SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯『何でみんな無視するの?』#2

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯『何でみんな無視するの?』#2 【非日常系】


http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1247336068/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:14:28.80 ID:9FXm45MPO


律「唯のやつ遅いな~」


澪「朝練のこと忘れてるんじゃないか?」


紬「朝はみんなで音合わせって決めたのに…」


唯『おはよ~みんな!遅れてごめんなさい!』


律「本当に遅い!…もう唯なしで練習しようぜ!」


唯『え…?みんなおはよ~…』


澪「じゃあ唯のソロパートは省略して音合わせやるか!」


紬「そうですね。」


唯『え…?』



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/12(日) 03:15:14.28 ID:9FXm45MPO


ジャジャーーン
律「ふぅ…もうこれくらいでいいか!」


澪「だな。結局唯のやつ練習来なかったな」


紬「あとで教室にいってみましょうよ!」


唯『お、お~い…』


律「じゃ、解散!また放課後ね!」


唯『みんな無視しないでよ…』





287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:37:07.20 ID:KEkneqaa0

唯「おーい!おおおーい!!」

ノシ

ガラガラ・・・ピシャッ

唯「・・・反応がない・・・三人とも出ていっちゃったし」

唯「・・・もしかしてあたし、透明人間になっちゃったんじゃ・・・?」

唯「・・・ってことは、今までやってみたかったことやり放題?」

唯「・・・!!ひゃっほーい!」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:38:06.05 ID:KEkneqaa0

~音楽室前階段~

澪「なぁ律、そろそろネタばらししてやってもいいんじゃないか?」

律「そうだな。唯もこれで懲りただろうし、もう一度音楽室に戻って・・・」

ヒュンッ

澪「!?・・・今の残像は・・・?」

紬「ゆい・・ちゃん・・?」

律「もしかして・・・あいつ何か勘違いしてるんじゃ・・・」



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:38:47.88 ID:KEkneqaa0

~inギター屋~

唯「よっしゃ来ますたー!」

唯「まずは定番の万引きだよね☆」

唯「ギー太が壊れたときの為に、新しいギター2~3本もらっておこー!」

唯「~♪これかな~♪あとこれも~♪」



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:40:46.50 ID:KEkneqaa0

唯「あ!これって、周りの人にはどう見えてるんだろ・・・」

唯「ギターが空中に浮いてる・・・?」

唯「じゃあバレちゃうじゃん。。。」



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:41:41.53 ID:KEkneqaa0

唯「・・・いやまてよ。」

唯「もし私自身のみが透明になるのであれば、
  部室についたとき『みんなは空中に浮いた制服を目撃した』はずだ。」

唯「だが、部室のみんなは『そんな様子はみせていなかった』んだ!!」

唯「だとすれば、私の能力(スキル)は
  私の持っているものも同時に透明化できる型(タイプ)だと思われる・・・。」

唯「ならばこのギターも、今!私が所持している時点で透明化したはず!」

唯「ふははははははははははは!!!!我、ここに人類を超越するっ!ふはははははははははは!!!」

唯「さー!さっさとお店をでよー☆」



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:44:11.98 ID:KEkneqaa0

店員A「ちょっ・・・!お客さん!!おかいk。。。モゴモゴ」

店員B「ばかっ!あの子は紬お嬢様のお友達だぞ!!万引きなわけないだろ!!」

店員A「でも、なんか頭おかしっ。。。モゴモゴ」

店員C「やめろっ!!それ以上しゃべるな!!・・・どこで『聴かれて』いるかわからない・・・っ」

店員B「・・・お嬢様のお友達を万引き扱いしたり、池沼扱いしてみろ!!どうなることか・・・」

店員A「・・・ゴクリ」

店員B「お前も聞いたことがあるだろ・・・っ!琴吹家の・・・っ『地下』の噂を・・・っ!!」

全店員 ざわ・・・
      ざわ・・・

店員C「・・・(突然むせび泣く)」

店員B「・・・幸いお客さんもいないし、隠し通せそうですが・・・」

店員A「隠し通すなんて・・・甘いもんじゃあ、ない・・・!

店員A「このことは他言無用だ・・・っ!さもなくば・・・死っ・・・!死以上の、恐怖・・・っ!!」

店員A「わかったか・・っ!!!クズども・・・っ!!」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:45:19.54 ID:KEkneqaa0

~平沢家前~

唯「さーて、今日はご都合主義的に憂の学校休みだし」

唯「今までしてみたかった、『憂を徹底的に困らせる』を実行してみるかな~☆」

唯「・・・まてよ・・・。」

唯「わたしは透明でも、音まで無音化できるとは限らない・・・」

唯「そーっと進入した方がいいかも・・・」

カチャ・・・



296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:46:20.51 ID:KEkneqaa0

~in平沢家~

唯「(・・・いた!!いいとも見てる!!)」

唯「(絶対家事か勉強してると思ったのに・・・)」

憂「ん~・・・こんな三流グラビアより、お姉ちゃんのが絶対可愛い・・・」

唯「(よっしゃ!まずここは一つ・・・)」

唯「じゃじゃーん!透明人間参上!!見えないけどーw」

憂「・・・!?おねぇ・・・っ」



297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 01:47:20.79 ID:KEkneqaa0

ここで憂はにわかに悟った。


もしかして、愛する姉は自分が透明人間になったと勘違いしているのではなかろうかと。

そして、小脇に抱えた新品のギターを見て、『姉が道中なにを行ったか』まで悟った。

そして、その店なら多少のお茶目は沢庵の力でどうにかなるということも、理解していた。

重要なのは『いかに姉の夢を壊さないか』である。



301 名前:ケータイから>>297続き:2009/07/13(月) 01:54:15.58 ID:U6I2WHI7O

憂「おねぇ・・・ちゃんの声を真似しているな!?透明人間!!ずるいぞ!!」

唯「(声は変わってなかったのか・・・。まぁいいや。だませてるみたいだしw)」

唯「ふはははは!我こそが透明人間である!!
  これから申す我の命令に逆らうと、姉が学校でピンチになるぞー!」

憂「(申すは謙譲語だよ、お姉ちゃん・・・。そんなところが・・・ポ)」

憂「なんだってー!・・・お姉ちゃんを人質にとられたー!逆らえないー!」

唯「ふはははー!さあ、まずは・・・・」



306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 02:09:23.62 ID:KEkneqaa0

唯「・・・」

憂「・・・?」

唯「(・・・何言ったら憂困るんだろ・・・。思いつかない・・・)」

憂「(・・・お姉ちゃん、命令を思いつかないんじゃ・・・)」

唯「・・・」

憂「・・・」



307 名前:続き:2009/07/13(月) 02:10:42.92 ID:KEkneqaa0


~そして時は動きだす・・・~



唯「(お腹へったなぁ・・・。そうだ!)」

唯「よ、よーし!(声裏返った(焦))まずは第一の命令だー!」

憂「な、なんだー!」

唯「我のために、ご飯を作ってくだs・・・じゃない作れー!」

憂「(お姉ちゃん、お昼まだなんだね・・・。空腹のお姉ちゃんもくぁあいいよ~(はぁと )」

憂「しょうがない!!今からすぐにチャーハンを作るから、お姉ちゃんには手を出さないでくださいー!」

唯「(やった!憂のチャーハン♪絶品チャーハン♪)」



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 02:16:57.13 ID:KEkneqaa0

~10分後~

唯「(今日のテレフォンは裸で何が悪いの人~♪)」

憂「出来たよー・・・ジャナクテ・・・出来ましたー」

唯「(いいともに夢中になってた)・・・!?は、はやいな・・・」

憂「お姉ちゃんの命が懸かってますから!!(これで気づいてお姉ちゃん!私の気持ちに!!)」

唯「(ピンチって言った気が・・・。殺すとか言ったかなぁ・・・)」

唯「う、うむ!家族は大事だしな!」



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 02:27:25.08 ID:KEkneqaa0

 実  食  !  !
 

唯「はむっ!はふっ!」

憂「(チャーハン食べてるお姉ちゃん・・・可愛い)」

唯「はむっ!はふっ!」

憂「(お姉ちゃん・・・はぁ・・・(吐息))」

唯「・・・うむ、おいしかったぞよ」

憂「(ぞよ・・・?)あ、ありがたき幸せー!(これは本音w)」

唯「むー・・・じゃあ、次はだな・・・」

唯「・・・」

憂「・・・ゴクリ」



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 02:33:39.06 ID:KEkneqaa0

唯「(・・・お腹いっぱいになったら眠くなってきちゃった・・・)」

憂「(お姉ちゃんは今、満腹で眠くなってるはず・・・よし!ここは!!)」

憂「と、透明人間さん!!」

唯「な、なんじゃぞよもし!?(突然びっくりしたー・・・)」

憂「透明人間さんは、多分男の方だと思いますが、」

唯「(しゃべり方変えたの大成功www)そ、そうであるが?」



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 02:41:20.73 ID:KEkneqaa0

憂「私の膝枕なんて命令はどうでしょうか!!!」

唯「(女子中学生の膝枕・・・。もし男の子なら、飛びつく条件だよね・・・)」

唯「よ、よーし!我は若い女が大好きだから、特別にお前を枕にしてやるぞー!」

憂「(キターーーーー!!神様ありがとう!!!)透明人間様に、私の純潔(初膝枕)を捧げますー!」

唯「うむ!これで姉の心配はせずともよいぞな!」

唯「(ちょうど眠かったし・・・。いっか・・・)」

唯「じゃあ、ちょっとこっちにこいー!」

憂「はいはーい(悦)・・・っとアブナイ・・・透明だから見えないです!!」

唯「(そうだった!!危ない危ない・・・)」

唯「じゃあ、我がそこに行くから、座ってまってろー!」

憂「(うへへ・・・ジュルリ)」



314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 02:46:51.23 ID:KEkneqaa0

ポスン

憂「(こ・・・これが・・・!!)」

唯「(やわらかい・・・ムニャムニャ)」

憂「(夢にまでみた・・・!!)」

唯「スー・・・スー・・・」

憂「(お姉ちゃんとの零距離!!!!)」

唯「ムニャ・・・」

憂「(憂は今、お姉ちゃんと一つです!!)」

憂「(悦)」

憂「・・・(お姉ちゃん、完全に沈黙しました!!!)」

憂「(憂、イッちゃいますぅぅぅぅぅ!!)」



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 02:49:38.92 ID:KEkneqaa0

唯「ムニャ・・・うい~・・・」

憂「!?(寝言・・・!?)」

唯「大好きだよぉ~・・・スー・・・」

憂「(焦点の定まらぬ目で完全に昇天)アヘヘ・・・」

唯「りっちゃんもみおちゃんもむぎちゃんもさわこせんせーも大好きだよぉ~・・・」

憂「・・・(現実へリターン)」

唯「一番・・・?一番は・・・」

憂「(ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ)」

唯「う・・・」

憂「(ぉぉぉあぁこぉぉwぁおlをあくぁうぁおぁぁぁあああああ!!!)」



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 02:55:46.90 ID:KEkneqaa0

唯「うどん・・・」

憂「(ああああぁぁぁぁぁぁぁ。。。今度うどん茹でてあげよ・・)」



その後、憂は悦ったりイッたりアヘ顔になったりしながら、
姉との有意義な時間を過ごした。
久しぶりに姉を独占できた憂は、まぁ、言わずもがな。



318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:02:40.53 ID:KEkneqaa0

そして午後5時

ピンポーン

憂「(ちっ・・・奴らか・・・)」

憂「(お姉ちゃん、今の音で都合よく寝返りうつし・・・)」

憂「・・・(出るか)」

憂「はいはーい」

ガチャ

律「あー、憂ちゃん・・・?」

澪「唯、帰ってきてないかな・・・?」

憂「今、寝てます。・・・何があったんですか・・・?

紬「実は・・・」



319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:07:49.56 ID:KEkneqaa0

三人は経緯を説明した。
そして心の底から謝った。憂の目が時折マジになっていたからだ。
まさに狩るものの目、守護者の目であった。

次いで、憂もうまく姉を騙し通せたことを三人に話した。

律「さすが憂ちゃん・・・」

澪「つくづく、もったいない・・・」

憂「・・・でも、お姉ちゃん、目を覚ましたら・・・」

律「そうだなぁ・・・流石に透明人間は・・・なぁ?」

澪「でも、何をどうやって本人に話せば・・・」

紬「・・・では、ここは一つ・・・ゴニョゴニョ」

憂「・・・それしか」

澪「・・・ない」

律「・・・みたいだな」


ミッション・スタート!



321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:21:43.35 ID:KEkneqaa0

唯「・・・ふぁーあ・・・よく寝た・・・」

憂「あれ?お姉ちゃん起きた?もう体大丈夫?」

唯「あれ・・・透明人間に・・・」

憂「?何のこと??」

唯「だからあたし、透明人間に・・・」

憂「お姉ちゃんったら、まだ寝ぼけてるのー?」

唯「??」

憂「でもその様子なら、もう熱はないみたいだねー」

唯「どゆこと??」

憂「お姉ちゃん、朝すごい熱だして、下に降りてきたと同時に倒れちゃったんだよ」

唯「・・・?」

憂「もー。お姉ちゃんの服を着替えさせるの、大変だったんだからー!」



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:26:21.55 ID:KEkneqaa0

唯はそこで、自分がパジャマを着ていることに気がついた。
そうか、自分は高熱で倒れたのか。
たしかに、万引きしたはずのギターはどこにもない。
そもそも、透明人間なんてなれるわけがない。

唯「・・・夢、みたんだ」

憂「ん?どんなー?」

唯「・・・恥ずかしくて言えない///」

憂「そっかー。」

ピンポーン

憂「あ、お客さんだー。出てくるねー」

タッタッタッ・・・

ガチャ



323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:30:05.15 ID:KEkneqaa0

律「おーっす!」

澪「元気になったかー?」

紬「はい、お見舞いにマドレーヌを持ってきました」

唯「み、みんな・・・!」

澪「今日、唯こなかったから心配したんだぞー!」

律「そーそー。おバカでも風邪ひくんだなってww」

唯「り、りっちゃんに言われたくないよー!」

紬「あらあらまあまあ!唯ちゃん、元気になったみたいでよかったわ」

澪「そーだな。律とそんだけ言い合えれば、明日は学校これるな」

律「明日から、またキツーイ練習だからなw」

澪「こら!律!」

紬「うふふ。おいしいケーキも用意しておくわね」



324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:32:49.19 ID:KEkneqaa0

憂「みなさん、せっかくですし、紅茶を淹れたんで飲んでいってください」

律「今日は音楽室でティータイムできなかったからなーw唯んちでティータイムだ!」

澪「わ、悪いよ憂ちゃん・・・」

憂「お姉ちゃんならもう大丈夫みたいだし、頂いたマドレーヌ、一緒に食べませんか?」

紬「うふふ。そうなると思って、マドレーヌ以外にも持ってきてるわ」


そんなこんなで、5人は楽しいティータイムを過ごした。



325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:41:12.65 ID:KEkneqaa0

作戦は以下の通りであった。

ギターは紬・澪・律が三人で返しに行った。
紬が電話すると、1分と経たずにリムジンが平沢家の前に到着した。
紬は自分一人で大丈夫だと言ったが、澪が三人で行くことを提案。
自分たちのせいでお店に迷惑をかけたんだから・・・という理由だ。
最も、紬が一言「・・・地下」と言うと、
澪と律が謝罪する前に店員は皆土下座しだしたので、万引きに関しては澪の杞憂に終わった。

その間、憂は姉の制服を(涎を垂らしながら)脱がし、
パジャマを着せていた。
紬から執拗に着替えシーンをビデオカメラで写しておくよう頼まれたが、
憂は丁重にお断りしておいた。

姉の生着替えを見るは、妹の特権だからだ。


最も幸いだったのが、唯は朝連のため音楽室に直で来たらしく、
校内で彼女を見たものは軽音部の3人のみだったことだ。

朝の職員会議の時間と被り、
なおかつ普通の生徒はまだ登校してこない時間だった。

結果として、唯に「夢を見ていた」と勘違いさせ、
学校にも憂の連絡が遅れたという事後報告で対応できる。



326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:42:54.83 ID:KEkneqaa0

唯「(夢・・・かぁ・・・)」

唯「(・・・でも、もし本当に透明人間になれたら・・・)」

唯「(次は電車内で脱糞でもしようかなぁ・・・)」



END




329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 03:50:57.19 ID:tpZiZtU20

何故脱糞までしなかった
とりあえず律可愛い
そして乙



330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 05:14:38.57 ID:YH87qv260

良いほのぼのだった



334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 08:58:04.76 ID:XhDl91RAO

乙!



335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 10:01:51.35 ID:WsL3JXz/0

寝起きにこんなスレを開いてしまうとはwww
しかし乙



336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 11:37:45.95 ID:Fmq0GrFUO

こういうほのぼのとしたけいおんもいいな



337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/13(月) 11:46:05.83 ID:U6I2WHI7O

けいおん!ってほのぼのした話だった気が…






関連記事

ランダム記事(試用版)




唯『何でみんな無視するの?』#2
[ 2012/04/03 12:01 ] 非日常系 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6