SS保存場所(けいおん!) TOP  >  エロ >  唯「へ、変態…」 神田くん「可愛い顔してるのが悪いんだぜ?」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「へ、変態…」 神田くん「可愛い顔してるのが悪いんだぜ?」#前編 【エロ】


http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1293422914/

唯「へ、変態…」 神田くん「可愛い顔してるのが悪いんだぜ?」#前編
唯「へ、変態…」 神田くん「可愛い顔してるのが悪いんだぜ?」#中編
唯「へ、変態…」 神田くん「可愛い顔してるのが悪いんだぜ?」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:08:34.52 ID:bnkk3oAR0

ドタドタドタ!

律「おい聞いたかみんな!」バン

唯「なになに?どしたのりっちゃん」

律「聞いた話なんだけど、今日このクラスに男が転校してくるらしいぜ?」

澪「えぇっ!」ガタン

和「男の子?ここって女子校よね?」

律「それがさー、特別招待枠とか言うので来るってさ」

唯「とくべつしょうたいわく?」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:11:39.87 ID:bnkk3oAR0

和「特別に頭の良い他校の生徒を招待する枠よ。確かうちにも一つだけあったかしら」

澪「それでも女子校で男が来るって、ダメだろ!」

律「何だよ澪。いやなのか?」

澪「別にそうじゃないけど…男子がいないから女子校選んだのに…」

さわ子「はーい、みんな座って座って。ホームルーム始めるわよ」ガラ

さわ子「既に知ってる人もいるかと思うけど、今日この学校…それもうちのクラスに転校生が来ます」

ざわ…ざわ……ざわ…

澪「…」ビクッ



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:14:56.84 ID:bnkk3oAR0

さわ子「本当は女子校に男の子なんておかしな話だけど、どうしてもって理事長の推薦でね」

澪「(理事長ォ…!)」

さわ子「名前は『神田光輝』くんよ」カキカキ

唯「えーと、かみた…ひかりきくん?」

和「『かんだこうき』くんじゃないの?」

律「で、先生!その転校生はドアの向こうにいるの?」

さわ子「それが…」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:15:57.43 ID:bnkk3oAR0

通学路!

神田「P-P-P-P-Poker~♪」

神田「(ヘヘヘッ!桜ケ丘の理事長に隠し撮り写真チラつかせてやがったら
    すんなり転入オーケーしてくれやがった)」

神田「(妻にだけは!妻にだけは!って思い出しただけでも笑えてくるぜ)」

神田「(待ってろや女子校のメス共。俺無しじゃ生きられなくしてやんよ)」

紬「はぁ、はぁ…遅刻しちゃった」タッタッ

神田「…おっ?」

紬「急がないと怒られちゃう」タッタッ



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:18:23.84 ID:bnkk3oAR0

神田「ちょい待ちな姉ちゃん」ガシ

紬「…はい?何でしょうか?」

神田「その制服、桜ケ丘だよなぁ?」

紬「そうですが?」

神田「俺もソコに用があんだ。ちょっと案内してくれよ?」

紬「ええ、構いませんよ」ニコ

神田「(コイツよく見りゃ上玉だな…くくっ)」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:19:58.75 ID:bnkk3oAR0

紬「ついてきてください♪」

神田「おぅ」

テクテクテクテチテクテクテク

神田「しかし、お嬢ちゃん人がいいよなぁ?」

紬「そうですか?」

神田「さっきはぁ遅刻遅刻って騒いでたクセして道案内してくれてんだからよ」

紬「私、困ってる人に道案内やってみたいなって思ってたんです」

神田「…へぇ(んだコイツ?)」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:21:56.93 ID:bnkk3oAR0

紬「それに、遅刻の口実になりますしね」

神田「そうかい」

紬「ええ♪」

神田「で、あんた。名前なんてんだよ?」

紬「苗字は琴線の琴に吹き矢の吹で琴吹、下はつむぐって書いて琴吹紬です。あなたは?」

神田「(琴線の琴に吹き矢の…琴吹。コイツ…ひょっとしてあの琴吹家の娘か?)」

紬「あの~?」

神田「あ、ああ…上が神様の神に田んぼの田、下が光に輝くって書いて



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:25:01.49 ID:bnkk3oAR0

神田「…神田光輝ってんだ(一生忘れられない名前にしてやるよ)」ニヤ

紬「素敵なお名前ですね。神田さんって呼ばせてもらってもよろしいですか?」

神田「好きにしな(社長令嬢…コイツを先にハメれば…この先便利になるな)」

ピタッ

紬「…どうしました神田さん?」

神田「あっ、痛い痛い!腹が、急に!」

紬「えっ、大丈夫ですか?」

神田「だいじょばねぇ…早くそこの公園のトイレに、連れってってくれ…」ヨヨヨ

紬「はい、任せてください!」ヒョイッ

神田「!(この女…俺を軽々と)」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:28:53.61 ID:bnkk3oAR0

こうえん!

神田「あーイタタ…ここでいいぜ」ニヤ

紬「大丈夫ですか?何か薬買ってきますから、用を足し終っても待っててくださいね」

神田「あーいってぇ。できれば、中まで付き合ってくんねぇかな?」

紬「えっ//あの、ちょっとそれは流石に…」

神田「独りじゃ死んじまってるかもなー。あー、いたた」

紬「す、すぐに戻ってきます」ダッ

神田「いいからついてこいってんだよ!」グイッ

紬「きゃっ!」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:32:18.67 ID:bnkk3oAR0

紬「あの、私は外で!」

神田「ぎゃははは!騙されたのにまだ気付かねーんかヨ!」

紬「だまされ…?」

神田「ぶぁーかな世間知らずのお嬢様にも困ったものだよなぁ!」

紬「だ、誰か!!」

神田「無・駄。この忙しい時間帯にに誰もわざわざ公園のトイレに来るわけねーだろ?」

紬「どうしてこんなこ」ムグゥッ

神田「おっとぉ、舌でも噛まれたら困るんでね。
   本当はもっと泣き叫んでほしいとこだが、ハンカチーフくわえてな」

紬「ん~!(こ、殺されるっ!)」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:38:32.66 ID:bnkk3oAR0

神田「いいねぇ、もっと暴れな。そっちのが興奮するぜ」ビリッ

紬「んんーっ!!」

神田「いい肉付きしてんじゃねーか」ビリビリッ

紬「ううっ…うっ」

神田「そーかそーか、泣くほどうれしいのかい」カチャカチャ

紬「んん~!!!(そんな、そんな物を見せないで!)」

神田「へへっ、そんなにムチムチしてっからお兄さんから狙われるんだぜ?」サワサワ

紬「んんんー!!」

神田「へっ、そんなに喋りたけりゃ外してやるよ」パッ

紬「けほっ…もぅ、許してください…!お願いします、お金が目的ならいくらでも払いますから…」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:45:33.97 ID:bnkk3oAR0

神田「おいおい、お嬢様ってのは世の中金だと思い込んでんのか?」

紬「い…いえ、そんなことは」

神田「そんな子にはオシオキだな」バチン

紬「痛っ!」

神田「よく聞け」チャキッ

紬「!(ナイフ!?)」

神田「世の中に必要なのは金でも力でもねぇーよ。必要なのは『知能』なんだぜ?」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:55:05.81 ID:bnkk3oAR0

神田「頭さえ良けりゃ学校でもセンコー共は見て見ぬフリだ!はははっ!」

神田「(まぁ、先に手を打ったってのもあるが)」

神田「んじゃ、お待ちかねの本番行ってみよーか」

紬「そ、それだけは!」

神田「勘弁」

紬「…?」

神田「してやんねーよ!」

紬「ぎっ…あぐぁ!…痛いぃ!」

神田「痛がるってことはハツモンか。だがな、お楽しみはこれからだぜ!」バンバンバン

紬「うぐぁっ!?くぅ…あ!」

神田「はははははっ!!もっと泣けよ!」ズンズンズンズン





41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:57:03.92 ID:NqvEVKhz0

>ズンズンズンズン
なんでリズムにのってんだよ
って思ったけど突く音でした



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:00:26.55 ID:r7B9/SPt0

>>41
ワロタ





45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:02:46.92 ID:bnkk3oAR0

紬「あっ!…もう、やめて…うっ」

神田「小さぇ声だな。もっと狂うように泣き叫べよ!」

紬「あっ…うぅっ」

神田「やらしい液体垂らしやがって!ビッチはあんま好きじゃネーンだよ」ズムズムズム

紬「ちが、そ、それは…!」

神田「オラ、中に注ぎ込んでやるぜ!?」

紬「いやぁぁぁぁっ!!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:07:39.26 ID:bnkk3oAR0

神田「ふーっ。久々で朝から三発もやっちまった」ツヤツヤ

紬「//」ビクンビクン

神田「いい顔するのは結構だが…乙女ってのはもっと恥じらいが大切だぜ?」

紬「すみません、途中から何も考えられなくなっちゃって」

神田「今日からお前はこの町での俺の舎弟1号として働いてもらうぜ?いいな?」

紬「なんなりとお申し付けください神田様//」

神田「表じゃ神田さんって呼べ」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:14:18.32 ID:bnkk3oAR0

紬「はい、神田さん」

神田「…やっぱクンでいい。前の学校での忘れたいアレがよみがえる」

紬「はぁ、分かりました」

神田「んじゃお前の学校の女共のことを教えてもらいながら案内してもらおうか」

紬「どんとこいです神田くん」

てくてくてくてく

紬「まず、私の入っているクラブの子たちからでいいですか?」

神田「クラブ?」

紬「私こう見えても軽音部なんです」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:19:43.77 ID:bnkk3oAR0

神田「へェ…で、上玉はいんのかよ?」

紬「じょうだま?」

神田「とりあえず写真か何かねーのか?」

紬「あ、写真ならあります!」ごそごそ

神田「見せてみろ」

紬「はい」

神田「…!」

神田「(ほぉ…中々よろしい)」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:25:15.54 ID:bnkk3oAR0

神田「紹介しろ」

紬「その真ん中にいる黒タイツの子が平沢唯ちゃんって言います」

神田「あどけねぇ顔してんな。ま、俺が大人に変えてやるがな」

紬「天然で純情な性格です」

神田「(純情ってこたぁアレもコレも知らねーんだろぉなぁ…ククッ)」

紬「その右に移ってるの黒髪ロングヘアが秋山澪ちゃんです」

神田「おほっ、胸デカイな」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:29:38.28 ID:bnkk3oAR0

紬「普段強がってるけど、実は臆病なんです」

神田「いいねぇ。いい響きだぜ」

紬「左に移ってるのカチューシャの子が部長の田井中律ちゃん。みんなのムードメーカーです」

神田「女装した男かと思った」

紬「…確かにちょっぴり男勝りですが」

神田「(それはそれで男勝りならいいじゃねぇか)」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:38:03.51 ID:bnkk3oAR0

神田「男勝りな女を屈服させるのはたまんねぇぞ」

紬「左端の一番小さい中野梓ちゃんって言います。一個下でみんなの後輩で真面目な性格です」

神田「色気の欠片もねぇが…真面目な奴ほど狂う時が面白いよな」

紬「そして最後は私で、この五人が軽音部です」

神田「ほう…中々じゃねーか。面子は悪くねぇな」ニタァ

紬「(目つき…正直、堪りません///)」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:45:41.29 ID:bnkk3oAR0

がっこう!

律「さわちゃーん、転校生マダー?」カンカン

さわ子「まだ来てないみたい。それとスティックはなおしてね」

律「ま、授業受けれないでその分ラッキーだけどねん」

唯「そう言えば今日ムギちゃんも来てないね」

和「風邪じゃないの?」

唯「えー、それじゃ今日のお菓子は無しかぁ…」

和「あんた…そっちの心配なのね」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:52:55.02 ID:bnkk3oAR0

がらっ!!

ざわ…ざわ……シーン

さわ子「…あら?」

神田「ちわーっす」

紬「遅れました~」

さわ子「か、神田くん!?それにムギちゃんも…」

神田「道に迷ったんで案内してもらってたんですよ、この子に。…なぁ?」

紬「ええ」ニコッ



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:58:06.29 ID:bnkk3oAR0

さわ子「そ、そうなの」

ナカナカカッコヨクナーイ?

エッ?メツキヤバクナーイ?

シメイテハイハンミタイジャナーイ?

律「(へぇ…何か耳尖がってるけどいい男じゃん)」

澪「(何かコワイのがきたぁぁっ!?)」

唯「何か妖精みたな耳してるね~」

和「しっ!」

さわ子「えっと…じゃあムギちゃんは席についてね」

紬「はーい」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:05:37.71 ID:bnkk3oAR0

さわ子「じゃあ神田くん、自己紹介してもらえる?」

神田「神田光輝でーっす。因みに『こうき』じゃなくて『みつてる』なんでその辺ヨロシク」

和「(へぇ、『こうき』じゃなくて『みつてる』って読むんだ)」

唯「質問でーす!」ビシッ

神田「うん?」

神田「(アイツはぁ…確か平沢)」

さわ子「唯ちゃん、後にしてね」

神田「別にかまわねぇよ。何だ?」

唯「どうして耳が尖がってるんですか~?」

律「ブーッ!」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:11:17.88 ID:bnkk3oAR0

和「ちょっ、唯!」

神田「…知らねぇ」

さわ子「コラ、そういう身体的な事は聞いちゃダメよ?」

唯「はーい…ごめんなさい」

神田「(なるほど、確かに天然だな。一瞬ぶち殺そうかと思ったぜ)」

さわ子「今日から神田くんはこの学校でただ一人の男の子になっちゃうけど、くじけないでね?」

神田「勿論(逆だよバーカ)」

さわ子「みんなも仲良くしてあげてね?困ってたらいろいろと教えてあげて」

「「はーい」」

神田「(教えるのは俺の方だがな…くくっ)」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:01:53.14 ID:bnkk3oAR0

ひるやすみ!

律「お~い、転校生~!」

神田「あ?」

律「来たばっかで右も左も分かんないだろ?あたしが学校ん中案内してやろーか?」

神田「(コイツが田井中か…馴れ馴れしいヤツだな」

律「ほら、澪も」

澪「わ、私はいい!」

律「何で?」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:06:22.69 ID:bnkk3oAR0

律「何で?」

澪「その…何て言うか」

神田「(この女は…秋山ってったか?)」ギロッ

澪「ひっ!」サッ

神田「(オイ、流石にビビりすぎだろ)」

律「ごめんな、澪は人見知りでさ」

神田「いんや。別に構わねえよ」

律「んじゃまず何処から案内してほしいんだ?」

神田「そうねぇ…」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:13:01.16 ID:bnkk3oAR0

神田「まずはアンタの名前を教えてもらおうか(知ってるがな)」

律「あ、悪い悪い!忘れてたよ。あたしは田井中律!軽音部の部長やってまーす!」

神田「へぇ」

律「んでさっき逃げてったのが秋山澪。私の幼馴染でアイツも軽音部の部員だ」

神田「ふぅーん」

律「今日、神田が一緒に来てたムギも軽音部なんだぞ?」

神田「さっきから何気に勧誘してねーかお前?」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:15:36.69 ID:bnkk3oAR0

律「はは、まっさか~!(男が来てくれると荷物運びが楽になるからな。逃がさん!)」

唯「ねぇねぇ、りっちゃんと転校生くん何話してるの?」

律「お、唯か」

神田「チッ、面倒なのが来た…」ボソ

唯「ん?何か言った~?」

神田「別に」

律「今から転校生を案内してやるんだよ~ん」

唯「おおっ!りっちゃん優しい!」

律「だろ?」ヘッヘーン



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:20:58.71 ID:bnkk3oAR0

唯「えーと、神田君だったよね?」

神田「ああ。何だよ?」

唯「あの、さっきはごめんね。さわちゃんに怒られちゃった」

神田「そうかい」

唯「まだ、怒ってるかな?」

神田「いーや。別、に」

神田「(今にそのあどけない顔を大人の顔に変えてやるよ)」

唯「ありがとぉ、神田君っていい人だね!」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:26:37.06 ID:bnkk3oAR0

律「よかったな、唯。神田がイイ奴で」

唯「うん」

神田「そいつはぁ、どうも」ニヤ

唯「言うの忘れてたけど、私の名前は平沢唯だよ。よろしく」

神田「よろしく。平沢サン」

律「そんじゃ、りっちゃん案内隊しゅっぱーつ!」

唯「おおーっ!」

神田「」チラ

紬「」グッ



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:29:43.71 ID:bnkk3oAR0

因みに訳すと

神田「(準備の方よろしく頼むぜ)」チラ

紬「(任せてください)」グッ

となる



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:33:59.10 ID:bnkk3oAR0

律「ここが売店。人気のパンはすぐに売り切れちゃうから、早めに買いに行ったほうがいいぞ」

唯「今日も混んでるねー」

神田「(おうおう。揃いも揃って若いケツをつき出しちゃってな)」

女子A「ねぇ、あの人…」

女子B「…男子!?今日朝話してた転校生の人かな?」

女子「写メ取ってみんなに送ろ」パシャッ

キャピキャピッ

神田「(何だこりゃ?女子校ってのはミーハーか?)」

唯「何かアイドルのマネージャーになった気分だね」

律「みなさんカメラでの撮影はご遠慮くださーい!…なんちゃってな!」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:37:47.87 ID:bnkk3oAR0

ざわざわ…ざわ…

純「うわ、購買すごく混んでるなぁ」

梓「並ぶの?」

純「そうするしかないじゃん」

梓「何で今日に限ってお弁当忘れるの?」

純「ごめんってば。お礼は後からするからさ」

梓「まぁ、いいけど」

ドン!

梓「っ!」ドテッ

神田「あ、わりぃな嬢ちゃん」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:41:40.76 ID:bnkk3oAR0

律「わりぃな嬢ちゃん」

唯「わりぃな、ジョイちゃん」

梓「何してるんですか…唯先輩、律先輩」

神田「(ん?この女は、一個下の後輩の中野って言ったか)」

純「どうしたの梓?…あっ!」

梓「純?」

純「この男の人って朝言ってた転校生じゃないの?」ヒソヒソ

梓「この人が?」ヒソ



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:45:53.22 ID:bnkk3oAR0

純「何か唯先輩たちのクラスに転入したみたいだよ」

梓「そ、そうなんだ…」ヒソ

神田「…」ギロン

梓「(何か嫌な目つきだなぁ)」

唯「あ、紹介するねっ。こっちのちっちゃい子があずにゃんって言うんだ」

梓「中野梓です…よろしくです」

唯「そしてこっちは鈴木純ちゃん」

純「どうも。鈴木純です」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:54:12.01 ID:bnkk3oAR0

神田「ああ、こちらもな」

神田「(こっちの女は知らねーな…)」

神田「そろそろ次いかねーか?」

律「そだな。昼休みまでに全部回っときたいし。んじゃ、次いこーぜ!」

唯「またね、あずにゃん、純ちゃん!」

梓「はい」

純「それじゃ、また」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:57:43.64 ID:bnkk3oAR0

律「これで大体周り終わったか?」

神田「まぁ、大体の構造は頭に入ったぜ」

ぐぅ~

律「何だ今の音…って唯しかいないよな」

唯「うう、だってお昼食べて無いんだもん…」

律「あっ、やっべ!そういや完全に忘れてたぜ」

唯「今から戻って食べたんじゃ授業始まっちゃうし」

律「くっそぉ、誰だよ案内役を買って出たのは!」

唯「りっちゃん…」

神田「(馬鹿じゃねーのかコイツら。まぁ俺にとっちゃ好都合だがな)」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:07:10.76 ID:bnkk3oAR0

ほうかご!

澪「なぁ、律…?」

律「何だ?」

澪「あの神田って人、どんな人だった?」

律「んー。まぁ、見た目ほど悪人じゃないかもな」

唯「神田くんはいい人だよ、澪ちゃん!」

梓「確かに目つきは悪いですけど、悪い人には見えませんでしたね」

紬「…ごめんなさい、ちょっと席を外すね」

律「どしたんだムギ?」

紬「少し、電話を」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:16:48.28 ID:bnkk3oAR0

紬「これ、言われてた睡眠薬です」スッ

神田「ごくろうさん」

紬「二人分しか用意できませんでしたけど…誰と誰に使うんですか?」

神田「これはまだ使わねーさ。後からのお楽しみってやつだ」

紬「はぁ…」

神田「それよりもよ、ちゃんと計画通り頼むぜ?途中で寝返ったりしたら…」

紬「大丈夫です。信じてください」ニコッ

神田「ああ、わーったよ」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:22:03.84 ID:bnkk3oAR0

ガチャ

紬「ごめんなさい、ちょっと長くなっちゃって」

澪「何かあったのか?」

紬「大丈夫、そんなに重大な用事じゃないから…それと、梓ちゃん」

梓「何ですか?」

紬「帰りにちょっと付き合ってほしいところがあるんだけど、いいかしら?」

梓「はい、大丈夫ですよ」

律「そんじゃあたしも行くー!」ビシッ

唯「なぬっ!?なら私も行くよ!」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:28:34.87 ID:bnkk3oAR0

澪「えっ…なら、私も」

紬「ごめんね。今日はちょっと梓ちゃんと二人だけにしてね」

律「えー、何か梓とだけ約束があるのかー?」

唯「あずにゃんムギちゃん…何か隠してるね!」

梓「えっ、私知りませんよ!?」

紬「そのうち唯ちゃんも連れていってあげる♪だから、ね?」ニヤ

唯「…うん。分かったよ、ムギちゃん」

律「デート楽しんでこいよー!!」

梓「(ムギ先輩の用事かぁ。一体なんだろう?)」ワクワク



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:34:48.22 ID:bnkk3oAR0

かえりみち!

梓「それでムギ先輩、用事って何ですか?」

紬「ちょっと付き合ってほしいお店があるの」

梓「どこのお店ですか?」

紬「ギターの売ってるところよ」

梓「あ、もしかして10GIAですか?」

紬「うん」

梓「ちょうど良かったです。私も弦変えようとしてたんで」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:39:36.53 ID:bnkk3oAR0

紬「……」

梓「でも珍しいですね。ムギ先輩が私だけを誘うって」

紬「…」

梓「ムギ先輩?」

紬「…あ、ごめんさない!考えごとしてたの」

梓「ぼーっとしてたら危ないですよ?」

紬「そ、そうね。ごめんね」

紬「(ごめんなさい梓ちゃん…)」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:08:54.48 ID:bnkk3oAR0

10GIA!

店員(神田)「らっしゃいませーっ」

梓「今日は何を見るんですか?」

紬「ちょっと店員さんに用事があって…」

梓「それじゃ、私は弦を見てますね」

紬「うん。私もすぐ行くね」

紬「…さて、と」

紬「準備はできてますよ、神田くん」

店員(神田)「ぬかりはねぇな?」

紬「ええ♪その髭似合ってますよ」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:12:04.90 ID:bnkk3oAR0

梓「あれにしようかな…これにしようかな?」

紬「決まった?梓ちゃん」

梓「あ、ムギ先輩。もう用事はすんだんですか?」

紬「うん」

梓「じゃあ私も弦買ってくるんで待っててください」

紬「出口の所にいるから、終わったら来てね」




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:12:10.57 ID:Th7usEbt0

けいおんキャラが普通にレイプされるssは平気だけどこのssはなんか駄目だ
従順になっちゃうからかな



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:14:01.89 ID:UgPpbvZs0

思いっきり仲間を裏切ってるからな…





135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:14:09.58 ID:bnkk3oAR0

店員(神田)「いらっしゃーい」ニヤ

梓「これ、ください」

店員(神田)「800円でーす」

梓「えーと、ひぃ、ふぅ、みぃ。はい、800円です」

店員(神田)「毎度ありぃ」

梓「(ムギ先輩待ってるかな?急ごっと)」

店員(神田)「くくっ」ニイッ



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:17:18.83 ID:bnkk3oAR0

店員(神田)「ちょっと待ってくださいお客さん!」

梓「…えっ?私!?」

店員(神田)「ちょっとそのギターケースの中見てもらってもいいですかねぇ?」

梓「…私のギターしか入ってないですけど」

店員(神田)「なぁんかさっき、うちの店のギターが入ってる気がしたんですけどねぇ?」

梓「へ、変な言いがかりはやめてください!」

店員(神田)「なら開けてみてくださいよ?」

梓「いいですよ!開けてやるです!」ジーッ



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:20:25.46 ID:bnkk3oAR0

梓「…え…嘘っ!?」

店員(神田)「あっちゃー…それ100万以上するプレミアもんのギターですよぉ?」ニヤニヤ

梓「私、ギターなんて盗ってません!何かの間違いです!」

店員(神田)「じゃあ君のギターとうちのギターをすり替えた人がいるってのかい?」

梓「そ、それは…」

店員(神田)「ピックや弦程度なら説教だけで帰したんだけどさぁ…
        流石に100万のギター盗っといて帰れると思わないですよねぇ?」


紬「(そろそろ、かな…)」

紬「梓ちゃーん、まだかかりそう?」



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:24:32.64 ID:bnkk3oAR0

梓「!」

店員(神田)「ほら、オトモダチが呼んでるぜ?」

梓「…も、もうちょっとかかりそうなんで先に帰っててください!」

紬「えっ?いいよ、待っててあげる」

店員(神田)「やっぱり先輩に万引きしたってバレたないですよねぇ?」

梓「うぅ…レジの故障で、あと一時間ほどかかりそうなんで!」

紬「そう?…分かった、じゃあ先に帰ってるわね?」

紬「(それじゃ頑張ってね、梓ちゃん)」



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:30:57.14 ID:bnkk3oAR0

梓「うぅっ、ひっくっ!ホントに私じゃないです…」

店員(神田)「そんじゃ仕方ないですねぃ。マッポ…じゃなくて警察呼びますね」ピッピッ

梓「それだけはダメですっ!」バッ

店員(神田)「へへっ…じゃあ、ちょっと事務まで来てくれますかねぇ?」

梓「……」

店員(神田)「あ、嫌なの?なら」ピッポッ

梓「分かりました!行きます、行きますから!」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:36:19.49 ID:bnkk3oAR0

じむしつ!

梓「…本当に、してないのに…」

店員(神田)「(そろそろこの髭もうっとぉしいな。取るか)」

バリバリバリ!

梓「…あ!」

神田「ふぃー」

梓「か…神田、さん?」

神田「また会ったな。梓ちゃん♪」



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:44:33.56 ID:bnkk3oAR0

梓「何で神田さんが…」

神田「さぁ?何でだろうねぇ」

梓「…まさか、私を騙したんですか!?」

神田「しらねぇなぁ?」

梓「~っ!帰らせてもらいますからっ!」ザッザッ

バン!

梓「ひっ!?」

神田「おっと、万引き犯をただで帰すわけねーだろ?」ガシッ



150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:50:59.95 ID:bnkk3oAR0

梓「いや…っ!!」

神田「大人しくしねーと、その白い肌に傷がつくぜ?」チャキッ ※チャキッ→ナイフと思え

梓「きゃ!」

神田「ほらほら」ザシュッ

梓「や、やめてくださいっ!」

神田「ちょいと寝っ転がってもらおうか」ドゴッ

梓「うっ…!」ドサッ



151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:54:25.96 ID:bnkk3oAR0

神田「お前、ひょっとして初めてか?」

梓「これ以上は犯罪ですよ…っ?」

神田「犯罪上等じゃねぇか」

梓「(このまま犯されるなんてっ、絶対嫌だ!)」

神田「観念して大人しく股開け」

梓「えいっ!!」ズツキ

ゴツン!

神田「ぶっ!?いてぇぇぇっっ!!」

梓「(今の内に逃げなきゃ…っ!)」

神田「…なーんてな。このアマっ!」バチン

梓「はう…っ!」



165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 22:29:40.19 ID:bnkk3oAR0

唯今


神田「そんなヤワなチョーパンで揺らぐとでも思ったのかよ?!」バシバシッ

梓「ひっ!きゃう…うっ!」

神田「へっ。傷増やしたくないなら、逃げようなんて考えねーことだぜ?」

梓「もうやめてください…ぐすっ、帰りたいです…っ」

神田「ああ、帰してやるよ。ぐっちゃぐちゃにした後でなぁっ!」ビリビリッ

梓「ダメダメ!ダメですっ、それだけはいや!!」

神田「いい加減諦めろよっ、と」ボグッ



166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 22:32:47.59 ID:bnkk3oAR0

梓「ひ…ぅっ」

神田「動くんじゃねぇよ。更に傷口広がるぞ」ズリッ

ミチミチィ…ッ!

梓「ひっ!」

神田「おらよっと!」ズン!

梓「いやぁぁぁぁっ!痛い痛いっ!」

神田「お~よく締まる締まる」ズッズッズッ

梓「ちぎれるっ、ちぎれちゃう!」



168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 22:38:23.02 ID:bnkk3oAR0

神田「すっげぇ血ぃでてんな。グロイぐらいだぜ」ズブッズブッ

梓「許してくださいっ!痛い…ぃっ!」

神田「まあ待てよ。ちゃんとフィニッシュは中でキメてやっから」ズッズッズッズッ

梓「え!?駄目です!赤ちゃんできちゃいます…っ!」

神田「んなモンしらねーよぃっと」ズムン

梓「駄目駄目!!やめてぇーっ!!」

神田「行くぜっ…おらっ!」ドクドクドクッ

梓「やああああっ!!」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 22:42:42.59 ID:bnkk3oAR0

神田「おおぅ、搾り取られるねぇ」

梓「ひ、どい…」

神田「そろそろ出てきていいぞー」

?「はーい!」

梓「え…?」

紬「●REC」ガチャ

梓「何でロッカーから…ム…ギ…先輩が?」



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 22:46:09.57 ID:bnkk3oAR0

紬「犯されてる梓ちゃん、とっても可愛かったわ~」

神田「おい。鼻血出んぞ」

紬「…あら、ホント」

梓「どういう事ですか…っ?!」

神田「どうもこうも」

紬「こういうことよ♪」

梓「…そ、そんな。ムギ先輩が、どうして?」



173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 22:53:12.74 ID:bnkk3oAR0

神田「そんなことより、二回戦いってみようか」ニヤリ

梓「ひっ…!」

神田「ほら立てよ。あれで終わるわけねーだろ」グイッ

梓「やだぁっ!ホントに赤ちゃんできちゃいます!」

神田「そおれ!」ドチュン!

梓「ひぃぃーっ!!」

紬「いやらしい//」



175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 23:01:40.21 ID:bnkk3oAR0

にじかんご!

梓「うぅっ、ひっく…ぐすっ」

紬「泣かないで梓ちゃん♪バッチリおさめてあげたから」

神田「中々クオリティ高い動画だな。ネットにアップでもすっか」

梓「!?」

神田「さぁて、準備だムギ」

紬「はい♪」

梓「駄目ですっ!どんなことでもしますから…それはしないでください!」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 23:06:57.10 ID:bnkk3oAR0

神田「…」ニヤ

紬「~♪」カチッ

『どんなことでもしますから…それはしないでください!』

梓「…え?」

神田「今行った言葉、忘れるなよ?」

紬「録音もしました」

梓「……」

梓「(お母さん…お父さん…唯先輩…律先輩…澪先輩…憂…純…)」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 23:17:47.53 ID:bnkk3oAR0

よくじつ!

唯「あれ?憂、マフラーは?」

憂「昨日ココアこぼしちゃって…今洗濯中なんだ」

唯「寒くないの?」

憂「大丈夫だよ……くしゅんっ」

唯「憂」

憂「ん?なに?」

唯「こうやって二人でマフラーすれば、寒くないよ~」

憂「…ふふっ。ありがとう、お姉ちゃん」


神田「ククッ、美しい姉妹愛だねぇ…」

紬「いいですよね、ああいうの」

梓「……」



186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:07:04.80 ID:5PoeAiBT0

唯「えっ、神田くんの歓迎会?」

紬「うん。今日の放課後、私の家で開こうと思ってるんだけど…」

律「いいじゃん、行く行く!」

澪「私は…遠慮しとこうかな」

律「そうか。じゃあ、みんなが楽しんでる間に独りで悲しく帰ることになるがいいな」

澪「…や、やっぱりいく~っ!」

梓「…それじゃあ、私は純と憂誘ってきますね」



188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:13:31.13 ID:5PoeAiBT0

むぎのいえ!

律「このケーキうまいな」ムシャムシャ

唯「おかわりー!」

紬「まだまだ、たくさんあるからどんどんしてね」

憂「私達まで来てよかったのかなぁ?」

純「いいんじゃないの?」ムッシャムッシャ

神田「君が憂ちゃん、ねぇ」

憂「はい。初めまして、平沢唯の妹の平沢憂です」

神田「(ほぉ、顔は二人ともそっくりだな)」



189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:18:09.28 ID:5PoeAiBT0

神田「はははっ。じゃあアンタの方がよっぽどしっかりしてるんだな」

憂「そんなことないですよ~動かないお姉ちゃん可愛いですし」

唯「何々~何の話~?」

神田「おう姉さん。妹はもうちょっと大切にしてやりな」

唯「ぶー、私達は仲良しだよ!ね、憂」

憂「うん!」

神田「(その笑顔が壊れるまであと一時間と数分ってとこかぁ?)」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:22:30.04 ID:5PoeAiBT0

ワイワイ ガヤガヤ

梓「……」

澪「どうした梓?今日は元気ないな」

梓「いえ、別に」

澪「別に、って風には見えないぞ。何かあったのか?」

梓「本当に何でもないですから…」

澪「…ならいいけど、困った時は頼ってくれよ?」

梓「はい。心配しなくても大丈夫です」

梓「(これから私は我が身可愛さに…あの人を陥れちゃうんですから)」



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:27:31.57 ID:5PoeAiBT0

「ねぇ、憂…」

憂「ん?どうしたの梓ちゃん」

梓「この紅茶、私が入れたんだけど…飲んでくれないかな?」

憂「いいよ」ニコ



律「あー食った食った」ゲプ

澪「時間も遅いし、そろそろ帰るか」

純「おいしかったです」

唯「また誘ってね~」

紬「うん。また機会があったら来てね」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:32:03.15 ID:5PoeAiBT0

唯「あれ?そういえば憂とあずにゃんは?」

梓「…」ガチャッ

純「あ、梓どこ行ってたの?」

梓「ちょっと、外の風にあたりに…」

唯「ねぇ、あずにゃーん。憂どこにいるか知らない?」

梓「え、えと…憂は」

神田「憂ちゃんならお夕食の準備があるって先に帰ったぜ」

唯「えー。一言声かけてくれればよかったのにぃ」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:36:09.59 ID:5PoeAiBT0

律「じゃみんな、また明日な~!」

澪「また明日」

純「そんじゃ~ごちそうさまでした!」

唯「ばいば~い!」

梓「…さよなら、です」

神田「あばよ」


神田「と、見せかけて…リターンってヤツよ」

紬「ふふ♪」



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:42:50.85 ID:5PoeAiBT0

紬「ここの部屋です」ガチャッ

憂「んー!んー!」ジタバタ

神田「へへっ。梓ちゃんうまくやったみたいじゃねーか」

憂「!?んんー!」

神田「何言ってるかわかんねーよ」バッ

憂「ぷはっ!…神田さん、ムギさん。一体何でこんなこと…それに梓ちゃんって」

神田「お前はその梓ちゃんに嵌められたんだよ。可哀そうになぁ…ククッ!」

憂「う、嘘…梓ちゃんがそんなこと…」



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:48:08.52 ID:5PoeAiBT0

神田「実際、アンタが梓ちゃんに飲まされた紅茶は何だった?」

憂「…!」

紬「痺れ薬ですよね♪」

憂「うそ…そんな…っ!」

神田「ま、百聞は一見にしかずって言うしな…入ってこいよ」パチン

ガチャ

梓「……」

憂「梓…ちゃん?」

梓「ごめんね、憂」●REC



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 00:55:16.70 ID:5PoeAiBT0

憂「そのカメラ何…冗談はやめて?」

梓「冗談じゃないんだ」

憂「…えっ」

神田「な、言ったろ?」

紬「いい顔見せてね。憂ちゃん♪」ガシッ

憂「い、いや!離してくださいっ!」

神田「大人しくしてりゃすぐに終わるからよ」

憂「助けてお姉ちゃーん!」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 01:12:33.35 ID:5PoeAiBT0

神田「何だ、姉貴との3Pがお望みか?」ニヤ

憂「え…っ!?」

神田「よーし分かった。梓ちゃん、唯ちゃんに電話だ」

梓「はい」ピッピッ

憂「お姉ちゃんに何する気ですかっ!」

神田「決まってるだろ。アンタが姉貴の名前呼ぶから来てもらうんだよ?」

憂「お、お姉ちゃんは関係ないです!やめてください!」

神田「なら…大人しくしてもらおうか?」



208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 01:19:41.96 ID:5PoeAiBT0

憂「…はい」グスッ

神田「へっ。んじゃ、服を脱がすぜ」パチン

梓「じっとしててね、憂」

紬「脱ぎ脱ぎしようね~?」

憂「…うぅ」ポロポロ

神田「恨むんなら俺に出会っちまった奇跡を後悔するんだな」

憂「えぐっ…お姉ちゃんには、何もしないでくださいね?」



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 01:25:18.31 ID:5PoeAiBT0

神田「ああ、手はださねぇよ」

憂「…約束ですよ?」

神田「それより自分の心配したらどうで?愛の無い性行為はそりゃあ、痛いぜぇ?」

憂「怖いけど…お姉ちゃんのためなら…お姉ちゃんのためなら、我慢できます…」

紬「まぁ。美しい姉妹愛ね」ウットリ

梓「流石憂って言ったところですか」

神田「その余裕がどこまで続くか見物だねェ?」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 01:37:11.20 ID:5PoeAiBT0

神田「そんじゃ一回戦、開始といこうぜ」ググッ

憂「…っ!!」

神田「中々キツいじゃねーか…っ!」グググッ!

憂「うあ…っ!」

紬「苦痛に顔を歪める憂ちゃん…いいわ//」

神田「せいっ!」ズムンッ

憂「ああっ!うあ…っ!」

梓「(思い出したくないなぁ)」

憂「痛っ…!」



216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 01:44:55.19 ID:5PoeAiBT0

神田「痛いのはこれからこれから!」パンッパンッパンッ

憂「ぎ、っ!あぅ!」

神田「見ろよ、お前の大事なトコから痛々しく血が流れてんだろ?」ズチュッズチュッ

憂「う…ぐ、」

神田「これが大人になった証ってヤツよ!」パンッパンッ

憂「ふぁ…っ!」

紬「(あらあら//憂ちゃんそんな顔…)」

梓「●REC」

梓「憂のえっち…」ボソ



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 01:54:59.12 ID:5PoeAiBT0

神田「チッ、そろそろ限界かっ…」ズンッズンッ

憂「痛い…ですっ!もうちょっと、優しく…」

神田「ほんじゃ、本日一発目だぜっ!」

ドクンッドクンッ!ドクッ!

憂「~~っ!」

神田「いい感度してやがるぜぇ…!」

憂「や…やだ…気持ち悪い…っ!」

神田「おいおい、その気持ち悪いのがアンタの内臓に注がれてんだぜ?」



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/28(火) 02:01:28.90 ID:5PoeAiBT0

憂「あ…ぁ…赤ちゃん、できちゃう…」

神田「孕みたきゃ孕んでくれよ。俺はしらねーけど」ズルッ

憂「いやだぁ…っ」

梓「●REC」ズイッ

梓「(すごい…憂のあそこから赤いのと白いのがドロドロと//)」

紬「エロティックです…//」

憂「お姉…ちゃ、ん…」



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「へ、変態…」 神田くん「可愛い顔してるのが悪いんだぜ?」#前編
[ 2012/03/31 18:25 ] エロ | TRUE_BLUE | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6