘をついたことなんてことなんて一度も無かっただろう?」

澪「・・・・・・」



891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:25:30.94 ID:8v1/MbIJ0

澪「・・・ジャンヌ」

ジャンヌ「・・・なんだ?」

澪「・・・Sランク突破するぞ!生きてあの死神を倒してくるんだ!」

ジャンヌ「!!」

ジャンヌ「あぁ・・・了解したマスター」

ジャンヌ「(必ず・・・)」

澪「(生きて・・・!)」

実況「それではこれより本日の最終戦を開始いたします!」



892 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:33:29.34 ID:8v1/MbIJ0

澪&ジャンヌVSタナトス

タナトス「ヒャハハハハハ・・・」

ジャンヌ「近くで見ると薄気味悪さ倍増だな・・・」

ジャンヌ「そして邪悪な気迫もな・・・!」

タナトス「ヒョッヒョ・・・よく喋りますね・・・」

タナトス「まぁ、これから死に逝くんです・・・
     その恐怖でも紛らわせていてもおかしくはない・・・ヒャハハハハ・・・」

ジャンヌ「・・・ふん」

ジャンヌ「よく喋る奴だ」

ジャンヌ「負ける犬ほどよく吠える・・・それと同じってところだろうか・・・ふふ」

タナトス「・・・その勇気だけは認めてあげましょう」

タナトス「しかし貴女が死ぬ運命は変わりません」

ジャンヌ「死神様に私の運命を決められるわけにはいかないな・・・」

ジャンヌ「私の運命を決めるのは私と・・・」

澪「(ジャンヌ・・・!)」

ジャンヌ「あそこにいる女神様だけだ」



893 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:40:15.18 ID:8v1/MbIJ0

実況「それでは試合を開始してく・・・」

タナトス「ヒョッヒョッヒョッ!!」ミョーン

澪&ジャンヌ「!?」

ジャンヌ「(エネルギーの塊!?あれが奴の本命・・・!)」

ジャンヌ「(ダメだ・・・避けきれない!!)」

ジャンヌ「・・・ぐぅっ!!」ミョーン

澪「え・・・えっ・・・」

実況「タ、タナトス選手!開幕にいきなり必殺技を仕掛けていったー!!
   これには回避特化のジャンヌ選手も対応しきれなかったか!?」

タナトス「ヒャハハハハハハ・・・」

ジャンヌ「が・・・はっ・・・」ガクッ

澪「じゃ、ジャンヌー!!!」



897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:50:56.53 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「く・・・う・・・っ!」ザンッ!

実況「ジャンヌ選手持ちこたえました!体力こそ少ないもののかしこさ技には耐性がありました!」

澪「・・・!」ホッ・・・

澪「お、おい!実況!今のは反則だろ!?試合開始前に仕掛けてきたぞ!?」

実況「そ、そう言われましても・・・私には開幕に仕掛けたようにしか・・・」

澪「そんな!!だって・・・」

ジャンヌ「澪!やめろ!」

澪「じゃ、ジャンヌ・・・」

ジャンヌ「奴が絶妙なタイミングで技を仕掛けてきた・・・それだけのことだ・・・」

澪「で、でもっ・・・!!」

ジャンヌ「油断こそしたが・・・もう食らうことはないさ・・・私は回避特化のジャンヌだからなっ・・・!」

ジャンヌ「だから・・・な?」

澪「うっ・・・うぅ…」

澪「(ジャンヌ・・・本来なら貴女が一番に怒りそうな状況なのに・・・)」

澪「(それなのになんで冷静でいられて・・・私はやっぱり気が気じゃない・・・)」グスッ



899 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 07:58:55.26 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「・・・待たせたな・・・再開と行こうか・・・」ハァハァ

タナトス「ヒャハハハハハハ・・・」

タナトス「一撃で沈まないとは甘く見てましたよ・・・」

タナトス「でも・・・もう虫の息でしょう?ヒャハハハハハ・・・」

ブリーダー「タナトス!相手は弱ってる!早く次の技を・・・」

タナトス「・・・チッ」

タナトス「人間ごときが!私に命令をするんじゃない!」」

ブリーダー「ひっ!?」

ジャンヌ「・・・人間が嫌いなのか?」

タナトス「人間すべてが嫌いなわけじゃありません。ただ頭の悪い人間は殺したくなりますね」

タナトス「貴女のご主人様とかね・・・」

ジャンヌ「!!なんだと・・」



900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 08:06:34.70 ID:8v1/MbIJ0

タナトス「だってそうでしょう?ここは殺し合いの場」

タナトス「殺し合うモンスターが死んでしまうなんてよくあることです・・・」

タナトス「それなのに貴女のご主人様は貴女の死に怯えてさっきから震えてばかり・・・」

タナトス「ブリーダーでありながら
     死の現実を受け入れることの出来ない頭の悪い人間です・・・ヒャハハハハハハ」

ジャンヌ「・・・・・・」

タナトス「さて・・・少々喋り過ぎてしまいましたか・・・」

タナトス「そろそろあの世に連れて行って差し上げましょう!デススラッシュ!!」ヒュン!

澪「(あ、あんな武器を受けたら今度こそ・・・!)」

澪「ぎ、ぎぶあ・・・」

ジャンヌ「澪!」

澪「!?」



902 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 08:11:14.65 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「大丈夫だ・・・!」

澪「で、でも・・・ジャンヌ、それじゃあホントに・・・」グスッ

ジャンヌ「大丈夫だから・・・ねっ?」ニコッ

澪「!!」

澪「(・・・ジャンヌがあんなにも頑張ってるのにマスターである私は一体何をしているんだ!?)」

澪「(ハハッ・・・こんなんじゃまたジャンヌに腰抜けだって呆れられてしまうな・・・)」

澪「・・・!」

澪「ジャンヌ、避けるんだ!!」

ジャンヌ「・・・!!了解!」ヒョイ

タナトス「ヌヌ?」スカッ



904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 08:20:17.06 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「澪・・・!」

澪「ジャンヌ・・・私はジャンヌを信じる!」

澪「だからジャンヌも私を信じてくれ!・・・あの死神、倒すぞ!!」

ジャンヌ「・・・ああ!もちろんだ!!」

タナトス「ヒャハハハハ・・・流石回避特化・・・私でも外してしまうことがありますか・・・」

タナトス「いいでしょう・・・次にガッツが溜まったその時に
     もう一度デスエナジーをくらわせてあげましょう!」

澪「いや、その前に倒す!条件は整ってる!」

ジャンヌ「!!そのようだ・・・デススラッシュで私に近づいたのが運の尽きだったな」

タナトス「笑えない冗談を言う。この近距離では貴女は力技しか使えないでしょう」

タナトス「それともなんですか?キックを積み重ねて私をKOするとでも?ヒャッヒャッヒャッヒャッ・・・」

澪「ああ」

ジャンヌ「その通りさ」

タナトス「・・・なんですって?」



907 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 08:27:10.16 ID:8v1/MbIJ0

澪「しかしただのキックじゃない!」

澪「ジャンヌ!あの技だ!!」

ジャンヌ「了解!!」ヒュッ・・・!

タナトス「ぬっ・・・!」

タナトス「(この高さはハイキックか・・・!くっ・・・避けきれない・・・)」

タナトス「(しかし所詮はバランス技に毛が生えた程度・・・大したダメージには・・・)」

ジャンヌ「(ハイキックだと思っているだろう・・・)」

ジャンヌ「(もう一段階上だ!!)」

ジャンヌ「やあっ!!」ヒュッ・・・ピキーン!

タナトス「なっ!?」

タナトス「(か、かかと落とし!?)」

ジャンヌ「私のマスターを侮辱した罪を受けろ・・・地獄でな!!」

澪&ジャンヌ「ヒールレイド!!!」シュッ!!

タナトス「ごはっ!!」バキッ



909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 08:33:25.79 ID:8v1/MbIJ0

タナトス「(ま、まさか大ダメージ技のヒールレイドを覚えているとは・・・)」バタッ

タナトス「(しかし所詮はピクシー種のちから技!!致命傷には・・・!)」

タナトス「・・・・・・」

タナトス「(あ、あれ・・・?)」

タナトス「(な、何故だ!?体が起き上がらない!?)」

ジャンヌ「おい」

タナトス「!!」

ジャンヌ「言い忘れていたが・・・」

ジャンヌ「私はかしこさよりちからの方が高い!!」デデーン!!

タナトス「なっ!?」

タナトス「力ピクシー・・・そんな・・・バカ・・・な・・・」ガクッ

澪「・・・・・・」

ジャンヌ「・・・・・・」

実況「タ、タナトス選手ダウン!戦闘は・・・続行不能!」

実況「勝者ジャンヌ選手!よってSランク公式戦会場4の優勝者は澪選手&ジャンヌ選手です!!!」



911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 08:36:28.56 ID:8v1/MbIJ0

客「ォォォォォォォォ!!!」

澪&ジャンヌ「・・・・・・・」

澪&ジャンヌ「や・・・」

澪&ジャンヌ「やったー!!!」

澪「ジャンヌぅー!!!」ダッ・・・

ジャンヌ「み、澪ー!!」ダッ・・・

澪「バカー!!!」ヒュン!

ジャンヌ「・・・へっ!?」ペチッ



913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 08:42:45.39 ID:8v1/MbIJ0

澪「なんで私がギブアップって言おうとした時に言葉を遮ったんだよー!!」グスグス

ジャンヌ「い、いや、だってそれは・・・」

澪「だってじゃない!勝ったから良いけど死んじゃってからじゃ遅いんだぞ!!」エグエグ

ジャンヌ「(さ、さっきまで私に指示をしていたマスターとは思えんな・・・)」

ジャンヌ「(しかし・・・)」ナデナデ

澪「えっ!?あっ・・・うっ!?///」

ジャンヌ「許せ。あの死神に澪を馬鹿にされてついムキになってしまったんだ」

澪「そ、そう・・・なのか・・・?///」モジモジ

ジャンヌ「(こんな澪が私は大好きだけどな!)」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 16:25:39.85 ID:8v1/MbIJ0

Sランク会場2
しあいちゅう!

唯「かべちゃん!わらわらだよ!」

モノリス「おk」ワラワラワラワラ

ゴライア「ぐふぅ・・・」バタッ・・・

唯「やったぁ!」

~~~~~~~~~~~~~~

紬「サイトー!ドラゴンパンチ!!」

テクノドラゴン「ぎゃおす!!!」ヒュン!!!

プロメテウス「ゴ・・・ハ・・・チ、チカラガチガイスギル・・・」バキッ!・・・バタッ・・・

紬「よくやったわサイトー」

そして・・・

唯&モノリス 6勝0敗
紬&テクノドラゴン 6勝0敗

唯&紬「(・・・優勝決定戦!)」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 16:29:57.51 ID:8v1/MbIJ0

ゆうしょうけっていせん!

唯「(やっぱりムギちゃんとは戦わなきゃいけないんだ・・・)」

唯「(今日まで一緒に名人を目指してきたのに・・・)」

唯「(・・・でも)」

モノリス「・・・・・・」

唯「(かべちゃんのおかけで私はSランクまで来れたんだ!)」

唯「(だからかべちゃんに勝たしてあげたい・・・!)」

唯「ムギちゃん・・・全力でいくよっ!)」

唯「かべちゃん!!」

モノリス「!!」

唯「今回も優勝するよー!!」

モノリス「おk」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 16:33:19.36 ID:8v1/MbIJ0

紬「(やはり避けては通れないのね・・・)」

紬「(唯ちゃん・・・)」

紬「(私の初めてのお友達・・・)」

紬「(だけど私は・・・)」

テクノドラゴン「ぎゃおす」

紬「(あなたと同じぐらい・・・いやあなた以上にサイトーのことが大切なの・・・!)」

紬「(だから・・・ごめんなさい・・・)」

紬「・・・サイトー」

テクノドラゴン「ぎゃおす」

紬「全力で戦ってきなさい!」

テクノドラゴン「・・・ぎゃおす!!」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 16:37:28.53 ID:8v1/MbIJ0

唯&モノリスVS紬&テクノドラゴン

実況「ただいまより本日の最終戦を行います!!」

客「ォォォォォォォ!!」

唯「・・・・・・」

紬「・・・・・・」

唯「・・・ムギちゃん!」

紬「・・・唯ちゃん?」

唯「お互いに全力で頑張ろーね!」

紬「!!」

紬「(なにも心配はいらないみたいね・・・)」

紬「ええ!もちろん!」

実況「それでは試合を開始してください!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 16:43:12.25 ID:8v1/MbIJ0

唯「(たしかサイトーはドラゴンタイプだっけ・・・?
   そのタイプはガッツダウンに弱いんだよね!)」

唯「かべちゃん!近づいてわらわらだよ!」

モノリス「おk」ワラワラワラ・・・

紬「(ガッツダウンさせて一気に叩く作戦ね・・・!確かにサイトーには効果的・・・)」

紬「(でも甘いわ!)」

紬「サイトー!飛び上がって避けなさい!!」

テクノドラゴン「ぎゃおす!!!」ビュオン!!!

モノリス「!!」

唯「ふぇ!?」

テクノドラゴン「ぎゃおーす!!」バサバサッ・・・

唯「(そ、空飛んじゃった!?)」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 16:49:41.60 ID:8v1/MbIJ0

唯「(空を飛ばれるとかべちゃんの攻撃が当たらないよ・・・!)」

唯「こ、こらー!ひきょーだぞー!!おりてこーい!!」

モノリス「!!」

紬「(フフッ・・・唯ちゃんたら緊張感があるんだか無いんだが・・・)」クスッ

紬「ええ!言われなくもそうするつもりよ!!サイトー!!スカイアタック!!!」

テクノドラゴン「ぎゃおす!!!」ビュンッ!!!

唯「うわわわわ!?空から体当たりしてきたー!?」

唯「か、かべちゃん!受け止めて!!」

モノリス「おk」

テクノドラゴン「ぎゃおお!!!!」

モノリス「ぐっ・・・ぬっ・・・!」ガキッ!!



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 16:59:22.52 ID:8v1/MbIJ0

唯「かべちゃん!しっかり!!」

モノリス「ぬぅ・・・ふんっ!!」

テクノドラゴン「・・・!ぎゃおす!」バサッ・・・

唯「よぉし!さすがかべちゃんだぁ!」

紬「(スカイアタックで致命傷にならないなんて・・・唯ちゃんのモノリスは本当に堅いのね・・・)」

紬「(でも、まだこの技は本命じゃないのよ!)」

紬「サイトー!!ガッツを溜めることに専念するのよ!あの技で決めるわ!」

紬「わらわらにだけ気をつけなさい!他の技ならあなたなら耐えられる!」

テクノドラゴン「ぎゃおす!!!」グッ

唯「(サイトーが防御体制になった!ガッツを溜めるんだね!)」

唯「(ここでわらわらを使いたいけどケアされちゃいそうだなぁ・・・)」

唯「!!」

唯「(そうだ!ここで新しく覚えたあの技を試してみよう!)」

唯「(一気に決められるかも!!)」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:04:17.17 ID:8v1/MbIJ0

唯「かべちゃーん!!」

モノリス「!!」

唯「アレ!アレやってみようよ!!」

紬「(アレ・・・?)」

モノリス「!!!」

モノリス「おk」スッ・・・

紬「(モノリスが横に傾いた・・・)」

紬「(!!まさかアレは・・・!)」

紬「サイトー回避の準備を!」

テクノ「ぎゃおす!」

唯「いっけぇー!!アタックだー!!」

モノリス「そぉい!」ヒュン!

紬「(ダメ・・・間に合わない!)」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:11:07.19 ID:8v1/MbIJ0

テクノドラゴン「ぎゃお・・・っ!!!」ドシン!!!

紬「(直撃・・・!!)」

テクノドラゴン「グ・・・ぐ・・・」フラッ・・・

唯「(お願い!そのまま倒れて!)」

紬「サイトー!!!」

テクノドラゴン「・・・むぎゃおう!!!」

実況「おおっとテクノドラゴン選手!耐えました!しかしダメージはかなり大きい!」

唯「ありゃりゃー・・・」

モノリス「・・・!!」

紬「・・・よかった」ホッ

紬「(しかしビックリしたわ・・・)」

紬「(ムギちゃんのモノリスが超必殺を覚えていたなんて・・・)」

紬「(モノリスの技が強いとは授業では習っていたけどここまでとはね・・・)」

紬「(でも・・・もう・・・!)」

唯「(い、今のでかべちゃんのガッツ無くなっちゃったよね・・・?」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:16:58.73 ID:8v1/MbIJ0

モノリス「・・・・・・」

唯「(か、かべちゃんガッツ無いよね・・・?)」

モノリス「(すっからかん)」

唯「(ま、まずいよー!!)」ガーン

紬「(うん!やっぱり何もしてこない!)」

紬「(超必殺技な分、ガッツの消費も大きいからよね!)」

紬「(サイトーのガッツは・・・)」

テクノドラゴン「ぐおおおおお・・・!!!」コォォォォォ・・・!

紬「(よし!もう少しね!)」

唯「(こ、これってまずいよね・・・?)」

唯「(たしかかべちゃんもガッツ回復遅いって和ちゃん言ってたし・・・)」

モノリス「(めんぼくない)」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:22:34.11 ID:8v1/MbIJ0

テクノドラゴン「・・・・・・・」

テクノドラゴン「・・・ぎゃおす!!!」

紬「!!」

紬「ガッツが溜まったのね!」

唯「はわっ!?」ビクッ

紬「唯ちゃん・・・ごめんなさい。この一撃で決めるわ・・・」

紬「(お友達のモンスターに使うような技じゃないかもしれない・・・)」

紬「(それでも・・・全力で戦うって決めたから!!)」

紬「サイトー!決めるわよ!!ドラゴンラッシュ!!!」

テクノドラゴン「ぎゃおーす!!!!!」ヒュン!!!

モノリス「!!!」

唯「(なんか凄そうなのきちゃったー!?)」

唯「(か、かべちゃん・・・!!)」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:30:19.47 ID:8v1/MbIJ0

テクノドラゴン「があっ!!」

モノリス「ぐっ・・・くぅっ!!!」バシバシッ!!!

唯「よ、よし・・・!まだ・・・!」

紬「まだよ!サイトー!!!トドメよ!!!」

テクノドラゴン「ぎゃおーす!!!!」ごぉぉぉっ!!!

モノリス「ぐ・・・あっ・・・」メラメラ・・・バタッ!

唯「えっ・・・」

唯「ええええええええ!?」

唯「ボコスカ叩いた上に炎まで吐いてきたあー!?」

紬「ドラゴンラッシュ」

紬「全ての力を出し切り相手を倒す・・・ドラゴン種の超必殺技よ・・・」

紬「ごめんなさい・・・もしかしたら唯ちゃんのモノリスを・・・殺してしまったかもしれないわ・・・」

モノリス「・・・・・・・」

唯「そ、そんな・・・」グスッ

唯「か、かべちゃーん!!!!!」ポロポロ



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:34:29.53 ID:8v1/MbIJ0

紬「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・!」ポロポロ

唯「あっ・・・!」

紬「・・・えっ!?」

モノリス「・・・!!!」ヨロヨロ

唯「かべちゃーん!!!」パアッ

紬「なっ!?」

テクノドラゴン「むぎゃおう!?」

唯「か、かべちゃん!大丈夫なの!?」

モノリス「・・・・・・」

モノリス「・・・おk」

唯「わあっ・・・」

唯「すごいよ・・・すごいよかべちゃーん!!!」

モノリス「(正直死ぬほど痛い)」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:39:45.95 ID:8v1/MbIJ0

紬「そんな・・・渾身のドラゴンラッシュを受けて立ちあがってくるなんて・・・」

唯「ふっふー!ムギちゃーん!!!」

紬「ゆ、唯ちゃん・・・?」

唯「ガッツ無いでしょー?」ニヤニヤ

紬「・・・うっ!?」

紬「(ええ・・・もちろん空っぽ・・・)」

紬「(それに・・・)」

テクノドラゴン「ぐぅぅぅ・・・」

紬「(ドラゴン種はガッツ回復がとても遅い・・・)」

紬「・・・・・・」

紬「(唯ちゃん・・・)」

紬「(あなたと・・・あなたのモンスターは本当に強いのね・・・)」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:46:19.55 ID:8v1/MbIJ0

唯「よぉし!!そろそろガッツ溜まったね!!!」

モノリス「おk」

唯「いくよー!!アターック!!!」

モノリス「そぉい!!!」ヒュン・・・

紬「(これを避けることが出来るならまだ勝機はあったけれど・・・)」

テクノドラゴン「ぐっ・・・おおおお・・・!!!」ドシン!・・・バタッ!

紬「(サイトーの回避力が不十分なのもあるけど、それ以上に技の命中精度が凄まじい・・・)」

紬「(完敗ね・・・)」

実況「テクノドラゴン選手ダウン!!モノリス選手の逆転KO勝利!!」

実況「よってSランク公式戦第2会場の優勝者は唯選手&モノリス選手です!」

客「ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

唯「勝った・・・」

モノリス「・・・!!!」

唯「やったー!!!かべちゃーん!!!!!」ダキッ

モノリス「おk」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:51:57.14 ID:8v1/MbIJ0

紬「おめでとう!唯ちゃん!」

唯「あっ・・・ムギちゃん!」

唯「!!・・・ご、ごめん・・・私、浮かれたりなんかしちゃって・・・」

紬「ううん。いいのよ」

紬「それよりも・・・さっきは本当にごめんなさい・・・」

唯「えっ!?」

紬「私は試合中に唯ちゃんのモノリスを殺してしまっても仕方ないって思っちゃったの・・・」

紬「お友達のモンスターを・・・ホントにごめんな・・・うぅっ・・・」ポロポロ

唯「・・・・・・」

唯「ムギちゃん」

紬「は、はい・・・」ビクッ

紬「(やっぱり、もうお友達じゃいられないかな・・・)」グスッ

唯「かべちゃんって死ぬの!?」

紬「はい・・・・・・えっ?」

モノリス「えっ?」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 17:54:39.57 ID:8v1/MbIJ0

唯「だってかべちゃんって黒板でしょ?壊れるならともかく死ぬって何かおかしくないかなぁ・・・」

モノリス「!!!」ガーン!!!

紬「ゆ、唯ちゃん・・・?」

唯「ああでも・・・意思を持ってるしやっぱり死ぬって言い方が・・・」

唯「・・・・・・・」

唯「かべちゃん死んじゃやだー!!!うわあああああん!!!!」ダキッ

モノリス「おk」

紬「・・・・・・」ポカーン



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 18:02:22.56 ID:8v1/MbIJ0

唯「・・・ムギちゃん」

紬「は、はい」

唯「楽しかったね!また学校でもやろうね!」

紬「!!」

紬「(ああ・・・叶わないわけだ・・・)」

紬「(ブリーダーとしての強さから違うもの・・・)」

紬「・・・ええ!またやりましょう!」

紬「そしてSランク突破おめでとう!!次は四大大会ね!」

唯「う、うん・・・」

唯「(本当はムギちゃんと一緒に上に行きたかったけど・・・仕方ないよね・・・)」

紬「今回、私は負けちゃったけどすぐに追いつくからね!」

唯「・・・!」

唯「うんっ!待ってるね!」

唯「(こうして私とかべちゃんは無事全てのグレードを制覇しました!)」

唯「(残るは四大大会!頑張るぞー!!!)」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 18:25:39.71 ID:8v1/MbIJ0

次はニューイヤーズ杯編
前編後編でわけます

ここで純を登場させます

純のモンスター>>56




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 18:27:49.64 ID:XJcM6/GCO

タイヤン



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 18:28:04.93 ID:cVrocwS10

デスブリンガー



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 18:31:08.92 ID:cVrocwS10

エンドブリンガー(ヘンガー×ジョーカー)だった…

すまん、無視してもらってかまわないです



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 18:28:28.04 ID:D7Lb5QloO

ニャー



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 18:28:28.12 ID:CaYtR/Ek0

ラジアル





71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:10:47.79 ID:8v1/MbIJ0

しんねん!
しぎょうしき!

さわ子「はい。みんな明けましておめでとう。正月ボケはしてないかしら?」

唯「ほへー・・・」

さわ子「(まぁ、あの子は正月というより年がら年じゅう・・・)

さわ子「おほん・・・正月ボケで、もしかしたら育成に力が入って無い人が多いかもしれないわね」

さわ子「そんな人はこれ!はい、プリント後ろに回してくださーい」

和「ニューイヤーズ杯?」

さわ子「1月の最終週に行われるフリーランクの大会よ」

さわ子「ランク関係無しでやったら誰が一番強いのか・・・ゾクゾクしない!?」

和「(ランク関係無しで・・・よく言うわよ・・・)」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:15:18.11 ID:8v1/MbIJ0

和「(フリーの大会だし優勝しても賞金だけでランクが上がるわけじゃない・・・)」

和「(別にスルーしても・・・)」

さわ子「ちなみにこの大会!私も出場するわよ!」

和「!?」

唯「・・・ほへ?」

生徒1「おいおい・・・それってマグマハートってことか・・・!?」

生徒2「そんな大会に出ても勝てるわけないじゃない!」

生徒達「ガヤガヤ・・・」

和「(マグマハート・・・!)」

唯「・・・おおっ!」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:20:07.79 ID:8v1/MbIJ0

唯「はーい!私とかべちゃん出場しまーす!」

さわ子「あら?平沢さん目が覚めた?ふふ、ブリーダー魂ね!」

唯「はい!さわちゃん先生と戦ってみたい!」

さわ子「あら!嬉しいわ!じゃああとで職員室にいらっしゃい」

生徒1「すげー・・・怖いもの知らずだな平沢さん・・・」

生徒2「ストレートでSランク突破した二人のうちの一人だもんね・・・」

生徒1「二人?もう一人って真鍋さんか?」

生徒2「ううん。違うクラスの子で・・・秋山さんって人。真鍋さんは負けちゃったみたい」

和「・・・!」

生徒1「お、おい・・・声が・・・」

生徒2「あっ・・・」

和「・・・先生!」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:23:45.40 ID:8v1/MbIJ0

さわ子「・・・あら?何かしら真鍋さん?」

和「(あと3週間・・・)」

和「(それまでに・・・!)」

和「私も参加します!」

唯「おおっ!和ちゃんも参加だ!大会で戦うのは初めてだね!」

さわ子「・・・・・・」

さわ子「・・・ええ。わかったわ。あとで職員室にいらっしゃい」

和「・・・はい!」

和「(あの恐怖を乗り越えてみせる・・・!)」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:29:17.17 ID:8v1/MbIJ0

ほうかご!
しあいじょう!

律「ああ、ニューイヤーズ杯なぁ・・・私も出たいけどリキイシの怪我がなぁ・・・」

唯「あぁ・・・そっかぁ・・・ムギちゃんは?」

紬「次の公式戦に向けてトレーニングを重ねたいから・・・私も辞退かな・・・」

唯「うぅーん・・・じゃあ澪ちゃん!」

澪&ジャンヌ「出ない」

唯「がーん」ガーン

ジャンヌ「(またタナトスとか出てきたら洒落にならん・・・)」

澪「だって・・・無差別大会なんて・・・怖いんだもんっ・・・」グスッ

律「Sランク突破してもこれかよ・・・」

紬「でも、澪ちゃんらしいわね」クスッ



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:36:57.56 ID:8v1/MbIJ0

律「しかし和も出るとはな。あんま興味無さそうなのに」

和「そんなことないわ。私だって今の実力がどれほどか試してみたいもの」

律「あーなるほど。それなら、らしいや」

和「(倒したい相手がいる!って言ったら、私らしくないかしら?)」

唯「私はさわちゃん先生と戦ってみたいからー!」

律「うぇっ!?さわちゃん出んの!?マグマハート!?」

紬「あらあら・・・フリーの大会に名人・・・とんでもなくハイレベルね・・・」

澪&ジャンヌ「こわいこわいこわいこわい」ブルブル

律「お前等Sランク突破しても、まだトラウマなのかよ・・・」

和「(いや、あれはトラウマになっても仕方ないわ・・・)」

和「(でも、いつまでもそのトラウマにとらわれるわけにはいかない!)」

和「(パルモンの為にも・・・)」

パルスコーン「・・・?」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:41:25.99 ID:8v1/MbIJ0

モノリス「ソォイ!」ヒュン!

テクノドラゴン「ぎゃ・・・おおお・・・!」ドシン!バタッ・・・

唯「あっ、かべちゃん勝った!」

紬「あらあら・・・お正月もトレーニング詰んだのに・・・」

律「・・・・・・・」

律「しかしなんだよなぁ」

律「まさか唯と澪が一番乗りでSランク突破するなんてさ」

ジャンヌ「まぁ、澪なら当然のことだ」

律「いや澪のパートナーが弱過ぎて・・・」

ジャンヌ「・・・貴様は新年から蹴り飛ばされたいらしな!決闘だ!」

律「上等だ!受け止めてやる!」

澪「あわわ・・・!」

和「(この新年になってもこのやりとりは変わらないわね・・・)」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:47:42.53 ID:8v1/MbIJ0

紬「でも確かに驚きよね~。あっ、イヤミとかじゃなくてね?」アセアセ

紬「唯ちゃんはモンスターの知識もブリーダーの知識も全く無い状態だったしね」

紬「それでストレートで勝ち進んでいるんだから天才そのものよ!」

唯「そ、そっかなぁ・・・そういうのはよくわかんないけど・・・あはは」

律「おっ?なんだ?照れてんのか?アハハ、珍しいな!」

和「唯にもそんな感情があったのね。驚きだわ」

唯「そ、そんなんじゃないよ~!!」

唯「(みんなで一緒に名人になるって約束だったから・・・)」

唯「(なのに私と澪ちゃんだけがSランクを突破しちゃったから・・・なんて返せばいいのか・・・)」

澪&ジャンヌ「・・・・・・」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:53:10.20 ID:8v1/MbIJ0

げこうじかん!

キンコーンカーンコーン

紬「あら、もうこんな時間なのね」

律「ホントだな・・・よし!んじゃあそろそろ帰るか!」

和「うん、そうね」

唯「かえろー!」

澪「あっ、唯!」

唯「ん?なぁに澪ちゃん?」

ジャンヌ「今日は私と澪と貴様の3人で帰る。良いな?」

唯「えっ?」

律「おぉっ!?なんだ!?澪をめぐっての修羅場か!?」

紬「いいわぁ・・・///」ポワーン

澪&ジャンヌ「ちがーう!!」

唯「?」




88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 19:55:10.22 ID:OazjwELW0

あれかかべちゃんは一人として認められてないのか



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:04:59.63 ID:GamZJ9MI0

黒板だからな



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:07:15.32 ID:exhbZw+T0

三人と一枚かwwww





91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:10:30.61 ID:8v1/MbIJ0

かえりみち!

澪「無理やり付き合わせた感じになっちゃってごめんな」

唯「えっ?ううん!全然大丈夫!」フンス

モノリス「!!!」フンス

ジャンヌ「私はまどろっこしいのは好きじゃない。本題から入るぞ」

唯「ふぇっ?」

澪「お、おいジャンヌ・・・!物事には順序っていうのが・・・」

ジャンヌ「貴様・・・何故Sランクを突破したというのに冴えない顔をしている?」

唯「・・・!!」

モノリス「!!!」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:16:59.43 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「また名人に一歩近づけた。喜ばしいことだろう?なのに何故だ?」

唯「そ、それは・・・」

澪「ちょ、ちょっとジャンヌ・・・」

唯「・・・だって」

唯「だってみんなで名人になるって約束したのに私と澪ちゃんだけが勝ちあがっちゃって・・・」

唯「ムギちゃんは「すぐに追いつく」って言ってくれたけど・・・
  和ちゃんやりっちゃんまで負けちゃって・・・」

唯「それなのに私と澪ちゃんは四大大会・・・」

唯「嬉しいことだよ!?でも・・・」

唯「あんまりみんなの前で浮かれるのはどうかな・・・って・・・」

澪「唯・・・」

ジャンヌ「・・・・・・」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:22:02.29 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「ふん。珍しく悩んでいるかと思えば案の定くだらんことか」

唯「なっ!?」

澪「お、おい・・・ジャンヌ!」

モノリス「・・・!!」

ジャンヌ「中身のあるバカかと思ったら本物のバカだったとはな・・・ガッカリだ・・・」

唯「な、な・・・!」

澪「もうそれぐらいに・・・!」

モノリス「・・・!!!」ワラワラ・・・

唯「なんだよー!そこまで言うことないじゃんかぁー!!」

モノリス「!?」

澪「ゆ、唯・・・?」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:25:37.85 ID:8v1/MbIJ0

唯「もぉー!私だってそんな風に言われると怒るんだよー!!」

澪「(唯が大声出して怒るなんて・・・)」

澪「(でも・・・)」

唯「もぉー!!」プリプリ

澪「(迫力はあるけど・・・こわくないな・・・)」

モノリス「むしろ可愛い。おk」

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「・・・ふん。少しはらしくなったな」

唯「・・・へっ?」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:31:11.73 ID:8v1/MbIJ0

ジャンヌ「貴様が元気な時は・・・時々ウザイ」

唯「う、ウザイ・・・!?」ガーン

ジャンヌ「しかし不思議と場を和ませる」

唯「えっ・・・?」

澪「!!」

ジャンヌ「貴様が落ち込んでいると・・・
     その・・・皆の調子が狂うんだ!もっと周りに気を使えるようになれ!」

唯「ジャ、ジャンヌちゃん・・・」

ジャンヌ「・・・ふん。澪、帰るぞ」スタスタ

澪「あっ、ま、待って!」

唯「・・・・・・」

モノリス「・・・・・・」

唯「・・・かべちゃん!かえろ!」

モノリス「おk」

唯「(・・・ありがとう!ジャンヌちゃん!)」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:36:23.85 ID:8v1/MbIJ0

あきやまけ!

澪「・・・・・・」ポー

ジャンヌ「・・・?どうした澪?さっきからポーっと・・・」

澪「ジャンヌ・・・」

ジャンヌ「なんだ?」

澪「・・・・・・」

ジャンヌ「・・・・・・」

澪「ジャンヌー!!!」ダキッ

ジャンヌ「うおっ!?み、澪!?」

澪「さっきかっこよかったよー!!!」デレデレ

ジャンヌ「は?さっき・・・」

ジャンヌ「(まさか帰り道の・・・?)」

ジャンヌ「(そのポーっとしてたのはその余韻に浸っていたから!?)」

澪「ジャンヌー///」ウリウリ

ジャンヌ「や、やめ・・・わ、私はそっちの気は・・・あっ!もぅ・・・離せー!!」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/20(金) 20:43:33.67 ID:8v1/MbIJ0

すずきけ!

純「(ニューイヤーズ杯のお知らせが届いてる・・・)」

純「(でも憂は参加しないんだろうなー・・・)」

純「(あーあ・・・私も憂のレベルまで到達したいなぁー!)」

純「(コイツがもう少し言うことさえ聞いてくれればなぁー)」チラッ

エンドブリンガー「・・・・・・」

純「(相変わらず無愛想・・・まぁ機械だからのもあるだろうけど・・・)」

純「(はぁ・・・なんでこんな激ワルモンスター再生しちゃったんだろ・・・)」

純「(実力だけは確かなはずなのになぁ・・・)」

純「(これじゃあ・・・いつまで経っても半人前ブリーダー扱い・・・)」

純「(トホホ・・・)」



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:05:39.64 ID:0SlcFQwq0

たいかいとうじつ!
ニューイヤーズ杯会場

唯「フリーの大会って初めてだね!わくわくするね、かべちゃん!」

モノリス「!!」

唯「フリーの大会でも玉砕でひゃういごー!」

モノリス「おk」

和「(朝からテンション高いわね・・・)」

和「(まぁ、そういう私も今日は気持ちが昂ってるけどね・・・!)」メラメラ

パルスコーン「(ご主人様・・・燃えてる!)」

パルスコーン「(ぼ、僕も!)」メラメラ

さわ子「二人ともおはよう!」

唯「あっ、さわちゃん先生!」

和「・・・!」



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:09:37.62 ID:0SlcFQwq0

さわ子「・・・おはよう。真鍋さん」

和「・・・・・・」

和「おはようございます」

さわ子「うふふ」

和「(・・・今日は絶対に逃げ出したりはしない!)」メラメラ・・・

さわ子「(あら良い気迫ね・・・この前よりもっと楽しませてくれそう・・・)」

さわ子「ところで二人ともトーナメントの組み合わせはもう見た?」

和「はい。確認しました」

唯「はい。確認してません!」

さわ子&和「・・・・・・」

唯「えへへ・・・」

パルスコーン「Sランク突破しても相変わらずだね・・・」

モノリス「可愛いからおk」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:13:19.81 ID:0SlcFQwq0

和「はぁ・・・この調子だと今日が総当たり戦じゃなくて勝ち抜き戦だってことも忘れてそうね・・・」

唯「かちぬきせん?」

さわ子「名前通りよ。出場するモンスター全員と戦うわけじゃなく、
    一回戦、準決勝、決勝と勝ちあがっていく方式よ」

唯「勝ちあがっていく?あれ?じゃあ一回でも負けたら・・・」

和「そこでおしまいよ」

唯「ほえー!大事なことなんだからちゃんと確認しておかなきゃダメでしょ、かべちゃん!」

モノリス「!!!」ガーン

さわ子&和「あんたよ、あんた!」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:19:28.83 ID:0SlcFQwq0

さわ子「はい、組み合わせ表。ちゃんと確認しておくのよ」

唯「あ、ありがとうございますー!えーと・・・」

Aブロック一回戦
マグマハートVSオルドーフ

二回戦
パルスコーンVSエンドブリンガー

Bブロック一回戦
モノリスVSキティー

二回戦
ワームVSカタリーナ

唯「一回戦!」

和「Bブロックのね。まだ試合まで時間はあるわよ」

唯「だってかべちゃん!」

モノリス「おk」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:25:14.74 ID:0SlcFQwq0

さわ子「さてと・・・私はAブロック一回戦・・・そろそろ行かなきゃね」

唯「さわちゃん先生頑張れー!」

さわ子「うふふ、ありがとう」

和「先生・・・!」

さわ子「あら?何かしら?」

和「準決勝で・・・!」

さわ子「・・・ええ、楽しみにしてるわよ」スタスタ

和「・・・・・・」メラメラ・・・

唯「おおっ!?和ちゃんが燃えてる!?」

純「(私の一回戦の相手・・・)」

純「(あっ、あそこにパルスコーンが!じゃああの人かな?)」

和「・・・・・・」メラメラメラメラ・・・

純「!?」ビクッ

純「(な、なんか凄い気迫なんだけど!?)」

純「(だ、大丈夫かなぁ・・・)」



178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:31:26.06 ID:0SlcFQwq0

唯「あれ?和ちゃん、さわちゃん先生の試合見ないの?」

和「私は次の2回戦だから。準備しておかないと」

唯「そっかぁー。じゃあかべちゃんと一緒に試合見てくる!和ちゃんのことも応援するね!」

和「ええ。ありがとう。ベストを尽くすわ」

和「(さわ子先生の試合なんて・・・見なくても結果は決まってる・・・)」

実況「ただいま本部より情報が入りました!」

唯「ん?なんだろー?」

実況「Aブロック1回戦、マグマハート選手VSオルドーフ選手ですが・・・」

実況「オルドーフ選手棄権の為、マグマハート選手の不戦勝となります!」

唯「ほえー!?」

和「・・・・・・」ポカーン

和「(ほ・・・ほらね?決まってるのよ!)」キリッ

パルスコーン「(ご主人様、一瞬顔がポカーンって・・・)」

和「も、もう私達の試合の時間ね!急ぐわよパルモン!」

パルスコーン「は、はいっ!」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:38:47.89 ID:0SlcFQwq0

さわ子「ちょっとー!?勝ち抜き戦で棄権ってなによー!?」

マグマハート「ぎゃおす!!!」

オルドーフ「ぐふふ・・・勝てない試合はしない主義でね・・・」

さわ子「Sランク公式戦優勝モンスターと聞いて期待してたのに・・・ガッカリだわ・・・」

オルドーフ「ぐふふ・・・なんとでも言いな。それに俺はこんなフリーの大会には思い入れは無いんでね」

さわ子「じゃあ、なんで参加したのよ?」

オルドーフ「ストレス解消に虫けら達を殺しにきたつもりだったんだが・・・
      名人様が相手となっちゃあ話が違うってわけだ・・・」

さわ子「見た目通りの性格ね・・・・その面、ぶっ潰してやりたかったわ」

オルドーフ「ぐふふ・・・」

さわ子「・・・まぁ、良いわ」

さわ子「(元々アンタなんか眼中に無いもの・・・)」

さわ子「(真鍋さん・・・今回はガッカリさせないでよね?)



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:42:24.53 ID:0SlcFQwq0

純「(えっ?棄権で不戦勝?)」

純「(勝ち抜き戦なのに・・・そんなに力の差があったのかな・・・)」

純「・・・・・・」

純「(ていうか次って私の試合じゃん!)」ガビーン

純「(い、急がないと・・・)」

純「い、行くよ!エンドブリンガー!」

エンドブリンガー「・・・・・・」プイッ

純「って、こらー!!!」

純「(昔はワルでも言うことちゃんと聞いてくれたのに・・・)」

純「(なんでこんなにひねくれちゃったのかなぁ・・・)」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:47:15.08 ID:0SlcFQwq0

Aブロック二回戦
和&パルスコーンVS純&エンドブリンガー

和「(エンドブリンガー・・・)」

和「(ジョーカーの血筋のヘンガーか・・・)」

和「(さわ子先生には万全の状態で挑みたいけど・・・)」

和「(相手のかしこさと命中が高かったらちょっと骨が折れそうね・・・)」

純「(はぁ・・・エンドブリンガーをここまで連れてくるだけで疲れたよ・・・)」

純「(・・・今回も試合中に言うこと聞いてくれなそうだなぁ・・・)」

純「(しかも対戦相手のブリーダーさん凄い気迫でちょっと怖かったし・・・)」

純「(憂鬱だぁ・・・)」

実況「それでは試合を開始してください!」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 08:53:43.50 ID:0SlcFQwq0

パルスコーン「(よし!やる・・・ぞ・・・!?)」

エンドブリンガー「・・・・・・」ヒュンッ・・・

パルスコーン「(い、いきなり突っ込んできた!?)」

純「あっ、ちょ、ちょっと!?」

和「(!!速いっ・・・しかもあの構えは・・・!)」

和「パルモン!避けるのよ!」

パルスコーン「は、はいっ!」

エンドブリンガー「・・・・・・」ブゥンッ・・・!!

パルスコーン「はっ!」ヒョイ

和「よし!いいわよパルモン!」

和「(しかし危なかったわね・・・)」

パルスコーン「(今の一撃を受けてたらKOされてたかも・・・)」ゴクッ・・・

純「(あぁ!もう!まただー!!)」

純「(勝手に動くのならせめて当ててよー!!)」



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:00:13.08 ID:0SlcFQwq0

和「(いきなり超必殺技のレーザーブレードを使ってくるなんて・・・)」

和「(ヘンガーらしくないスタイルで戦ってくるのね・・・)」

和「(あまり守りには自信が無いのかしら?)」

エンドブリンガー「・・・・・・」

純「(ああ、もう!今のでガッツ無くなっちゃったよー!!)」

和「(これは相手のガッツが無いうちに試合を決めたほうが良さそうね!)」

和「パルモン!私たちも超必殺技でお返しよ!」

パルスコーン「!!」

パルスコーン「はいっ!」

純「ええっ!?」

純「(そ、それはマズいですよ!)」

エンドブリンガー「・・・・・・」

純「(私達が!!!)」ガビーン



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:08:59.67 ID:0SlcFQwq0

和「(相手の回避は高いかもしれない・・・)」

和「(それでもこの技の命中精度なら・・・!)」

和「パルモン!暗けいよ!!」

パルスコーン「はいっ!!はぁぁぁ・・・!」スッ・・・

純「よ、避けて!エンドブリンガー!!」

エンドブリンガー「・・・・・・」

純「(ガッツも無ければ気力も無いー!?)

パルスコーン「はぁっ!!!」ヒュッ・・・

エンドブリンガー「!!!・・・」ドン!!!・・・バタッ!

和&パルスコーン「・・・・・・」

和&パルスコーン「(あ、あっさり直撃・・・)」

実況「エンドブリンガー選手ダウン!戦闘不能によりパルスコーン選手の勝利です!」

純「ひ~ん!!やっぱりマズかった~!!!」

和「・・・・・・」

和「(なんか・・・違和感があったわね・・・)」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:15:56.45 ID:0SlcFQwq0

純「(うぅっ・・・やっぱり今日も言うこと聞いてくれなかった・・・)」

エンドブリンガー「・・・・・・」ツーン

純「(・・・もうブリーダーやめようかなぁ・・・)」グスン

和「ねぇ、あなた」

純「は、はいっ!?あ、あなたは対戦相手のブリーダーさん・・・」

和「ちょっと良いかな?」

純「えっ?」

純「(も、もしかして私があまりも不甲斐ない戦いをしたせいでお怒りに・・・!?)」

純「(対戦前にあれだけの気迫だったんだもの・・・あ、あり得る・・・!)」ガクガク

純「じゅ、準決勝進出おめでとうございます!そ、それじゃあ私は!」スタコ・・・

和「ちょ、ちょっと!1つ聞きたいことがあるの!」

純「・・・えっ?」

純「(怒ってるわけじゃない・・・のかな・・・?)」



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:21:23.66 ID:0SlcFQwq0

純「な、なんでしょう・・・」オソルオソル・・・

和「時間取らせてごめんなさい。
  さっきの試合って指示とか無しにモンスターに任せて戦っていたのかなぁって・・・」

純「えっ!?あ、あの・・・その・・・」

純「(実は私は指示しても言うことを聞いてもらえないダメダメブリーダーなんです!)」

純「(・・・って、あっさり認めるのも悲しいな・・・なんて答えよう・・・)」

和「・・・あら?あなた、そのバッチ・・・?」

純「えっ、これですか?大会の賞品で貰ったもので・・・」

純「(何の効果も無さそうだから、とりあえずアクセサリーにしてるけど・・・)」

和「あぁ、やっぱりヒールバッチなのね」

純「・・・・・・」

純「・・・はい?」




192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:23:50.97 ID:DVROus+sO

昔ヒールバッチが回復アイテムだと思ってたのは俺だけじゃないはず



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:27:02.53 ID:42Nv3IJ7O

ヒールバッチか…





194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:28:09.90 ID:0SlcFQwq0

和「あら?違った?ヒール杯って大会の賞品だと思ったけど・・・」

和「教科書で見た時はこんな見た目だったはずなんだけど・・・」ウーン

純「い、いえ・・・確かに私のエンドブリンガーはワルモンなのでヒール杯に出場して・・・」

純「その時の優勝賞品としてもらったものです・・・」

和「あっ、やっぱりそうだったんだ。・・・なるほどね」

純「あの・・・このバッチが何か・・・?」

和「いやワルモンのエンドブリンガーをパートナーにして
  尚且つ身につけているだけでワル度を上げるヒールバッジを所持しているなんて・・・」

和「気合は入ってるけど・・・エンドブリンガーがひねくれて指示を無視して戦うのも納得だなぁって・・・」

和「あっ、いや、指示無視は私の憶測なんだけど・・・違ったらごめんなさい・・・」

純「・・・・・・」

純「・・・はいっ!?」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:35:57.73 ID:0SlcFQwq0

純「えっ・・・持っているだけでワル度が上がる・・・?」

和「そうだけど・・・わかっていて持ってたんじゃないの?」

純「・・・!!」ガーン

和「ちょ、ちょっと!?大丈夫?顔色悪いわよ?」

純「(エンドブリンガーが真正の激ワルになったのはこれが原因だったのかぁー!!!)」

純「(ていうか、それに気づかなかった私って・・・)」

純「(やっぱり・・・ブリーダー失格・・・?)」ズーン・・・

和「・・・・・・」

和「(よ、よくわからないけど凄く落ち込んでいるわ・・・)」

和「(そんなにも負けたことがショックだったのかな・・・?)」

純「(うぅっ・・・こんなんじゃいつまで経っても憂には・・・)」

和「その・・・あまり気に病まないで?」

純「・・・えっ?」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 09:40:53.83 ID:0SlcFQwq0

和「勝った私が言うのもイヤミに聞こえてしまうかもしれないけれど・・・」

和「あなたのエンドブリンガー・・・速さといい習得技といい・・・」

和「とてもよく育てられてるっていうのがわかるわ」

和「見たところ・・・中学生よね?それでヒール杯優勝の経験もあるなんて正直凄いと思う」

和「もしかしたら次に戦ったら私が負けるかもしれない」

和「・・・今回あなたは負けて悔しいかもしれないけれど、
  その悔しさがバネになって、きっとまたあなたは今より良いトレーナーに成長すると思う」

和「ううん。絶対に成長するわ」

純「・・・・・・」

和「あっ、呼びとめておいて偉そうにごめんなさい・・・それじゃあ私はこれで・・・」

和「また機会があったら戦いましょうね!」スタスタ・・・

純「・・・・・・」

純「・・・素敵な人・・・///」ポワーン

エンドブリンガー「・・・ホレタナ」



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:11:02.80 ID:0SlcFQwq0

実況「パルスコーン選手の勝利です!」

唯「おっ!和ちゃんが勝ったね!」

モノリス「!!」

唯「次は私達だね!がんばろー!」

モノリス「おk」

梓「(・・・あれ?)」

梓「(あの人・・・どこかで・・・)」

梓「!!」

梓「(ブリーダー高校の人だ!そして、あれはあの時のモノリス・・・!!)」

梓「(こ、こんなところで再会出来るなんて・・・///)」ポワワーン

梓「(ぜ、是非手合わせをお願いしたい!)」

ワーム「シャシャシャシャシャ」ワシャワシャワシャワシャ



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:19:34.49 ID:0SlcFQwq0

Bブロック1回戦

唯「アターック!!!」

モノリス「そぉい!」ヒュンッ!

キティー「いやっ・・・ぐう・・・!!!」ドシン!・・・バタンッ!!!

唯「おおー!アタックよく当たるねー!」

モノリス「そして痛い」

実況「キティー選手ダウン!モノリス選手の勝利です!」

唯「やったね!」

モノリス「おk」

梓「(あのモノリスは勝ちあがり・・・)」

梓「私たちも準決勝に進むよ!ワムりん!」

ワーム「シャシャシャ!」

梓「(そしてあのモノリスと・・・///)」ポワーン

ワーム「シャシャ?」




280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:22:23.60 ID:fEgyjtCH0

ワーム普段は可愛いけど足伸びた状態で近づかれたら叫びながら逃げ出す自信がある




281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:23:57.38 ID:NHMScmOvO

このあずにゃんとは小一時間ヘンテコモンスターについて語り合いたい

ワーム、モノリス、ゲル、ナイトン…
ディスクなんかもかわいいよね





282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:24:53.85 ID:0SlcFQwq0

Bブロック2回戦

ワーム「シャシャ」

カタリーナ「(うふふ・・・相性の良さそうな相手だわ)」

カタリーナ「(かしこさ技で畳みかけてあげる!)

実況「それでは試合を開始してください!」

カタリーナ「(じゃあ、まずは熱視線から・・・)」

梓「ワムりん!!近づいて3連しっぽ!!!」

ワーム「シャシャッ!!!」スッ・・・

カタリーナ「・・・えっ?」

ワーム「シャッ!!!」

カタリーナ「ぐへっ!?ごはっ!?がはっ!?」ビシバシバシ!!!・・・バタン!

カタリーナ「い・・・いきなり超必殺技は・・・ずる・・・い・・・ぐっ」パタッ・・・

梓「ずるくないです。命中精度の高い3連しっぽで一気に勝負を決める立派な戦法です」

梓「(まぁ、この戦法じゃなくても私とワムリンなら当然勝っていたけど!)」

ワーム「シャシャシャ!!!」



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:31:12.89 ID:0SlcFQwq0

唯「和ちゃん勝ったよー!」

和「あっ唯、ナイスファイト!」

和「・・・・・・」

和「って、なんでこっちに戻ってきてるのよ!?」

唯「ふぇっ?」

和「ふぇっ?じゃないわよ・・・すぐにまた唯の試合よ!」

唯「えっ?そーなの?」

和「ちゃんと対戦表に書いてあったでしょ・・・
  Bブロック2回戦の次はBブロック準決勝から・・・って。ほら」

唯「ありゃりゃ!ホントだぁ・・・もう、かべちゃんったら!」

モノリス「!!!」ガーン

和「だからモノリスのせいにするのはやめなさい!」

パルスコーン「君のご主人様は可愛いけど時々理不尽だと思うんだ」

モノリス「でも可愛いからおk」

唯「かべちゃん!戻るよー!」

モノリス「おk」



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:38:03.10 ID:0SlcFQwq0

Bブロック準決勝
唯&モノリスVS梓&ワーム

唯「いっくよー!」

モノリス「おk」

梓「(あぁ・・・ブリーダー高校に入学する前に
   こんなに形であの人たちと戦うことが出来るなんて感激・・・///)」ポワーン

唯「(あっ、あのブリーダーの子、可愛いなぁ~!小学生かな?)」

唯「(イモムシのモンスター?あの子も可愛い!)」

ワーム「シャシャシャ」ワシャワシャ・・・

モノリス「(いや、足がキモイ)」

ワーム「(あの壁の触手・・・素敵だったなぁ・・・///)」ワシャッ!

唯「あ、足が伸びたー!?」

モノリス「(キモッ!!)」

梓「(ふふ・・・ワムりんは今日も可愛いなぁ・・・やっぱり私のワムりんが一番!)」

梓「ワムりん!あの素敵な触手モンスター!倒すよ!」メラメラ

ワーム「シャシャッ!」メラメラ

実況「それでは試合を開始してください!」



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:44:35.40 ID:0SlcFQwq0

梓「(あの丈夫なモンスターには強い技でガンガン攻める!)」

梓「ワムりん!モンスターを掴んで!!!」

ワーム「シャッ!!」スッ・・・

モノリス「!?」ガシィ!!

唯「ほ、ほえー!?かべちゃんがイモムシの牙に挟まれちゃったー!」

唯「かべちゃん痛くない!?」

モノリス「まだおk」

梓「(ここからです!)」

梓「ワムリン!そのままバックドローップ!!!」

ワーム「シャーッ!!」グイッ!!

モノリス「ぬおっ・・・」グッ゙・・・!!

唯「かべちゃん!」

モノリス「!!!」

唯「なんか痛そうだよ!逃げて!」

モノリス「(無理)」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:54:25.85 ID:0SlcFQwq0

モノリス「・・・ぐっ!!!」ベチーン!!

唯「あぁっ!?地面に思い切り叩きつけられちゃったー!」

梓「(バックドロップはワーム種の大ダメージ技・・・)」

梓「(それにワムりんの力が合わせればいくら丈夫でも致命傷に・・・)」

モノリス「おk」

梓「・・・・・・」

梓「(なってないです!?)」ガーン

ワーム「シャシャッ!!」

唯「おぉ!!かべちゃんさっすがー!!」

梓「(私のワムりんの力は相当なもの・・・)」

梓「(・・・そうか!!あのモノリスは力も体力も鍛えられてるんだ!)」

梓「(だからバックドロップを受けてもあんなに余裕が・・・)」

モノリス「(いや結構痛かった)」

梓「(・・・強い。これがファーム高校のブリーダーとモンスターなんだ・・・)」



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 21:59:46.64 ID:0SlcFQwq0

唯「(あのイモムシの特徴がわからないなぁ・・・)」

唯「(ああ見えて体力がたくさんあったり・・・)」

唯「(よし!まずはガッツをすっからかんにしよう!)」

唯「かべちゃん!わらわらだよ!!」

モノリス「おk」ワラワラワラワラ・・・

梓&ワーム「!!!」

モノリス「!!」ワラワラワラワラワラワラ・・・

梓「・・・・・・」

梓「(あ、あの時よりもわらわらしてる・・・)」

梓「(素敵・・・///)」ポワーン

ワーム「シャッ///」

梓「(き、記念にワムりんをわらわらさせても・・・)

梓「・・・・・・」

梓「(・・・ってダメダメ!避けないと!ガッツ無くなって追い込まれちゃう!!)」

梓「ワ、ワムりん!避けて!」



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:05:40.22 ID:0SlcFQwq0

ワーム「シャッ!」ヒョイ

唯「ああ!残念っ!」

唯「(うーん・・・見かけによらずすばしっこいんだねー・・・)」

唯「(となれば、ここはアタックで決めるしかないね!)」

唯「かべちゃーん!ガッツ溜めるよー!!」

モノリス「おk」

梓「(ガッツを溜めに入った・・・)」

梓「(ここでガッツダウン技を仕掛けるのが試合のセオリーだけど・・・)」

梓「(・・・覚えてないんだよね。ガッツダウン技・・・)」ズーン・・・

梓「(・・・あのモノリスの力が強いことを考えると大技は出来れば食らいたくない・・・)」

梓「(中でもモノリスのアタックは命中精度が高いって参考書に書いてあった!)」

梓「(まぁ、回避を強化しているワムりんならきっと避けてくれると思うけどね)」

梓「(でも念には念を入れてここで超必殺技で決めてやる!)」

梓「ワムりん!相手はガッツを溜めてる!私たちも溜めるよ!」

ワーム「シャシャッ!」



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:13:22.79 ID:0SlcFQwq0

実況「おおっと・・・どうやら二匹ともガッツを溜めている!大技勝負か!?」

ワーム「シャシャッ!!!」

梓「よし!ガッツ溜まったね!」

唯「あわっ!?」

唯「(やっぱかべちゃんガッツ溜まるの遅いねー・・・)」

モノリス「(めんぼくない)」

梓「いくよワムりん!飛んで!!」

モノリス「!!」

唯「い、イモムシがジャンプしたー!?」

梓「(この技を受けて立っていられるモンスターは今までいなかった!!)」

梓「(くらうです!ワーム種最強の超必殺技!!!)」

梓「空中回転あたーっく!!!!!」

ワーム「シャー!!!」ヒュン!

唯「(あわわ・・・あれは絶対に痛そうだよ!?)」

唯「か、かべちゃーん!!!!!」



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:20:25.68 ID:0SlcFQwq0

モノリス「!!!」ヒョイッ

梓「えっ」

ワーム「!?」

唯「お・・・?おおっ!?」

唯「か、かべちゃんが・・・」

実況「モノリス選手!間一髪避けました!!」

唯「かべちゃんが避けたー!!!」

モノリス「おk」

梓「・・・・・・・」ポカーン

梓「って、ええっ!?そ、そんな馬鹿なことが・・・!?」

梓「(あっ、でも・・・参考書にはどんなに回避が低いモンスターでも
   当たる確率は100%じゃないって書いてあった・・・)」

梓「・・・・・・」

梓「いや納得いかないって!?」

ワーム「シャー!!!」

モノリス「(避けた自分が一番驚きだ)」



303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:26:43.96 ID:0SlcFQwq0

唯「ふっふー!かべちゃんの奇跡のおかげで私たちの番が到来だー!」

梓「!!・・・くっ!」

唯「かべちゃん!!アレいくよー!!!」

モノリス「おk」スッ・・・

梓「(・・・!やはりアタック!)」

梓「(でも私のワムりんならきっと避ける!)」

モノリス×2「そぉい!!!」ヒュン!!

梓「!!??」

唯「かべちゃん分身あたーっく!!!」

梓「(に、2連アタックー!?)」

ワーム「シャシャッ!?」

梓「(ま、まずい!あの技はアタックよりも威力も命中精度も・・・!)」

梓「わ、ワムりん!!」

唯「かべちゃん!!」

モノリス「おk・・・逃がさん!」



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:32:40.83 ID:0SlcFQwq0

ワーム「・・・シャッ!・・・ギャッ!?」ドスンドスン!!・・・バタッ!!!

梓「あ・・・あ・・・」

ワーム「・・・・・・」ピクピク

梓「(い、一撃・・・)」

梓「(・・・自信あったのにな・・・)」

梓「(これが実力の差か・・・)」

実況「ワーム選手KO!モノリス選手の勝利です!!」

唯「やったぁ!!かべちゃんさいこー!!」

モノリス「おk」

梓「(トレーニングが足りなかったのかな・・・)」

ワーム「シャッ・・・シャシャ・・・」ピクピク・・・

梓「(でもワムりんは長生きだからこれからもっともっと頑張って強くなれる・・・)」

梓「(そしていつの日かあのモノリスのわらわらを受け止めようね・・・)グスン



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:38:24.60 ID:0SlcFQwq0

唯「おーい!!」パタパタ・・・

梓「えっ?あ、あなたはモノリスのブリーダーさん・・・!」

唯「・・・おおー」マジマジ

梓「(な、なんか見られてる!?)」ドキッ

梓「あ、あの・・・なにか?」ドキドキ

ワーム「・・・シャシャ?」

唯「・・・うん!」

梓「・・・?」

唯「やっぱり可愛いなぁ!!」ダキッ!

梓「にゃ・・・にゃっ!?」

梓「(い、いきなり抱きつかれた!?)」ドキーン

ワーム「シャシャー!?」



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:43:31.75 ID:0SlcFQwq0

唯「うーん・・・」ムギュー

梓「なななな、なにを・・・!?」ドキドキ

唯「あっ、ごめんね!あなたが凄い可愛くて・・・近くで見たら尚更だよ~///」ムギュムギュッ

梓「にゃにゃにゃ・・・!///は、離して・・・///」アセアセ

唯「このイモムシも可愛いし・・・もえもえきゅーん///」

梓「・・・えっ?」

唯「えへへー・・・///」

梓「(私のワムりんを可愛い・・・って言った?)」

梓「あ、あのっ!!」ガバッ!

唯「うわっ!?ご、ごめん痛かった・・・?」

梓「いえ・・・そうじゃなくて・・・」

唯「?」



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:50:22.88 ID:0SlcFQwq0

梓「あ、あの私のワムりんが可愛いって・・・」オソルオソル・・・

唯「あっ、ワムりんって言うんだね!うん!この子可愛いよね!」

梓「・・・・・・」

梓「・・・わぁっ!」パァァ・・・!

唯「おりょ?どうしたの?急に満開の笑顔に・・・」

梓「わかるんですね!?ワームの可愛さがあなたにはわかるんですね!?」グイッ

唯「お、おおっ!?」

唯「(な、なんかいきなりテンションUPしたよ!?)」

唯「う、うん・・・可愛いと思うけど・・・」

梓「そっかぁー///そうなんだー///やっぱり私の感性は間違ってなかったんだー///」

唯「・・・ん~?」

モノリス「変なご主人だな」

ワーム「シャシャ?」



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 22:55:30.84 ID:0SlcFQwq0

梓「ファーム高校の人がそう言ってるだもん!
  クラスのみんなの感性がおかしかったんだよねワムりん!」

唯「ふぇっ?私がファーム高校だってなんで知ってるの?」

梓「あ、あの!他にはどんなモンスターが可愛いと思いますか!?」ガバッ

唯「えっ!?えーと・・・」

唯「(あ、あんまりモンスター知らないんだけどな・・・)」

梓「あっ、すいません・・・聞く必要なんか無かったですね・・・」

唯「ふぇっ?」

梓「モノリスに決まってますよね!!」

唯「・・・・・・」

唯「いや、そんなことないよ?」

モノリス「!!!」ガーン



326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/21(土) 23:03:32.84 ID:0SlcFQwq0

梓「モノリスの黒々としたボディー・・・そして触手・・・」ウットリ

梓「惚れ惚れしますよね!?」

唯「・・・・・・」ポカーン

梓「あっ、なんか一人で喋っててすいません!決勝もあるのに・・・」

唯「あっ、いや・・・大丈夫だけど・・・」

梓「それじゃあ私はこれで!先輩!また戦ってください!」タタタ・・・

ワーム「シャシャッ!!」ノソノソ・・・

唯「ほえー・・・」

唯「最近の小学生はなんか変わってるねー・・・」

唯「ていうか、なんで私がファーム高校の生徒って知ってるのか教えてくれなかったし・・・」

唯「でも元気で可愛い子だったよねかべちゃん!・・・かべちゃん?」

モノリス「・・・・・・」ズーン

唯「ほえ!?なに落ち込んでるの!?」

モノリス「(やっぱご主人には可愛いと思われてないのか・・・)」ズズーン




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「もんすたーふぁーむ!」#3
[ 2011/12/04 16:57 ] クロス | モンスターファーム | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6