SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  澪「律・・・お別れだ・・・」#2

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






澪「律・・・お別れだ・・・」#2 【非日常系】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247672474/




38 名前:名無し募集中。。。:2009/07/16(木) 04:56:45.99 ID:pxOPUQ+X0

律「な…何言ってんだよ、澪」

律「武道館行くって約束したろ?」

澪「………」

律「なんとか言えよ…なぁ澪!」



澪「…転校、するんだ」





40 名前:名無し募集中。。。:2009/07/16(木) 07:17:40.44 ID:pxOPUQ+X0

律「はぁ?転校って…何言ってんだよ」

澪「父さんが転勤になってさ…私も急すぎてよくわかんないんだけど」

律「澪だけでも残ればいいだろ!」

澪「それは…」

律「澪だけ家に残って…そうだ!ウチにいればいい!」

澪「………」

律「そしたら転校なんてしなくて済む!それに…あんな奴と一緒にいなくて済む!」

澪「律!!!」

律「っ…」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 07:51:52.63 ID:pxOPUQ+X0

澪「…ごめん…でももう決まったんだ…」

律「澪はそれでいいのか…?」

澪「………」

律「…なぁ澪…」ギュッ

澪「…っ」

律「……澪…」

澪「………」

律「………」

澪「……ゃだ…やだよぅ…」ポロポロ



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 08:28:10.40 ID:pxOPUQ+X0

律「………」ギュゥ

澪「やだよぉ…っ……みんなと一緒がいいよぉ……律と一緒がいい…」ポロポロ

律「…うん…」

澪「あの人と一緒はやだ…みんなとずっと、一緒にいたいよ…!」ギュゥゥ

律「………」

澪「……律と…離れたくない…っ」

律「…澪……わかった」

澪「…グスッ……?」

律「逃げよう、どっか遠くへ」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 08:43:31.08 ID:pxOPUQ+X0

律「もしもし、ムギか?」

紬『りっちゃん?…何かあったの?』

律「澪と二人で急に旅行したくなっちゃってさ、どっか遠いところの別荘って空いてないかな?」

澪「…律?何言ってるんだ」

紬『今の季節だったら北海道なんて涼しいんじゃないかしら…ちょっと調べてくるわね』

律「急にごめんな…」

澪「おい律…」

紬『いいのよ、折り返し連絡するわ』プッ ツー ツー

澪「おい!律!旅行なんて…何考えてるんだ?」

律「澪、気付かれないように荷物まとめろ」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 09:07:11.03 ID:pxOPUQ+X0

澪「!…本気で…言ってるのか…?」

律「…ウチで待ってるから、早くしてくれよな」

澪「無理だよ…みんなを巻き込むなんて…」

律「困ってるときに助け合うのが仲間だろ?」ニッ

澪「で、でも…」

律「早く行け、もうすぐアイツが帰ってくる」

澪「………できないよ」

律「澪!」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 09:26:53.97 ID:pxOPUQ+X0

澪「無理だ…だって見つかったら…」ガタガタ

律「見つからなきゃいいんだ!見つからないくらい遠くへ行けばいい!」

澪「見つかっちゃうよ…無理だよ…」ガクガク

律「そんなのやってみなきゃわからないだろ!」

澪「いやだ…いやだ、こわい…たすけて…」ブルブル

律「澪!!!」

澪「ひっ」ビクッ

律「…ごめん…私も手伝うから、行こう」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:06:46.45 ID:pxOPUQ+X0

澪「…!て、手伝うって、ちょっと、律!」

律「………」グイッ

澪「な、なぁ、わかった、自分でやるから、家で待ってて」

律「お前のことだからそのままベッドで泣き寝入りするつもりなんだろ?」トントン

澪「そんなことしない、絶対!だから、なぁ!部屋には入らないで!」

律「…いいんだ、もう、隠さなくて…わかってるから」

澪「な…に、言って…っ、律、お願いだ!頼むよ!律!律ってば!」

律「………」ガチャ

澪「うああああああああああああ!見るな!見るなぁあああ!」

律「!……っ、…鞄、どこにある?」

澪「見るなよぉ…律ぅ…もう…出てってくれ…おねがぃ…」

律「…あぁ、出てくよ…お前の荷物持って…澪と一緒にな」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 10:45:53.60 ID:pxOPUQ+X0

澪「グスッ、グスッ」

律「…よし、こんなもんでいいかな」

澪「……グスッ…」

律「よい、しょ…っと、澪!泣いてないでシャキッとしろ!」グイッ

澪「………」

律「ほら、大事なモン忘れんなよ」トン

澪「…ベース…」ギュッ

律「行くぞ」

澪「………」

律「…みーお!」

澪「……うん…」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 11:36:36.39 ID:pxOPUQ+X0

~律の家~

律「さーて、私も荷物まとめないとなー!アレとーコレとーあとアレもだろー」ゴソゴソ

澪「なぁ、律…」

律「んー?」ゴソゴソ

澪「…なんでこんなによくしてくれるんだ?」

律「さっきも言ったろー?困ってるときに助け合うのが仲間だって」

澪「でも…」

律「それにさ、澪が笑ってないと…なーんか調子出ないんだよなぁ」

澪「………」

律「泣いてばっかりの澪なんて澪らしくないぜ?」

澪「……ありがと…」ボソッ

律「おっと、ムギから電話だ」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 12:30:23.81 ID:pxOPUQ+X0

紬『今そっちに迎えを送ったわ。別荘も、あまり大きくはないけれど、いいところを借りれそうよ』

律「ムギはホントに気がきくなぁ」

紬『でもりっちゃん、その前に話を聞かせてもらいたいの…いいかしら?』

律「…あぁ、さすがに何も話さないわけにはいかないよな…」

紬『発つ前にウチへ寄ってもらって、直接お話を聞かせてもらいたいの』

律「…わかった」

紬『おいしいお茶を用意して待ってるわ』

律「おぅ、サンキュなー」ピッ

澪「ムギの家に行くのか…?」

律「ん…協力してもらうんだから、話はしとかないとな」

澪「………」シュン

律「ムギには私から説明する」

澪「…うぅん、私が話す」

律「!…澪」

澪「律にばっかり、面倒なことはさせられない…」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 12:40:37.57 ID:pxOPUQ+X0

律「…辛かったらいいんだぞ?」

澪「………」フルフル

律「…そっか、わかったよ」

ピンポーン

律「お、来たみたいだな」スクッ

ピンポンピンポーン

澪「………?」

ピンポピンポピンポーン ガンッガンッ

澪「…!」ガタガタ

律「落ち着け澪!大丈夫だ…大丈夫だから…」ギュッ

澪「律ぅ…やっぱりやめよう…?」

律「ダメだ!大丈夫…ちょっと様子を見てくるから…」ナデナデ

澪「………うん」

律「押入れに隠れててくれ…荷物も一緒に、な」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 13:05:32.04 ID:pxOPUQ+X0

澪「……律…」

トン トン トン トン トン

澪「……隠れなきゃ…」モゾモゾ

ガチャ バタン!

澪「!」

バタバタバタバタ…

澪「っ……」ガタガタ

キィ…

澪「っ!」ビクッ



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 13:53:31.52 ID:pxOPUQ+X0

律「みーお」

澪「り、律…?」コソコソ

律「心配ない、聡だったよ…鍵忘れたんだってさ」

澪「うぅぅ…」

律「泣くなよぉ澪ー」ポンポン

澪「だって、だって…」

律「車も来てたし…行こう、澪」

澪「……グスッ…」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 14:22:41.77 ID:pxOPUQ+X0

律「失礼しまーす」

澪「…失礼します…」

聡「ねーちゃーん!どっか行くのー?」

澪「!」

律「あー、ちょっと散歩ー」

聡「ふーん…?ま、いいや!いってらっしゃい!」

律「おーぅ!いってきまーす」

ブロロロロ…

澪「…なぁ律、ホントに一緒に来るのか?」

律「あったりまえじゃーん!澪一人だったら心配だしさー」

澪「……いいんだぞ、律は来なくても…」ボソッ



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 14:34:33.29 ID:pxOPUQ+X0

~琴吹家玄関~

律「うぉー!でけー!」キラキラ

澪「ほ、ホントに、すごいな…」オドオド

律「玄関から家まであんなにあるぜ!見ろよ澪!」ベター

澪「こら!そんなにひっついたら汚れるだろ!」

律「大丈夫だって!向こうから来る人もおんなじことしてるぞ!」

澪「そんなわけ…って唯!?」

~琴吹家~

唯「いや~、ムギちゃんから急にお呼ばれされちゃって~」

律「しっかし広いよな~このお屋敷!どこがムギの部屋だか…」

斉藤「ようこそいらっしゃいました、紬お嬢様のお部屋はこちらでございます」

唯「こ、こんにちは!」

斉藤「こんにちは、ご案内いたしますのでどうぞ」

唯「は、はいぃ!お世話になります!」

律「そんなにかしこまらなくてもいいだろ…」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 15:18:38.24 ID:pxOPUQ+X0

紬「みんないらっしゃい!さ、ここに座って!」

唯「オ、オジャマシマス」

律「恐縮しすぎだって!」ガツッ

紬「あっ、その花瓶高いから気をつけて!」

律「ヒィィー」ビクビク

紬「なんてね、冗談よ♪」

律「お、おどかすなよなー」

紬「ふふ、ごめんなさい♪」

唯「りっちゃん!このソファーふかふかだよぉ~♪」ポヨンポヨン

律「あー!ずるいぞ唯ぃー!私にもやらせろー!」

澪(律、私といるときより楽しそうだ…)

澪(…私には律の日常を奪う資格なんて…)



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 15:43:29.62 ID:pxOPUQ+X0

紬「澪ちゃん」

澪「!あ、あぁ」

紬「…お話、聞かせえもらえるかしら」

澪「………あぁ」

律「…唯、ムギの隣行ってくれるか…」

唯「ほぇ?…うん…んん?」

紬「梓ちゃんは用事があって来れないそうなの…」

律「そうか…」

唯「澪ちゃん、顔色悪いよ?」

澪「あぁ、大丈夫だ…」

律「澪…」

澪「…わかってる」

紬「………」

唯「……?」キョトン



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 20:11:54.25 ID:KAoDYa5x0

澪「…私の両親が離婚して、再婚した話は知ってるよな…?」

澪「それで…新しく来た母親が…その…私のことを、あまりいいように思ってないみたいで…」

澪「それでさ…父さんが仕事に行ってる間に、色々と……意地悪、されるんだ…」

唯「いじわる…?」

澪「……ちょっと、気持ち悪いかもしれないけど…」モゾモゾ…

唯「…澪ちゃん、なんで上着脱ぐの…?」

律「……っ」フイッ

澪「………」グイッ

紬「!これって…タバコの痕…?」

唯「!」

紬「こんなにたくさん…どうして…」

澪「あの人が気に食わないところを見つけると、その度にこうされるんだ…」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 20:45:12.09 ID:KAoDYa5x0

澪「部屋にこもってやり過ごそうとしても、すぐ呼び出されて…無視したらまた…」ジワ…

澪「それでも耐えてたのに…それがまた、気に入らないみたいで…」ポロポロ

澪「だんだん、エスカレート、してきて…っ…殴られ、たりっ、け、られっ、ヒクッ」ボロボロ

律「っ………」プルプル

唯「もういい、もういいよ澪ちゃあん!」ガシッ

紬「…向こうの部屋で、少し休んでくるといいわ…唯ちゃんも…」

唯「うぅぇ、ぐすっ、ひぐっ」ギュゥゥ

律「唯、澪、立って…」

澪「……っ…」ボロボロ

律「よしよし…」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 21:41:35.09 ID:KAoDYa5x0

パタン…

紬「二人は落ち着いた?」

律「仲良く寝てるよ…」

紬「そう…」ホッ

律「…ムギは大丈夫か?」

紬「……大丈夫、って言ったら嘘になるけど…なんとかね」

律「そっか…」

紬「…ねぇ、りっちゃんは…いつから知ってたの?」

律「二週間くらい前かな…澪の様子が変だって気付いて…聞いてみたらこんなことだった」

紬「二週間前…それで電話してきたのね?」

紬(どうりで百合センサーが反応しなかったはずだわ)



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/16(木) 22:37:14.11 ID:KAoDYa5x0

紬「りっちゃんはこれからどうするの?」

律「…澪は精神的に不安定なんだ…今の状態で一人ぼっちになったら…すごく不安がると思う」

律「澪には何度も助けられてきた…だから今度は澪を助けてやりたいんだ…」

律「なぁ…お願いだムギ!アイツのそばにいさせてくれ!」

紬「り、りっちゃん!土下座なんかしないで!」

律「頼む…いや、お願いします…!」

紬「頭を上げて…ねぇ、りっちゃん…」

律「澪のこと…守りたいんだ…お願いします…」

紬「りっちゃん…」

律「…お願いします…」

紬「………」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 03:40:46.11 ID:jTjkquuH0

紬「…りっちゃん、わかったわ…チケットは二人分用意させるから」

律「……っ…」

紬「りっちゃんは澪ちゃんと一緒に北海道へ行って、後はこっちでなんとかするわ」

律「……グズ…」ポロポロ

紬「もう、りっちゃんが泣いてちゃダメじゃない…
  これから澪ちゃんのこと守っていくんでしょ?」ナデナデ

律「ムギぃ…」ギュゥ

紬「澪ちゃんのことよろしくね」ニコッ

律「……ごべん…あぃがど…」グズグズ



~別室~

唯「…澪ちゃん、起きてる?」

澪「……あぁ…」

唯「………」ギュッ



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 03:56:48.19 ID:jTjkquuH0

澪「!唯…」

唯「…ここ、いたくない?」ナデナデ

澪「大丈夫だよ…」

唯「…気付いてあげれなくてごめんね…」シュン

澪「うぅん…気付いてくれない方がよかった…学校にまでこんなこと、持ち込みたくなかったし…」

澪「それに、変に同情されるのも…なんだか嫌だったし…ありがとな、唯」

唯「………」ギュゥゥ

澪「唯…泣いてるのか?」

唯「いた、かった、よね…澪ちゃ、ごめんね、ごめんねぇ」ポロポロ

澪「唯…いいんだよ、唯の鈍感なところに、私は救われてたんだ…」

唯「うぅぅ…」ギュゥゥ

澪「だから唯が責任を感じる必要なんて全くないんだ…」ナデナデ

澪(まただ…またみんなに迷惑をかけてる…)

澪(ごめん、唯…ごめん、ムギ………ごめん、律…)

澪「なぁ唯…悪いけど、ちょっとお願いしてもいいか?」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 04:47:58.35 ID:jTjkquuH0

~商店街~

梓「それでねー、唯先輩ったら…」

憂「ねぇ、あれさわ子先生じゃない?」

梓「?…ホントだ、何してるんだろ?」

さわ子「あら二人とも!ちょうどよかった、澪ちゃんどこにいるか知らない?」

梓「いや、知らないです、どうかしたんですか?」

さわ子「保護者の方が昨日から帰ってないって心配してらしてね…どこかに心当たりはないかしら?」

梓「あー…(ムギ先輩のメール…さわ子先生になら喋ってもいいよね?)」

梓「さっきムギ先輩が家に来てってメールで言ってたんですけど…」

憂「そういえばさっきお姉ちゃんもムギ先輩の家に行くって…」

さわ子「そう…わかったわ、ありがとう!じゃあまた学校で!」

タッタッタッタッタッ

梓「…澪先輩、どうしちゃったんだろ」

憂「家出…なわけないよね…?」



137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 05:07:01.01 ID:jTjkquuH0

~琴吹家~

律「澪ー?起きてるかー?」

澪「しーっ…今寝たところなんだ…」

律「ははっ、唯のヤツよだれ垂らしてる…写メ撮っとくかー」カシャッ

澪「もう…」

律「見ろよ澪、すげーいいのが撮れたぞ!ほらほらっ」

澪「ああ、よく撮れてるな」

律「そういえばこないだも!抜き打ちの小テストがあったんだけどさー」

澪「………」

律「唯ったら気付かないでグッスリ眠ってて、先生に叩き起こされてたんだー…」

澪「…そうなのか…」

律「うん…(……笑えよ、澪…)」

澪「……なぁ律、ほんとについてくるのか?」

律「…もう決めたんだ…」

澪「………そうか…」



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 05:24:53.47 ID:jTjkquuH0

コン、コン

斉藤「紬お嬢様、よろしいでしょうか」

紬「どうしたの?」

斉藤「軽音楽部の顧問の方がお見えになっております」

紬「…出かけてるって言ってもらえるかしら」

斉藤「かしこまりました」

紬(先生が動いてるってことは…もう澪ちゃんがいないことが伝わってるの…?)

ガチャ

律「ムギ、お茶もらえるか?」

紬「りっちゃん、さわちゃんが来たわ」

律「!!!…と、通したのか!?」

紬「いえ、留守にしてると言っておいたわ…りっちゃん?」

律「い、いや、ごめん、びっくりしすぎて…そ、それで?」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 05:48:01.36 ID:jTjkquuH0

コン、コン

紬「先生は?」

斉藤「お嬢様が帰ってくるまで待たせてもらう、と…」

紬「そう…もしかしたら梓ちゃんに会ったのかも…憂ちゃんと出かけるって言ってたし…」

律「そっかー…梓かー…こりゃーおしおきしないとなー…」

~商店街~

梓「ッ!?」ゾクゾクッ

憂「ど、どうしたの梓ちゃん?」

梓「な、なんか寒気が…」ゾクゾク

~琴吹家~

律「なぁムギ、どれくらいで出発できるんだ?」

紬「余裕を持って行ける様に、一時間後の便を取ったんだけど…裏目に出てしまったみたいね」

律「一時間か…」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 06:31:08.86 ID:jTjkquuH0

律「澪、急いで準備しろ」

澪「え…も、もう気付かれたのか?」カタカタ

律「大丈夫、私がついてるから」ギュッ

澪「……うん…」

律「荷物コレか?」

澪「あぁ、あとベースも…」

ガチャ バタン

唯「…んぅ…う~い~…今何時ぃ?」

唯「…メール…さわちゃんだぁ…?」

~琴吹家正門~

ピロリロリン♪

さわ子「!」

さわ子「…やっぱりここにいたのね…澪ちゃん…」

フゥーーー ポイ グシャ



148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 07:16:15.64 ID:jTjkquuH0

紬「あら、起きたのね唯ちゃん」

唯「ん~…?」ゴシゴシ

紬「まだ寝ぼけてるみたいね…」

律「忘れものないな?」

澪「うん…」

コンコンコン!

紬「どうしたの?」

斉藤「先ほどの軽音楽部の顧問の先生なのですが、こちらへ向かっております」

紬「なんですって!?」

澪「…っうわあああ!!」ガタガタ

律「澪!大丈夫だ、大丈夫だから!」ギュッ

紬「(キマシタワー)斉藤、裏口に車をまわして!後はお願いね!」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 07:38:42.63 ID:jTjkquuH0

唯「ふぁ~…さわちゃん来ちゃダメなの…?」

澪「!」

律「!…唯、お前が…?」

紬「待ってりっちゃん!そうだとしても、唯ちゃんは寝ぼけてしたことよ!」

律「そ、そうだよな…ごめん…」

紬「とりあえずこっちへ来て、その間に話しましょ!」

バタバタバタ…

律「…なぁ澪…もういいだろ、話しても…?」

澪「………」

律「黙ってるからこんなことが起こるんだよ…」

澪「……でも…」

律「…お前が言えないなら、私が言うぞ」

澪「………」



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 09:17:01.12 ID:jTjkquuH0

律「…唯、ムギ」

紬「なに、りっちゃん?」

唯「どしたの?」

律「……いいよな、澪」

澪「………」

律「澪の新しい母親のことなんだけどさ…みんな見たことないだろ?」

紬「…澪ちゃんの家にお邪魔するときは、いつもいないわね」

律「それはみんなと顔を合わせるとアイツにとっての不都合が生じるからなんだ」

唯「なにか困るの?」

律「あぁ…アイツの仕事に影響が出るからな」

紬「仕事…?」

唯「…なんか危ない仕事してるの?」

律「いや、一般的な仕事だ…むしろ尊敬されることが多い」



160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 10:59:19.90 ID:jTjkquuH0

紬「尊敬…?」

律「実際、澪だって尊敬してた…こんなことになる前までは…」

澪「………」

唯「???」

紬「まさか…澪ちゃんのお母さんって…」

律「あぁ…さわちゃんだ」

紬「そんな…!!」

澪「………」

唯「…へ?」



167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 12:11:24.76 ID:jTjkquuH0

紬「で、でも、さわちゃんは何も言ってなかったわ!」

律「知られると色々厄介だろうから黙っておこうって家族で決めたんだってさ」

澪「………」

唯「…ということは、さわちゃんが…澪ちゃんにひどいことした…の?」

律「そうだ…澪が黙ってるのをいいことに、アイツは好き放題やって…」

紬「嘘…」

律「…信じられないかもしれないけど…事実だ」

唯「澪ちゃ…」

澪「………」



180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 16:46:43.15 ID:jTjkquuH0

律「………」

紬「…着いたわ、車に乗って」

さわ子「ざーんねん、ちょっと遅かったわね」

律「!!」

澪「ひぃっ!」ビクッ

斉藤「お、お嬢様、申し訳ございません…」ガクッ

紬「斉藤!」

さわ子「さ、澪ちゃんを返して貰うわよ」

律「ダメだ!そんなこと絶対させるか!!」キッ

さわ子「ずいぶん威勢がいいのね、りっちゃん?」

唯「さわちゃん先生…嘘だよね…?」

さわ子「嘘じゃなかったら…どうするつもり?」



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:33:07.00 ID:jTjkquuH0

唯「そんな…そんなのって…」

澪「唯、律を抑えててくれ」

唯「!?澪ちゃん…」

澪「いいから、これが一番いい方法なんだ…」

唯「そんなことない!他にもっといい方法があるよ!」

澪「唯!」

唯「…でも…」

澪「…律の為なんだ…お願いだ」

唯「…っ」コクッ

律「澪…?っ、おい!唯!?何してんだ!はなせ!はーなーせ!」バタバタ

唯「ごめんねりっちゃん…ごめんね…澪ちゃん…」



澪『ずっと世話になりっぱなしで…律に何か恩返しがしてやりたいんだ』

澪『協力、してくれるか?』



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:44:32.00 ID:jTjkquuH0

紬「唯ちゃん!?何を」

澪「ムギ!…いいんだ」

紬「…こんなことしても、何の解決にもならないわ…りっちゃんの努力が無駄になるのよ!」

澪「……私の事情に、律を巻き込みたくない…」

紬「…ダメよ…そんなのダメ!考え直して澪ちゃん!」

澪「ムギ…ありがとな、唯も…」

唯「……っ」

律「はなせよ!はなしてくれ!唯!なぁ!お願いだ!っ、澪!おい待て、行くなよ!」

澪「………ごめんな」

律「澪!澪、やめろ!なぁ!なぁって!」



澪「律・・・お別れだ・・・」



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 20:54:50.11 ID:jTjkquuH0

さわ子「携帯、出しなさい」

澪「………」スッ

さわ子「いい子ね…」バキャッ

澪「………」

さわ子「今日辞表提出したところだから、もう会う機会もないでしょうけど…それじゃあね♪」

律「澪!!澪おぉぉぉ!!」

澪「…バイバイ…」

唯「………」

紬「……澪ちゃん…」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:24:12.21 ID:HRf3G1E4O

律「許さないからな!絶対、絶対許さないからな!!」

律「許してくれって謝ったって許してやんないから!!!」

律「お前がいなくなったら誰がベースやるんだよ!!!」

律「何とか言えよぉ!!!澪ぉ!!!」

律「澪……みおぉ………」


さわ子「りっちゃんも最後までにぎやかだったわねぇ…」

澪「………」

さわ子「でも…知ってしまったからには…痛い目にあってもらおうかしら」

澪「そんなっ、やめてくれ!」ガシッ

バシッ

澪「うっ…」

さわ子「…口の聞き方がなってないわねぇ、澪ちゃん?」

澪「…すみません…でも…それだけは…お願いします…」

さわ子「ま、私もそこまで鬼じゃないわ」



207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 22:40:49.01 ID:HRf3G1E4O

澪「ほ、ホントに…ホント、ですか…?」

さわ子「えぇ、ホントよ…でもあの子達が話さないって言う保証がないわね」

澪「え…」

さわ子「ま、家に帰ってから手を打つわ…協力してね、澪ちゃん♪」

澪「……っ」ガタガタ



~秋山家~

さわ子「ただいまー…ダーリンはまだ帰ってないみたいね♪」

澪「……ただいま…」

さわ子「さ、脱ぎなさい澪」

澪「………」

さわ子「早く脱ぎなさい…あら、そういえば荷物を忘れてたわね」

さわ子「早くしないとその最後の一着がボロになるわよ?」

澪「っ…わかりました」スル…スル…パサ



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:16:54.75 ID:HRf3G1E4O

さわ子「いい子ね、でも今日は色々と迷惑かけてくれたんだから…」サワ…

澪「っ」ビクッ

さわ子「特別なお仕置きが必要だわ…そうよね?」

澪「…はい」

さわ子「手を後ろで組みなさい」

澪「………」スッ

さわ子「動かないでじっとしてなさい」カチャカチャ…チャキッ

澪「!…て、手錠……?」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/17(金) 23:20:07.32 ID:HRf3G1E4O

さわ子「そうよ♪」カシャッ

澪「っ!しゃ、写真なんか撮ってどうする気…ですか…」

さわ子「………」カチカチ

澪「…っ、まさか…」

さわ子「そう、口封じ用にね…送信っと♪」ピッ

澪「あ、あぁぁ…」ガクガク

さわ子「今のは唯ちゃんとムギちゃんに送っておいたわ♪」

澪「…やめて……いやだ………」

さわ子「りっちゃんにはもっと刺激的なのを送らなきゃね♪」

澪「いや…やだ、やめて…いやだーーーーーー!!!」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 08:09:54.95 ID:ONNSaTGQO

~琴吹家~

唯「りっちゃんは、澪ちゃんのことを考えてしたんだよね?」

唯「でも澪ちゃんは、りっちゃんの重荷になることが辛かったんだよ」

唯「それに、さわちゃん先生とお父さんを二人きりにするのが怖かったんだ」

唯「今は澪ちゃんに暴力がいってるけど、もし自分がいなくなったら…って」

唯「澪ちゃん、お父さんのこと大好きだから…」

唯「お願いりっちゃん、澪ちゃんの気持ちも考えてあげて…」

律「……わかんねーよ…バカ澪…」

紬「…衝動に任せて行動に走ると、必ずどこかで躓いてしまうわ」

紬「今は計画を練り直すところよ、りっちゃん」

律「………」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 08:43:44.77 ID:ONNSaTGQO

唯「それにさわちゃん先生にも話を聞いてみないとわかんないしさ!」

紬「そうね、何か理由があってしているのかもしれないわ」

律「…わかってないよ…ムギ…唯…おまえら全然わかってない…」

紬「……?」

唯「何が…」

♪~

唯「!メール…さわちゃんから…?」

紬「こっちも…!」

律「………」

唯「……なに、これ…」

紬「『秘密を喋ったらこれをばらまく』…こんなの脅迫じゃない…」

律「…アイツはみんなの知ってるさわちゃんじゃないんだ…」

律「さわちゃんの皮をかぶった悪魔なんだよ…!」

紬「そんな…」

唯「………」



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 09:29:34.95 ID:ONNSaTGQO

律「これでも計画だ何だ言ってられるのか…?」

律「澪が毎日こんな目に遭ってるのに…澪は何にも悪くないのに…」

律「………殺してやる」

唯「えっ」

紬「そ、そんなことしたって澪ちゃんは喜ばないわ」

律「じゃあどうしろっていうんだよ!!!」

紬「それは…」

唯「………」

律「アイツが消えれば全部済む話じゃないか!そうだろ!?」

紬「………」

律「…こうしてる間にも澪はひどい目に遭わされてるんだ」

律「………私がやらなきゃ」

唯「待ってりっちゃん!」

律「なんだよ、まだ何かあんのか!?」

唯「私も行く」



245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 09:56:22.24 ID:ONNSaTGQO

~秋山家~

カシャッ

澪「…ぁ……ぅ、ぁ……」ビクッビクッ

さわ子「りっちゃんに送信っと…ちょっとやりすぎちゃったかしら?」

さわ子「まぁやりすぎくらいがちょうどいいっていうものね♪」

さわ子「あら?もうこんな時間!ダーリンをお出迎えしなくっちゃ!」

さわ子「じゃあね澪、もしダーリンとの時間を邪魔したら…」

さわ子「…わかってるわね?」

澪「……ぅ…」コクリ

さわ子「ふふっ♪いい子の澪は引っ越し先でもーっと可愛がってあげる♪」

さわ子「夕飯何作ろうかしら?」ガチャッ バタン

澪(……これでよかったんだ…これで…)

澪(みんなが幸せなら…私はどうなったっていい…)

澪(…ありがと、嬉しかったよ…ごめんな…)

澪「……り、つ…」



246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 10:19:36.48 ID:ONNSaTGQO

ガラガラガラ…

さわ子「帰ってきたみたい♪はいはーい!」

さわ子「おかえりなさ……あら、りっちゃんじゃない…それに唯ちゃんも」

唯「………」

律「…澪はどこだ」

さわ子「部屋で寝てるわ、ちょっと疲れちゃったみたいね」

さわ子「何しに来たの?挨拶ならもうしたでしょ?」

律「澪を返せ…」

さわ子「あら?おかしいわね、澪ちゃんは自分の意思で帰ってきたのよ?」

さわ子「無理矢理奪い返したところでまた戻ってくるわ」

律「…っ」ギリ



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 11:25:14.66 ID:ONNSaTGQO

唯「さわちゃん、なんで澪ちゃんに意地悪するの?」

さわ子「…人は誰しも自分の幸せを願うものよ」

さわ子「私は今まで得られなかった分を取り返そうとしてるだけ」

唯「じゃあさわちゃんの幸せって何なの?」

さわ子「女として生きることよ」

さわ子「結婚して幸せな家庭を築きたい…それが私の夢だった」

さわ子「待ちに待って、待ち続けて…ようやくダーリンに巡り会えたの…」

さわ子「ダーリンはまさしく探し求めていた人よ…子持ちって事を除けばね」

さわ子「ま、幸せのためなら障害なんて叩き潰してしまえばいいわ」

律「ふざけんなぁ!!!」バッ

さわ子「おっと」ヒョイ ガスッ

律「ぐっ…」

唯「りっちゃん!」

さわ子「危ないじゃない、それにカッターは人を切るものじゃないのよ」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 11:48:18.83 ID:ONNSaTGQO

さわ子「これは没収ね♪」ポイ

律「くっ…ちくしょー!」バッ

さわ子「危ないって言ってるじゃない」ヒョイ

ドスッ

律「か、は…っ」ガクッ

さわ子「何度やっても無駄よりっちゃん」

律「う…ぐっ……澪ぉ…」ポロポロ

唯「りっちゃん…」

さわ子「この行動は、澪ちゃんの写真を公開してもいいってことよね?」カチカチ

律「や、やめろ!!」

さわ子「今更やめるわけないでしょ?先生今すごーく怒ってるんだから」カチカチ



253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 12:04:32.05 ID:ONNSaTGQO

唯「……っ」ダッ

ドンッ

さわ子「きゃあ!」バタッ

さわ子「…そうだったわ、唯ちゃんもいたのね」

唯「はーっ、はーっ」

さわ子「いいわ、唯ちゃんも可愛がってあげ…」ガクッ

さわ子「!…何よこれ」ドクドク

唯「はー、はー…」カタカタ

律「…唯…お前…!」

さわ子「やっと…やっと、幸せが掴めたっていうのに…っ」

さわ子「どうして、みんな、邪魔、する、の…よ…」バタッ



255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 12:17:11.39 ID:ONNSaTGQO

唯「…ぁ……あぁぁ………」ガタガタ

律「唯…なんでお前が…お前は関係ないだろ…?」

唯「か、関係なくなんかないよぉ…大事な仲間だよ…りっちゃん…」ガタガタ

唯「そ、それに、さわちゃんにメールしちゃったの私だし…」ガタガタ

唯「何も知らないでりっちゃんのこと止めちゃったのも…」ガタガタ

唯「だから…だから…」ガタガタ

律「…バカやろー…バカやろー!」ガシッ

律「お前はほんとにバカだ…大バカやろーだ!」ポロポロ

唯「りっちゃん…澪ちゃんのとこ行かなきゃ…」

律「行けるかよ…お前のことおいてなんて…無理だ…」ギュッ

唯「大丈夫だよぉ…だから早く行ってあげて…」

ガラガラガラ…

律・唯「!」



256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 12:37:48.50 ID:ONNSaTGQO

紬「…ごめんなさい、遅かったみたいね」

律「ムギ…」

唯「ムギ、ちゃん…」ガタガタ

紬「…唯ちゃんが…やったのね…?」

唯「………」ガタガタ

紬「…そう…」

律「唯は悪くないんだ!私がしくじったからっ」

紬「唯ちゃんを責めるつもりはないわ…もちろん、りっちゃんのことも…」

唯「…ムギちゃぁん…」

紬「唯ちゃん…大丈夫…今度は私が唯ちゃんを守るわ…」ギュッ

唯「っ、うぅっ、うぅぅっ、っ、ムギちゃあんっ!」ボロボロ

紬「よしよし…りっちゃん、澪ちゃんのところへ行ってあげて」

律「でも、唯が…」

紬「唯ちゃんは私に任せて」

律「………ムギ、ごめん…頼んだ!」ダッ



259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 13:14:53.95 ID:ONNSaTGQO

唯「うぅぅ…っ、ヒック…」

紬「よしよし…」

唯「…ムギちゃん…」

紬「…少しは落ち着いた?」

唯「あの、ね、ヒック、うぃ、憂に、ね、ヒック」

紬「うん、憂ちゃんに?」

唯「ごめん、ね、って、伝えっ、ヒック」

紬「…残念だけど、それはできないわ」

唯「え…っ、なんで…?」

紬「唯ちゃんは私と一緒に逃げるのよ、北海道にね」



262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 13:43:14.94 ID:ONNSaTGQO

律「澪!」

澪「………」

律「澪…?」

澪「………」

律「………」ソロリソロリ

律「………」ジーッ

律「………フジツボ」

澪「ひいぃぃぃ!!!」

澪「って…律!?なんで…」

律「許さないって言ったろ?」

澪「そんな、でも…」

律「…さわちゃんならもういないよ」

澪「い、いないって…まさか!」

律「まぁ細かいことは気にすんな!とりあえず服着ろ!」

澪「!…っ」カァァァ



264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 14:10:32.45 ID:ONNSaTGQO

律「…なぁ、澪」

澪「……なに」モゾモゾ

律「幸せになるために誰かを犠牲にするのって…おかしいよな…」

澪「いきなり何だ…?」

律「…どう思う?」

澪「…私は、その誰かが幸せになるために…自分から犠牲になった」

澪「そうしないと得られない幸せだってあると思う…」

律「そっか…」

澪「自分がどれだけ苦しんでも、誰かが幸せなら…それでいいと思ったから」

律「…お前が苦しんでるのを見て私は幸せなんか感じなかったぞ」

澪「………」

律「むしろ不幸せだったな…だから…」

律「……みんながみんな、幸せになる方法ってないのかな…」

澪「…難しいんじゃないか」



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 14:25:05.44 ID:ONNSaTGQO

律「そっか…」

澪「………」

律「………」

澪「…でも、さ」

澪「誰かを幸せな気分にすることなら、私たちにだってできるよな?」

律「……?」

澪「私たちも幸せな気分になる…バンドってそういうもんだろ?」

律「!」

澪「難しく考えようとするからダメなんだよ、律は」ニコ

律「澪…そうだな、そうだよな…よーし決めたー!」

澪「き、急に大声を出すな!」

律「本物の武道館に行くまで、澪のこと許さないぞ!」

澪「はぁ!?なんでそうなるんだ!」

律「なんでもだー!ハッハッハッハ」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 14:28:46.98 ID:ONNSaTGQO




律「………という夢を見たのだ!」

澪「いやいや」

おしまい




関連記事

ランダム記事(試用版)




澪「律・・・お別れだ・・・」#2
[ 2012/04/02 14:54 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6