SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「カラオケいこうよ!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「カラオケいこうよ!」 【非日常系】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1290281409/




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 06:35:01.79 ID:YrhZyEEY0

―部室―

律「つーわけで、第一回『軽音部で歌の上手いヤツは誰だ!?』
  決定戦を明日駅前のカラオケで開催する」

澪「何が『つーわけで』だ…いーかげんに練習するぞ…」

梓「そうですよ、次のライブまであまりもう時間ないんですからね?」

唯「え~?みんなやろうよぉ~」

律「ちなみにスポンサーは琴吹楽器店でぇっす!」

紬「うふふ…商品はウチの系列店の商品券10万円分よ~☆」

梓澪(ピクッ)

律「梓、澪、や・る・よ・な・??」


梓「澪先輩…私たち、軽音部なんだから歌唱力も大事ですよねぇ…?」(ギラギラ…

澪「ああ梓…ライブのリハもやりたかったし、
  たまには魂込めて歌うのも悪くないよな……?」(ゴゴゴゴ…

律(扱いやすい奴ら~)





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 06:55:07.90 ID:YrhZyEEY0

さわ子「その大会…顧問も参加可能かしら?」(ゴゴゴゴ

律「さわちゃん…目が怖いよ…わかった、わかったから参加すればいいじゃん…」

さわ子(10万円相当の楽器をそのまま転売すりゃ…10万丸儲けじゃないの♪)

澪「フッ…面白い、ライバル出現だな」
梓「軽く蹴散らしてやるです」


和「私も参加します!入部届けはこちらに!(転売して生徒会費用を…」
憂「わ…私も!!入部届けもあります!(新しいお鍋…フライパン…お姉ちゃんのために…っ」

唯「和ちゃん!?憂まで!」

さわ子「いいでしょう入部を許可します、かかって来なさい小娘が!」

律「守銭奴の集まりかこの学校は…」

澪「敵が増えたな…梓」
梓「構う事ぁねーです、私が全員叩き潰します」

澪「だが、邪魔な奴敵は極力減らした方が良いのも事実だ…」


紬「なんだか楽しくなってきたわね~☆」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 07:05:33.75 ID:YrhZyEEY0

律「波乱な展開になりそ~…」

唯「憂…」

憂「お姉ちゃん!私、頑張るからねっ」

和「唯、律、澪、今回は私生徒会長として正々堂々と戦うわ」

唯「優勝商品とか抜きに私はみんなとカラオケしたいんだけどなぁ~…」

澪「おい梓、ちょっと…」
梓「??」



廊下
澪「梓、手を組もう。」
梓「手を?…一体何を企んでますか先輩」
澪「簡単な話だよ、参加人数合計8人、これを4人に減らす」
梓「どーやって……?」

澪「ふふふふふ……」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 07:19:16.25 ID:YrhZyEEY0

―翌日―

律「おーす、皆集まったかぁ?」

唯「まだあずにゃんが来てないね…」

さわ子「ケータイも出ないわ、どうしてかしら?」

律「昨日もいつの間にか帰っちゃってたしなァ…」

澪「もう不参加者は失格でいいんじゃないか?時間も惜しいしさ」

律「ん~…仕方ないな…」

和「澪…何かした…?」
澪「…さあね…」

紬「ささ、早く行きましょ☆私みんなとカラオケするの楽しみだったの☆」

憂「梓ちゃん…」


部室、倉庫

梓「モガ!!モモガモガモガモガ!!!」
梓(やられたっ!!敵を騙すには味方からを地で行きやがったあの女…!!!!)

中野梓、秋山澪の策略によりリタイア



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 07:36:25.71 ID:YrhZyEEY0

店内

律「ルールを確認しようか」

1・曲は各自合計5曲づつ、それぞれの合計得点の高い人間が優勝
2・飲食は自由(※ただし自腹とする
3・キー調整、テンポ調整は可、ただし第三者による妨害目的の調製は禁止とする

さわ子「この3つだけね。」

唯「自腹かぁ…ご飯はみんなで割らない?」

憂「あの…お腹減ると思ってみなさんにサンドイッチ作ってきました!
  真ん中に置いておくので食べて下さい!」

唯「やったー☆憂愛してるぅ~」(スリスリ

憂「お姉ちゃんはおうち出る前にいっぱい食べたからダメぇー」

唯「ぶーぶー、憂のいけず~」

和(憂が珍しく唯に厳しい…)
澪(あのサンドイッチ…何かあるな…?)



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 07:45:44.87 ID:YrhZyEEY0

澪「そのサンドイッチ…憂ちゃんは食べないのか?」

憂「あ、私たちは朝ごはんで食べてきたから大丈夫ですよ?」

唯「うう~…やっぱり朝パンじゃ元気出ないよ~、
  憂たしかおにぎり作ってたよね?それ食べたいな~」

憂「お姉ちゃん…!それは内緒だって!!」

澪和(内緒…?)

唯「だってだって~、食べたいんだもーん」

憂「もーしょうがないなぁ…」

和(間違いない…この小娘…)
澪(毒を盛ったな…)



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 08:00:47.36 ID:YrhZyEEY0

律「とりあえず始めるか…一番手はさわちゃんでいいよね?」

さわ子「ええ、着替えてくるから待ってて…」

律「着替え…?」


憂「はい、お姉ちゃん」(ドン

唯「わーい!じゃあ私この一番大きいのにしよっと!!」

澪「あ、私も貰っていいかな?そのおにぎり」
  (あのサンドイッチには何か仕掛けがある、だが隠してたおにぎりは例外のはずだ)

和「私も、憂のおにぎり久々に食べたいな…、いいよね?憂」
  (唯のおかげで救われたわ…唯に感謝しなきゃね……)

憂「ふぅ……仕方ないですね…本当はお姉ちゃん用の特製おにぎりだったんですが…
  召し上がって下さい、私はサンドイッチにします。」

澪「ありがとう、憂ちゃん」(観念したか、策に溺れて死ね…蛇め)
和「いただきまーす…」


さわ子「待たせたなテメェらああ!!!!!!」(ガチャッ

律「うひゃっ!現役時代の格好かよ!!!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 08:12:29.27 ID:YrhZyEEY0

唯「おいしかったー、おなかいっぱいで幸せ~☆」

澪「(モグモグ…)美味い…唯用なのか唯好みの味になってるな」
和「けど、今回は姉への思いが裏目になったみたいね。」


さわ子「アタシの歌を聴けええええ!!!!FUCK!!!!!YEAH!!!!!!」

唯「イエーイ!さわちゃんサイコー!!!」(ピューピュー!

律「さすが…元デスメタルバンドのボーカル…」

憂「山中先生すごいですー!」

澪「憂ちゃんサンドイッチを食べたのに何とも無い…な」
和「遅効性か、はたまた保険用のサンドイッチのみを食ったか…」

憂(……ニヤリッ)



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 08:23:28.05 ID:YrhZyEEY0

採点機「デデデデデデデ…78点!!」

さわ子「ちぃっ、テメエらのソウルが伝わって来ねぇからよぉ!!」

律「ソウルの問題なの…それ?」

唯「次は私だね~えっと…」

律「まだ決めてなかったのかよ…てか、唯は何歌いたいんだよ?」

唯「ふわふわ時間」

律「普通のカラオケにあるか!」(ビシッ

唯「え~、ないのぉ~~」

憂「お姉ちゃん、放課後ティータイムの歌はさすがにないよ…」

唯「ちぇ~、じゃあこれにしよっと。」(ピピピ…

澪(次は私か…一応曲を決めとくか)(ゴロゴロゴロ…
和(とりあえず、音楽教員のさわ子先生にはもう棄権して貰いましょうかね…)(ギュルルルルルル………


澪和「「…え…………………んなぁッッッッ!!!!!????」」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 08:34:53.40 ID:YrhZyEEY0

澪「こ…この腹痛は………っっっ!!」
和「まさか……憂……!?」
憂(ニコニコ☆)

唯「あーばれたー♪かーずだけぇ~♪やっさっしっさを知ーるー!」

律「っていきなし特撮かよ!らしいけど!唯らしいけど!!」

さわ子「今の特撮ってイケメン俳優多いのよねぇ☆」



澪「ぐっ…馬鹿な…同じおにぎりを食べてた唯はあんなに元気なのに…!」
和「憂、一体どんなトリックを……?」

憂「(ボソッ)あんまり人を疑うからですよ…うふふっ」

澪和「「うわっ!!!!」」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 08:58:28.28 ID:YrhZyEEY0

室外

唯「ばくりゅーせんたいー!!!!♪」

律「いえーーい!!唯いいぞ~~~!!」



憂「…大人しくサンドイッチを食べていればこうはならなかったのに…
  先輩方が勝手に人を疑うからですよぉ??」

澪「…あははは…一体何を…?」

憂「もうしらばっくれないで下さい。
  …お姉ちゃんが、ごはんはおかずって歌うぐらいお米好きなのは知ってますよね?」

和「それが…どうしたっての?」

憂「そんな人が朝からパンしか食べなかったとしたら?当然満腹でもご飯が食べたくなりますよね?」
澪「……まさか!唯の朝食から全てシナリオ通りだったのか…!?」
和「だとしても、唯が別のおにぎりに手を付けない保障なんてないじゃない!」

憂「だからおにぎりの大きさをあえてバラバラにしたんですよ、
  それにお姉ちゃんの性格なら一番大きいおにぎりを手に取る事は目に見えてましたからね」

憂「まさか、自称ですが料理に自信のある私が、
  何も考えずにおにぎりの大きさを変えるとでもお思いでしたか…?」

澪「だとしてもだ、それだけ米が好きな唯が次のおにぎりに手を出さないとも…」

憂「私が毎日誰の食事を用意してると思ってるんですか?
  姉の胃袋の許容量と消化速度なんて既に把握済みですよ」

澪「く…っ!」(ピーピーピーー
和「完全にやられた…わ…」(ギュルルウルルルルル…

憂「何も考えず、私を信じてサンドイッチを食べていれば
  下剤おにぎりなんて食べずに済んだのに…」

憂「勝手に人の思考を深読んで疑った天罰ですね、
  せいぜいトイレで便器とお友達になってて下さい」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 09:16:35.88 ID:YrhZyEEY0

和「わ…私もうダメ……うわぁぁん!!!」(ダッ!!
澪「うううううう……10万円がぁぁ…新しいアンプとチューナーがぁ…」
憂「諦めて下さい、私は…お姉ちゃんの為に…お金が必要なんです…
  お姉ちゃんがもっと私を必要としてくれるために…」

澪「憂ちゃん…姉想いの本当によくできた妹…
  でも、姉の為なら手段も選ばない…なんて恐ろしい子…っ!」
憂「うふふ…ありがとうございます、それ、最高の褒め言葉ですよ。」
澪「(ぎゅるるるるるるr)もう…ダメ……っくぅぅ…といれぇぇえーーー!!!」(ダッ

女子トイレ

和「ぅぅ……ふぅ…はぁ……間に合ったぁ…」

声「あらら?その声は和ちゃんかしら??」

和「って…まさか、隣にいるのはムギ?」(そーいえば…いつの間にか姿を消してたよーな…

紬「ええ、何でもドリンクバーのジュースの業者のミスなのか、
  機械が壊れてたみたいで…お茶と水以外の全てのジュースに寄生虫がいるらしいわよ?」

和「寄生虫??」

紬「私も前からの夢だったドリンクバーのコーラを飲んでみたんだけど…
  それに当たっちゃったみたいでね~、もしかして和ちゃんも?」

和「そ…そうなんだよ、オレンジジュースがさ、あはは
  (てか、ここのトイレ今見たけど個室2つしか空いてなかったような…



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 09:35:58.57 ID:YrhZyEEY0

澪「はあはあはあはあはあ……つ…ついたぁぁぁぁ…!!」

和「澪!!だめよ……ここのトイレはっ!!」
澪「ええ…?何だよ和ぁ??…私には一刻の猶予も…って…開かない?」
紬「澪ちゃ~んごめんなさ~い、まだかかりそうなの~~」

澪(埋まってる……っく!!ならば…!!!)ダダダッ!!
澪「この際しのごの言ってられるかぁ!!」


男子トイレ

澪「はぁはぁ…は…恥ずかしいけど……行くしかない…!!」

澪「たのもぉー!!」(バァーン!!
男「ちょっ!!えっ!?」
澪「ナニモミエナイミエナイ!!ナニモキコエナイキコエナイ!!」
  (ガチャッ!バン!!ガチャリッ!!

男「今の…女の子だったよな…?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 09:44:29.15 ID:YrhZyEEY0

部屋

唯「いえい!!93点!!」
さわ子「絶対音感か…ビブラートもしゃくりも完璧だわね…」

律「そーいや、ムギと澪と和、どこ行ったんだ?」
憂「えっと…ムギ先輩は知らないですけど、
  澪先輩と和ちゃんはなんか、お腹の調子が悪いって言って出てっちゃいましたよぉ?」

律「あいつら、変なものでも食べたのかな…?」

さわ子「あ、このサンドイッチ憂ちゃんの作ったやつよね?美味しいわぁ~☆」
憂「ありがとうございます!次私の番ですよね?お姉ちゃん、一緒にデュエットしよ☆」

律「あの憂ちゃ~ん?これ採点して対決するってルールあるんだけどなぁ~…」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 09:53:31.89 ID:YrhZyEEY0

~♪~♪
律「うわ、また懐かしい曲だな」
唯「このアニメ、よく憂と一緒に見てたなぁ~」

憂「コホンッ…あの、すみません、お水を…」
さわ子「はーい、憂ちゃんどうぞー」
憂「ありがとうございます…」(ゴクッ……

憂「………~~~~~~~ッッッッッッ!!!!!!!」
憂(辛っっっ!!辛ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!)

さわ子「あらあら、どーしたのかしら?☆」
律「どうした?水がむせたか?憂ちゃん!!」
唯「ういー!!だいじょーぶ??」

憂「だ……大丈夫だよ゙…え゙~、あ゙ーー……」
憂(やられた……この女…教師の癖に…やりやがった…教え子の喉を…声を潰すとは……っ!)

さわ子(うふふふ…おにぎりに下剤とはやるわね憂ちゃん…
    でもね、退場なんてさせなくても点を落とす方法なんていくらでもあるのよ…)

憂(この水よく見たら唐辛子で赤い…
  少し考えれば分かるのに部屋の暗さで完全に見間違えたぁぁぁ!!)



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 10:09:29.68 ID:YrhZyEEY0

憂「ならな゙くちゃ~♪絶対~なって~やる゙~♪」

憂「げほっ…げほっ…あ゙あ゙あ゙あ……」

唯「憂…大丈夫?」
律「声がだいぶアレだったからな…点数は……」

採点機「デデデデデデ…68点!!」

さわ子「あらあら、水を慌てて飲むから…」

唯「も~、あわてんぼさんだなぁ憂はぁ~☆でもそこが憂の可愛い所だよぉぉ☆」(スリスリ

憂(言いたいけど…証拠がない…!!この女がやった証拠が無いから…言えない……!!)

憂「うぐっ…ううううぅぅぅぅ……お姉ぢゃあ゙んっっっ……」

唯「憂も悔しいんだねぇ、でも、まだあと4曲あるから大丈夫だよ!!ふぁいと!」

律「そうそう、大丈夫だって…!!だから泣かないで、ね?」

さわ子(うふふふ…あとは唯ちゃんを消せば勝利は確実にアタシのモノよ…!)

律「さて、次はあたしか…いっちょいってみっかぁ!!」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 10:19:25.90 ID:YrhZyEEY0

律「音楽室のピアノでブギー!!ジェリー・リースタイルゥゥ!!♪いえぇ~い!!」

唯「りっちゃん上手ーーー!!」(パチパチッ!

さわ子「音楽部の部長なだけあってそこいらの学生よりかは上手い…
    でも、本職のアタシの敵じゃないわね…」
    
さわ子(やはり狙いは唯ちゃん一本…か……)

憂「何とか一矢報いなきゃ…でも、どうしたら…」



採点機「デデデデデデデデ…85点!!」

律「ちぇー、せめて90点は欲しかったんだけどなぁ~」

さわ子「んじゃあ私2曲目行くわね。えと…マ、キ、シ、マムザ…………あ、あった。」

さわ子(叫ぶから水分入れておくか…えと、私が入れたメロンソーダは……)



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 10:26:41.08 ID:YrhZyEEY0

さわ子(大丈夫、コレに誰かが何かをした細工は見受けられなかった……)

……ゴクッ…ゴクッ…ゴクッ……


さわ子「ぷはぁ、さああああて……………地獄の第二幕開始だオラアアァァァ!!!」


ドンドン♪~バララバララ♪~~~~♪♪

さわ子「永久に鬱この1ページ……♪」

唯「あ、私この歌と漫画知ってる、すっごい声の人だよね?りっちゃん」
律「まぁ、今のさわちゃんらしいけど…完全にキャラ崩壊してるって気付いてるのかあの人は…?」

憂(何とか…アイツを降ろさないとお姉ちゃんが…負ける…っ!)



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 10:39:52.11 ID:YrhZyEEY0

採点機「デデデデデデデデ……91点!!」

律「どええええ!!化けモンかさわちゃん!!??」

さわ子「なーに当たり前の事言ってんだゴラァ!?
    今のアタシは人間じゃねえ、ヒトを超えた存在!ゴッドキングだぜぁああ!!!」

律「意味わからん…とりあえず弱みになりそうだからあとで写真撮っておくか…」

唯「あれ、さわちゃんだよね?」

さわ子「ダァッハッハッハッハ…」(ギュルリィィィィィィィ…
さわ子(………な…何ィィィィィ!!!????)

憂(…?)

さわ子「ば…馬鹿なぁぁぁぁぁ!!この腹痛は…何故?はっ!?まさか小娘がっ?」

唯「どれにしよーかな…」
律「お前、好きな歌手とかいないの?」
憂「…………う~ん…」

さわ子(いや、2人とも曲の間中合の手を打ってるのはアタシも見てたし、
    妹も反撃の策を講じている最中のはず…まだ実行には…至っていないはずっ!)


コンコンッ…

店員「あの…すみません……」(ガチャッ

律「はいはーい?」

店員「真に申し訳ございませんが…こちらのお客様で、
   ドリンクバーのお茶とお水以外のジュースを飲まれた方っていらっしゃいますか…?」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 10:46:28.81 ID:YrhZyEEY0

律「だってよ、唯と憂ちゃん」
唯「私お茶だよ~、日本人なら緑茶だよ~」
憂「私は…お水です、律さんもお水でしたよね?」

さわ子「メロンソーダ……私…飲んだわ…ガブ飲みで」

ガタッ!
店員「真に申し訳ございません!!!!実はですね……」


店員さんは大きく土下座をしたあとで簡単に説明してくれました…
ドリンクバーの水とお茶以外の機械に寄生虫が入り込んだ事
それで大至急救急車を手配してくれたこと、
それによりムギちゃん和ちゃん澪ちゃんが体調不良を起こしてる真っ最中だということ

あの後すぐに救急病院に運ばれたさわちゃんは、数日安静にして教職に復帰しました。

憂の声もすっかり直り、久々に軽音部が再開し始めた時のこと……



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 10:59:37.94 ID:YrhZyEEY0

律「てな事があってさ~」

唯「結局私の勝ちだったんだよ!(フンス!」


梓「それでそこの乳デカ女…失礼、澪先輩は大丈夫だったんですか?」

律「ああ、翌日ケロっとしてた、でも不思議と和と澪だけ復帰が早かったんだよ、なんでだろ?」

澪「…私さ、普段から健康には気を使ってるから…」

和「私も、生徒会長として健康には気を使わないと…ね?」

唯「澪ちゃん和ちゃん…どーかしたの?」


紬「今度は違うお店でまたやりましょうね!!私何も歌えなかったんだから!!」

憂「ええ、でも、何かを賭けて歌うよりも、やっぱり歌は純粋に楽しむべきだと思いますよ…」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 11:09:39.79 ID:YrhZyEEY0

さわ子「んで?唯ちゃん優勝商品の10万円分の商品券、結局何を買うのに使ったの?」

唯「えへへー、そろそろ来る頃だと思うけど…」

ダッダッダ…

主任教諭「すいませーん!山中先生!ちょっと外までお願いします!!」

さわ子「…はい?」

唯「来たぁ…☆」






業者「まいどー。」

主任教諭「すごい数の道具が…全部軽音部のですよね?放課後ティータイムってありますけど…」

さわ子「一体唯ちゃん何を…?」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 11:22:51.90 ID:YrhZyEEY0

律「これ…私の欲しかったスネアじゃん…」
澪「こっちにはマルチベースアンプシミュレーター…」
梓「新しいアンプに譜面台…何々?『サルでも分かる軽音楽入門書?』が二つ」

紬「まさか唯ちゃん、自分の欲しい物じゃなくてみんなが欲しがってたものを?」

唯「私、ギー太があればそれで充分だからさ…」
唯「だから私は何もいらないから。
  それで、代わりに前にさわちゃんのギターを売った時に言ってたのを
  とりあえず買ってみちゃいました!!」(ふんす!

律「唯…お前ぇ!!」
澪「こいつっ!嬉しいことしてくれるじゃないかぁ!」
梓「も~!唯先輩カッコよすぎですよぉ!」

唯「いやー、それほどでもぉ~~///」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 11:32:00.78 ID:YrhZyEEY0

和「でもこの軽音楽の入門書は、もしかして自分達が引退した時用のやつかしら?」

唯「何言ってるのー?それは和ちゃんと憂のだよ?」

和憂「…え?」

唯「だって、2人とも軽音部に入ってくれるんだよね?」

律「確かに、さわちゃんに入部届け渡してたもんな???」



回想

和『私も参加します!入部届けはこちらに!』
憂『わ…私も!!入部届けもあります!』



憂和「「ああぁぁぁぁぁーーーーー!!!!!!!」」

律「軽音部の一員だからあのカラオケ大会に出たんだろ?
  大丈夫だよ和ぁ、生徒会との掛け持ちも許可するからさぁ☆」

澪「和!ようこそ軽音部へ!和がくれば100人力だよ!!」
梓「私憂のギターの腕前知ってるから大歓迎よ!
  一緒に文化祭盛り上げようね!!!やったぁ同級生だぁ~~~☆」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 11:38:29.70 ID:YrhZyEEY0

律「ムギ!!和と憂ちゃんの歓迎会だ!お茶を用意せぇ~~!」

紬「はい、りっちゃん隊長~!」

和「あ、あのね律?あれは…」

憂「あぅあぅ…お姉ちゃん…梓ちゃあん…」

澪「憂ちゃんが入ってくれれば軽音部も安泰だ、これで安心して卒業できるな…」

梓「まずはギターのコード教えなきゃ…あと楽器も買わないと…☆」

唯「一緒にギターやろうね憂~♪」(スリスリ

さわ子「また、騒がしくなりそうねぇ。ま、退屈しなくて済みそうだけど…」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/21(日) 11:53:06.84 ID:YrhZyEEY0

後日談


憂です、なんだかんだで新入部員の和ちゃんと楽しく軽音やってます

ギターもだいぶ弾けるようになり、
文化祭ではお姉ちゃんと一緒にリードギターを演奏する予定です
しかも、お姉ちゃん作詞の新曲を弾けるとの事ですので、
みんなに内緒でみっちり練習中です。

和ちゃんも結局、澪先輩の勧めでベースを弾いています
左利きと右利きのベース使いがいて動きの幅が増え、
従来の放課後ティータイムよりかなりカッコよくなってる気がします。



それと、私はあのカラオケ大会から学んだ事があります

それは、お姉ちゃんはやっぱりすごいって事と…
いくら誰かの為でも、悪い事を考えたりしたら、必ずしっぺ返しが待っていると言う事と…
お姉ちゃんみたいな綺麗で素敵な人が姉で、私はとても幸せだと言う事です。

部活では尊敬できる先輩で、家では妹みたいに可愛いお姉ちゃんへ


これからも、いつまでもずっと一緒だからね!!

平沢 憂



おしまい。




関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「カラオケいこうよ!」
[ 2012/02/18 20:41 ] 非日常系 | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5643 [ 2012/02/19 15:59 ] [ 編集 ]

2010年後半でこの口調..,

タイトル:
NO:5782 [ 2012/03/07 07:56 ] [ 編集 ]

他SSと比較しても口調なんて気にならない、どうせ唯が〆たのが気に入らないんだろ
唯アンチ乙

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6