SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ファンタジー >  唯「同じ窓から見てた海」#14

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「同じ窓から見てた海」#14 【ファンタジー】


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1285425699/

唯「同じ窓から見てた海」#index




338 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 20:57:25.69 ID:EPhPmxY0

──
───
─────

唯「ねぇ、運転手さん」

トラ「なんだい?」

唯「このトラックは、どこまでいくの?」

トラ「今は教えられないな」

唯「ふーん」

トラ「でも、悪いところじゃないよ」

唯「楽しい場所だったら嬉しいなぁ」

トラ「僕の好きな場所でもあるから、気に入ってくれると嬉しいよ」


ぶろろん





339 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 20:57:55.75 ID:EPhPmxY0




唯「どうして私はこのトラックに乗ってるんだっけ」

トラ「そのうちわかるよ、本当は君みたいな子、乗せたくなかったんだけどね」

唯「あ、なんかごめんなさい・・・、でも」

トラ「ん?」

唯「降ろしてしまえばいいじゃないですか、見ず知らずの女の子ですよ?」

トラ「僕もそう思うんだけどね。でも、見ず知らずって訳じゃないんだ」


ぶろろん


唯「このトラックは、どんな荷物を運んでいるの?」

トラ「んーっと、とっても素敵なものだよ、みんなから愛されてる人気者だよ」

唯「そうなんだぁ・・・いい仕事してますね」

トラ「ありがとう。僕もこの仕事が生きがいさ」


ぶろろん



340 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 20:58:26.97 ID:EPhPmxY0

唯「ずいぶんと遠くまで来たね」

トラ「遠距離を走るのが僕の仕事だからね」

唯「かっこいいね」

トラ「そうかな?」


ぶろろろん


トラ「もうすぐつくよ」

唯「楽しみだなー」

トラ「ほら、このトンネルを抜けたら、すぐ」


ぶろろろろ

くおぉぉーん


唯「トンネルの中って、少し怖いね」

トラ「そうかな?」

唯「トンネルの中に時々歩いてる人とかいるじゃないですか、幽霊かな、とか一瞬考えちゃって」

トラ「人なんていないよ」

トラ「さぁ、もうすぐ出口だ、窓の外、左手を見て」


ぶろろろろ



341 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 20:59:09.21 ID:EPhPmxY0

唯「わぁ───、」

トラ「綺麗な海だろう?」

唯「ほんとうに、きれいだねー」


ぶろろろ・・・・ききっ


がちゃ


唯「あれ?ここで降りるの?」

トラ「うん、この海にお届けものさ」

唯「そうなんだ・・・」

トラ「ちょっと荷物降ろすの手伝ってくれないかい?結構重くてね」

唯「あ、もしかして手伝わせるために私をのせてたのかな?」

トラ「違うよ違うよ、君もここに用事があるんだ。ないかもしれないけれどね」



342 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 20:59:37.85 ID:EPhPmxY0

トラ「そら、これ、受け取って」

唯「・・・・それ、かんおけ?」

トラ「そうだよ、棺おけ、人の死体が入ってる」

唯「運転手さん、悪い人?」

トラ「違うよ、確かに人から見たら気持ちのいい仕事ではないかもしれないけれどね」

唯「うん、怖いよ」

トラ「この棺おけをこの海に還すのが僕の仕事なんだ」

唯「殺人事件の証拠隠滅、とか?」

トラ「そんなのじゃない、この世界では殺人事件なんて起こらない」

唯「・・・・?どういうこと?」



343 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:00:07.31 ID:EPhPmxY0

トラ「気づかなかったかい?通行人が一人もいなかったことに、僕ら以外の車が走っていなかったことに」

唯「え、あ、そういえばそうかも」

トラ「ここはね、唯ちゃん──」

唯「・・・どうして私の名前を・・・、あれ?なにか思い出しそう・・・」

トラ「───死後の世界なんだよ」


─────
───
──

ききー、どーん

ぴーぽーぴーぽー

ゆい!ゆい!

おねえちゃん!!おねえちゃあん!!!



344 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:00:52.12 ID:EPhPmxY0

──
───
─────

唯「あ・・・・あ・・・全部、思い出した・・・・」

トラ「うん、そうだよ。君は死んだのさ」

唯「もしかして、この棺おけに入ってるのは・・・!」


ちらっ


唯『・・・・・・・んぅ・・・・』

唯『・・・・え?』


唯『「あ、あ、あ、あ」』



唯『「 う そ だ 」』




345 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:01:22.20 ID:EPhPmxY0


トラ「うそじゃないよ、うそじゃなければなんだっていうんだい」

唯「そうだ、うい。ういが私に変装してるんでしょう」

唯『ううん、私はういじゃないよ、君こそういじゃないの?』

トラ「信じるも信じないも勝手だよ、でも、今ここには魂の唯ちゃんと肉体の唯ちゃんがいる」

トラ「僕の仕事は、肉体の唯ちゃんを海に還して、また新しい命にすること」

トラ「素敵な仕事だろう?」

唯「ま、まって。頭がついていかないよ」

唯『ようするに、この棺おけに入って海に流されれば、うまれかわれるってこと?』

トラ「うん、そうだね」

唯『じゃあ、早く海に流して!』



346 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:01:52.02 ID:EPhPmxY0

トラ「いやぁ、そこでお話があるんだよ」

トラ「本当は魂の唯ちゃんも一緒の棺おけに入って運ばれる予定だったんだけどね」

トラ「実は、まだ君たちは助かりそうなんだ」

唯「え?」

トラ「魂だけ、現世につながれた状態。肉体はほとんど死んじゃってるんだけどね」

唯「でも、生き返れるなら!」

トラ「もちろん、生き返りたいならそうしてもいいよ」

トラ「でもね、唯ちゃん。君の肉体はもうほとんど死んじゃってるんだ。トラックにひかれてぐちゃぐちゃで、二度と喋れないだろうし、二度と歩けないだろう」

唯「え・・・・?」



347 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:02:32.26 ID:EPhPmxY0

トラ「それどころかきっと、意識も戻らないだろうね、奇跡でも起きない限り、絶望的だ」

唯「そんな・・・」

トラ「それでも君は、生き返りたいかい?よみがえりたいかい?」

トラ「君の存在は、家族や友人にとって、足手まといでしかなくなるよ」

唯「・・・・」

トラ「そんな目でにらまないでくれ、親切で言ってるんだ。君は君の存在自体が、愛する人の足かせになってもいいのかい?」

唯「・・・・少し、考えさせてください」

トラ「日が沈むまでには、決めてくれよ、夜になったら手遅れになるからね」


─────
───
──


ぴーーーーーー



348 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:03:42.93 ID:EPhPmxY0

憂「うっ・・・・ぐすっ・・・お姉ちゃん・・・おねえちゃあん・・・」

和「ゆいぃ・・・ひっ・・・・ぐすっ・・・・」

医師「20時32分、ご臨終です」


「はなせぇーっ!!!ゆいぃぃぃー!!!」

「おい!やめろ、病院だぞっ!!」

「落ち着いてりっちゃん!」

「ぐすっ・・・・ひぐっ・・・ゆいせんぱい・・・」



──
───
─────



349 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:04:13.95 ID:EPhPmxY0


ざざーん・・・・


ちゃぷちゃぷ


唯「これで・・・・良かったのかな」

唯『・・・・うん、たぶん良かったんだよ』

唯「みんな、泣いてるかな」

唯『きっと悲しんでるだろうね』


ざばばば・・・・

唯「あっ、棺おけに水が入ってきちゃった」

唯『おぼれちゃうっ・・・あれ?』

唯「息、出来るね」

唯『うん、それに結構温かいもんだね』



350 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:04:47.98 ID:EPhPmxY0

唯「夕日が差してるからかなぁ」

唯『うん、小窓から、キラキラした海が見えるね』

唯「次はどんな人生が待ってるんだろうね」

唯『もう一度皆と知り合えたら、嬉しいね』

唯「そうだね」

唯『なんだか眠いや』

唯「寝ちゃおうか、沈んでいくのは少し怖いし」

唯『うん、おやすみわたし』

唯「おやすみ」


ぶくぶくぶくぶく・・・・



351 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:05:37.43 ID:EPhPmxY0

─────
───
──
「おぎゃあ おぎゃあ」

「おー、よしよし。今から私たちの恩人のおうちにいくから、泣きやんでねー・・・」


ぴんぽーん

がちゃり

「はい、どちらさまですか?」

「あ・・・・、平沢唯さんのご姉妹の方でしょうか」

「はい、そうですが・・・」

「あの時助けていただいたお礼を、と思いまして、伺わせていただいたのですが───」

「あ、そうなんですか。えっと・・・その子は」

「あの・・・お姉さんの名前を頂いて、唯と名づけさせてもらいました」

「うぶっ・・・う・・・うい・・・ういー・・・」

「・・・・おねえちゃん?」



おしまい。



352 名前: ◆e4DUQN0Ls6:2010/09/26(日) 21:06:38.49 ID:EPhPmxY0

以上です

唯トラはやっとかなきゃいけない気がしてつい



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「同じ窓から見てた海」#14
[ 2010/09/27 00:33 ] ファンタジー | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6