SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  梓「TEENAGERS」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「TEENAGERS」 【非日常系】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286002889/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:01:29.82 ID:CzbCdiHZ0



律「若者のすべて」

とある放課後
6時限終了直後
澪が今日の部活を休みたいと言い出した

まあ、たまにはいいかと思いながら
私は今日の部活の中止を決めた

それから少しして
梓から部室に来るようメールが来た
中止ということを伝えようと思って
部室に行くと
真剣な顔をした梓がいて
私にこう言った

「律先輩と澪先輩って付き合ってるんですか?」





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:03:38.22 ID:CzbCdiHZ0

私は答えた

「付き合ってないよ。幼馴染で、親友だよ。」


コレで合っているはずだ

告白したわけでも、されたわけでもない
ただの幼馴染

家が近くで、高校も一緒
今までのほとんどが澪と一緒で
私の人生に欠かせない親友だ

「そうですか…」

梓は愁いを帯びた表情で外を見つめる
校庭では運動部の人達が部活の準備を始め
忙しそうに行き来していた



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:05:46.65 ID:CzbCdiHZ0

「梓?どうかしたのか?」
私は先輩らしく後輩を気遣う

「私…その…澪先輩が好きなんです」

「そうか…」
普段のように茶化すことも出来ない
まあ、真剣に悩んでる人を茶化すようなことはするつもりはないけど…

「あの…それで律先輩…」

「ん?どうした?」

「今日…告白しようと思うんです…」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:07:55.01 ID:CzbCdiHZ0

私は言葉を失った
正直ショックだった

もしうまくいったら
どうなる?
親友を失うわけじゃないけど
関係は変わるだろう

もしうまくいかなかったら
どうなる?
軽音部が壊れてしまうかもしれない

「そうか…」

「はい…」

無理だと言うことはわかっているのに
私はこの楽しい時間が続くと思っていた
今まで目を背けていたことを突きつけられた
そんな気がした
いや、そのとおりだった



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:10:03.83 ID:CzbCdiHZ0

「じゃあ律先輩、失礼します」

私は無言で右手を上げ梓を見送った

しばらく私はそのまま物思いにふけった
どのくらい経っただろうか
下校のチャイムが鳴り響いた
いつもは何気なく聞いていた下校を告げる
終わりを告げるチャイムが今日はやけに胸に響いて
私は学校を後にした

ひとりの帰り道
街頭の明かりがつき私は帰りを急ぐ
急ぐ理由は何も無いのだが
よくわからない嫉妬や独占欲、楽しかった日々の終わり
いろいろが混ざって
焦っているのだろうか
なんだか、よくわからなくなった



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:12:12.08 ID:CzbCdiHZ0

私はたくさんの思い出について考えた
私の夢、願望は途切れてしまったのだろうか
ただ漠然と楽しい時間を取り戻したいと考えては諦める

何度もまぶたの裏側に澪の顔が浮かぶ
出来るのならずっと私の隣に居てほしい

でも、コレは私のわがままだ
まだ恋愛感情なのかすらわからない
隣に居てもらっても何が出来るかわからない
何も与えられないかも知れない
だから一緒に居てくれなどとはいえない
中途半端なのだ



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:14:20.44 ID:CzbCdiHZ0

でも、無性に澪に会いたかった
会っても話すことに困るだろうけど
話さなくてもわかるような
そんな気がしていた

そんなことないよな
あったらいいのにな
会ったら伝えられるかな

そんなことを考えながら
私は目を閉じて
澪を思い浮かべた



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:16:30.88 ID:CzbCdiHZ0



澪「星降る夜になったら」

夕焼けは終わりの色だ
なぜかは解らないけど
解っても意味は無いのだ

学校の帰り道
いつもの坂道
ここからは街全体を見下ろすことが出来る
寂しそうな遠くの鉄塔
温かそうな街の明かり
そして私と
大好きな幼馴染の家



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:18:39.34 ID:CzbCdiHZ0

茜色に染まった空
1番星ももう出ている
探してみると他にも星が出ていた
目を凝らさないと見えないが
それでもちゃんと光っていた
もうすぐ彼らの時間が来る

なんて素敵なんだろう
人々が休み癒される時間
それを作り出す小さな明かり
何億光年と離れているのに
ちゃんと届く
ちっぽけな私はただただ感動することしか出来ない

私の気持ちもいつか届くのだろうか
と考えるが、結局は自分次第なのだと毎回思う



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:20:47.71 ID:CzbCdiHZ0

何億光年
その距離と比べたらものすごく近い距離
具体的に言えば徒歩1分
普段はいつも一緒に居るから
もしかしたら光よりも早く伝わるのかもしれない

そう
ただ一言「好きだ」と言えばいいだけの話
私は律が好きなんだ

今は律は隣に居ない

今朝私が登校すると
下駄箱に手紙が入っていて
それはラブレターだった

放課後 下校のチャイムがなる頃 
屋上に来てください
私の気持ちを伝えたいです



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:22:56.76 ID:CzbCdiHZ0

それだけのシンプルな手紙だった
そのシンプルさが心に響いた
きっと長い時間をかけて
推敲を重ねたのだろう
合っているかは解らないけど、そう思えた

6限目終了直後
私は律に部活を休むことを伝えた

律は一言

「じゃあ、今日は休みだな」

と言った
私がいないとぐだぐだになって練習どころじゃないと思ったのだろう

まあ、いてもろくに練習にならないのだから
当然の判断なのかもしれない
でも、梓は練習したいんだろうな
頭の片隅でそんな考えが浮かび
消えていった



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:25:06.72 ID:CzbCdiHZ0

そして放課後
私は屋上へと向かう
付き合う気持ちはまったくないのだが
相手に対して誠実に接したい
そう思っていた

階段を上り、重々しい扉を開け
下校のチャイムを聴いた

夕日がまぶしかった
私は目を細め、凝らし
風に揺れる長い髪の毛
小さな体
赤く染まった頬を見た
その女の子は良く知っている女の子
同じバンド、同じ部活の後輩だった

「来てくれたんですね。澪先輩」

そういって梓は微笑む
しかしその笑顔は
私の言葉で泣き顔に変わった



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:27:15.16 ID:CzbCdiHZ0

私はまっすぐ家に帰る気になれず
坂道から街を眺めた
いつもどおりの街だけど
いつもどおりの風景だけど
まったく違うものに見えた

私が梓の笑顔を壊した
軽音部も壊すのかもしれない
そう思うと綺麗な夕焼けが
ひどく狂おしく、美しく見えた

私は鞄からカメラを取り出し
レンズ越しに街を見た
いつもどおり
何も変わらない街を眺め
この世の終わりのような空を眺め
幼馴染の家を眺めた
律の部屋には明かりがともっていて
それを見た瞬間
いろいろなことがどうでもよくなった



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:29:23.58 ID:CzbCdiHZ0

ただ律に会いたかった
会って、この気持ちを伝えよう
それだけ、それだけを思った

久しぶりに全力疾走をした
周りの景色が急激に変化して
今までとは違う私に
今までとは違う気持ちになれる気がした
日が沈んで新しい世界が来た
星が落ちていくのが見えた
私はその流れ星より早く坂道を駆け下りた



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/02(土) 16:31:44.94 ID:CzbCdiHZ0

teenager_end_aa.png




関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「TEENAGERS」
[ 2012/01/08 14:12 ] 非日常系 | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5077 [ 2012/01/08 14:51 ] [ 編集 ]

いいタイトルだ

タイトル:
NO:5078 [ 2012/01/08 14:58 ] [ 編集 ]

フジファブリックか

なかなかよかった

タイトル:
NO:5219 [ 2012/01/14 16:27 ] [ 編集 ]

   最後の絵が妙な安心感を与える     様な気がする

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6