SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ホラー >  唯「放課後 百物語」#2 「御湯鬼」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「放課後 百物語」#2 「御湯鬼」 【ホラー】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1310828790/

唯「放課後 百物語」#index




94 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 00:46:59.31 ID:i8L0n5EZo

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;「御湯鬼」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





95 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 00:48:04.89 ID:i8L0n5EZo


ある、夏の暑い、暑い、クソ暑い日の昼さがり


私たち放課後ティータイムのメンバーは 海に やって来た


練習と気分転換を兼ねた、俗にいう『合宿』というヤツだ


律「じゃあ早速、スイカ割りの練習しよっぜー!!」


澪「そんな練習をするために来たんじゃないんだよっ!!」


私は愛用のベース、エリザベスで律の頭をスイカのように叩き割った


メコリ

律「ミッ」


びしゃっ


思ったより色んなものが砂浜に飛び散った



96 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 00:49:40.91 ID:i8L0n5EZo


唯「うっひゃぁああっ」


紬「澪ちゃん、やり過ぎだわ」


澪「あはは、ごめんごめん」


なんだかんだ言ったって 海に来れば

テンションが上がってしまうのも避けようのない事さ


反省、反省。


白い砂浜に響き渡る、私たちの悲鳴と乾いた笑い声


そのときの私ときたら、この合宿が あんな悲劇の始まりに

つながるなんて 思いもしなかったんだ……



97 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 00:50:57.21 ID:i8L0n5EZo


ビーチで ひとしきりハッチャけた私たちは

さっそくムギの別荘に向かった


梓「わぁ、思ったより ずっといい馬小屋ですね!」

 
梓が別荘を見るなり 率直な感想を述べた


紬「ごめんなさいね。もっと大きな別荘があったのだけれど

  そこはおさえる事が出来なくて……うまご…ゃ?」

唯「まぁいいよ、コレで!」

澪「そうだよムギ。もう いいよ、コレで」

ムギ「ごめんね……」


屋敷ほどの巨大な建造物を前に、私たちは さりげなく悪態をついた



98 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 00:52:13.96 ID:i8L0n5EZo


私たち庶民には手の届きようのない、豪華絢爛な別荘を見せるたび

「この別荘は小さい方」「あぁ小さい小さい」などと遠まわしな自慢をするムギを


もはや許すつもりはなかった


澪「さぁ、荷物を運ぼうか。この豚小屋に」

紬「……えぇ」


一瞬、ムギの眼が 食人鬼のようなソレになったのを

私は見逃さなかった



99 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 00:53:19.25 ID:i8L0n5EZo


唯「ふぃ~、ようやく休めるよ~」

別荘の中に入るなり、唯が荷物をそこら中に放り出して床に寝そべった


唯「ふにゃ~、ごろごろ、ごろごろごろり!」

梓「もう、だらしないですよ唯先輩~」


梓「あっ、波乗りあずにゃんやるです!」

いいことを思いついた一休さんのような表情で高々とジャンプする梓


ドォーン


唯「ぐぇあっ」



100 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 00:54:51.69 ID:i8L0n5EZo


荷物を抱えたまま唯の お腹の上に勢いよく飛び乗ってバランスをとり

梓の愛らしい足指が唯の内臓をえぐる


梓「ふふ~ん♪ どうですか!?どうですか唯先輩!!」

なんだかんだいって大の仲良しの唯先輩に思い切り甘える梓後輩


唯「う~ん、う~ん、あずにゃんが楽しいなら いいよぉ~」

梓「やったぁ~!!」


普段はマジメな梓も、海に来たことで ちょっぴりハシャぎ気味のようだ



101 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 00:56:15.93 ID:i8L0n5EZo


澪「こらっ、梓。荷物を持ったまま胃の上に乗ったら唯が重たいだろ?」

梓「あっ、ごめんなさい井上先輩!」

ペロリと舌を出し、梓は誰だか分からない先輩に謝ったあと

ギターや旅行用カバンを

唯の頭の上に落下させた


ドシャドカッ

唯「ぺぁっ」


くたり……と白目をむいて動かなくなった唯を

不思議そうに梓が眺めていた



102 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 00:58:13.66 ID:i8L0n5EZo


唯のことはさておき、私はあらためて建物の内装を観察する


別荘は洋館風で、もちろん床や天井にはシックな畳が敷き詰められており

中はひんやりと涼しげだ



唯が だらけたくなった気持ちも分からないでもない


エアコンがついているワケでもないのに

こんなに快適な室温が保たれているとは

さすがに避暑地というだけの事はあるなぁ……


紬「暑かったら言ってちょうだいね?」

 「エアコンのパワーをパワーアップさせるから」


エアコンが ついていた



103 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 00:59:20.65 ID:i8L0n5EZo


私たちは二階に上がり、各自 割り当てられた部屋に

それぞれ荷物を置きに向かう



澪「ふぅ……」


どさり


今朝、駅で みんなと合流してから騒ぎっぱなしで

少し疲れていた私は 柔らかなベッドに横たわり

しばしの間、一人で休むことにした



104 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:01:24.64 ID:i8L0n5EZo


澪「……」

澪「…………」

澪「………………」

澪「……………………」

澪「…………………………」

澪「………………………………」

澪「……」

澪「…………」

澪「………………」

澪「……………………」

澪「…………………………」

澪「………………………………」



105 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:02:34.85 ID:i8L0n5EZo


コン コン


コンコン


澪「…………?」


コン コン


コンコン


ドアを叩くノックの音で ふと目を覚ます


どうやら5分ほど寝てしまっていたらしい


おや、あたりは既に真っ暗じゃないか


やっぱり8時間ほど寝てしまっていたらしい


せっかくの合宿なのに……くそっ……くそっ……


コンコン


コン コン



106 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:03:44.32 ID:i8L0n5EZo


命短し恋せよ乙女

貴重な青春の1ページのムダ使いに関して猛省する中 

ノック音がしつこく鳴り響く


まどろんだ頭を覚醒させつつ、ドアに向かって声をかける


澪「はぁい、どうぞ~」

 「鍵は開いてるから~」


ガチャガチャ ガチャガチャガチャ

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ


外から誰かがドアノブを何度も回しているようだが

一向にドアが開く様子はない



鍵が かかっていたw



107 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:04:55.71 ID:i8L0n5EZo



ガチャリ

梓「開いてないじゃないですか!!開いてないじゃないれすか!?」


鍵を開けてやるなり、梓が部屋の中に飛び込んできて猛烈な勢いで抗議してくる


こうるさいヤツよ

しっかり者の私とて、うっかりするくらいの事はあるさ

そうだろ?


私はイライラしたので梓をからかうことにした


澪「おかしいな……確かに開けておいたハズなんだけれど」

 「ひょっとしてオバケが

  私の眠っている間に鍵をかけたのかも知れないな……」

梓「えぇっ、なんですかソレ!?」

 「こ、怖い!!オバケこわいよぉぉおぉおお!!ふぎゃあああああああ」

梓は目をカッと開き、耳をふさぎ その場にしゃがみこんで大声で喚き始めた


病気なのかコイツは



108 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:06:24.89 ID:i8L0n5EZo


梓「憧れの澪先輩の真似をしてみまみた!!」

澪「ふーん」


右拳に腕時計を巻きつけて

硬い文字盤の部分で

梓のアゴを

打ち抜いてやろうと思ったが

かわいい後輩に そんな事はできない



109 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:07:54.09 ID:i8L0n5EZo


澪「それで、何か用事があって来たんじゃないのか」

梓「あぁ……それが さっきから律先輩の姿が見えなくって」

澪「なんだって、律が?」


梓「あっ!あと、もうすぐ晩御飯の時間だから

  みんなを呼んできてほしいってムギ先輩が」

澪「なに、晩御飯だって!?」

 「献立はハンバーグ? ねぇ、ハンバーグかなぁ!?」

梓「さぁ、そこまでは私も……」

澪「晩御飯か……一体、なんなんだろうな!」

梓「ハンバーグだといいですね」

澪「あぁ!!」


私はヨダレをビシャビシャと廊下にまきちらし、舌なめずりしながら食堂に向かった



110 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:08:55.51 ID:i8L0n5EZo


紬「あっ、澪ちゃん」

 「好きなのを選んでね?」

食堂のテーブルの上にはカップラーメンが5個置いてあった


唯「澪ちゃん澪ちゃん!」

 「澪ちゃんはシーフードヌードルとカレーヌードル、どっちがいい?」

澪「ハンバーグが いい」

梓「では私は普通のヤツを」

紬「私はカレーにしようかしら」

唯「あははっ、大食いイエローといえばカレー好きだもんね!」

 「ムギちゃんには なんか お似合いだねっ!」

紬「そうね」

ムギがジッと下を見つめながら

テーブルの上をよたよたと歩いていた小さな羽虫を

みちゃみちゃと何度も何度も指で潰していた



111 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:10:44.67 ID:i8L0n5EZo


澪「ところで唯。その包帯どうしたんだ?」

私は唯の頭に、痛々しく巻かれている包帯に目をやった


ところどころ血が滲んでいる



唯「分からないよ……」

 「さっき目を覚ましたらグルグル巻いてあって……あずにゃんが お腹の上に乗っかってて」

梓「ぎひひっ」

澪「そっか」

適当に聞き流した私はシーフードヌードルを食べることにした



112 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:11:16.26 ID:i8L0n5EZo


カスッ カシュッ


お湯の入ったポットの、押したら お湯がごぼぼって出るところを押したが

妙な空気音がするだけだった


澪「ムギ、お湯が入っていないようだけど……」

紬「えっ、そんなハズは」


がぱっ、とポットのフタを開けてみるが、

なんと そこには 

やっぱりお湯が入っていなかった



113 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:11:57.57 ID:i8L0n5EZo


澪「おい、ムギ!!」

紬「わ、私は悪くない……!!」

 「だって私、唯ちゃんに水を入れておいてって頼んで……」

唯「えっ、おかしいな~」

 「私、絶対にポットに お水入れたよ~!?」

と、不満げな顔をする


梓「じゃあコレは一体、どういうことなんですか」

澪「あ、もしかしたらオバケの仕業かも知れないな」

唯「!」

梓「ぷぎゃああああああああおばあああああk


私は梓を蹴り飛ばした



114 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:12:57.65 ID:i8L0n5EZo


唯「……もしかして」

 「ポットにお湯が入っていない理由は……」

澪「入っていない理由は?」

紬「唯ちゃんがアホだから?」

唯「……」


唯「『おゆおに』の仕業かも知れないよ」


.



115 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:14:26.79 ID:i8L0n5EZo


紬「───おゆおに?」


澪「唯、おい唯よ。なんだい、おゆおにって?」



唯「……お湯が大好きな妖怪だよ」

 「お湯を飲むためならなんだってする、全身が真っ黒な体毛で覆われた恐ろしい鬼で

  なんと お湯を飲むならなんだってするという……

梓「そこのくだり二回目ですよ」

澪「お湯を飲むのと毛深い以外に、その恐ろしい鬼の情報は無いのか」

唯「無いよ……」


唯は下を向いたまま、それっきり口をつぐんでしまった



116 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:15:44.77 ID:i8L0n5EZo


どうやら この平沢 唯という少女は

架空の 『お湯が大好きな妖怪』に全ての罪をなすりつけるらしい


「ポットに水を入れ忘れて ごめんなさい」と

一言謝れば済む話なのに……


トボけた顔して大した女の子だ



117 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:16:24.65 ID:i8L0n5EZo


梓「ハァ、バッカバカしいなぁ もう」

 「妖怪なんているワケないじゃないですか」

唯「あっ…」

澪「あ~あ 梓、お前死んだな」

梓「えっ?」

紬「ホラー映画だと『そんな事あるわけない』とかって

  バカにする人から真っ先に殺される約束でしょ?」

梓「あ……」

唯「かわいそうな あずにゃん」

紬「じゃあ どうせ食べさせてもムダだから

  梓ちゃんのカップラーメン返してもらうわね?」

梓「く……」

食べたかった大好きなカップラーメンを取り上げられ

梓の愛らしい顔がみるみるうちにちるちるみちる



118 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:17:35.28 ID:i8L0n5EZo


梓「冗談じゃないですよ!!」

 「こんな怖いこと言う人たちと一緒にいられるもんか!!」

 「私は一人で部屋にいます!!」

ドタドタドタ

バタン!!

梓は青い鳥を求めて旅立った

さようなら

澪「アイツ、完全に終わったな」

唯「あれが死亡フラグなんだね」

紬「えぇ、そうね」

ムギはポットにジャァアアアッて水を注ぎ始めた


さようなら 梓



119 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:18:33.40 ID:i8L0n5EZo


ずるずるずる

ちゅるるるっ

唯「あ~、食べたね~」

紬「私、カップラーメンって生まれて始めて食べたけど おいしかったぁ~」

唯「よかったね、ぺっ」

べちょっ

紬「あ……」


またもムギが遠まわしに

「庶民のしみったれた食べ物なんて普段は絶対に食べません、嗚呼 食べませんとも」

というセレブアピールを始めたので

唯が別荘の床にツバを吐いた



120 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:19:10.91 ID:i8L0n5EZo


でも、やり慣れない事をしようとしたためか

唯自身の太ももにツバが べちょっとかかっただけだった


唯「わぁっ、きたないよぉ~;;」


バカかコイツは



121 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:19:56.18 ID:i8L0n5EZo


唯「……ムギちゃん、エアコンの音頭下げてよ」

紬「え、えぇ」

ぴっ ぴっ

唯「違うよ、エアコンの温度じゃなくてエアコン音頭だよ~」

 「わかんないかなぁ。あっ、お金持ちだから わかんないんだねっ?ねっ、澪ちゃん」

澪「そうかも知れないな」

紬「……」

ぼたゃっ


ムギがポケットに隠し持っていた大福を壁に叩きつけた


ちなみに私も、唯が何を言っているのか分からなかった



122 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:20:43.47 ID:i8L0n5EZo


結局、私たちは無事、カップラーメンを食べることに大成功した


しかし確かに海で食べるシーフードヌードルは格別だったが

何かが足りないような気がした

紬「オマールエビ?」

ムギがポケットから巨大なザリガニを取り出す

澪「違う、……律だ」


思い返してみれば別荘に着いてから、あいつと会話した記憶が私には無い



123 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:21:20.58 ID:i8L0n5EZo


唯「ほえ?」

澪「律だよ律!!分からないのか!?」

唯「わ、分かるよ。分かるけど……」

紬「りっちゃんが どうかしたの?」

澪「どうかしたのかって……さっきからずっと律がいないじゃないか!!」

唯「だってそれは……」

紬「澪ちゃんが海に着くなり、血の海に沈めたんじゃない……」

澪「そういえば そうだったな……」


ハァ──とため息をつく


考えてみれば打楽器で人間の頭を叩くのは大変、良くないことだった

そもそもベースは打楽器ですら無いのだ


学校ではなかなか教えてくれないことだが

こういった経験から、少しずつ 私たちは大人になっていくのか……


まぁいいや



124 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:22:17.57 ID:i8L0n5EZo


澪「しかし それはそれとして」

 「今になってもアイツが姿を見せないのはおかしくないか?」

紬「あんまり言いたくなかったけど、りっちゃんはたぶんもう……」

唯「うん……」

澪「なんだよ」

唯「だから、ね……?」

澪「……!!」


そのとき、私の頭脳に稲妻のような電撃が走った

稲妻も電撃も似たようなものだが


そんなことよりもしかして、田井中律は死んだのか?


そう考えると、これまでのアイツの行動の辻褄がすべて合点がいく

だから律は今日一日、姿を見せなかったのだ

くそっ、アイツめ


……などと愚痴をこぼしている場合ではない


私が 律の頭でスイカ割りをしたことが明るみになったら……


大人として、いくつかの手を打たざるをえないな、と私は ほくそ笑んだ



125 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:22:45.94 ID:i8L0n5EZo


澪「あっw!!」

唯「ひっ、ど、どうしたの?」


澪「もしかしたら、『おゆおに』の仕業かも知れない……」


紬「えっ」


澪「おゆおにが気絶している律を食べちゃったのかも知れない」


唯「そんな……」

澪「きっと そうだ、きっと そうだよ!!」


私はイチかバチか、唯の生み出した架空の妖怪『おゆおに』に

全ての責任をなすりつける事にした



126 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:23:52.78 ID:i8L0n5EZo


唯「うーん。でも、おゆおにって お湯が好きな鬼だよ?」

 「りっちゃんを食べたりするのかなぁ」

澪「だったら、どうして律は帰ってこないんだ?」

 「他に理由があるっていうなら言ってみろよ!!えぇ!?」

おずおずとしゃべる唯の胸倉をつかみあげる


唯「ひっ、だ、だからそれは澪ちゃんがころ……」

澪「見えないよ!!聞こえないよ!!」


紬「……」


紬「じゃあ、みんなで砂浜へ行きましょうか」


紬「りっちゃんの確認に」

澪「へぁっ!?」


ムギめ……まったく、とんでもない事を言い出すヤツだ



127 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:24:28.80 ID:i8L0n5EZo


紬「りっちゃんが本当に食べられているなら その体に異変が見られるハズよ」

 「鬼に かじられた痕とか」

唯「ふぇぇ……」

澪「で、でも跡形もなく食べられたかも知れないよ?」

紬「だったら 砂浜には何もなくなっているハズね」


くすくす、とムギは笑う


クソっ、なに笑ってるんだ

人が一人死んでるんだぞ!!


と、私は憤りを感じた



128 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:25:17.40 ID:i8L0n5EZo


ざっ、ざっ


じゃりっ、じゃりっ


私とムギと唯の三人が懐中電灯の灯りを頼りに

砂浜へ向かう夜道を歩く


いつもはにぎやかな唯も、存在感の薄いムギも一言も発しない


もし、砂浜に、律の死体が、あったら、わたしは、いったい、どうなるのだろうか


ムギと、唯は、通報、するのか?

もし、正直に自白するとしても、私はおまわりさんに、動機を、なんて話せばいいんだ?

海に来てテンションがあがって、ついベースを振り下ろして……

なんて言ったらアタマが変な子だと思われてしまう

結構、恥ずかしいぞ、それ


そんな事態だけは、なんとしてでも避けねばならない


どうする どうする


いろいろな思考がぐるぐるぐるると頭の中を駆け巡る中


ふと、唯が道端に座り込んだ



129 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:26:05.14 ID:i8L0n5EZo


紬「どうしたの、唯ちゃん」

唯「お腹いっぱい過ぎて気持ち悪くって……」

澪「お腹いっぱいって、カップラーメン一個で?」

唯「夕飯の前にちょいと、つまみぐいを……」


へへ、と笑う


澪「なに食べたんだ?ハンバーグ?ねぇハンバーグ?ハンバーグ!?」

紬「ねぇ、あんまり無理しない方がいいんじゃないかしら」

唯「うん……じゃあ悪いけど、私、横になってるね」

澪「ああ」


澪「ぁあ?」


道の真ん中で唯は ごろりと寝そべった



紬「唯ちゃん、そんなところで眠ったら お服が砂まみれになっちゃうよ?」

唯「ふんす……」

とろんとした目つきの唯の耳にはもう、ムギの言葉は届いていなかった



130 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:26:54.55 ID:i8L0n5EZo


唯を置き去りにした私たちは夜の砂浜に到着した


ムギと2人きり……


別にロマンチックなことを考えているワケではない


ムギ一人なら口封じ出来るかなぁ、なんて事を考えていた



澪「ムギ」


紬「なぁに、澪ちゃん」


澪「1000円あげる」



131 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:27:26.56 ID:i8L0n5EZo


紬「え……?ど、どうもありがとう」


やった!!

商談成立だ!!

やったった!!



ワイロを受け取ったムギとはもはや一蓮托生

これで私をおまわりさんに売れば、ムギも贈収賄罪とかで捕まるハズだ!!

たぶん


澪「唯には内緒だぞ?」

ムギ「え、えぇ……」


唯には10円でいいだろう



132 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:27:54.13 ID:i8L0n5EZo


紬「えっと、りっちゃんが いたのはあの辺りだったかしら」

澪「そうだな」

 「そうだけど」

紬「?」

 「だけど……なぁに?」

ムギがキョトンとした顔でこちらを見返してくる


澪「今、私1000円あげたよね?」

紬「うん」


私の賄賂を受け取ったのだから、捜索は切りあげて別荘に戻れば いいんじゃないの?

分かんないかなぁ


私はムギの目を見つめてテレパシーを送る

澪「届け、私の想い」

紬「えっ……///」



133 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:28:20.96 ID:i8L0n5EZo


紬「澪ちゃん……」

澪「あっ、一緒に死体を処理してくれるってこと?」

紬「??」

澪「どうなんだ、ムギ」

紬「ごめんね。澪ちゃんが何を言っているのか分からないわ」

澪「……!!」


こいつ……金だけ受け取って約束を反故にする気か……!?

くそっ、ウンコめ!!

私はムギにヒドイ事をしようと決心する



134 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:28:49.51 ID:i8L0n5EZo


紬「あらっ」

澪「えっ」


ムギをどうにかしようと背後から近づいたが

興味はすぐさま別のものに移った


月の光に照らされた白い砂浜に、赤黒いシミがべったりと広がっている


しかし、そこにはシミ以外、何もなかった


何も



135 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:29:57.29 ID:i8L0n5EZo


紬「りっちゃん……? りっちゃんは?」

澪「……」


私の記憶と推察が確かならば

頭から血を流した律が ここに倒れていなければならないはずだ


だけど……


ということは……


澪「やっぱり『おゆおに』が食べちゃったんだ!!」


これで全部、おゆおにの仕業になった!!

夢は信じれば叶うって、ホントだったんだなぁ



136 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:30:29.51 ID:i8L0n5EZo


紬「そ、そんなハズは……」

澪「あっ、ということは口止め料を払う必要もなかったんだ」

 「ムギ、さっきの1000円返してくれ」

紬「えっ、なに?」

澪「1000円。さっき渡しただろ?」

じりっ、とムギとの距離を詰める


紬「い、いやよ」

じりっ、とその分、ムギも後ろに あとずさる

澪「このッ……」

 「いいから返せええええええええ!!!」

紬「いやぁあああああああ!!」


私は その場でクルクルとブレイクダンスを踊って叫びだすと

ムギは一目散に走り出した



137 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:31:04.94 ID:i8L0n5EZo


澪「ムギッ!!」

紬「あっ!?」


どしゃり


ゴンッ


転んだ

砂に足をとられたムギが宙に放物線を描いて倒れこんだ

放物線って言いたかっただけなんだ   だってカッコいいから

それにしても慌てて駆け出したとはいえ、何もない砂浜で転ぶとは不思議な娘よ



138 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:31:38.30 ID:i8L0n5EZo


澪「まったく、1000円を返さないからバチが当たったんだぞ」

 「ムギ……?」

私は ふらついた足取りで近づいてみるが

ムギは逃げようとも起き上がろうとすらしない


私は異変を感じて、急いでムギの元に駆け寄る

紬「……」


倒れこんだムギの頭の下に、黒っぽい流木が落ちていた



139 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:32:05.38 ID:i8L0n5EZo


澪「お、おい」


体をゆすってみるが、ムギは口をだらりと開いたまま、目を開ける様子が無い


ぬるり


澪「……!!」


ムギの頭から赤い何かが流れていた


澪「ム、ムギ!!おい、しっかりしろ!!」

私はムギの肉体が硬直してしまう前に握り締めていた1000円を慌てて奪い返した



140 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:33:03.36 ID:i8L0n5EZo


澪「ふぅ、損するトコだった。しかし、これってあんまりよくない状況だよね……」

ムギは勝手に転んで流木に頭をぶつけただけだ

私は何一つ悪くない


だけど唯は、私とムギが2人きりで砂浜に向かったのを知っているし

律のこともある


もしかしたら、この光景を目の当たりにすれば

あらぬ誤解をしてしまうかも知れない



澪「……よし」

ざりっ ざりざり


私は砂浜に「おゆおに参上」と書いて

速やかにドヤ顔でその場をあとにした



141 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:33:46.96 ID:i8L0n5EZo


ムギと2人で来た道を、今は1人でたどって別荘に戻る


私はとりあえず唯になんて説明しようか考えていた


「いきなり、おゆおにが突撃してきてムギをペロリと食べちゃったんだ!!」


……いくら唯が相手とはいえ、こんな雑なデタラメが通じるのだろうか

そもそもペロリと食べたといっても、ムギは頭から血を流してただけで

食べられた形跡はない


!!


じゃあ、こういうのはどうだろう

まず、おゆおにがムギを突き飛ばして、食べようとしてた所を

私がゲンコツで追い払った……

そしてムギは死んだ



決まりだな

分かりやすいし、私の活躍シーンがあるのも気に入りました


私はなんだか自分が大変 立派な人間になったような気がして

暗い夜道をずんずんと歩き始めたのです



142 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:34:15.75 ID:i8L0n5EZo


澪「ん……唯?」


先ほど、唯が眠りだした場所まで引き返してきたが

そこには誰もいない


地面に「ふんす」と書いてあるので、唯が寝ていたのは この場所で間違いないと思うが……

目を覚まして どこかに移動したのだろうか


ここから私の来た砂浜までは一本道で、それで出くわさなかったのだから

別荘に戻ったか……


人が2人も死んでるのにのんきなヤツだな


しかし、それも唯らしいか


くすり、と私は笑った



143 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:34:43.97 ID:i8L0n5EZo


別荘は しん……と静まり返っていた


楽しくて賑やかな合宿になるハズだったのに

どうしてこんな事になってしまったのか……


あぎゅyがgclずjぎゃぎゃぎゃがy


澪「!?」

突如、どこか遠くの方から、耳をふさぎたくなるような醜い音が聞こえる



144 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:35:11.13 ID:i8L0n5EZo


あぎゅあksldjかいおすいほあ;d


澪「な、なに、なんの音?」

これは……獣の雄叫びのような、そんな音だ

だけど、こんな鳴き声の動物なんて、ちょっと記憶に無い


そして、イヤなことに「遠くの方から」といってもすぐ近くではないというだけで

下手をすると、この別荘の奥の方から聞こえたのかも知れない


私は思わずあたりを見回す

まさか得体の知れない何かが、いるんじゃないだろうな


今の音に驚いて誰か出てこないか期待したのだが……

考えてみれば律もムギもいない、唯は……別荘の中にいるのか?いないのか?



145 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:35:37.20 ID:i8L0n5EZo


そういえば梓は?

夕飯のあとから、部屋に こもりきりだったな


澪「よし、いざとなったら梓を生贄に差し出して自分だけ助かろう」

 「私は梓の先輩だから、その権利があるハズだからな」


私はひとまず梓の部屋の様子を見に行くことにした



146 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:36:20.36 ID:i8L0n5EZo


コンコン

澪「梓、梓、いるかい?」

ノックをしたが返事がない


もちろん私は部屋のドアを蹴破って中に入った

澪「!!」

 「あ、梓……!?」


梓「あぎゃぎゃがぎゃがyぎゃぎゃぎゃぎゃww」


おぞましい獣のような雄叫びは、ベッドに横たわる梓の口から発せられていた



147 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:36:51.27 ID:i8L0n5EZo


澪「お、おい、梓」

 「正気か?」

ゆさゆさと体をゆするが梓はニタニタと笑顔を浮かべながら目を開く様子はない

梓「あぴややおpさおhsしおはしおch:あ」

澪「……寝てる」

どうやら悪質なイビキのようだった


私は濡れた布を梓の顔にそっと かぶせる

こうすることで、息苦しくなりイビキがおさまると思ったからだ


いちまい

にまい

さんまい…



148 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:37:19.30 ID:i8L0n5EZo


梓「……」ンフーッ ンフーッ

よんまい

梓「……」ンフーッ ンフーッ

ごまい

梓「……」ンフーッ ンフーッ

ろくまい

梓「……」ンフーッ 

ななまい

梓「……」ンフーッ ンフーッ

はちまい

梓「……」ンフーッ 

きゅうまい

梓「……」ン……

じゅうまい

梓「……」


今、梓の顔の上には月刊ジャンプスクエアくらいの厚さになった濡れた布が重ねられている


そして梓は動かなくなった


さようなら



149 名前: ◆VW9ify6uH.:2011/08/21(日) 01:37:45.44 ID:i8L0n5EZo


梓「ブハッ!?」

 「む、ぬの!?」

突如、梓が跳ね起きて、口や鼻をふさぐ布を払いのける

澪「おぉ、なんだ、あれだ、元気?」

梓「み、澪先輩!?澪先輩が布をかぶせたですか!?」

 「死ぬかと思ったじゃないですか!死ぬかと思ったじゃないれすか!」

顔を真っ赤にして早口でまくしたてて私に詰めよってくる

それはもう、さながら ちょっと唇を突き出せばキスしちゃいそうな距離だよ

うっとおしいヤツだなぁ



150 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:38:11.29 ID:i8L0n5EZo


澪「あー……」

 「梓のイビキが、ちょっとあまりにもアレだったからさ」

梓「イビキ?」

 「嫌だなぁ。私がイビキなんか かくワケないじゃないですか」

 「変な先輩!」

澪「変なのはお前なんだよ」

梓「そんなウマイ事いって、私をからかって楽しんでいるんだ!!喜んでいるんだ!!」

そういうと梓は旅行かばんからナイフを取り出した



151 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:38:37.61 ID:i8L0n5EZo


澪「お、落ち着け梓」

 「アレだ。おゆおにの仕業だよ、やっぱり」

梓「へぁ?」

 「お、おゆおに……?」

澪「ほら、夕飯のとき、唯が言ってただろ」

 「お湯が大好きな鬼がいるって。きっとソイツがお前の顔に布をかぶせたんだよ。何故か」

私はまたも、おゆおに様に罪をかぶっていただくことにした



152 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:39:03.96 ID:i8L0n5EZo


梓「でもイビキがうるさいから

  澪先輩が布をかぶせたみたいな事を言ってたじゃないですか、今」

澪「そこは お前…………うそだよ」

梓「ホッ。なんだ、うそか」

 「澪先輩が私を殺そうとするワケないですものね!」


満面な笑みを浮かべ大いに納得したようだ


バカなヤツめ



153 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:39:54.65 ID:i8L0n5EZo


澪「そういえば律やムギも、おゆおにもやられちゃったんだぞ」

梓「えっ」

 「や、やられちゃったって、お2人ともどうなったんですか?」

澪「し、死んだ」

梓「ひぃっ」

澪「つまり、お前も おゆおに にやられそうなところを

  私が部屋にかけつけた事で命拾いした、というワケさ」

梓「へぇ~~!」

これで梓はもっと私を尊敬することだろう

大変よいことだ


梓「それで、ゆ、唯先輩は……唯先輩はどうなったんですか?」

澪「唯?」

 「唯は、えーっと……お腹いっぱいで、眠くなって……いなくなった」

梓「なにを言ってるんですか」

澪「私にもサッパリだが事実だ。受け止めてくれ」

梓「そんな……」



154 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:40:24.44 ID:i8L0n5EZo


梓「私、唯先輩を探しに行きます!!」

ツインテールを振り回していきりたつ梓


コイツは、唯を性的に慕っている可能性があるからな……


まぁ、それはいいんだが、一緒に探しにいこうと言い出しかねない空気を察知した私は

なんとか引きとめようと思った


何故ならば、外に探しに出れば暑いし、ヤブ蚊もいるからだ



155 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:41:04.63 ID:i8L0n5EZo


澪「探すったってムチャだ。いいか、どこにいるか見当もつかないんだぞ」

 「ほっとけば、唯もそのうち戻ってくるさ」

 「だって、この別荘は外より涼しいから」

梓「でも……変なバケモノがいるんでしょ!?」

澪「なんだ、バケモノって」

 「そんなもの この世にいるワケないだろ」

 「お前はバカか?」

梓「だって澪先輩が、おゆおにがいるって言ったんじゃないですか」

 「そうじゃなくて もしかして、やっぱり

  私の顔に布をかぶせたのは澪せんぱ……」

澪「おゆおにはいる、必ずだ」

私はナイフを振り上げる梓の目をじっと見つめて言い放った



156 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:41:31.45 ID:i8L0n5EZo


梓「じゃあ一緒に唯先輩を探しに行きましょう!!」

澪「わかった、お前は別荘の外を勢いよく探せ」

 「そして別荘の中の探索は、この私に任せるんだ」

梓「ラジャーです!!」

そういうと、梓は別荘から飛び出し

Bボタンダッシュで走るマリオのように

暗闇の中を猛スピードで駆け抜け、すぐに見えなくなった



157 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:42:09.80 ID:i8L0n5EZo


澪「さて、ついにこの別荘には私一人きり」

 「たとえ裸んぼうになっても、もう誰も私を止めることはできないんだ」


そういうと私は服を脱ぎ捨てパンツも放り投げ、別荘の中を全力疾走する


澪「あはははっ、私は王様だぞ!逆らうものは死刑だ!!」


ガチャンッ


カラカラッ


澪「ッ!?」


突如、ガラスの割れる音が、した


それも、そう遠くない距離から



158 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:42:36.56 ID:i8L0n5EZo


いや。唯なら何故ガラスを割る必要があるんだ

まぁ、アイツは おっちょこちょいだからなぁ

可能性が無い事は無いけど……



みし……


みし……


ガラスが割れた音のした方角から廊下を歩く足音が近づいてくる


唯なのか、それとも梓?


そのとき、私の中で ひそかに ひっかかっていた事が脳裏をよぎる



159 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:43:03.97 ID:i8L0n5EZo


そういえば律の体は、なぜ海岸に無かったのだろう???


あのときはテンションがあがって、本当に おゆおにが食べてくれたと思ったが

本当にそんな事があるのかなぁ



もし律が生きていて、私に復讐しようと考えていたら……?



澪「り、律……律なのか?」

おそるおそる呼びかけてみる


みし……


みしみし……



ミシミシミシミシミシミシ



足音が猛スピードで近づいて、きた



160 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:43:36.49 ID:i8L0n5EZo


澪「わぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

私は怖くなって、その場にあったナイフをひっつかみ

別荘の外へ駆け出していった



ドンッ


澪「わぁあああああああああ!?」

紬「きゃぁああああああ!???」


外に出るなり、何かとぶつかったかと思えば頭から血を流したムギがいた


律「お、おい 何してんだ澪」

 「全裸でバイブ持って」

澪「えぁっ!?り、律!?」

 「そしてバイブ!?」

ナイフだと思ったら


バイブだった



161 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:44:11.90 ID:i8L0n5EZo


澪「まいったよ。これじゃまるで私が変態みたいじゃないか」

陰毛丸出しでバイブをもったまま

カッコイイポーズをとろうとするが、なかなかサマにならない


紬「それより澪ちゃん……私たち、なぜか海岸に倒れていて……」

 「昨日の晩あたりから記憶がないんだけれど、一体、何があったの……?」

澪「え?」

律「アタシも気がついたら、頭から血を流したまま、砂浜をふらふら歩いててさ」

 「携帯電話は海水でぐちょぐちょに濡れて使い物にならなくなっちまってて

  連絡もとれないし……」

澪「……」

 「マジで?」

紬「うん、マジなの」

澪「…………」


これは……


うまくすれば、この状況を乗り切れるかも知れないぞ



162 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:44:37.40 ID:i8L0n5EZo


澪「実はな、おゆおにが出たんだ」


神妙な顔で私は切り出した


紬「ね、りっちゃん。言ったとおりでしょ?」

律「そうだな……」


そういうと、律はゾッとするような無機質な目で

私の みぞおちに拳を叩き込んだ



163 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:45:12.90 ID:i8L0n5EZo


澪「……マ?」


目を覚ますと、私は、なんか、暗くて狭いところに押し込まれていた


上を見上げると、星空が見える


ただし、視界はかなり狭い


どうやらここは縦穴の底らしい

気を失っている間に、律たちに放り込まれたというワケか……


私は律に殴られたお腹をさする


穴の広さは、足を曲げれば座れるが、寝転がることは出来ないくらいで

深さは……5メートル、といったところか……

と、口を半開きのマヌケ面で夜空を見上げていると

ムギがひょっこりと穴の淵から顔をのぞかせた



164 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:45:38.80 ID:i8L0n5EZo


澪「あっ、ムギ!!」

 「なぁムギよ。な、なぜ私はこんな所にいるんだ?」

紬「おゆおに」

澪「えっ」

紬「おゆおにが澪ちゃんを穴に放り込んだのよ」

澪「い……」

穴の上からムギがスイカに、しゃくっと かぶりつき

私の頭に ぼたぼたと赤い果肉が落ちてくる


私はノドが渇いていたので、それをうまく口でキャッチする

おいしい



165 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:46:04.67 ID:i8L0n5EZo


澪「いや、しかし、待て、待て」

 「私のお腹をパンチしたのは律だったよね?」

紬「なにを言っているの、りっちゃんがそんな事するハズないじゃない」

 「出来るハズないじゃない」

 「だって、りっちゃんは澪ちゃんが……」

澪「えっ、だって さっき いただろ、律」

紬「ふふ」

そういうとムギはすぐに顔を引っ込めてしまった



澪「もぐらたたきめ」

 「次に顔を出したら絶対に叩いてやるぞ」



166 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:46:30.34 ID:i8L0n5EZo


さて、少し状況を整理する必要があるな……


どうやら律とムギは生きていて、私に仕返しをしようとしているみたいだ


「おゆおにの仕業」みたいな事を言っていたが

意趣返し、というヤツだな、きっと


問題は律たちがどの程度の復讐を望んでいるかということ


たとえば3日後の合宿最終日まで私を穴の底に閉じ込める程度のイヤガラセなら

まぁ別にあせることもあるまい


しかし、まさか、私の命を奪う気だったら……?



167 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:47:03.17 ID:i8L0n5EZo


う~ん

アイツら、気はいいヤツらだけどバカだからなぁ……

殺す気はなくとも

加減を間違えて、うっかり死なせてしまったとかやりそうだ


くそっ、まったくどうしようもない連中だよ


どうする?

いっそ謝ってみるか?


澪「お~い、ごめんごめん」


謝ってみた



168 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:47:54.97 ID:i8L0n5EZo


べしゃっ

澪「?」

べしゃっ

澪「わっ、ぷわっ!?」


穴の上から、何かが ばらばらっと投下された

一瞬、またムギが食べかけのスイカを吹き散らしたのかと思ったが

どうも土を放り込んでいるらしい


スイカだと思って口を開けてキャッチしようとしたため

口内が土まみれ

澪「ぺっ、ぺっ」

 「ひどいや」



169 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:49:02.03 ID:i8L0n5EZo


ざくっ べしゃっ

ざくっ べしゃっ


次々と土が放り込まれ、もう膝元まで土が溜まってきている

澪「くっ、まさか私を生き埋めにするつもりか!?」


でも足元に降り積もる土をうまく踏み固めていくと

それは足場となり、私の体は少しづつ穴の出口に近づいていくではないか


このまま放り込まれた土を全部、踏み固めていけば、そのうち脱出できそうだぞ


澪「アイツらは本当にバカだな」

私は聖母マリアのように自愛に満ちた表情で高笑いした

ん……?自愛?慈愛?


まぁどっちも似たようなもんだろう

慈愛も所詮、自己満足のためさ



170 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:49:36.69 ID:i8L0n5EZo


ざくっ べしゃっ

ざくっ べしゃっ


などとカッコいいことをほざきながら

どんどん放り込まれる土を踏み固め

私はついに5メートルの深さがあった穴を脱出できる位置まで来れた


それにしても私が機転を利かせたから いいようなものの

これが唯とかだったら窒息死していたぞ

怖いなぁ


私は穴から出たら律とムギをバラバラにしてやろうと思った



171 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:50:04.03 ID:i8L0n5EZo


澪「よっ」

穴から出ると、そこにはシャベルをもった鬼がいた


澪「えっ?」

鬼「えっ!?」


毛むくじゃらの鬼がシャベルになみなみと土を盛り込んだまま

こちらを見ている


体の大きさはゆうに2メートルを超えているだろう


私は恐怖した



172 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:50:34.82 ID:i8L0n5EZo


澪「なっ、えっ、なんだ、おまえっ」

鬼「お……」

澪「……お?」


鬼「お湯もませろぉおおおおおおおおッ」

 「ガァアアアアアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

澪「お湯もませろ?」

 「飲ませろ、の間違いじゃないんですか?」

鬼「あっ///」

澪「バカヤロウッ!!」


ばちぃんッ


私がイラッとして鬼に平手打ちをはなつと


鬼は死んだ



173 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:51:00.90 ID:i8L0n5EZo


あっけなく死んだ2メートル超えの鬼を見ていると

私はなんだかチェ・ホンマンを思い出した


そういえば以前、佐々木希と付き合ってるって噂があったけど

本当だったのだろうか


まぁソースは東スポだから、アレだけど……



174 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:51:41.39 ID:i8L0n5EZo


しかし、それにしても、この鬼はなんだったのだろう


私も唯もムギも罪を犯し

そして、その罪を、いもしない架空の鬼のせいにした


だけど、そういったウソが迷信となり

歪みをもった信じる力が、本当に妖怪を生み出す……


なんか よく ありそうな話だな


まぁ、こういった場合 報いとして嘘をついた私が

鬼にひどい目に合わされるんだろうが

鬼が弱かったのも時代のなせるワザか


もう鬼とか幽霊とかの時代でもあるまい

UFO番組とか怪奇現象番組とか全然、見なくなったもんね



175 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:54:30.00 ID:i8L0n5EZo


そういって、ふと近くの草の茂みをのぞいてみると

唯や律、ムギ、梓がいた


みんな、笑顔でバーベキューをしている


ハンバーグもあった


誰も私のことなど気にも留めず

ムシャムシャむしゃむしゃ

おいしそうなものを食べ続けている


アウト オブ 眼中、か



176 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/08/21(日) 01:54:57.02 ID:i8L0n5EZo


澪「みんな」


私が声をかけると

みんな、ぎょっとした顔をして

お肉を隠した


私は中学時代、卒業式の直後、ママと焼肉屋に行ったら

焼肉やで私以外のクラスメイト全員と出会ったことを思い出した


冷たい体 渇く心 


私はなんだか無性にお湯が飲みたくなり

みんなの元へ駆け出した



    ─御湯鬼─



      終わり




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「放課後 百物語」#2 「御湯鬼」
[ 2012/01/28 18:09 ] ホラー | | CM(5)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5461 [ 2012/01/29 02:08 ] [ 編集 ]

寂しいな…

タイトル:
NO:5496 [ 2012/02/02 18:53 ] [ 編集 ]

センパイシリーズの人かな?

タイトル:
NO:6001 [ 2012/03/22 13:44 ] [ 編集 ]

素晴らしい
さすがあのお方ですね

タイトル:
NO:6587 [ 2012/06/10 11:04 ] [ 編集 ]

クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

タイトル:
NO:6601 [ 2012/06/12 09:59 ] [ 編集 ]

色々とひどすぎるwwwwwww
乙乙

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6