SS保存場所(けいおん!) TOP  >  エロ >  和「Xな彼女とYな私」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






和「Xな彼女とYな私」 【エロ】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325606190/l50
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325606190/l50



管理人:エロあります。閲覧にご注意下さい。





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 00:56:30.92 ID:dKubzPEK0


私の名前は『真鍋 和』

『和』とかいて『のどか』と読みます。

今でも『かず』と間違えられたり、

小学校の時なんか男子に『わちゃん』なんてからかわれたこともあったわね。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:03:38.72 ID:dKubzPEK0


そんな私も今では高校生。
地元の女子高に通っています。

私には、少し人とはちがう所があります。

それは…



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:07:23.56 ID:dKubzPEK0


ーーーーー


ピピピピッ、ピピピピッ


和「んっ…」

ピピピピッ、ピピピ
カチッ


和「ふぁ…」ノビー

和「(最近勉強が忙しいせいか、なかなか疲れがとれないわね…)」

和「(お手洗いに…)」ヨイショ

和「あっ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:13:37.11 ID:dKubzPEK0


和「(…やっぱり、朝はおっきくなるわね)」


実は私は女性でありながら、男性器を持ち合わせているのです。

私は本来『かず』という名前をつけられるはずだった。
産まれた時、私は男児だと思われていたのですが…

私は通常の女性器に加え、まるで陰茎のようなものが付いています。
『ふたなり』なんて言い方をしている輩もいるみたいですが…。

ちなみに、この事は身内しか知りません。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:21:43.39 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

つうがくろ!


唯「あ、和ちゃん!おはよー」

憂「和さん、おはようございます」

和「あら、2人ともおはよう」

彼女たちは私の幼馴染み。
姉の唯はいつもぼーっとしててドジな所も有るけれど、
何かに夢中になるとすごい集中力を発揮するの。
唯は私を頼りにしてくれてるみたいだけど、
本気の彼女にはきっと敵わないんだろうなって思うわ。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:26:56.62 ID:dKubzPEK0


唯「えへへ、朝から和ちゃん分補給~!」ダキッ

和「ちょっと、引っ付かないでよ」

憂「お姉ちゃん、和さん困ってるでしょ」


そしてこっちが妹の憂。
家事に勉強になんでもこなす、とても優秀な子。
いつも唯の世話をしてて、ほんとどっちがお姉さんなんだか…。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:31:26.47 ID:dKubzPEK0


唯「ほら、憂も和ちゃん分補給しときなよ~」ギューッ

憂「……」

和「う、憂…?」

憂「えへへ、和ちゃ~ん」ギューッ

和「ちょっと憂まで…もぅ…」


でも時々私に甘えてきたりして、やっぱりこの二人は姉妹なのねって。
まあ、こんなかわいい子たちに懐かれて悪い気はしないけど。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:38:01.93 ID:dKubzPEK0


和「えっと、そんなに引っ付かれると歩きにくいんだけど」

唯「もうちょっとー」ギュ

憂「ちょっとー」ギュ

和「はぁ、しょうがない子たちね…」


幼い頃から彼女たちと遊んでいたせいか、私自身の思考も女性に近いみたいです。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:45:40.38 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

ほうかご!


律「ふー、まぁ今日はこんなとこかな」

唯「ちかれたー」キュウ

梓「もぅ、これくらいで根をあげないでくださいよ」

澪「そうだぞ。普段からこれくらいは練習しないと」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 01:52:09.22 ID:dKubzPEK0


紬「まぁまぁ、今日はみんながんばったんだし、ね?」

律「そーそー。ってか早く帰ろうぜ」

澪「まったく…明日もしっかり練習するから。いいな?」

唯「ほーい。あっそうだ。みんな先に帰っててもらっていいかな?」

律「ん?どうかしたのか?」

唯「いやー、まだ和ちゃんが残って勉強してるだろうから、一緒に帰ろうと思って」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:01:15.12 ID:dKubzPEK0


律「そうかー。いやぁ、妬けますなぁ」ニヤニヤ

唯「和ちゃんは私の嫁」キリッ

律「そーかそーか。それじゃ、和とお幸せにぃ」プププッ

唯「りっちゃんも澪ちゃんとなかよくねっ」

律「おう!私と澪はいつでもラブラブだからな」ニヤニヤ

澪「なっ!バッバカなこと言ってるんじゃない!///」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:07:12.93 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

せいとかいしつ!


和「ふぅ、今日はこれくらいにしておきましょうか」

風子「そうだね。ごめんね、いつも勉強見てもらっちゃって」

和「いいのよ。それに私がわからない所だって教えてもらっているし、お互い様よ」

風子「そう言ってもらえると助かるわ」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:15:24.40 ID:dKubzPEK0


風子「それにしても、生徒会室使っちゃっていいの?」

和「まぁ…本来はよくないんでしょうけど、今日は生徒会もなかったし別に構わないわ」

風子「そっかぁ。じゃあそろそろ帰ろっか。私まだ英語の課題残ってるし」

和「そうね、私も最後の長文が…
  あっ!先に行ってもらっていいかしら?課題のプリント忘れちゃったみたいで」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:23:22.27 ID:dKubzPEK0


風子「意外と真鍋さんもおっちょこちょいな所あるんだね」ニコニコ

和「私だって完璧超人じゃないわよ」

風子「そーかなぁ。じゃあ私は予備校があるから先に行ってるね」

和「えぇ。それじゃあまた明日。夜道は気を付けてね」

風子「ふふふっ、ありがとう。真鍋さんもね」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:29:24.36 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

げたばこ!


唯「あ、風子ちゃん!」

風子「あ、平沢さん。まだ残ってたんだ」

唯「うん!今日は和ちゃんと帰ろうと思って待ってたんだぁ」ニコニコ

風子「そっか。真鍋さんなら忘れ物があるからって教室に行ったわよ」

唯「そうなんだ。じゃあ和ちゃんを迎えに行ってくるよ」フンスッ



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:33:09.11 ID:dKubzPEK0


風子「クスッ、ほんと平沢さんと真鍋さんは仲がいいね」

唯「もちのろんだよ!それじゃあ風子ちゃん、また明日ね」タッタッタッ

風子「うん、またね」ヒラヒラ

風子「(やっぱり幼馴染み同士って…いいわよねぇ~)」ホワホワ



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:38:26.38 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

きょうしつ!

ガラガラ


和「あ、よかったぁ」

和「(ふぅ、これを忘れると宿題ができないところだったわ)」

和「…」

和「(もう大分遅いし、誰もこないわよね…)」



29 名前:眠くなってきた…:2012/01/04(水) 02:43:41.84 ID:dKubzPEK0


ガタッ


和「ふふふっ(唯の席からはこんな風に見えるのね)」

和「あら?」

和「(あの子ったら、体操服忘れてるじゃない)」

和「しょうがないわね…」

和「(唯の体操服…)」

和「……」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:49:04.97 ID:dKubzPEK0


ゴソゴソ


和「(って何考えてるの!これじゃまるで変態じゃない!)」ブンブン

和「……(ちょっとだけ…)」

和「…」クンクン

和「んっ…(唯の匂い…)」

和「あっ」ムクムク



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:51:47.39 ID:dKubzPEK0


和「(誰も…来ないわよね)」

シュル
ポロンッ


和「はぁっ…ふぅ…」ナデナデ

和「(やだ…私、こんな所で)」

和「くぅ…唯っ…」シコシコ

和「んっ…はぁ(でも…止められない)」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 02:57:13.19 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

きょうしつまえ!


唯「(まだ和ちゃんいるかなぁ…?)」ノゾキ

和「はぁ…ふっ…」

唯「(あれ?私の席で何やってるんだろ?)」

唯「和ちゃーん、一緒に帰…」

和「っく…えっ…?ゆ、唯っ!?」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:04:07.17 ID:dKubzPEK0


唯「えっと…何してるの?私の…体操服だよね…」

和「ちがっ!えっと、忘れ物しちゃって、そしたら唯の

唯「!?和ちゃん、そ、それってまさか…おち…え!?」

和「あっ!?」

和「ちっ、違うの!これはその…(どうしよう!見られた!)」

唯「だって和ちゃん女の子なのに…なんで…」

和「いやっ!見ないで!!!」バッ



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:09:37.19 ID:dKubzPEK0


唯「和ちゃん…」

和「お願い…見ないで」ジワッ

唯「…」

和「私…おかしいでしょ?女なのにこんな身体」

和「それに時々、女の子に対してその…えっちな気持ちになったり…」

和「気持悪いでしょ…」

唯「そんなこと…」

和「私なんて…生まれてくるべきじゃなかったのよ」

パシッ



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:13:26.12 ID:dKubzPEK0


和「っ!?」

唯「和ちゃんのバカ!」

和「ゆ、唯…」

唯「そんな悲しいこと…言わないでよ…」ギュッ

唯「だって和ちゃんは和ちゃんだもん。わたしは和ちゃんのこと大好きだよ」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:19:00.53 ID:dKubzPEK0


和「…やめて唯」

和「お願い、これ以上優しくしないで…。じゃないと私、唯に酷いことしちゃいそうなの」

唯「………」

唯「…いいよ」

和「えっ?」

唯「私、和ちゃんになら何されたっていい」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:23:22.04 ID:dKubzPEK0


和「唯、あなた何言って

チュ


和「!?」

唯「私は和ちゃんのことが好き…ううん、愛してる」

唯「気づいたら…ずっと和ちゃんのこと見てた」

唯「いつも一緒にいてくれて、一緒に笑ったり泣いたり」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:26:40.19 ID:dKubzPEK0


唯「私には和ちゃんの苦しみを解ってあげられないかもしれないけど…」

唯「でもね、それを受け止めてあげることはできる」

唯「だから…」プチップチッ

ハラリ


和「!?」

唯「…いいよ、好きにして」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:32:43.23 ID:dKubzPEK0


和「唯っ!」ガバッ

チュウ


和「唯…はむ…ちゅ、れろ…」

唯「和ちゃ…あむっ…、じゅる…」

和「ぷはぁ…唯、好き」パクッ

唯「んぅ、あん…私も…」

チュパチュパ
ジュルルル


唯「ああん!…もっと優しく



46 名前:眠い…:2012/01/04(水) 03:43:34.89 ID:dKubzPEK0


和「」スッ

唯「そ、そこは!んぁ」ビクンッ

クチュクチュ


唯「の、和ちゃ…そこ汚いよぅ…っんん…!」

和「唯…」ピチャピチャ

クチュクチュ
ジュルジュルッ

唯「ゃん…切ないよぉ」ハァハァ



49 名前:がんばるー:2012/01/04(水) 03:48:53.83 ID:dKubzPEK0


和「唯…私もう…」ハァハァ

唯「…うん」

グググッ


唯「!!?ぃつうっ(い、痛いっ!)」

和「ふっう…ゆいぃ」ググッ

ズリュ


唯「んっ!…くっ…はぁ!」ギュウ

ズリュ、ズリュ


和「ふっ、あっ、はぁ」ズリュ、ズリュ



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:52:15.01 ID:dKubzPEK0


唯「くぅ!!の、和ちゃ…(いたい…でもっ…)」フゥッ

和「あぁ!唯、私もうっ!」

唯「あっ、ぁあっ、んっ、んっ!」

唯「うっつ…んぁ…っくぁ…あっ!」

唯「い…いよっ…きて…あっ…いっ!!」

和「はぁっ…はぁっ…っゆいっ!」

和「あぁ…ゆいぃぃぃいいっ!!」ビクンッ



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 03:56:12.98 ID:dKubzPEK0


ーーーーー


和「…」ハァ、ハァ

唯「ん…」ハァ、ハァ

唯「和ちゃん…」ハァ、フゥ

和「わ、私、なんてことを…」

唯「ううん、これは私が望んだことだから」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 04:00:36.20 ID:dKubzPEK0


和「でも血だって出てるじゃない…」

唯「大丈夫だよ。まぁちょっと痛かったけどね」エヘヘ

和「ごめん…」

唯「ううん!謝らないで!」

唯「それに…和ちゃんと一緒になれて」

唯「私、うれしかったから」ニコッ

和「唯…。ごめんね、ごめんね…」ポロポロ



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 04:07:39.28 ID:dKubzPEK0


ギュ


和「!?」

唯「よしよし」ナデナデ

和「うぅ…。ゆ、唯…」ポロポロ

唯「和ちゃんも辛かったんだよね…。でももう大丈夫だから、ね?」ニコッ

唯「これからは私が全部受け止めるから、もう一人じゃないから」ナデナデ

和「ゆぃ…ぐすっ…うぅ…」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 04:15:19.08 ID:dKubzPEK0


ーーーーー


唯「…落ち着いた?」

和「…えぇ」

唯「そっか、じゃあそろそろ帰ろっか」

和「あ、あのね…」

唯「なぁに?」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 04:20:34.55 ID:dKubzPEK0


和「手…繋いでもいいかしら?」

唯「もちろんだよ!」ギュー

唯「私達はもう恋人同士なんだからね」エヘヘ

和「…なんだか順序が違うような」

唯「あっ、それを和ちゃんが言っちゃうかなぁ」

和「うっ…」

唯「じょ、冗談だよ!私は今、幸せいっぱいなんだから!」ギューッ

和「唯…ありがとう」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 04:33:08.87 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

ひらさわけ!

ガチャ


唯「たっだいまー!」

憂「あ、お姉ちゃんおかえり。遅かったね、心配したんだよ?」

唯「いやー、ちょっとね~」ニコニコ



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 04:41:02.75 ID:dKubzPEK0


憂「どうしたのお姉ちゃん?やけに機嫌がいいね」

唯「えへへ、そうかなぁ~♪」

憂「それに歩き方、ヘンじゃない?」

唯「へっ///そ、そんなことないってば///」

憂「そう?もうすぐゴハンの用意できるから、もうちょっとまってね」

唯「ういー、いつもありがとねぇ」

憂「いえいえ、どういたしまして♪」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 04:50:48.51 ID:dKubzPEK0


憂「あ、そうそう。日曜日なんだけどね、純ちゃんと梓ちゃんと遊びに行くから」

憂「お姉ちゃんの予定は?ウチにいるんだったらお昼は作って行くけど…」

唯「そうなんだぁ。…じゃあ私はうちにいよっかなぁ~」

憂「うん、わかった。それじゃあお昼用意しておくね」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 07:31:01.56 ID:dKubzPEK0

唯「ありがとー。あっそうだ、悪いんだけど、
  ちょっと多めに作ってもらってもいいかなぁ?」

憂「うん、別に構わないけど、そんなに沢山どうするの?」

唯「うん、ちょっとね。だいじょうぶ!ちゃんと全部食べるからね!」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 07:36:28.26 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

のどかのへや!

~♪


和「ん?(唯から電話…)」

ピッ


和「…もしもし?」

唯『あ、和ちゃーん』

和「どうしたの?」

唯『あのね、日曜日なんだけどヒマかなぁ?』

和「えぇ、特に予定はないけど」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 07:48:28.83 ID:dKubzPEK0


唯『その、実はその日憂が出かけて私一人なんだけどさぁ…』

唯『ウチに遊びに来ない?』

和「そう、じゃあお邪魔させてもらおうかしら」

唯『やったー!』

和「そんな大袈裟ね」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 08:00:39.19 ID:dKubzPEK0


唯『あっ、お昼ゴハンは憂が用意してくれてるから』

和「わかったわ。何か持ってきて欲しいものはあるかしら?」

唯『うーん、和ちゃんがいればそれで十分だよ!』

和「そっ、そう///じゃあ日曜日、楽しみにしてるわ。おやすみなさ

唯『ちょっと待って!』

和「な、何!?」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 08:13:24.91 ID:dKubzPEK0


唯『おやすみのチューは?』

和「ちょっ、何いってるの!?///」

唯『だって私たち恋人同士だよ?』

和「で、でも電話だし…」

唯『ほらはやくぅ。ん~』

和「…///」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 08:30:00.41 ID:dKubzPEK0


チュッ


唯『へへぇ~//』

和「もぅ…///」

オネーチャーン! ゴハンデキタヨー!


和「ほ、ほら、憂も呼んでるし、切るわよ///」

唯『あっ、最後にこれだけ』

和「ん?」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 09:02:06.93 ID:dKubzPEK0


唯『だいすきだよ、和ちゃん…///』

和「!?///」

和「…うん…私も…///」

唯『じゃ、じゃあまた明日ね!///』

チュッ

ツーッ、ツーッ


和「もうっ///」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 09:25:26.05 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

にちようび!


憂「じゃあお姉ちゃん、お昼ご飯はテーブルに置いてるから」

唯「ほーい!」

憂「温める時はレンジでチンしてね。
  危ないからガスは使っちゃだめだよ。あと私が出たら鍵かけてそれから

唯「もう、わかったから!」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 09:33:05.05 ID:dKubzPEK0


憂「それじゃあ行ってくるからね。何かあったらすぐ電話してね」

唯「だいじょうぶだよ。いってらっしゃ~い!」

バタンッ


唯「さて」ポチポチ



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 09:40:04.11 ID:dKubzPEK0


和『もしもし』

唯「あ、和ちゃん?もうこっち来れない?」

和『えぇ、準備は出来てるけど、こんなに早くにいいのかしら?』

唯「うん…和ちゃんに早く会いたいし//」

和『わ、わかったわ。今から行くわね//』



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 09:50:18.14 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

ピンポーン♪


唯『はい!』

和「あっ、唯、私よ」

唯『わたし?』

和「真鍋和よ」

唯『本物の和ちゃんってゆー証拠は?』

和「しょ、証拠って…」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 10:00:29.97 ID:dKubzPEK0


唯『私の恋人の和ちゃんだったらわかるはずだよ?』

和「!?あ、愛してるわよ唯///早く開けてちょうだい…///」

ガチャ


唯「へへぇ~、和ちゃんいらっしゃ~い」

和「もうっ、朝から恥ずかしいことさせないでよ///」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 10:13:32.74 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

ゆいのへや!


和「おじゃまします」

唯「どーぞどーぞ!」

和「あら、今日は意外と片付いてるじゃない」

唯「恋人を部屋に招くんだもん、とうぜんだよっ」フンスッ

和「あのねぇ、普段からこれくらい片づけておくものよ?」

唯「でへへぇ、めんぼくない」



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 10:24:19.10 ID:dKubzPEK0


唯「あのさ…今日はなにしよっか?」

和「そうねぇ、何も考えてなかったの?」

唯「えぇっと、その…今日は二人っきりだし…ね?///」ピトッ

和「!?(ヤバッ、かわいすぎる)///」

和「それってつまり…///」

唯「もうっ!女の子に言わせないでよぅ!///」

和「(一応、私も女のつもりなんだけど…)」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 11:07:54.94 ID:dKubzPEK0


ギュッ


和「っ!?唯?///」

唯「ねぇ、キス…して?///」

チュッ


唯「もっかい…」

チュッ


唯「もっと…」

和「唯…今日は優しくするから」ギュッ

唯「うん…///」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 11:14:10.27 ID:dKubzPEK0


和「んっ…ちゅ」

唯「くちゅ…ぢゅる…ぷは」

唯「へへ、和ちゃんさっきからずっと太もも触ってるー」

和「い、いやだった?」パッ

唯「くすぐったいよー、でも…気持ちいかも///」

和「そう」サスサス

和「ちゅっ…」

唯「んん!首くすぐったーい」

和「はむ」

唯「あんっ…」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 11:21:48.42 ID:dKubzPEK0


和「…脱がすわね」

唯「うん///」

パサッ


和「唯、すごく綺麗…」フニュ

唯「あっ…ん…」

和「かわいいわよ、唯」チュパ

唯「ひゃんっ!…んっ…あんっ」

唯「和ちゃんも脱ご?」

シュル



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 11:34:09.36 ID:dKubzPEK0


唯「……」マジマジ

和「な、なに?」

唯「和ちゃんて、結構おっぱいおっきいよね」

和「そんなことないわよ///」

唯「この乳か!この乳が言うのか!」モミモミ



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 11:41:33.74 ID:dKubzPEK0


和「んっ…ちょっと、はぁ…あん」

唯「えへへ~、和ちゃんのおっぱいー」パクッ

和「んんっ!」ピクッ

唯「(和ちゃんすごいえっちな顔…)」チュパチュパ

和「はぁ…はぁ…んっ」

唯「ぷはっ!和ちゃんかわいっ」

和「…もう///」ハァハァ



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 11:51:18.91 ID:dKubzPEK0


唯「こっちも、ね?」ナデナデ

和「そこは…」

唯「えへへ~、ピクピクしてかわいいー」ニギニギ

和「唯、そこ汚いわよ…」

唯「そんなことないよ。それに私、いろいろ勉強したんだよ!」フンス

和「え?」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 12:03:49.39 ID:dKubzPEK0


パクッ


唯「はむっ、ちゅぱ…じゅぽ」

和「(何これ、すごい!)くぁん…はぁ、はぁ」

唯「じゅる、じゅぽ…じゅぽ。ののかひゃん、ひもひひい?」

和「(あったかくて、ゾクゾクして)ふぅ…はぁ、はぁ…んっ」

唯「んっ…んっ…じゅるじゅる…」

和「(頭が…とろけちゃう…)唯!私もぅ…」ビクンッ



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 12:14:16.58 ID:dKubzPEK0


唯「んん!…ぷはぁ…えへへ、イッちゃった?」

和「はぁ…はぁ…うん」

唯「(よかった、感じてくれたんだね)」

和「んっ、次は唯の番ね」

唯「へ?」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 12:23:06.00 ID:dKubzPEK0


和「唯のここ、すごい濡れてるわ」

唯「ちょっと、そんなに見ないでよぅ」

和「ちゅぅ…はぁ、じゅるじゅる」

唯「!!やんっ…ぁあ、はぁん…」

唯「和ちゃんの舌が…ん、入ってくるよぅ」

和「じゅる…んはぁ、唯の味がする。じゅるじゅるっ!」

唯「んん、はぁ…くぁん…あイクッ!」ビクンッ

ピシャッ



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 12:34:47.13 ID:dKubzPEK0


唯「はぁ…はぁ…イっちゃった///」ヘヘッ

和「唯…すごく可愛かったわよ」チュッ

唯「ねぇ、ギュッってして…」

和「ん」ギューッ

唯「和ちゃんのまた元気になってるね」ニギ

和「あんっ…もう///」

唯「和ちゃん私…欲しい//」クパァ

和「唯、私ももう…」



150 名前:>>149 きっと後から一人で:2012/01/04(水) 12:56:45.09 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

えき!


憂「(まだ二人とも来てないなぁ)」

憂「(先に切符買っちゃお)」ガサガサ

憂「あれ?(お財布忘れてきちゃった!)」

憂「うーん…急げば間に合うよね」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 13:09:04.85 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

ひらさわけ!

ガチャ


憂「もぅ、お姉ちゃんったら鍵かけてなかったんだね」

憂「(あれ?この靴は…和ちゃんかな?)」

憂「(挨拶していった方がいいよね)」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 13:32:13.49 ID:dKubzPEK0


ギィギィ

ノドカチャン…
ユイッ…


憂「(ん?お姉ちゃんたち、何暴れてるんだろ?)」

ガチャ

憂「(!?えっ、なに!?二人とも裸で何してるの!?)」

和「唯…すごく可愛いわよ」ズリュ、ズリュ

唯「はぁっ、はぁっ…のどかちゃん…すきぃ…もっとぉ…はぁ、んっ、んっ」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 13:48:47.13 ID:dKubzPEK0


パタンッ


憂「(うそ、お姉ちゃんと和ちゃんがそんなっ!?)」ドクンッドクンッ

憂「(なんで?どうして?嘘だよね?)」ジワッ


ンッンッ、ワタシモゥ…
ワタシモ…

ギシッギシッ


憂「(嘘だ…嘘だ、うそだうそだうそだうそだ!!!!)」ダッ



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 13:58:00.15 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

こうえんまえ!


純「(あー、やばい!ちょっと遅れちゃいそうだなぁ)」

純「(遅れたら梓のやつになんて小言いわれるか)」

純「ん?(あそこに座ってるのって憂じゃ…)」

純「(何してんだろ)おーい、うーいー!」ダッ



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 14:13:21.77 ID:dKubzPEK0


憂「………」

純「?」

純「憂ってばこんなところで何して…ってどうしたの!?裸足じゃん!」

憂「え、あっ純ちゃん…」

純「何があったの…(目まっか…)」

憂「ううん、なんでもない…。私今日は行けそうにないや。ごめん」

純「憂…」



164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 14:28:07.90 ID:dKubzPEK0


純「…」ポチポチ

純「あっ、梓?ごっめーん、ちょっと急用で行けなくなちゃってさぁ」

純「だから今日は中止にしない?憂にはもう連絡しといたからさぁ」

純「だからごめんってばぁ!この埋め合わせはちゃんとするから」

純「ちょっ!えー…わかったって。1人1個までだからね。うん、じゃあまた学校で」



167 名前:梓「たい焼き、絶対約束だからね!」ピッ:2012/01/04(水) 14:38:15.63 ID:dKubzPEK0


純「ほんっとごめん、それじゃ」ピッ

純「ふぅ…」

純「隣いい?」

憂「…」

純「よっこいしょ!」

純「いやー、私も行けなくなっちゃったから今日は中止になったよ」

憂「…ごめん」



168 名前:梓「もう、純ったら勝手なんだから。これからどうしよう…ん?」:2012/01/04(水) 14:46:17.06 ID:dKubzPEK0


純「いや、…全然気にしてないから」

純「えーっと、その…よかったら話聞くよ?」

憂「さっきお財布を忘れちゃって一回うちに戻ったの」

憂「そしたらお姉ちゃんと和さんがいて…二人とも裸で…」

純「(まぢ!?)そ、それは確かにきまずいよねーうんうん、二人とももっと場所選んで

憂「私ね…」



169 名前:梓「(あれはムギ先輩!どこ行くんだろう…ちょっとつけてみよ)」:2012/01/04(水) 14:54:21.31 ID:dKubzPEK0


憂「和さんのこと好きだったんだ」

純「!?」

憂「小学校に上がった時くらいからなぁ…」

憂「私の初恋は和さん。そして今までずっと好きだった…」



170 名前:梓「(あれ?今ここ曲がったと思ったのに)」 紬「わっ!!」:2012/01/04(水) 15:00:31.34 ID:dKubzPEK0


憂「でもね、私知ってた。お姉ちゃんも和さんのことが好きって。だって私たち姉妹だもん」

憂「さっきの二人を見て訳分かんなくなて、飛び出してきちゃって…」

純「そう、だったんだ…」



174 名前:梓「ひゃっ!」 紬「えへへ、驚いた?」:2012/01/04(水) 15:07:43.38 ID:dKubzPEK0


憂「でもね、私は和さんのこと好きだけどお姉ちゃんのこともすっごく大切なの」

憂「だからね、私二人のこと応援することにしたの!」

憂「好きな人と…大切な人にはやっぱり幸せになって欲しいから」

純「…憂」

憂「ごめんね純ちゃん、こんな話。でも聞いてくれてありがとう」ニコッ



175 名前:梓「もう、おどかさないで下さいよ…」ドキドキ:2012/01/04(水) 15:15:22.31 ID:dKubzPEK0


純「…ほら」

憂「えっと、純ちゃん?」

純「裸足なんだからおぶってくよ」

憂「そ、そんないいよぉ。私重たいし」

純「だーいじょうぶ。私んちならそんなに距離ないし、
  とりあえず靴だけでも用意しなきゃ」



179 名前:紬「ごめんなさい。梓ちゃんがつけてきてたから、つい」テヘッ:2012/01/04(水) 15:29:28.44 ID:dKubzPEK0


憂「で、でも…」

純「それにこう見えても体力には自信ありだよ」ニカッ

憂「うん…おっ重かったら言ってね」

ギュ



180 名前:梓「(かわいい!)も、もう…//ところで先輩は何してたんですか?」:2012/01/04(水) 15:34:31.93 ID:dKubzPEK0


純「おぅっと…(意外とキツイかも…)」

憂「だ、大丈夫!?やっぱり降りるよ」

純「だい、じょぉぶ!」

憂「純ちゃん…」

純「ん?」



181 名前:紬「私は参考書を買いに行く所なの。梓ちゃんもお買い物?」ニコッ:2012/01/04(水) 15:44:45.38 ID:dKubzPEK0


憂「ありがとう」ギュッ

純「いいってことよ」

純「(好きな人には幸せになって欲しい、か…)」



182 名前:梓「えーっと、まぁそんなとこです…あははは」:2012/01/04(水) 15:50:41.30 ID:dKubzPEK0


ーーーーー

よくじつ!


憂「お姉ちゃん…もう起きてたの?」

唯「うん!今日は約束があるからねー」

憂「そ、そうなんだ…朝ごはんは?」

唯「パン焼いて食べたから大丈夫だよ」

憂「そっか…」



186 名前:紬「そうなの。じゃあよかったら一緒にお買い物しましょ」キラキラ:2012/01/04(水) 15:59:52.80 ID:dKubzPEK0


唯「だから私先に行ってるよ」

憂「うん…気を付けてね」ニコッ

バタンッ


憂「(お姉ちゃん…嬉しそうだなぁ)」

憂「…うん、私も早くごはん食べちゃお」



193 名前:梓「えっ!でも」 紬「梓ちゃんとも二人でお買い物したかったの~」:2012/01/08(日) 23:33:29.38 ID:fV7H1ktG0


ーーーーー

ひるやすみ!


純「あの、平沢先輩いますか?」

姫子「あぁ、唯ならさっきトイレに行くって」

純「あ、ありがとうございました」



195 名前:梓「(うぅ、なんて眩しい笑顔!)でわ、お供させていただきましゅ」:2012/01/08(日) 23:39:00.52 ID:fV7H1ktG0


ーーーーー

トイレまえ!


純「あっ、あの」

唯「あっ、純ちゃん。どうしたの?」

純「その、お話したいことが。来てもらっていいですか?ここじゃちょっと」

唯「ん?いいよー」

純「すみません。じゃあそこの空き教室でお話しします」



201 名前:梓「(か、噛んだ~!!)//」:2012/01/08(日) 23:45:19.94 ID:fV7H1ktG0

ーーーーー

空ききょうしつ!


唯「なぁに?話って。あっ、もしかして愛の告白!?
  どうしようそれは困っちゃうなぁ」テレテレ

純「真鍋先輩と付き合ってるからですか?」

唯「えぇっ!?どうしてそれを」

純「…やっぱり本当なんですね?」

唯「う、うん…」



202 名前:紬「ふふふっ、梓ちゃんったら。じゃあ行きましょっか」ギュッ:2012/01/08(日) 23:49:36.92 ID:fV7H1ktG0


純「女子同士で気持ち悪い…」ボソッ

唯「えっ」

純「先輩たちってレズだったんですね。ホントけーべつしますよ」

唯「うぅ…」ジワッ

純「こんなことが学校中に知れ渡ったらどうなりますかね~」ニヤ

唯「!?」



203 名前:梓「あっ…(手…)」:2012/01/08(日) 23:54:18.53 ID:fV7H1ktG0


純「けいおん部から追い出されちゃうかも」

唯「そんな…」

唯「でも、私は和ちゃんが好き!」

純「!?」

唯「それにけいおん部のみんなだってきっとわかってくれるよ」

純「…そう」



205 名前:ほんやさん!:2012/01/09(月) 00:01:23.88 ID:HRXaFEGN0


純「でも真鍋先輩は…どうでしょうね?」

純「きっと内申なんかにも響くんじゃないですか?」

純「真鍋先輩はK大目指してるらしいですし、これはいただけないですよねぇ」

唯「!?」

純「きっとあなたはお荷物になりますよ」

唯「そんな…」



207 名前:紬「あったわ」 梓「先輩はN女子大を受けるんですよね?」:2012/01/09(月) 00:06:43.96 ID:HRXaFEGN0


純「悪いことはいいませんから、別れた方がいいんじゃないですかぁ?」

唯「でも…」

純「それに私ってば口軽いからなぁ~」

唯「!!」

純「こんなおもしろいこと、黙ってられないかもぉ~」

唯「ま、待って!このことは誰にも言わないで…お願いだから」



208 名前:紬「えぇ」 梓「もうすぐ…卒業しちゃうんですよね…」シュン:2012/01/09(月) 00:10:23.26 ID:HRXaFEGN0


純「えー、でもホントのことなんですよね?じゃあ別にいいじゃないですか」

純「まぁ、今まで通りの生活は送れないかもしれませんが」クスクス

唯「お願い、和ちゃんには迷惑かけたくないから…」

純「チッ…だから別れればいいじゃないですか」

唯「………」



209 名前:紬「梓ちゃん?」 梓「あっ…いえ、何でもありません!」:2012/01/09(月) 00:16:32.21 ID:HRXaFEGN0


純「あー真鍋先輩かわいそー。こんなことで人生棒に振るなんてー」

唯「っ!」

唯「そうだよね…私なんかと一緒にいたら」

純「…」

唯「もう和ちゃんとはただの幼馴染に戻るから…だから今までのことは…」

純「わかりました。じゃあすぐに真鍋先輩と別れてくださいね」

唯「うん…」



211 名前:店員「アリヤシター」 紬「ごめんね、わざわざ付き合わせちゃって…」:2012/01/09(月) 00:23:10.65 ID:HRXaFEGN0


純「話はそれだけです。それじゃあ」

タッタッタッ


純「っ…」ハァッ、ハァッ

純「…ごめんなさい」



213 名前:梓「いえ!私こそ変なこと言って…すみません…」:2012/01/09(月) 00:31:54.86 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

きょうしつ!


和「あ、唯。どこ行ってたのよ。早くごはん食べましょ」

唯「あっ…」

和「お昼から生徒会で会議があるから、早くしないと時間がなくなっちゃうわ」

唯「あの…」



215 名前:紬「…あ、そうだ!梓ちゃん、私行きたい所があるの!」:2012/01/09(月) 00:38:27.92 ID:HRXaFEGN0


和「どうしたの?なんだか元気ないじゃない」

唯「ちょっと話したいことがあるから、そこの空き教室までいいかな?」

和「えっ?ええ。いいけど、どうしたの?」

唯「………」



217 名前:梓「へ?」 紬「ほら、行きましょ!」ギュッ:2012/01/09(月) 00:44:23.49 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

ふたたび空ききょうしつ!


和「それで、話って何かしら?」

唯「ごめん和ちゃん」

和「ん?」

唯「私たちやっぱり今まで通り幼馴染でいよ?」



219 名前:梓「ここは…」 紬「うん!駄菓子屋さんよ!」フンス:2012/01/09(月) 00:52:43.64 ID:HRXaFEGN0


和「そう。じゃあ戻ってお昼ごはんを…」

和「え?どういう意味かしら…」

唯「だからその、前みたいに友達で」

和「ふふっ、あはははは!」

唯「!!の、和ちゃん?」



221 名前:梓「(ムギ先輩が…駄菓子屋さん?)」:2012/01/09(月) 00:57:18.49 ID:HRXaFEGN0


和「あぁ、ごめんなさい」フフッ

和「そうよね、当たり前よね」クスクス

和「私は普通じゃないんだから」

唯「そ、そうじゃなくて!」

和「うるさい!!」

唯「っ!?」



223 名前:紬「見て、梓ちゃん!これ何かしら!」 梓「これはゼリーですよ」:2012/01/09(月) 01:07:08.72 ID:HRXaFEGN0


和「話はそれだけ?」

唯「え…っと」

和「そうなんだ、じゃあ私、生徒会行くね」スタスタ

唯「の、和ちゃん…!」

唯「(生徒会室はそっちじゃないよぅ…)」



226 名前:紬「おじさんこれください!…どうやって食べるのかしら…」:2012/01/09(月) 01:13:35.07 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

スタスタ

…タッタッタッ

タッタッタッタッ

ガラガラッ
バタンッ、ガチャ


和「はぁ…はぁ…」

和「(そうよね…わかっていたことじゃない…)」



228 名前:梓「ふふふっ。これはこうやって食べるんですよ」ネジネジ:2012/01/09(月) 01:17:58.76 ID:HRXaFEGN0


和「(…ここのトイレは滅多に人はこないし)」

和「(ここのでなら…おもいっきり泣いても…)」ジワッ

和「うくっ…ふぁ、」ポロポロ

和「わあぁぁぁぁぁぁあああああ!!」



230 名前:紬「へぇ~、すごいわ梓ちゃん!」梓「これくらい普通ですよ」フンスッ:2012/01/09(月) 01:24:07.71 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

ポチャッ…

ポチャッ…


和「………」

和「(…もうどれくらい経ったかしら…)」

和「(会議に…授業…さぼっちゃったわね)」フフッ



232 名前:紬「よかった」 梓「え?」:2012/01/09(月) 01:30:55.17 ID:HRXaFEGN0


ガチャ

キュッキュッ

ザー

バシャバシャ

キュッキュッ


和「…酷い顔ね」

和「…一体あなたは誰なの?」

和「ねぇ…」



234 名前:紬「うん…梓ちゃん、なんだか落ち込んでるみたいだったから」:2012/01/09(月) 01:37:13.08 ID:HRXaFEGN0


和「答えなさいよ!!」

ガシャン!!


和「はぁ…はぁ…はぁ…」

和「私は…一体なんなのよ」



236 名前:紬「でもやっと笑ってくれた」ニコッ 梓「!!///」:2012/01/09(月) 01:42:30.00 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

きょうしつ!

ガラガラッ


澪「あっ、和!どうしたんだ?授業出てなかったけど…」

和「ちょっと体調が優れなくて。でももう大丈夫だから」

澪「そ、そっか。あんまり無理するなよ」

和「ええ、ありがとう澪」



240 名前:紬「あのね、私たちはもうすぐ卒業しちゃうけど…」:2012/01/09(月) 01:55:36.52 ID:HRXaFEGN0


澪「そういえば唯のやつもお昼終わりからおかしくて」

和「そう?唯がおかしいのはいつもでしょ?」

澪「え?ど、どうしたんだ和…」

和「別に?それよりさっきの授業のノート、借してもらってもいいかしら?」

澪「あぁ…」

和「ありがとう、助かるわ」

澪「(和…何かあったのか?)」



241 名前:紬「でもね!放課後ティータイムは不滅だからね!」フンスッ:2012/01/09(月) 02:02:56.45 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

ほうかご!


梓「こんにちは」ガチャッ

唯「………」ボーッ

梓「あれ?」

律「おう梓。唯のやつ、昼休みからずっとこんな調子なんだ」



242 名前:梓「ムギ先輩…」ウルッ:2012/01/09(月) 02:07:19.46 ID:HRXaFEGN0


澪「心焉に在らずって感じだな」

紬「ほんと、どうしたのかしら…」

梓「唯先輩…」

紬「唯ちゃん、お茶がはいったわよ」

唯「うん」ボーッ

律「ほら唯、お菓子だぞー!おっ、今日はミルフィーユか!」

唯「うん」ボーッ



244 名前:紬「だから安心して?みんな梓ちゃんのこと大好きなんだから」ニコッ:2012/01/09(月) 02:16:53.91 ID:HRXaFEGN0


律「ほらほら見てみろよ!いちごがいっぱい乗ってるぞ!すげー!!」

唯「りっちゃんうるさい」ボーッ

律「うーん、唯がお菓子にすら興味を持たないなんて…こりゃ重症だぞ」

紬「どうしましょう…今日はもうお休みにする?」

澪「これじゃあ練習もできないしな…」

律「仕方ない、唯を送って今日は解散しよう」



245 名前:梓「えっ、ちょっ///」:2012/01/09(月) 02:22:54.97 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

ひらさわけ!

ピンポーン


憂「はーい」ガチャ

澪「あ、憂ちゃん」

憂「けいおん部のみなさん、どうかしたんですか?」

律「唯が調子悪いみたいでさ、送ってきたんだけど」



246 名前:紬「あら?みんな卒業しちゃうのがさみしかったんじゃないのかしら?」:2012/01/09(月) 02:30:47.96 ID:HRXaFEGN0


憂「そうなんですか!?お、お姉ちゃんだいじょうぶ!?」

唯「………」

梓「唯先輩、ずっとこんな調子で…」

憂「お姉ちゃん…」

紬「それとこれ。今日のお菓子なんだけど、憂ちゃんの分もあるから一緒に食べてね」

憂「紬さん…すみません、ありがとうございます」



247 名前:梓「そ、そんなことありません!//」:2012/01/09(月) 02:35:01.87 ID:HRXaFEGN0


律「それじゃあ私たちはこれで。じゃあ唯、無理するなよ」

紬「今日はゆっくり休んで、早く良くなってね」

憂「みなさん、今日はありがとうございました」

澪「いいんだよ。憂ちゃん、唯をよろしく頼むよ」

梓「憂も何かあったら連絡してね」

憂「梓ちゃんありがとう」

澪「あっ憂ちゃん、ちょっといいかな」コソコソ



249 名前:梓「先輩たちがいなくても今以上のけいおん部にしてみせます!」フンスッ:2012/01/09(月) 02:40:32.61 ID:HRXaFEGN0


憂「澪さん?」

澪「実は和の様子もおかしかったんだ。もしかしたら二人の間に何かあったのかも」

憂「!?」

澪「でも確証がなかったから…一応憂ちゃんには話しておこうと思って」

憂「そうですか…わかりました。わざわざありがとうございます」



250 名前:紬「そう、それは頼もしいわね」クスクス:2012/01/09(月) 02:44:06.09 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー


憂「お姉ちゃん大丈夫?病院行こうか?」

唯「……ごめん、今日は寝るよ」

憂「えっ、ちょっとお姉ちゃ…」

バタン

憂「(お姉ちゃん…)」



252 名前:梓「は!すみません、調子に乗りすぎました(は、恥ずかしー//)」:2012/01/09(月) 02:47:44.26 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

よくじつ!


憂「お姉ちゃん、調子はどう?」

唯「……」

憂「…学校にはお休みするって連絡入れておくね」

憂「じゃあゴハンはテーブルに置いてあるから。何かあったらすぐに電話してね」



253 名前:紬「梓ちゃん、これからもけいおん部をよろしくね」ニコッ:2012/01/09(月) 02:51:19.73 ID:HRXaFEGN0


憂「…それじゃあ行ってくるから」

唯「…うい」

憂「なぁにお姉ちゃん?」

唯「…ありがとう」

憂「いいえ、お姉ちゃんも早く良くなってね」

ガチャ

バタン


唯「…ごめんね、憂」



254 名前:梓「はい!あの…そこでムギ先輩、お願いがあるんですけど…」:2012/01/09(月) 02:55:05.58 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

つうがくろ!


憂「(お姉ちゃん、大丈夫かなぁ…)」

憂「あっ、和さん。おはようございます」

和「あ…」



256 名前:紬「なぁに?梓ちゃん」:2012/01/09(月) 02:58:17.65 ID:HRXaFEGN0


憂「どうかしました?」

和「何でもないわ。おはよう憂」

和「悪いけど生徒会の仕事があるから先に行ってるわね」

憂「え?はい」

憂「(和ちゃん、今日はお姉ちゃんと一緒じゃないのに何も聞いてこなかった…)」

憂「(やっぱりお姉ちゃんと何かあったの?)」



258 名前:梓「その…今度お茶の入れ方、教えてもらえませんか?」:2012/01/09(月) 03:03:05.17 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

がっこう!


さわ子「昨日、掃除の時間に一階のトイレの鏡が割られているのが見付かりました」

さわ子「掃除用のモップで故意的に割られていたようです」

さわ子「まあ、あなた達は大丈夫だと思うけど、こういった行為のないように」

「はーい!」

さわ子「それと今日平沢さんは欠席だそうです。あなた達も受験生だから体調管理はしっかりね」

和「………」



259 名前:紬「ええ、もちろんよ!」 梓「ありがとうございます!」:2012/01/09(月) 03:07:12.07 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー


ひらさわけ!


唯「(学校さぼっちゃったなぁ)」

唯「(もうまともに和ちゃんに会えないよ)」グスッ

唯「(でもこんなんじゃダメだよね…みんなに、憂にも迷惑かけちゃうし)」

唯「(うん!私はお姉ちゃんなんだから、もっとしっかりしなきゃ)」



261 名前:紬「そうだ、次の後輩のために新しいティーカップも用意しなくちゃね」:2012/01/09(月) 03:11:08.28 ID:HRXaFEGN0


ガチャ


憂「ただいま」

唯「うい~、おかえりー!」

憂「お、お姉ちゃん、もう大丈夫なの?」

唯「うん!もうすっかり元気!これも憂のおかげだよ~」

憂「……」

唯「あれ?どうしたの?」



262 名前:紬「さっそく食器屋さんにいきましょう!」ギュッ:2012/01/09(月) 03:16:43.35 ID:HRXaFEGN0


憂「…お姉ちゃん、和ちゃん来てるよ」

唯「えっ!」ビクッ

憂「…嘘」

唯「なっなんだぁ、おおおどかさないでよぉ」ドキドキ

憂「どうしてそんなに驚くの?」

憂「…あのねお姉ちゃん、もしかして和ちゃんと何かあったの?」



263 名前:梓「ちょ、ムギ先輩!気が早すぎますってば!」:2012/01/09(月) 03:20:25.15 ID:HRXaFEGN0


唯「そんな、あるわけないよ。何言ってるの憂」

憂「お姉ちゃんは和ちゃんのことが好きなんでしょ?」

唯「!?」

憂「そして和ちゃんもお姉ちゃんのことが好き」

唯「そんなことない」

憂「お願い、何があったのか話して。二人がその…好き同士っていうのは知ってるから」

唯「実は…」



264 名前:梓「(でも……)」:2012/01/09(月) 03:24:45.43 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー


憂「じゃあやっぱり二人は付き合ってたんだね」

唯「ごめんね…秘密にしてて」

憂「いいんだよお姉ちゃん、気にしないで」

唯「私…憂も和ちゃんのこと好きだって知ってたから…」

憂「え…」



265 名前:梓「(まぁ、いっか)」ギュッ:2012/01/09(月) 03:27:30.46 ID:HRXaFEGN0


唯「だって姉妹だもん、わかるよそれくらい」

唯「憂は私なんかよりいい子だから、和ちゃんはきっと憂を選ぶと思っていたから」

唯「和ちゃんが私を選んでくれてすごく嬉しかった」

唯「それに憂に勝ったような気になって優越感さえ感じてた。ホント最低だよ…」

唯「でも憂に知られたら和ちゃんを取られちゃうんじゃないかって」

唯「憂はそんな悪い子じゃないのに…それなのに私…」ポロポロ

唯「だからバチが当たったんだよ」グスッ



266 名前:おしまい:2012/01/09(月) 03:31:14.45 ID:HRXaFEGN0


ギュウッ


唯「う、うい?」

憂「ごめんねお姉ちゃん…私も和ちゃんを好きになって」

唯「そんな…」

憂「実は日曜日、二人が…してるとこ見ちゃったんだ」

唯「う?えぇぇぇええ!?ちょ、ちょっとういぃ///」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 03:36:11.33 ID:HRXaFEGN0


憂「その時すごく悲しかった。でもそれ以上に訳分かんなくなって、
  心臓がすごくバクバクして、頭に血が上って」

憂「お姉ちゃん達がたまらなく憎かった」ボソッ

唯「!?」

憂「私はお姉ちゃんが思うほどいい子なんかじゃない」

憂「大好きなお姉ちゃんと和ちゃんのはずなのにこんな感情…私は悪い子なんだよ」



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 03:40:46.84 ID:HRXaFEGN0


唯「そんなこと…」

憂「ううん」グスッ

憂「ごめんねお姉ちゃん…本当にごめんなさい…もう平気だから」ポロポロ

唯「うい…」ギュッ



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 03:44:18.29 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー


憂「お姉ちゃん、もう大丈夫だよ」

唯「うん…」

憂「でもどうしたの?和ちゃんと喧嘩でもしちゃったの?」

唯「ううん…もう別れたんだ」

憂「えっ?どうして…」

唯「実は純ちゃんにバレちゃって…」



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 03:48:44.55 ID:HRXaFEGN0


憂「純ちゃんが!?」

唯「うん…このままじゃ学校中に知れ渡るのも時間の問題だし、
  そしたら和ちゃんに迷惑かけちゃうから」

唯「だから別れた方がいいって、純ちゃんが教えてくれたんだ」

憂「そんな…純ちゃんなんで」

唯「違うの!純ちゃんは忠告してくれただけだから、だから、ね?」

憂「……(純ちゃん…)」ギリッ



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 03:52:59.29 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

よくじつ!


純「あ、おはよう憂」

憂「おはよう純ちゃん」

純「そういえばさー、唯先輩と真鍋先輩、別れたらしいよ」



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 03:57:25.17 ID:HRXaFEGN0


憂「うん、お姉ちゃんに聞いたよ。全部…」

純「そうなんだ。まぁ二人の愛なんてそんなもんだったんだよ」

純「そこで真鍋先輩はフリーな訳じゃん。今なら

パシッ!!



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:01:28.63 ID:HRXaFEGN0


純「っ!」

憂「純ちゃん、本気で言ってるの?」

純「な、何よ憂。せっかくの別れたんだしチャンスじゃん」

憂「お姉ちゃんに全部聞いたって言ってるんだよ?純ちゃんのことも」

純「えっ、それは



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:08:00.77 ID:HRXaFEGN0


憂「今の純ちゃんは本当に最低だよ!お姉ちゃんや和ちゃんをあんなに傷つけて」

憂「それで何を言い出すと思えば…信じらんない!!」

純「っ!?」

純「…私だって、私だって好きな人には幸せになってもらいたいのよ!」



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:13:35.16 ID:HRXaFEGN0


憂「何言ってんの!意味わかんないよ!!」

純「わっかんないかなぁ!」

憂「わかんないよ!!」

純「っ…ばか!!!」

タッタッタッ


憂「あっ、純ちゃん!!」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:21:37.66 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

ハァ、ハァ…


純「(憂、すごい怒ってた)」

純「ははっ…ほっぺた、痛いなぁ」

純「(やっぱり私、間違ってた?…当たり前か)」ジワッ

和「あら?あなたは憂の友達の」

純「あっ…」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:26:44.76 ID:HRXaFEGN0


和「どうしたの?その、泣いてるみたいだけど大丈夫?」

純「これは、その」

和「ほら可愛い顔が台無しよ。これで涙ふいて」

純「なんで、なんで先輩はそんなに優しいんですか…」ポロポロ、ヒック

和「ちょっと、どうしたのよ?」

純「わ゛―ん、ばなう゛ぇぜんぶぁーい!!ごべんな゛ざーい!!」ダキッ

和「ちょちょ///一体なんなのよ///」



284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:30:44.32 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー


和「…落ち着いたかしら?」

純「はい、すみませんでした」

和「で?一体なにがあったの?」

純「先輩、本当にすみませんでした!!」ドゲザ

和「ちょっとやめてよ!意味がわからないわ!」



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:33:12.08 ID:HRXaFEGN0


純「実は唯先輩に真鍋先輩と別れるようにお願いしたんです!」

和「!?」

純「…私が言っちゃダメなことかもしれませんが、憂は先輩のことが好きだったんです」

和「えぇ!う、憂が!?」

純「でも憂は二人が幸せならそれで良いって言うんですよ。好きな人が幸せならそれで良いって…」

和「…憂」



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:36:13.19 ID:HRXaFEGN0


純「でも私は納得できなかった。
  憂だって平気じゃないはずなのに、憂だって幸せになっていいはずなのに!」

純「好きな人には幸せになって欲しい!笑っていて欲しい!私だってそう思う!だから!」

和「…(この子…そういうことね)」

和「鈴木さん、目を閉じて歯を食いしばりなさい」

純「!…はい」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 04:40:21.20 ID:HRXaFEGN0


ペチッ


純「あいたっ!ってデコピン!?」

和「確かに唯にヒドイことを言ったのは許しがたいけど、
  その行動にはそれなりの理由があったみたいだしね」

純「すみませんでした…」

和「謝る相手は私じゃないわ。唯と、それに憂にもね」

純「はい…」



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 05:00:36.07 ID:HRXaFEGN0


和「でも本当のこと、話してくれてありがとう。おかげでやるべきことがハッキリしたわ」

和「……」ポチポチ

ピッ


和「もしもし、唯?」

和「…ちょっと話したいことがあるんだけど」



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 05:21:24.41 ID:HRXaFEGN0


和「お願い、大事な話なの」

和「…えぇ、それじゃあ生徒会室で待ってるから」ピッ

純「あの、その…ホントにすみませんでした。私もこれからは二人のこと応援します!」

和「そうなんだ、じゃあ私、生徒会室行くね」ニコッ

和「それと鈴木さん、あなたもがんばりなさい」フフフッ

純「えぇ?あ…はぃ///」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 05:26:34.00 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

せいとかいしつ!

ガラガラ


和「唯、来てくれたのね」

唯「うん…」



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 05:31:24.09 ID:HRXaFEGN0


和「鈴木さんから話は聞いたわ」

唯「あっ…」

和「唯、私はあなたの本当の気持ちを知りたいの」

和「私は唯のことが好き」



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 05:36:07.53 ID:HRXaFEGN0


唯「…やっぱりだめだよ和ちゃん、みんなにバレたら」

唯「それに…(憂だって…)」

唯「和ちゃんは私なんかといちゃダメなんだよ。きっと誰も幸せになれない」

唯「だから今まで通りでいよ…ね?」

和「………」スゥ



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 05:44:02.52 ID:HRXaFEGN0


和「それでも私は平沢唯を愛しています!!」

唯「!!」ビクッ

和「世間体なんて知らない!」

和「私だって…小学校から唯のことずっと、ずーっと好きだったんだもの!」

唯「えっ…」

和「はぁ、はぁ…」

和「だから…私の恋人になってくれませんか?」



303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 05:51:18.99 ID:HRXaFEGN0


唯「うぅ…ぐすっ…はい!」ニコッ

唯「私も真鍋和をずっと、ずーっと愛してます!」ポロポロ

和「唯…もう放したりしないわ」ギュッ

唯「ヒック、ごべんね、のどがぢゃん」ジュルジュル

和「いいのよ。ほら、鼻かんで」

唯「う゛ん」チーンッ



306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 05:55:30.11 ID:HRXaFEGN0


和「にしても、平沢姉妹の両方から愛されていたなんて、私は幸せものね」クスッ

唯「えぇぇええ!?なんでういが和ちゃんのこと好きだったって知ってるの!?」

和「あっ、それは…内緒よ」



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:03:47.27 ID:HRXaFEGN0


唯「でも憂は…私たちのこと祝福してくれるかなぁ…」

和「えぇ、きっと大丈夫。それにあの子には強い味方がついてるもの」フフッ

唯「強い味方ぁ?」

和「そっ」ニコッ



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:10:15.43 ID:HRXaFEGN0


ーーーーー

よくじつ!


純「その、こないだはホントにごめん…」

憂「ううん、私の方こそ…。それに和さんに本当のこと話してくれたんでしょ?」

純「うん…私ってば何にもわかってなかったよ。唯先輩にもヒドイこと…」

憂「…大丈夫、きっとお姉ちゃんも許してくれるよ」

純「でも…私…なんて言ったら…」ジワッ



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:15:15.08 ID:HRXaFEGN0


ギュッ


純「!」

憂「心配しないで。私も一緒に謝ってあげるから、ね?」

純「なんで…憂は悪くないじゃん」

憂「ううん、純ちゃんは私の大事な親友だもん」

純「憂…ありがとう。ほんとにごめんね」

純「大丈夫、気にしないで」ニコッ



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:19:28.82 ID:HRXaFEGN0


純「…あ、あのさぁ、お詫びにって訳じゃないんだけど、
  今度どっか遊びにいかない?こないだのダメになっちゃったしさ」

憂「あ、そうだった。じゃあ梓ちゃんにも

純「えっと、その…たまには、二人で行かない?…久々にさ」



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:24:10.17 ID:HRXaFEGN0


憂「…二人だけで?」

純「………やっ、やっぱ梓も

憂「そうだね。じゃあ二人で行こっか、久しぶりにだし」ニコッ

純「だよね……って、あれ?」



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:27:26.72 ID:HRXaFEGN0


憂「梓ちゃんにはナイショだね」チロッ

純「憂~!」

憂「これからもよろしくね、純ちゃん」ニコッ

純「うん!」


おしまい




318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:30:12.73 ID:gx8h9X6HO

乙!



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:31:51.52 ID:Dkhi0LVO0

乙~



323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 06:36:37.17 ID:FOwo+eBt0

乙のど






関連記事

ランダム記事(試用版)




和「Xな彼女とYな私」
[ 2012/01/09 15:28 ] エロ | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5120 [ 2012/01/09 21:09 ] [ 編集 ]

平和+フタナリは大好物なんでもっと増えてほしいな

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6