SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」#18

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」#18 【非日常系】


唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」 より
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1287330010/




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 02:52:55.60 ID:ZU34p8O2P

平沢家!

憂「ただいま…っと」ガチャ

憂「…」トテトテトテトテ

憂「…」ポスッ

憂「…ふう」ストン

憂「…」

憂「…さてt」

唯「うーいー!お帰りー!」ガバッ

憂「きゃああああ!?」ガッターン





190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:01:26.74 ID:ZU34p8O2P

憂「かかか…帰ってたんだ!?」ドッキドッキ

唯「う、うん、大丈夫?痛くない?」ナデナデ

憂「だ、大丈夫…///」ズッキズッキ

唯「びっくりさせてごめんね?」

憂「ううん」

唯「憂、おかえり。」

憂「ただいま。」



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:05:41.36 ID:ZU34p8O2P

憂「ところで今日は早かったね。」

唯「うん。ワックスがけで部室が使えなかったから。」

憂「そういえばそうだね。」

唯「憂はこの時間まで何してたの?買い物じゃないみたいだけど。」

憂「えっ」

唯「えっ」



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:13:42.58 ID:ZU34p8O2P

憂「…」

唯「…」

憂「…」

唯「…」

憂「…冷蔵庫にあいすあるよ?」

唯「わーいあいすー!」

唯「うまうま」シャリシャリ

憂「ふふっ♪(良かったごまかせた)」

唯「おいしー♪(はぐらかされた…)」



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:23:39.69 ID:ZU34p8O2P

よくじつ!

律「お茶ー!」

澪「練習だろ!」ゴチン

律「あいたっ!?」

紬「ふふ♪」

唯「お茶にしようよー」ブーブー

梓「練習しましょうよ…昨日も部室が使えなかったわけですし。」

唯「あずにゃんぶん補給ー」ギュー

梓「にゃあ!?」

紬「あらあら♪」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:32:24.81 ID:ZU34p8O2P

澪「まったく、昨日楽器屋行ってスティック一緒に選んでやったのに…」ブツブツ

律「いいじゃんいいじゃん♪」

紬「あらあら、昨日は二人ででかけてたの?」

澪「べっ…べつにデートとかそんなんじゃないからな!?」アセアセ

律「久しぶりに二人の時間を過ごしたわけじゃないからな!?」アセアセ

紬「あらあらあらあら♪」ツヤツヤ

唯「おおお!(りっちゃん澪ちゃん、付き合ってたんだ!)」

梓「(澪センパイ!?そんな…律センパイと…)」ガーン



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:39:17.05 ID:ZU34p8O2P

律「あっそういえば!」

紬「何?何?」

律「昨日あの楽器屋の近くで憂ちゃん見かけたんだ。」

澪「そういえば。」

唯「え?憂?」

澪「見かけたは良いけど、なんかそわそわしてたし、ちょっと声かけづらかったんだよな。」

律「うんうん。周りの目を気にしてたっていうか。」

律「って、唯なにか知らないの?」

唯「うん…。」



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:45:30.89 ID:ZU34p8O2P

唯「昨日出掛けてたみたいだけど、聞いたらはぐらかされちゃって…。」

澪「憂ちゃんがはぐらかしたのか?なんかめずらしいな。」

梓「私も何も知りませんけど。」

紬「なんだったのかしら?」

律「うーん…」

律「…男、かもな。」

唯「」

唯「…えっ?」



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:52:54.21 ID:ZU34p8O2P

梓「(そんな…憂…!)」ガーン

澪「それはあるかもしれないな。」

律「憂ちゃんみたいな娘が彼女だったら男は幸せだろうな。」ウンウン

紬「お…お…お…」ゴゴゴゴ

梓「?」

紬「オトコォオオオオオ!?」

澪「ひいっ!?」ビクゥ



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 03:59:18.59 ID:ZU34p8O2P

紬「あんな物ねっ、ただヤリたいだけの猿よ!?殺しましょう!
  今斉藤にヒットマンの手配をさせるわ!?」ズゴゴゴ

律「ムギ!?」

梓「む、ムギセンパイ、殺すのはマズイです!」

澪「みえないきこえない」ガクブル

唯「」



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 04:03:19.71 ID:ZU34p8O2P

紬「じゃあ去勢よ!憂ちゃんが汚される前にキ◯タマえぐり出して
  一個ずつ食わせてやるわ!その後殺す!」ズゴゴゴ

律「ムギ!?」

梓「ダメだこの人(でも去勢には賛成)」

唯「」



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 04:17:05.35 ID:ZU34p8O2P

梓「まあ、男の人と決まったわけではないですから…」

紬「フーッフーッ!」

唯「…」

律「唯、どうした?妹に先越されてショックか?」

澪「だから決まったわけでは…」

唯「…分かんない。」

唯(憂…好きな人が出来たなら相談してくれても良かったのに…)

唯(でも…なんだろうこの感じ…胸の奥が締め付けられる…)

唯「…」

律「…」

律「唯、今日はもう部活は終わりにして、私の家でちょっと料理の練習でもしよう。」

梓「ええ?練習は?」

律「唯がこんなんじゃ練習にならないよ。」



204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 04:26:07.71 ID:ZU34p8O2P

澪「でもなんで料理?」

律「憂ちゃんが部活もせずに家事をしてるのは唯の部活のためだし、
  そのために憂ちゃん自信の時間が持てないのは部長として申し訳ない。」

律「それに大学受かったら唯も一人暮らしだろ?
  だから今から少しでも練習しといても損はないはずだ。」

律「簡単なやつならわたしも教えれるからさ。」



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 04:32:38.06 ID:ZU34p8O2P

紬「そういうことなら私も協力するわ。」

梓「律センパイもたまにはマトモなこといいますね。」

律「おいこらたまにってなんだ中野」

澪(普段おちゃらけてるけどこういうとこちゃんとしてるんだよな、律は。)

律「それでいいだろ?唯。」

唯「…うん。」

梓(…唯センパイ…?)



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 04:38:21.24 ID:ZU34p8O2P

琴吹家キッチン!

梓「すげえ…」

澪「広い…」

律「よ、よ、良かったのか?急な思いつきのためにこんなん使わしてもらって…」ビクビク

紬「いいのよ♪」

唯「ありがとう、ムギちゃん。」

紬「いいえ♪」

律「じゃあ早速始めようか…」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 04:41:40.51 ID:ZU34p8O2P

唯「うおお…!」ジュー

唯「ぬおお…!」ガッターン

唯「ふおお…!」ガッチャーン

唯「るおお…!」ドグチュア









210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 04:49:58.40 ID:ZU34p8O2P

鍋「ズゴゴゴ」プシューブシュー

皿「オオオーン」ボシュッボシュゥー

唯「…」

律「ま、まあ慣れないうちはこんなもんだよ…」

澪「…ど、独創的でいいと思うよ…」

梓「いや流石にこれはねーよ」

紬「皆で料理たのしかったわ!」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 04:58:08.30 ID:ZU34p8O2P

唯「私…」

律「ん?」

唯「私いつもこんな重労働を憂一人にやらせてたんだね…」

唯(憂…)

梓(唯センパイ…もしや…)

律「まあ何度も言うけど慣れだと思うよ。」

澪「そうだな。律も最初の方はアレだったしな。」

律「澪ちゅわーん。そういうことは私より上手くなってから言いましょうね。」

澪「うっ…それは言わないで…」

紬「あらあら♪」ニヤニヤ



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:07:12.35 ID:ZU34p8O2P

律「唯や憂ちゃんが嫁に行ったりしてからじゃ遅いからな。
  今から少しずつでもこうやって練習しよう。」

唯「!」

唯「…」

唯「…だよ」ボソッ

律「?」

唯「やだよ…」

澪「唯?」

唯「どんな美味しいご飯も一人じゃやだよ…」ポロポロ

紬「唯ちゃん?」

唯「どんなに美味しくても、隣で憂が笑ってくれないとやだよ…」ポロポロ



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:15:42.91 ID:ZU34p8O2P

梓「唯センパイ…もしかして憂のこと…」

唯「分かんない…」

唯「でも…憂のことならなんでも知ってるって思ってたのに…」

唯「私の知らない所でこんなに苦労してたり…」

唯「昨日だって私の知らない所で何やってたんだろうって…」



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:22:31.21 ID:ZU34p8O2P

唯「憂が私の知らないうちに変わっていっちゃうのがさみしくて…」

唯「私が先に置いて行っちゃったからなのかな…」

唯「憂のことで頭がいっぱいで…」

梓「唯センパイ…」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:26:28.39 ID:ZU34p8O2P

唯「女の子同士だし…それに妹にこんな感情持つなんて…」

澪「…」

唯「りっちゃん…澪ちゃんと付き合う前はりっちゃんも辛かったの…?」

律「ああ…。」



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:33:02.60 ID:ZU34p8O2P

律「でも唯、辛そうにしている唯に敢えて苦言を呈するが、」

律「少なくとも私と澪がこうして付き合ってるから、
  じゃあ私もいいのかな…みたいな考えは捨てて欲しい。」

律「幸いにも私達はこうしてお互い想い合うことができてるわだけど、」

律「想いを伝えるためには相当な覚悟が必要だった。」



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:39:47.18 ID:ZU34p8O2P

律「澪との関係が壊れるかもしれないし、澪を傷つけてしまうかもしれない。」

律「それに女の子同士で付き合うなんて世間では認められてないことだし、
  外の世界に出れば風当たりも強くなるかもしれない」

律「澪とはずっと一緒に居たいけど、お互いの自分の家族にすら打ち明けられないでいる。」

律「自分の一方的な感情で澪を巻き込んでしまっている…」

澪「律…」



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:45:48.57 ID:ZU34p8O2P

律「まして憂ちゃんは妹だ。下手したら一生ものの傷ができるかもしれない。」

律「だから唯がどんなにくる苦しくても、私はこれ以上唯の力にはなれない…」

唯「…うん…」

律「もちろん相談があれば全力で応えるよ。」

律「でも想いを伝えるのか、しまっとくのか、結局は唯が自分で決めるしかない。」



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:51:36.78 ID:ZU34p8O2P

唯「うん…。」

澪「辛いかもしれないけど、憂ちゃんが大事なら精一杯悩め。苦しんだだけ強くなれるはずだ。」

紬「でもね…唯ちゃん…」

紬「それでも辛くてどうしようもなくなったら…」

紬「私達が一緒に泣いてあげるから…」ポロポロ

紬「だって私達…友達でしょ?」ポロポロ



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 05:59:10.28 ID:ZU34p8O2P

唯「ムギちゃん…」ポロポロ

律「ああ…私達もだ…」ポロポロ

澪「辛くなったら遠慮なく言ってくれ」ポロポロ

唯「みんなぁ…ありがとう…」ポロポロ

梓(私も軽音部の一人として一緒にやってきたけど…)

梓(センパイ方の間には目にみえない絆みたいなのがあったんですね…。)

梓(わたしもまだまだです…)グスッ



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:07:36.57 ID:ZU34p8O2P

梓(それにしてもムギセンパイは…)

律「まあもう遅いしそろそろ帰ろう。」

澪「唯。あんまり憂ちゃんに心配かけないようにな。」

唯「うん。」

紬「みんな、斉藤が車で送って行ってくれるそうよ。」

梓「うおリムジンだ」



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:13:21.23 ID:ZU34p8O2P

平沢家!

唯「ただいま…」

憂「お姉ちゃん!遅かったね、遅くなるなら連絡してほしかったのに!めっ!」

唯「ごっごめん…///」

唯(まともに顔見れない…)

憂(…?)



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:17:26.57 ID:ZU34p8O2P

翌日!

唯「ういーっす…」ヌラリ

律「すごいクマだな…」

唯「眠れなくて…」

澪「憂ちゃんのことか…」

唯「うん…」

紬「あんまり無理しちゃダメよ?」

唯「うん…」

梓(そういうムギセンパイにもクマが…やっぱり…)



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:20:44.80 ID:ZU34p8O2P

律「みんな揃ったことだしお茶にしよう。」

梓「練習は?」

唯「わーいお菓子ー!」

澪「まあしょうがないよな。」

紬「はいはい♪ちよっと待ってね。」



227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:22:51.98 ID:ZU34p8O2P

唯「じゃあ練習しよう!」

梓「!」

梓「大丈夫なんですか?」

唯「うん。」



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:31:48.87 ID:ZU34p8O2P

唯「私決めたんだ。憂に気持ちを伝えるよ。」

律「…そうか。」

唯「憂にはすでに彼氏がいるのかもしれないし、
  ダメだったとしても家族として一生付き合って行かないといけないけど、」

唯「でもやっぱり想いを伝えたい。」

唯「憂は本当にいい女の子だし、好きになって良かったって思えるようになれるはずだもん。」

唯「もう決めたんだ。だからもうクヨクヨしないよ。」



229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:35:30.23 ID:ZU34p8O2P

律「なら私がいうことはもうないな。唯、上手く行くといいな!」

唯「うん!」

澪「唯、つよくなったな。」

唯「?」

澪「なんでもない。」

梓(恋は女の人を強くするんですね。)

紬「…」



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:41:02.96 ID:ZU34p8O2P

律「ふぃ~つかれた~」

澪「今日はまあまあだったな。」

唯「今日は真っ直ぐ帰るよ!」

律「ひょっとして今日決行するの?」

唯「うん。」

澪「ずいぶん早いな。」

唯「思い立ったら吉原ってね。」

澪「吉日な。」



232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:45:51.84 ID:ZU34p8O2P

紬「みんな、私はちよっとやる事があるから先に帰ってて。」

律「…分かった。じゃあ帰ろうか。」

澪「ムギ、また明日。」

唯「ムギちゃん、バイバイ!」

梓「ムギセンパイ、また明日。」

紬「みんな、さようなら。」



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:49:26.27 ID:ZU34p8O2P

昇降口!

梓「…やっぱり私もやる事があったのでちよっと残ります。」

律「…そうか。」

澪「夜も遅いから気をつけてな。」

唯「あずにゃんバイバイ。」

梓「皆さんまた明日。」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 06:52:18.59 ID:ZU34p8O2P

音楽準備室!

梓「…失礼します。」

紬「…梓ちゃん?」

梓「ムギセンパイ…泣いてるんですか?」

紬「…ええ。」

梓「ムギセンパイ…唯センパイのことが…」



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 07:39:39.34 ID:ZU34p8O2P

紬「…」

梓「やっぱり…」

紬「…梓ちゃんも唯ちゃんのことがすきだったんでしょ?」

梓「…はい。」

紬「…だったら分かるでしょう。一人にしてちょうだい。」

梓「…」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 07:48:01.13 ID:ZU34p8O2P

梓「唯センパイのこと好きでしたが、ムギセンパイだって大好きです。」

紬「…」

梓「そんなムギセンパイが辛くてどうしようもなくなったら…」

梓「私が一緒に泣いてあげますから…」

紬「!」

紬「あずさちゃ…うっ…ひっぐ…!」

梓「ムギセンパイ…ぐすっ…ぐすっ…!」



唯「ムギちゃん…あずにゃん…ごめんね…」

律「…」

澪「…」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 07:53:03.23 ID:ZU34p8O2P

平沢家!

唯「うーいーただいまー」

憂「おかえりお姉ちゃん!」

唯「憂、あのね、よく聞いてほしいんだ…」ジッ

憂「ど、どうしたのお姉ちゃん…」

唯「私…憂が…」

憂「!」

憂「そうだ!」

憂「お姉ちゃんちょっと待ってて!」

唯「へっ?」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 08:06:32.57 ID:ZU34p8O2P

憂「お姉ちゃんこれ受け取ってくれる?」

唯「これ…ギターのピックとストラップ?」

憂「あ、あのね、使い易さとかよく分からないからさ、使ってくれなくてもいいんだ。」

憂「演奏してる時のお姉ちゃんはかっこよくてすごい輝いてるし」

憂「きっと軽音部の皆さんと一緒だから楽しいんだって」

憂「きっとそこに私の入る隙間はないと思うけど」

憂「軽音部のお姉ちゃんのファン一号としてお姉ちゃんにもらってほしいんだ。」

憂「一昨日みんなに内緒でお姉ちゃんを驚かそうと思って楽器屋さん行ってみたんだけど」

憂「どれにしていいか分からなくて帰るのが遅くなっちゃったんだ。」



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 08:12:34.72 ID:ZU34p8O2P

唯「憂…」ポロポロ

憂「お、お姉ちゃん!?」オロオロ

唯「ありがとう…だいじにするよ…」

憂「う…うん…。」

憂「ご飯もうすぐ出来るからちよっと待っててね。」

唯「憂」

憂「え?」

唯「私…憂のことが…」



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 08:20:56.15 ID:ZU34p8O2P

街中!

唯「ハアハア…!」タッタッタッタッ

唯「憂…私が好きだって言ったら急に家を飛び出して…!」

唯「いったいどこに…」

唯「!」

唯「あそこは…小さい頃憂と一緒によく遊びに来た公園…」

唯「もしかして…」

唯「!」

唯「憂!」

憂「!」



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 08:25:15.97 ID:ZU34p8O2P

唯「ハアハア…憂…こんな時間に一人でこんな所にいたら…」

憂「お姉ちゃん…」

唯「急に好きだって言われてどうしていいか分からなかったのかもしれないけど…」

唯「べつに応えは急がなくてもいいんだから…」

憂「…」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 08:33:14.72 ID:ZU34p8O2P

憂「私はずっとずっと前からお姉ちゃんのことが好きだった…」

憂「でもこの気持ちは心の中にしまっておこうと決めてたの…」

憂「それに…お姉ちゃんが大学に合格したら距離をおけるし…」

憂「それで諦めもつくと思ってたの距離」グスッ

唯「憂…」

憂「今になって…そんな…」ヒック



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 08:41:15.24 ID:ZU34p8O2P

唯「憂…置いて行っちゃってごめんね。」

唯「でも…私は憂のこと待ってるから。」

唯「憂がいないと私…」グスッ

憂「お姉ちゃん…」グスッ

唯「憂…」

憂「お姉ちゃん…大好きだよ…」

唯「うん…」

憂「帰ろう!」

唯「うん…!」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 08:47:17.85 ID:ZU34p8O2P

平沢家!

唯「お腹空いたー!」

憂「ご飯冷めちゃったね。」

唯「ついでに体も冷えたー」ギュー

憂「もう…///」

唯「あったかあったか!」

憂「あったかあったか!」

唯「…恋人どうしになっちゃったんだね、私達…///」

憂「…うん…///」

唯「でもこうしてるといつもと変わらない気が…」

憂「そ、そうだね…」



254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 09:00:17.83 ID:ZU34p8O2P

唯「じゃ…じゃあ…キス…なんぞを…///」

憂「えっ?///」

唯「ちう~」ムチウー

憂「お姉ちゃん…その顔でキスはちょっと…」

唯「どーせへんな顔ですよ!」プンスカ

唯「知らない!」プイッ

憂「もう…」



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 09:04:11.43 ID:ZU34p8O2P

唯「…」

憂「…」

唯「…」

憂「…顔に何かついてるよ?」

唯「えっ?」クルッ

チュッ

唯「あっ…///」

憂「料理あっためないと///」スタスタスタ

唯「ういー!」

唯「ずるいよ!」






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」#18
[ 2010/10/26 12:30 ] 非日常系 | 唯憂 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6