SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  憂「なんということのない日々」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






憂「なんということのない日々」 【非日常系】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1329910113/l50





1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:28:33.03 ID:BrjyQ1TdO

ID:6LNlu6290の代理





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:30:11.85 ID:6LNlu6290

>>1
ありがとうございます。
憂ちゃんの誕生日SSです。



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:31:08.13 ID:6LNlu6290


#平沢家:朝

ジリリリリリリリリ!・・・ピタッ

憂「う、うーーん」ノビッ

・・・

うん、今日もいい天気。
平沢憂、高校三年生の春です!

憂「日々は たからばこ~♪」パパッ

憂「えがおっの たからばこ~♪」ニギニギ

・・・おにぎりできた!
おべんと箱に詰めてっと。





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:32:07.92 ID:6LNlu6290


憂「・・・あれ?」

気がつくと目の前に、二人分のおにぎり。
お姉ちゃんが大学生になって家を出た今でも、
時々お姉ちゃんの分のお弁当まで作っちゃいます。

憂「えへへ・・・だいじょうぶ、だいじょうぶ♪」

憂「ちょっと間違えちゃっただけだよー♪」テキパキ

作り過ぎた分は、お夕飯にしちゃおっか。
たまには失敗もするけれど、私は元気、だいじょうぶ。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:32:57.98 ID:6LNlu6290


・・・

#お昼

梓「憂のお弁当、相変わらずすごいよね」

憂「そうかなぁ。ふつうだと思うよ」

純「・・・」モグモグ

梓「唯先輩のお世話がなくてもちゃんと自炊してるんだもん、偉いよ」

純「卵焼きもーらい!」ヒョイパクッ

憂「ふふ、いいよー。召し上がれ♪」

梓「それに引き替え、純ときたら・・・」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:33:48.33 ID:6LNlu6290


純「なによ~、私はこうやって生きていくんだから、いいの」モグモグ

純「うん、うまいっ!」

憂「ふふっ。梓ちゃんにも、はいどうぞ」

梓「あ、ありがと・・・」

梓「うん、おいしいね」

憂「えへへ、ありがと~♪」

純「でもちょっと、味付け変わった?」モグモグ

梓「あ、ほんとだ」モグモグ



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:34:40.32 ID:6LNlu6290


憂「え? そうかな?」

純「うーん・・・前より薄味になったような」

梓「そだね。あ、おいしいのはおいしいんだよ?」

憂「え? あ、うん・・・」


特に味付けを変えた覚えはないんだけどな。
もしかして、今までは、お姉ちゃんの好みに合わせてたから・・・って。おっと、いけない。
おいしいって言ってくれてるんだから、だいじょうぶ、だいじょうぶ・・・だよね?



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:35:31.62 ID:6LNlu6290


純「それよりさ、土曜日の映画、何観るか決めた?」

梓「うーん、まだ」

純「じゃこれこれ、これにしようよ、インディ・ジューン8!」

憂「アクションものだねー」

純「うら若き乙女にして双子星アルガスの生き残りインディ・ジューンが、悪の人造生命体と・・・」

梓「いやいや! もうちょっと落ち着いた映画にしようよ。私たち女子高生だよ?」

純「ええー、もうすぐ受験が近づいてくるとさあ、映画も観れなくなるじゃん」

純「その前にぱーっと楽しい映画観ようよ、ぱーっと!」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:36:43.08 ID:6LNlu6290


梓「一応受験生の自覚はあるんだね」

梓「憂、何か見たいのあった?」

憂「・・・これ、前に軽音部の皆さんと観た映画の、続編だよね」

純「へえ・・・ああーそれ、テレビでもやってたよね、私も見たよ」

梓「最後のシーンが感動的だったよね、唯先輩とか泣いちゃって」

憂「うん・・・お姉ちゃんすぐ主人公の気持ちになりきっちゃうから//」

純「なぜ照れた」

梓「憂に泣きついて大変だったんだよ・・・」

憂「えへへぇ、あの時のお姉ちゃん、可愛かったなぁ」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:38:01.68 ID:6LNlu6290


梓「あ、じゃあさ、この映画にしよっか? 憂も観たいでしょ?」

憂「私は、二人が観たい映画ならなんでもいいよ」

純「あー、私もいいよそれで」

梓「じゃ、これに決まりだね」

純「それより、軽音部ってみんなして映画観に行ったりしてたわけ?」

梓「このときはたまたま憂の家に集まってる時に、そういう話になったんだよ」

純「澪先輩も一緒に・・・いいなぁ軽音部!」

憂「純ちゃんも、今は軽音部じゃない」

梓「そうだよ、純も1年の時に入っておけばよかったんだよ」

純「いいの!私は過去を振り返らない女!今を生きるの!」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:38:57.02 ID:6LNlu6290


純「梓と憂がいれば私は満足なんだから!ふんっ」

憂「純ちゃん・・・//」

梓「純・・・恥ずかしいよ、それ」

ヒソヒソ・・・カーワイイ

ナカイイワネー ケイオンブ

純「へ? ひっ」

梓憂純「//」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:40:13.91 ID:6LNlu6290


#平沢家

夕飯の前に、お姉ちゃんの部屋のお掃除をしておこうかな。
休みに帰ってきて自分の部屋に埃が積もってたら悲しいもんね。

この前は机を拭いたし、今日は棚の周辺を片付けよう。
所々抜かれて寂しくなった本棚・・・あれ、この漫画。


憂「あ、これって・・・」


小さい頃、お姉ちゃんと一緒に読んだ漫画だ。
ひとつの漫画を、お姉ちゃんとおでこをくっつけて覗きこむように読んだんだ。

ちょうどこの巻の悲しいシーンで、お姉ちゃんが泣き出しちゃったんだっけ・・・。



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:41:15.60 ID:6LNlu6290



ゆい『わぁぁん』

うい『お、おねぇちゃん、だいじょうぶだよ』ナデナデ

ゆい『うぅ、ういぃ、かわいそうだよーー』グスグス

うい『だいじょうぶ、だいじょうぶだからね、お姉ちゃん!』ナデナデ



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:42:24.11 ID:6LNlu6290


久しぶりに手にとってぱらぱらとページをめくる。
懐かしいなあ。ストーリーは、今となっては子ども向けの少し幼く感じるお話だ。
っと・・・私の目から、涙が抑える間もなくこぼれた。


憂「あれ?」


慌ててハンカチを当てたけど、喉の奥からしゃくり上げてしまって止まらない。
どうしてこんな、子ども向けの漫画で・・・。
おかしいな。お姉ちゃんと読んだ時は平気だったのに。


憂「お、お姉ちゃん・・・私、わからないよ・・・」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:43:50.02 ID:6LNlu6290


#映画館

梓「憂、ほら、もうすぐ始まるよ?」

憂「え? あ、うん」

純「何かぼーっとしてること多いよね、最近の憂って。平気?」

憂「うん、だいじょうぶだよ。映画楽しみだね」


カアサーン! カアサーン!
ニイサン、ボクニツカマッテ!!
サヨーナラーー!!



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:44:41.86 ID:6LNlu6290


純「ふあ・・・けっこう良かったね」

梓「純、はんぶん寝てたじゃない、まったく・・・」

憂「う・・・ふぇ」グスッ

梓「へ・・・憂?」

憂「ふえええ・・・あ、ずさちゃああ」

純「な・・・号泣? そんなに!?」

梓「ちょ、なんで? 憂」

純「ほ、ほら。とにかく顔拭いて」フキフキ

憂「ひっく、ひっく・・・あ、ありあと・・・ずんちゃ」グスッ

純「ずんちゃん・・・」ズーン

純「憂がこんなに泣くなんて。そんなに感動する話だったけ?」

梓「・・・前は平気だったし、いくら何でもこんなの変だよ・・・」

純「だね。憂、ちょっと泣きすぎ。ほんとに平気なの?」

憂「う、うん。らいじょうぶだよ」ズズッ



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:46:25.43 ID:6LNlu6290


#部室

梓「ねえ、純」

純「んー?」ガサゴソ

梓「最近の憂、やっぱりどこか変だよね?」

純「そだねー。梓、ポテチ食べる?」バリッ


はぁ・・・純に聞いたのが間違いだった。
憂は、授業は真面目に受けてるし、宿題もちゃんとやってきてる。
純じゃないんだから、当然か・・・。

いつも笑顔で、これまで私が心配することなんて何もなかった。
だけど最近の憂は、どこかズレてる気がしてる。
お弁当がやけに薄味だったり、
今まで平気だった映画で号泣してみたり・・・。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:47:50.78 ID:6LNlu6290


梓「憂、寂しいんじゃないかな・・・唯先輩がいなくて」

純「んー。まあ、そうなんじゃない? あ、うすしおおいしい」パリパリ

梓「もう、真面目に考えてよ純」

純「ほっといても平気だって。憂なんだから」

梓「こんな時に力になるのが、友達でしょ?」

純「梓はさー、何でも真面目に考えすぎなんだよ」

う、純のくせに痛いところをついてきた。
でも、憂が何か悩んでるなら、私がなんとかしてあげたい・・・憂の友達なんだから。
憂の様子がおかしいとしたら、原因はやっぱり、唯先輩の不在しか考えられない。



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:49:08.14 ID:6LNlu6290


#帰り道

唯先輩・・・いや、先輩方の不在で寂しいのは、私だって同じ。
2年の頃の私はずっとずっと、先輩方が卒業して1人になった時のことばかり考えていた。
そんな私を、憂はいつだって励ましてくれた。


『だいじょうぶだよ! 梓ちゃん』


唯先輩が何か隠し事をしてるんじゃないか、と疑心暗鬼になった時も。


『お姉ちゃんなら、だいじょうぶだよ!』



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:50:42.91 ID:6LNlu6290


だいじょうぶ、だいじょうぶ、って、何かのおまじないみたいに。
そんな言葉、以前に誰かから聞いたことがある。


『だいじょうぶ。あずにゃんは、あずにゃんだよ』


・・・唯先輩? ・・・・・・そっか、なんで気が付かなかったんだろう。
唯先輩は、憂に頼り切りだった訳じゃない。
唯先輩も、憂のことを支えてたんだ。


今になって考えると、唯先輩と憂って、ほんとに似てる。
ううん、外見はもちろんだけど・・・どんな時もニコニコ笑っていて、周りの人まで明るくして、
優しくて・・・暖かくて。要領がいいところもあるけど、どこか不器用なところまでそっくりなんだ。



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:52:43.09 ID:6LNlu6290


憂はいつも笑っていて、感情をむき出しにするような子じゃない。
だけど、そこが憂の不器用なところ。
完璧に見えても本当は、唯先輩が修学旅行で帰ってこない、って思っただけで
泣き出しちゃうほどの、お姉ちゃんっ子なんだ。
だいじょうぶなわけ・・・ないじゃない。平気じゃない時だって、あるよね。

誰だー、憂のこと、「完璧超人」なんて呼んだのは。
純のバーカ! ・・・私のバーカ。

でも私・・・唯先輩の代わりになれるのかな。
憂を支えてあげること、できるのかな・・・。



ニャー

梓「あ、猫・・・」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:53:51.99 ID:6LNlu6290


ニャーニャー

梓「・・・おいで?」スッ

フウーーーッ!

梓「ひい」ビクッ

シャーーーッ!!

梓「・・・ご、ごめん」タタッ

梓「・・・」トタトタ

梓「・・・ちがう」ピタッ

これじゃ、だめなんだ。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:54:54.49 ID:6LNlu6290


ニャーーフウウーーッ!

梓「・・・だいじょうぶ」スッ

フウウウウーーーーーッ!!

梓「キミも、こわいんだよね?」

梓「・・・だいじょうぶ。こわくない。だいじょうぶ。」

フウ・・・

梓「おいで?」ニコッ

ミャア・・・

梓「だいじょうぶ・・・」ナデナデ

ミャアア



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:55:41.29 ID:6LNlu6290


・・・あのとき、先輩たちが、私に勇気をくれたんだ。
そして、私が先輩たちから受け取った勇気には、ちゃんとカタチがある。
私が貰ったカタチのある勇気を、憂にも・・・。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:56:54.71 ID:6LNlu6290


・・・

純「へえ、HTTの曲やるの?」

梓「やるの?って、私と純でやるんだよ? 憂はまだ楽器ないんだから」

純「やるのはいいけど、ギターとベースだよ? 私たち」

梓「ちゃんと二人で弾けるようにアレンジしてきたよ」

純「どれどれ・・・ん? この選曲・・・ふうん」ニヤニヤ

梓「も、もう! 純はデリカシーなさすぎだよ」

純「あはは、いやぁ。梓は友達思いだよねー。わかったわかった、協力するよ」

梓「・・・よろしく」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:57:51.08 ID:6LNlu6290


・・・

憂「梓ちゃんと純ちゃんのセッション?」

梓「憂、まだ何の楽器やるか決めてないんでしょ?」

憂「うん。キーボードも楽しいんだけど、他の楽器も試してみたくて・・・」

梓「別に、バンドのバランスとかは気にしなくていいんだからね?」

梓「私たちの練習にもなるし、憂の楽器選びにも、役に立つんじゃないかと思うんだ」

憂「わかった。ありがとう、梓ちゃん」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:58:39.79 ID:6LNlu6290


・・・

ジャガジャカジャンジャン ジャカジャン


卒業は終わりじゃない
これからも仲間だから
大好きって言うなら
大大好きって返すよ
忘れ物もうないよね
ずっと永遠に一緒だよ


ジャジャジャカジャン...



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 20:59:33.28 ID:6LNlu6290


パチパチパチパチ

憂「二人とも、すっごくよかったよ!」

梓「憂! この曲はね、先輩たちが私に送ってくれた曲なの」

憂「うん。すてきなプレゼントだよね」

梓「あ、あのねっ。私たちは・・・音楽でつながってるのっ!」

憂「梓ちゃん?」

梓「だからね、私は先輩たちがいなくても、1人ぼっちなんかじゃなくてっ」

憂「・・・梓ちゃん」ギュッ

梓「ふあっ・・・えぇ?」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:00:28.55 ID:6LNlu6290


憂「私や純ちゃんもそばにいるから、だいじょうぶだよ、梓ちゃん」ニコッ

梓「あ、ありがとっ・・・って。そうじゃない、そうだけど、そうじゃなくって!」

純「プーッ」クスクス

梓「純~!」

純「あははっ・・・ごめんごめん。・・・あのさ、憂にもあるんじゃないの? 大事な曲」

憂「え? それって・・・」

梓「ねえ、憂、憂も一緒に演奏しよ」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:01:28.82 ID:6LNlu6290


憂「でも私、楽器ないから」

純「じゃーん。ほら、さわ子先生のギター」

梓「先生にお願いして、借りておいたんだ」

憂「純ちゃん、梓ちゃん・・・」

梓「唯先輩のパート・・・弾けるよね、憂」

憂「うん、お姉ちゃんと一緒に練習してたから、たぶん」

純「よし、じゃあ軽ーく合わせてみますか!」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:02:45.59 ID:6LNlu6290


キミの胸に届くかな
今は自信ないけれど
笑わないでどうか聴いて
思いを歌に込めたから


お姉ちゃんが歌うこの曲・・・聴く度に、力をもらってた。
だけど、こうやって自分で演奏するのは初めて。

私の頼りないギターを、梓ちゃんのリズムが支えてくれる。
純ちゃんのベースが、力強さを与えてくれる。
私ひとりじゃ作れない音が、カタチになっていく。
梓ちゃんと、純ちゃんと、3人でひとつの音楽ができていく。

音の向こうから・・・お姉ちゃんの笑顔が、見えた。
こんなにふうに楽しかったの? お姉ちゃん。
だからいつも、笑っていたの? お姉ちゃん。



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:05:58.17 ID:6LNlu6290


憂「梓ちゃん、純ちゃん・・・ありがとう!」


私も本気でやってみようかな・・・ギター。
お姉ちゃんみたいに・・・私も夢中になれるかな?



純「あーー、おなか減った!」

梓「ふふっ。純も頑張ったね」

憂「二人ともホントにありがとう! ケーキ作ってきたから、食べてね」

純「おぉ、待ってました、ティータイム!」

憂「今日のお菓子は、バナナチョコシフォンケーキだよ♪」ジャーン

純「うわぁっ、美味しそう~。いやぁ、軽音部、って感じするよねぇ」

梓「す、すごいね、憂・・・ムギ先輩のお菓子に負けてないかも」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:07:22.54 ID:6LNlu6290


憂「えへへ、二人に喜んで貰おうと思って、頑張ったんだぁ」

純「おいしい! ココアとチョコがベストマッチ」パクパク

梓「バナナの中にもチョコチップが・・・なにこれ、お、おいしい!」モグモグ

憂「・・・ほ、ほんと? 味付け変じゃない?」

純「バナナのモチモチした食感に、サクサクのチョコチップ。もう最高だよー!」

梓「うん、舌がとろけそう」

憂「純ちゃんは甘いものが大好き、梓ちゃんはバナナが大好きだから」ニコニコ

梓「憂・・・私たち二人の好みに合わせて作ったんだ・・・」

純「・・・ねえ、憂~」

憂「なあに?純ちゃん」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:08:19.75 ID:6LNlu6290


純「今週末、憂の家に泊まりに行っていい? うち両親出かけてていないんだー」

憂「もちろん! 大歓迎だよ、純ちゃん」

純「・・・何かおいしいもの食べたいなぁ、なんて」テヘッ

憂「分かった! 考えておくね」ニコニコ

梓「はぁ・・・純、憂に甘えるのもいい加減にしなさいよ」

純「梓は来ないの?」

梓「え? 私がなんで・・・」

憂「・・・梓ちゃん、来てくれないの?」ウルウル

梓「う・・・お邪魔、します」

純「ふふん、それでよろしい」

憂「わぁい、ありがとう!」

梓「なんで純が威張るのよ。憂も、お礼言うところ!?」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:09:25.29 ID:6LNlu6290


・・・

#週末:平沢家


ピンポーン

憂「いらっしゃい、梓ちゃん! 純ちゃん!」

梓「お邪魔します。憂、これ、プリン。私と純からだよ」

憂「わあ、ありがとう! ごはん終わったら、みんなで食べようね」

純「おお、さすが憂、片付いてるねー、うちとは大違い」

憂「純ちゃんは、掃除しないの?」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:10:12.62 ID:6LNlu6290


純「うち? あー、汚れたらする、よ?」

梓「純の部屋が目に浮かぶ・・・」

純「それよりさー、今日の晩ごはんだけど」

憂「うん! 純ちゃんのリクエストに応えて、お鍋の用意してあるよ」

純「おぉ、さすが憂!」

梓「もう春なのに、お鍋って」

純「梓は分かってないなー。親睦を深めるには、お鍋がいちばんなの!」

梓「純が食べたいだけでしょ」

純「梓ー、目閉じて」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:11:15.92 ID:6LNlu6290


梓「?」

純「ほら! グツグツ煮えるお鍋の音。お肉と野菜のおいしそうな香りのハーモニー」

梓「!?」

純「耳元で憂のあまーいささやきが・・・『梓ちゃん、お鍋できたよ~(はぁと)』」

憂「ちょ、純ちゃん!?」

梓「ぐっ・・・!」

純「ほらぁ。梓は食べたくないのー?」

梓「たっ・・・食べたいっ・・・よ」

憂「ふふっ。春ならではのお鍋にしたから、きっと楽しめると思うよ」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:12:37.39 ID:6LNlu6290


・・・

純「うわっ・・・何これ? シチュー?」

憂「ううん、豆乳鍋にしてみたんだぁ」

梓「も、もしかして、マシュマロ豆乳鍋!?」

純「な、何それ?」

梓「軽音部の黒歴史、唯先輩のご所望品だよ・・・」

憂「あはは、今日のは、湯葉とキャベツの豆乳鍋だよ」

梓「・・・ほっ」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:14:21.60 ID:6LNlu6290


憂「マシュマロ豆乳鍋は、まだ甘さの重ね方に工夫の余地があるんだよね・・・」ブツブツ

梓「研究してらっしゃる!?」

純「よく分からないけど、早く食べたいっ!」

憂「はーい。まずは、湯葉を豆乳で煮込みます」グツグツグツ

憂「お待たせしましたー、お塩とオリーブ油で食べてね」コトッ

純「はふっ、はふっ。これうまぁぁああ」

梓「湯葉、トロトロだね」

憂「えへへ。そしたら、だし汁を加えて・・・」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:16:04.32 ID:6LNlu6290


憂「鶏肉と春キャベツをたっぷり加えて煮えたら、お好みの薬味でどうぞ♪」

純「おぉぉ、一度で二回楽しめる鍋だよ、これ」

梓「憂、すごすぎでしょ」

憂「それで、最後の〆は、おうどん用意してあるんだけど・・・」

純「おおっ、いいねー鍋の〆はうどんだよね、さすが憂分かってる!」

憂「その前に・・・」

憂「ね、今日の私の味付け、どうかな・・・おかしくない?」

純「・・・」

梓「味付け? おいしかったよ?」

憂「えっと、もっと詳しく」ジィー



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:16:51.83 ID:6LNlu6290


梓「憂、もしかしてこのあいだの卵焼きのこと、まだ気にしてるの?」

憂「できたらお願い!」

純「ん~、まぁ強いて言うなら、私はもうちょっと辛いほうが好みかな」

憂「あ、そっか・・・」シュン

純「・・・」

梓「え、え、落ち込むところ? 好みでしょそんなの」

憂「ご、ごめん、何でもないの。おうどん、味付けしちゃうね」

純「ちょっと待った!」

憂梓「?」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:17:38.51 ID:6LNlu6290


純「その味付け、私にやらせて、憂」

憂「え、う、うん。わかった」

梓「純の味付け?・・・不安しか感じないよ」

純「失礼な。こういうのは豪快でいいの!」パパッ

梓「あ!そんなに唐辛子入れたら」

純「さ、憂、味見してみて」

憂「う、うん・・・」パク

純「それ、どう? 思った通りでいいから言ってみて?」

憂「ごめん。ちょっと辛いかも」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:18:33.34 ID:6LNlu6290


純「そこだぁ!」ビシィ!

梓「まーたなんか始まった」

純「私の味付けは、憂には辛い。辛いと思ったのが憂の舌で、憂の味なの」

憂「純ちゃん・・・」

純「お弁当。いつもより少ーし、薄味だったね?」

憂「うん、なんだかわからなくなっちゃったの・・・」

憂「今までは、お姉ちゃんが喜んでくれる味にしようって考えてたけど・・・」

憂「私の好きな味って、どんな味なんだろう・・・」

純「気にしすぎないの」デコピン!

憂「あいたぁ」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:20:08.03 ID:6LNlu6290


純「お姉ちゃんや、私たちの好きな味に合わせるのもいいよ」

純「おいしいって言われたら、嬉しいだろうさ」

純「だけど、憂はもっと、憂自身の個性も、好みも、大切にしてよね」


まったく妬けるなぁ。
いや、世話は焼けない憂だけど、どんだけお姉ちゃん好きなのよ。
少なくとも、優等生で、まじめで、いつも他人を思いやって明るく元気に振る舞う憂だけど、
そのリズムを微妙に狂わせてしまうくらいには、お姉ちゃんっ子なんだ。


純「憂・・・お姉ちゃんがいなくて寂しいなら、私たちをもっと頼ってよ」

憂「純ちゃん・・・」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:21:45.99 ID:6LNlu6290


純「頼りないかもしれないけどさ、寂しいときにそばにいてあげることくらい、出来るから」


目に涙をいっぱい湛えて私を見る憂、可愛すぎでしょ。
それにしても、憂のお姉ちゃんなんなの?
この子に自分を好きになる魔法でもかけたんじゃないだろうか。

純「はぁ・・・まいった、降参」

純「私たちじゃ、やっぱりね、唯先輩にはなれない。すごいよね」

梓「純・・・」

純「だってさ。しっかり者の憂のお弁当の味付けが、ガタガタ揺れ出しちゃうんだよ? すごいよ」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:23:17.04 ID:6LNlu6290


純「だけどっ」

純「それでも、憂が自分の味を見失うのは、私は悲しいし・・・」

純「私は寂しい! 私は憂の友達だっ!」ビシッ!

憂「純ちゃん・・・」

純「ねぇ、梓はどう?」

梓「・・・憂。憂は、お姉ちゃんが自分を置いて行っちゃったって思ってる?」

憂「そんなこと・・・お姉ちゃんはいつだって私を見守ってくれるし、私に力をくれてるよ」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:24:34.41 ID:6LNlu6290


梓「うん。唯先輩も今、憂と離れて1人で頑張ってるんだよね。・・・憂は、唯先輩のこと心配?」

憂「ううん。軽音部の皆さんが一緒だから・・・」

憂「皆さんのこと信じてる。だから、お姉ちゃんはだいじょうぶだって」

梓「憂・・・唯先輩に、澪先輩や律先輩、ムギ先輩がいるように」ギュッ

梓「憂には私たちがいるよ」ギューッ

憂「梓ちゃん・・・」

純「そうだ、憂。もっと私たちを頼れっ!」ギューッ

純「唯先輩にはなれないけど、もしも憂が迷ってたら、いくらでもブーブー言ってあげる」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:25:26.79 ID:6LNlu6290


梓「私と純だって、憂を支えられる・・・ううん。絶対絶対、支えるから!」

純「だから、憂は、もっと自分を信じてあげてよね」

憂「じゅ、じゅんちゃ・・・あずざちゃあ・・・」グスッ

梓「えぇっ? う、憂、泣かないで!」

憂「だ、だって、二人とも、私のために演奏してくれて」

憂「今日もまた、だいじなことを教えてくれて。ふえぇ・・・」

純「やばぃ、梓手伝え。よしよし憂」ギュー

梓「う、憂、ほらっ//」ギュー

憂「純ちゃ~ん、梓ちゃ~ん」グスグス



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:26:49.96 ID:6LNlu6290


唯先輩だって、きっと寂しさに耐えてる。
たぶん、それを他の先輩方が支えてるんだ・・・。
憂のことだって、私と純が支えるから・・・唯先輩、安心しててください。


ヴヴヴヴヴ!


純「ケータイ・・・誰の?」

梓「私じゃないよ?」

憂「あ、私の・・・! お姉ちゃんからメールだ」

憂「・・・・・・」パァアアア

純「お姉ちゃん、なんて?」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:27:58.43 ID:6LNlu6290


憂「・・・はい」スッ

梓「いいの? ・・・えぇと」


唯『ういー、元気? ういのごはんが食べたいよー!(泣) こんどの連休には帰るね。 ゆい』


梓「はぁ・・・唯先輩。こういう人だった」ガクッ



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:28:58.22 ID:6LNlu6290


憂「えへへぇ」ニコニコ

純「んもう、私と梓の努力を返せっ! 何この仲良し姉妹!?」

憂「ふふっ、二人とも、だーいすきだよ!」ギュギュー


お姉ちゃんがいなくって、やっぱり少し寂しい毎日です。
だけど、私には、お姉ちゃんの魔法と・・・大切な友達がいるから、だいじょうぶ。
私のなんということのない日々は、笑顔の宝箱。
一緒に探したいな。みんなで見つけたいな。笑顔になること。分けあう素敵なものを。


【おわり】



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:30:03.55 ID:6LNlu6290



#エピローグ(はじまり)


ゆい「・・・」スゥスゥ

ガタンッ

ゆい「・・・んん・・・うい?」

うい「・・・おねえちゃ」

ゆい「ねむれないの?」

うい「うん・・・」

ゆい「ん、おいで?」

ゆい「よしよし」ギュー



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:30:51.84 ID:6LNlu6290


ゆい「ふふ、もうだいじょうぶだからね~」ナデナデ

ゆい「だいじょうぶ♪」

ゆい「だいじょうぶったら、だいじょうぶ♪」

ゆい「だいじょうぶったら、だいじょうぶ♪」

ゆい「だいじょうぶったら、だいじょうぶだよ~♪」

ゆい「だいじょうぶ~」

ゆい「だいじょーぶ・・・」

うい「・・・」スウスウ

ゆい「えへ・・・ふわぁぁ」

ゆいうい「・・・」スウスウ

【おしまい】


読んでくれてありがとうございました。
憂ちゃん、誕生日おめでとう!




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:32:42.77 ID:t3Yfc+Wy0

乙です
憂おめでとー



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:34:09.00 ID:Ty2zJmjA0

おつおつ



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/22(水) 21:35:15.64 ID:r/EN8wtO0

良かった。憂ちゃん誕生日おめでとう!






関連記事

ランダム記事(試用版)




憂「なんということのない日々」
[ 2012/02/23 19:32 ] 非日常系 | | CM(3)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:5744 [ 2012/03/04 05:57 ] [ 編集 ]

本当生きる活力が湧いてくるわぁ

タイトル:
NO:5780 [ 2012/03/07 07:37 ] [ 編集 ]

唯先輩のお世話などというが律以外は親や大人に炊事洗濯させてるだろうが

タイトル:
NO:6590 [ 2012/06/10 20:38 ] [ 編集 ]

これめっちゃ気に入った!特にこのSSの冒頭のあたりで憂が自分自身のキャラソンを口ずさんでるところがいい

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6