SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「メリークリスマス!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「メリークリスマス!」 【非日常系】


http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324655186/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 00:46:26.29 ID:nLvYADPV0

唯「いえーい」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 00:47:00.72 ID:nLvYADPV0

紬「そうね…」

けいおん部の部室で紬は涙を流しながら答える

唯「どうしたの?ムギちゃん」

紬「ううん…何でもないの」

何でもないという割にはそんなことないだろうと言いたくなるくらい

重たい物を抱えているような表情で答える

唯「おかしいよ。クリスマスなのにさ」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 00:49:36.12 ID:nLvYADPV0

紬「いくらなんでも話せないわ。ええ。
  どうやってこんな不幸に巡り合わなくてはいけないのよ。」

紬「唯ちゃん。唯ちゃんは今幸せ?」

唯「とっても幸せだよ!」

唯「私にはけいおん部があって、
  ムギちゃんとりっちゃんとあずにゃんと澪ちゃんがいて」

唯「憂がおいしい料理を作ってくれて」

唯「毎日本当に幸せだよ!」

紬「そう…」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 00:54:56.03 ID:nLvYADPV0

紬「おかしいと思わない?」

唯「何が?」

紬「私達のことよ。いくらなんでもできすぎているわ」

紬「毎日美しい友と楽しいティータイム、イベント」

紬「あのね唯ちゃん。人間というのは必ず一つや二つの苦悩を抱えていなきゃいけないの」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 00:56:42.74 ID:nLvYADPV0

紬「私達はどうかしら?」

紬「まるで誰かの作った物語のように美しく、できすぎているわ」

唯「フウン」

紬「そうでしょ!?唯ちゃん!」

唯「苦悩なら抱えているよ」

唯「ずーっとずっと前からね」

紬「え?」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 00:58:35.28 ID:nLvYADPV0

紬「嘘よ!それはありえないわ!」

紬「ありえるはずがないもの!」

紬「いやよ!」

唯「いひひ。ムギちゃんは気付いてなかったんだ」

紬「駄目よ!駄目なのよそれじゃ!」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:01:00.79 ID:nLvYADPV0

紬「物語の主人公である貴方が苦悩を抱えていてはこの世界は終わってしまうわ!」

唯「いひひ。安心してよ」

唯「私は言ったよね?ずっと前から苦悩を抱えていたと」

唯「ならどうして物語は終わらなかったか考えてみて」

紬「え」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:01:40.82 ID:nLvYADPV0

紬「私はもう帰るわ」

紬「じゃあね、唯ちゃん」

唯「じゃあね」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:08:44.46 ID:nLvYADPV0

クリスマスに女子高生自殺!!

クリスマスに女子高生投身自殺
昨夜、人が賑わうクリスマスの夜に驚きのニュース
なんと女子高生が自殺したのだ
自殺した女子高生は桜ヶ丘高校18歳の平沢 唯 さん
彼女は今までとくに悩み事など無く楽しそうに過ごしていたという
警察は何故一体このような自殺が起きたのか原因解明に向けて努力している



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:09:52.04 ID:nLvYADPV0

律「どうして…唯が…」

梓「あり得ないです…先輩が…」

澪「唯…」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:12:06.61 ID:nLvYADPV0

さわ子「わけが分からないわ…」

律「そうだよさわちゃん!」

律「唯は少し前まで全然元気だったじゃないか!」

律「あり得ない!どうして唯が!」

澪「唯は悩み事なんてあるやつじゃないと思うのに…」

澪「ああ見えてなんか悩みがあったのかな」

梓「どうして…相談してくれなかったんですか…
  どうして…死ぬ前に私に話してくれなかったんですか…先輩…先輩」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:13:33.64 ID:nLvYADPV0

さわ子「とりあえず、一番怪しいのはムギちゃんよ」

律「どうして式に出なかったんだろう」

澪「いくら用事があるとしてあり得ないよ」

澪「大切なけいおん部のメンバーが死んだのに」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:14:22.47 ID:nLvYADPV0

さわ子「今からムギちゃん家に行きましょう!」

律「そうだ!」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:16:23.10 ID:nLvYADPV0

さわ子「いるのー?ムギちゃーん」

律「いるんなら開けてくれよー」

紬「入ってどうぞ」

律「ムギー!なんでお前唯の式に来なかったんだよ!」

澪「そうだ!いくらなんでもあり得ないぞ!」

梓「そうですよ!」

紬「行く価値が無かったからよ」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:17:32.74 ID:nLvYADPV0

律「な、なんだとー!ぷんか!ぷんか!」

澪「こいつー!どかん!どかん!」

さわ子「とりあえず知ってる事を話して貰いたいわ」

梓「クリスマスの日。何があったんですか」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:19:13.09 ID:nLvYADPV0

紬「みんなはまだ唯ちゃんがあの唯ちゃんだと思っているみたいね」

紬「クリスマスで全部分かったわ」

紬「唯ちゃんは屑人間よ」

律「こいつぅー!もう怒ったぞ!」

澪「待て!やめろ律!」

さわ子「順を追って話してくれないかしら」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:20:49.65 ID:nLvYADPV0

紬「いいわ」

紬「私はクリスマスの前の夜に夢を見たの」

律「夢がなんだってんだよ」

紬「まぁ聞いて。その夢はとても悲しい夢だったのよ」

紬「ハッキリと鮮明に唯ちゃんが海に飛び込む姿が見えたの」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:22:20.58 ID:nLvYADPV0

紬「その後ろからはクリスマスの歌が聞こえてきたわ。
  私は起きてすぐ思ったの。これはクリスマスの夢だなって」

紬「その起きた日がクリスマスなもんだから焦ったわ。
  私はその日起きてからずっと心配だったのよ」

紬「唯ちゃんが自殺するんじゃないかって」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:24:37.29 ID:nLvYADPV0

紬「夢だからおかしいって思うでしょ?」

紬「だけど違うの。確かに夢だったことには変わりが無いのだけど、
  夢にしては鮮明すぎて、今まで見た夢の中でもかなり現実に近かったのよ」

紬「事実。私は起きて夢であることを安心したけど
  夢の中では夢とは気づけず、現実のことだと思っていたのよ」

律「それだけでそんな心配するかぁ?」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:26:47.54 ID:nLvYADPV0

紬「心配するのは大きな理由があるのよ」

紬「私が桜ヶ丘高校に入学する前の日も、丁度現実に近い夢を見たの」

紬「それは今でいう、唯ちゃんとりっちゃんと澪ちゃんと楽しそうに話してる夢だったわ」

紬「その時の私は当然知らないわけだけど、なんて楽しいだろうと夢の中で舞い上がっていたのよ」

紬「起きてからとても残念になったくらい、それくらい素晴らしい夢だったの」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:29:32.21 ID:nLvYADPV0

紬「そうして、そんな夢のこと忘れて合唱部にでも入ろうかと音楽室に言った時」

紬「澪ちゃんとりっちゃんがいたの」

紬「私はその瞬間、あの現実のような夢を思い出して振り返ったわ」

紬「この人達から離れるものですか」

紬「てなようにね。合唱部は当然捨ててけいおん部に入って、
  少しでも仲良くなろうとティーセットを持って来たりしたわ」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:31:15.22 ID:nLvYADPV0

紬「それがバンド名になるなんて思いもしなかったけどそれは別の話ね」

さわ子「つまり、正夢ってことね」

律「なるほど。つまり自殺するのは分かっていたわけか」

律「じゃあ、何で行く価値が無いとか言ったんだよ!ていうか分かってるなら止めろよ!」

紬「私もそうするつもりだったわ」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:33:41.35 ID:nLvYADPV0

紬「急に自殺しないで、なんて言えるわけがないじゃない」

紬「だから段々と少しづつ話しいくつもりだったんだけど」

紬「以外な事実が分かってしまったの」

紬「みんなは私達の世界が一つの物語っていうことは分かってるでしょ?」

律「まぁな、できすぎてるもんな」

さわ子「当然でしょ」

澪「うん」

梓「そりゃあね」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:36:08.09 ID:nLvYADPV0

紬「この完璧で美しい物語は当然、苦悩なんてないわけじゃない」

紬「だから唯ちゃんの自殺が本当に起こるとしたら唯ちゃんが死ぬだけじゃなく、
  この世界いいや物語が終わってしまうんじゃないかって考えだしたら心臓が凄い音をたてて」

紬「私は必死になったわ。
  クリスマスなんて上の空でなんとか唯ちゃんの自殺を止めなきゃと必死になったわ」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:38:18.03 ID:nLvYADPV0

紬「そうしたら唯ちゃんが」

「苦悩は抱えているよ」

「ずーっとずっと前からね」

紬「って言ったの」

紬「私はもう気を失いそうになったわ」

紬「ならどうしてこの物語は終わらないのかしらって気になっていたら」

紬「唯ちゃんは同じことを言ったの」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:40:14.26 ID:nLvYADPV0

紬「それで私気付いちゃったのよ」

律「何にだよ」

紬「唯ちゃんは唯ちゃんじゃないんだわ」

律「どういうことだ!」

紬「つまり唯ちゃんは嘘つきなのよ」

紬「苦悩を抱えていても、誰からも抱えてないように見えるし」

紬「嘘の天才なのに、馬鹿のふりをする。
  だけど唯ちゃんよ馬鹿が作りだとは誰も疑いもしなかったわ」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:42:05.36 ID:nLvYADPV0

紬「それが、唯ちゃんの本質よ」

紬「唯ちゃんは嘘つきなんだわ」

律「だから自殺したわけか」

紬「唯ちゃんももう嘘はやめたかったんだと思うの。限界になったんだわ」

紬「だから自殺したのよ」

さわ子「そういうことだったのか」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:43:45.62 ID:nLvYADPV0

梓「よくもこうぬけぬけと嘘をつけますね」

紬「何かしら、梓ちゃん」

梓「みなさん!嘘はムギ先輩なんですよ!!!」

梓「結局どんな事を言っても唯先輩が自殺した事実は変わらないわけじゃないですか!」

梓「それなのに!」

梓「どうしてこの世界が終わっていないんですか!!」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:46:58.12 ID:nLvYADPV0

律とか「!!!!!!」

紬「!!!!」

梓「おかしいです!たとえ主人公が唯先輩でないとしても私達は確かに苦悩を抱えたはずです。」

梓「誰か一人でも苦悩を抱えればこの世界は終わるはずです。」

律「じゃあ紬の夢の時点で終わっていたんじゃないか」

さわ子「この世界が物語という根本の事実が崩れそうね」

梓「それはあれですよ。杞憂というか、紬先輩が物語にとって非常にどうでもいい存在だったとか」

紬「ひどいわー」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:48:56.30 ID:nLvYADPV0

梓「この世界は物語というのも事実で苦悩を抱えれば終わるというのも変わりようが無い事実です!!!」

律「やっぱり屑人間は紬だったか」

さわ子「唯ちゃんの式に来ないくせに唯ちゃんを屑人間に仕立てあげるなんて」

紬「ち、違うわ!みんな唯ちゃんに騙されてるのよ!!」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:51:03.06 ID:nLvYADPV0

梓「そんなことありません!!ムギ先輩が絶対的な悪です」

律「そうだ!そうだ!」

紬「みんな落ち着いて、唯ちゃんに騙されのよ」

律「わけ分からんことをいうなー」

紬「もう、しょうがないなぁ」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:52:13.22 ID:nLvYADPV0

紬「とにかく落ち着いてよ」

紬「クリスマスに会ったのが私だけなのが問題なんだわ」

紬「唯ちゃんは確かに私に言ったのよ」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:53:41.58 ID:nLvYADPV0

律「お前の言ってることが信じられるか!!」

梓「もう我慢の限界です!!」

梓「ムギ先輩を殺しましょう!!!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:54:40.77 ID:nLvYADPV0

紬「お、落ち着いて梓ちゃん!!」

律「賛成だ!元から唯を殺したのはこいつだったのかもしれない!」

澪「唯の仇だー!」

さわ子「私も手伝うわー」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:57:01.16 ID:nLvYADPV0

梓「捕まえましたよムギ先輩」

律「さて、どうやって殺すか」

さわ子「こうやって縛るとボンレンスハム見たいね」

紬「ひどいわー」

澪「そこに丁度ある挽肉機に入れるっていうのはどうだ?」

まるでタイミングを見計らって置かれたかのように挽肉機が置いてあった

律「ナイスタイミングだな!」

さわ子「梓ちゃん、蹴り落としてやって」

梓「ヤッテヤルデス!!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:57:44.37 ID:nLvYADPV0

どがっ!!!

紬「タスケテー」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 01:58:09.37 ID:nLvYADPV0

律「ふぅ唯の仇はとったな」

梓「これでスッキリしましたよ」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 02:00:35.49 ID:nLvYADPV0

唯「いひひ。ムギちゃんは死んだみたいだね」

梓「アッ、唯先輩」

律「唯ーいたなら言えよ」

唯「ごめんごめん、何かみんな怖かったから」

澪「生きててよかったぞ!唯」

さわ子「じゃあ結局世界が終わってなかったのは唯ちゃんが生きていたからなのね」

梓「だからあの豚が嘘をついていたんですよ」

唯「まぁみんな、仲良くティータイムでもしようよ」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 02:01:46.15 ID:nLvYADPV0

唯「少し遅れたけど」

豚を除いたみんな「メリークリスマス!!」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 02:05:42.58 ID:nLvYADPV0

唯「ここにちょうどいいソーセージが出来たから食べようかー」

梓「いえーい!」

律「うまそーよだれがたれるー」

さわ子「えへへー」

澪「うやっ」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 02:06:54.27 ID:nLvYADPV0

梓「おいしいですね、このソーセージ」

律「ああ、たしかにおいしい」

唯「みんな幸せだね!」

澪「ああ!」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 02:11:00.55 ID:nLvYADPV0

唯「メリークリスマス!」










60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 02:14:53.31 ID:y3t/JmcO0

これは当初の予定通りの結末なの?





61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 02:18:31.21 ID:nLvYADPV0

>>60
これで終わった方がいいかなって思いまして
本当は唯と紬の勝負で最後、紬が死んだと思ったらソーセージから手紙が梓の口の中に入り込んで手紙の内容で唯が自殺が本当に自殺しるっていう共倒れENDは思いむいついた
だけどクリスマスだしこのまま終わった方がよかったかなって




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「メリークリスマス!」
[ 2011/12/24 05:26 ] 非日常系 | | CM(4)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:4861 [ 2011/12/24 14:31 ] [ 編集 ]

これ唯「澪ちゃんを殺しちゃった」の人?
なんかいつもと全然違うんだけど
面白くないし、狂気もない。模倣犯だろ

タイトル:
NO:4863 [ 2011/12/24 14:49 ] [ 編集 ]

なにいってんだこのキモオタ

タイトル:
NO:4864 [ 2011/12/24 18:37 ] [ 編集 ]

澪ちゃんを殺しちゃったとは別物の作品だと思うな
文章がしっかりしてないし地の文もあんまりない
俺は模倣では無いと思うし
このSSは結構面白いと思うよ
思わせぶりとか支離滅裂な感じでもなくちゃんとした物語になってる
その時点で澪ちゃんを殺しちゃったの作者とは別物だと思ってる

タイトル:
NO:4865 [ 2011/12/24 19:01 ] [ 編集 ]

澪ちゃんを殺しちゃったの人は文章力が凄くて学があって
それでいてわけの分からないSSなんだよな
どういう物語だった~見たいななのが無いのが澪ちゃんを殺しちゃったの
人だと思う
このSSは文章力は無くて誤字脱字も多くてわけの分からないキチアピに見えるけど
ちゃんとした一つの話になってるからね
最後の予定までちゃんと書いて欲しかったわ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6