SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  憂「Happy valentine」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






憂「Happy valentine」 【非日常系】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1329228890/l50

紬「素敵な誕生日プレゼント」
澪「大切な誕生日プレゼント」
憂「Happy valentine」
紬「Salty valentine」
憂「あったかな誕生日プレゼント」
梓「Sweet valentine」




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:14:50.14 ID:/vAOXqHV0

「よしっ!」
キッチンで、エプロンを着け、腕まくりをした梓ちゃんが気合を入れます。

「梓、やる気満々じゃん」
「澪さんと付き合い始めて、始めてのバレンタインだもんね」
「えへへ」
純ちゃんと私の言葉に、梓ちゃんは、少し恥ずかしそうに微笑みました。





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:16:40.94 ID:/vAOXqHV0


今日は、梓ちゃんと、純ちゃんと一緒にバレンタインチョコレート作りです。

「で、梓ちゃんはどんなの作るの?」
「うん、チョコタルトにしようかなと思って……」
梓ちゃんはそう答えながら、ハート形のタルト型を取り出しました。

「え~?タルトって難しそうじゃない?」
「……難しいかなぁ?」
「ううん、結構簡単だよ」
「ほんと?」
純ちゃんの言葉に、不安げな表情を浮かべた梓ちゃんでしたが、
私が答えると、梓ちゃんの顔がパーっと明るくなりました。

「うん、じゃぁ、がんばって作ろっか?」
「うん!」
そして、私たち3人は、早速チョコレート作りに取り掛かりました。



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:19:06.14 ID:/vAOXqHV0

―――

「それにしても、梓に澪先輩取られるとはなぁ」
チョコレートを湯煎にかけながら、純ちゃんが少し不満そうにつぶやきます。

「なによ、もともと澪先輩は純のものじゃないでしょ?」
そんな純ちゃんに、梓ちゃんは少し口を尖らせて答えます。

「そんなこと言いながら、純ちゃんも応援してたくせに」
「まぁ、そうだけどさ」
「澪さんのお誕生日の日、梓ちゃんからのメール見るなり飛び出してっちゃったしね」
「そ、そりゃぁあんなメール見たら心配になるって」
純ちゃんは顔を真っ赤にしてわたわたと手を振りながら答えます。



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:21:27.27 ID:/vAOXqHV0


「あ、あの時はごめん……
 あれはそういう意味じゃなくって、純粋に応援してくれてたのに申し訳なくって……」
梓ちゃんはすまなさそうに謝ります。

「でもよかったよ。なんだかんだでうまくいって」
「うん、澪さんも幸せそうだしね」
「えへへ」
梓ちゃんは、とろけそうな笑顔を浮かべます。
澪さんと付き合いだしてからの梓ちゃんは、本当に幸せそうで、少しうらやましくなっちゃいます。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:24:17.65 ID:/vAOXqHV0


「そういえばさ、澪先輩、この前ブレスレッド着けてたけど、
 梓が誕生日にあげたってやつ?」
「私も見た。
 あのブルーのビーズのやつでしょ?すっごくきれいだよね」
「うん、澪先輩、毎日つけてくれてるんだ」
「おうおう、のろけてくれますなぁ」
「もー、純が振ったくせに」
「でも、梓ちゃん、澪さんのこと話す時、本当に幸せそうだよね」
「ま、まぁね……」
「まぁ、憂も、唯先輩のこと話す時、こんな感じだけどね」
「え?」
思ってもいなかった純ちゃんの言葉に、思わず手にしていたボールを取り落としそうになってしまいました。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:26:58.37 ID:/vAOXqHV0


「ねぇ、憂。次は憂の番だよ」
「でも……」
突然、真剣な表情に変わった梓ちゃんにまっすぐに見つめられ、私は思わず目をそらしてしまいました。

「そうだよ憂、怖がってたって始まらないよ」
「そう……だよね……」
でも、私は一応の同意で、お茶を濁すことしかできませんでした。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:30:09.08 ID:/vAOXqHV0

―――

「はぁ……」
梓ちゃんは澪さんとのデートへ、純ちゃんはジャズ研へと向かった後、
一人になると、自然にため息がこぼれます。

『ねぇ、憂。次は憂の番だよ』
『そうだよ憂、怖がってたって始まらないよ』

そうは言うものの、私は梓ちゃんとは違うんだもの。
梓ちゃんも同性って言う障壁はあったけれど、私はさらに……。
どうしてお姉ちゃんを好きになってしまったんだろう?
そんなこと、いまさら思ってもしょうがないのに、そんなことばかり考えてしまいます。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:33:50.11 ID:/vAOXqHV0


「憂……」
「え?」
突然の声とともに、私は後ろから暖かいものに包まれていました。

「お姉ちゃん?」
「どうしたの憂?
 なんど声かけても気づかなかったよ?」
「ごめんなさい……ちょっと考え事してて……」
「何かあったの?元気ないよ?」
お姉ちゃんは、後ろから、心配そうな顔で覗き込んできます。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:37:04.29 ID:/vAOXqHV0


「ううん、なんでもないよ?」
でも、私はそう答えることしかできませんでした。
だって、お姉ちゃんのことを好きになってしまい、悩んでるなんていえるはずもありませんから。

「よし、じゃぁ憂が元気になるように、これをあげよう」
お姉ちゃんは、ふっと柔らかな微笑を浮かべると、いったん離れ、
小さな箱を手渡してきました。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:41:42.28 ID:/vAOXqHV0


「お姉ちゃん?」
「ハッピーバレンタイン、憂。
 バレンタインチョコ、一生懸命作ったんだよ」
「あけてもいい?」
「もちろんです!」
私は、ちょっと不器用なラッピングを丁寧にはがすと、中のチョコレートを取り出しました。
それはハート型のチョコレートに、ピンクの文字で

『うい、いつもありがとう!
 大好きだよ(ハート)』

と書かれていました。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:46:58.21 ID:/vAOXqHV0


「お姉ちゃん、ありがとう」
私はなんとも言えない気持ちになり、お姉ちゃんに抱きつきました。

「どうしたんだいこの子はぁ」
お姉ちゃんは少しおどけながら、頭をなでてくれます。

「ほら、食べてみて?元気になるよ」
お姉ちゃんはそう言うと、チョコレートをつまみ上げ、あーんと言うように、口元に持ってきます。



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:49:33.32 ID:/vAOXqHV0


「折角お姉ちゃんが作ってくれたのに、すぐ食べちゃったらもったいないよ」
私がそう言うと、お姉ちゃんは自信満々で答えます。

「じゃぁ、シャメ撮っておけばいいんだよ」
そして、お姉ちゃんは、携帯を取り出すと何枚か写真を撮り、
再びチョコレートをつまみあげました。

「ほら、あ~ん」
「お姉ちゃん……」
そして、私は今度はそれに従いました。

「どう?おいしい?」
「うん、おいしいよお姉ちゃん」
私が笑顔で答えると、お姉ちゃんも安心したような、誇らしそうな笑顔を浮かべます。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:52:09.45 ID:/vAOXqHV0


「お姉ちゃん、本当にありがとう」
「えへへ、憂のためだからね」
私が感極まって抱きつくと、お姉ちゃんはいつもの笑顔で答えてくれました。

「で、憂?」
しばらくすると、お姉ちゃんは、こちらを伺うように尋ねてきます。

「なぁに?」
「あの~……私にはチョコレートいただけないのでしょうか?」
躊躇いながら尋ねてくるお姉ちゃんに、私は微笑んで答えました。

「ご飯食べてから」
「しょんなぁ」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:54:32.86 ID:/vAOXqHV0

―――

本当はお姉ちゃんともっともっと仲良くなりたいけれど―――
でも。今はこの幸せで十分だと思い直しました。
いつか勇気が持てる日まで、今はこの幸せを大切にしていきたいと思います。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:57:45.82 ID:/vAOXqHV0

短いですが、おしまいです。
読んでいただいた方、ありがとうございました。
あまり本編には関係ありませんが、
澪「大切な誕生日プレゼント」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1326718757/l50#tag33
の続きになります。




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:59:03.32 ID:9DNMASk80

>>1乙乙です!



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/15(水) 00:04:42.57 ID:HZQjxDAp0





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/15(水) 00:07:47.75 ID:8P9/zL0Ji

>>1 もつ

ほんわかしたわ






関連記事

ランダム記事(試用版)




憂「Happy valentine」
[ 2012/02/15 19:12 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5617 [ 2012/02/16 12:31 ] [ 編集 ]

この続きは憂の誕生日にあるんだろ?
そうだよな?
ほんとお願いします

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6