SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ホラー >  唯「ドグラ・マグラ」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「ドグラ・マグラ」 【ホラー】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325599936/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:12:16.03 ID:GHNdsn620

巻頭歌

胎児よ

胎児よ

何故踊る

母親の心がわかって

おそろしいのか






7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:14:04.83 ID:ZLxRmPwH0

挫折しては読見直すのを繰り返してる
あの頭がおかしくなりそうな文章は気持ちいいけど疲れる



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:14:12.45 ID:IjXAtRZU0

俺のトラウマ小説かよ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:15:40.64 ID:V/u5AfwK0

巻頭歌とかエピグラムっていきなり物語の空気に入っていけていいよね



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:18:35.18 ID:n70B0jG40

>>7
繰り返すくらいなら少し途切れてでも一度読み切った方がいいと思う。どの本でもだけど。
間違っても映画には逃げるなよ。あれは別物だ。頭がおかしそうな雰囲気は似てるが、別物だ。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:19:41.36 ID:IXxKBPiU0

一度読む度にどっと疲れる



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:21:32.84 ID:g1UzXEoe0

>>14
映画見たいんだけどTSUTAYAには置いてないんだよなぁ。
Amazon見たらなんかプレミアついてるし。





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:13:28.80 ID:GHNdsn620

ブウウウーーーーーーンンンンン………。

唯「ムニャムニャ」

唯「ムニャムニャ」

唯「ン」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:15:30.29 ID:GHNdsn620

唯「ン!?」

唯「あれ?どこここ?」

唯「そもそも私は、私は…。」

唯「誰なんだ」

唯「オカシイ…」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:17:47.95 ID:GHNdsn620

唯「ん?」

「お姉さま。お姉さま。お姉さま。モウ一度今の声を聞かせてエーッ!」

唯「んんん?」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:20:35.27 ID:GHNdsn620

唯(どういうことだ…?)

「お姉さま。お姉さま。お姉さま。お姉さま。お姉さま。
 なぜ、なぜお返事してくださらないのですか?私です。お姉さま。の妹である私です」

唯(キチガイか。ほうっていよう)

唯「寝よう」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:22:49.55 ID:GHNdsn620

「今の声よ。今の声をモウ一度聞かせてください。お姉さま。
 どうして返事してくださらないのですか。お姉さま。」

唯(うるさくて寝れないや)

唯(それよりも状況整理が先じゃないか。ここはどこだろうか。監獄か。精神病院か。)

唯「私は誰なのか」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:24:19.48 ID:GHNdsn620

「お姉さま。返事してくれればここから出られるのよ。お姉さま。
 私が狂人でないことが認められるのよ。お姉さま。」

唯(!!!)

唯(出れるだって!?)

唯(いや、落ち着け。ただのキチガイだったら私は手を貸したことになるじゃあないか)

唯(ここは無視しよう)



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:27:12.47 ID:GHNdsn620

チュッチュッチョンチョンチュッチュッチョンチョン

唯「ん、雀の鳴き声」

唯「朝か」

唯(気づいていたら寝ていたみたい。それよりも昨日の声は夢だったのか知らん)

唯(ここに閉じ込められていることは変わらないみたいだけど)

唯(それより私は誰だったんだろう)



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:28:59.02 ID:GHNdsn620

唯「ん、日の光で鏡が見える」

唯「あ!」

唯「お、思い出した!私は唯じゃないか!」

唯「ん、顔が唯なんだから違いないや」

唯「なんだぁ唯だったのか」

唯「アハアハアハ」

コンコンコンコン



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:32:30.87 ID:GHNdsn620

唯「あ、」

?「こんにちは、やっと目が覚めましたね」

唯「ん?かなり眠っていたということですか?」

?「そういうことです。」

?「あ、名刺を」

桜ヶ丘仲良大学法医学部教授

中野 梓

唯「フウン。教授さんですか」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:34:36.63 ID:GHNdsn620

梓「ええ」

梓「それよりも貴方のことです」

梓「自分が誰か分かっていますか」

唯「ええ、そりゃあもう」

唯「私は平沢唯です」

梓「そうですか」

唯「ところで、どうして私はこんな所にいるんですか?」

梓「それは思い出してないんですか」

唯「はい。」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:37:30.19 ID:GHNdsn620

梓「分かりました。とりあえず今は目が覚めたばかりなので適当に館内を回っていていいですよ」

唯「ほぉ、じゃあ隣の部屋に行きたいのです」

梓「隣の部屋ですか?ここは端の病室なので6号室ですか」

唯「あ、じゃあそこに行きたいです」

梓「うーん。まぁ何かの手がかりになるかも」

唯「やった」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:38:57.59 ID:GHNdsn620

梓「どうぞ」

唯「!!!!」

唯「誰もいない…」

梓「ははぁここには誰もいませんよ」

唯「昨日の夜、声がしたのに」

梓「まずは落ち着くことが大切ですよ」

唯「そ、そうですよねぇハハハ」

唯(おかしい…確かにきいたのに)



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:40:25.69 ID:GHNdsn620

梓「とりあえず、どこまで覚えてるか分からないので簡単な記憶チェックをします。」

唯「は、はい」

梓「こちらの教授室に来てください」

唯「う、はい」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:44:12.25 ID:GHNdsn620

唯「うわぁ、何ですかねこれは」

梓「ふん、ここは教授室と言っても私の部屋ではないのです。」

梓「一ヶ月前に亡くなってしまった田井中博士の部屋なんですよ」

梓「ちなみにそれは狂人が自分で切り落とした左手の五本指と使った包丁」

梓「他にもオッドアイの猫の生首の剥製や、漫画や、色々ありますよ」

唯「こ、これがなんだってんですか」

梓「まぁこれはあんまり関係ありません」

梓「それより質問です」

梓「この飾ってある写真の人物が誰か覚えていますか?」

唯「い、いや…」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:47:01.72 ID:GHNdsn620

梓「覚えていませんか。まぁこれくらいの説明は大丈夫でしょう」

梓「この方こそさっき言っていた田井中博士ですよ」

唯「は、はぁ」

梓「田井中博士は天才でした」

梓「精神科学について研究していまして暗示などに強い興味を持っていたんですよ」

梓「ちなみに田井中博士の資料とか事件の詳細は面倒なので読んでいてください」

唯「どこへ行くんですか」

梓「別の患者を見に行きます」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:48:18.26 ID:GHNdsn620

唯「なになに…?キチガイ地獄外道祭文?」

唯「ふむふむ」

唯「スカラカチャカポコチャカポコ」

唯「な、長いなぁ…」

唯「早く事件のことについて知りたいから飛ばそう」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:49:16.32 ID:GHNdsn620

唯「なにこれは?胎児の夢?」

唯「胎児も夢を見る?田井中博士の論文じゃん」

唯「やっぱりおかしな人なんだなぁ」

唯「アハアハアハ」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:51:56.69 ID:GHNdsn620

律「いいかぁー!よくきけぇっ!」

律「胎児は夢を見るんだ!母親の胎内から出るまでの10ヶ月間の間に長い長い夢を見る」

律「それは記憶の保存という根本的な事から考えれば分かる事実である。」

律「記憶はどこにある?そこのお前、答えてみろ」

「え、えーと脳髄ですかね?」

律「ばか!ちげーよ!」

律「みんなは脳髄を考える所だったり、記憶をためる場所だと思っているのか?」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:54:28.57 ID:GHNdsn620

律「それは違う!記憶や物を考える場所は脳髄なんではない!」

律「細胞だ!細胞の一つ一つが記憶し、考えているのだ!!」

律「だから脳はそれを他に伝える電話交換所のような場所にすぎない」

律「だからみんな、脳髄な物を考える処じゃないんだ」

律「脳髄は物を考える処にあらず!」

律「よく覚えておけ」

律「え?それとこれに胎児の夢がどう関係してるかって?」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:57:26.65 ID:GHNdsn620

律「ばっかやろーう!少し考えれば分かることだろ!」

律「いいか、細胞が記憶しているということは」

律「胎児にも記憶、心理が遺伝するということだ!」

律「つまり我々人間は常に先祖からの記憶を受け継いでいることになる!」

律「つまり先祖代々からの記憶は胎内で夢として見ているのだ!」

「なんの証拠があって言ってるんだよー」

「そうでぃそうでい」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 23:59:46.43 ID:GHNdsn620

律「証拠はあるさ!まだ実証はできないけどな」

律「人には先祖からの考えや心理が遺伝する。」

律「つまり心理遺伝するのだ!!」

律「急に分けのわからないことをやり始めたり、
  何かの拍子でそうなったりなどのほとんどがこの心理遺伝作用なのだ!」

律「まぁ見ていろ!数十年たったら実証してやるからよ」




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:11:06.29 ID:Ua4tFR9z0

>>45
この部分がドグラ・マグラのキモだよなぁ。
ここに辿り着くまでに大体挫折するんだけど。





47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:07:22.55 ID:MG7UWze80

唯「フウン。おかしな人だなぁ」

唯「あ、事件記録だ」


梓の事件記録

平成十一年六月九日

女子高生大暴れ!2人死亡1人負傷
この衝撃的なニュースは
桜ヶ丘女子高校で起きた悲惨な事件である。

平沢 憂(17)が姉の軽音楽部部室にあったギターを振り回し、部員を何度も殴ったという。
この時部室にいた秋山澪、琴吹紬が頭を何度も殴られた為死亡
姉の平沢唯は頭を殴られたのが一回だったので負傷で済んでいるとのこと
なお、平沢憂がなぜこのような犯行に至ったかは現在精神科にて解明させるとのこと



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:10:58.95 ID:MG7UWze80

唯「!!!!!思い出した!」

唯「憂は私の妹だ!」

唯「確かに私の後ろ首あたりに殴られた跡がある!」

唯「その時の弾みで記憶が無くなったってわけか」

唯「なんだかスッキリした気がする」

唯「あ、まだ続きがある」


周りの人の意見

「憂がそんなことをするのは信じられない。
 本当に姉思いで姉の事を思って生きている憂が
 姉のギターで姉とその友達を殴るなんて信じられません」(同級生)

「憂?いつか爆発すると思ってたね、うん」(同級生J)



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:14:02.89 ID:MG7UWze80

唯「そうだよ…私だって憂のことが好きだったのに…どうして…」

唯「それに段々思い出してきた」

唯「りっちゃんが事件を解決するって精神科医になったこと」

唯「梓さんは別の学科だけど事件を解決しようと頑張ったって」

唯「だからみんな友達だったんだ」

唯「あれ?」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:15:27.25 ID:MG7UWze80

唯「なんでりっちゃんはなくなったんだ?」

唯「さっきあずにゃんが亡くなったって言ってたよね?」

唯「オカシイ」

律「だーれが亡くなったって?」

唯「りっちゃん!」

律「私を幽霊だって驚かないのは感心したぜー唯!」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:17:32.70 ID:MG7UWze80

唯「でもどうして!」

律「はっはーお前梓の言っていることを信じてたのかよー」

律「遺書も何にもないのにさーひどいぜー」

唯「だっだってあの時はまだ記憶が…」

律「まぁ記憶が無い状態で吹き込まれた事を真実だと信じるのは仕方がないことだよ」

律「だけど事実。あたしは生きてるぜ」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:24:55.00 ID:MG7UWze80

唯「折角思い出したのに訳が分からなくなってきたよ」

律「ん?」

唯「どうしてあずにゃんはりっちゃんは亡くなったなんて言ったんだろう」

律「そーれはな。私が梓と勝負してるんだよ」

唯「勝負?」

律「そ!唯はさっき私が書いた論文、胎児の夢は見ただろ?」

唯「うん」

律「それの心理遺伝の仕組みは分かるか?」

唯「え、えっと記憶しているのが細胞だとしたら、親とかの心理が遺伝されるっていうことだよね?」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:26:24.04 ID:MG7UWze80

律「だとしたら、じゃなくて細胞なんだよ。まぁそこの窓からあの人を見てくれ」

唯「あの耕してる男の人?」

律「そう。あの人は元からあんなに働き者じゃなかったんだよ」

唯「確かに体は細いし無理にやってるようにしか思えないよ」

律「そう思うだろ?だけどあの人の先祖がまたさー」

律「名前は分からないだろうから言わないけど、物凄い働き者だったんだ」

律「一度畑を耕すと昼までずっと耕して昼になると食事をとる。
  食事をとったらまたすぐ畑を耕すんだ。日が沈むまで」

唯「えぇ?すごいねえ」

律「だろ?その人の記憶が遺伝してあの人も畑を耕しているってわけさ」

唯「じゃああの人の家系はみんな畑を耕していたの?」

律「いい質問だな」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:29:14.69 ID:MG7UWze80

律「そういうわけでもないんだよ」

律「心理は遺伝されているってだけで普通の人はその先祖の記憶なんてないんだよ」

律「唯、唯は先祖の記憶を思い出せ。って言われても思い出せないだろ?」

唯「う、うん」

律「だから普通の人はそう。
  だけど何かの拍子でその先祖の記憶が現代の人の意識と入れ替わってしまうんだよ」

唯「何かの拍子?」

律「それは人によって様々だけど、あの人の場合は鍬だな」

律「鍬を握ることによって自分の中で眠っている先祖の心理が起きて、その本人と移り変わったわけだよ」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:32:54.39 ID:MG7UWze80

律「それで、あの人は意識が先祖だから畑を耕し続けている。」

律「今名前と時代を聞いても先祖の名前と生きていた時代を答えるだろうね」

唯「ふーん」

唯「それがどう関係しているの?」

律「私は憂ちゃんが起こしたこの事件が心理遺伝の発作によるものじゃないかと疑っていたんだ」

唯「憂の先祖が憂と入れ替わってギターを振り回したの?」

律「私はそういうことだと思っている。」

律「そういう仮説を立てたわけだな」

唯「それがあずにゃんが嘘をつくことにどう関係してるの?」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:36:30.20 ID:MG7UWze80

律「梓にとっては迷惑なんだよ」

唯「迷惑?」

律「私は梓を良い奴だと思ってた。
  この事件は憂ちゃんのせいじゃないとあたしが証明することに納得してくれると思ってた」

律「だけど違ったんだ。梓はそんなことは無い。犯人は紛れも無く憂って言ったんだよ」

唯「つまりどういうことなの?」

律「簡単に説明すると、梓は法医学部の教授だろ?最初に犯人は憂と決めつけたんだ」

律「当然みんな賛成。
  だけど急に私が犯人は別にいるって言い出したもんだから教授の立場としてたまったもんじゃないよ」

律「梓の言っていることにヒビが入れば信用は落ちてしまうからね」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:39:24.95 ID:MG7UWze80

律「だから私としての目的は唯の目が覚めたら心理遺伝の発作の引き金になった何かをききたいんだ!」

唯「引き金ってさっきの人でいったら鍬なんだよね?」

律「そうだ。そういう詳しいことをきこうとしていたんだけど梓が邪魔ばっかしてきてな」

律「梓としては自分の推理が外れるなんて嫌だから、あたしと唯を会わせたくないんだよ」

律「スッキリ、憂が暴れた。という事実だけを言って欲しかったんだ」

唯「だから死んだって嘘をついたんだ」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:44:12.02 ID:MG7UWze80

律「そこで梓はお前が起きるなり、すぐに事件資料がある教授室に連れていこうと思ったわけだ」

律「だけど教授室にはでっかな私の写真があることを思い出したわけだ」

律「そこで梓は律の事を思い出していたらマズい、あの写真で思い出されたらたまったものじゃない」

律「そこで咄嗟に思いついたのが私の死。死んだことにすれば思い出しても死んだのかーで済むからな」

唯「ふーん」

唯「だけどあずにゃんはさすがに馬鹿なんじゃないの?
  だってりっちゃんは教授室にいたわけじゃん。
  いるのに死んだって嘘をつくなんて馬鹿にもほどがあるよ」

律「あー説明してなかったな」

律「私、ストーブの中に隠れてたんだよ」

律「そこで大学を出たフリをしてたんだよ」

律「梓からすればチャンスだろうな」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:45:57.73 ID:MG7UWze80

律「邪魔な律はいない。律に関する情報は資料から取り除いて唯の記憶を操作しよう。とな」

律「そこで唯を迎えに言ってる隙に私がストーブから出て、
  キチガイ地獄外道祭文と胎児の夢の論文を資料に混ぜてやった」

唯「な、なるほどー」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:47:24.29 ID:MG7UWze80

律「こうさせた後で私の印象つけとけば出てくる時楽だからな」

唯「つまりあずにゃんとりっちゃんは頭脳戦を繰り広げていたんだ…何か恐ろしいな」

律「さて、本番だぞ。事件に関することで何か思い出さないか?」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:51:48.77 ID:MG7UWze80

律「一応調べはついてるんだよ」

律「憂、唯の先祖は平沢彩子っていう人がいたんだ」

律「その人は姉を友達に取られる悔しさで暴れてしまったわけだね」

律「その心理が遺伝したと私は考えている」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:54:43.93 ID:MG7UWze80

唯「確かに筋書き通りだね」

唯「憂が嫉妬しただなんて」

律「ただ分からないことが一つあるんだ」

律「その引き金がなんだったかってことだよ」

律「最初はギー太かと思ったんだけど憂ちゃんが触ってないはずがないよな?」

唯「うん。憂は何度も1年の頃から触ってるよ」

律「とすると2年たってからっていうのは流石にあり得ない。何度も機会はあったはずだしな」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:59:32.31 ID:MG7UWze80

唯「なんなんだろうねぇ」

律「それが謎なんだよな」

律「それさえ分かれば憂ちゃんは無実になるぞ。また二人で暮らせるぞ」

唯「そっか、そうだよね。
  あんなに酷いことをしたって意識が乗っ取られていたんなら仕方が無いよね」

律「そういうことだ」

唯「でも、事件の時の記憶は殆ど無い」

律「頼む!思い出してくれ」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:01:32.93 ID:MG7UWze80

唯「フウンだけど少し疲れたかな」

律「まぁ、今日一日だけで凄い話きいたもんな、少し休んでもいいぞ」

唯「そうするよ。じゃあこのソファーで」

律「ああ」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:04:13.11 ID:MG7UWze80

「起きてください!起きてください!」

唯「ん?」

梓「やっと起きましたね、
  資料を見させたら寝込んでたんだからたまったもんじゃありませんよ」

唯「あ、あれ?りっちゃんは?」

梓「律先輩?夢でも見てたんですか?」

唯「あずにゃん!嘘はやめてよ!全部分かってるんだよ」

梓「なんのことですか?それにあずにゃんって…」

唯「え?どういうこと?さっきまでりっちゃんが」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:05:33.29 ID:MG7UWze80

梓「そろそろ落ち着いたよね?」

唯「え、うん」(やっぱ夢だったんだ)

梓「本当のこと、話すよ」

唯「う、うん」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:07:28.51 ID:MG7UWze80

梓「憂…」

唯「え、憂って、憂は私の妹だよ!」

梓「とぼけないで、貴方は憂でしょ」

唯「え…」

梓「起きた時には唯って言い出すからビックリしたよ」

唯「ワタシは…ワタシ…ウイ?」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:09:35.29 ID:MG7UWze80

梓「本当にわかんないの?」

梓「混乱したんだよ。現場には同じ見た目の二人が気を失っていたんだから。」

梓「捜査している内にどっちが唯先輩でどっちが憂だか分からなくなって」

唯「ち、ちがう!りっちゃんは!」

唯「りっちゃんにきけばわかるよぉ!」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:10:57.82 ID:MG7UWze80

梓「やっぱり思い出せないんだ」

梓「律先輩も、憂が殺したんでしょ」

唯「え………」

唯(わ、わけが分からない確かに私と憂はそっくりだけど、事件資料にはりっちゃんは)

唯(それにさっきの夢は)



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:13:30.68 ID:MG7UWze80

梓「今から一ヶ月前」

梓「唯先輩の目が覚めてからその後に憂の目も覚めたんだよね」

梓「そこから取り調べしてる間に憂が暴れ出して」

梓「律先輩と唯先輩は殺された…」

梓「憂!認めて!唯先輩のフリしていないで認めて!」

梓「私はそれで充分なの」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:15:42.76 ID:MG7UWze80

唯(違う…どう考えても違う…!)

唯(私は完全に唯。唯なのにどうして憂と間違えているんだろう!)

唯「ど、どうして私が憂だと思うの?」

梓「それは暴れて2人を殺したのが貴方だからでしょ!」

唯(やっぱりだ!事件の時は私と憂は見た目そっくりだったんだ!)

唯「違うよ!勘違いをしてるよ!」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:17:11.45 ID:MG7UWze80

唯「あずにゃんはどっちがどっちだか分からなくなってるんだよ!」

梓「そんなこと!」

唯「ある!!」

唯「私は正真正銘唯なんだよ!記憶も完全に唯以外の何物でもないんだよ」

梓「そ、そんなこと…」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:18:48.00 ID:MG7UWze80

梓「じゃあ、唯先輩は人殺しなんですか?」

唯「あ」

唯(私が唯だとしても、残った方だから必然的に殺したことになるのか)

唯「そう…かもしれない」

唯「だけど私は絶対に唯だよ」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:20:09.61 ID:MG7UWze80

梓「そ、そうなんですか」

唯「う、うん!」

唯「ん」

梓「どうしたんですか!」

唯「あ、あああああああ」ダッ

梓「どこへいくんですか!!」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:23:10.51 ID:MG7UWze80

唯(気づいたら走っていた)

大学を出て、そこらへんをずーっと走った
可愛い犬の鳴き声。うるさいトラックの騒音。路上で歌う若者。
元気に遊んでいる少年達。泣いている迷子。過ぎ去る飛行機の音。吹く風の音。

唯(憂だ!憂が犯人だったんだ!)

唯(憂が私以外のみんなを殺す為に仕組んだ完全犯罪だったんだ)

唯(全部思い出した…!あの日のことも)



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:26:08.43 ID:MG7UWze80

律「やっぱりわかんないな」

看護師「憂さんがおきました!」

律「おおっ!来たか憂ちゃん」

律「重要な事件に関わっているんだ!」

憂「………………」ガタッ

律「う、ぐぐぐなにするんだよ憂ちゃん」

律「やめ、やめろ…」

唯(憂…なにしてるの!!!)

唯(今起きたら巻き込まれるかも)



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:28:45.66 ID:MG7UWze80

憂「律さんって馬鹿ですよね。
  丁度先祖にそれっぽい人がいたら、
  すぐ心理遺伝なんかのせいにしようとするんだから。
  私が都合良く仕組んだとも知らずにね」

律「そ、そんな…ぐ」

憂「そのお陰で今梓ちゃんはいませんね。本当にありがとうございます。」

唯(憂は気づいてないんだ!私の存在に)

憂「まぁ梓ちゃんも後で殺すけどね」

律「やめ…」

憂「ふう」

唯(あ、あずにゃんまで!)



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:30:41.73 ID:MG7UWze80

唯「憂!全部きいてたよ!」

憂「お、お姉ちゃん…いたなんて」

唯「許せない!全部こじつけられるように仕組んでみんなを殺すなんて!」

憂「だっだって!」

唯「許さないっ!」ガシッ

憂「お、ねえちゃ…」

唯「ぐううう!」ググググ

憂「……」

唯「はぁはぁ…意識が…」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:34:10.64 ID:MG7UWze80

唯「全部憂が仕組んだことだったんだ」

唯「あずにゃんはそれを知らずに…」

唯「あずにゃんに伝えなきゃ」

大急ぎで来た道を戻りました

梓「憂!どこへ」

唯「ち、ちがうんだよあずにゃん…本当は!」

梓「お、落ち着いて!ハッキリと」

唯「あ、あ………」

梓「意識を失っちゃダメ!駄目なの」

唯「………」

梓「あ、あ」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:35:01.13 ID:MG7UWze80

ブウウウーーーーーーーンンンン………。

唯「ムニャムニャ」

唯「ムニャムニャ」

唯「ン」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:36:28.58 ID:MG7UWze80

梓「律先輩。やっぱり貴方の言っていたことは正しかったんですね」

梓「絶対に律先輩の願い通り、事件を一旦全部まとめてから無実にしてみせます。」

梓「だけど、次はいつ起きるのか」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:37:13.99 ID:MG7UWze80

梓「だけど頑張ります!律先輩!」

梓「何度だって!」







99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:38:08.10 ID:MG7UWze80

これで終わりです
やっつけ感はありますがこんなのでいいかと
もう寝ます




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:41:44.51 ID:PARO5cyvO

ドグラマグラは最後の方で正木教授が登場がしたあたりから最高



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:46:08.26 ID:vIePpYP60

>>100
分かってるなお前



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:46:23.89 ID:7/oCOlvH0


次、二つの作品を使う時はどっちも絡ませてくれると嬉しいかもです。



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:49:28.14 ID:Ut9ItN0x0

お疲れ
楽しませてもらったよ



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:53:50.39 ID:vIePpYP60

まとめると

憂は遺伝関係無く唯以外の軽音部を殺そうとして
唯は単純に憂に殴られて
どっちがどっちだか分からない状態で精神病院に運ばれる(この時憂がわざと髪解いたりしたのかな?)
心理遺伝で先祖に何かいたのは偶然?
それで唯がそれに気付いて憂殺したけど気絶。憂に間違われる。
毎回真実を思い出すけど梓に告げる前に気を失って堂々巡りの目眩ましってわけだな



106 名前: 忍法帖【Lv=39,xxxPT】 :2012/01/04(水) 01:55:41.56 ID:wuoaHQuBO

このスレ見て途中でドグラマグラぽちってきた
もちろん結末はここでは読まん
しかし文庫版は上下巻で送料込みで1500円とは
なかなかやるな



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:58:06.10 ID:vIePpYP60

>>106
このスレは大分違う感じになってるけど
やっぱり読まない方がいいね
本家は比べ物にならないくらい長い文章だから頑張れよ
読んでても面白いから



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:03:54.47 ID:QLXs60eR0


買うかどうかどうか迷ってる奴は青空文庫でざっと流し読みしてもいいけどな
「瓶詰めの地獄(瓶詰め地獄)」、「いなか、の、じけん」、「鉄鎚」とか他の作品も面白い



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:21:22.22 ID:6jGQoOWj0

>>108
全部読めるの?



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:23:47.76 ID:Ut9ItN0x0

>>109
読めるよ






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「ドグラ・マグラ」
[ 2012/01/04 18:54 ] ホラー | 夢野久作 | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5018 [ 2012/01/04 20:40 ] [ 編集 ]

何がおもしれーんだこれ

タイトル:
NO:5063 [ 2012/01/07 17:39 ] [ 編集 ]

原作丸パクでつまらん

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6