SS保存場所(けいおん!) TOP  >  カオス >  梓「中野梓、昆虫系女子です!」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「中野梓、昆虫系女子です!」#前編 【カオス】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1283051020/,

梓「中野梓です。昆虫系女子です」#前編
梓「中野梓です。昆虫系女子です」#後編
梓「昆虫系女子のクリスマス」
梓「中野梓、昆虫系女子です!」#前編
梓「中野梓、昆虫系女子です!」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:03:40.34 ID:v0UQeiMW0

唯「これまでのあらすじ。あずにゃんは虫が大好き、昆虫系女子です」

唯「私も虫が大好きです!」ガリッ クチャクチャ


唯「うまいっ!」デデー♪





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:05:04.60 ID:v0UQeiMW0

ふゆのひ!


ザッザッ

「……ふんふんふふーん♪」

「……」


―――


律「あ」

猫「ニャーン」

律「…猫やーい」

律「…」ソローリ

律「動くなよ…」カパッ カチカチ

「姉ちゃーん!」

猫「ニャー」タッ

律「あっ!…ちぇっ」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:08:01.78 ID:v0UQeiMW0

ガサガサ ザッザッ

「あーあーかーみさーまおねーがいーふたりーだーけえの♪」

「機嫌、いいですね。先輩」

ザッザッ


―――


紬「ハァ、ハァ…」

『さらさらの髪、張りのある肌…
 人間らしい、醜い体…ぐすっ、あずにゃん可哀相…!』ボロボロペロペロ

『ぅうっ、助け、ひぐっ』ブルブル

『可哀相、可哀相っ!わわっ私っがっ!早くあるべき姿に…ぶわあぁーーん!!』ベチョベチョ


紬「…ふぅ」シュッ ガサガサ

紬「やっぱりクリスマスの映像が最高ね♪泣きながら犯す唯ちゃんがキモイけど」

ナガレボシナガレールー クルシウレシムネノイターミー♪

紬「(ピッ)はい、琴吹です。……え、遅刻?…えっ?クビ?」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:11:08.32 ID:v0UQeiMW0

ガサガサ

「カーレーちょっぴりライスたっぷり♪」

「あ、そこ。コクワニッコリハンノコションボリ♪のほうが良くないですか?」

「カレーからクワガタへのシフトが突然すぎるだろ…ていうか何それ」

「…さあ?」


―――


憂「ふー、ごちそうさま♪」

唯「…ねえ憂、私のご飯は?」

憂「ごめんね、今日も虫が捕れなかったから…お姉ちゃんはご飯抜きなの」グスン

唯「うう…普通のご飯でもいいのに酷いよお…」ゴソゴソ

唯「あ、コオロギの缶詰残ってた!えへへ」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:15:18.69 ID:v0UQeiMW0

ザッザッ

「なあ、梓」

梓「何ですか?澪先輩」

澪「急に誘っといて何だけど、無理に付き合ったりしてないか?予定とかあったんじゃ…」

梓「ああ、それは…」モワモワ


~~~



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:20:08.19 ID:v0UQeiMW0

純「お願い!今度の土日、うちの猫預かってくれないかな?」

梓「嫌」

純「おばあちゃんが預かってくれるはずだったんだけど、風邪引いちゃって…」

梓「嫌」

純「ホントに!?助かったー…嫌だって言われたらどうしようかと」

梓「聞けよ、バ鏑木」

純「鈴木だってば!鈴木純!何回自己紹介させる気?」

梓「無視するほうが悪い。それに、週末は忙しいから猫の世話なんかしてられないの」

純「うーん、そっか。じゃあ他当たってみるわ。梓は週末何するの?」

梓「一人利き昆虫ゼリー大会だけど?」

純「めっちゃ暇じゃん!!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:26:47.83 ID:v0UQeiMW0

カシャカシャカシャカシャ

梓「あ、澪先輩からメールだ」

純「何今の着信音」

梓「何って、ナキイナゴの声に決まってるでしょ?」

純「わかりにくっ!?」

梓「明日、山登りかあ…大丈夫ですよ、っと」カチカチ

純「ちくしょう」


~~~


梓「…ええ、何も予定がなかったから大丈夫です」

澪「そっか、良かった」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:34:58.30 ID:v0UQeiMW0

ザッザッ

梓「それにしても珍しいですね、澪先輩から私を誘ってくれるなんて。それも山にだなんて」

澪「まあ、な。休みの日はこうやって自分探しをしてるんだけど、たまには誰かと一緒もいいかなって」

梓「(自分探し…?)でも、良かったです。一度澪先輩と山に行きたかったですから」

澪「そうなんだ?…あ、もしかして山で虫を怖がる私が見たかったのか?」

澪「残念でした。冬の山には虫なんていないからな!」フフン

梓「……そう、ですね」ニヤリ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:37:49.66 ID:v0UQeiMW0

ザッザッ

梓「澪先輩、目的地なんかはあるんですか?」キョロキョロ

澪「そうだな…とりあえず高くて見晴らしのいいところに行くつもりだ」

澪「それで、雄大な自然とともに街を見下ろして」

澪「私に比べて、あそこの奴らはなんてちっぽけな存在なんだろう、って考えるんだ」

澪「そうしたら気分が凄く晴れるんだ!いい詩も浮かぶし。梓にもきっとわかるよ」ニコッ

梓「うーん…だといいんですけど(いちいち考え方が暗いな、この人)」

澪「来週はもっといい場所教えてあげるけど、みんなには内緒だぞ?」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:41:19.65 ID:v0UQeiMW0

澪「そろそろ、かな」

梓「あ!待ってください澪先輩」

梓「先輩のストレス解消法を教えてもらったお礼に、私からちょっとしたプレゼントです」スッ

澪「…ただの木、じゃないか」

梓「そう、ただの落ちていた朽木。でもそんなものにも生命の神秘です」

梓「ふっ…!」ミシミシッ バカッ

梓「こうして割ると、ほら!」

モゾモゾモゾモゾ

澪「ひいっ!」ザザザザーッ

梓「だから、さっきの「冬の山に虫はいない」は間違いなんです」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:42:58.35 ID:v0UQeiMW0

梓「他にも今澪先輩が逃げた所の木、丁度頭の位置、ちょっと皮が浮いてますね?」

澪「ううう…え?」

梓「ここにも…先輩、失礼します」ベリベリ

梓「大量のマルカメムシが冬眠していたり!」ビッシリ

澪「ひいいいいいい!!」ペタン

梓「あ、座っちゃいましたね?」

澪「えっ」ビクッ

梓「先輩、足元の大きな葉っぱめくってみてください」

澪「ヤダ!絶対ヤダ!!」ブンブン

梓「言うと思いました。じゃあ私が…はい!わっ、オオヒラタザトウムシがいっぱい♪」

梓「凄いです澪先輩!先輩といると虫運が上昇します!」

澪「」

梓「…澪先輩?」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:46:20.99 ID:v0UQeiMW0

澪「もうヤダー!帰るー!!」ダッ

梓「澪先輩待ってください!そっちは…えっと」

ガサガサドシャーキャアアアアバキバキッガサバキッ

梓「急な斜面?それとも崖って言えばいいのかなあ…」


―――


梓「澪先輩は全身を骨折する重傷でした」

梓「虫嫌いが思わぬ悲劇を生む…これは、教訓です。虫を嫌ってはなりません」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:50:47.50 ID:v0UQeiMW0

しんがっき!


唯「あー、部室は落ち着くねえ」

律「私も春休み中何回も部室に行きたくなったよ」

梓「私もです!」

律「よーし!新学期だからやることは?」

梓「新入部員の勧ゆ」

律「ムギのケーキを食べる!」

梓「あ、それもそうですね。先にお茶にしましょうか?」

律「お約束お約束…あれ?」

梓「早く用意してくださいよムギ先輩」

紬「何か釈然としないけど、わかったわ♪」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:56:59.37 ID:v0UQeiMW0

唯「ダメだよみんな、ちゃんとやらないと!」

梓律「唯(先輩)が真面目なことを!?」

唯「新入部員が入らなかったら、来年あずにゃんが澪ちゃんになっちゃうんだよ?」

澪「えっ、それどういうこと?」

唯「それに実はー、勧誘チラシなんか作ってきちゃってたりして」ウズウズ

律「なんだそれが見せたかったのかよー!」

澪「なあ、さっきのどういう意味なんだ?」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 12:58:41.16 ID:v0UQeiMW0

かんゆう!


唯律紬「軽音部でーす!!」ペラッ

「え?…ひいっ!」タタタタ


唯「おかしいなあ、誰も受け取ってくれないや…」

唯「あずにゃんと澪ちゃんも来ないし、なんでだと思う?りっちゃん」

律「…その前に一つだけ聞いていいか?なんでビラをこれにしようと思ったわけ?」

唯「シンプルに私たちの目標を伝えられると思ったので!あと可愛い!」

律「…まあ、なんだ。梓と虫のキメラ画像はショッキングだから、今度からは別のビラで、な?」

唯「えー?可愛いのにー」ブー

紬「前のときよりずっと良くなってると思う!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:00:58.82 ID:v0UQeiMW0

―――


紬「見学来ないね…」

ガタンッ

梓「唯先輩なんかに任せるからこうなるんです!先生っ!」パン!

さわ子「応っ!!」ズラッ

唯「おおっ!?」

梓「皆さんには私監修のもと、さわ子先生に作っていただいた、この虫スーツで勧誘してもらいます!」

律「…一応聞くけど、なんで虫?」

梓「だって可愛いじゃないですか。私たちの活動もわかってもらえるし」

律(唯と発想が全く同じだ、って言ったら怒るだろうなあ…)

梓「律先輩はカマドウマ、唯先輩はダンゴムシ、ムギ先輩はドウガネブイブイです」

澪「わ、私のは…?」

唯「え?澪ちゃんも行くの?」

澪「えっ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:03:27.84 ID:v0UQeiMW0

梓「ああ違います違います、形状の問題でここにないだけです」

梓「ちなみに先輩のはモンシロチョウ」

澪(ほっ…まともだ)

梓「の、幼虫」

澪「なんで幼虫!?」

梓「の、轢死体です」

澪「」


梓(そして私は…クロゴキブリ!…えへへ)



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:11:29.18 ID:v0UQeiMW0

ゴソゴソ

律「お、見た目より快適だなあ」

紬「なんだか古いB級映画のモンスターになったみたい!」

澪「うう…この格好気持ち悪い…」

梓「わあ、皆さんよくお似合いです!」

律「いっそ普段の部活もこの格好でやっちゃうかー?」

梓「あっいいですね!それ!」

律「いや、冗談なんだけど…」

唯(あずにゃん、やっぱり虫になりたいんだ…いつか私が本物の虫にしてあげるからね…!)

梓「」ゾクッ


かんゆう!


梓「昆虫部でーす!」

律「違うだろっ!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:37:20.19 ID:v0UQeiMW0

―――


紬「やっぱり見学来ないね…」

唯「みんな近寄りもしなかったねー」

梓「虫好きの宿命です。…でも、どうしましょうか?」

律「そうだ!虫捕り網大作戦なんてのはどうだ?虫捕り網でバサーっと」

澪「そんなので捕まる子がいるわけないだろっ!」

ドアガチャ

唯梓律澪紬「いらっしゃいませ!!」

和「おはよう唯。いつ見ても天使ね」

律「って、和かよー…」

和「明日の新歓の……え?元クラスメートの秋山さん…嘘っ」ヘタリ

澪「えっ」

和「あなた…死んだはずじゃ!」

澪「」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:40:27.82 ID:v0UQeiMW0

紬「澪ちゃんって死んでたのね?凄い!」

律「生きてる生きてる。和も、誰に聞いたんだよそんな事」

和「誰かに聞いたってわけじゃないけど、一月からずっと机に菊の花が飾られてたから…」

澪「そんなの先生に聞けばわかるだろ!ていうか今年もクラス一緒だろ!」

和「ごめんなさい、興味がなかったの」

唯「ちなみに、お花を飾ったのは私ですっ!」

和「唯ったら優しいのね。でも、菊はダメよ?みんな勘違いしちゃうから」ニコッ

唯「でへへへ、申し訳ー♪」

梓(絶対わざとだ…)



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:43:45.87 ID:v0UQeiMW0

和「それで話を戻すけど、新歓ライブ、ちゃんと準備できてるんでしょうね?」

唯「…」

律「…」

澪「…」

紬「…」

和(あ、デジャブ)


「「「「えっ」」」」

梓「大丈夫です!」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:46:33.33 ID:v0UQeiMW0

和「あら?」

律「梓、どういうことだ?」

梓「そんなこともあろうかと、私が冬の虫を撮影したドキュメンタリー映画を製作しておきました!」

唯「さすがあずにゃん!私の嫁!!」ダキッ

梓「」ビックゥ

律(クリスマス以来、梓が全く抵抗しなくなっちゃったから唯が抱きつき放題だなあ)

澪「そんな暇があるならみんなと練習してほしかった…」

律「忘れてたくせにっ♪」

澪「うっさい」ベシッ

和「仕方ないわね、それ使いましょうか」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:47:52.61 ID:v0UQeiMW0

―――


律「いやー良かったなあ!どアップの映像が迫力満点だった!」

唯「うんうん!それにあんなところにも虫がいるなんて…冬の山は神秘だよ!」ギュー

梓「…っ」

紬「映像の作りもとっても良かった!それに説明もわかりやすくて、教材みたいだったもの」

澪「私は冬に酷い目にあったからちょっと、今回のは…」

唯「あはは、澪ちゃんずっと顔逸らしてたからねー」サワサワ

梓「っ…!」ガチガチ

律「なー梓…ってダメだこりゃ。唯、ちょっと放してやってくれる?」

唯「私は交尾後キープのオンブバッタさんだからダメでーす」ギュー

律「ダウトっ!メスより大きなオスなど存在しませーん!(どっちもメスだけど)」

唯「それもそうだね、残念」パッ

梓「」

律「梓ー、帰ってこーい」ペチペチ



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:51:19.49 ID:v0UQeiMW0

きょうしつ!


憂「結局部員入らなかったんだ?」

梓「うん…何が悪いんだろ」

純「あの新歓がかなりウェイト占めてると思うんだけど」

憂「えー?すごく面白かったけどなあ?」

純「…まあいいじゃん、私たちは同じクラスになれたんだしさ。あ、鈴木純だからね?梓」

梓「あ、はじめまして」

純「一枚上手かっ!」

憂「私はちょっと残念かな。
  新しいクラスで友達が出来なくて私に泣きつく梓ちゃんも見たかったから」

梓「…憂って、私のこと嫌いだったりする?」

憂「大好き♪」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:53:08.30 ID:v0UQeiMW0

ヒラサワサーン ア、ハイハーイ

純「あんなんだけど、憂ってかなり梓のこと気にかけてるよね」

梓「そうなの?」

純「新しいクラスでも、あんたのこと宣伝して回ってたよ。その辺後々わかると思うけど」

純「ま、新入部員入らなかった分、
  先輩や憂を大事にしなさいってこった。いなくなると寂しいよー?」

梓「うーん、そんなもんなのかなあ」

純「後々わかるよ」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 13:55:35.66 ID:v0UQeiMW0

かえりみち!


梓「ツツジがいっぱい咲いてますね」

律「春ですからねー、唯さんや」

唯「そうですなー。陽射しが暖かくてついつい居眠りしてしまいますなあ」

澪「唯はいつもだろ」

梓「…」ブチッ パク チューチュー

唯「あっ、あずにゃんがお食事してる!主食は蜜なんだねー」

律「懐かしいなそれ。私もやろ!」ブチッ

紬「えっ、何々?面白そう!」

唯「ツツジはね、花を後ろから吸うと甘いんだよ?はい、ムギちゃんもどうぞ!100円だよ!」

紬「はい、100円。…いきます!(チュー)…わあ♪」

澪「やめろよみんな、恥ずかしい…」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:02:58.87 ID:v0UQeiMW0

梓「澪へんはいはやらふぁいんえふくぁ?」モゴモゴ

律「(梓たくさん咥えすぎだろ…)澪だけだぞー?やってないのは」チュー

澪「え…じゃあ、私も…」パクッ

梓「(ペッ)そういえば、ツツジってよく虫が入ってますよね。主にアリ」

律「あるなー。ガッカリするんだよなあ、入ってると」

澪(甘い…)チュー

澪「……!?」ムグッ

梓「アリのほかにもクモとか、あとはハナムグリが入ってたこともあります」ブチブチブチッ

唯「も、もしかして!?」ワクワク

梓「ええ、吸い込んじゃいましたよ(しまった、唯先輩向けの話だったな…)」パクッ

唯「きゅんきゅんだねっ///」ジュン

律「ありえないだろ、どういう咥え方したんだよ…」

梓「こおもおころおはらひえふはら」モゴモゴ

律「前から思ってたんだけど、昔の梓、凄いよな…何も考えてなさそうな辺りが」

梓「こおもえふはら」モゴモゴ



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:07:10.12 ID:v0UQeiMW0

紬「あれ?澪ちゃんがいないわ」

梓「(ペッ)ホントだ…澪先輩がいないと意味がないのに!」

唯「ずっと後ろでうずくまってるよ?」


律「おーい、どうしたんだー澪?調子悪いのか?」

澪「……いーうー…!」ウルウル

律「なーに口あけて…あ」

梓「定番のアリ、ですね。舌咬まれてる」

紬「痛そう…」

律「取れよそれぐらい。ほら、ペッしなさい、ペッって!」

澪「うーうー!」フルフル

唯「……」ソワソワ



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:10:47.16 ID:v0UQeiMW0

梓「しょうがないですねー。私が…唯先輩?どうしm」

唯「っ!!」ガバッ

澪「うぐっ」ドサッ


ブッチューーーーーーー


梓律「」

紬「ヒュー♪」

唯「ふーっ!ふーっ!」モゴモゴ ピチャピチャ

澪「んー!んむーー!」ジタバタ

唯「…ぷあっ」ネトッ

梓律「」

唯「へへ、奪っちゃった…澪ちゃんの、アリさん」ペロッ

紬(やだ、なんだか唯ちゃんカッコイイ///)



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:14:29.53 ID:v0UQeiMW0

澪「律ぅ、私汚されちゃった…」グスン

律「えっ私?」

唯「ぇあっ、痛気持ちいいよおおっ」クチュクチュ

梓「やめてくださいこんな所で!!」

澪「初めて律とした時から、この体は律だけのものだったのに…」ポロポロ

律「し、知らない私はやってない!私はストレートだー!!」

紬「ふふっ、りっちゃんの嘘つき♪」

律「だからなんで知ってるんだよおお!!」


唯「アリさんはこの後スタッフがおいしくいただきました!」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:20:05.19 ID:v0UQeiMW0

―――


「家にガが湧いちゃって…」

梓「米びつは見てみた?そこじゃなかったら…もしかして、鳥とか飼ってないかな、そこを―」

「ムカデが出てくるんだけど、叩きたくないし…」

梓「それなら熱湯がいいよ。ムカデに限らず、害虫は全部それで死ぬから」

「ありがとー!でも、ホント虫って迷惑だよねー。どこにでも湧くし」

梓「自分でそんな環境作っておいて何言ってるの?虫からしたらあなたの方が迷惑だよ」

「え、あの、ゴメン…」ソソクサ

梓「愚かな人間どもめ…」ボソッ


純「おーおー、昆虫女子頑張ってるねー。誰も寄せ付けない」

梓「虫を無条件で嫌うような人とは仲良くなれないよ」

憂「私の宣伝、効いてきてるね?」

梓「おかげで私は害虫駆除業者みたいな扱いになってるけどね」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:24:02.84 ID:v0UQeiMW0

純「ところで梓、猫預かってくれない?また用事と風邪で」

梓「だから猫は嫌だってば…純って他に友達いないの?」

憂「!…梓ちゃんっ!!」

純「あんたに言われたくない。
  …憂もまるで禁句みたいに。つーか、なんでそんなに猫嫌がるわけ?」

梓「別に何でもいいでしょ。嫌いなものは嫌いなんだから」

純「梓も無条件に猫嫌ってるじゃん」

梓「猫はいいの」

純「暴論だっ!?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:29:19.79 ID:v0UQeiMW0


かえりみち!


猫「にゃーん」

律「お、猫じゃん。チチチチチ…」チョイチョイ

澪「…カワイイな」ダキッ

律「澪ずっこいぞー!」

梓「……」ソワソワ

澪「ん?どうした梓、抱きたいのか?ほら」

梓「わあっ!」ビクッ

澪「あれ、もしかして梓は猫が怖いのか?」

梓「ちょ、ちょっとびっくりしただけで別にそんなわけじゃ…」

澪(……)ニタァ



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:32:29.60 ID:v0UQeiMW0

澪「ほらほら梓、猫だぞー♪」フーリフーリ

猫「なー」

梓「や、やだあ!!」ヘタリ

律「おい澪、やめてやれよ…(私も猫と遊びたいなあ)」

澪「うわあ、猫が梓の背中に乗っちゃったー!」ノセッ

梓「やだぁ…」

澪「たーいへーんだー♪」グイグイ

猫「ぐろろろ」

梓「……ぅうー……」ジワッ

澪「!!」

律「あ、泣ーかしたー!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:36:35.95 ID:v0UQeiMW0

梓「ぅぅぅー…、グスッ、グスッ、ふぅぅぅうぅー…」ポロポロ

澪「えっと、えっと」オロオロ

律「せんせー!秋山さんが梓ちゃんを泣かしましたー!」

澪「わわわ私悪くないし!あ、梓が猫怖いくせに嘘つくから!私だってやられたし!!」

律「やられたら嫌なことはするなって先生がいってましたー」

澪「と、とにかく知らないから!私帰るから!」タタタタ

律「あ、逃げた。…ったく、しょーがねーなあ」ヒョイ

猫「あー」

梓「グスッ、うっく、うぅぅぅぅ…」ブルブル

律「ほら、猫どけたから泣きやみな、梓」

梓「グスッ、……うっんっ、ヒック」グシグシ


律(しっかしこの猫、なすがままだなあ)

猫「あーぉ」

律「……」ウズウズ サワッ

モフモフモフモフモフモフモフモフ



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:41:11.89 ID:v0UQeiMW0

―――


律「ミーちゃんどこから来たのかにゃあ?教えてほしいにゃあ♪」ナデナデ

猫「ごろごろ」

梓「…」ジー

律「お友達にゃ(チラ)あ……」サーッ

梓「どうぞ、お構いなく」

律「あ、梓ーーっ!!落ち着いたかあーー!?」

梓「(うるさっ)ハイ。ご迷惑をおかけしました」

梓「それにしても律先輩が猫好きだなんて…女の子みたいですね」クスッ

律「あたし女の子ですけどっ!?梓だって、猫が苦手なんて珍しいな」

梓「動物は、嫌いです。特に、私を裏切って、私を傷つけた猫は…」

梓「…じゃあ私はこれで。ありがとうございました」ペコリ タタタタ


律「梓、猫に辛い思い出があるのかな。…あ、猫ともう少し遊んでいこ」

律「って、いないし。まだパシャってなかったのになー…」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:47:05.77 ID:v0UQeiMW0

つぎのひ!


ドアガチャバタン

梓「お疲れ様です…あ、澪先輩」

澪「梓…」

梓澪「……」

澪「…その、昨日はゴメン。やりすぎた」

梓「別に怒ってないです」プクー

澪「露骨に怒ってますアピールしてるだろ」

梓「怒ってないです、威嚇です」プクー

澪「何それ可愛い…じゃなくて、仲直りしたいんだ。どうしたら機嫌直してくれる?」

梓「ぷふぅ。ホントに怒ってないですってば。私だってやってますから、おあいこです」

梓「でも澪先輩がそう言うなら、私の仲直りプレゼント、受け取ってもらえますか?」ゴソゴソ

澪「あ、ああ!もちろん!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:52:34.07 ID:v0UQeiMW0

梓「ありがとうございます。…これです!」コトッ

澪「ひっ、虫かご…」

梓「それ!その反応です!澪先輩、いくらなんでも虫を怖がりすぎます!」

梓「そのせいで私が楽しくなったり、先輩がハチに刺されたり、崖から落ちたりするんです!」

澪「なっ、あれは梓が私を!」

梓「そこで今回は虫を知ってもらいます。今までのやり方は澪先輩には刺激的過ぎました」

澪「無視か!!」

梓「はい、虫です。見てください澪先輩、おとなしい子ですから」

澪「…うん。…なんだ?白黒の…」

梓「アゲハの幼虫です。澪先輩にはこれを育ててもらおうと思いまして」

澪「えっ、ヤダ!虫なんか育てられない!」

梓(受け取るって言ったのに…)



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:56:15.40 ID:v0UQeiMW0

梓「…澪先輩。今やこの部活は虫と共にあります。想像してみてください…」

梓「お茶の時間、他の先輩方は虫の話題で盛り上がります」

梓「会話に参加できない澪先輩は早くお菓子を食べ終わって、残りの時間は何をしましょう?寝たふり?」

梓「軽音部にい辛くなった先輩は、皆が虫捕りの準備をする中、理由をつけて早く帰るようになります」

梓「でも誰もついて来ない、気づかない…だって、もう澪先輩なんていてもいなくても…」


澪「わかった!わかったからもうやめて!」

梓「わかればいいんです。クワガタ触れる先輩なら楽勝です!気楽に行きましょう!」

澪「そ、そうかな?」

梓「エサや水、基本的なことは今から教えます。わからなかったら私に聞いてくださいね」

梓「観察日記をつけるのもいいですね。経過もわかりますし」

澪「うう…でもここまでしなくても…別に私が死ぬわけじゃないし…」

梓「(この人は…)じゃあ、澪先輩がちゃんとお世話出来たら、
  先輩のために私が一つだけ言うこと聞きますよ。どうぞ無茶を言ってください」

澪「…そこまで言うなら」

梓「決まりですね♪」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 14:58:53.64 ID:v0UQeiMW0

―――


梓「先日、そんなことがありまして」

唯「…ねえ澪ちゃん、今から体育館裏に遊びにいこ?」ガタッ

澪「えっ」

梓「唯先輩!もう仲直りしましたから!」

唯「そっかあ。それはまた別の機会として澪ちゃん、今度幼虫さんみせてね?」ワクワク

澪「お前には絶対に見せない!」

唯「ちょっとかじるだけだってばあ///」

律「いやいや完全にアウトだから、それ」

紬「でも、部室で育ててもよかったんじゃないの?…唯ちゃんはいるけど」

梓「澪先輩へのプレゼントですから。それに」グルーリ

梓「…小さな虫かごを置くスペースすら惜しくなってきましたからね」

律「言われてみれば…掃除するしかないかー…?」

梓「みんなでやればあっという間です!ちゃっちゃとやってしまいましょう!」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:00:56.62 ID:v0UQeiMW0



ちゃっちゃ!


律「ふいーっ、だいぶ片付いたなあ」

唯「りっちゃーん、なんだか凄そうなの見つけたよー」ヨッコラセ

律「こ、これは…!なーんだ、ギターか」

紬「カビくさっ」

澪「OBの物かな?」

梓「かさばって邪魔だし、売っ払いましょうよ。ついでに他の楽器も全部」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:04:06.65 ID:v0UQeiMW0

アリガトウゴザイマシター


澪「いいのかな…?こんな額、みんなで貰っても」

紬「小銭でしょ?」

梓「まさか諭吉さんが100人近く貰えるなんて思いませんでしたね♪」

紬「だから小銭でしょ?」

律「梓、ずいぶん嬉しそうだなあ」

梓「だって、これだけあったら部室に温室と冷房設置できますよ!」

律「一人で全部使う気かこいつめー!私にも使わせろー!」ワシャワシャ

梓「こ、この金は誰にも渡しません!」バタバタ

唯「あ、私もあずにゃんと絡み合うー!」

アズニャーンコウビー イヤアアアアア ヤメロユイー ガシャーン ウフフ


澪「せめて部のために使えよ…あれ、私たちって何部だっけ」



58 名前:>>53-54の間。コピペミス:2010/08/29(日) 15:53:45.55 ID:v0UQeiMW0

つぎのひ!


ドアガチャ

さわ子「お茶ちょうだーい!って、何か広くなったわね……あっ!楽器が無い!?」

梓「掃除しましたから。楽器は全部売っちゃいましたよ、邪魔だったので」

さわ子「」

紬「はい、お茶です先生。ケーキもありますよ♪」

さわ子「…買い戻して来いやああああああ!!!!」


梓「結局、残ったのは誰のかわからないギターの代金から楽器買い戻した分の差額だけ」

梓「…少ない」

律「短い夢だった…」フッ



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:18:13.62 ID:v0UQeiMW0

―――


ドアガチャ

梓「お疲れ様です」ドアバタン

シーン

梓(先輩たちは京都に修学旅行かあ…いいなあ)

梓(まだクワガタたちも動き出さないし、特にすることもないなあ)ギッ

梓「……」ボーッ

ギィギィ ギィギィ ピッ

梓「もしもし」

唯『あ、あずにゃーん?寂しがってるあずにゃんのために今からハラビロオナ』ピッ


梓「……全然針が進まない。今まではこんなとき、何してたっけ?」

梓(…帰ろう。澪先輩に預かった幼虫も見なきゃだし)ガタッ

ドアガチャ

純「お、やっぱりここかー。梓、今から憂の家に行かない?今日休んでたし、お見舞いにさ」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:56:02.72 ID:v0UQeiMW0

ひらさわけ!


ピンポーン ピポピポピポピポピポピーーーーーン ポーンピンポーン

純「出ない…寝てるのかな?」

梓「…勝手に入ろうか」

純「通報されても知らないよ?」

ドアガチャ

純「おじゃましまーす…」ソローリ

梓「鍵もかけずに出かけるなんて、無用心だね」

純「いやいや、こういうパターンは家主が死んでたりするんだよね」

梓「……あそこに倒れてる憂みたいに…?」タラリ

純「なーんて、…えっ」

憂「」シーン

純「ギャアアアアアアアア憂いいいいいい!!!!」

憂「…何」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 15:59:26.56 ID:v0UQeiMW0

純「もー脅かさないでよー!」

梓「さすがに私もあせったよ…ていうかあれだけ鳴らしたんだから出てよ」

憂「ごめん」

純「今日休んでたけど、調子悪いの?」

憂「ううん」

梓「ところでずっとうつ伏せで動かないけど、何かの擬態?」

憂「違う」

純「…テンション低いね」

憂「うん。お姉ちゃん、いない。私、退屈」

純(なぜカタコト)

憂「息めんどい」

梓「いつもの憂じゃない…」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:00:19.66 ID:v0UQeiMW0

―――


純「じゃあ私たち着替えとか取ってくるから!」

憂「また後でね!」

梓「なんだかんだでお泊りすることになってしまった」

純「実は私友達の家に泊まるのって初めてなんだよねー♪すっごい楽しみ」

純「それにしてもホント憂ってお姉ちゃん大好きっ子だよねー。お弁当まで作ってるんでしょ?」

梓(お弁当…ね)パカッ カチカチ

純「梓、何してんの?」

梓「ちょっと用心しておこうと思って」

純「ふーん…?」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:02:49.81 ID:v0UQeiMW0

またひらさわけ!


梓純「こんばんはー」

憂「いらっしゃーい♪ご飯はちょっとだけ待ってね?」

純「いいよ、こっちだって急に押しかけちゃったんだし」

憂「それもそうなんだけど、梓ちゃんからリクエストのメールが来てね?ほら」パカッ

~~~

From:義姉ちゃん
Sub:今日の夕食
本文:
用意してくれるのは嬉しいけど、
部外者もいるんだから虫は出さないでね?

~~~

純「部外者って何ですか…」シュン

憂「だから、材料なくてちょっと変な感じになっちゃうかもだけど、ゴメンネ?」

梓「ちょっと待って、ナチュラルにおかしいよね、その登録名」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:05:17.56 ID:v0UQeiMW0

憂「もうそろそろ炊ける、かな?」

純「スタンバイオッケーっす!」チンチン

憂「おかずはマシュマロ豆乳鍋とチョコカレー鍋、どっちがいい?」

純「食卓につくなり究極の二択!?」

梓「えっと、憂…どっちかじゃないとダメなの?」

憂「やだ、二人とも本気にしちゃって!冗談だってばー♪」

梓(ほっ)

純「う、憂ったら冗談きついなー?アハハ…」

憂「ちゃんと両方ともあるから♪」ゴトン

梓純「」

憂「では、いただきます!」パン!



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:34:09.20 ID:v0UQeiMW0

梓「……」モグモグ

純「…ウップ、ごめん、私ちょっとおなかいっぱいになってきたかも…憂?」

憂「残しちゃダメ、残しちゃダメ、残しちゃダメ、残しちゃ…」カタカタカタカタ

純(憂…体張ってるね)ホロリ


梓「意外といけるねこれ。二人とももう食べない?残り食べちゃうよ」カチャカチャ

憂「……!」アゼン

純「なん…だと…。梓、あんた普段何食べてんのよ…」

梓「んー。今週は親がいなかったから、ずっとご飯と昆虫ゼリーだったかな」モグモグ

憂「あ、梓ちゃん…!」ブワッ

純「虫にでもなる気かっ。そんなんだから梓はちびっこいんだよ…」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:36:57.97 ID:v0UQeiMW0

憂「お風呂も入ったことだし、何しようか?」

梓「寝るには早いもんね。実はビデオ持ってきたんだけど…」

純「あ、見たい見たーい!!どんな奴?」

梓「色々。虫王、むしむしQ、クワガタ取り企画詰め合わせ、などなど。もちろんNHKも……交尾も」

純「ですよね」

憂「梓ちゃんって虫王はOKなんだ?」

梓「色々問題はあるとは思うんだけど…カッコイイから、ね」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:40:41.61 ID:v0UQeiMW0

純「なんか一気に退屈になったー!」グデー

梓「仕方ないなあ。じゃあ他の…」

ギィギィ ギィギィ

梓「げっ…唯先輩だ」

憂(あ、今の着信音って…)

憂「ゴマダラカミキリ?」

梓「正解。さすが憂は純と違ってわかってるね」

憂(…そっか♪)

梓「えっと…本文なしの動画ファイルだけ?って、いっぱい来るし」ギィギィ ギィギィ

純「あ、気になる。見せてー!」

憂「私も!」

梓「別にいいけど…」ピピッ



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:45:12.74 ID:v0UQeiMW0

唯『――てすてす。いけてるかな?えーと、平沢唯、桜ヶ丘高校の三年生です!』


憂「わあ、お姉ちゃんだ♪」バシッ

梓「なんか始まった。ていうか憂、携帯返して」

純「自己紹介から始まるとか、なんだか…」

憂「怪しいビデオみたいだね!」


唯『あずにゃんへ。なんでか電話が繋がらなくなったので代わりに動画で送ります』

唯『見ててね…』プチプチ シュル パサッ


純「ちょちょちょっ、なんかヤバくない?」


唯『今から、さっき捕まえたヨコヅナサシガメ』バシッ ピッ


憂「あっ」

梓「危うくセルフ拷問見せられる所だった…削除っと」カチカチ



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:46:40.68 ID:v0UQeiMW0


純「でもさあ真面目な話、よく軽音部続けてられるね?私だったらさっきので即逃げ出してる」

憂「純ちゃんひどーい!」

梓「まあ私も唯先輩のことはどちらかと言わなくても嫌いだし、よく逃げ出したくなるよ」

梓「でも、頭おかしくした責任があるしね…仕方ないかなって」

純「妹の前でよくもまあそこまで言えるもんだ」

憂「梓ちゃんったら、素直じゃないなあ。お姉ちゃんのこと大好きなくせに♪」

梓「ありえないから」

憂「でも結婚の約束もしたんだよね、義姉ちゃん?」

純「えっ、二人ってそういう関係なの!?詳しく教えて!」ドキドキ

梓「憂、怒るよ?純も。……もう!二人とも早く寝よう?こんな話してても面白くないよ!」ガバッ

純「あ、逃げた」

憂「ふふっ、今日はもうお終いにしよっか?電気消すね」パチン



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:51:20.54 ID:v0UQeiMW0

~~~


唯「あずにゃーん、あずにゃーん」

梓「その声は…唯先輩?どうしてこんなところに…」

唯「あずにゃん見て!私、あずにゃんが好きすぎて虫になっちゃった!」ワシャワシャ

梓「先輩…素敵…」キュン

唯「あずにゃんだって、ほら!」ワシャ

梓「わあ、私の手が毛深い前足に!それだけじゃない、足が増えてる!」

梓「六本の足があるってこんな気持ちだったんだっ」カサカサ カサカサ

唯「たくさん昆虫ゼリーを食べたかいがあったね!」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:54:10.37 ID:v0UQeiMW0

唯「ねえ、あずにゃん………しよ?」ニュー

梓「そ、そんな…唯先輩に生殖器が…!」

唯「そう、私と本当の昆虫セックスをするの。やっと一つになれるね、梓」

梓「嬉しい…」グスッ


唯「絶対に放さないよ」ガシッ

梓「ああっ、先輩の力強い顎が私を押さえつけてる…」カサカサ ギチギチ

唯「ほら…私のお腹、背中と違って柔らかいでしょ」グニッグニッ

梓「はい…唯先輩のお腹が脈打ってるのがわかります…」ドキドキ

唯「じゃあ、行くからね。しっかり受け止めてね?」ニュウ プルプルプルプル

梓「ゃああっ!!先輩の生殖器凄く鋭いよおぉ!」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 16:59:34.71 ID:v0UQeiMW0

―数日後


梓「はあ、はあ、はあ…唯先輩、私、いっぱい卵産みますね…唯先輩?」

唯「」チーン

梓「死んでる…体力を使い果たしたんだ。一人でも頑張らなきゃ!」




梓「んんっ…ふぅ、んあっ…」ムニュウ ムニュウ

梓「ふう。私と唯先輩の子供…絶対に守らなきゃ」

梓「そうだ!ずっと抱えておけば安心だよね!」ペタペタ

梓「可愛い子供たち。元気に生まれてきてね♪」カサカサ



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/29(日) 17:03:43.34 ID:v0UQeiMW0

―――


梓「お腹が…熱いっ!まさか!?」

カサカサ カサカサ カサカサ
 カサカサ カサカサ カサカサ

梓「う、生まれたあ…」ジワッ

梓「ここから、私の最期の仕事」

梓「はじめまして、子供たち。私はあなたたちの……」

梓「…ご飯だよ」

カサカサ カサカサカサ バリバリカサカサ
バリバリカサカサ カサカサ カサカサバリバリカサカサカサカサ

梓「ふふ…見てますか、唯先輩。
  みんな…あなたに、似て…食い、しん…坊…で…」

梓「」ガクッ


~Fin~
        製作:N○K




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「中野梓、昆虫系女子です!」#前編
[ 2011/12/13 20:19 ] カオス | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6