SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  澪「16日の誕生日」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「16日の誕生日」 【非日常系】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1326724178/




1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:29:39.00 ID:5Cvu8oBHo


突然ですが、私には誕生日が二度あります。
とは言っても、年に二度年をとる訳ではありません。
今の年齢は律と同じ二十歳、花の新成人です。

本来の誕生日は1月の15日、生まれてこの方この日から移ったことはありません。
パパとママの言葉を信じれば、私は確かにこの日に生まれたのだから。

では、もう一つの誕生日は?
それは1月16日、本来の誕生日の翌日。

不思議に思う人もいるだろうけど、
この日は私にとって、本当の誕生日と同じぐらい特別な日なのです。

なぜ「特別」になったかって?
それをこれから、書き綴りたいと思います。

拙い文章で申し訳ありませんが、どうかお付き合いください。





2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:30:57.59 ID:5Cvu8oBHo



小学生の頃の私は、今以上に内向的で恥ずかしがり屋だった。
そんな私の周りには友達なんて数えるほどしかいなくて、
誕生日会を開いてくれる友達になるともう、誰一人としていなかった。
その年の誕生日もまた、パパとママの三人で細々と過ごした。

特に寂しいとは思わなかった。家族だけで過ごす誕生日なんて、ごく当たり前のことだったから。


その次の日のことだ。
誕生日の余韻が抜けきらないまま、ご機嫌で登校する私に、一人の女の子が声をかけてきた。

「みーおちゃんっ、おっはよー!」

「あ、りっちゃん……お、おはよう」

この子は田井中律、私はりっちゃんと呼んでいた。
りっちゃんが私によく話しかけるようになったのは、この頃のことだった。

「あれ、みおちゃん。今日は何だか元気いいね」

「そ、そう?」

「うん、いつもはもっと暗くてハムスターみたいにおびえてるもん」

りっちゃんにむかっとするのは当時からだ。

「いいことがあったから」

「へー、何があったの?」

「……じょう日」

「えっ?」

「きのうね、たんじょう日だったの」

りっちゃんはすごく驚いた顔をした。



3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:31:29.76 ID:5Cvu8oBHo


「たんじょう日って、あのみんなで集まってケーキ食べたりゲームしたりする?」

他に何があると言うのか。
と言っても、私はそんな誕生日なんて経験したことないけれど。

「……うん、そうだよ」

「なっ、なっ、なっ、なんで教えてくれなかったのさ!!」

「へっ、なんでって」

「わたしもみおちゃんのたんじょう日行きたかったのにー!」

りっちゃんは悔しそうに地団駄を踏んだ。

「あのねりっちゃん、そうじゃなくて、いつもたんじょう日はパパとママと過ごすの」

りっちゃんは目を丸くすると、首をかしげる。

「おたんじょう日会とかしないの?」

少しだけ暗い気分になった。

「……わたし、あんまり友だちいないから」

誰かに打ち明けるのは初めてのことだった。
そのまま私は顔をうつむけてしまった。



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:31:57.43 ID:5Cvu8oBHo


実はさっき、一つ嘘を書いた。
寂しくない、と言ったことだ。

当時の私は内気な子だったが、決して人嫌いではなかった。
本当は、もっと色んな人に祝ってほしかった。
たくさんの友達に囲まれて、誕生日を過ごしたかった。

でも、私にはそういう友達がいなかったのだ。



5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:32:24.91 ID:5Cvu8oBHo


「みおちゃん……」

りっちゃんが顔をのぞきこんでくる。

「ねえ、みおちゃん。こっち見て」

「……なに?」

顔を上げた瞬間、思わず吹き出してしまった。

「ぱいなっぷる!」

「ぷくっ、り、りっちゃ、やめて……くくっ」

「ほら、ぱいなっぷる!」

「やめてってば、ぷふっ」

笑いすぎて、お腹が痛くてたまりません。

「えへ、うまくなったでしょ?」

「うん、おかし……」

「今度はねぇ……みのかさご!」

「ふひゃっ」

「ぷぷ、みおちゃん今へんなこえ出した」

「も、もうりっちゃんのせいだよっ」

「あはは、おっかしー」

りっちゃんが笑い出す。つられて私も笑う。
たっぷりここ何年分かの大笑いだった。



6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:32:59.73 ID:5Cvu8oBHo


そして、ようやく落ち着いた頃。

「ねぇ、みおちゃん。今日いっしょにあそぼうよ」

「えっ、今日? いいけど……」

「みおちゃんのおたんじょう日会やろっ!」

いきなり何を言い出すのかと、びっくりした。

「で、でも、もう16日だよ?」

「いいじゃん、一日おくれでも。みおちゃんの、もう一つのおたんじょう日ってことで」

「りっちゃん……」

びっくりして嬉しくて、子供心ながら涙が出そうになった。
そんなことを言ってくれる友達は初めてだったから。

ぎゅっと胸元に両手をのせる。
必死に涙をこらえて、今できる精一杯の笑顔で答えた。

「うん、いいよ!!」



7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:33:39.94 ID:5Cvu8oBHo


その後、私とりっちゃんは二人でささやかなパーティーを開いた。
りっちゃんが持ってきてくれたお菓子と、私の家にあったケーキの残りを食べた。
二人きりの小さな誕生日会だったけれど、すごく楽しかったことを今でも覚えている。


りっちゃんはプレゼントに、おもちゃの指輪をくれた。
私が友達から初めてもらう、誕生日プレゼントだった。



8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:34:07.82 ID:5Cvu8oBHo


「これって、ゆびわ?」

「そうだよー、おもちゃのだけどね」

「ゆ、ゆびわって、好きな人にあげるんじゃないのっ?」

「わたしはみおちゃんのこと好きだよ?」

「へっ」

「だってみおちゃん、かわいいもん」

「か、かわいくないよ」

「そんなことないよ、かわいいよ!」

「あうぅ……」

りっちゃんは無邪気な子だ。
誰かに好きということにまるでためらいがなかったのだ。
それが異性であれ、同性であれ。

一方の私といえば、異性からはもちろん同性からも

「かわいい」とか「好き」とか言われたことなんてない。

私はりっちゃんに抱いた淡い感情に、気づかない振りをした。



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:34:33.93 ID:5Cvu8oBHo


そういえば、この時言い忘れていたことがある。
何度も何度も言おうとして、ついつい機会を逃してしまった。

だから、かわりにこの場を借りて一言だけ綴りたいと思う。


ありがとう、りっちゃん。



10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:35:02.42 ID:5Cvu8oBHo




それから律は毎年、私の誕生日会を開いてくれた。
小学校、中学校の友達と、高校に入ってからは軽音部のみんなと。

おかげで私は、寂しい誕生日を過ごさなくなったのだけど。
一方で、16日にパーティをすることはもうなかった。

当たり前と言えばその通りだ。
誕生日の翌日にまた、わざわざパーティを開くことはない。
そんなことするぐらいなら、本来の誕生日を全力で楽しむ。

そんな自然の発想のもと、16日はそれほど特別な日ではなくなったのだ。



11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:35:31.82 ID:5Cvu8oBHo


その日が再び「特別」になったのは、高校三年生の時のこと。
年も明けた頃、私たちはいよいよ受験直前にあって、勉強漬けの日々を送っていた。

律は毎晩のように私の家にやって来ては、日を跨ぐまで勉強をしていく。
自分の部屋でやれとも思うのだが、一人だと勉強する気にならないそうだ。

私の見る限り、律はかなり頑張っている。
高校受験の時ですら、律はギリギリまで怠けていたのに。
ここまで真剣に勉強に打ち込む律の姿は、今まで見たことがない。



12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:36:09.71 ID:5Cvu8oBHo


しかし、律の成績はあまり伸びなかった。
この時期になっても、模試の結果はC判定が精一杯だった。

律はそのこともあってか、どうにも疲れている様子だった。
学校の授業でも虚ろ虚ろとして、ちゃんと聞いているのかよく分からない。
せっかく私の家に来ても、ぼんやりすることが多くなった。



13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:36:51.66 ID:5Cvu8oBHo


そんなある日のこと、勉強に身が入らない律との間で、とうとう事件を起こしてしまった。


「おい律」

「……」

今日も律はぼんやりと、眠たそうな目をしながら、こっくりこっくり船を漕ぐ。

「律ってば」

私の呼びかけに答えない律に、ふつふつと怒りが湧いた。

人の家に来ていながら、失礼じゃないか。
私は律と勉強しなくても一人でできる。言ってみれば、私は律に付き合っているのだ。
当の律がこんな調子なら、わざわざ一緒に勉強する必要がどこにあるのか。



14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:37:36.69 ID:5Cvu8oBHo


私は不快感を込めてテーブルを叩く。

「りつ!」

「ひぃっ……あ、どうかした?」

「勉強するならちゃんと集中しろ」

「ご、ごめん。ちょっと疲れちゃって」

律は律で調子が悪いのだけど、
一方の私も長い受験勉強で、疲れとストレスがたまっていた。

「疲れてるなら、今日はもう帰ったら」

ここは勉強する場所であって居眠りをする場所じゃない。
今は勉強する時間であって、無駄に眠る時間じゃない。

律が不真面目なのはいつものことなのに、どうにも気が立って仕方がない。



15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:38:04.81 ID:5Cvu8oBHo


「いや、もうちょっと頑張る」

大きなため息が出る。
本当にそう思っているのか、信用できない。

「な、なんだよ態度悪いな」

「お前が言うな」

普段怠けるのは別にいい。軽音部での練習も、ティータイムの合間にする。
でも、練習の時は全身全霊を傾ける。やるときはやる。

それが律のスタンスじゃないのか。


今は受験の直前、人生で一番頑張らないといけない時期だ。

それなのに、普段と同じように怠けていて一体どうするつもりなんだ!



16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:38:56.46 ID:5Cvu8oBHo


「こんなこと言うのもなんだけどさ」

苛々の募った私の口はもう止まらない。
律の様子がおかしいという疑問より、律に厳しくしなければという思いが勝った。

「隣でいい加減な気持ちでいられると迷惑だ」

「そ、そんな言い方しなくたって」

「だいたい、最近のお前は気が緩みすぎてるぞ」

「そんなことねーし!」

「そんなことあるよ。あるから釘を刺してるんだ」

「私にだって、色々事情があるんだよっ」

「事情って何? 受験より大事な?」

「そ、それは……」

口ごもる律。
言い訳すら出てこないのか。私の苛々が限界に達する。

そして、私は決定的な一言を言ってしまった。


「勉強の邪魔」

「……!」



17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:39:22.46 ID:5Cvu8oBHo


その時の律の顔は未だに忘れられない。

真っ赤になって、目元に涙をため、かすかに肩をふるわせる。

いつもは元気いっぱいの、少年のように活発な律が見せる「女の子らしさ」だった。

とうとう、律はたまらず涙を流してしまう。

そこで私はようやく、律にひどいことを言ったと悟った。



18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/16(月) 23:39:55.53 ID:5Cvu8oBHo


「ご、ごめん律。言い過ぎ……」

「悪かったよ、邪魔して」

律が立ち上がって、そそくさと帰り支度をする。

律、という呼びかけを遮られる。

「澪もさ、人が悪いよ。邪魔なんだったら、そう言ってくれたらよかったのに」

私が止める暇もなく、律は去ってしまった。


ひとり部屋に残された私はぽつりと呟く。

「……バカ」

律にではなく、自分に向けて。


こんなんだから、いつまで経っても想いを伝えられないんだ。



22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:07:19.74 ID:irwkSXCJo



その日から、律は私の家に来なくなった。

相変わらず授業中は眠そうで、時には実際に寝てしまうこともあった。
そのたびに先生から大目玉を食らうのだが。

辛うじて部室の勉強会には顔を出すものの、私とは目も合わせてくれなかった。

「りっちゃん隊員、お疲れですね」

「あぁ、最近夜遅いから」

「そんな遅くまで勉強してるの?」

「……うん、まあ」

「あわわ、私を置いて一人で先を行っちゃうなんてずるいよ!」

「いや知らんし」

「夜更かしは体に毒ですよ。本番で体をこわしたらどうするんですか」

「梓が心配してくれるなんて珍しいな」

「まぁ、一応先輩ですから」

「一応とはなんだ中野!」

「きゃー♪」

私とは目も合わせてくれないくせに、唯や梓とはやけに仲が良い。
いや、いつも通りなんだろうけど、今日は特に目につくんだ。



23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:07:45.87 ID:irwkSXCJo


「でも、本当に体調には気をつけてくださいよ」

「大丈夫よ、澪ちゃんが体調管理してくれてるだろうから」

「「へっ?!」」

ムギの言葉を聞いて、奇しくも律と声が重なった。

「いつも澪ちゃんの家で勉強してるんでしょ?」

律と気まずい視線を交わす。

「ま、まあな」

「うん、一応な」

私と律のケンカにみんなを巻き込む訳にはいかない。

一時休戦と行こう、と私は目で合図した。



24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:08:15.53 ID:irwkSXCJo



部室では何とかやり過ごしたものの、律はその日も私の家に来なかった。
次の日も、またその次の日も。


そんなことが何日か続いたある日、ムギに声をかけられた。

「もしかして、ケンカしてる?」

「……何の話」

「りっちゃんと澪ちゃん、最近あんまり会話してないでしょう?」

ムギは鋭い。ほわほわしているようで、微かな空気の変化に敏感だ。
私と律の間に漂う険悪な雰囲気を見逃さなかった。

「二人がケンカなんて、珍しいわね」

確かに律とケンカしたのなんて、久しぶりだ。
この前は、高二のライブ直前だっけ。

つくづく大事な時期にケンカしてるものだと思う。



25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:08:45.55 ID:irwkSXCJo


「私が、ちょっと律に言い過ぎちゃって」

ムギが相づちを打つ。

「私自身も受験で苛立ってたんだ。それで、つい律に当たっちゃった」

私は言葉に詰まった。
思い返せば、私は何てことを言ってしまったんだろう。


ムギは何かを考え込む。

「あ、そういえば!」

そして、思いついたように声を上げた。

「ねぇ、澪ちゃん。今度の15日って誕生日でしょ?」

受験ですっかり忘れていたが、そういえばそうだった。

「みんなでお誕生日会を開きましょう!」

「いや、いいよ……みんな勉強で忙しそうだし」

「大丈夫よ、ちょっとぐらい」

「でも……」

「それじゃ、お昼の間だけを使ってとか。今日みんなに聞いてみましょう!」

ムギは既にその気らしい。
目が輝いて、眉毛が充実している。



26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:09:12.31 ID:irwkSXCJo



そして、部室にて――

「さんせーい!! 憂も呼ぶね!」

「み、みなさん勉強は大丈夫なんですかっ?」

「あずにゃんは来ないの?」

「もちろん行きます!」

「……ぷぷ」

「はっ」

こうして、軽音部のみんなが私の誕生日を祝ってくれることになった。

――ただ一人、部室に顔を見せなかった律を除いて。



27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:10:06.06 ID:irwkSXCJo


「りっちゃん、どうしたのかな」

「まさか、本当に体調を崩したとかじゃ……」

「学校には来てたからそれは大丈夫よ」

「それじゃ何で……」

今日は週末、つまり私の誕生日前では最後の登校日。

律が私を避けたことは明らかだった。


「大丈夫よ、澪ちゃん」

ムギに背中をさすられる。

「りっちゃんにはメールでもしましょう?」

怪訝そうな表情を浮かべる唯と梓に向かって、ムギは言った。



28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:11:23.10 ID:irwkSXCJo



その日も律は私の家に来なかった。

一人で机に向かう。数学を一問解くと、時計を見る。
まだ十分そこらしか経っていない。

勉強の邪魔、なんて律に言っておいて、律がいなくてもまるで勉強がはかどらない。

受験勉強は長く苦しい。でも、誰かと一緒なら頑張ってやっていける。
誰かが側にいた方が、頑張れるんだ。

直前になって疲れとプレッシャーが限界になったとき、それは如実に感じられる。


鉛筆を乱暴に投げ捨てた。

筆記用具や問題集を机の上にほっぽりだしたまま、私はベッドに倒れ込んだ。



29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:12:11.21 ID:irwkSXCJo




「ハッピーバースデー澪ちゃん!!!」

「おめでとうございます!」

クラッカーの音が盛大に鳴り響く。
唯とムギ、梓と憂ちゃん。

受験直前ということもあって去年より人は少ないけれど、それでもみんなが集まってくれた。

「あ、ありがと、みんな」

嬉しくて、ちょっと照れくさかった。

「こんな忙しい時に、私のために集まってくれて……」

「あ、澪ちゃん涙ぐんでる~!」

「お姉ちゃん、めっ」

「ちょ、ちょっと欠伸しただけだっ」

十八歳の誕生日も、みんなに囲まれて過ごすことができた。

でも、やっぱりそこに律の姿はなかった。



30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:12:59.22 ID:irwkSXCJo


「律先輩、何してるんでしょうか」

「澪ちゃんの誕生日なのにね」

「メールしたら、行くとは言ってたんだけど」

「家まで呼びに行きますか?」

「いいよ別に、そのうち来るだろ」

「でも……」

「そうね、先にやっちゃいましょう。今日は特製ケーキを持ってきたの」

「おぉ! ケーキ!」

ムギの計らいもあって、どうにかパーティが和気あいあいと進んでいく。
ゲームをしたり、プレゼントをもらったり、演奏してもらったり。

その年の誕生日も、とても楽しいものになった。

……結局律は最後まで現れなかったのだけれど。



31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:14:44.18 ID:irwkSXCJo





私の誕生日がもうすぐ終わる。

あと十秒、九、八、七……時計から目を逸らす。

とうとう16日になってしまった。


ずっと前から、律は私と誕生日を過ごしてくれた。
誕生日に律と会話すらしないなんて、初めてのことだった。

携帯を開く。メールは一件もない。
机の前に座る。もう一度、携帯を開く。

体ごと突っ伏して、ため息をもらした。



32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:15:22.93 ID:irwkSXCJo



律との思い出がよみがえる。
小学生、中学生、そして高校生。
私と律はずっと一緒だった。


私は律を助けているようで、いつも律に助けられていた。

いじめっ子に絡まれてる私を、身体を張って守ってくれたり。
恥ずかしがり屋の私の背中を押してくれたり。

引っ込み思案だった私を音楽の道に引っ張りこんだのも律だ。
そのおかげで軽音部に入って、かけがえのない親友と出会うことができた。

いつしか律はただの幼なじみじゃなくなった。
私にとって、大切な人。
弱虫の私をずっと支えてくれた、かけがえのない……


手で涙を拭く。
拭いても拭いても、止めどなく溢れる。

律に会いたい。
仲直りができなくてもいいから、嫌われたままでいいから、会って謝りたい。

会いたいよ、律。



33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:16:07.23 ID:irwkSXCJo



そのとき。こんこん、と音がした。
息を呑んで耳を澄ませると、もう一度、こんこん、と音がした。

窓を叩く音だ。こんな風に家に来る人間は一人しかいない。

おそるおそるカーテンを開けると、そこには……



34 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:17:05.33 ID:irwkSXCJo



「みおー、開けてくれい」

私はすぐに窓を開けて、そのびっくりするほど冷たい手を取る。

「あちゃー、ちょっと遅れちゃったか」

のんきなことを言っているのは、幼なじみだった。

「ごめんごめん、寝過ごしちゃってさ」

ケンカしていることを忘れたかのように、律はにこやかに話しかけてくる。

「もしかして、私を待ってたとか? まさかな」

そのまさかだよ、バカ律。



35 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:17:31.92 ID:irwkSXCJo



「パーティってもう終わっちゃった?」

とっくの昔に、と私は頷く。

「ですよねー、失敗しっぱい」

律は悪びれる様子もない。

業を煮やした私は律に問いただす。

「いったい今まで何やってたんだよ!」

「何ってそりゃ……」

これ、と律は紙袋を差し出した。
その中には、所々ほつれたマフラーがあった。



36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:18:03.88 ID:irwkSXCJo



「慣れないことするもんじゃないな、やっぱ」

律がぽりぽりと頬をかく。

「勉強の合間にちょいちょいとやっても一向に進まないし、夜更かししたら眠くなるし」

「じゃ、じゃあ最近お前の様子がおかしかったのって……」

「そだよ、それ編んでた」

こんな大事な時期に、勉強の時間を割いてまで私のプレゼントを?
それで寝不足になって、何考えてるんだお前は。

「いやー、完成したらどっと疲れが出ちゃって、
 寝て起きたらこんな時間だろ? 急いで来たんだけど……」

律、と名前を呼ぶ。
不思議と心が温かくなった。



37 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:18:51.11 ID:irwkSXCJo


「な、何ですか澪さん。もしかして怒ってらっしゃる?」

ゆっくりと律に近づく。

「あ、勉強はそれなりにしてたぞ、別にサボってなんかないからなっ」

なおも律に近づいていく。

「ごめんってば、でも澪にどうしても渡したくてっ」

距離を詰めて詰めて、そして、思いっきり。

思いっきり、律を抱きしめた。



38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:19:48.52 ID:irwkSXCJo



「みお……?」

「ごめっ、わたし、律にひどいこと言った!」

声にならない声をひねり出し、ともすれば収拾がつかなくなる心を必死に抑えつける。
涙でくしゃくしゃになった顔を律の胸に押しつける。

「律は、わたしのために、ここまでして、くれたのに、わたしはっ……」

律に背中をなでられる。

「ごめん、あんなこと、言うつもりなかったのに、疲れてて、どうかしてたっ」

「よしよし、もう気にしてないって」

「ごめん、律ごめん」

「ごめんより、お礼が欲しいな」

「……」

ありがとう、と私は呟いた。



39 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:21:00.38 ID:irwkSXCJo


しばらくして、ようやく落ち着いた頃。

私は律と肩を並べて座り込む。
律からもらったマフラーを首に巻いて。

「ごめんな、誕生日に間に合わなくて」

「全然気にしてないよ」

「悪いな、下手くそなマフラーで」

「……うぅん」

最高のプレゼントだよ。



40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:22:05.03 ID:irwkSXCJo


「なぁ、澪。今日空いてる?」

「受験生に暇はなし」

「そう言わずにさ、ちょっとだけ!」

「一体何の用?」

「澪の誕生日会やろうぜ!」

いきなり何を言い出すのかと、びっくりした。

「で、でも、もう16日だぞ?」

「いいじゃん、一日遅れでも。澪の、もう一つの誕生日ってことで」


はっと、小学生の頃の記憶が思い起こされた。


「どした、急にぼっとして」

「似たようなことを、昔言われた」

「そだっけ?」

そうだよ、忘れるもんか。
律と過ごした最初の誕生日だ。
お前は忘れたかもしれないけど、私にとっては大切な思い出なんだ。



41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:23:23.93 ID:irwkSXCJo


律の肩によりかかる。

「16日の誕生日か」

「いいアイデアだろ?」

「分かった、いいよ」

「よし決まり!」

「そのかわり……」


私は一つ条件をつけた。

今年だけじゃなく来年も、そのまた来年も……

この日は二人で過ごそうって。



42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:25:06.71 ID:irwkSXCJo





そして、今年もまた――


「みおー、何書いてんの?」

「ちょっと、手紙をさ」

「へー、どんな?」

「私と律のこと」

「えっ、私のこともか?」

「そうだよ」

「何を書いたんだ、見せなさい」

「だーめ」

「ぐぬぬ……私には肖像権がある」

「ないから」

「ちぇーっ、昨日いっぱいお祝いしてやったろっ」

「そのことは感謝してるけど、それとこれとは話が別」


――16日がやってくる。



43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:25:40.62 ID:irwkSXCJo



「ねぇ、変な手紙書いてないでさー」

「変なとは何だ。てか、特に用もないだろ」

「あるし!」

「へぇ、どんな?」

「それはだな……」

「んー?」

「は、早くそれ書き終えろよ!」

「あともう少しだから」

「うー……」

律は何を焦っているのだろう。



44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:26:07.19 ID:irwkSXCJo


「はい、終わりっと」

「ほんとかっ?」

「お待たせ。それで、何の用事?」

「じ、実は澪にプレゼントがありまして……」

「昨日もらったけど。恒例のホラー系DVD」

「それとは別に!」

「だったら昨日くれればよかっただろ。大体私が恐いの苦手なこと知って……」

「み、みんなの前で渡せるわけないだろっ!」

「なんで?」

「そういうプレゼントなの!」

「へぇ……?」

律は不機嫌そうに口を突き出した。



45 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:26:55.41 ID:irwkSXCJo



「それより、そろそろ出かけないとレストランの予約が……」

「その前に!」

「プレゼントとやらは、レストランじゃダメなのか?」

「今じゃないとダメなの!」

ここは寮の私の部屋、律と二人きりだ。
今年もまた、もう一つの誕生日を律と過ごす。

「……これ」


手渡された物は、手のひらにすっぽり収まってしまうほど小さかった。

「あ、ありがと……中、開けていい?」

律は無言で頷いた。



46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:27:32.54 ID:irwkSXCJo




包装を開けると、また小さな箱があった。
この箱は、どこかで見たことがある。

あれは確か、律のいたずらで化粧のまねごとをするために、ママの鏡台の前に座って……

「開けてみて」

いじってみようと手を触れたら、ママに見つかって、律ともども大目玉をもらったんだっけ。
きっとママにとっては、それぐらい大事な物だったんだろうな。

「へへ、安物で申し訳ないけど」


そういえば、律にも以前もらったことがある。
あの時はおもちゃだったけど、これは立派なシルバーの……

「その、女同士なんておかしいかもしれないけど」

いつか誰かにもらえるかなと、夢に見た贈り物。
律からもらえるなんて思わなかったけど。

でもずっと、律から欲しいなって思ってた。


「好きだよ、澪」


手紙に書けばよかったな。
私の想いが通じたって。



47 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:28:06.02 ID:irwkSXCJo



「あれ……? もしかして外した?」

うるさい。

「えっと、みおしゃん?」

うるさいってば。ずっと片想いだった相手の気持ちが初めて分かったんだ。
今返事をしたら、感情が抑えられなく……

「な、泣くなよ~っ、気に入らなかったのか?」

そんな訳ないだろ、バカ律。
お前は昔から本当にバカなんだから。

ずっとずっと、十年以上昔から。

デリカシーがなくて、鈍感で、いつも私をからかって振り回してばっかりで。

無邪気でうっとうしいぐらい元気なくせに、繊細で、人一倍寂しやがりで。

いつも私を守ってくれて、辛いときや悲しいときは一緒にいてくれて。

そんな律が……ずっと好きだった!



48 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:28:55.68 ID:irwkSXCJo



「ひゃっ……み、みお?」

私は律に抱きついて、十年間たまりにたまった感情を思う存分流し出す。

「好き! 私も大好き!」

「みお、苦しい……ちと離れろ」

「やだ! やっと律と両想いになれたのに!」

「はいはい、別に離れたら私が消える訳じゃないんだから」

「何年待ったと思ってるんだよぉ……」

「よしよし」

「ぐすっ……ひっぐ……」

「……ごめんな、待たせちゃって」

律の腕の中であやされて、私は少しずつ落ち着きを取り戻していく。



49 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:31:31.35 ID:irwkSXCJo



「ええっと、それじゃ澪」

「……」

「私たち、付き合うってことで……」

「それって、恋人同士になるってこと?」

「そうだよ」

「誰と誰が?」

「はぁ? 私と澪に決まってんじゃん」

「澪って誰よぉ」

「お前だよっ」


付き合う……恋人同士……? 私と律が?

なななななんと!? わわ、あわわわわっ!

そそ、そ、そんなことがあっていいのですか!?

いやこれは夢かもしれない。

頬をつねってみる。うん、夢じゃない。

いやったあああ~~!!

あーあーかーみさーまおねーがいー



50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:32:46.66 ID:irwkSXCJo



「澪さん?」

「ふたりーだーけーのー」

「気がどーてんしてる」


私と律は、両想いだ。

両想いなら付き合って、恋人同士になる。

なるほど、自然の摂理だ。


「おーい、みおー」

「律!」

「は、はい」

「ふつつか者ですが、よろしくお願いします!」

「……うん、よろしく」

私は深々と頭を下げた。


「おい、それじゃ土下座だぞ」

「はっ」



51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:33:16.71 ID:irwkSXCJo


二人の穏やかな時間は流れる。

「りつー」

「なんだ?」

「キスしていい?」

「いいよ」

「んっ……」

甘くて酸っぱいイチゴの味。
今なら、いい歌詞が書けそうだ。



52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:33:49.55 ID:irwkSXCJo


「ファーストキス、あげちゃった」

「初めてだったんだ」

「律は違うの……?」

「そ、そんな訳ないじゃん! 私に甲斐性ないの知ってるだろ」

「うん、とてもよく」

「さいですか」

私に想いを伝えてくれたのだって、今が初めてだもんな。
ずっとずっと好きだったのに、全然気がつかないでいて。



54 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:36:43.53 ID:irwkSXCJo


「律、もう一回」

「んっ……」

「もう一回」

「ちょ、何回する気だ」

「今まで我慢してきた分」

「マジですか?」

「マジです……嫌?」

「別にいいけど、時間は大丈夫?」

律が時計を指さす。
午後六時前、ええっと予約の時間は……



56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:38:46.53 ID:irwkSXCJo


「……わわ、予約の時間が!!」

「そ、そんなにやばいの?」

「速く仕度して! できれば五分で!」

「そんな無茶な」

「速く!」

「わ、分かったよ!」

律があわただしく部屋を出て行く。
仕方ないけど、残りはおあずけだ。



57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:39:47.95 ID:irwkSXCJo



今夜は律とディナーだ。
恋人になった最初の日を、思う存分楽しもう。

外出着に着替えると、私はマフラーを首に巻いた。

扉の前で律が待っている。

「行こっか、律」

「ほいほい」

律と手をつないで、寮の廊下を歩いていく。
唯やムギ達にからかわれるだろうか。

それでもいい。これからずっと、律と同じ道を歩んでいくのだから。



今日は1月16日、十年越しの想いが実った日。
私にとって、誕生日と同じぐらい特別な日。


End



58 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/01/17(火) 02:42:21.11 ID:irwkSXCJo


とにかく幸せな澪ちゃんを書きたかった作品です
センター試験は?とか荒削りな所がありますが、見逃してください

一日どころか二日も遅れてしまったけど、澪ちゃん改めて誕生日おめでとう!

そして、ここまでお読みいただきありがとうございました。




59 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/01/17(火) 02:43:44.53 ID:2myIUc9Ao

凄い良かったよ




60 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2012/01/17(火) 03:10:59.26 ID:mZM8VQOh0

おつおつ
1日遅れだったのは内容とリンクしてたんだな
面白かったよ
15日にも書いたけどもう一度、澪ちゃん誕生日おめでとう!



61 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/01/17(火) 04:26:11.48 ID:sjjMCioSO

イイハナシダナー
乙でした。



62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/01/17(火) 06:36:47.77 ID:xbfKLlxi0


これで一週間は頑張れるぜ



63 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越):2012/01/17(火) 07:21:53.26 ID:9V/LqjXAO


良い物読ませてもらった。
ありがとう。



64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/01/17(火) 08:30:05.57 ID:7N9psnJDO

澪誕SSでやっとマトモなのを見つけた




65 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/01/17(火) 15:05:21.35 ID:XZr1pO5DO

久しぶりに心が暖かくなる澪律が見れて凄く良かったです。
やはりこの2人の関係は素晴らしいと言う事を
再確認する事が出来ました。






関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「16日の誕生日」
[ 2012/01/21 19:39 ] 非日常系 | 律澪 | CM(4)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5382 [ 2012/01/22 01:49 ] [ 編集 ]

ん~いいなぁ。
すっごいあったかい気持ちになれた。

タイトル:
NO:5389 [ 2012/01/22 11:52 ] [ 編集 ]

澪たちはセンター受けないから無問題だね
いい話だった

タイトル:
NO:5416 [ 2012/01/25 01:50 ] [ 編集 ]

俺の誕生日を2人の記念日にしてくれてありがとう

タイトル:
NO:5428 [ 2012/01/26 05:08 ] [ 編集 ]

よかった
しかし律ってマフラー普通に編めそうだと思ったり
部屋にも置いてあったし

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6