SS保存場所(けいおん!) TOP  >  クロス >  唯「もんすたーふぁーむ!」#4

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「もんすたーふぁーむ!」#4 【クロス】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1282002516/
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1282286672/

唯「もんすたーふぁーむ!」#1
唯「もんすたーふぁーむ!」#2
唯「もんすたーふぁーむ!」#3
唯「もんすたーふぁーむ!」#4
唯「もんすたーふぁーむ!」#5




389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 10:44:54.86 ID:xpkdaqfw0

実況「モノリス選手の勝利です!」

和「(唯が勝ったみたいね・・・)」

和「(唯とはよく学校で練習試合してるけど・・・)」

和「(どうせならこういう舞台でも戦ってみたいわ!)」

和「(じゃあ、その為にはどうすればいい?)」

さわ子「うふふ・・・」

マグマハート「ぎゃおす!!」

和「(あの極悪コンビを倒すしかないわね!)」メラメラ

和「パルモン!」

パルスコーン「はいっ!」

和「・・・覚悟は決まってる?」

パルスコーン「!!」

パルスコーン「はい!もちろんです!」

和「良い返事ね。私もよ!さぁ行くわよ!」



390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 10:50:27.61 ID:xpkdaqfw0

Aブロック準決勝
和&パルスコーンVSさわ子&マグマハート

実況「ただいまよりAブロック準決勝を開始します!」

さわ子「さぁて・・・一回戦に棄権されたおかげで随分と待たされちゃったわね」

さわ子「パワーが有り余っているでしょうマグマハート?」

マグマハート「ぎゃおす!!!!!」

さわ子「うふふ。でも、そんなに元気だと
    対戦相手が怖くなってまた棄権されちゃうかもしれないわね?」ジロッ・・・

和「・・・!!」

パルスコーン「き、棄権なんて・・・!」

和「ご心配なく」

和「棄権もしませんしギブアップもしません」

和「さわ子先生にはここで敗退してもらいますよ」メラメラ

さわ子「・・・うふふ。やる気も勇気もあるってことかしら?嬉しいわ!」

実況「それでは試合を開始してください!」



391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 10:58:38.97 ID:xpkdaqfw0

さわ子「さて・・・ご挨拶といきましょうか!マグマハート!!ファイアブレス!!!」

マグマハート「ぎゃおす!!!」ゴォォォォッ!!!

和「パルモン!!避けなさい!」

パルスコーン「はいっ!」ヒョイ

さわ子「あら・・・流石に動きが軽いわね」

和「さわ子先生」

さわ子「ん?」

和「そんなチャチな炎なんかでガッツを使ってて良いんですか?」

和「技の出し惜しみなんかしてたら、私あっさり勝っちゃいますよ?」

さわ子「・・・!!」

さわ子「(あはは・・・どうやら勇気だけじゃなく覚悟もあるみたい・・・)」

さわ子「・・・マグマハート!!!」

マグマハート「ぎゃおす!!!」

さわ子「・・・望み通り本気で殺してやろうぜ!!!」

マグマハート「ぎゃおーす!!!!!!」



394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:04:24.69 ID:xpkdaqfw0

パルスコーン「くっ・・・!!」ビリビリッ・・・

パルスコーン「(相変わらず凄い気迫だ・・・!)」

和「(ホントにね・・・)」

和「(・・・だから何よ!)」

和「(憤怒状態でも無いアンタなんか怖くないわよ!!!)」ギンッ!!!

パルスコーン「!?」ビクッ

マグマハート「・・・ぎゃおす!!?」

さわ子「へぇ!とんでもねぇ気迫だなぁ!!」ビリビリッ・・・

さわ子「(・・・良いじゃない!最後まで楽しめそうね!)」

和「(待ってなさい・・・絶対にKOしてやるからね!!!)」

パルスコーン「(ご、ご主人様・・・ちょっと怖いです・・・)」ブルブル



395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:11:35.52 ID:xpkdaqfw0

和「さぁ、今度はこっちの番よパルモン!!!」

パルスコーン「は、はいっ!!」

和「(きっと暗けいじゃダメージが足りない・・・なら!!)」

和「くらいなさいマグマハート!!」

和「パルモン、ドラゴンキックよ!!!」

パルスコーン「はいっ!・・・はぁっ!!!」ヒュンッ・・・!

さわ子「(へぇ・・・なかなか良い技を出してくるじゃない・・!!)」

さわ子「(ダメージに加えてクリティカル率も高い超必殺・・・!!)」

さわ子「(良いわね!良いわねっ!!上等じゃない!!!)」

さわ子「マグマハート!!!真正面から受け止めてやりな!!!」

マグマハート「ぎゃおす!!!!」グッ・・・

和「(避ける気無し・・・か)」

和「(・・・あんまりなめんじゃないわよ!!)」

和「パルモン!!一撃で沈めてやりなさい!!!」

パルスコーン「いけぇー!!!」



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:18:30.28 ID:xpkdaqfw0

マグマハート「ぎゃおっ・・・!!!」バシンッ!!!・・・ミシミシッ!!!

パルスコーン「(そのまま・・・)」

和「(倒れろ!!)」

さわ子「マグマハート!!!ぶったおれんのにはまだはえーぞ!!!」

マグマハート「・・・ぎゃおすっ!!!」ズンッ!!!

パルスコーン「(そ・・・)」

和「(そんな・・・)」

さわ子「・・・・・・」

さわ子「うふふ・・・流石ねマグマハート!」

さわ子「(流石力技には耐性があるわ!)」

さわ子「・・・さて、全力には全力で応えなきゃね・・・」

和「・・・!!!」

さわ子「本当のドラゴンを見せてあげる!マグマハート!!ドラゴンラッシュ!!!」

和「(・・・パルモン・・・賭けに出るわよ!!)」



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:27:02.55 ID:xpkdaqfw0

マグマハート「ぎゃお・・・!!!」ヒュッ・・・

和「・・・遅いわ!!パルモン!ワンツー!!」

パルスコーン「はいっ!!」ヒュンッ・・・

さわ子「(・・・えっ?)」

マグマハート「す・・・ぎゃお!?」パンパンッ!!

マグマハート「ぎゃお・・・す・・・」バタンッ・・・

さわ子「ええっ!?」

和「・・・ほら、だから言ったじゃないですか。出し惜しみなんかしない方が良いって」

さわ子「(し、しまった・・・)」

さわ子「(あのドラゴンキックは予想より遥かにダメージがあったのね・・・!)」

さわ子「(・・・真鍋さんはパルスコーンの残った少ないガッツでダメージの低いワンツーを叩きこませた・・・)」

さわ子「(外せばガッツは0の状態・・・もしかしたらKO出来ないかもしれない・・・まさに全てをかけた一撃・・・)」

さわ子「(でも、きっと真鍋さんはドラゴンキックのダメージが通っていると判断し・・・
     パルスコーンの力とスピードを信じていたからこそのワンツー指示・・・)」

さわ子「(勇気と気迫だけで挑んできたと思ったら・・・持ち前の冷静さも残していたのね・・・)」

実況「な、なんとマグマハート選手!パルスコーン選手のラッシュの前にダウン!!
   大番狂わせです!Aブロック準決勝!パルスコーン選手のKO勝ちです!」



400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:34:25.08 ID:xpkdaqfw0

さわ子「・・・見事にやられちゃったわね」

和「ふぅ・・・なんか名人に勝った感じがしませんね・・・」

さわ子「まさかマグマハートをKOしちゃうなんてね・・・あなたとパルスコーンは本当に強いわ・・・」

さわ子「・・・・・・」

さわ子「えっ?」

和「まさか名人ともあろう人が公式試合で手抜きで戦ってくるなんて・・・」

さわ子「い、いや・・・油断はしたけど別に手を抜いたつもりじゃ・・・」

和「そうなんですか?」

さわ子「えっ・・・えぇ・・・」

和「なんだ・・・先月は威圧感の前に恐怖してしまいましたが・・・」

和「恐怖を乗り越えてしまえば大したことなかったんですね」

さわ子「な・・・なっ・・・!?」

和「さわ子先生、本当に名人なんですか?」

さわ子「・・・!!!」カッチーン!!

さわ子「(このガキ、言いたい放題言いやがって・・・!)」ワナワナ・・・



401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:42:05.25 ID:xpkdaqfw0

さわ子「・・・うふふ。た、確かにそう言われても仕方ない試合しちゃったかな!」

さわ子「名人としてもあなたの担任としても・・・ちょっと恥ずかしいわ~」

さわ子「そ、それじゃあ私はこれで!決勝頑張ってね!」スタスタ・・・

さわ子「(あ、危なかった・・・)」

さわ子「(自分の生徒を本気で殴ってしまうところだった・・・)」

さわ子「(いや殴れるなら殴ってるんだけど・・・)」

さわ子「(はぁ・・・名人や教師の肩書ってちょっと邪魔なことが多いわね・・・)」

和「・・・・・・」

パルスコーン「(ご主人様・・・)」

和「やったー!!!!!」

パルスコーン「(本当は勝てて凄く嬉しい気持ちでいっぱいだったのに・・・)」

和「やったわ!パルモン!!私達やったのよ!!!」

パルスコーン「(この前負けた時にボロボロに言われたのを根に持っていたのか、
        ここぞとばかりに今回はボロボロに言い返してやりましたね・・・)」

パルスコーン「(・・・人間の女性って怖い・・・)」ブルブル

和「やったー!!!勝ったー!!!!!」



402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:47:51.88 ID:xpkdaqfw0

和「さて・・・あとは決勝を残すのみね!」

和「目的は果たしたけどせっかくだからこのまま優勝しちゃうわよ!」

パルスコーン「はいっ!」

和「(唯との公式試合初バトル・・・!)」

和「(唯とモノリスは4月の頃とは比べ物にならないくらいに成長したわ・・・)」

和「(・・・良い試合になりそうね!)」

実況「ただいま本部より情報が入りました!」

和「(あら?何かしら?)」

実況「Bブロックから決勝進出のモノリス選手ですが・・・」

実況「唯選手&モノリス選手棄権の為、パルスコーン選手の不戦勝!」

実況「よって今年のニューイヤーズ杯!優勝者は和選手&パルスコーン選手です!」

和「・・・・・・」ポカーン

和「・・・え?」ポカーン

パルスコーン「(ご、ご主人様の顔がずっとポカーンのまんまに!?)」



403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:51:59.29 ID:xpkdaqfw0

唯「あっ、和ちゃん優勝おめでとー!!」

和「・・・・・・」ポカーン

唯「ありゃ?パルちゃん、和ちゃんポカーンとしちゃってるけど、どしたの?」

パルスコーン「いや僕達のセリフですよ・・・」

パルスコーン「何故決勝を棄権・・・」

パルスコーン「・・・!!」

パルスコーン「ま、まさか準決勝で大怪我でも・・・」

モノリス「おk」デデーン

パルスコーン「・・・・・・」

パルスコーン「し、してませんね・・・」

唯「ああ~そのことかぁ・・・」



405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 11:59:32.72 ID:xpkdaqfw0

唯「いやー本当は和ちゃん達とも戦いたかったんだけどー・・・」

唯「私、この大会に出場したの、さわちゃん先生と戦ってみたかったからなんだよねー」

唯「だから今日はもういいや!」

パルスコーン「・・・・・・」ポカーン

唯「今度また違う大会で戦おうね!!」

パルスコーン「き、君はそれでいいの?」

唯「おk」

パルスコーン「・・・・・・」ポカーン

唯「ありゃ?パルちゃんまでどしたの?ほら和ちゃんも!表彰式あるよ!」

和&パルスコーン「・・・・・・」ポカーン

唯「もぉー!!しっかりしなさい!!!」

唯「(こうしてニューイヤーズ杯は和ちゃん達の優勝で終わりました!)」

唯「(さわちゃん先生と戦えなかったのは残念!でも二人が優勝して嬉しいな!)」

唯「(そういえば表彰式の時も二人はポカーンって顔だったんだけど・・・)」

唯「(眠たかったのかなぁ?)」



471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:07:40.50 ID:xpkdaqfw0

がっこう!
おひるやすみ!

律「いや~あのマグマハートを撃墜かぁ!かっこいいねぇー!!」

律「でも結局、決勝で唯が棄権して不完全燃焼か・・・」

和「さすがに開いた口が塞がらなかったわよ・・・」

唯「えへへ~」

澪「唯。褒めてないぞ」

紬「でも、マグマハートに勝つなんてホントに凄いわ~」

ジャンヌ「次のSランク公式戦は優勝出来そうだな」

和「ふふ・・・だと良いけどね。あっ、そういえば唯と澪は来週はどうするの?」

唯&澪「来週?」



472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:12:50.96 ID:xpkdaqfw0

和「ほら。来週はグレイテスト4でしょ?二人とも出場するの?」

澪「あぁ。そのことか」

唯「ぐれいてすとふぉー?それってなぁに?」

全員「・・・えっ?」

澪「い、いや唯・・・Sランク公式優勝した翌週に手紙で案内が来てただろ?」

唯「・・・・・・」

唯「おぉっ!!あれが四大大会のお知らせなのか!」

唯「もぉ~かべちゃんは~!」

モノリス「!!!」ガーン

和「モノリスもそろそろ怒ってもいいと思うわよ」

モノリス「可愛いからおk」

ジャンヌ「健気だな貴様・・・」



473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:18:29.39 ID:xpkdaqfw0

ジャンヌ「とりあえず、こいつの天然っぷりはどうでもいい」

澪「実はそのことで今日、唯と話がしたかったんだ」

唯「ほえ?」

ジャンヌ「今日も帰り道は貴様と澪と私の3人と黒板だ。良いな?」

律「おおっ!?ついに澪を巡っての恋の争いに決着が・・・!?」

紬「キマシタワー///」

ジャンヌ「だから違うと言っているだろう!・・・それで良いな?」

唯「えっ・・・と・・・かべちゃん?」

モノリス「おk」

唯「おk!」

澪「モノリスの方がブリーダーみたいだな・・・」

和「いや、どっちもどっちじゃない?」



475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:23:01.90 ID:xpkdaqfw0

かえりみち!

唯「それで澪ちゃんとジャンヌちゃん、お話ってなぁに?」

澪「あぁ・・・少し言いにくいんだが・・・」

ジャンヌ「単刀直入に言う」

澪「こ、こらジャンヌ・・・だから話には順序ってものが・・・」

ジャンヌ「今回の四大大会には出場しない」

ジャンヌ「私達も・・・貴様達もだ」

唯「・・・・・・」

唯「ええっ!?どーして!?」



477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:30:04.42 ID:xpkdaqfw0

唯「・・・ほえー?」

澪「ほ、ほら!いきなりこんなこと言われたから唯が混乱しちゃってるじゃないか!」

ジャンヌ「今から説明してやればいい」

ジャンヌ「こいつのことだ。あっさり納得するだろう」

澪「・・・・・・」

ジャンヌ「・・・ん?どうした澪?」

澪「ジャンヌって本当は乙女なのに時々男勝りな口調で凛々しくてかっこいいよね・・・」

ジャンヌ「と、時々じゃない!こっちが主だ!」

澪「ジャンヌは素敵で可愛いなぁ・・・///」ムギュ

ジャンヌ「こ、こらっ・・・!」アタフタ

澪「ふふふ///」ムギュー

ジャンヌ「(ひ、平沢唯に毒されたか・・・?)」



478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:38:14.99 ID:xpkdaqfw0

ジャンヌ「は、話を戻すぞ!しっかり聞いてろ平沢唯!」

唯「はえっ!?は、はいっ!了解でありますっ!ジャンヌちゃん隊員!」ピシッ!

ジャンヌ「よし!では話を始めるぞ!」

澪「(ジャンヌも唯のノリに毒されてるなぁ・・・)」

ジャンヌ「来週にはグレイテスト4がある。しかし問題はそこではない」

ジャンヌ「グレイテスト4の次にある大きな大会・・・何かわかるか平沢唯」

唯「え、えーっとぉ・・・」

モノリス「3月のSランク公式戦」

ジャンヌ「その通りだ!」

唯「あっ、そっかぁ!かべちゃん頭いい~!!」

モノリス「おk」

澪「・・・・・・」ポカーン

澪「(あ、あのモノリス、実はかしこさも凄く高いのか・・・)」



480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:43:41.89 ID:xpkdaqfw0

ジャンヌ「今からする話ではその公式戦が重要だ」

唯「また優勝すれば良いんだね!」

ジャンヌ「いや、私達と貴様達は別に出場しなくてもいい」

唯「ほえっ!?」

モノリス「・・・・・・」

モノリス「なるほどな」

ジャンヌ「ほう。貴様は物分かりが良いな・・・」

澪「ほ、本当に今ので理解したのか!?」

モノリス「おk」

澪「・・・・・・・」ポカーン

澪「(実は唯の指示じゃなくてモノリスが自主的にトレーニングしてたりして・・・)」

ジャンヌ「大事なのは私達じゃない」

ジャンヌ「真鍋和、田井中律、琴吹紬・・・この3人だ」



482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:49:10.57 ID:xpkdaqfw0

ジャンヌ「いいか。四大大会と言うのは
     Sランク公式戦優勝経験のあるモンスターなら誰でも出場出来る」

ジャンヌ「そして四大大会は毎年、2月、5月、8月、11月にある」

ジャンヌ「さすがの貴様もこれでわかるだろう?」

唯「・・・・・・」ポカーン

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「ちゃんとかしこさを鍛えなきゃダメだろう!」

モノリス「めんぼくない」

澪「ジャンヌ、逆逆・・・」

唯「ほへー・・・?」

澪「た、多分ね・・・」



484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 21:57:56.26 ID:xpkdaqfw0

ジャンヌ「だから、私達が今回のグレイテスト4を出場しないで
     他の3人が次のSランク公式で優勝すればまたみんな同じラインに立てるだろ!?」

唯「・・・!!」

ジャンヌ「そして5月からまた全員で四大大会を制覇していけばいい話だ!」

唯「・・・同じ会場になっちゃったら?」

ジャンヌ「そんなの知らん!しかし同じ会場にならない可能性は0じゃないだろう!」

唯「う、うん・・・」

ジャンヌ「全く・・・ここまで言わないとわかないとはな・・・」

ジャンヌ「・・・田井中律や貴様が一番望んでいたんじゃないのか?全員同時に名人なって伝説になるって」

唯「じゃ、じゃんぬちゃん・・・!!」

ジャンヌ「どうせ奴らのことだ。次の公式戦は優勝する」

ジャンヌ「私達も5月に向けてトレーニングを重ねるべきだ。そうだろう?・・・平沢唯?」

唯「か」

ジャンヌ「か?」

唯&澪「かっこいい~///」ガバッ

ジャンヌ「うわっ!?こ、こらっ!?っていうか澪まで!?」



486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 22:04:04.95 ID:xpkdaqfw0

唯「かっこいいなぁ~///かっこかわいいなぁ~///」ムギュッ

ジャンヌ「は、離せっ・・・!ほら澪も・・・!」

澪「も、もう少しだけ・・・///」

ジャンヌ「ううっ・・・」

ジャンヌ「(ま、全く人間って奴はなんでどいつもこいつも・・・!)」」

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「(ふふ・・・私がみんなで・・・か)」

ジャンヌ「(本当・・・この1年ですっかり毒されてしまったようだな・・・)」

ジャンヌ「(まぁ、悪い気はしないけどね・・・)」

モノリス「素直じゃないな」

ジャンヌ「人の心を読むな!?」



489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 22:09:06.38 ID:xpkdaqfw0

つぎのひ!
がっこう!
おひるやすみ!

唯「・・・ってことです!」

和&律&紬「・・・・・・」

律「えっ、これジャンヌが考えたの?」

ジャンヌ「ま、まぁな・・・わ、私はかしこさが高いからな!」

モノリス「力の方が強いけどな」

ジャンヌ「お前は昨日からなんなんだ!?」

和「でも、なるほど・・・言われてみればその通りよね。
  なんでこんな簡単なこと気づかなかったんだろ」

紬「凄いわ!ジャンヌちゃん!」

澪「ま、まぁな!」フンス

律「何故お前が威張る」



490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 22:18:05.29 ID:xpkdaqfw0

律「しかし、そうかぁ・・・ジャンヌがねぇ~・・・」ニマニマ

ジャンヌ「な、何を笑っている!?」

律「・・・寂しかったんだろ~?」ニマニマ

ジャンヌ「なっ!?そ、そんな馬鹿なことがあるわけ・・・」

律「ジャンヌは~乙女だから~みんなと一緒がいいの~><」

澪「あっ、ちょっと似てる・・・///」

ジャンヌ「・・・!!!」ピキッ!!

ジャンヌ「ライトニング!!!」ピカー

律「なんの!!こっちもライトニング!!!」ペカー

唯「おおっ!?りっちゃんも技を出せるの!?」

和「おでこが光っただけよ・・・って校舎内でケンカするのはやめなさいっていつも言ってるでしょ!!」

唯「(私と澪ちゃんは今回の四大大会には出場しませんでした!)」

唯「(今回にもジャンヌちゃんに助けられちゃった!)」

唯「(ありがとう!ジャンヌちゃん!)」



497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 23:21:30.56 ID:xpkdaqfw0

しゅうりょうしき!

さわ子「今週末に公式戦に出る人は結果を学校か先生の携帯にまで連絡してね」

さわ子「それじゃあ一年間お疲れ様でした!また4月に会いましょうね!」

唯「おわったー!」

和「唯が期末で赤点4つって聞いた時はどうなるかと思ったけど・・・
  ホントに無事に2年生なれるみたいで良かったわ・・・」

唯「いや~さわちゃん先生には感謝だねぇ~」

和「実践の試験はSランクだったからね・・・さわ子先生がなんとか掛け合ってくれてホントに良かったわね」

和「でも2年生からはこうはいかないかもしれないわよ?もう少し普段から勉強しなさい」

唯「かべちゃん!猛勉強!」

かべちゃん「おk」

和「・・・いっそモノリスが試験受けた方が良さそうな気もしてくるわ・・・頭痛い・・・」

パルスコーン「ご、ご主人様!しっかり!」

唯「ほえ?」



498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 23:26:29.70 ID:xpkdaqfw0

ほうかご!
かえりみち!

律「いや~今回のSランク公式戦は全員違う会場で良かったな!」

紬「うふふ。そうね~」

和「さわ子先生も出場しないみたいだし・・・それに」

ジャンヌ「まぁ、私と澪が出場したらまた優勝してしまうからな」

ジャンヌ「同じ会場になってしまったら申し訳ないだろう」

律「唯が出場しないのは助かるな~」

ジャンヌ「無視するなー!!!」

澪「まぁまぁ・・・」

律「リキイシも退院して元気になったし・・・」

ゴーレム「リキイシ、フルパワー!」

律「ちゃっちゃと優勝して唯と澪に追いつこうぜ!」

和「そうね」

紬「ええ!もちろん!」

唯「みんな!がんばってね!」



500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 23:33:25.08 ID:xpkdaqfw0

たいかいとうじつ!
Sランク会場1

律「おおっ!?二人とも応援に来てくれたのか!!」

澪「う、うん・・・まぁ人のバトルを見るのも勉強になるかなって・・・」

唯「澪ちゃんが「律の応援にいこう!」って
  朝から携帯にいっぱい電話してきたから・・・ふあぁーあ・・・眠い・・・」グー・・・

澪「こ、こら唯!そ、そんなこと・・・」

ジャンヌ「・・・してたな」

澪「ジャ、ジャンヌまで!あのな律・・・」

律「・・・ほほう」ニヤリ

澪「うっ・・・」

律「そっかそっか!かわいいなぁ///澪はかわいいなぁ///」

澪「ううっ・・・///」

ジャンヌ「・・・・・・」

モノリス「嫉妬か」

ジャンヌ「蹴るぞ、この黒板」



505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 23:40:28.35 ID:xpkdaqfw0

律「(さて・・・と・・・!)」

オルドーフ「おおっ?」

律「(いてくれて嬉しいぜ・・・黒豆腐・・・!)」

オルドーフ「(ぐふふ・・・あの時のハゲ娘か・・・)」

ゴーレム「リキイシ、アイツ、タオス!!」メラメラ

律「ああっ!リベンジマッチだ!ぶっ潰すぞ!」メラメラ

オルドーフ「(ぐふふ・・・結局ピンピンしてやがる・・・)」

オルドーフ「(そしてあの自信に満ちた顔・・・)」

オルドーフ「(こりゃこの前みたいにはいかないかな・・・ぐふふ)」

澪「ジャンヌ、あれ、こわい」ギュッ

ジャンヌ「・・・!!」

ジャンヌ「しょ、しょうがないな澪は・・・」

モノリス「良かったな」

ジャンヌ「ヒールレイド!!!」

モノリス「ごはぁ!!」バキッ!!



507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 23:47:24.81 ID:xpkdaqfw0

唯「か、かべちゃーん!?だ、大丈夫!?」

モノリス「おk」

律「さてと今日は最初の試合であの黒豆腐とのバトルだ・・・」

律「さぁ行くぜ!リキイシ!」

ゴーレム「ゴォッ!!」

律「それじゃあ行ってくるから応援よろしくな!」

唯「もぉジャンヌちゃん!いきなりなにするのー!?

ジャンヌ「だってこの黒板が・・・」

澪「こわいこわい」

律「・・・・・・」

律「いこっか、リキイシ・・・」

ゴーレム「ご、ごぉっ・・・」

律「(あの三人仲良いなぁ・・・)」

モノリス「嫉妬か」

律「うわぁ!?いきなりなんだよ!?」



510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/22(日) 23:55:59.15 ID:xpkdaqfw0

律&ゴーレムVSオルドーフ

律「よぉ。3ヶ月ぶりだな。・・・また戦えて嬉しいぜ!!」メラメラ

ゴーレム「ゴォッ!!」メラメラ

オルドーフ「ぐふふ・・・あれだけの力の差を見せつけられて
      戦う気力を無くすどころか気力UPか・・・」

オルドーフ「ぐふっ・・・すぐにその気を無くさせてやるよ・・・!」ギンッ

唯「ほえー!あの黒いお豆腐強そうだねー!」

澪「こわいこわい」ギュッ

ジャンヌ「(ジョーカーの血筋か・・・タナトスを彷彿させるイヤなオーラだ・・・)」

ジャンヌ「(あんな奴に負けるじゃないんぞ・・・田井中律!)」

実況「それでは試合を開始してください!」



512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:04:03.74 ID:xpkdaqfw0

オルドーフ「ぐふっ・・・おいハゲ娘」

律「だからハゲって言うんじゃねぇよ!この豆腐!!」

オルドーフ「気合十分なとこ悪いが・・・」

オルドーフ「この試合、お前は何も出来ずに終わるぜ?」

律「あ?なんだって?」

オルドーフ「ぐふふ・・・」

律「はっ・・・!笑えない冗談だぜ!この前までのリキイシと思うなよ?」

オルドーフ「思っちゃいないさ・・・」

オルドーフ「でも変わらん部分だってあるだろう・・・?くらいなっ!ようかい液!!」ペッ!!

リキイシ「ぐっ・・・!」ジュワッ!!

律「なっ!?」

律「(かしこさ技!?アイツはかしこさは高くないはずなのに・・・)」

唯「うわっ!きたない!つば吐いてきたよ!?」

ジャンヌ「なるほど・・・ゴーレムには効果的だな」

唯「?」



513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:10:41.43 ID:sd7Bab4u0

ゴーレム「・・・ふんっ!!」

律「(案の定かしこさの低いリキイシでもダメージはそれほど通って無い・・・)」

律「(遊んでやがんのか?・・・舐めやがって!)」

律「リキイシ!こっちは全力だ!超必殺!!大ロケットパンチ!!!」

律「(ゴーレムの技の中でも命中精度も威力も高い技だ!!くらいやがれ!!」

ゴーレム「・・・・・・」

律「あ、あれ?どしたリキイシ?」

ゴーレム「・・・・・・」フルフル

律「えっ・・・ま、まさか・・・」

律「(この展開、どっかで・・・)」

オルドーフ「ぐふふ・・・ガッツが足りてないようだなぁ」

律「なにー!?」ガーン



515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:17:21.86 ID:sd7Bab4u0

オルドーフ「さてと・・・もう一発くらいな!!」ペッ!!

ゴーレム「ぐぅぅ・・・!!」ジュワー!

律「あぁ!リキシイ!!」

律「(マジかよ・・・あの攻撃は・・・)」

ジャンヌ「ガッツダウン効果の高い超必殺技だ」

唯「ガッツダウン・・・」

唯「!!」

ジャンヌ「あの技は威力こそ低い」

ジャンヌ「しかしガッツ回復の遅い相手には絶大な効果だ」

ジャンヌ「奴は・・・オルドーフはゴーレムに技を出させない気だ」

ジャンヌ「狙いは判定勝ち・・・」

ジャンヌ「姑息な奴だ・・・あんなのが前回の優勝者とはな・・・」

唯「でも、かべちゃんもガッツダウン技のわらわら使って勝っちゃったね・・・」

ジャンヌ「・・・まぁ、それは置いておこう・・・」

ジャンヌ「(・・・どうする?田井中律!)」



517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:27:33.12 ID:sd7Bab4u0

律「(くっ・・・やべぇ・・・超必殺技はもちろん通常技も出せないぞ・・)」

オルドーフ「ぐふふ・・・だから変わっていないところもあるも言っただろう」

律「オルドーフ・・・!」

オルドーフ「どれだけ命中やらライフやら上げても・・・」

オルドーフ「回避はすっからかんだろう?」

律「・・・!!」

オルドーフ「ぐふふ・・・これだからゴーレム種とやらは弱いんだ・・・」

律「・・・・・・」

律「・・・んだと」

オルドーフ「命中も低ければ回避も低い。そしてあげくガッツも遅いときた・・・」

オルドーフ「ぐふふ・・・ただの歩くサンドバックじゃねぇか・・・
      おおっとガッツが溜まったぜ!もう、つばで十分だ!くらいな!」ペッ!

律「てめぇ・・・」

律「てめぇー!もういっぺん言ってみろー!!!」



519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:33:58.47 ID:sd7Bab4u0

唯「おおっ!?りっちゃん怒ったー!!」

律「私のリキイシは・・・ゴーレムは弱く無い!!」

律「どんなに不利な状況でも
  たった一撃でそれをひっくり返すことの出来るとても強いモンスターなんだ!」

律「わかったような口を聞いてんじゃねぇぞ、こら!!」

唯「おおっ!!りっちゃんかっこいいー!!」

ジャンヌ「(ふふ・・・なかなか言うじゃないか・・・)」

オルドーフ「ぐふっ・・・何も出来ないのにどうやって状況をひっくり返すのかね?
      貴様のゴーレムのガッツは永久に・・・」

ゴーレム「ごおっ!!」ヒョイッ

オルドーフ「え」

唯「え」

ジャンヌ「え」

モノリス「おk」

澪「こわいこわい」

律「よっしゃー!!よく避けた!!!」

オルドーフ「な、なんだとー!?」



521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:45:00.72 ID:sd7Bab4u0

オルドーフ「(ぐ、偶然だ!!次は当たる!!)」

律「よぉ、オルドーフ」

オルドーフ「!!」

律「お前、さっきリキイシの回避が変わってないとか言ったよなぁ?」ニマニマ

オルドーフ「・・・!?」

オルドーフ「ま、まさか・・・」

律「あはははっ!!いやー退院したからずっと回避のトレーニングをしてた甲斐があるなぁ!!!」

オルドーフ「なっ、そ、そんな馬鹿なことを!?」

オルドーフ「俺に攻撃を当てるために命中の強化をするのが普通だろ!?」

律「チッチ・・・あまいよ豆腐くん・・・」

律「私は君の考えの先を行ってるのだよ」フフン

オルドーフ「こ、こんな頭の悪そうなガキに俺が出しぬかれた!」ガーン

唯「すごーい!!!りっちゃん!!!」

ジャンヌ「奴にしては考えたな・・・評価してやる」

律「さーて、反撃といきますか!」



522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:48:41.67 ID:sd7Bab4u0

律「リキイシー!喋ってる間にガッツ回復したよなー?」

ゴーレム「・・・・・・」コクコク

オルドーフ「うっ・・・し、しまった・・・!」

律「よっしゃあ!かましてやれ!大ロケットパンチだ!!」

オルドーフ「くっ・・・!」

ゴーレム「・・・・・・」

律「・・・・・・」

律「リ、リキイシさん?」

ゴーレム「・・・・・・」フルフル

律「・・・・・・」

律「なんでー!?」ガーン

唯「おぉ!りっちゃん達はまだガッツを溜めるのか!!」

ジャンヌ「なにをしてるんだアイツらは・・・」



523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:51:59.75 ID:sd7Bab4u0

ゴーレム「ワザノ、ナマエ」

律「えっ?」

ゴーレム「ソンナ、ワザノナマエ、シラナイ」

律「・・・・・・」

律「えっ?嘘!?」

律「あ、あれ?」

律「(も、もしかして私、覚えた技の名前の間違えてる?)」

律「(そういやまだ一回も使ったことなかったし・・・)」

律「・・・・・・」

律「やばくね!?」




525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:57:12.38 ID:2MU1Hm490

りっちゃんピンチ



526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:58:33.12 ID:Cv0Mlr8M0

なんというピンチ





527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 00:58:43.78 ID:sd7Bab4u0

律「(待て!冷静になるんだ田井中律!大ロケットパンチという名前の技は存在する・・・)」

律「(つまり・・・)」

律「(他の超必殺技を覚えているってことか!?)」

律「(ていうか、そもそもなんでこんなことに・・・)」

律「・・・・・・」

律「・・・!!」

ゴーレム『(リキイシ、ダイロケットアタック、オボエタ!!』

律『大ロケット・・・あぁ、大ロケットパンチなんて覚えたのか!すげーな!!』

律「(これだー!!!)」

律「(リキイシが新しく覚えた技に勝手に名前を付けたんだ!!)」

律「(アタック・・・か)」

律「(じゃあ、ぐるぐるアタックか竜巻アタックのどちらかってわけか?)」

律「・・・・・・・」

律「どっちも命中低くね!?」



528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 01:03:53.25 ID:sd7Bab4u0

オルドーフ「な、なんだ・・・?仕掛けて来ないのか?なら、こちらから・・・」

律「!!」

律「(迷ってる時間はねぇ!!!)」

律「リキイシ、ぐるぐるアタックだ!!!」

リキイシ「!!!」

リキイシ「ゴオッ!!!!!」ゴロゴロゴロッ!!!

オルドーフ「おおっ!?」

律「(あ、当たったー!!!)」

律「(ぐるぐるアタックを大ロケットか・・・)」

律「・・・・・・」

律「(い、いやまぁ!確かにロケットみたいな勢いだ!!うん!!!」

律「いっけぇー!!!そのまま轢いちまえー!!!」



529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 01:10:47.24 ID:sd7Bab4u0

オルドーフ「ぐふっ!なんの技かと思えばそんな大味の技を・・・」

オルドーフ「そんな技が当たるわけ・・・」

ゴーレム「うぉぉぉぉぉ!!!」ゴロゴロゴロッ!!!

オルドーフ「(か、加速しやがった!?)」

オルドーフ「(し、しまった・・・タイミングが・・・!?)」

律「へっ・・・命中率が0に近くても絶対に当たらないことはない!なんて授業で習ったが・・・」

律「本当らしいな!!オルドーフ!!!くたばりやがれ!!!!!」

オルドーフ「ぐふっ・・・はぁぁっ!?」ドーン!!!!!!

オルドーフ「バ、馬鹿な・・・」バタッ・・・

ゴーレム「カリハ・・・」

律「返させてもらったぜ!」

実況「オルドーフ選手一撃KO!ゴーレム選手の勝利です!」

律「おっしゃー!!!!!」

唯「やったー!!!」

ジャンヌ「ふっ・・・ほら澪、もう怖くないぞ」



530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 01:14:43.81 ID:sd7Bab4u0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実況「それでは今回の戦績を発表します」

実況「7勝0敗!律&ゴーレム選手の優勝です!」

客「ォォォォォォォォ!!!」

唯「やったねりっちゃん!」

澪「おめでとう律!」

ジャンヌ「貴様にしてはよくやった方じゃないか」

律「へへっ・・・サンキュー!」

律「まぁ名人になるんだ!これぐらい当然だぜ!なっ、リキイシ!!」

ゴーレム「リキイシ、マケナイ!」

律「まぁ、あいつらも今頃・・・」



531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 01:20:29.71 ID:sd7Bab4u0

Sランク会場2

パルスコーン「はっ!!!」ヒュッ

マホローティー「ぐっ・・・は!!」バーン!!!・・・バタッ

和「ただ堅いだけなのによくSランクまで来れたわね・・・」

パルスコーン「でも僕の力の前じゃ意味は無かったけどね!」

実況「和&パルスコーン選手の優勝です!」

Sランク会場3

紬「サイトー!ドラゴンラッ・・・」

テクノドラゴン「ぎゃおす!!!」

アクアライン「ぎ、ぎぶあっぷ!」ガクガク

紬「あら・・・優勝決定戦なのにいいのかしら?」

実況「紬&テクノドラゴン選手の優勝です!」

唯「(こうしてりっちゃん、和ちゃん、ムギちゃんの3人もSランクを突破しました!)」

唯「(これでまた一緒のスタートだね!)」

唯「(2年生になっても名人目指してがんばろー!!)」



589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 19:59:25.33 ID:sd7Bab4u0

しんがっき!
にねんせいきょうしつ!

さわ子「私が担任の山中です。知ってる顔も多いけどこれから1年間よろしくね」

唯「おぉ~!さわちゃん先生!」

和「知ってる顔多いって言うか・・・ほとんど変わっていないわね」

律&紬&澪「よろしくお願いしまーす!」

和「普段の日常と」

唯「ほえ?」



591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 20:04:04.89 ID:sd7Bab4u0

ほうかご!

律「みんな同じクラスってすげーな!」

紬「私、みんなと同じクラスになるのが1年生の時の夢だったの~」

ジャンヌ「ささやかな夢だな」

澪「ふふ・・・乙女チックでいいじゃないか」

和「・・・・・・」

和「(1年生で唯一Sランクを突破した5人・・・)」

和「(さわ子先生・・・実は狙ったんじゃ?)」

さわ子「あっ!良かった!まだ帰ってなかったのね!」

唯「あれ?さわちゃん先生だ!」



593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 20:11:44.56 ID:sd7Bab4u0

律「あっ、さわちゃん!全員同じクラスにしてありがとー!」

さわ子「えっ?あぁ!いいのよ!狙ったから!」

和「(ホントに狙ってたのね・・・)」

紬「仲良しな私達の為に・・・」ジーン

和「いや、さわ子先生のことだから多分クラスの戦力になる生徒を・・・」

澪&ジャンヌ「・・・・・・」ジーン

和「なんであんた達も感動してるのよ!?」

唯「さわちゃん先生、私たちにご用?」

さわ子「うん。少し時間あるかしら?」

モノリス「おk」

唯「だって!」

さわ子「あっ、良かったわ。じゃあ職員室でもいきましょうか」

全員「・・・・・・」

律「モノリスが私たちの代表かよ・・・」

澪「まぁ・・・かしこさが高い・・・みたいだし・・・」



594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 20:19:44.86 ID:sd7Bab4u0

しょくいんしつ!

和「(まぁ、時間はあったから良いんだけど・・・)」

さわ子「コーヒーでも出すわ。みんな砂糖とミルクは?」

モノリス「おk」

さわ子「全員ブラックね」

ジャンヌ「なんでお前が仕切ってるんだ!?」

和「ナチュラルに会話してる先生も先生ですよ!」

さわ子「そりゃ名人だもの。どんなモンスターとも会話出来るわよ」

紬「わぁ!素敵///」

唯「さわちゃん先生すごーい!」

さわ子「それにモンスターの意見を取り入れてあげるのも大切なことよ。
    育成は常に二人三脚なんだから」

和&ジャンヌ「・・・・・・」

和&ジャンヌ「(それっぽいこと言いやがって・・・!)」グッ・・・

律&澪「よしよし」

さわ子「(久々に教師っぽいこと言った気がする・・・)」



595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 20:28:44.44 ID:sd7Bab4u0

さわ子「そろそろ本題に入ってもいいかしら?」

モノリス「おk」

ジャンヌ「もうツッこまない」

和「私も」

さわ子「あなた達5人は1年生の時に
    Sランクを突破すると言う輝かしい成果を収めることが出来ました」

さわ子「教師として鼻が高いわ」

律「おおっ!?もしかして名人様からのベタ褒めタイム!?」

さわ子「うふふ。まぁ似たようなものね・・・あなた達の実力は素晴らしいもの」

さわ子「・・・なので5人にはこの大会に出場してもらいます!はいプリント、後ろに回して」

和「なっ!?」

澪「こ・・・」

律「これは!?」

紬「あらあら・・・」

唯「にだい・・・たいこうせん?」



598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 20:39:26.44 ID:sd7Bab4u0

さわ子「ええ。二大大陸対抗戦。みんな知ってるわよね」

さわ子「東と西の地域でわけて
    それぞれ代表5名を選出してチーム戦で戦う、とても大規模な大会よ!」

律「大規模ってか・・・最大級じゃん!!」

紬「そんな大会に私達が!?」

澪「で、でもこの大会ってグレードDからグレードSまで
  それぞれのランクから1人ずつ代表を選出して出場する大会じゃ・・・」

和「ま、まさか・・・Sランクの代表を決めるためにこれから5人で試合をしろとか・・・!?」

さわ子「うふふ。そんなことさせないわよ」

さわ子「・・・今年の対抗戦は東西共に5人全員Sランクから代表を選出させるの」

さわ子「そこでものの1年でSランクを突破したあなた達の実力が評価され東の代表に選出されたのよ」

さわ子「今年の対抗戦はあついわよ~!!!」

律「マジかよ・・・」

和「そ、そんな勝手に・・・ほら唯も何か言ってやりなさい!」

唯「・・・・・・」

唯「すごーい!!」

和「・・・えっ?」



599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 20:45:34.24 ID:sd7Bab4u0

唯「さわちゃん先生!わたし達出ます!!」フンス

さわ子「おぉ!さすがね唯ちゃん!試合に関してはやる気のかたまりねーこのこのっ」

唯「えへへ~」

和「ちょ、ちょっと唯・・・!」

唯「なぁに和ちゃん?」

和「あんたはまた考えもせずに勝手に・・・」

ジャンヌ「大陸戦っていうのはとてもハイレベルな大会だ」

律「しかも西側から出場するSランクモンスターは毎年のように化物揃いって話だ・・・」

澪「化物・・・そ、そんな大会に・・・出るとかちょっと無謀じゃないか・・・」

紬「唯ちゃん・・・」

唯「・・・・・・」

唯「それって考えることなの?」

全員「・・・・・・」

全員「えっ?」



600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 20:51:36.43 ID:sd7Bab4u0

唯「だって私たちだってSランクだよ!強いよ!」

和「そうは言っても世の中には上がいるものよ・・・私たちにはまだ・・・」

唯「でも名人になるんだよ?そんなの乗り越えちゃおう!」

和「・・・!!」

律「・・・ハハッ、確かに違いねぇな!」

律「名人になるんだ!どんな相手でも全力でKOしてやらないとね!!」メラメラ

唯「おおっ!!りっちゃん隊員燃えてきましたね!」

澪「で、でもな・・・!」

紬「私はみんなが出るなら出るわ~」

澪「ムギまで!?」

唯「みんな一緒だよ!」

唯「私たち5人みんなで大きな大会で戦えるなんて素敵だと思う!」

澪「・・・うっ!」



601 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 20:55:25.03 ID:sd7Bab4u0

和「やれやれ・・・どうせ言っても聞かないわ。私も出場するわよ」

唯「やったー!!澪ちゃんも参加するよね!」

澪「わ、私は・・・」チラッ

ジャンヌ「・・・!」

ジャンヌ「ま、まぁ、たまにはこういう余興も・・・」

澪「・・・・・・」

澪「・・・出場する!」

唯「わーい!!やっぱりみんな一緒だね!!!」

律「お前等素直じゃないよな」

澪&ジャンヌ「うるさい!」

紬「うふふふ」



604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:02:08.43 ID:sd7Bab4u0

さわ子「よっし!決まりね!ていうか実は
    もう選手登録してあるから断ったらドラゴンラッシュだったわ」

律「職権乱用だ!」

さわ子「はい、これ対戦表のプリント」

澪「えっ?それぞれの対戦相手がもう決まってるんですか?」

さわ子「西側の大将の人の強い要望でね・・・その人も名人だからあまり無下には出来なくて・・・」

律「まぁ、良いんじゃね?どんな相手でもKOしてやるのには変わりはねぇ!」

和「こっちが不利になるような組み合わせにでもしたのかしら?・・・面白いじゃない」

唯「えーと・・・あっ、私大将だ!」



606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:10:15.71 ID:sd7Bab4u0

対戦組み合わせ表

先鋒
テクノドラゴンVSアバレール

次鋒
ゴーレムVSマッドキャップ

中堅
パルスコーンVSハメッド

副将
ジャンヌVSアキレール

大将
モノリスVSデンネン

紬「こ、これは・・・!?」

律「おいおい!?四天王じゃんか!?」

和「ハメッドって・・・あの最強って言われてるハムリーフのこと!?」

澪「アアアアアアアキレール!?」

ジャンヌ「(神、死神ときて次は破壊神・・・)」

ジャンヌ「(今回は本気でやばいんじゃないか・・・?)」

唯「(デンネンってどっかで聞いたことあるなぁー?)」




607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:13:17.54 ID:T4NTxWEL0

ここでまさかの伝念w



608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:15:59.68 ID:K7eisosKP

興奮してきたwww





609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:16:53.63 ID:sd7Bab4u0

律「さわちゃん・・・これマジ?」

さわ子「今さら断ったらドラゴンラッシュよ」

律「体罰だ!」

紬「(アバレール・・・ゴースト種って強いのかしら・・・)」

律「(マッドキャップってあのスケゾーだろ?マジかよ・・・)」

和「(あのハムリーフと力比べ・・・?勝てる可能性はあるの・・・?)」

澪「無理無理無理無理」

ジャンヌ「澪、少し落ち着こう」

唯「デンネンってどんなモンスター?」

モノリス「チャッキー種」

唯「チャッキー!?」

唯「・・・・・・」

唯「聞いたこと無いなぁ・・・」

さわ子「いや授業でやってるはずだから」



611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:23:53.05 ID:sd7Bab4u0

律「ま、まぁ・・・引き受けたからにはもうしょうがないけど・・・」

律「この唯の対戦相手のデンネンってなんだ?聞いたことないぞ」

和「確かチャッキー種のレアモンよ」

律「へぇーチャッキー・・・」

律「・・・・・・」

律「ていうか、こいつが大将!?アキレールじゃなくて!?」

唯「ほよ?」

和「あのアキレールより上・・・そんなまさか・・・チャッキー種で・・・」

さわ子「強いわよアキレールより」

和「あはは・・・やっぱり・・・」

和「・・・・・・」

和「・・・ええっ!?」



612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:31:41.84 ID:sd7Bab4u0

さわ子「私もそのデンネンとは何度か戦ったことあるんだけどねー・・・」

さわ子「・・・見事に全敗よ」

和「・・・・・・」ポカーン

パルスコーン「ああっ!?ご主人様がまたポカーンに!?」

律「結局化物しかいないってわけか・・・」

紬「でも西の大将さんの強い要望で私たちが選ばれて戦う順番も決められたのよね?何故かしら?」

さわ子「・・・・・・」

さわ子「それは私にもわからないわ・・・」

律「そっかー・・・ハハッ・・・まぁ、どの順番でもあんまり大差ねぇか?」

澪「いやアキレールはまずいって!!!」

律「うおっ!?ビックリしたぁ!?」

ジャンヌ「(アキレールよりも強い大将か・・・本当に呆れてしまうな・・・)」

ジャンヌ「貴様も災難だな平沢唯。・・・平沢唯?」

唯「・・・・・・」



614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:37:56.62 ID:sd7Bab4u0

唯「・・・・・・」プルプル・・・

ジャンヌ「(!!怯えているのか・・・)」

ジャンヌ「(らしくもない・・・)」

さわ子「あら?どうしたの唯ちゃん?怖気づいちゃった?」

澪「ゆゆゆ唯!!やっぱり唯はこんな大会するのイヤだよな!?」

唯「すごーい!!!」

澪「うん!凄いよな・・・!!」

澪「・・・・・・」

澪「何が?」

唯「さわちゃん先生が勝てない相手なんて・・・」

唯「わくわくするよね、かべちゃん!」

モノリス「おk」

澪「」

ジャンヌ「み、澪!?気をしっかり!?」アセアセ

ジャンヌ「(・・・あの震えは武者震いだったのか・・・)」



615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:46:57.97 ID:sd7Bab4u0

さわ子「あはは!さすがね唯ちゃん!そんなこと言えるのこの大陸できっと唯ちゃんだけよ!」

唯「褒められた!」

和「よ、良かったわね」

和「(ホントにこの子は怖いもの知らずね・・・)」

律「(アホみたいに強い相手の話を聞いてワクワクするとか・・・)」

律「(へっ・・・!根っからのバカだな!)」

律「よっしゃー!どうせならこいつら全員ぶっ倒して錦でも飾ろうね!」

さわ子「あら!りっちゃん素敵なこと言うじゃない!!」

律「褒められた!」

和「よ、良かったわね・・・」

和「(バカが二人・・・)」

紬「私、故郷に錦を飾るのが夢だったの~」

さわ子「あら!!ムギちゃん、今日も素敵にタクアンね!」

紬「褒められたわ!」

和「褒められたの・・・?」



617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 21:53:03.94 ID:sd7Bab4u0

さわ子「さて・・・そういうあなたはどうするの?」

和「・・・!!」

和「(全く・・・四大大会も始まるっていうのにこの担任は・・・)」

和「(でも、まぁ・・・)」

和「(最強のハム種を倒せばそれすなわち私のパルモンが・・・)」

和「・・・・・・」

和「出るわよ、パルモン!」

パルスコーン「は、はいっ!」

さわ子「うふふ。私を倒したんですもの、当然よね。あとは・・・」

澪「無理無理無理無理」

さわ子「(・・・あの子、どうしよう・・・)」



619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 22:00:23.19 ID:sd7Bab4u0

さわ子「あの、澪ちゃん・・・」

澪「無理無理無理無理」

さわ子「少し話を・・・」

澪「無理無理無理無理」

さわ子「・・・・・・」イラッ

さわ子「(はっ!?ダメダメ!生徒を殴るとこだったわ!)」

さわ子「(これは今日は無理かしらね・・・)」

さわ子「(もしくは・・・)」チラッ

ジャンヌ「・・・?」

さわ子「(あの子がなんとかしてくれるかもね・・・)」

さわ子「それじゃあ決まり!大会までまだ時間はあるから
    それまで各自トレーニング、修行などを疎かにしないこと!」

さわ子「いいわね!」

唯&律&紬&和「はいっ!」

澪「無理無理無理無理」

ジャンヌ「(澪・・・)」



627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 22:58:37.68 ID:sd7Bab4u0

かえりみち!

唯「それじゃあバイバイ!」

律「おう。またな!」

紬「また明日~」

和「うん、また明日」

澪「・・・はぁ」

唯「・・・?澪ちゃんバイバイ!」

澪「えっ!?あっ、あぁ!じゃあな!」

ジャンヌ「(さっきから上の空だな・・・)」



628 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:05:43.88 ID:sd7Bab4u0

あきやまけ!

ジャンヌ「澪」

澪「ん?ジャンヌ・・・?どうしたんだ?」

ジャンヌ「そんなにアキレールが怖いのか?」

澪「・・・!!」ビクッ

ジャンヌ「確かに相手は最強の破壊神の異名を持っている」

ジャンヌ「しかし私達もSランク最短突端の実歴がある」

ジャンヌ「そこまで無謀な勝負では・・・」

澪「で、でもっ!!」

澪「タ、タナトス戦の時にジャンヌは殺されそうになったじゃないか!?」

ジャンヌ「最後には私が勝っただろう」

ジャンヌ「それに澪だって私を信じていてくれたじゃないか?」

ジャンヌ「私も澪を信じてる。今回も大丈夫だとは思うがな・・・」

澪「うっ・・・うぅっ・・・」



629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:08:52.49 ID:sd7Bab4u0

澪「・・・し」

ジャンヌ「・・・?」

澪「死んでからじゃ遅いんだからっ!」ダッ・・・!

ジャンヌ「あっ、おい!澪!?」

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「(少し頭を冷やす時間も必要か・・・)」

ジャンヌ「(全く・・・4月になっても澪は澪か・・・)」

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「(まだ・・・私のことが頼りないのかな・・・)」


630 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:13:11.90 ID:sd7Bab4u0

いちじかんご!

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「(遅い・・・)」

ジャンヌ「(もう夜だ・・・澪が暗がりの中でどこか一人で遠く行くなんて・・・)」

ジャンヌ「(田井中律や平沢唯の家にでも行っているのだろうか・・・)」

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「(まずは何かあったかもしれないって考える方が先だろう!?)」

ジャンヌ「(澪っ・・・!)」ダッ



631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:19:58.79 ID:sd7Bab4u0



澪「あぅ・・・あぅぅぅぅ・・・」ガクガク

フェニックス「きゃおー!!!!!」ゴォォォォッ!!!

澪「ひっ!?」ガクガクガクガク

パニッシャー「なんだ・・・フェニックスうるせぇ・・・
       おぉっ!?人間の女じゃねぇか!?どうしたんだこれ?」

フェニックス「きゃおー!!!!!」

パニッシャー「腹が減ったから街まで出て捕まえてきたぁ?
       ひゃはははっ!!相変わらずの極悪っぷりだなぁ」

フェニックス「きゃおー!!!!!」

パニッシャー「あーあー。わかってんのよ。
       横取りなんかしねぇから。ていうか、早く食わねぇの?」

フェニックス「きゃおー!!!!!」ニヤリ

パニッシャー「あん?もっと美味そうな餌がやってくるって?」

澪「う・・・あ・・・あ・・・」

澪「(じゃ、じゃんぬ・・・)」



632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:23:27.88 ID:sd7Bab4u0

よるのまち!

ジャンヌ「(ここで澪の匂いが消えている・・・)」

ジャンヌ「(一体どこに・・・)」

クルッポー

ジャンヌ「(空・・・?)」

ジャンヌ「・・・・・・」ヒュンッ

ジャンヌ「(澪の匂いが・・・!)」

ジャンヌ「(澪・・・!)」ヒュッ



634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:31:49.45 ID:sd7Bab4u0



パニッシャー「よぉ、フェニックス。その餌とやらはいつくんだよ?」

フェニックス「きゃおー!!!!!」

パニッシャー「だから両方お前にくれてやるって!そう怒んなよ」

パニッシャー「(ったく・・・強いからって調子乗りやがって・・・)」

パニッシャー「(マグマハートみたいにコイツも人間に手なずけてもらえないもんかね・・・)」

パニッシャー「(無理か・・・)」

フェニックス「きゃおー!!!!!」

パニッシャー「あっ?待ちくたびれたから先に人間食うって?どんだけ短気なんだよ、お前?」

澪「ひっ・・・あ・・・あ・・・!!」

澪「じゃ、ジャンヌ・・・」ポロポロ

パニッシャー「まぁ、諦めろや。こいつに目付けられたら仕方ないぜ」

フェニックス「きゃおー!!!!!」ゴォォォォォッ・・・!

澪「ジャンヌー!!!!!」



635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:39:43.04 ID:sd7Bab4u0

「ライトニング!!!」バリバリッ!!!

フェニックス「・・・!」ヒョイ

パニッシャー「おわっ!?」ヒョイ

澪「ひっ・・・あ・・・あぁ・・・!」パァァッ・・・!

ジャンヌ「澪っ!大丈夫か!?」

澪「ジャンヌー!!!」ポロポロ

フェニックス「きゃおー!!!!!」ニヤリ

パニッシャー「あれかぁ・・・美味そうな餌ってのは・・・」

パニッシャー「おいおい。フェニックス・・・独り占めはずるいぜ・・・!」

ジャンヌ「(火山の麓まで来て、まさかとは思ったけどな・・・)」

パニッシャー「ひゃはは・・・!」

フェニックス「きゃおー!!!!!」

ジャンヌ「(パニッシャーにフェニックス!)」

ジャンヌ「(最近人間を攫っては襲うノラモンの事件が多かったが・・・)」

ジャンヌ「(・・・こいつらの仕業か!!)」



636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:45:40.53 ID:sd7Bab4u0

ジャンヌ「・・・うちのマスターを返してもらおうか。そうすればこの場は見逃してやる」

パニッシャー「へぇ・・・勇ましいねぇ。ますます俺好みだ・・・おい!フェニックス!」

パニッシャー「俺は勝手に行かせてもらうぜ!!」シャッ・・・!

フェニックス「・・・!!」

フェニックス「きゃおー!!!!!」ゴォォォォォッ!!!

澪「に、二匹同時に・・・!?」

ジャンヌ「(話の通じる相手ではないか・・・)」

ジャンヌ「・・・来い!二匹ともここで私が退治してやる!」



638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/23(月) 23:54:37.73 ID:sd7Bab4u0

澪「ジャンヌ!!に、逃げて!!」

パニッシャー「ひゃはは!!!泣かせるねぇ!!!」

パニッシャー「でも、逃げらんねぇぜ!!くらいな!!回転アタック!!!」ヒュンッ・・・!

ジャンヌ「・・・・・・」ヒョイ

パニッシャー「なっ!?こ、この間合いで!?」

ジャンヌ「ヒールレイド!!」シュッ・・・

パニッシャー「ぐげぇっ・・・!?」バキッ!!!・・・バタッ・・・

ジャンヌ「貴様は所詮Aランク級だ。私の相手ではない」

澪「・・・・・・」

澪「(かっこいい~・・・///)」ポワワーン

澪「・・・!?じ、ジャンヌ・・・!次の攻撃が・・・!?」

ジャンヌ「わかっているさ!!」

フェニックス「きゃおー!!!!!」ゴォォォォォォッ!!

ジャンヌ「(本命が貴様だってことはな!!)」



643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:04:54.59 ID:AYJpFGUV0

フェニックス「きゃおー!!!!!」ゴォォォォォォォ!!!

澪「ほ、炎の塊・・・巨大な火炎砲!?」

ジャンヌ「(・・・いや、あれは炎ハリケーン!力が強すぎで塊にしか見えないのか・・・)」

ジャンヌ「(だが・・・!)」

ジャンヌ「ぐぅっ・・・!!!」ボォッ・・・!!

澪「(ちょ、直撃!?)」

澪「じゃ、ジャンヌー!!!」ポロポロ

フェニックス「きゃおー!!!!!」ニヤリ

ジャンヌ「くっ・・・うぅぅ・・・!」フラフラ

ジャンヌ「・・・・・・」ハァハァ

ジャンヌ「・・・おい、フェニックス・・・」

フェニックス「!!きゃおっ・・・!!!」

ジャンヌ「なんだ今の攻撃は?エアコンのヒーターよりも温い風だな」

澪「ジャ、ジャンヌ!!!」パァァッ・・・!



645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:11:26.47 ID:AYJpFGUV0

フェニックス「!!!」

フェニックス「きゃおー!!!!!!」グォォォォォォォォ・・・!!!

ジャンヌ「(ファイヤーリバー!!超必殺を使ってきた・・・!!!)」

ジャンヌ「(あんな炎・・・くらったら今度こそ焼き殺されるかもしらないな・・・)」

ジャンヌ「(しかし私の回避をなめるな!この技さえ避ければ貴様のガッツは・・・)」

ジャンヌ「・・・!!」

澪「・・・えっ?」

ジャンヌ「(しまった・・・!!このままだと澪が・・・!!!)」

フェニックス「きゃおー!!!!!」ニヤリ

ジャンヌ「(ま、間にあってくれ・・・!)」ヒュッ・・・



648 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:18:20.01 ID:AYJpFGUV0

ゴォォォォォッ!!!

澪「あ・・・あ・・・」ガクガク

澪「(あぁ・・・わ、私ここで死ぬんだ・・・)」

澪「(で、でも・・・じゃ、ジャンヌ・・・が生きててくれればそれでも・・・)」

ジャンヌ『腰抜けが』

ジャンヌ『頼んだぞ・・・私のマスター』

ジャンヌ『ずっと一緒にいてやる』

澪「・・・っ!!!」

澪「死にたく・・・ない・・・」

澪「まだ死にたくないよ・・・!!!」プルプル

ジャンヌ「死なせるものか!!!」ヒュン・・・ギュッ・・・!

澪「じゃ・・・じゃんぬ・・・」

澪「じゃんぬぅ・・・」ポロポロ

ジャンヌ「澪・・・お前は私が守る・・・!!」



650 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:23:26.43 ID:AYJpFGUV0

ゴォォォォォォッ!!!

ジャンヌ「(避けられそうにもない・・・か)」

ジャンヌ「(さて・・・どうする?)」

ジャンヌ「(澪の為に犠牲に!!)」

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「(そういうのはもうヤメだ)」

ジャンヌ「(澪が泣いてしまうからな)」

ジャンヌ「(二人とも無事に生き残るには・・・)」

ジャンヌ「(生き残るには・・・!!!)」

ゴォォォォォォッ!!!

澪「あ・・・あつ、い・・・!」

ジャンヌ「くっ・・・!!」

ジャンヌ「(どうか・・・この力よ・・・目覚めてくれ!!!)」



652 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:30:11.83 ID:AYJpFGUV0

ゴォォォォォォォッ!!!

フェニックス「きゃおー!!!!!」ニヤリ

フェニックス「(結局二人ともファイアーリバーの餌食か・・・)」

フェニックス「(くくく・・・まさか本来激ワルであるはずのジャンヌが
        身を呈して主人を守ろうとするとは・・・)」

フェニックス「(悪は悪のままでいればいいものを・・・人間ごときに情が移ったか?)」

フェニックス「(どちらにしても俺には関係ない・・・さて、食事の時間とするか・・・)」

フェニックス「・・・!?」

ジャンヌ「どうしたフェニックス?餌の焼き加減を間違えたか?」

澪「ジャンヌ・・・」ギュッ・・・

フェニックス「きゃ、きゃおっ・・・!?」

フェニックス「(な、何故二人とも無傷なんだ・・・!?)」



653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:37:46.27 ID:AYJpFGUV0

ジャンヌ「ふん・・・なんで無傷なんだ!?って顔だな・・・」

フェニックス「!?」

ジャンヌ「二人とも無傷なんかじゃなかったさ・・・途中まではな」

フェニックス「きゃお!?」

フェニックス「(途中まで・・・一体何を言ってるんだコイツは・・・!?)」

フェニックス「(!?・・・ま、まさか・・・奴は・・・!?)」

ジャンヌ「そうだフェニックス。私にあの技の力が目覚めたんだ」

ジャンヌ「・・・リフレッシュがな」

ジャンヌ「炎の威力が弱まるその時まで待ち・・・発動、そして二人とも回復した」

ジャンヌ「正直、澪はかばっていたからともかく・・・私はいつ死ぬかヒヤヒヤしたがな・・・」

澪「も、もうっ!私だって熱かったんだぞ!!死ぬかと思ったんだぞ!!」

ジャンヌ「ふふ・・・すまない」

フェニックス「(リ、リフレッシュだとー!?)」



654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:42:21.80 ID:AYJpFGUV0

フェニックス「(リフレッシュはダメージを回復させる癒しの技・・・)」

フェニックス「(その特性からヨイモンのピクシー種しか覚えられない超必殺技・・・!)」

フェニックス「(なんで激ワルのジャンヌが・・・!!)」

澪「お、おい!フェニックス!!」

澪「じゃ、ジャンヌはとってもイイ子なんだぞ!!バカにするな!!!」

フェニックス「きゃお!?」

ジャンヌ「え・・・い、いきなりどうした・・・?」

澪「唯のモノリスの真似してみた」

ジャンヌ「・・・へ?」

フェニックス「(モンスターの心を読むなぁー!!!!!)」

ジャンヌ「ん~?」



656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:49:31.42 ID:AYJpFGUV0

ジャンヌ「まぁ、よくわからんが・・・」

ジャンヌ「おしゃべりしてる間にガッツが回復した・・・今度はこっちの番!」

フェニックス「きゃお!?」

フェニックス「(くっ・・・こんなヨイモンにこの俺が・・・負ける・・・!?)」

フェニックス「(あっちゃならねぇーだろ!!!そんなことは!!!!!)」

フェニックス「きゃおー!!!!!」ゴォォォォォォォッ!!!

澪「ひっ・・・!」

ジャンヌ「澪・・・下がってろ」

澪「じゃ、ジャンヌ・・・」

ジャンヌ「お前は私が守るから」ニコッ

澪「・・・!!」

澪「う、うんっ!!」パァァッ!!!

ジャンヌ「さぁ、いくぞ!フェニックス!!!」ヒュッ・・・



657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:56:49.44 ID:AYJpFGUV0

フェニックス「(灰にしてやる!!!!!)」

フェニックス「きゃおー!!!!!」ゴォォォォォォォ!!!

澪「ま、また巨大な炎の塊・・・!!」

ジャンヌ「ふん・・・なめられたものだな・・・」

ジャンヌ「私は回避特化だ!!一度受けた技は当たらん!!!」ヒュンヒュン・・・!!

フェニックス「ぎゃお!?」

ジャンヌ「・・・さぁ、私の間合いに入ったぞ。覚悟は良いな」

フェニックス「(ば、バカな・・・!)」

ジャンヌ「ヒールレイドッ!!!」シュッ・・・!

フェニックス「((バカなー!!!!)」

フェニックス「がっ!?・・・ぎゃ・・・おっ・・・」バキッ!!!・・・ドスン

ジャンヌ「ふん・・・Sクラスでも力耐性無い貴様なんか私の敵では無い・・・」



658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:02:05.94 ID:AYJpFGUV0

澪「や、やったー!!」

ジャンヌ「澪・・・」

澪「じゃ、ジャンヌ・・・」

澪「(たくさん迷惑かけちゃった・・・)」

澪「(私はいつもこうだな・・・)」グスッ

澪「ジャンヌ・・・ごめん・・・ね・・・!」ポロポロ

ジャンヌ「・・・!!」

ジャンヌ「(澪・・・)」

ジャンヌ「澪、すまなかった。怖かっただろう」

澪「ごめんっ・・・えっ?」

ジャンヌ「私があの時にすぐに澪をおいかけていれば・・・こんなことには・・・」

ジャンヌ「本当に・・・ごめん」

澪「(じゃ、ジャンヌ・・・)」

澪「(め、迷惑かけたのは私なのに・・・!)」



659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:08:19.13 ID:AYJpFGUV0

澪「・・・!!」ギュッ!

ジャンヌ「うわっ!?な、なんだ・・・いきなり・・・」

澪「・・・・・・」ポロポロ

ジャンヌ「・・・澪」

ジャンヌ「(それほどまでに責任を感じているのか・・・)」

ジャンヌ「・・・・・・」

ジャンヌ「じゃあ・・・お互いに悪かったってことにしておくか」

澪「ぐすっ・・・・・・えっ?」

ジャンヌ「あおいこだ。だから罰を決めよう」

澪「えっ?えっ?」

ジャンヌ「澪は落ち着くまで私を抱き締めること。私は澪が泣きやむまで頭を撫でる」

ジャンヌ「それでいいな?」

澪「じゃ・・・ジャンヌ・・・」

澪「う、うんっ!!!」ギュッ

ジャンヌ「(結局泣きやんでからも一晩中抱きしめられたのは言うまでもない・・・)」




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「もんすたーふぁーむ!」#4
[ 2011/12/04 16:58 ] クロス | モンスターファーム | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6