SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「担任の紳助先生?」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「担任の紳助先生?」 【非日常系】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286709021/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 20:10:21.26 ID:Gqzy+EIm0

律「なにぃ!さわちゃん体調不良でしばらく学校に来れない!?」

唯「うん。職員室で先生が言ってたよ。」

澪「担任がいなかったらクラスはどうなるんだ?」

紬「大丈夫よ。代理で臨時の先生が来るらしいわ。」

ガラッ

紳助「はい、さっさと席についてください。」

唯「あ!代理の先生が来たよ!」

紬「唯ちゃん、そろそろ席に戻らないと・・」

紳助「さっさと席につかんかいアホンダラァ!」

唯「ひいっ!」ビクッ

紳助「お前名前は?」

唯「ひ、平沢です・・・」

紳助「平沢か。お前アホやろ?」

唯「えっ?」

紳助「え?やあらへん。ホンマアホそうな顔してるわ。なぁお前ら?」





7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 20:24:03.72 ID:Gqzy+EIm0

クラスメイト「・・・」シーン

紳助「なに葬式みたいに黙っとんねん!自分らの立場わかっとらんのちゃうか?」

クラスメイト「・・・」シーン

紳助「ええか?俺はお前らの卒業をプロデュースしにきたんや。わかるか?」

いちご「プロデュース?」

紳助「そや。俺の言うとおりにすればお前らを卒業さしたる。」

姫子「言うとおりにしなければどうなるんですか?」

紳助「留年やな。反抗的な態度をとるのが悪いんやからしゃぁないわな。」

唯「そんなぁ!」

紳助「だぁっとけ平沢!お前はホンマにアホの子やな。」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 20:41:56.08 ID:Gqzy+EIm0

信代「先生、そんな言い方はひどいと思います!」

紳助「おぉっ!喋りよった!!クラスで飼ってるブタかと思ったわ。」

信代「・・・」

紳助「他の子はみんなかわいいのにお前だけ可哀想やのお。

   ええか?世の中不平等なんや。
   
   不細工はどうしたって美人より扱いが悪くなる。そやろ?」

クラスメイト「・・・」シーン

紳助「仮に、仮にやで?イケメンとブサイクが告白してきたらどっちと付き合う?」

エリ「まぁ、イケメンのほうですよね」

紳助「せやろ?人間ルックスで8割決まっとんねん。わかるか?」ドヤッ

信代「・・・」

紳助「まぁ、今日のホームルームはこのくらいにしといたるわ。

   それと若王子はあとで職員室まで来なさい。」

いちご「えっ?」

紳助「ちゃんと卒業してええ学校行きたかったら言うとおりにしとけや。じゃあ解散。」

いちご「・・・」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 21:27:31.13 ID:Gqzy+EIm0

最初はみんな紳助先生を疎ましく思っていました。

しかし2週間ほど経つと、クラスのみんなに変化が起こり始めたんです。

紳助「どや?ええ話やろ?」

姫子「いやぁ、いい話ですねぇ」

しずか「感動しました!」

紳助「そしたら平沢、これ答えてみ?」

ナレーション「このあと 平沢、まさかの珍回答連発!?」

唯「えぇと、X=3です」

紳助「って何本気で答えとんねん!おもろいこと言わんかい!ボケェ」

唯「そんな、真面目に答えたのに」

紳助「お前はホンマアホやな。勉強なんかどうでもええねん。
   
   人間力が一番大事なんやで?空気を読む力が足らんわ。」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 22:50:04.26 ID:Gqzy+EIm0

唯「はい、すいません・・・」

紳助「そこで謝ってどないすんねん。まるで俺が悪者みたいやんか。なぁ?」

三花「あはは。そうですね」

紳助「もう一回聞くで?この答えは何や?」

律「唯、そこで一発ボケをかませ~」

唯「えっと・・・あの・・・わかりません。」

紳助「あ~あ、一番やったらあかん答えやわ。テストやったら0点やで?」

唯「・・・」

紳助「ホンマ使えんやっちゃな。

   お前は一般人に格下げや。そこでゴザひいて座っとけ。」

唯「はい、すみません・・・」

モブ「あはは、一般人~!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 23:03:52.60 ID:Gqzy+EIm0

それからも紳助先生は唯ちゃんを執拗にいびりました。

しかしそれよりも、唯ちゃんが一番つらかったのはクラスメイトたちの反応でした。

少しずつ紳助先生に染められていった生徒たちは、ご機嫌を取ることに必死だったのです。

あんなに明るかった唯ちゃんが、少しずつ元気をなくしていくのがわかりました。

紳助「じゃぁ早抜け問題や。正解した奴から帰ってよし!」

クラスメイト「は~い!」

一人、また一人とクラスメイトが帰っていき、教室には7人が残りました。

紳助「平沢、また残っとるんか。ホンマしょうもないやっちゃで。問題いきます!」

牧原「この図形の辺の長さを答えなさい」

紳助「いちご、答え教えたるわ」スリスリ

いちご「ひあんっ!先生やめてください!」

紳助「何がやねん?何もしてへんやないか。なぁ?」

クラスメイト「そうだそうだ~!」

いちご「うぅ」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 23:07:49.35 ID:Gqzy+EIm0

唯「・・・はいっ!」

紳助「お前は答えたってどうせわからんやろ。まぁ答えてみ?」

唯「13せんt」

紳助「はい、不正解!ホンマアホやなぁ。問題よう聞きや?次の問題!」

唯が帰れたのはもう既に日が落ちた頃でした。

唯「うい、私ってバカなのかな?」

憂「えっ?おねぇちゃんどうしたの?」

唯「ううん。なんでもないよ」

憂「お姉ちゃんはやればできる人だよ。」

唯「あはは。うい、ありがとね。」

その次の日から、唯ちゃんは学校に来なくなりました。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 23:15:56.58 ID:Gqzy+EIm0

憂「おねぇちゃん?学校遅刻しちゃうよ?」

唯「・・・うん。うい、先に行ってて。」

憂「おねぇちゃん?」

唯「・・うっ・・・うっ・・・」

憂「おねぇちゃんどうしたの?」

唯「うい、もう学校行きたくないよ・・・」

憂「どうしたの?おねぇちゃん」

憂ちゃんは話を聞いて、悔しくて大泣きしてしまったらしいです。

しかしその目には明らかな殺意が見て取れます。

憂「絶対に許さない・・・」ギリッ

その日の夜、刃物を片手に憂ちゃんが家を出て行きました。



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 23:46:49.29 ID:Gqzy+EIm0

帰宅後、制服を脱ぎながら私は執事に伝えました。

紬「斉藤、今夜出るわね。」

斉藤「かしこまりました。お嬢様、夜遊びはほどほどに。」

紬「わかったわ。アレの準備もお願いね?」

斉藤「はい。強化スーツはすべて調整済みでございます。」

その夜、私はコスチュームを身に纏い、

月明かりの下、屋根を飛び移りながら走っていました。

するとそこへナイフを持ち、待ち伏せをしている憂ちゃんの姿があります。

その手はブルブル震えていました。

私は音もなく彼女の背後をとって気絶させると

遠隔操作でマシンを呼び、家まで運ばせました。

あとはあの性悪教師です。なんとしても成敗しなければ。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 23:49:57.14 ID:Gqzy+EIm0

すると突然

いちご「いやぁ!離してぇ!」

紳助「おとなしくせいや!コラァ!」

いちごの悲鳴と、紳助の怒鳴り声が聞こえてきました。

いちご「いやです!お願い!」

紳助「何が嫌やねん!チャンスを棒に振ってもええんか!?」

いちご「うぅ・・・」

紳助「志望校に入れんかったらお母さん悲しむやろなぁ?」

いちご「うっ・・・うっ・・・」

紳助「観念したようやな。はな行こか。」

手を無理やり引っ張ってホテル街の方へ歩いていきます。

このままではまずいことになる。

私は全身のバネを利かせ、屋根の上から紳助の目の前に降り立ちました。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 23:55:22.02 ID:Gqzy+EIm0

紬「その子を離しなさい。」

紳助「な、なんや!?」

私はベルトからブーメランを取り出し、紳助の手をめがけて投げつけます。

紳助の手から逃れたいちごにここから逃げるように促すと、紳助と対峙します。

紬「あなた、平沢唯のことは知っているわね?」

紳助「平沢?あのアホか?今日来ぉへんかったな。
   
   まぁ、やめたいやつにはやめさせたらええねん。」

紬「それがあなたの答えなのね?」

紳助「そうや。なんやねんお前。

   けったいな格好しやがって。うちの生徒か?退学にするz」

言い終わらぬうちに間合いを詰めると、スタンロッドを取り出し、腹部を一突き。

気絶した性悪教師を抱え、闇夜の中へ消えていきました。



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月) 00:07:51.82 ID:hxUnkpw80

気絶した紳助が目覚めたのは、薄暗い地下室の中。

ここで闇のお仕置きが彼を待っているのです。

紬「気付いたようね。闇の審判を執行するわ。」

紳助「ぐっ・・・なんやここは?」

紬「答える必要はないわね。では問題。これは裏かしら?表かしら?」

メビウスの輪を取り出す。

紳助「お、表や・・・」

紬「あら残念、裏だったみたい。ではもう一度、これは裏?表?」

紳助「う、裏・・・」

紬「あら、表だわ。残念ね。次が最後の問題よ。Hになるほどかたくなるものは?」

紳助「え、えんぴつ・・・」

紬「残念でした。答えはちんぽよ!」

紳助「ぐうっ!」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月) 00:13:28.21 ID:hxUnkpw80

紬「罰ゲームよ。このアナルバイブをぶっさしてあげる。」

紳助「ぐぶうっ、深いぃ!!」ズップシ

紬「まだまだ、次は浣腸でグリセリン注入よ!」

紳助「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、もうあかんわぁああ!!」ドカーン

紬「あら、爆発しちゃった。」

こうして、今日も桜ヶ丘の平和が守られました。

この世に悪がある限り、正義の戦いは終わりません。

でもせめて今だけは、かりそめの平和を満喫することにしましょう。

紬「みんな、お茶が入ったわよ~」

唯「わぁい!」

おしまい



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月) 00:28:39.30 ID:hxUnkpw80

言い忘れましたがこれはフィクションなので
登場人物は実在の人物とはなんら関係ございません。
ってことにしておいてください。




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「担任の紳助先生?」
[ 2012/01/12 20:43 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6