SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  澪「shit」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「shit」#前編 【非日常系】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1284220037/

澪「shit」#前編
澪「shit」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 00:47:17.65 ID:J0b9762hP

【教室】

律「それでさ、そん時に見たカブトムシがまたでっかくてさ!」

紬「へぇ~、りっちゃんすごいね!」

律「今度ムギにも見してやるよ。近くの森にたくさんいるからな」

紬「本当?!私カブトムシ見たことないから楽しみ♪」

紬「あっ、そうだ!この前りっちゃんから借りた漫画なんだけどね―――」

澪「………」

最近ムギと律はやたらと仲が良い。
律は色んなことをムギに教えているし、
ムギはそのひとつひとつに目を輝かせていた。





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 00:49:03.28 ID:J0b9762hP

【廊下】

唯「りっちゃんりっちゃん!」

律「んー?どしたー?」

唯「ほら見て!100円拾った!」

律「うお、マジで?!よーしジュース買いに行こうぜー」

澪「こら、勝手に使っちゃダメだろ。泥棒だぞ」

律「澪。きっとこの100円は私たちに使われるべくして拾われたものなんだ」

唯「おぉ、なんかかっこいいよりっちゃん!」

律「だろ?んじゃそういうわけで…」

律「さっそく自販機に突撃だ!!」だっ

唯「了解しましたりっちゃん隊員!」

澪「………」

この2人の仲は相変わらず。
時々手がつけられなくなるぐらいだ。
まるで小さい時からずっと一緒だったような、そんな仲だ。



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 00:54:32.69 ID:J0b9762hP

【音楽室】

梓「あ、ジュリエット先輩!」

律「おい中野。私は律だ」

梓「そうでした、ごめんなさい」

梓「………」ぷるぷる

梓「………ジュ、ジュ律エット。なんちゃって」

律「おい中野。うまいこと言ったつもりかも知れないがな…」

律「それは散々既出のネタだぁー!!!」ガシッ

梓「や、やめてくださいよ先輩…ぷぷっ!」

律「まだ笑うかこんちきしょー!」

澪「………」

梓とも最近よくじゃれあうようになった。
梓は律によく懐いている。
私や唯といる時の梓とは違って、
さながらやんちゃないたずらっ子のようだった。



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 00:59:42.36 ID:J0b9762hP

季節は秋。文化祭のシーズン。

みんな仲が良いのはいいことだ。
軽音部の魅力のひとつはそこだと私も思うし。

けど、ここ最近私はもやもやしている。
これを何と表現していいのか自分でもわからないけど、
とりあえず律が気になって仕方がないのだ。

【教室】

律「なぁームギー。ここの問題がどうしてもわかんないんだけど…」

紬「この問題はね、この解法を利用して…」

律「おぉ、なるほど!やっぱムギは頭いいなぁ」

紬「そんなことないわ。わからないところがあったらどんどん聞いてね?」

律「ありがとう!頼りにしてるよ!」

紬「うふふ」

澪「………」ぎりっ



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:04:51.14 ID:J0b9762hP

なんだよムギのやつ。
あんなに律にデレデレしちゃって。
そんな問題ぐらい、私にだって教えられるぞ。

律も律だ。
付き合いが長いんだから私に聞けばいいのに。
わざわざムギのところまで向かって…。

唯「ねぇー澪ちゃん、澪ちゃんってば」

澪「な、なんだ唯?!」

唯「さっきからりっちゃんとムギちゃんのことばっか見てるけど、どうかしたの?」

澪「えっ?!そ、そんなことはないぞ!はは…」

唯「…?変な澪ちゃん」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:11:06.93 ID:J0b9762hP

何日か経って、そのもやもやがはっきりとしたものとなってきた。
律が他の誰かとしゃべってたりするのを見ると、すごく嫌な気分になるのだ。

【休み時間】

律「ムギお願いっ、英語のノート見せて!今日私指されるのに予習やるの忘れちゃって…」

紬「もうりっちゃんったら…。いいわよ、えっと―――」

澪「なぁムギ。ちょっとここがわからないから教えてもらってもいいかな?」

律「あっ、なんだよ澪!私が先だぞ!」

澪「ほら、今日の分の予習は私のノートに書いてあるから」

澪「ムギはこの文どうやって訳してる?」

紬「えっ?あ、うん。ここは…」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:17:03.61 ID:J0b9762hP

【放課後】

律「なぁ唯!昨日のドラマ見た?!」

唯「あっ、見た見た!あれすっごくおもしろかったよね!」

律「もうあのヒロインが超かわいくてさ…」

澪「律。今週は掃除当番だろ?行くぞ」ぐいっ

律「おい何すんだよっ!今唯と話してるところなのにー!」

澪「ごめん唯、ムギと先に音楽室行っててくれ」

唯「んー、わかったー。いこっムギちゃん」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:23:00.76 ID:J0b9762hP

【音楽室】

梓「先輩、口にクリームついてますよ」

律「えっ、どこどこ?」

梓「右のほっぺのとこです」

律「んー…(ごしごし)取れた?」

梓「全然とれてないですよ。いま私がとりますから、じっとしててください」

澪「よし、みんな。練習するぞ!ほら律、早くセッティング」

律「ちょっと待てって澪!これ食べてからでいいじゃん」

澪「だーめだ、もう文化祭も近いんだから」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:31:40.57 ID:J0b9762hP

こんな日が続いていた。
私は律が他の誰かと話したり何かしていないか見張っていた。
ムギや唯、梓はもちろんのこと、
和や他のクラスメイトにもそんなような様子だった。

家に帰ったあとも、特に用も無くメールや電話をしたりしていた。
もしかしたら私以外の人とメールや電話してるかも知れない、
と不安に駆られたからだ。

特にムギに関して私はすごく敏感だった。

最近の2人は特に仲が良かったからかも知れない。
律の口からムギの話が出てくるたびにとても不快だった。
ムギといる時の律はとても楽しそうで、ムギもとても楽しそうだったからだ。

そして後でこれがムギに対する嫉妬だってことに気づいた。
ムギだけじゃない、私は律に近づく人みんなに嫉妬していた。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:38:33.14 ID:J0b9762hP

ある日、部活が終わりいつものように片付けをしていた。
文化祭の準備で時間が合ったので、憂ちゃんも一緒に帰ることになった。

【音楽室】

唯「じゃあ、私とあずにゃんは先に下に憂のとこ行ってるね」

律「おう、わかった」

音楽室は私と律とムギの3人になった。
ムギは戸棚で何かしているようだった。

律「ムギ、何してんだ?」

紬「ごちゃごちゃしてきちゃったから片付けついでにちょっとティーセットの整理してるの」

紬「すぐ終わるからりっちゃんたち先に行っててもいいわ」

律「そんなこと言うなって。私も手伝うよ!」

紬「本当?ありがとうりっちゃん。じゃあこれもってくれる?」

澪「………」ぎりっ



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:43:43.03 ID:J0b9762hP

まただ。
またそうやってムギと…。
私の心の中は濁った感情でいっぱいだった。

澪「2人とも。下で唯たちが待ってるから早く行こう」

律「すぐ終わるから待ってろって。なんなら先に一人で行ってていいぞ」

澪「なに言ってるんだ!憂ちゃんもいるんだぞ。
  あんまり待たせたら申し訳ないじゃないか!」ぐいっ

そんなのこじつけだった。
本当はムギと律を一刻も早く引き離したかっただけ。
私は律の腕をつかんだ。

律「お、おい!いきなりそんな引っ張るなって―――あっ!」

パリーン



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:50:50.54 ID:J0b9762hP

いきなりつかまれて体勢を崩したのか、律の手からムギのお皿が落ちて割れてしまった。

律「割れちゃった…」

紬「2人とも大丈夫?!」

律「あぁ、私らは平気。それよりもお皿割っちゃってごめん。これ、見るからに高そうだし…」

紬「ううん、もらいものだから別にいいの。また明日新しいのを持ってくるわ」

律「ごめんな、ムギ…。おい澪!!お前がいきなり腕引っ張るからだぞ!」

なんだよ、律のやつ。
そうやってムギのこと庇うのか?
くそっ、くそっ…。
どす黒い感情が私を覆った。

澪「ふん、律が私の言うことに耳を貸さないからこうなったんじゃないか」

律「…澪。お前、いい加減にしろよ」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 01:56:50.37 ID:J0b9762hP

律の目が変わった。

律「お前、最近おかしいぞ。何かにつけて私の間に入ってくるし」

律「用もないのに電話とかメールまでして…。何のつもりだよ!私に対する嫌がらせか?」

律「これだってそうだ。まずムギに謝ることが先だろ?!」

紬「いいのよりっちゃん、別に気にしてないから―――」

律「そういう問題じゃないんだよ、ムギ。これは大事なことだ」

律「謝れよ、澪」

澪「そうやっていつもムギムギムギって…」

律「なんだよ」

紬「ちょっと2人とも…」

理性は完全に崩壊していた。
嫉妬で狂ってしまいそうだった。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:02:53.55 ID:J0b9762hP

澪「律の馬鹿!!このわからず屋!!!」

律「はぁ?!なんだよいきなり。お前の方が何考えてるか全ッ然わかんねーよっ!」

澪「うるさい!うるさいうるさい!!」

澪「そんなにムギがいいなら、ムギとずっと一緒にいればいいだろ!!!」

律「………」

澪「あっ……」

律「…もういい」

律「もういいよ。行こうぜ、ムギ」ぐいっ

紬「ちょ、ちょっと待ってりっちゃ―――」

バタン

澪「………」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:08:58.85 ID:J0b9762hP

律はムギを連れて音楽室を出て行ってしまった。
私は音楽室に一人取り残された。
しばらくして失っていた理性を取り戻した。
そして、今頃になって嫉妬の理由に気づいた。

私は、律が好きなんだ。
どうしようもないぐらい、好きなんだ。
誰にも渡したくないんだ。

だけど、もう遅かった。
自分の想いを伝えることが出来ないまま、私は律との関係を壊してしまった。
私はその場に崩れ落ちた。

澪「律…っ。りつぅ…」

私は音楽室で一人泣いた。
不器用な自分が哀れで、惨めだった。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:15:32.85 ID:J0b9762hP

【廊下】

紬「りっちゃん、今のはあんまりよ。澪ちゃんがかわいそう」

律「…なんだよ、ムギまで。私が何か間違ったこと言ったか?」

紬「………ごめんなさい」

律「謝るなよ。ムギは何も悪くないじゃん」

紬「私が余計なことしてないですぐに行けばこんなことには…」

律「………唯たちが待ってる。急ごう」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:22:39.78 ID:J0b9762hP

【校門】

梓「あ、来た」

律「いやー遅くなって悪い!」

唯「あれ?澪ちゃんは一緒じゃないの?」

律「あ、あぁ…。ちょっと先生に用事があるとかで、先行ってていいってさ。な、ムギ?」

紬「う、うん」

梓「どうしたんですかね…」

唯「えぇー、待っててあげようよ」

律「大丈夫だって。澪に気を遣わせるのも悪いし。帰ろうぜ」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:30:21.94 ID:J0b9762hP

【帰り道】

紬「じゃあ私はここで…」

律「おう、また明日」

唯「ばいばいムギちゃん!」

梓「さようなら」

・・・・・・

律「私らもここでお別れだな」

唯「うん!りっちゃんもあずにゃんもまたね~」

梓「はい、失礼します」

憂「………」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:38:52.63 ID:J0b9762hP


憂「………」

律さんと梓ちゃんと別れ、私とお姉ちゃんは家に向かっていた。
帰り道、ずっと私は校門での律さんと紬さんの言動が気になってしょうがなかった。
澪さんが一緒に来なかったのは何か別の理由があるんじゃないか。

憂「お姉ちゃん、私このままお買い物に行ってくるね」

唯「えっ?じゃあ私も一緒に行くよ!」

憂「ううん、大丈夫。すぐ済むから」

唯「んんー、わかったぁ」

そう言うとお姉ちゃんは家に向かっていった。
律さんたちはおそらく嘘をついている。
私は踵を返し学校に向かった。



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:47:37.00 ID:J0b9762hP

【音楽室】

あたりはすっかり薄暗くなっていた。
私の予想では、たぶん澪さんはここにいる。
私はおそるおそる真っ暗な音楽室の扉を開いた。

ガチャ

憂「………」

やっぱりだ。
澪さんは崩れたように座り込み、誰もいない音楽室で一人泣いていた。

憂「澪さん」

澪「憂ちゃん…どうしてここに…?みんなと帰ったんじゃないのか…?」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:52:17.91 ID:J0b9762hP

憂「律さんたちと一緒に来なかったから、少し不思議に思って引き返したんです」

澪「そ、そっか。ごめんな変な心配かけて…」

憂「何かあったんですか?」

澪「だ、大丈夫。何もないって!ちょっと眠くて寝ちゃってただけだよ」

憂「……嘘」

澪「えっ?」

憂「だって澪さん、泣いてたじゃないですか」

澪「………」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 02:59:44.23 ID:J0b9762hP

澪「な、泣いてなんか…」

憂「じゃあどうしてそんな悲しい顔をしてるんですか?」

澪「こ、これは――」

憂「話してください。私に出来ることがあれば、協力しますから」

澪「憂ちゃん…」

憂「大丈夫ですよ、私は澪さんの味方です」

澪「……ありがとう」ぽろぽろ



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:05:12.36 ID:J0b9762hP

話を一通り聞いた。
澪さんは律さんのことが好きで、嫉妬していた。
特に紬さんにはひどく嫉妬していたようだ。
そして律さんを無意識に束縛するようになってしまい、
今日の放課後に事が起こった、といったものだ。

澪「ははっ、馬鹿だよな私。こんな不器用な真似しか出来なくて…」

澪「好きなのに…。こんなに、好きなのに…」

澪さんは涙を流していた。

憂「そんなこと、ないですよ」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:11:38.89 ID:J0b9762hP

憂「私、澪さんの気持ちすごくわかります」

憂「私もお姉ちゃんのことが好きだから」

憂「でもお姉ちゃんは梓ちゃんのことが好きなんです」

憂「私は不器用な真似も出来ない。ただ、指をくわえて見てるだけ…」

私は泣いている澪さんの中に自分を見ていた。
お姉ちゃんのことが好きな自分。
梓ちゃんに嫉妬している自分。
でも、何も出来ない自分。

だって、私たちは姉妹だから…。



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:18:47.03 ID:J0b9762hP

【律の部屋】

律「…くそっ」

私は家に帰ってからもずっといらいらしていた。
原因はわかってる。
今日の放課後での一件のせいだ。
最近の澪は明らかに変だった。
私がムギを連れて音楽室を出て行く時、
なんで澪はあんな哀しい目をしていたんだ?
怒っているなら追いかけていつものように拳の一つでも振るえばいいのに。

どうして、泣きそうな顔をしていたんだ?

律「だぁーもぉー!!ちっともわからん!!!」ばふっ

ベッドに飛び込んだ。
考えててもしょうがない、寝よう。
明日になれば、何かわかるはず。
そう思って眠りについた。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:29:18.06 ID:J0b9762hP

【翌日】

唯「あ、りっちゃんムギちゃんおはよー」

紬「おはよう」

律「おいーっす」

澪「………」

律「…澪。おはよう」

澪「あ、あぁ…おはよう」

唯「澪ちゃん元気ないね、どうかしたの?」

澪「ちょっと寝不足でな…」

唯「ダメだよ澪ちゃん!ちゃんと寝なきゃ」

律「お前は授業中ですら寝てるもんな」

唯「寝る子は育つって言いますから!」フンス

律「いや、ほめてないほめてない」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:35:11.43 ID:J0b9762hP

唯の言うとおり澪は確かに元気がなかった。
いつもならケンカしたって次の日には何事もなかったかのように接してるのに。
今だってそうだ。いつもの澪なら絶対に私にツッコミを入れるはず。
あからさまに私は避けられている。
澪の目は腫れぼったくなっていた。
寝不足というより泣き疲れた、といった様子だった。

ガラッ

さわ子「みんなおはよう、ホームルーム始めるわよ」

たくさんの疑問を残したまま、私は席についた。
その日の授業は、まったく頭に入らなかった。



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:41:25.68 ID:J0b9762hP

数日が経った。
私と澪は相変わらずまともにしゃべっていない。
教室にいる時も、部活のときも必要最低限のこと以外は澪と会話しなかった。
これにはクラスのみんなや軽音部のみんなも驚いていた。
何人かは心配して声をかけてくれたが、何でもないよと軽く流した。

キーンコーンカーンコーン

午前の授業が終わった。

とんとん

律「ん?」

紬「りっちゃん、ちょっといい?」

律「どうかしたのか?」

紬「ここじゃ話せないから、教室を出ましょ」

私はムギに連れられ、教室を出た。



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:47:28.93 ID:J0b9762hP

【音楽室】

律「どうしたんだ?こんなとこまで連れ出して」

紬「ごめんなさい急に。実は澪ちゃんのことで…」

律「澪のこと?」

紬「あの時のこと、ずっと考えてたんだけどね」

紬「澪ちゃん、りっちゃんのことが好きなんじゃないかな…?」

律「…はぁ?」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:53:01.85 ID:J0b9762hP

あまりに突飛なことを言われたので、拍子抜けしてしまった。

律「そ、それはどういうことだよ」

紬「どうもこうも、言葉の通りよ」

紬「最近の澪ちゃんを見てれば、誰だってそう思うわ」

紬「気づいていないのは、りっちゃんぐらいなものよ?」

律「………」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 03:57:06.13 ID:J0b9762hP

澪が?私を?そんな馬鹿な。

澪『そんなにムギがいいなら、ムギとずっと一緒にいればいいだろ!!!』

でも、もし本当にそうだったのだとしたら…
あの時の澪の意味不明な言葉にも、最近の言動のおかしさにも納得がいく。
ムギは話を続けた。

紬「たぶんだけど、澪ちゃんはずっと前からりっちゃんのことが好きだったんだと思うの」

紬「でも最近りっちゃんは他の人と一緒にいる時間が多くなった」

紬「それで、不安になったんじゃないかしら。りっちゃんが誰かにとられてしまうのではないかって」

紬「まぁ、私が言えたことじゃないんだろうけどね。その不安の一端を担っていたわけだし」

つくづくムギの洞察力に感心した。
本当にこの子は色々と見ている。

律「…そっか」

紬「りっちゃんは、澪ちゃんのことどう思っているの?」

律「ど、どうって…?」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 04:03:17.33 ID:J0b9762hP

紬「もしも、澪ちゃんがりっちゃんに想いを伝えてきたらどうする?」

律「………」

ムギの目は真剣だった。
そんなこと考えたこともなかった。
澪が、私のことを好き…?
友達としてじゃなく、本当の意味で。
私は?私は澪のことを…

律「私は…その…」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 04:08:22.60 ID:J0b9762hP

律「よく…わからない」

これが今の正直な答えだった。

紬「りっちゃんは澪ちゃんが好きじゃないの?」

律「…というか、よく実感がわかないよ。そういう対象として見たことがなかったわけだし」

律「ましてや、そういう風に見られてるだなんて思いもよらなかったから」

紬「そっか。ごめんね、答えづらいこと聞いちゃって」

律「いや、いいよ」

紬「ねぇりっちゃん。もうひとつだけ聞いてもいい?」

律「あ、あぁ…」

本当は勘弁してほしかった。
ただでさえ予想外の事実に頭を抱えているんだ。
これ以上余計な考え事を増やさないでくれ、そう思った。

紬「りっちゃんは、私のこと好き…?」

律「えっ…?」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 04:13:29.80 ID:J0b9762hP

律「ムギ、何言ってんだ…?」

紬「…なぁんて、冗談よ。さ、いきましょ」

律「おっ、おいムギ!」

そう言うとムギはそそくさと階段を下りていった。
なんだよ。澪もムギも何考えてるかわけわかんねぇよ。
私の持つわだかまりは、さらに大きくなっていった。

私は、どうすればいいんだよ…。



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:03:10.29 ID:J0b9762hP

【同じ頃 教室】

澪「…はぁ」

律とはあの日から会話していない。
まったく話してないってわけじゃないけど、
どことなくぎこちないし、律が怖くて無意識に避けてる。
今日も昼休みになった途端ムギとどこかに行っちゃったし。
もう、前みたいに戻れないのかな…。

唯「みーおちゃん!お昼食べよ?」

澪「…あぁ、そうだな」

唯「ってあれ?!」

澪「どうしたんだ?」

唯「お、お弁当…忘れた…」

澪「えぇっ?!まったく…私のお弁当食べるか?」

唯「えっ?いいよ澪ちゃん食べなよ!私一食ぐらい抜いたって平気だよ!」

ぐぅ~っ

唯「…やっぱりちょっとだけいただいてもよろしいでしょうか?」

澪「ふふっ、わかった。さ、食べよう」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:10:09.07 ID:J0b9762hP

唯は底抜けに明るかった。
その明るさに、少し救われた。

憂「おねえちゃーん!」

唯「憂?それにあずにゃんまで」

梓「こんにちはです」

唯「あーずにゃーん!」ぎゅっ

梓「や、やめてくださいこんなところで///」

唯「ちぇ~っ」

憂「はい、お姉ちゃん。急いで家出ちゃったから机の上にお弁当置きっぱなしだったよ?」

唯「おぉ…!!ありがとう、ありがとう…」うるうる

梓「どんだけですか…」

憂「あれ、教室にいるのお姉ちゃんだけ?」

唯「澪ちゃんはあそこにいるよ!ムギちゃんとりっちゃんは2人でどっか行っちゃった」

梓「律先輩とムギ先輩がですか?めずらしいですね」

憂(澪さん…)



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:18:14.20 ID:J0b9762hP

あの様子だと律さんとは仲直りしてないのだろう。
澪さんを見てすぐわかった。

唯「憂、どうしたの?澪ちゃんの方ばっかり見て」

憂「へっ?!そ、そんなことないよ!ほら、澪さんが待ってるよ」

唯「あ、うん!憂、ありがとう。澪ちゃーん!食べよー!」

そう言うとお姉ちゃんは教室に入っていった。
本当にかわいいなぁ、お姉ちゃん。
でも、お姉ちゃんは梓ちゃんに夢中だ。
そして、梓ちゃんもお姉ちゃんが好きだと思う。

梓「唯先輩、相当お腹空いてたみたいだね…」

憂「………」

梓「憂?」

妹としてお姉ちゃんを支えてあげることが出来れば、それでいい。
私の分まで澪さんにはうまくいってほしい。

私は澪さんにメールを打った。



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:24:12.88 ID:J0b9762hP

brrrr brrrr

澪「…メール?」ピッ

――――――――

From:平沢憂

Subject:こんにちは

本文:
澪さん、大丈夫ですか?
すごく元気がなさそうでしたので…。
今日もし暇でしたら少しお話しませんか?
これからのこと、一緒に考えましょう。

――――――――

泣きそうになった。
こんな私に手を差し伸べてくれる憂ちゃんの優しさに。
くよくよしてても仕方がない。
律にちゃんと想いを伝えなきゃ。
すぐに…というわけにはいかないけど。



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:29:09.21 ID:J0b9762hP

【放課後】

部活が終わり、帰り道。
私は憂ちゃんと連絡を取った。

prrrr prrrr

ピッ

憂『もしもし』

澪「あぁ、憂ちゃんか?どうすればいいかな」

憂『お疲れさまです。じゃあ、駅前の喫茶店でどうですか?』

澪「わかった。それじゃあまたあとで」

ピッ

足早に喫茶店に向かった。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:33:54.13 ID:J0b9762hP

憂「…さて」

夕食を作り終えた私はエプロンを外し支度を始めた。

ガチャ

唯「ただいまー」

憂「あ、おかえりお姉ちゃん」

唯「ん?憂これからどこか行くの?」

憂「うん、ちょっとね。
  ご飯はもう作ってあるから、お腹空いたら先食べちゃっていいからね?」

唯「はーい」

憂「それじゃ、いってきます」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:38:27.64 ID:J0b9762hP

【喫茶店】

喫茶店に向かうと、澪さんはすでに待っていた。

憂「すいません、待たせてしまって」

澪「いや、私も今来たところだから」

私と澪さんは喫茶店に入った。
適当に飲み物を注文して、本題に入った。

憂「それで、律さんとはあれからどうなんですか?」

澪「うん…全然話せてない。話したとしても、本当に業務的なことだけ」

澪「やっぱり、嫌われちゃったのかなぁ…」

澪「他の人には相変わらず嫉妬しちゃうし、でも律とは話せないし」

澪「もう私、どうしたらいいのか…」うるっ

憂「………」

やっぱり律さんとは気まずいままのようだ。
私の中でかっこいいイメージしかなかった澪さんに、
こんな女の子らしい部分があることに少し驚いた。



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:43:10.19 ID:J0b9762hP

憂「澪さん、少し考えすぎなのかも知れませんよ?」

澪「考えすぎ?」

憂「はい。澪さんが思うより、律さんはそのことを気にしてないかもしれないってことです」

澪「でもそれって、律が私に興味ないってことじゃあ…」ずーん

憂「あっ!ち、違いますよ!そういう意味じゃなくて!」

憂「律さんが一番この状況に困惑してるんじゃないかってことです」

憂「もしかしたら、律さんも今までみたいに普通に澪さんと接したいと思ってるのかもしれません」

憂「だから、今までみたいに普通に律さんに接してみたらどうですか?」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 09:52:04.84 ID:J0b9762hP

たぶん一番わけがわからないのは律さんだと思う。
ちゃんとした原因も分からず、澪さんと気まずい関係になっているのだから。
それにしても、律さんも鈍いなぁ。

澪「でも、もしそうじゃなかったらどうしよう。本当に嫌われちゃうかも…」

憂「大丈夫ですよ、勇気出してください。想いを伝えるときはもっと勇気が必要になるんですよ!」

澪「…うん、それもそうだな。頑張ってみるよ!ありがとう憂ちゃん」

憂「いえ、こんなことでよければいつでも」

澪「なんか年下には思えないよ…。本当にありがとう」

澪「長くしちゃってごめんな。帰ろうか」

憂「はい」

私と澪さんは喫茶店をあとにした。



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 10:00:35.88 ID:J0b9762hP

【平沢家】

ガチャ

憂「ただいまー」

唯「お、おかえり…」げっそり

憂「お姉ちゃん、まだご飯食べてなかったの?!」

唯「う、うん…」

唯「だって憂と一緒に食べたかったから。一人で食べてもおいしくないよ」

憂「お姉ちゃん…」

憂「今、用意するからね!」

唯「いっぱい待ったんだから、アイスもだよ!」

憂「はいはい」

あぁ、私はお姉ちゃんのこういうところが大好きなんだなぁ。
同時に、もどかしさも感じた。



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 11:18:32.11 ID:J0b9762hP

【澪の家】

澪「…ふぅ」

お風呂から上がった私は今日一日を振り返った。
憂ちゃんと話して少し気が楽になった。
そして、これからどうすればいいかわかってきた。
待ってろよ、律。
私はお前を諦めないからな。
もう泣かない。泣くもんか。
絶対に振り向かせてやるんだからな。

澪「いよぉーし、頑張るぞぉー!!!」

澪「………」

澪「うわあぁぁぁ。大声で何を言ってるんだ、恥ずかしい…」

恥ずかしさのあまり布団の中でじたばたしていた。



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 11:24:48.20 ID:J0b9762hP

【翌日】

澪「おはよう、唯」

唯「おはよう澪ちゃん。今日は元気そうだね!」

澪「そうかな?」

唯「昨日全然元気なかったから心配だったんだよ~?」

澪「ごめんな、心配かけて。今日はちゃんと弁当持ってきたか?」

唯「だいじょーぶ!」フンス

紬「おはよう」

澪「ムギもおはよう」

律「…ういーっす」

唯「あ、りっちゃんおはー!」

澪(……よし!)

澪「律、おはよう」

律「へっ?!あ、あぁ。おはよう」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 11:39:36.50 ID:J0b9762hP

澪「なんだよ律。おはようぐらいでそんなびっくりすることないじゃないか」

律「び、びびびっくりなんかしてねーやい!」

唯「今日はりっちゃんが変な日だねぇ」

紬「あらあら」

律「………」

そりゃあびっくりするさ。あまりに自然に挨拶されたんだから。
ここ数日の澪は何だったんだろう、そう思わせるぐらい普通の澪だった。
まぁ色々疑問に思う部分はあるけど今はいいか。
私はこれまで通り澪と接していればいいんだ。

・・・・・・

結局今日一日何事もなかったかのように澪と過ごした。
多少のぎこちなさはあったけど…。
なぜか私よりみんなの方がほっとしていた。
そんなに私たち心配かけたのか…?



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 11:44:21.50 ID:J0b9762hP

【澪の家】

澪「…はぁ」

部屋に入った私はどっと疲れていた。
普通に振る舞えていただろうか。

朝の挨拶する時あまりの緊張で心臓が飛び出るかと思ったけど、
いざ口に出してしまえばどうってことはなかった。
やっぱり、私の考えすぎだったのかな?
もしかしたら、律もこれを望んでいたのかも知れない。

そうだ。
このこと憂ちゃんに報告しよう。
そう思って私は携帯を開いた。



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 11:50:27.52 ID:J0b9762hP

【平沢家】

brrrr brrrr

憂「…?澪さん?」ピッ

――――――――

From:みおさん

Subject:ありがとう

本文:
律と話せたよ。
憂ちゃんの言う通り、私の考えすぎだったのかも。
すごく小さいけど一歩踏み出せたよ。本当にありがとう。
また、何かあったら相談に乗ってもらってもいいかな?

――――――――

憂「…ふふっ」

思わず笑みがこぼれてしまった。
うまくいったみたいだ。

唯「どしたの憂、携帯見てニヤニヤして」

憂「な、なんでもないよお姉ちゃん!」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 11:55:54.90 ID:J0b9762hP

こうして毎日毎日、少しずつ澪さんは律さんとの関係を修復していった。

『久しぶりに律と一緒に登校したよ』

『今日は律の家で劇の練習をするんだ』

澪さんはその日律さんとどんなことをしたか逐一私に報告してくれた。
時にメールで。時に電話で。
私はそれを聞くたび微笑ましく思っていた。
このままいけば、大丈夫ですよ。
きっと澪さんの想いは律さんに届きます。
そう信じてやまなかった。
順調にいってる澪さんがほんのちょっぴりうらやましくもなった。



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 12:00:17.56 ID:J0b9762hP

【翌日 学校】

律「ふあぁ~…あ」

澪とは何事もなく生活していた。

澪「どうした律。寝不足か?」

律「ん?あぁ、昨日ちょっと遅くまでゲームしててな…」

澪「もうすぐ文化祭なんだから、体調崩すなよ?」

律「へいへーい」

澪「よし、音楽室に行こう」

こんな感じだ。
いつも通り、何ら変わりない日常だった。
しいて言うなら、ムギの様子がいつもより静かだった。

………考えすぎか。
ここ最近色々あって少し他人に敏感になってんのかな。
今日は早く寝ようっと。
そんなことを思いながら音楽室に向かった。



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:09:30.75 ID:J0b9762hP

【音楽室】

・・・・・・・

部活が終わって片付けをしていると、ムギは私に声をかけた。

紬「りっちゃん。ちょっとあとで話したいことがあるんだけど、いい?」

律「ん?あぁ、いいよ」

私は二つ返事で返した。
何のことだろう。澪のことかな?
まだ気にかけてくれてるなら、もう心配ないって伝えなきゃな。



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:18:25.41 ID:J0b9762hP

片付けも終わり、解散したあと私とムギは音楽室に残った。
他のみんなは先に帰った。
夕陽の差し込む音楽室に、私とムギの2人。
ムギの影が、どこか儚げに伸びていた。

律「んで、どうしたんだよムギ。話したいことって」

紬「あのね、りっちゃん…」

律「な、なんだよ改まって」



紬「私、りっちゃんが好きです」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:24:36.75 ID:J0b9762hP

律「…え?」

訳がわからなかった。いきなりムギに告白された。
ドッキリかと思って辺りを見回したが、そんな感じはしなかった。
何よりムギの真剣な表情が、本物の告白だと私に思わせた。

紬「よ、よかったら…。わ、私と、その…」

紬「つつ、付き合ってくださいっ…!!!」

ムギは耳まで真っ赤だった。
きっとこの子はこういうことが初めてなんだろう。
恥ずかしさと不安でいっぱいなのが感じ取れた。

紬『りっちゃんは、私のこと好き…?』

あの時の言葉は、そういう意味だったのか。



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:32:17.72 ID:J0b9762hP

私の中で一つのことが頭に浮かんでいた。

澪のことだ。

ムギ曰く、澪は私のことが好きだという。
澪の気持ちを知っておきながら、私はこの告白を受けてしまっていいのだろうか。
私は別段ムギに対して恋愛的な感情は抱いてはいなかった。
だけど、嫌いなわけじゃない。
どこまでも純粋だし、気配りも出来る、明るくて優しい子だ。
そして勇気を出してその想いを私に伝えた。
この子は本当に私を好いていて、必要としてくれているのだ。
よりによって私じゃなくても…と私は少しばつが悪そうに頭を掻いた。
しかし、それはこの子に対して失礼というものだ。
私はその気持ちに応えようと思った。





律「…いいよ」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:39:28.49 ID:J0b9762hP

律「私なんかでよけりゃ、だけどさ」

紬「ううん。私はりっちゃんがいいの」

ムギは目に涙を溜めていた。
ここで泣かせたら私がまるで悪者みたいじゃないか。
私は目の前の泣きそうな女の子に駆け寄り、頭を撫でた。

律「ほーら、泣くなって」

紬「だって、だってだって…本当にうれしいんだもん」

律「もう遅いし、帰ろう」

私は手を差し伸べた。
友達としてじゃなく、特別な存在として。
ムギもその手を掴んだ。

そして私たちは音楽室の扉を開けた。



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:43:46.38 ID:J0b9762hP

ガチャ

律「え…?」

私は目を疑った。
下校時刻は過ぎてるし、学校には誰もいないはず。
ましてや、こんなところに人がいるわけない。
だが、私の目の前にはよく知った顔があった。

澪だ。

律「澪…?なんでここに…」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:48:06.32 ID:J0b9762hP

澪「………」だっ

律「おっ、おい澪!!」

澪は何も言わず階段を駆け出した。
まさか、聞いていたのか…?

紬「りっちゃん…」

ムギが心配そうに私を見つめる。
繋いでいる手に力がこもっていた。

律「…大丈夫だよ。行こう」

走り去った澪の頬に滴が見えた。
あいつは、泣いていた。



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:52:59.95 ID:J0b9762hP

がたっ

澪「いたっ…!」

階段で足を踏み外した。
痛い…。どうやら捻ったみたいだ。
けどそんなことはどうでもよかった。

私は、がむしゃらに駆けていた。


――――――
――――
―――
――




89 名前: [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 13:58:04.00 ID:J0b9762hP

律との仲は完全に元通りになっていた。
朝だって一緒に登校してるし、帰りも一緒。
劇の練習と称して互いの家にお邪魔したりと、
今までとなんら変わらぬ日々を過ごしていた。
まるで、あの時のことなんかなかったかのように。

文化祭が終わったら、律に告白しよう。
ロミオとしてじゃなく、秋山澪として。
憂ちゃんもそれがいいと言ってくれた。

あの時私は音楽室に忘れた劇の台本を取りに向かっていた。
ロミオなんだから、しっかりジュリエットを支えてあげなきゃな。
そんなことを思いながら。

夕暮れ時の階段を上り、音楽室のドアに手をかけたその時だった。

『私、…のこ…が好…す』

聞き覚えのある声が音楽室から聞こえた。



90 名前: [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 14:03:39.47 ID:J0b9762hP

おっとりとした落ち着いた声。
ムギの声だとすぐにわかった。

『よ、よかったら…。わ、私と、その…』

『つつ、付き合ってくださいっ…!!!』

えっ…?ムギが、告白…?
とんでもない現場に立ち会ってしまった。
盗み聞きはよくないと思い引き返そうとしたが、
なぜか私はその場にずっと立っていた。
相手が誰だか気になったからだ。

そして長い沈黙ののち、返事が聞こえた。

『…いいよ』

この声は…



律の声だ。



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 14:09:13.62 ID:J0b9762hP

私はその場に立ち尽くした。

あぁ、ムギが泣いている。
うれしいのだろう、告白が実って。

私が告白していたら、そこで泣いているのは私だったのかも知れない。
いや、告白を受けたということは律もムギのことが好きなのだろう。
もしかしたら私が告白していたらフラれていたのかも知れない。
いずれにせよ今となっては叶わないことだ。
律はムギの告白を受けたから。
また私の想いは律に届かなかった。

終わった。何もかも。
音を立てて崩れた。

いつもそうだ、不器用で勇気もない。
だから後悔ばかりして終わる。
私は一体何をしていたんだろう。
何も…出来ない…。
こうやって、蚊帳の外から見ていることしか出来ない…。

涙が頬を伝った。
もう泣かないって決めたのに。



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 14:15:07.58 ID:J0b9762hP

ガチャ

澪「?!」

いきなりドアが開いた。
茫然としていて時が経つのを忘れていた。

律「澪…?なんでこんなところに…」

律は驚いたように私を見た。
ムギは驚いたあと、とても不安そうな顔をした。
二人の手は繋がれていた。
それもそうか、もう恋人同士なんだもんな。
その場を取り繕う言葉も思い浮かばなかった私は、逃げるようにその場を去った。

律「おっ、おい澪―――」

律の声はもう耳に届かなかった。




――
―――
――――
――――――



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 14:20:23.61 ID:J0b9762hP

【翌日 学校】

律「え?!澪が休み?」

和「そうみたいなの。さっき澪の家から連絡があったって先生が」

律(澪…)

和「なにか心当たりでもあるの?」

律「い、いやっ!別に…ないよ!」

和「そう…。今日の練習はロミオ抜きでやることになるけど、頑張ってね」

律「あ、あぁ…」

澪が学校を休んだ。
心当たり…か。思い当たる節はひとつしかなかった。



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/12(日) 14:27:55.25 ID:J0b9762hP

紬「おはよう、りっちゃん」

律「おう、おはよう」

紬「あれ?澪ちゃんは?」

律「…今日は休みだってさ」

紬「そう…」

ガラッ

唯「ぜぇ、ぜぇ…。お、おはよう…!」

紬「おはよう唯ちゃん」

律「おーっす。遅刻ぎりぎりだなぁ唯」

唯「えへへ…。あれ、澪ちゃんは?」

律「…!あぁ、今日はちょっと体調崩して休みたいなんだ」

唯「そうなの?大丈夫かなぁ」




関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「shit」#前編
[ 2011/12/21 21:04 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6