お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






狂言『軽音』 【学問・古典・文学・哲学】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1282578484/

謡曲『軽音』
狂言『軽音』
好色草子『軽音』
歌舞伎『軽音』




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:01:22.12 ID:oUuhAeyu0

古典の専門家から見れば色々と稚拙な文だろうが、とにかく狂言っぽくしてみたかった。





壱・『琵琶売』



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:02:21.77 ID:oUuhAeyu0

律「これは軽音神楽衆が筆頭にて田井中律と申す者でござる。
  本日は日柄もようござるによりて、我らが楽屋の塵払いをば致しており申す。
  ソレ神楽衆一味、あれをばこちらに、これをばあちらに」

紬「洒乱羅、洒乱羅。サテ茶事が器の類、いずくにか置くべき」

唯「コレコレ律殿律殿」

律「ヤア何事ぢや」

唯「見よ。芥もくたの山くづせし跡より長持あらわれたり」

律「なんと長持。ようやつた唯、これぞ軽音神楽衆が重代の底宝にたがひあるまじ」

唯「なれば早う開けばや」

律「オウ開けよ開けよ。サテ中よりいでるは黄金(くがね)か珠か、はたまた瑠璃珊瑚」

(長持開ける)

唯「ムム、こは何と」

律「南蛮琵琶の古びたるがひとつのみとは。アアあぢきなきことかな」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:03:21.16 ID:oUuhAeyu0

(さわ子、舞台入り)

さわ子「ヤイヤイ神楽衆、をるかやい」

神楽衆「ハアー御前に」

さわ子「ハテ目慣れぬ長持あり。中のもの、こち持て来」

唯「かしこまつてござる(琵琶差渡す)」

さわ子「サテ黴が香に昔の偲ばれることよ。
    聞け、我かつて『死障魔』一味にありて重鉄(おもがね)狂ひし時分、
    これなるを獲物におらび猛りき。アアなつかしや。」

唯「ヘエ、されば御持ち帰りあれ。我らもおのおの、もちもの片付けてござる」

さわ子「マァ待て。一念、楽屋清めにつとむとは、まこと殊勝。
    意気に報ひ、こは汝らに取らせるぞ。
    店(たな)に売りて餅代ともせよ(琵琶かへし、退場)」

唯「オオ冥加々々。心得てござる」

(神楽衆、琵琶いだき舞台前方へ)
(そこに店者あらはる)



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:04:25.86 ID:oUuhAeyu0

律「値のほど、あらためてくださいませ」

店者「(琵琶受け取り)あらためますゆえ、しばし待たれよ」

(琵琶さする)

店者「きはまりました。売り放つなら、五十万円にて承りたく」

紬「されば五十万円、しかと頂戴つかまつる」

律「待て待て、な無為に取らそ。
  ハテこれなる古木屑に、かくも奇特の沽券あるは何ゆえか、由縁お聞かせ願いたく候」

店者「されば語らん、値のうちを。
   こは遥か天竺沙羅双樹、遠珍(とおめづら)の木より削り出したるものにて。
   張りたる弦を抑えるは、しろがね留具の艶光。
   かくて仕上がりし玉の琵琶、瑕疵(かし)も少なければ見所すぐれたり」

律「ハア、せんずるところは」

店者「三国一の、値打ちもの(札と証文わたし、退場)」

律「されば五十万円、しかと頂戴つかまつる(札と証文、懐に入れる)」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:05:01.58 ID:oUuhAeyu0

(神楽衆、舞台奥へ)

律「しめたしめた。我ら五人連れなれば、勘定ひとり十万円ぢや」

唯「さほどの厚き束もて頬打たば、如何にをかしき心地やせん」

(さわ子、ふたたび舞台入り)

さわ子「ヤイヤイ神楽衆、神楽衆よ戻りたるか」

律「(うろたへて)オオさわ子殿。をられましたか」

さわ子「ハテいかなことぞ。戻りたるも声はせで、何故そのやうに隠れゐたるか」

律「イヤイヤ、ちと用のことありますれば」

さわ子「マア待て。値いかほどにありしか、まず聞かせよ」

律「ハテ、値とは」

さわ子「言ふもおろか。一定、あずけし琵琶が値なり」

律「ハハア琵琶が値。イヤよろしうござつた」

さわ子「よろしうとは、数えて如何に」

律「しめしましては、アアしめしましては一万円」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:05:56.67 ID:oUuhAeyu0

(神楽衆、おどろき惑ひたる気色)

神楽衆「律や律、ようもあだごと申したり」

さわ子「イヤなう、黴も生ひたれば安かるも是非なし」

律「エエ是非なきこと、是非なきこと」

さわ子「合点。ならば証文を見せよ」

律「ハテ証文とは」

さわ子「値のうち記せし文なり。よもや受け忘れたるとかや」

律「ア、イヤ、これに(懐より証文いだす)」

さわ子「しかに証文と見ゆ。いざ、こちへ進ぜよ」

律「ムム」

さわ子「サアサア如何した」

律「エエ御堪忍(口の中に証文入れる)」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:06:30.49 ID:oUuhAeyu0

神楽衆「オオ律や律、ようも食ひたり」

さわ子「こはなんと。ヤイ出せ出せ」

律「出しませぬ」

神楽衆「ヤレ食へ、ソレ食へ。ヤンヤ、ヤンヤ」

さわ子「出せや出せ」

律「出しませぬ」

神楽衆「ヤレ食へ、ソレ食へ。ヤンヤ、ヤンヤ」

さわ子「おのれ(律を組み伏せ)、出さぬなら地獄は一定すみぞかし」

律「オオ魔王めきたる御換気、あなおそろしや(証文吐き、平伏)」

(神楽衆、律に並びて平伏)

さわ子「(証文見て)ヤアラ律、にくき奴め。真実五十万円なるぞ」

律「ハア平に、平に」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:07:04.07 ID:oUuhAeyu0

さわ子「まこと第一に申さば、一切あまさず与えたものを。
    一万円と申したるがゆえ、つぶと一万円のみ取らす。心得よ」

律「ハハア心得ました」

唯「イヤお待ちあれ」

さわ子「さらさら、何をか言はむ」

唯「そ札束、蔵する前にひとつ御聞き入れあれかし」

さわ子「申せ」

唯「願わくば、我が頬をば打つてくだされ」

さわ子「いぶせき願いなるも、汝なれば聞き届けようぞ」

(さわ子、札束で唯打つ)

唯「オホーウ、ホーン(法悦境に至る気色)。六根清浄、六根清浄」

律「さても果報なる者よ」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:08:26.52 ID:oUuhAeyu0

とりあえず、ひとつできた。




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:08:52.53 ID:KndVYFn4P

いとおかし





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:12:19.27 ID:oUuhAeyu0

>11
そぞろ神のものにつきて





弐・『眉沢庵』



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:13:12.63 ID:oUuhAeyu0

唯「御台に乗りたる固粥は、御供を選ばずぬくぬくと。
  ひとつ、ふたつ、みつよつ、飯(いひ)の椀」

紬「唯殿は本日も気褄(けづま)うるはしくござる」

唯「なうなうむぎ殿」

紬「サテ何でしやう」

唯「むぎ殿が眉、太きこと出雲が社の御しめ縄にも似たり。こは如何したことぞ」

紬「さればその事にござる。げに申さば、我が眉は沢庵大根にてこしらへて候」

唯「ナニ沢庵」

紬「サア一切れ、つかまつれ」

唯「ムム、見事なる黄金色に食指動じまする。イザはばからず、箸をば付けん」

(紬が眉、箸にて取り外し食ふ)

唯「アラうまや、アラうまや」

(唯、小躍り)



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:14:24.92 ID:oUuhAeyu0

(律、舞台入り)

律「ヤア唯ばかりが福しめるとは、ねたしうござる。
  我にも一枚、振舞あるべし」

(律、残りたる眉を箸にて取り外し食ふ)

律「アラうまや、アラうまや」

(律、小躍り)

紬「されば聞きたまへ。我、ずいと両眉失はば、姿かたちおぼつかなくなりぬ。
  今はただ解瑠がごと様にて、とろけ果つるのみ」

(紬、とろけるがごと倒れる)

唯「ヤヤむぎ殿が一大事」

律「早う代わる沢庵をば持て」

唯「イヤイヤ、いかでこの場に沢庵などあるべき」

律「エエ所詮なし。沢庵に似るもの、如何様にてもつかまつれ」

唯「サアサアこれにては如何」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:15:54.46 ID:oUuhAeyu0

(唯、分度器もち出し紬が額に張る)

紬「(からだ起こし)事なきを得たり」

唯「アア安堵せり。さてもむぎ殿、お尋ねしたき旨、別にもあり」

紬「サテ何でしやう」

唯「沢庵あるひは分度器こしらへの眉ならば、上がり下がりは如何にするものか。
  げにげに、ゆかしくおぼゆ」

紬「オオ、あれ見てくりやれ」

(紬、唯のうしろ指す。唯と律、つられ見る)

唯「何事ぞ」

(紬、唯律のまなこ逸れたる間に顔隠し、ひそやかに眉下げる)



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:16:29.98 ID:oUuhAeyu0

唯「ヤア不可思議なり」

律「動くべからざる眉の、いつしか動きたるぞよ」

紬「洒乱羅、洒乱羅。秘するが花よ(逃げつつ退場)」

唯・律「待て待て、つまびらかに教えおくべし(追いつつ退場)」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:51:14.80 ID:oUuhAeyu0

参・『隠れ信心』



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:51:57.36 ID:oUuhAeyu0

和「これは桜高評定会議が頭目にて、真鍋和と申す者でござる。
  神楽衆が愛努瑠として聞こえし秋山澪、何やら子細らしき面持ちにて参上せしゆえ、
  イザ容体うかがはんと存ずる。
  サテ澪、ゆるり入りしやれ」

澪「聞けや和。近ごろ我がまはりに、あやしき人の目しげくのぞきたる気配あり」

和「我が桜高に不埒の巣盗禍あるともおぼえず。サテ如何なることにや」

澪「オウオウ(袖で目元おさへる)」

和「何故に泣くぞ」

澪「神楽衆に談義せんと欲しても、皆ただひとへに戯(あざ)れるのみ。
  まめまめしくいらへるは、ひとり汝のみなれば、まことありがたく感ずるぞ」

和「アレびんなきかな」

(恵、舞台入り)

恵「こは稀有なる客の来られたるかな」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:52:59.71 ID:oUuhAeyu0

澪「ハテ和、かの人は如何なる御方にや」

和「我が先なる評定頭、曽我部恵殿に他ならず」

恵「ホホ、軽音神楽衆なれば、我を知らぬも詮無きことか」

澪「アイ許させられい」

恵「さらりと。サテ、澪殿が本日の御用は如何に」

和「ハハア、巣盗禍しのびて澪に付きまとふかとの疑ひ、これあり」

恵「ナニ巣盗禍とはゆゆしきことぞ。
  和殿、すぐさま検非違使所に渡り、これ漏らさず伝ふべし」

和「心得てござる」

澪「かくもねんごろの御心遣ひ、もつたいのうござる」

恵「礼に及ばず。桜高がおとめうち詫びなば、すなわち助くが所職なれば」

澪「オオ如来が慈悲にも比すべき取成。どこぞの神楽衆筆頭にも倣わせばや」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:54:23.41 ID:oUuhAeyu0

和「サア茶をひとつ(茶すすめる)」

恵「神楽衆の日ごろ振舞ひつるほどの豪奢には及ばねど、今はひとつ」

澪「(茶飲み)ヤアヤアなんの、甘露にござる」

和「して澪追ひまはすは、いずこの訳知らずやら」

恵「サテ、あるひは澪宗門が一徒やも」

澪「アア恐気のこと。忘ればや」

恵「世人の思ひ入れ、わけて深き御身なれば是非もなし」

澪「ヤレ奇得の評定頭殿なるかな、神楽衆が実(むざね)も真具(まつぶさ)に知られたるか」

和「しかに、細やかにすぎまする。
  茶事こそ神楽衆が名物なることまで御存知とは、奇(あや)なるべし」

恵「イヤ、なべて和殿のかつて聞かせ示したることとおぼゆ」

和「イヤイヤ、申せし覚えはトントございませぬ」

恵「ハテ然様ぢやつたか。
  されど神楽衆が高名、日の本六十六国にとどろきわたるものなれば、おのづ耳に入るも道理なるべし」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:56:04.10 ID:oUuhAeyu0

澪「ムム、ムム(疑わしき気色)」

恵「聞くべきは聞きつ。今はこれまで(去りつつ、紙おとす)」

和「待たれよ。なにやら散り落とされたるぞ(紙拾ふ)。
  ヤヤ、こはなんと。澪宗門徒が証に他ならず」

恵「エエイかへせ、かへせ。ここ渡る半(なから)に拾ひ取りたるのみぞ」

和「イヤイヤ、ホレここに、曽我部恵と御名前しるされております」

恵「アア、さしつたり」

澪「さても危急存亡、評定頭殿まさに瀬戸際。
  こは一番、正無事(まさなごと)などものし、治定はかるべき」

(澪、恵と和の間に割り入る)

澪「サテサテ皆様方、これより慮外なるをば申し上げます。
  よも評定頭殿こそ巣盗禍の本体ならめとは、如何に」

(恵、泣きくづれる)



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:56:50.65 ID:oUuhAeyu0

恵「ハアー許させられい、許させられい」

澪「オオ、そらごとより真の出たるぞ」

恵「オイオイ。
  次の春来たれば、桜高より去るべき定めの我が身なり。
  菩薩の化生としたひ念ずる澪殿との別れも近づき、いたみわぶに耐へがたし。
  さればこそ、かくの愚か事におよびたるぞ」

澪「アア評定頭殿、なんとも思ひの他なるかな。
  こに報ひ候わねば、我とても七生晴れぬ悔ひをば残しまする。
  されば後、かならづ稽古場まで御越し願いたく候」

(澪去る)

恵「アアなさけなや。常に思ひかけし澪殿の、御腹立ちをこうむりたるぞ。
  けだし神楽衆が兵(つはもの)ども集め、我を討たんとの御意趣か」

和「よもや。澪が本意は知らねど、今はただ稽古場へ急ぐのみ」

(恵、澪、舞台脇へ)
(澪、南蛮琵琶持ちて再び舞台入り)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:58:44.65 ID:oUuhAeyu0

澪「さても曽我部恵殿。
  こたび、つつがなく勤め終えられましたること、まこと珍重好事と存じまする」

恵「ハテ、なんと申されたか」

和「恵殿の行く末、言祝ぎたく候となん」

恵「オオ、オオ」

澪「かくも深き御こころざし、我とても気色わろからず。
  されば一念、得手もの神楽もて餞(はなむけ)となしたくござる」

恵「アア嬉しき日ぞ、嬉しき日ぞ」

澪「これより奏でまするは御存知、連節不破々々が刻。いざ、共に音声(おんぢやう)なさん」

恵「ヤンヤ」

和「ヤンヤ」

(澪、琵琶ならす)



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 21:59:40.99 ID:oUuhAeyu0

澪「南無大黒天、縁結びの権現様よ」

恵「今生ひとたび一夜とて、契る便宜(びんぎ)もあれかしと」

和「言問ひあれば、おのづから」

澪「恋の情けも、深まりゆく」

恵「ヤレ不破々々が刻」

和「ソレ不破々々が刻」

澪「ヤツトコヤツトコ、アア不破々々が刻」

(三者、舞ひ謡ひつつ退場)



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:07:34.10 ID:oUuhAeyu0

謡曲『惑梓(まどひあずさ)』



『能本作者註文』にいわく、作者は「飛牡蠣」。
平成十九年、雲母能舞台にて初演。
好評を呼び、後の平成二十一年から二十二年にかけては、
京都動画衆により機巧絵巻が作成された。
歴史上名高き「軽音物」の大流行が始まった契機である。




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:12:11.80 ID:uWFpkFpk0

>飛牡蠣

カキフライはそういう意味じゃねぇwwwwwwww





41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:09:18.10 ID:oUuhAeyu0

ワキ・ワキツレ四人一声
  「汝が姿 見れば心の臓 どうどうめき
   思ひはかれば 淡雪羹
   ヤレ不破々々が刻 ソレ不破々々が刻

ワキ澪「かやうに連なりたるは、桜高が軽音神楽衆にて候。
    わけて我は南蛮琵琶つかまつる者にて、名をば秋山澪と申し候」

ワキツレ唯「近頃あず猫が影も見えず。もの思ふべし」

ワキ澪「月に群雲、花にも嵐。さては限りの至れるか」


シテ、うしろめたしき気配にて舞台入り


ワキツレ律「さても梓。何故の懈怠ぞ。我ら一座日々これ稽古、おこたることの無きものを」

ワキツレ唯「待ちわびたる哉。待ちわびたる哉」


シテ、なおも顔ふせ黙る



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:10:07.95 ID:oUuhAeyu0

ワキ澪「痛わしき様なり。何とてやあらむ」

ワキツレ律「さては岩にせかるる滝川の」

ワキツレ唯「或は峰にわかるる横雲の、今生の名残は御勘弁」

シテ梓「ならば答えん。なづみの霧、心にかかり、道に惑ひしが故にて候」

ワキ・ワキツレ四人一声
  「あら何と」

シテ梓「それ軽音が一党に我の招かれし由、今はおぼつかなし。
    初心に響きし歓迎の宴も、すでに遠し。
    かのいみじき境地、羽化登仙の心持、御四人と共に御座候へば、
    再び兆すこともあらむと思ひ定め、勤めに勤めてはべりおりしも、
    露ほどの甲斐なく、あぢきなき限りにて候。
    もはや十方浄土にも往生すべき縁なしやと」


シテ、面おほひて泣く


ワキツレ唯「あず猫あず猫、いとほしや」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:11:08.10 ID:oUuhAeyu0

ワキツレ律「然り。
      伯牙調べれば、鐘子期が感は必ず動じ、
      鐘子期賛すれば、伯牙が情にあやまたず当たる。
      されば我らは今知音、この場は一定、おとなふのみぞ」

ワキ・ワキツレ四人一声
     「心得たり」


ワキ・ワキツレ四人、得物かまへ鳴らす


地謡「なんとも不思議の心地なり。
   学を好まぬ唯殿に、本意なき思ひはたへざれど。
   太鼓のはやる律殿の、勢いまことにうとけれど。
   なれどこれなる四天王、そろわば奏でる三国一の、賑わひ和(にぎ)ぶ大神楽。
   ひとえに天部の諸尊とて、聞かば舞ひ出す極みの音よ」

ワキ、シテに近づく



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:11:43.97 ID:oUuhAeyu0

ワキ澪「さても梓。汝かつて、我にこと問ひていわく、外番に出でざるは何の故かと」

シテ梓「然り」

ワキ澪「いざや答えん。この神楽衆と共だちおとなふ、そに勝る楽しみの知れぬがためなり。
    我ら三世に一蓮托生、珠の緒と珠の緒つなぐ縁の紐いと太ければ、
    南無諸天善神、一切の加護ありて我らが神楽も華やぐべしと」

シテ梓「心得て御座候」

ワキ澪「さても梓。貞盛に小烏丸、本多作左に蜻蛉切、汝が腕にも名物睦丹。
    なれば共に楽しまん、いざ」

シテ梓「かしこまつて御座候。我が身の置き所、軽音神楽衆の他になし」

ワキツレ唯「よろづかたじけなし、あず猫や」

ワキ澪「うさ祓ひの茶事もあれ。稽古むつかしきこともあれ。
    されど神楽衆の所作に無駄なく、全て芸道の血肉とこそなれ」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:12:36.28 ID:oUuhAeyu0

ワキツレ唯・律、あからさまに稽古の手やすむ

ワキツレ唯「やあ疲れたり」

ワキツレ律「向こう七日の物忌みあるべし」

シテ梓「澪殿が言、すずろに疑わしくおぼえ候」

ワキ澪「これはまた、かたはらいたし」

ワキツレ沢庵「我の出番なきまま果つるとは」



地謡「桜三月、菖蒲は五月、をとめの盛りは十六七。
   咲きも咲いたる大輪の、いつつの花の行く末かたし。
   後の世にまで数々の、物語をば残したる、
   軽音神楽衆のそもそもの、縁起はかくも目出度けれ。
   縁起はかくも目出度けれ」


(了)




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:14:33.10 ID:mZ1VdULx0

結構面白いな



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:18:57.69 ID:wkZhkW410

いとワロスw



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:20:24.08 ID:xmC70FrH0

わろし!いとわろし!



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:31:54.04 ID:JnxLH+ubQ

こんなん考える奴がいるとは…世界は広いな

素直にたまげる



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 23:14:58.19 ID:asghzNlg0

けいおん知らないけど面白い





54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/01(水) 22:29:47.87 ID:oUuhAeyu0

よし決めた。

古典的な狂言を、逆に現代SSっぽくアレンジしてみる。



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:12:58.16 ID:q9eQfsDY0

やっとできた。
保守してくれた人、ありがとう。

けど、色々とアレンジしすぎたせいで元ネタとは別ものになったかも。

読んでる途中で原典が分かったら偉い!





今狂言『御器被』



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:14:29.59 ID:q9eQfsDY0

1年生の教室にて。

梓「あーあ、今日は掃除当番かー……
  学祭ライヴも近いし、さっさと終わらせて練習に行かなくちゃ」

憂「あっ、梓ちゃん危ない! 蜂が飛んできたよ!」

梓「えっ?(髪を揺らしつつ、振り返る)」

純「おおー! ツインテールで蜂を叩き落した!」

梓「ふ……ふふーん、見たか! これぞ中野家に伝わる奥義です!」

憂「すごーい!」

純「……単なる偶然だったくせに」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:15:20.74 ID:q9eQfsDY0

部室にて。

紬「うーん……なかなか入ってきてくれないなあ」

澪「なにやってんだムギ? そんなところでうずくまって」

律「ふふふ、知りたいか?」

唯「ムギちゃんはねー、今朝ゴキブリホイホイを持ってきてくれたんだよ!」

澪「え」

律「それを部室にしかけておいたんだが……
  放課後の今に至るまで、中はカラのまま」

紬「しょぼーん、だわ」

澪「ちょ、何考えてんだ! ゴキブリなんて捕まえて、どうするつもりなんだよ!」

紬「一度でいいから、こういう家庭的ガジェットで害虫を捕獲してみたいの!
  と言うか、子どもの頃からゴキブリさんって一度も見たこと無いし」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:16:41.75 ID:q9eQfsDY0

唯「実物をじっくり観察するのが、長年の夢なんだよねー」

紬「うふふー」

澪「ばっ、馬鹿! そんな悪い夢は捨てろ!」

律「(澪の耳元で)容器の蓋を開けると……黒光りするゴキちゃんがびっしり……」

澪「ひ、ひいいい!(気絶)」

紬「でも……流石は優良児そろいの桜高ね。
  みんな毎日いっしょうけんめいお掃除してるから、
  ゴキブリなんて住んでないのかも(肩を落とす)」

律「そ、そんなに残念なのかよ」

唯「うんうん、ムギちゃんの気持ちよく分かるよ。
  私も、うちに帰って冷蔵庫開けて、アイス入ってなかったら自殺したくなるもん」

律「軽いな、お前の命」

紬「ありがとう唯ちゃん。でも仕方ないわ、きっとこれも運命なのよ。
  この度は、ご縁がなかったってことで」

律「虫相手に見合いでもする気だったのか」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:17:31.27 ID:q9eQfsDY0

紬「じゃ、お茶の用意をするね。はあ……(深く溜め息)」

律「(ひそひそ声で)おい、唯」

唯「(ひそひそ声で)なんでありますか隊長」

律「うむ。我が隊で最も残念……じゃなくて優秀な唯隊員に、特別任務を与える」

唯「とと、特別任務! それはいったい!」

律「しいっ、声が大きい。いいか、あの紬の無念そうな顔を見ろ」

唯「マジかわいそうであります」

律「なんとかしてあげたい!とか思わないか?」

唯「思うであります」

律「じゃ、ゴキブリ捕まえてきて」

唯「はあ?」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:18:13.22 ID:q9eQfsDY0

律「で、こっそりホイホイの中に仕込んでおくんだ。
  ムギ、きっと大喜びだぞー」

唯「ええー、めんどくさいー」

律「あまりの喜びに、明日からお菓子の量が倍増したりしてな」

唯「やる! 私がんばる!」

律「校内くまなく探せば、一匹ぐらい見つかるはずだ。
  行け、戦え、唯隊員!」

唯「ラジャー! と、その前に」

律「まだ何か?」

唯「ゴキブリって、なに?」

律「はひ?」

唯「だから、ゴキブリってどんなの?」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:18:44.60 ID:q9eQfsDY0

律「お、お前……それはひょっとしてギャグで言っているのか?」

唯「ううん、本当に見たことないんだ」

律「むうう。にわかには信じがたいが……お前はウソだけはつかない奴だからな。
  ……バカだけど」

唯「えへへー、それほどでもー」

律「いいか、あのホイホイに描かれた絵をよく見ろ」

唯「お、なんか怪獣みたいなのがいるね」

律「だいたい、あんな感じの生き物だ」

唯「結構かわいいんだね」

律「いやいや、あれはかなりデフォルメされた姿だ。実物は恐いぞー。
  いきなり飛び掛ってきたりする」

唯「ふむふむ、メモメモ」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:20:06.82 ID:q9eQfsDY0

律「とにかく全体的に黒っぽくて、2本の触覚がピンと伸びていて」

唯「で、おっかない生き物……っと」

律「そうそう。B級ホラー映画とかだと、しょっちゅう放射線を浴びて巨大化してる」

唯「よし、おおむね理解した! ちょっくら行ってくる!(部室から駆け出る)」

律「武運を祈ってるぞー……ククク、これで邪魔者は消えた」

紬「さあ、お茶が入りましたよー……って、あれ?
  唯ちゃん、どこ行ったの?」

律「ん。ちょっと急用で、しばらく戻らないってさ」

紬「そうなの……今日のおやつ、新鮮なうちに食べてほしかったんだけど」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:21:11.00 ID:q9eQfsDY0

律「でも澪は気絶したままだし、唯はいないし。なんとなく、梓も来ないような予感がするし」

紬「しかたないわ。三人の分は、りっちゃんが食べていいよ」

律「あー残念だなー申し訳ないなー。でも、食べずに残すよりはずっとマシだよねゲヘヘ」

紬「なんか、りっちゃん……計画通り!って顔してるけど」

律「めめめ滅相も」

紬「それじゃ、どうぞ!
  今日のおやつは、アリゾナ州名物の芋虫入りキャンデーよ!」

律「ぐえ」

紬「わあー、舐めると舌がビリビリして面白い!
  さ、りっちゃんも遠慮せず! 
  破片すら残さず、ぜーんぶバリバリと!」

律「策士、策に溺れるの巻」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:21:44.95 ID:q9eQfsDY0

廊下にて。

唯「むむー、ゴブキリ、ゴブキリ……」

梓「はあ、何か思ったより時間かかっちゃったな

唯「うううう、ゴリゴリ、ゴリゴリどこにいる」

梓「あれ、唯先輩?どうしちゃったんですか、そんなところに這いつくばって」

唯「おお、あずにゃん。私は今、ムギちゃんの命を救うための重大な任務をこなしているのです」

梓「また謎な発言かましてるよ、この人。
  て言うか、練習はどうしたんですか? 学祭、もうすぐなのに……」

唯「そんなことを気にするヒマがあったら、あずにゃんもゴブリンを探してよ!」

梓「ファンタジーRPGのザコ敵?」

唯「違うよ、ゴロツキだよ!」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:23:03.99 ID:q9eQfsDY0

梓「だから、なんですかそれ」

唯「うんとねー、全体的に黒っぽくて、触覚が2本ピンコ勃ちしていて……はっ!」

梓「ちょ、いきなり顔近づけないでください!」

唯「く、黒い!」

梓「あ痛、おさげ引っ張らないで!」

唯「触覚が2本!」

梓「やめてってば! いいから、練習に行きますよ!」

唯「おわあ、怒って飛び掛ってきた! 恐い!」

梓「先輩のフリーダムさの方が、ずっと恐いです!」

唯「やったービンゴだ、間違いない!」

梓「いやいやいや、そこで喜ぶのは意味不明すぎます」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:23:38.98 ID:q9eQfsDY0

唯「いいからいいから、部室に行くよ!」

梓「え、やっと練習する気になったんですか?」

唯「練習でも何でもやってあげるから、とにかく今は部室に!
  ムギちゃんのもとへ、今すぐゴー!」

梓「おおー! 珍しくやる気ですね、燃えてますね!」

唯「ふんす! これでお菓子倍増計画大成功だよ!」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:24:11.87 ID:q9eQfsDY0

部室にて。

梓「失礼しまーす」

唯「あれ、りっちゃんが息してない」

梓「澪先輩も瞳孔開きっぱなしですね。何事?」

紬「あら、唯ちゃん梓ちゃん。やっと帰って来たのね」

唯「おう、待たせたね!」

紬「ごめんなさい。遅くなるって聞いたから、おやつもう食べちゃった」

梓「あうう……」

唯「いいさいいさ、明日から通常の3倍食べさせてくれれば!
  それよりも、これからムギちゃんの夢をかなえてあげるよ!」

紬「え?」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:24:43.85 ID:q9eQfsDY0

「さあ、あずにゃん……と見せかけて、実はごきにゃんだったそこのキミ!」

梓「はい?」

唯「このホイホイに入ってください!」

紬「え?」

梓「え?」

唯「……え?」

紬「ごめん、ちょっと何言ってるか分からない」

唯「いや、だから……ゴキブリを……ホイホイに……」

梓「ひどい! いつから私がゴキブリになったんですか!」

紬「見損なったわ唯ちゃん、後輩をいじめるなんて」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:25:24.70 ID:q9eQfsDY0

唯「えええええええ!? そんな、私は、ただ」

紬「反省するまで、唯ちゃんだけおやつの量を半分にします!」

唯「ぎゃー! それだけは勘弁してくだせぇ!」

梓「……なんでもいいから、練習しましょうよぉ」

唯「おのれ、よくも騙したおったなごきにゃ……いや、あずにゃん? 
  あれ? ねえねえ、どっちが本当の正体なの?」

梓「いやだから、私に聞かれても」


(了)



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:28:04.58 ID:q9eQfsDY0

とりあえず、元ネタは『蝸牛』ね。

つーか何百年も前に書かれた原典の方が、こんなもの↑よりずっとカオス度数が高いってどうよ。




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/02(木) 00:33:35.18 ID:jHfGtckEP

>>80
いい感じだなw

院生時代江戸期の笑い話をやってたんだが
トイレのドアコンコンやったら中から「どうぞ」って言われるネタは
すでに江戸中期~後期にはあったと知って驚愕したもんさ






関連記事

ランダム記事(試用版)




狂言『軽音』
[ 2011/12/15 22:07 ] 学問・古典・文学・哲学 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6