SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯『何でみんな無視するの?』#1

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯『何でみんな無視するの?』#1 【非日常系】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247336068/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:14:28.80 ID:9FXm45MPO


律「唯のやつ遅いな~」


澪「朝練のこと忘れてるんじゃないか?」


紬「朝はみんなで音合わせって決めたのに…」


唯『おはよ~みんな!遅れてごめんなさい!』


律「本当に遅い!…もう唯なしで練習しようぜ!」


唯『え…?みんなおはよ~…』


澪「じゃあ唯のソロパートは省略して音合わせやるか!」


紬「そうですね。」


唯『え…?』



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:15:14.28 ID:9FXm45MPO


ジャジャーーン
律「ふぅ…もうこれくらいでいいか!」


澪「だな。結局唯のやつ練習来なかったな」


紬「あとで教室にいってみましょうよ!」


唯『お、お~い…』


律「じゃ、解散!また放課後ね!」


唯『みんな無視しないでよ…』





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:16:22.21 ID:9FXm45MPO

教室
唯『はぁ…。みんな何で無視するんだろ…?やっぱり遅刻しちゃったからかな?』


和「唯のやつ今日は学校休みなのかな…」


唯『おはよ~!!』


和「もう朝のホームルーム始まる時間なのに、先生来ないな…」


唯『え…?』


唯『私みんなに避けられてる…』


唯『…………』



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:17:05.80 ID:9FXm45MPO

ガラガラガラ
和「あ、先生来た」

先生「…………」

先生「みんな落ち着いて聞いて欲しい…」


唯『先生…浮かない顔してどうしたんだろう?』


和「先生ー!平沢さん今日お休みですか?」


先生「そのことなんだが…」


唯『先生ー!私はここにいま…』


先生「平沢は今朝……」


先生「亡くなったそうだ」


和「………え……」

唯『………え……』



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:18:41.35 ID:9FXm45MPO

先生「今朝、学校に来る途中に交通事故で…」

和「…う…嘘でしょ…」

唯『私が……死…?』

先生「トラックにひかれて即死だったそうだ」


和「きゃあああああああ」

唯『今朝………トラック………』


唯『あ』

唯『思い出した』

唯『私』

唯『今朝』

唯『死んだ』

唯『…………』

唯『    』


おしまい。



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:27:07.39 ID:9FXm45MPO

今朝

憂「お姉ちゃん!早く起きないと朝練遅れるよ!」


唯「ムニャムニャ…いま何時…?」


憂「もう朝練が始まる10分前だよ!」


唯「…ええ!なんで起こしてくれなかったの!」


憂「何度も起こしたじゃない!」


唯「起きるまで起こしてよ!…まぁ今から走れば間に合うからいっか♪」


憂「もう…もっと早く起きればゆっくり出来たのに…」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:30:55.43 ID:9FXm45MPO


唯「いってきまーす!」ダダダッ


憂「いってらっ…あっ!お姉ちゃん!お弁当忘れてるよ!」


唯「あ!危ない危ない…これ忘れたら餓死しちゃ……」タタタッ


憂「お姉ちゃん!!赤信号だよ!」


唯「あ」

ギギイーー
ドンッ    グチャ


憂「お姉ちゃん!!」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:35:29.84 ID:9FXm45MPO


唯『………』

唯『早く学校行かなくちゃ!!』


憂「お姉ちゃん!お姉ちゃん!お姉ちゃん!お姉ちゃん!」


唯「    」グッタリ

憂「お姉ちゃん………。私があの時呼び止めなかったら……」


唯「    」


唯『うぅ…。絶対遅刻だ…。りっちゃんに怒られるだろうな…』ダダダッ


唯『へへっ…これからいっぱい練習して武道館ライブやってやるんだから!』ダダダッ



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:41:08.68 ID:9FXm45MPO

その日の放課後

律「…………」

澪「…………」

紬「…………」


律「………誰だよ」

澪「うん…?」

律「朝練しようって言ったの誰だよ?」

澪「…私だけど……」

紬「りっちゃん…?」

律「何で朝練なんかしようと思ったんだよ!」

律「今までみたいに放課後集まって、お菓子食べて、ワイワイお喋りして、帰りに寄り道して…」

律「…それでよかったじゃん!楽しかったじゃん!!何でそれが急に朝練なんだよ!?朝練がなきゃ唯は…」

紬「りっちゃん!!」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:48:25.33 ID:9FXm45MPO


紬「偶然だよ…?朝練の日に唯ちゃんが死んじゃったのは…」

律「死んじゃった、なんて言うな!!唯は……唯は死んでなんかいない」


紬「もっと現実をみて!いつまでも下ばかりみてちゃ唯ちゃんだって悲しむよ!
  もうりっちゃんだって大人なんだから分かるでしょ!?」


澪「うっ…うっ…」


律「分かんないよ!!分かんない!…なんで唯なんだよ…。なんで朝練なんかやろうとしたんだよ…」


律「帰る…」ガチャ


紬「りっちゃん!!」


澪「うっ……。私が……朝練なんか…やろうって…言わなければ…」

紬「澪ちゃんのせいじゃないよ?……今日はもう帰ろうか…」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:54:08.12 ID:9FXm45MPO

律の家

律「唯……。唯……。」


律「…私がムリヤリ軽音部に誘わなければ…」



澪の家

澪「え~ん」

澪「(私が朝練やろうって言わなければ…。唯があんなことになったのは……私のせいだ。)」


紬の家

紬「(私がいつもお菓子もってかないで、真面目に練習しておけば…)」



音楽室

唯『………』

唯『みんな…?私はここにいるよ…』

唯『みんなの悲しむ姿見たくないよ…』



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:01:08.04 ID:9FXm45MPO

次の日
音楽室

澪「…………」

紬「…………」

澪「…………」

紬「……りっちゃん来ないね?」

澪「………うん」

紬「電話……してみるね…」

澪「………うん」

プルプル…ガチャ
律《もしもし…》

紬「りっちゃん今日部活に来ないの?」

律《…行ってどうするんだよ?》

紬「…え?」

律《行ってどうするんだよ!?もう意味ないだろ?軽音部なんか…》

紬「そんな…もうこれで軽音部は終わりなの?唯ちゃんの気持ちも分かって……」
ガチャ ツー…ツー…
紬「りっちゃん…」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:05:48.65 ID:9FXm45MPO


澪「…私も帰るね」ガチャ

紬「………」

紬「………」

紬「唯ちゃん……」

唯『ここにいるよ?…私のせいで軽音部解散しちゃうの…?』


紬「…もうみんなバラバラ…」

紬「…………」


唯『ねぇ!!ここにいるってば!!…早く練習しようよ!!そんで武道館行こうよ!!』


紬「………」ガチャ


唯『…誰も気付いてくれない…』



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:12:55.32 ID:9FXm45MPO

次の日
学校

和「ちょっと!!誰よ!唯の机にお花置いたの!昨日も駄目って言ったでしょ!?」


生徒A「和ちゃん…?それは先生が…」


和「何で先生が?」


生徒A「な、何でって…唯ちゃんは一昨日…」


和「またその話!?…唯をいじめないでよね!まったく…変なデタラメ言って…」


生徒A「和ちゃん……」


和「もう唯ったら。また筆箱忘れたの?
  今日一日私の鉛筆貸してあげるから…。そのかわりしっかり勉強しなさいよ?」


和「え~!?じゃないでしょ!もうすぐテストなんだから……」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:17:41.06 ID:TqM1CyLCO

和・・・





36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:19:34.77 ID:9FXm45MPO

音楽室

紬「(やっぱり誰も来てない…)」


唯『………』


プルプル ガチャ
紬「もしもし、澪ちゃん?今日は部活来ないの?」

澪「…もう私…軽音部辞めるね…」


紬「………」


澪「私…私、もう音楽室には行けない…」

澪「音楽室に行くと、唯のこと思い出しちゃうから…」


紬「………うん」


澪「唯が入部してきた時…唯とギター見に行った時…唯とお菓子を食べた時…」

澪「唯が弦で指を切っちゃった時…唯が喉枯らしちゃって代わりに私がボーカルした時…」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:25:40.02 ID:9FXm45MPO


澪「唯が……唯が……!」

紬「…もういいよ。澪ちゃん…」

紬「きっと唯ちゃんも喜んでるよ?」


澪「……そうかな?」

紬「そうだよ!だってずっと人の事覚えてることって凄く大事でしょ?忘れられたら悲しいもん!」


澪「…むぎ……」


紬「だから…澪ちゃんの気持ちが落ち着いたらでいいから……また軽音部やろう……ね?」


澪「……うん!」

紬「うん!…じゃありっちゃんにも電話してみるね!」

澪「……むぎ。」

紬「ん?」

澪「…ありがとうね」

紬「うん!」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:33:44.42 ID:9FXm45MPO


プルル プルル プルル ガチャ
「おかけになった電話は電源が…」


紬「りっちゃん……」

紬「そうだ、この前の食器そのままだった…」


ジャーッ バシャバシャ
紬「…もうティーカップを洗うこともないのかな……」

紬「あ…」

紬「…このティーカップ、唯ちゃんの…」

紬「そういえば唯ちゃん、私の紅茶何回もおかわりしてくれたな…」

紬「このティーカップ……もう誰にも使われないのかな…」

紬「……みんな…」


紬「え~ん」


唯『みんな……。私の事で泣いている……』

唯『なんで私はいっつもみんなに迷惑かけちゃうんだろ…』



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:39:30.60 ID:9FXm45MPO

律の家

聡「姉ちゃん!いいかげん部屋から出てこいよ」ドンドンッ

律「………うるさい。」

聡「もう2日もご飯食べてないだろ!?」

聡「そりゃ平沢先輩のことは残念だけど……」


律「………うるさい。」

聡「今度は姉ちゃんが具合悪くなっちゃうだろ!
  学校は行かなくてもいいから、せめてご飯は食べようよ!」

律「………うるさい。」

聡「……姉ちゃん…」



律「……唯…。」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:46:25.18 ID:9FXm45MPO

病院
憂「    」


平沢母「憂!憂!」


憂「……ん…あれ?」


母「なんでこんなことするの!?」


憂「え…?」

母「こんな事なんかしても唯は喜ばないでしょ!」

憂「(あ…そっか私、手首切ったんだっけ…)」


憂「………」

憂「お母さん、ごめんなさい。」

母「…でも生きててよかったな…。唯も憂もいなくなったら私…」

憂「私、ちょっと屋上で風に当たって反省してくるね…」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:49:52.72 ID:9FXm45MPO

屋上

憂「…お姉ちゃん…」

憂「今から会いに行くね…」


唯『やめて憂!憂まで死んじゃだめ!』


憂「…お姉ちゃんみたいに天国に行けるかな…」


唯『お姉ちゃんはここにいるよ!!ここにいるってば!!やめてよ憂!』


憂「お姉ちゃん……」ヒュッ


唯『憂!』



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 04:52:50.67 ID:9FXm45MPO


唯『憂……憂……』


唯『まただ…私のせいで…みんなが苦しんで…』


唯『でも私は…みんなを慰めることも励ますこともできない……』


唯『……何も出来ない……』


唯『え~ん』



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 05:01:50.98 ID:9FXm45MPO

数日後

母「……本日はお忙しい中……」

紬「…お葬式終わっちゃったね…」

律「……うん」

澪「……うん」

紬「……もうすぐお別れだね?」

律「……うん」

澪「……うん」

プァーーーーー
律「……なぁ…最後ってあんな派手な車に乗せられるんだな…」

紬「…ええ…火葬場まで運ぶのよ…」

律「……そっか」

紬「(りっちゃん…。痩せこけちゃって元気なさそう…)」

律「なぁ…澪?」

澪「……うん?」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 05:06:25.71 ID:9FXm45MPO

律「この間はごめんな。朝練始めたせいだって言っちゃって…」

澪「うん。もう大丈夫だよ…」

紬「(良かった…。仲直りしたみたい。)」


火葬場

憂「………。」

紬「憂ちゃん…もうケガは大丈夫?」

憂「……はい。ちょうど花壇がクッションになったみたいで……」

律「…そっか。よかったな」

憂「きっとお姉ちゃんが守ってくれたんだと思います。」

澪「そうだよ。絶対。…いいお姉ちゃんを持って良かったな。」


憂「…はい!」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 05:12:24.45 ID:9FXm45MPO

母「…唯のお友達のみんな?最後のお別れお願い…」


唯「    」

律「唯……。なんだよ。私より綺麗な顔になっちゃって。」


律「唯といた時間…。楽しかったよ…」


紬「唯ちゃん……。私のお菓子喜んで食べてくれて嬉しかったよ?…」


紬「このティーカップ…。天国に持って行ってね」


澪「唯……。唯のこと絶対忘れないからな。」

澪「唯といた時間、景色、匂い、音…絶対、絶対忘れないから!」


和「なんで!?なんでこんな狭い箱に入れちゃうの!?」

和「ただ唯は寝てるだけだよ!?」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 05:24:58.94 ID:9FXm45MPO

和「唯は!……」

憂「和さん…」

和「唯は……」

和「…え~ん」

「ではこれでお別れを終わりにしたいと思います。」

律「唯…」
澪「唯…」
紬「唯…」

律「…唯!!今まで…!今までありがとうな!」

澪「…唯!!天国ではしっかりしなよ!!」

紬「唯ちゃん!!いつでもお菓子食べに来ていいからね!!」

和「唯!!」

「唯ー!!」
「唯ちゃん!!」


唯『はは……私もしかしたら今、世界で一番幸せ者かも…』
唯『みんな…ありがとう。律、紬、澪、和、そして憂…』
唯『本っ当にありがとっ!!』



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:08:06.98 ID:9FXm45MPO

次の日
音楽室

律「………音楽室ってこんなに広かったっけ?」

澪「……広いよな。広すぎる。それに静かだよ。」

紬「…思えば唯ちゃんのおかげで軽音部存続出来たんだよね…」


律「……これからどうする?」

澪「廃部になったら……唯悲しむだろうな…」

紬「…………」


律「…………」

澪「…………」

紬「…………」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:14:24.87 ID:9FXm45MPO

教室

和「……唯」

和「……そういえば、唯に出会ってから何年経つんだろう」

和「出会ってからこの間まではあっという間だったのに……」


和「…今は……唯が死んじゃった時から今日までとても長く感じる…」


ガラッ
先生「みんな。おはよう。…昨日はお疲れ様。」

先生「……あいついつも遅刻ばかりだったな…。今にも…」

和「先生…授業始めて…」

先生「お、おぅ……」


和「(ダメ、何かしてないと…)」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:19:53.25 ID:9FXm45MPO

唯の家

憂「お姉ちゃんのお部屋整理しなきゃ……。」

ガチャ
憂「…………」

憂「……まだ残ってる…」

憂「…この部屋にはお姉ちゃんの匂いが…」

憂「……ギターの本も開きっぱなし……」


憂「まだこの部屋には『お姉ちゃん』が残ってるよ…」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:25:51.29 ID:9FXm45MPO

音楽室

律「…なぁ、唯の家にいかないか?」

澪「………うん。」

紬「……そうだね。」


唯の家

ピンポーン
憂「あ…律さん、みなさん…どうぞ。」


仏壇前

律「唯……」
律「正直まだ実感がわかないな…。ちゃんとお別れしたのにな……」

澪「…私も…」

紬「…………」


憂「皆さんありがとうございます。」

憂「…きっとお姉ちゃんも喜んでると思います…。」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:33:19.29 ID:9FXm45MPO

数ヶ月後

軽音部のみんな、クラスのみんなは少しずつ、悲しみから癒えていった……



音楽室

律「よーしっ!新学期が始まったな!」

澪「新入生入ってくるといいな!」

紬「そうですね。」


コンコン
梓「あのー…ここ軽音部ですか?」


律「きたーー!」

澪「入部希望ですか?」

紬「その持っている楽器はもしかしたらギターですか!?」


梓「は、はい!前からギター習ってたんで…」

律「おお!弾いてみてよ!」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:36:40.08 ID:9FXm45MPO


律「どうせなら私たちと一緒にやってみようよ!」

澪「だなぁ…。しばらく合わせてやってなかったもんな……」

梓「ギターの方はいらっしゃらないのですか?」

律「あ………うん…」

紬「え、えぇそうよ。とりあえずやってみましょう!」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:44:06.62 ID:9FXm45MPO


チャチャ♪チャーン♪

律「………。」

律「………違う。」

梓「えっ?」

律「…こんなの軽音部じゃない…」

澪「おい律!一年生の前で……」


律「みんなもそう思ってるだろ…?……やっぱり唯がいなきゃ…」

紬「りっちゃん!いつまで言ってるの!?」

紬「…そりゃ確かに前と違うけど……」

律「……そうだよ。違うよ!違うけど…」

律「うまく言えないけど……なんか変だよ!!」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:48:35.92 ID:9FXm45MPO


律「だって!他のクラスの奴らなんて、何にも変わってないじゃん!!」


律「私達は唯が死んでから今までずっと……苦しかったじゃん…」


律「なのになんで周りの関係無い人は普通に生活していくの!?」


律「そんなの…そんなのズルいよ!!」



梓「先輩……。」


紬「りっちゃんの言うとおりだよ。」

律「むぎ……」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:53:24.70 ID:9FXm45MPO


紬「確かにズルいよね?……確かに1年生が加わって新しくなるのも変だよね…?」


紬「でもさ、それは私達が唯の近くに居たからだと思うんだ。」

紬「私だって今は悲しいよ?
  ……でもニュースとかで戦争の話聞いても、
  悲しい気持ちなんて一瞬だもん。関係ないから。」


紬「でも関係ない人達より、私達は唯と楽しい日々をすごせたじゃない?」


律「楽しい日々…?」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 10:59:27.64 ID:9FXm45MPO


紬「そう。今は苦しいけど、それは唯がいた時が楽しすぎたからだよ。」


澪「唯……」

律「そっか…」

紬「だから、だからその楽しい日々に
  少しでもいいから近づけるように……新しくなる必要があるんだよ。」


律「そっか……グスン」

律「ごめんな?梓…」

梓「い、いえ。私は今から軽音部に加わります。」

梓「その唯先輩みたいにみんなから愛される人になるように頑張りたいです!」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 12:49:52.75 ID:9FXm45MPO

澪「おっ!気合い入るな~」

紬「では今日から新軽音部ということで円陣くみましょう!」


律「いくぞ!みんな!…えい!えい!」


みんな「「おぉーっ」」


コンコンッ
憂「し、失礼します…」


律「あれ?憂ちゃんじゃないか?どうしたー」


憂「実は…軽音部に入ろうと思いまして…」

澪「憂ちゃん…。今は大丈夫なの?」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 12:50:59.32 ID:9FXm45MPO

憂「はい。もう大分落ち着いてきました。」


梓「(あの子同じクラスの…。リストバンドつけてる子か…)」

律「でもなんで軽音部に入ろうと思ったんだ?」


憂「はい…実はお姉ちゃんの遺品を整理してたらギー太が出てきて…」


憂「事故の時にお姉ちゃんが無意識にかばったらしく、無傷で済んだんです。」


澪「そっかぁ…。唯はギー太を大事にしてたからな…」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 12:53:31.25 ID:9FXm45MPO

憂「だから…私もお姉ちゃんのギターで、お姉ちゃんの代わりに夢を叶えてあげたくて…」

律「本当にしっかり者だな!」

紬「じゃあもう一度円陣組みましょう!」


みんな「「おぉーっ!」」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 13:00:20.74 ID:9FXm45MPO

和の家

和「唯!………うっ唯!」



和「私……うっ……もうどうしたらいいか分からない…」


和「唯がいない人生なんて………考えられない……信じられないよ……」


和「唯……!」


和「今すぐ会いたいよ…」


和「あ……なんだ…簡単に…会いに行く方法があるじゃない………」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 13:08:01.66 ID:9FXm45MPO

次の日の朝
駅のホーム

和「(唯……唯……)」

アナウンス「…一番ホームに電車が来ます。黄色い線の…」ガタンゴトンッ


和「唯…!」ダッ


キキィーーーッ!
ドンッ ズズズズ……



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:03:30.95 ID:9FXm45MPO

唯「うー…ん」

紬「熱が下がりませんね~」

唯「うーん、たくわん…はっ!」

紬「あ、すみません、起こしちゃいました?」

唯「あれ?私生きてる?…」

紬「何言ってるの?夢でも見てたのかしら…」

唯「夢………?」

唯「良かった!?むぎちゃん!私生きてる!」

紬「ただの風邪なのに大袈裟よ…」

唯「だって夢の中で私が交通事故で死んじゃう夢見たんだもん!!」

紬「そうなんだ…。まぁ…トラックは危ないからね…?」

唯「そうそう…私トラックに……って、私トラックの事なんかむぎちゃんに話したっけ」

紬「あ……」

唯「え……?」


おしまい。



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:07:24.86 ID:9FXm45MPO


紬のセリフ間違えた。
ただの何故なのに
じゃなくて
ただの風邪なのにで!!

こんな夢落ちしか思いつかなかった!




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:05:43.00 ID:boZ8hfKM0

( ゚д゚ )



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:06:21.80 ID:Uh/tX0vs0

( ゚д゚ )




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:07:48.07 ID:Uh/tX0vs0

( ゚д゚ )





118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:08:50.12 ID:9FXm45MPO

ああ見ないで…
恥ずかしい…




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:09:00.61 ID:Uh/tX0vs0

( ゚д゚ )



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:10:12.90 ID:Uh/tX0vs0

( ゚д゚ )



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:12:15.99 ID:Uh/tX0vs0

(゚Д゚)( ゚д゚ )




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:20:46.17 ID:r4PuoqpbO

夢オチは禁じ手



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 14:24:43.99 ID:m/a3vfxDO







関連記事

ランダム記事(試用版)




唯『何でみんな無視するの?』#1
[ 2012/04/03 11:59 ] 非日常系 | | CM(2)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:6172 [ 2012/04/03 15:53 ] [ 編集 ]

こんなクソSS書いてて楽しい?

タイトル:
NO:6173 [ 2012/04/03 23:14 ] [ 編集 ]

変な口調と、夢落ちがなければ…

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6