SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  唯「それでも私はやっていない」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「それでも私はやっていない」 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1257825670/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:01:10.83 ID:4lonla6NO

律「あ~、くそっ前髪邪魔だな…ヘアピンどこで無くしたんだろ」

律「ヘアピンないから家で居ようって思ってたら
  母さんったら買い物頼んでくるし、そんなのは聡にやらせればいいのに」

律「あ、新刊出てる、そういえば今日発売日だっけ……えっと所持金はっと…」

律「げっ、20円しかない、しかも買い物で渡されたお金はちょうどの金額だし~」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:04:29.90 ID:4lonla6NO

律「この本ってここら辺じゃこの店にしかないんだよな……」

「あ~!あったあった」

律「や、ヤバいこのままじゃ売り切れる」

律「だ、誰も見てないよな」

律「…………よし!」ダッ



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:06:11.84 ID:4lonla6NO

律「……っ……はぁ…はぁ…はぁ…はぁ」

律「お、お金は今度渡せばいいよな……
  万引きしたわけじゃなく先に商品もらっただけでお金は後で渡すからいいよな」



律「ただいま~買い物の袋台所に置いとくから」

律「さて…読みますか」



律「ぷっ、やっぱりおもしれーな……ぷぷ」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:07:39.84 ID:4lonla6NO

--教室--

ヒソヒソ ヒソヒソ

「ねぇ知ってる?」

「何々?」

「同じクラスの平沢さんなんだけどぉ」

唯「おはよ~」ガラガラ

「……噂をすればってね」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:08:22.90 ID:4lonla6NO

「ねぇ平沢さん」

唯「ん?」

「平沢さんって万引き犯なんでしょ?」

「うそ~!マジなの?」

「平沢さんって犯罪者なんだぁ…同じクラスに犯罪者がいるって恐いよね」

唯「え?え!?」

「私の友達が昨日本屋さんで平沢さんが漫画盗んでるの見たんだよね、ほら写メ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:10:13.43 ID:4lonla6NO

「本当だ~これ平沢さんだよね?」

「うんうん、これは平沢さんだよ」

「じゃあマジなんだ~犯罪者とか死ねばいいのに」

「ほんとほんと」

唯「ち、違うよ!!ほら!この写メ後ろ姿しか写ってないよ!?」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:12:18.29 ID:4lonla6NO

「じゃあ○時の時にどこで何してたの?」

唯「そ、それは…」

「言えないの?」

唯「1人で外をぶらぶら」

「あやしい~やっぱり平沢さんなんじゃないの?」

唯「ちがっ」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:14:39.34 ID:4lonla6NO

「喋らないでくれる?万引き犯さん」

「死ねよ犯罪者」

「今後平沢さんの事無視するからそのつもりで~」



唯「ちがっ…ヒック…ヒック…違うのにぃ~違うのにぃ~ヒックヒック」

「やだ~犯罪者のくせに泣いてるわ」

「きも~い」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:17:53.52 ID:4lonla6NO

律「おはよう」ガラガラ

「田井中さんちょっといい?」

律「何?」

「いいからいいから、ちょっと来て」



律「唯が万引き犯!?」

唯「……っ」ビクッ

「そうなのよ、ほら」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:20:04.41 ID:4lonla6NO

律「(げ、これって私じゃあ……ん?唯?)」

「ね、平沢さんでしょ?」

「そうだ!平沢さんは否定してるみたいだけど
 平沢さんと仲のいい田井中さんならこの写メが平沢さんかどうかわかるんじゃない?」

律「えっ!?」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:24:25.85 ID:4lonla6NO

「ほらほら田井中さん、どうなの?」

律「えっと……(どうしよう、ここで唯って言えば犯人探しが始まっていずれは私に………)」

唯「(りっちゃんは私の味方だよね?)」

律「(ゴメン、唯)これは唯だな、私にはわかるよ…うん、間違いなくこれは唯だな」

「聞いた~!?」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:25:59.63 ID:4lonla6NO

「うん聞いた聞いた、やっぱり平沢さんなんだ」

「ほら!何とか言えば犯罪者!」

「犯罪者!犯罪者!」
「犯罪者!犯罪者!」

唯「ちがう、ちがう……私本当にやってない……りっちゃん信じてよ!!それ私じゃないよ!?ねぇ!!」

「田井中さんを巻き込むのはやめなよ」

「犯罪者のくせに何田井中を巻き込もうとしてるの?」

「田井中さん可哀想」

「田井中いこうよ」
律「あ、ああ…」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:27:20.40 ID:4lonla6NO

唯「ヒック…ヒック…ヒック」

律「なぁ、唯ちょっといいか?」

唯「……ヒック…ヒック…何?」

律「ちょっとここじゃ何だから外でな」
唯「うん」



律「ゴメン!!」

唯「え!?何なの?りっちゃん」

律「実は………」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:29:19.67 ID:4lonla6NO

律「……ってわけなんだ、スマン!!」

唯「……何…それ」

律「ゴメン!どうしても読みたかったから」

唯「じゃ、じゃあ私はりっちゃんのせいでみんなから犯罪者呼ばわりされたの!?
  りっちゃんのせいでみんなからイジメられたの!?」

律「だからゴメンって」

唯「謝っても遅いよ!?それよりも早くクラスのみんなの誤解を」

律「……それなんだけどさ」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:31:48.12 ID:4lonla6NO

唯「………今なんて?」

律「だからこのまま唯が犯人って事にしてくれないかな?
  みんな唯が犯人って思ってるんだし、唯ならそういの馴れてるだろ?」

唯「何それ?馴れてるってなに?」

律「だからその…」

唯「ふざけないでよ!?もういい!!りっちゃんとはもう絶交する!!けいおん部もやめるから!!」

律「ゆ、唯!」

唯「じゃあね!!」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:36:02.37 ID:4lonla6NO

唯「…………」ガラガラ

「犯罪者のお帰りだ~」

「また万引きしてきたの?」

「キャハハ早すぎでしょ」

「でも平沢さんならあり得るかも」

唯「…………」



紬「おはよう」ガラガラ

唯「ムギちゃ!」

「琴吹さん、ちょっとちょっと」

紬「何かしら?」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:41:46.37 ID:4lonla6NO

「実はぁ………」

紬「嘘でしょ!?唯ちゃんが万引きなんて」

「でも田井中さんがそうだって」

紬「りっちゃんが?」

律「……そうなんだ、信じられないのはわかるけど唯は万引きを……」

紬「唯ちゃんの口から直接聞いたの!?」

「…それは」

「でも…ほら、写メあるよ」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:42:42.94 ID:4lonla6NO

「でも田井中さんが……」

紬「でもまだ唯ちゃんかどうかわからないでしょ!!
  本人の口から聞いたわけじゃないのにむやみに疑うのはよくないわ」

「それは…」

「…そうかも」

「どうしよう?私平沢さんに酷い事…」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:45:05.40 ID:4lonla6NO

律「(どうする!このままじゃ………そうだ!?)私聞いたよ」

律「私さっき唯に聞いて確かめたら万引きしたって」

紬「……うそ」

律「どうしても読みたくて万引きしたって……さっき聞いた」

「な~んだやっぱり平沢さんじゃん」

「私犯罪者にちょっと気を使っちゃったよ」

「私も私も」

紬「そんな………本当に唯ちゃんが…」

「琴吹さんも平沢さんと関わるの止めた方がいいよ」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:48:13.60 ID:4lonla6NO

唯「ムギちゃん!ムギちゃん!」

紬「……………」

唯「ムギちゃん?」

紬「……………」

唯「なんで無視するの!?」

紬「ごめんなさい平沢さん、私に話しかけないでくれないかしら?」

唯「む、ムギちゃん?」

紬「気安くムギちゃんって呼ばないで!!私唯ちゃんの事信じてたのに!!」

唯「そんな!違うのに!!違うのムギちゃん!!」

紬「じゃあね平沢さん」

唯「ヒック…ヒック…違う…違うのに…ヒック違うのにぃぃ」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:51:48.55 ID:4lonla6NO

「そ~れっ」シュッ

唯「…っ」

「当たった当たった~」

「次私ね…えい!」

唯「ったぁ」

「いえ~い」

「ゴミはゴミ箱に捨てないとね」

「私達って偉~い」

唯「………うぅぅ」

「やだ~平沢さん泣いてる?」

「犯罪者でも泣くんだぁ」

唯「…ヒック…ヒックうぅぅ…ヒック」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 13:56:08.13 ID:4lonla6NO

唯「和ちゃん!」

和「唯じゃない、部活はどうしたの?」

唯「(和ちゃんまだ知らないんだ)えへへ~辞めちゃった」

和「辞めちゃったって…唯本気なの?」

唯「ほら私って何かに夢中になると周りが見えないぐらいに熱中するけど
  急に冷めたりしたでしょ?それが来たんだ~」

和「嘘言わないの、あんなに楽しそうに歌ったりしてたのに
  つまんなくなったなんて………けいおん部で何かあったの?」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 14:00:35.14 ID:4lonla6NO

唯「何にもないからっ!」

和「ど、どうしたの?」

唯「ゴメン和ちゃん…でも本当に何にもないから、ただ飽きちゃっただけなの」

和「……唯」

唯「そうだ!和ちゃん今日はこのあと予定ある?」

和「今日は生徒会の仕事ないから特にはないけど」

唯「じゃあ帰りにお茶していこうよ~いいでしょ和ちゃん」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 14:07:45.38 ID:4lonla6NO

和「(何があったかは知らないけど幼なじみとして放っておけないわ)いいわよ唯」

唯「わ~い和ちゃんだ~い好き」

和「はいはい」



唯「う~んどれにしようかな」

和「唯決まった?」

唯「ん~と…これかこれで迷ってるんだけど…」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 14:11:46.32 ID:4lonla6NO

和「じゃわ私がそっち頼むから唯は違うのを頼めばいいわ、後で変えっこしましょ」

唯「いいの!?」

和「えぇ」

「お待たせいたしました○○で御座います」

唯「美味しそ~」

和「食べましょ唯」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 14:16:48.27 ID:4lonla6NO

唯「ごちそうさま~美味しかったね和ちゃん」

和「どっちも美味しかったわね、変えっこして正解だわ」

唯「流石和ちゃんだね」

和「それじゃあ次どこに行く?」

唯「和ちゃん?」

和「あら、久しぶりに唯と2人で遊べるって思って期待したんだけどもう帰るの?」


唯「ううん!!遊ぶ!!今日は和ちゃんといっぱい遊びたい!!」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 14:21:21.01 ID:4lonla6NO

和「じゃあ久しぶりに家に来ない?」

唯「和ちゃんの家に?」

和「ダメ?」

唯「行く!!行きたい!!和ちゃんの家に行きたいです!!」

和「ゆ、唯そんなに叫ばなくても…」

唯「えへへ~」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 14:35:52.05 ID:4lonla6NO

--部室--

梓「あれ?唯先輩今日は休みですか?」

澪「律、唯はどうしたんだ?」

律「それは…」

紬「みんなに聞いて欲しい事があるの」

律「ムギ!」

澪「?」

梓「何ですか?ムギ先輩」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 14:37:05.16 ID:4lonla6NO

紬「唯ちゃんの事はみんなにも言っておいた方がいいと思うの」

梓「唯先輩がどうかしたんですか?」

紬「それが……」



澪「そんな!?唯が万引きなんて」

梓「信じられません…唯先輩はそんな事する人じゃありませんっ!!」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 14:39:05.59 ID:4lonla6NO

紬「私も信じられなかったけどりっちゃんは唯ちゃんから聞いたらしいの」

澪「本当なのか!?」

梓「どうなんですか律先輩?」

律「あ、いや…その…………ほ、本当」

澪「そんな…」

梓「……うそ」

紬「私もショックだったけどこれが現実なのよ」

澪「唯……」

梓「ヒック…ヒック…そんな…唯先輩が万引きなんて……ヒックヒック」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 15:03:07.97 ID:4lonla6NO

和「はいお茶」

唯「ありがとう和ちゃん」

和「何する?」

唯「ん~とね…あ!ゲームある!やろ和ちゃん」


和「買ったのはいいけどやる時間ないからあんまりやってなかったのよね……やろっか」

唯「うん」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 15:12:26.77 ID:4lonla6NO

和「ほら唯そっちに敵が!」

唯「わわわ」

和「唯勝手に違う所いかないで!」

唯「私今どこ~?」



唯「あ、もうこんな時間だ…私そろそろ帰らないと」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 15:15:19.79 ID:4lonla6NO

和「ねぇ、良かったらご飯食べていかない?」

唯「いいの!?あ、でも憂が…」

和「実はさっき憂ちゃんには私の方から電話しといたわ、だから家に帰ってもご飯ないわよ」

唯「ぷ~、和ちゃんひど~い」

和「ゴメンゴメン、で、どうする?」

唯「もちろんご馳走になります!」



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 15:22:06.21 ID:4lonla6NO

和母「いっぱい食べてね唯ちゃん」

唯「わ~い、いただきま~す……お~いし~」

和母「唯ちゃんは本当に美味しいそうに食べてくれるわね」

唯「ふぁっへふぉんほにおいひいんふおもん」

和「食べながらしゃべらないの」

唯「モグモグ…ごっくん、えへへへ」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 15:26:34.99 ID:4lonla6NO

唯「それじゃあそろそろ帰るね」

和「遅いから送って行くわ」


唯「和ちゃん優しい~」 ダキッ


和「はいはい」スリスリ



唯「ねぇ和ちゃん」

和「何?」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 15:38:54.55 ID:4lonla6NO

唯「和ちゃんは何があっても私の事信じてくれる?」

和「当たり前でしょ?私が唯を信じないでどうするのよ」

唯「和ちゃん…和ちゃん和ちゃん和ちゃん和ちゃ~ん」


和「あいよ」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 16:12:18.03 ID:4lonla6NO

梓「まさか唯先輩が万引きなんて…」トボトボ

梓「やっぱり私信じられない……そうだ、憂はこの事知ってるのかな?」


梓「憂に聞いてみようかな」



唯「ただいま~和ちゃんの所でご飯ご馳走になってきたよ」

憂「お姉ちゃんちょっといい?」

唯「な~に憂?」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 16:18:29.10 ID:4lonla6NO

憂「梓ちゃんから聞いたんだけど……その……」

唯「あずにゃんがどうしたの?」

憂「…あのね、お姉ちゃんが万引きしたって……
  嘘だよね!?お姉ちゃんが万引きなんてしないよね!?」

唯「憂は…憂はどう思うの?」

憂「私はお姉ちゃんを信じる、お姉ちゃんは絶対万引きなんてしない!!」

唯「憂!」ダキッ

憂「お姉ちゃんったら////」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 16:24:14.67 ID:4lonla6NO

憂「でもなんで梓ちゃんはお姉ちゃんが万引きしたなんて思ったんだろ」

唯「実は…………」



憂「何それ!?律さん酷い!!
  お姉ちゃんを身代わりにするなんて!!私律さんに文句言ってくるよっ!!」

唯「もういいよ憂」

憂「よくないよ!!」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 16:28:54.78 ID:4lonla6NO

唯「あのね、私けいおん部辞めたんだ」

憂「え?」

唯「だからもうりっちゃん達とは何の関係もないから…」

憂「お姉ちゃんはそれでいいの?」

唯「えへへ~これで中学の時みたいに一緒に帰れるね、あ!これからおやつも用意してね」

憂「……お姉ちゃん」

唯「じゃあ私お風呂入るね」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 17:09:31.35 ID:4lonla6NO

唯「うんたんうんたん、えへへへ久しぶりに和ちゃんと遊んで楽しかったなぁ」ゴシゴシ

唯「これからは毎日和ちゃんと遊んだり憂と遊んだり出来るんだよね!明日から楽しみだ」 ゴシゴシ

唯「本当に……ヒック…ヒック…楽しみ…ヒック…だよぉ…ヒック」

唯「うぇ~ん、うぇ~ん」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 17:11:58.57 ID:4lonla6NO

うぇ~ん

憂「お姉ちゃん泣いてるの!?」 ガラガラ

唯「な、何でもないよ~恥ずかしいから閉めてよ憂////」


憂「ご、ゴメン////」ガラガラ

唯「ちょっと待って」

憂「何?」

唯「憂も一緒に入ろうよ」!

憂「い、いいの?////」ハァハァ



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 17:12:38.58 ID:4lonla6NO

唯「一緒に入るの久しぶりだね~」

憂「そ、そうだね////(お、お姉ちゃんの裸が!お姉ちゃんの裸が後ろに!)」


唯「そうだ!えへへ~えいっ」ピトッ

憂「お姉ちゃん!?(はだ、裸、裸のお姉ちゃん、お姉ちゃんの裸が私の体に)」

唯「体で洗ってあ・げ・る☆」


唯「えへへ、どう?」

憂「…私しあわせだよ~」バタッ

唯「憂!?うい!!」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 17:17:14.71 ID:4lonla6NO

律「どうしようやっぱり唯にちゃんと謝った方がいいよな」


律「時間も遅いからメールですますか」


律「…ごめんな唯…っと、送信」

律「唯の奴許してくれるかな……でも唯なら大丈夫だよな」



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 17:19:34.67 ID:4lonla6NO

ブー ブー

唯「メールだ、りっちゃんから……」


唯「ごめんな唯って…わかってない!!りっちゃんわかってないよ!!」

唯「もうっ!!…そんなんじゃ許してあげないよ…っと」

唯「送信っと」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 17:21:56.61 ID:4lonla6NO

ブー ブー

律「唯からだ!」パカ

律「えっと……何だよ唯の奴!!」

律「人が謝ってるのに許さないとか何だよ唯の奴!!もう唯なんか知るかっ!!」ポイッ



律「………………唯」



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 18:56:52.25 ID:4lonla6NO

--教室--

唯「……………」ガラガラ

「なんか臭くない?」

「あれ~?さっきまで臭くなかったのに平沢さんが来てから急に臭くなかったんだけど」

「もしかして平沢さんから臭いが出てるんじゃない?」

「きゃはははは」

唯「無視無視」

「犯罪者のくせに無視すんなよ!!」パシッ



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 18:58:48.24 ID:4lonla6NO

唯「……っ」

「きゃはははは平沢さん泣いちゃう?泣いちゃう?」

「みんな~平沢さんがまた泣くらしいよ」

「泣けばいいって思ってるよね~」

「そんなんだから私達女が泣けばいいって思われるんだよ!」

唯「……ヒック…ヒック…泣かないもん」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 19:01:39.33 ID:4lonla6NO

「泣かないもんだって~」

「きも~い」

律「おはよー」ガラガラ

「平沢さんきも~い」

「泣かないもんだって~泣かないもん…きゃはははは」

律「さて授業始まるまで寝るか」



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 19:03:43.23 ID:4lonla6NO

紬「おはよう」ガラガラ

紬「…………」

唯を見つめるムギ


紬「(万引き犯と友達だったなんて)」
ムギ唯に失望する

唯「…………」

ムギに見られる唯

唯思う

唯「(ムギちゃんは私の事信じてくれないんだね)」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 19:11:44.14 ID:4lonla6NO

「きゃはははは」シュッ

唯「(早く学校終わらないかな~、今日も和ちゃんと一緒に帰れるかな…」パシッ

「そ~れっ」シュッ

唯「(和ちゃんがダメでも憂と帰れば楽しいよね!!
   できれば3人で帰りたいなぁ中学の時みたいに)」パシッ

「きゃはははは」

「我慢してるぅ」

唯「(早く学校終わらないかな)」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 19:29:12.42 ID:4lonla6NO

梓「憂ちょっといい」

憂「……何?」

梓「昨日の話なんだけど…」

憂「梓ちゃんはどう思うの?」

梓「え?」

憂「梓ちゃんは本当にお姉ちゃんが万引きしたって思うの?」



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 19:35:59.69 ID:4lonla6NO

梓「……それは…私だって唯先輩が万引きなんてするとは思えないけど」

憂「けど?」

梓「律先輩が……」

憂「梓ちゃん、中途半端な気持ちでお姉ちゃんの味方されたら迷惑だよ…
  本気でお姉ちゃんの事思ってないならね」

梓「そんな!私はちゃんとっ」



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:07:07.40 ID:4lonla6NO

憂「ちゃんと…何?梓ちゃんが本気でお姉ちゃんの味方ならお姉ちゃんを信じるよね?
  なのに律さんの事を信じるって事は梓ちゃんはお姉ちゃんの事を考えてなんかいないんだよ」

梓「違う!私は唯先輩の事を信じて…」

憂「もういいから!!お姉ちゃんはけいおん部辞めたの、梓ちゃんとは何の関係もないのっ」

梓「辞めたって…憂本当!?」

憂「本当だよ、だから梓ちゃんとお姉ちゃんはもう無関係なんだよ」

梓「…………そんな」

憂「じゃあ私はお姉ちゃんと帰るから行くね」

梓「そんな……唯先輩」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:14:00.81 ID:4lonla6NO

唯「和ちゃ~ん!」

「やだ~あれって平沢さんじゃない?」

「○組の平沢さんだよね、万引き犯の」

「クスクス」

和「…………唯」

唯「今日も一緒に帰れる?久しぶりに憂と3人で帰ろうよ」

和「唯ちょっといいかしら?」



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:16:49.79 ID:4lonla6NO

唯「何?和ちゃん」

和「ちょっとここじゃ話しにくい事だから…」

唯「何なの和ちゃん」



和「ここなら大丈夫ね」

唯「それで何なの?和ちゃん、私憂待たせちゃってるから」



187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:22:30.64 ID:4lonla6NO

和「大丈夫よ、時間は取らせないわ」

唯「も~和ちゃん変だよ?」

和「……………あのね、今朝クラスの子が話してたんだけど、唯が万引きしたって言うのよ」

和「もちろん私は唯が万引きなんてするわけないと思ってる、でも澪に聞いたら唯がやったって言うのよ」

唯「(りっちゃんだ!!きっとりっちゃんがけいおん部のみんなに!!)」

和「それで私はちゃんと唯の口から聞きたいの、唯の口からやってないって」

唯「…………」

和「そうしたら私唯の事信じられるから」



190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:28:19.17 ID:4lonla6NO

唯「…和ちゃんは、和ちゃんは私の事信じてくれるんじゃなかったの?」

和「だから私は唯の事を信じようって…」

唯「それが信じてないのっ!!和ちゃんはもう私の事疑ってるんでしょ!?
  和ちゃんは私なんかよりクラスメートや澪ちゃんの方を信じてるんだよっ!!」

和「私はちゃんと唯を信じて!」

唯「もういいっ、和ちゃんなんて嫌いだ!!」

和「ちょっと唯!待って!!待ってって唯!!」



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:31:07.04 ID:4lonla6NO

唯「酷いよ和ちゃん!和ちゃんは私の事信じてくれるって思ってたのに」

唯「もう和ちゃんとは口聞いてやるもんか」

憂「お姉ちゃ~ん!お姉ちゃ~ん!」

唯「あ~憂」

憂「もう、遅いよ」

唯「…ちょっとね」



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:33:19.30 ID:4lonla6NO

憂「あれ?お姉ちゃんなんか怒ってる?」

唯「べっつに~」

憂「怒ってるよね?何かあったの?」

唯「何でもないっ!!帰りにアイス屋寄るから」

憂「アイスはご飯食べてからって…」

唯「いくの!!」

憂「は、はい(何だかお姉ちゃん恐い)」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:37:53.74 ID:4lonla6NO

「はい、○○円お釣りね」

唯「はむっ!……はむっ!…はむっ!」ムシャムシャ

憂「…………」ペロッペロッ

唯「はむっ!はむっ!はむっ!」ムシャムシャ

憂「……………」ペロッペロッ

唯「はむっ!はむっ!はむっ!はむっ!」ムシャムシャムシャムシャ

唯「はむっ……無くなっちゃった、憂おかわり」

憂「おかわりって…お姉ちゃん買ったのって3段だよ?これ以上食べたらお腹壊しちゃう」

唯「いいからおかわりするのっ」

憂「は、はい!今すぐ買ってきます!」シュタッ



196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:41:45.98 ID:4lonla6NO

唯「うい~お腹痛いよ~」ピーゴロゴロ

憂「はぁ~…あんなにアイス食べるからだよ」

唯「うい~」ピーゴロゴロ

憂「はぁ~お姉ちゃんったら」


唯「うい~……うっ……と、トイレぇぇぇ」タタタ

憂「だから言ったのに……」



203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:46:42.53 ID:4lonla6NO

--トイレ--

唯「う~…これも和ちゃんのせいだ」

唯「今度文句言ってやる、それでケーキ奢らせてやるんだから」

唯「和ちゃんが悪いんだからね、和ちゃんが私の事信じてくれないから」

唯「……和ちゃんはヒック……私の事…ヒック信じてくれるって思ってたのに…ヒック」

唯「和ちゃんのばかぁ」



206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:51:35.57 ID:4lonla6NO

--部室--

律「…………」

紬「…………」

梓「…………」

澪「…………」

澪「…唯がいないと何だか静かだな」

律「………ああ」

澪「唯は最近来てないけど律達何か聞いてないのか?」

律「………別に…ムギは?」



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:54:31.73 ID:4lonla6NO

紬「いいえ、私も何も聞いてないわ」

澪「そうか…」

澪「唯の奴なんで来ないんだよ…例え万引き犯でも私は唯の味方なのに…」

梓「その言い方だとまるで唯先輩が万引き犯って決まったかのようですね」

澪「え?私はそんなつもりじゃ…」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 22:58:44.98 ID:4lonla6NO

梓「つもりも何もさっき言ったじゃないですか!!例え万引き犯でもって!
  それって唯先輩が万引き犯って思ってるからですよね!?」

澪「な!確かにさっきのは軽率だったけど唯は自分で認めたんだぞ?」

紬「そうよ梓ちゃん、梓ちゃんは唯ちゃんの事と好きだったから庇いたいのよ」

梓「それは……でも!」

律「(今更私がやったなんて言えないよな……謝ったのに許さない唯も悪いよな)」



213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 23:04:11.48 ID:4lonla6NO

澪「それに唯がもしやってないならなんで部室に来ないんだよ、やってないなら私達に会えるだろ?」

梓「……辞めました」

律「え?」

梓「唯先輩はけいおん部やめました」

律「(嘘だろ……あれ本気だったのか?)」

澪「ほら、やっぱりやましい気持ちがあるから部活に来るのが辛くなったんだよ」



218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 23:08:24.62 ID:4lonla6NO

梓「違います!そんな理由じゃないです!!」

澪「なら何で来ないんだよ!?」

紬「澪ちゃん落ち着いて、梓ちゃも…ね」

梓「……わかりました」

澪「………ごめん」

律「……よし!練習するか」

紬「そうね」

澪「……ああ」

梓「そうですね、部活に来てる以上練習はしないといけませんね」



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/10(火) 23:13:01.99 ID:4lonla6NO

和「どうしよう…私唯の事信じてあげられてなかったわ」

和「唯の言うとおりだったわ、私ってば知らない内に唯より周りの事信じて……
  これなら唯に嫌われて当然よね」

和「唯許してくれるかしら……本気で怒ってたけど…」

和「とにかくまずは唯に謝る事から始めないとね」



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:10:50.63 ID:U6B/x/JcO

唯「トイレにいったらスッキリしたよ」

憂「良かったね、ども食べ過ぎるからだよ?ちゃんと気をつけないと」

唯「は~い」

憂「でも何でそんなになるまでアイス食べたの?」

唯「実は…」


ピンポーン ピンポーン



233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:12:35.22 ID:U6B/x/JcO

憂「私が出るよ」


憂「誰だろ…和さん?」

憂「どうしたんですか?和さん」ガチャ

和「唯いるかしら?」

憂「お姉ちゃんですか?ちょっと待ってくださいね」

唯「うい~誰が来たの?……あ~!!」

和「唯!」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:16:29.75 ID:U6B/x/JcO

唯「…何しに来たの?和ちゃん」

和「ごめんなさい!私唯の事信じてるつもりだったのに唯の言うとおり疑ってたわ」

唯「……和ちゃん」

和「だから謝りたいの!本当にごめんなさいっ!!」

唯「…………」

和「……やっぱり許してくれないかしら」



235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:20:44.03 ID:U6B/x/JcO

唯「和ちゃんのアホ、和ちゃんのバカ、和ちゃんのオタンコナス、和ちゃんの小姑」

和「ゆ、唯?」

唯「和ちゃんのメガネ、和ちゃんの怒りんぼう、
  和ちゃんの…和ちゃんの…和ちゃんのバカぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ハァハァ

和「あ、あの…唯さん?」

唯「ケーキ!今度ケーキ奢ってもらうから!!いいね!!」

和「は、はい」

唯「憂の分もね!」

和「憂ちゃん、憂ちゃん、あれ本当に唯?」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:25:25.09 ID:U6B/x/JcO

憂「だと思うんですけど……私もなんだが今日のお姉ちゃんは変な感じが…」

唯「2人とも何話してるの?」

憂和「「な、何でもないです」」ビクッ


唯「そうだ、和ちゃんご飯食べていくよね?」

和「そのつもりは…」

唯「あぁん?憂のご飯が食べられないって言うの?」

和「……と思ったけどなんだが憂ちゃんの料理が食べたくなったわ」



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:26:15.17 ID:U6B/x/JcO

唯「憂もいいよね?和ちゃんと一緒に食べるの」

憂「う、うん」

唯「じゃあご飯食べるまで私の部屋で話しよ」

和「私憂ちゃんの手伝いを……」

唯「いくよ!和ちゃん」

和「はひぃ」



239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:28:03.52 ID:U6B/x/JcO

唯「…………」

和「………あの」

唯「……私本気で怒ったんだから」

和「…唯」

唯「和ちゃんは私の事信じてくれるって思ってたのに」

和「……ごめんなさい」



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:30:51.65 ID:U6B/x/JcO

唯「ぶぅ~もういいよ」

和「本当にごめんなさい!」

唯「今度ケーキ奢ってもらうからね!それで許してあげる」

和「わかったわ今度行きましょ、ありがとうね唯」

憂「ご飯出来たよ~」



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 00:38:04.62 ID:U6B/x/JcO

和「ごちそうさま、美味しかったわ憂ちゃん」

憂「ありがとうございます」

和「それじゃあ私そろそろ帰るわ」

唯「私送ってくよ」

和「悪いわよ」

唯「いいからいいから、この前は私が送ってもらったしね」

和「じゃあお願いしようかな」

唯「うん!」



275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 09:47:50.56 ID:U6B/x/JcO

律「……はぁ…ん?あれは…」


律「唯!唯!」

唯「…………」

律「待てって!唯!」ガシッ

唯「…何?」

律「あ…いや…その…」

唯「痛いんだけど…離してくれる?」

律「ご、ゴメン」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 09:49:00.21 ID:U6B/x/JcO

律「…って、そうじゃなくて唯!」

唯「だから何?」

律「本当にゴメン!!私唯に酷いことして……本当にゴメン!!」

唯「…………」

律「やっぱり許してくれないよな…」

唯「……何で?」

唯「何ですぐ自分だって名乗り出てくれなかったの?」

律「それは……恐くなって…言い出せなくなって」



277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 09:51:06.25 ID:U6B/x/JcO

唯「私は何にもしてないのにみんなから犯罪者呼ばわりされたんだよ!?
  それなのにりっちゃんは私を犯人にしようとして!!」

律「あ、あの時はついとっさに」

唯「聞きたくないよ!!もう聞きたくない!!」

律「唯待てって!」

唯「ついてこないで!!りっちゃんと私はもう何の関係もないんだからっ」

律「関係ないって…やっぱり部活やめるのか?」



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 09:54:32.89 ID:U6B/x/JcO

唯「いられるわけないでしょ?りっちゃんがけいおん部のみんなを騙して私を犯人に仕立て上げて」

律「それは…」

唯「和ちゃんが澪ちゃんから聞いたって、
  りっちゃんはクラスの子だけじゃなくけいおん部のみんなも!!」

律「違う!私は!!」

唯「もういいよ!!りっちゃんと私はもう友達でも何でもないから」



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 10:03:43.48 ID:U6B/x/JcO

梓「いろいろ考えたけどやっぱり唯先輩が万引きしたなんて思えない…」

梓「それに澪先輩はまるで唯先輩が犯人じゃなくなるのが嫌みたいな感じがした」

梓「じゃあ澪先輩が?……いや、あの写メはどう見ても澪先輩には見えないし…」

梓「誰かを庇ってる?でも誰を?あの写メに似てる人で澪先輩の知り合い……う~ん…」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 10:10:03.27 ID:U6B/x/JcO

梓「でも誰だろう?私の知らない人なのかな?……おはよー」ガラガラ

純「でね、私ったら…」

憂「あはははは」

梓「憂、ちょっといい?」

純「梓おはよう」

梓「純おはよう」

憂「おはよう梓ちゃん、それで何?」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 10:15:21.73 ID:U6B/x/JcO

梓「ここじゃなんだから違うところで話したいかな」

純「なになに?私には秘密なの?」

梓「あはははゴメンね」

純「もう!梓には猫触らせてあげないから」

梓「あずにゃん2号~」

純「人の猫に勝手に名前つけるな~」



283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 10:16:36.36 ID:U6B/x/JcO

梓「あぅ~あずにゃん2号~……ってじゃなくていい?憂」

憂「いいよ」

梓「じゃあ付いてきて」

憂「うん」

純「行ってらっしゃーい」



286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 10:24:04.80 ID:U6B/x/JcO

梓「それで話しって言うのは…」

憂「お姉ちゃんの事だよね?」

梓「……うん」

憂「梓ちゃんは別にお姉ちゃんの味方じゃないんでしょ?
  だったらお姉ちゃんに関わるのはやめ梓「私は唯先輩を信じる!」

梓「私は唯先輩を信じる!!唯先輩は万引きなんてする人じゃないもんっ!
  だって唯先輩は…唯先輩は…唯先輩は私の大好きな人なんだからぁぁぁ」ハァハァ

憂「あ、梓ちゃん?」

梓「あ!い、今のは無し!何でもないから/////」



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 10:27:00.17 ID:U6B/x/JcO

憂「…梓ちゃん」

梓「本当に違うから!今のは違うから~////」

憂「梓ちゃんゴメンね、私梓ちゃんに酷いこと言って……
  梓ちゃんはお姉ちゃんの事思ってくれてたのに」

梓「そ、そんな私は別に」

憂「ゴメンね梓ちゃん」

梓「いいよ別に」



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 10:32:41.83 ID:U6B/x/JcO

梓「じゃあ教室に戻ろうか」

憂「そうだね」

憂「あ!そう言えば…」

憂「さっきお姉ちゃんの事好きって言ってたけど詳しく聞きたいなぁ」

梓「あ、あれ?憂なんだかさっきのときより恐くなってない?」

憂「あはははは!何言ってるの梓ちゃん、ほらこんなに笑顔だよ」

梓「ひぃぃ~」

憂「あははは待ってよ梓ちゃん」



305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 12:36:05.90 ID:U6B/x/JcO

律「お~す」ガチャ

澪「おはよう律」

律「あれ?今日は澪一人なのか?ムギと梓は?」

澪「ムギなら家の用事で梓も今日は用事あるって」

律「へぇ~…何の?」

澪「私が知るか」



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 12:39:40.00 ID:U6B/x/JcO

律「…………」

澪「…………」

律「……暇だぞ澪~」

澪「なら練習しろ」

律「みんなでやらないと意味ないじゃん」

澪「それもそうだけど」

律「はぁ~暇だ~」
澪「なら予習でもしたらどうだ?和は毎日やってるらしいぞ」

律「うへ~」



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 12:42:21.89 ID:U6B/x/JcO

律「なぁ、澪」

澪「さっきからなんだよ、私は本読むのに忙しいんだよ」

律「真面目な話しなんだよ」

澪「なんだよ律らしくない顔して」

律「とにかく聞いてくれ」

澪「わかったわかったから」



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 12:49:26.49 ID:U6B/x/JcO

澪「それで…いったいなんなんだ?」

律「唯の事で澪に話しておきたい事があるんだ」

澪「唯の事?」

律「あぁ、澪には本当の事を話そうと思うんだ」

澪「……………」

律「………実は」




311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 12:51:20.15 ID:MAF26XCVO

澪の真価が問われる





312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 12:55:19.83 ID:U6B/x/JcO

澪「なぁ律、帰りにどっか寄っていかないか?」

律「別にいいけど…って!私の話しをだな」

澪「………いいよ」

律「澪?」

澪「律の話したい事私わかるから」



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 12:58:29.06 ID:U6B/x/JcO

律「澪?」

澪「はぁ~…何年一緒にいると思ってるんだよ、例え後ろ姿でも律を見間違うはずないだろ?」

律「じゃ、じゃあ澪は知ってて?」

澪「……うん」

律「何でなんだよ!?」

律「それなら何で私が犯人って言わないんだよっ!?何でなんだよっ!!」



317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 13:04:27.90 ID:U6B/x/JcO

澪「言えるわけないだろっ!!」

律「何で!?そのせいで唯は…」

澪「……唯には悪いと思ってる、それでも私は言うことは出来ない」

律「何で!?何で唯より犯罪者の私を庇うんだよ澪!」

澪「そんなの好きだからに決まってるだろっ!!」

澪「そんなの好きだからに決まってるじゃないか、
  例え律が犯罪者だとしても私は律が好きなんだよ」

律「澪!?」

澪「……だから私は言わないから、言わないからな」



374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 18:11:33.11 ID:U6B/x/JcO

斎藤「お嬢様、紬お嬢様」コンコン

紬「…………」

斎藤「失礼します、紬お嬢様」ガチャ

紬「…………」

斎藤「よろしいのですか?紬お嬢様、最近ずっと学校をお休みのようですが…」

紬「行きたくないの」



375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 18:15:38.99 ID:U6B/x/JcO

斎藤「ですがお嬢様、既に一週間も休まれてはお友達も心配してしまいますよ」

紬「…友達」ピクッ

斎藤「確か……律さんと言いましたかな?それと唯さんに澪さん、あとは梓さんと言いましたか…」

紬「唯ちゃん」ピクッ



378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 18:18:24.44 ID:U6B/x/JcO

斎藤「どうかなされましたかお嬢様?」

紬「なんでもないわ、今は気分が悪いの下がりなさい」

斎藤「かしこまりました」



紬「……ごめん、ごめんね唯ちゃん」



382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 18:23:38.21 ID:U6B/x/JcO

「ムギちゃんの家っていっぱいお金あるんでしょ?」

幼紬「う、うん」

「すご~い!」

「いいな~!じゃあ好きな物何でも買ってもらえるんだ」

幼紬「そんな事はないけど」



383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 18:28:08.35 ID:U6B/x/JcO

「ねぇねぇムギちゃんあれ買って~」

「私あれほし~い」

「私も私も」

「ね、いいでしょ?」

「私達友達だもんね?」

幼紬「……うん、私達友達だもん」



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 18:33:12.73 ID:U6B/x/JcO

幼紬「はぁ…はぁっ…はぁ…忘れ物しちゃった、
   早く取りに戻らないと斎藤が迎えに来ちゃう」タッタッタッ

「ほ~んとムギお嬢様々だよね~」

「何でも買ってもらえるし最高~」

「と・も・だ・ちで何でも買ってくれるなんてね」

「きゃはははは」

幼紬「…………っ」ダッ



473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 00:40:00.48 ID:EH8Qz/4mO

―――帰宅!

憂「ただいまー」ガチャ

唯「あ、ういーおかえr……」ドタドタ

梓「お久しぶりです、唯先輩」


唯「!!!あず……にゃん?」

憂「大丈夫だよ、お姉ちゃん!梓ちゃんはお姉ちゃんの味方だから」

唯「えっ!?でも、りっちゃん達からもう……」

梓「はい、律先輩から話は聞きましたし写真ももう見ました」

唯「じゃあなんで……?」

梓「私は……唯先輩を誰よりも信じているので」
梓「それに唯先輩みたいなおっちょこちょいな人が
  万引きを上手く出来るなんて考えられませんしね!」ニコッ

唯「あ、あずにゃーん!」ガバッ

梓「ちょっ!唯先輩苦しいです///」



481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 00:58:55.90 ID:EH8Qz/4mO

和「ちょっと唯、私を部屋にほったらかして……ってあら、その子は確か軽音部の」ドタドタ

憂「あ、和さんいらしてらしたんですか」

和「えぇ、唯に宿題を教えろってせがまれて
で、梓ちゃんがここにきたっていうことは……」

梓「はい、私は唯先輩を信じます!」

唯「ありがとう……ありがとうあずにゃん!」ギュッ

和「そう、良かったわね唯」

憂「お姉ちゃん、梓ちゃんは別に逃げたりしないんだから、
  とりあえずはなしてあげて、じゃないと中に入れないよ」

唯「あ、そうだね!えへへ、あずにゃん抱きしめるの久しぶりだったから」

梓(憂の目が怖い……)



483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 01:10:50.48 ID:EH8Qz/4mO

――
――――
―――――――

和「……そう、他のメンバーは完全に唯のこと……」

梓「はい、紬先輩も澪先輩も……でもなんで律先輩は嘘なんて……?」

憂「それは律さんが――」

唯「憂!」ジロッ

憂「……お姉ちゃん……」

和「あら、何かあるようね」

唯「何でもないよ……何でも」

和「唯?私達はあなたを信じてるのよ?
今度はあなたが私達を信じる番でしょ?」

唯「!!」

唯「そうだね、和ちゃんや梓ちゃんには話すべきだよね」



486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 01:21:37.68 ID:EH8Qz/4mO

―――紬家!

紬「……はぁ」

ブ-ブ-ブ-

紬「唯ちゃんの証拠写真……こんなの回してこなくていいのに」

紬「唯ちゃん……どうして万引きなんか……」チラッ

紬(!あれ……なんだろうこの違和感)

紬(この写真の唯ちゃんには何か……何かが足りないような)ジー

紬「あっ!!!」



490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 01:31:58.85 ID:EH8Qz/4mO

―――平沢家

和「そんなっ!」

梓「じゃ、じゃあ、唯先輩は律先輩にはめられて!?」

唯「……うん」

梓「酷い……」ワナワナ
――バン

憂「やっぱり私我慢出来ないよ!律さんのせいでお姉ちゃんがいじめられるなんて」

梓「そうです!言うべきですよ!みんなにその事」

和「…それはダメよ
  今唯がそんなこといったら周りからは言い訳としか思って貰えないわ
  余計いじめが酷くなるだけよ」

憂「じゃあ、じゃあどうすればいいんですか!?」

唯「……もういいんだよ、憂
  私には憂や和ちゃんやあずにゃんがいればそれでいいから……」

梓「そんなの駄目です!」

唯「でも……」



493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 01:45:19.24 ID:EH8Qz/4mO


梓「唯先輩があの日あそこにいなかったことを証明することが出来れば……」

和「唯、あなたはあの日何処で何をしてたの?」

唯「えーっと……部活もないし暇だったから外で時間潰してたんだよ」

憂「お姉ちゃん、もっと詳しく!」

梓「外って具体的に何処ですか?」

唯「う~ん……確か……」

和「確か?」



496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 01:59:23.15 ID:EH8Qz/4mO

唯「う~ん、コンビニの前通って……アイス食べたくなったからアイス買って~そこから……」

憂梓和「!!!」

梓「そのコンビニの店員さんが証言してくれれば!」

憂「う~ん、でも覚えてるかなぁ……」

和「その必要はないわ!
唯、ブレザーのポケットの中裏返してみなさい」


唯「ほぇ?ポケット?こう?」
ガサガサ

梓「うわ、プリントやらなんやらいっぱいでてきましたよ……」

憂「もう、お姉ちゃんゴミはポケットに入れたままにしちゃ駄目って言ってるじゃない」

唯「えへへ、つい癖で」

和「……」ガサガサ


和「……あった!」



500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 02:09:32.23 ID:EH8Qz/4mO

和「唯あったわ!やったわよ!
  あなたの無実が証明できるわ!」

唯「えっ?どうやって?」

和「ほら、これ」バッ

梓「コンビニの……」

憂「レシート?」

梓憂「あっ!」

唯「えっ?えっ?どういうこと?」

梓「!!時間も写真と20分差です!」

和「このコンビニから律が撮られた場所までは最低でも40分はかかるわ!
  唯やったわよ!」



510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 02:34:58.08 ID:EH8Qz/4mO

――次の朝!教室前

唯「これを……皆に見せれば私の疑いは晴れるんだよね…!」ギュッ

和「えぇ、そうよ
  今までやりたい放題やってた連中をギャフンといわせましょ!」

梓「私や憂も一緒にいきます!」

憂「お姉ちゃん頑張ろう!」

唯「――いや、私一人でいくよ!」

憂「えっ!」

唯「これは私の問題だから……最後ぐらい自分でカタつけないと」

和「……唯」

梓「でも……」

唯「大丈夫だよ、あずにゃん!和ちゃん、憂!」

和「……そうね!頑張ってきなさい唯」

梓「先輩がそこまで言うなら……」

唯「じゃあ、行ってくるね!」


―――ガラッ



515 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 02:40:13.64 ID:EH8Qz/4mO

唯「み、みんなおはようっ!」

ざわ ざわ

「犯罪者がきたわよ」「はぁ、朝からうるさい……」「どうせ今日も泣くんでしょ」

律「……唯」

唯「りっちゃんおはよう、私この問題と決着つけるね」

律「えっ!?」

唯(ムギちゃんは……まだきてないか)キョロキョロ

唯(でも……!やらなきゃ)ギュ

唯「みんな!聞いてほしいの」

「犯罪者さんがなんかうちらに言いたいことあるらしいよー」
「またどうせ‘私はやってない’でしょ」
「学習能力がないよね」
ギャハハハハハ

律「……」



518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 02:53:39.21 ID:EH8Qz/4mO

唯(落ち着け私……我慢だよ)

唯「そうだよね……言葉だけじゃこのクラスの人は私のことなんて信じてくれないよね」

唯「だから……だから今日は私がやってないという証拠を持ってきました!」

律「しょ、証拠!?」

ざわ ざわ

唯「私はあの日、○△コンビニにいました!
  その証拠にこのレシートの日付と時間をみてほしいの!」バッ

ざわ ざわ ざわ
「レシートなんかが証拠だって」「……でも日付もあってるよ」
「確かに○△コンビニって書いてる」「確か○△コンビニってあの写真の場所から……」
「でも田井中さんの証言は?」
ざわ ざわ ざわ


唯(やったあ、大成功だよぉ)

律「じ、じつは―――」

「これ平沢さんが買ったって嘘だじゃないの?」
「あ、確かに」「絶対拾ったレシートだよねぇ」「話がよすぎるんだよ」

唯「えっ……?そ、そんな!これは私が――

「だいたい今頃証拠出すってのが怪しいんだよ」
「なにより田井中さんは平沢さんの口からきいたって言うし」「また嘘かー」



522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 03:01:29.46 ID:EH8Qz/4mO

「本当卑怯だよねー」「さっさと認めればいいのに」
「うわ、ちょっと私悪いことしちゃったかもって思っちゃったじゃん!」「ねぇ田井中さん?」

律(……ごめん唯)「あぁ……」


唯「うっ、ほ、本当なのに……」


「犯罪者様がまた泣くぞー」「めんどくさいなぁ」
「この写真どうみても平沢さんです!本当にありがとうございました!」
ざわ ざわ ざわ

ガラッ
「万引き犯は唯ちゃんじゃないわ!」

唯(あれ……この声……)


紬「その写真は唯ちゃんじゃないの!」

唯「ムギちゃん!!」

律「む、ムギ!?」



530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 03:10:40.00 ID:EH8Qz/4mO

ざわ ざわ ざわ
「えっ?何いってるの?ムギちゃん」「この写真が平沢さんじゃない?」「目悪くなったの?」

紬「えぇ、これは唯ちゃんじゃないわ!」

唯「ムギちゃん……!?」

「どこが違うんだよ」「ほら、あれでしょ?平沢さんとムギちゃん仲良かったから」「今頃庇ってもねぇ」

唯「もういいよ、ムギちゃん!無理に私を庇わなくても……」

律「お、おい、ムギ 認めたくないのはわかるけどさ……どうみても唯じゃん」

紬「いいえ、無理になんて庇ってないわ この写真の人物と唯ちゃんには決定的な違いがあるの」

ざわ ざわ ざわ ざわ



532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 03:17:33.14 ID:EH8Qz/4mO

唯「決定的な」

律「違い……!?」
「どこにあるんだよ!」「ギャグでも笑えないわ」

紬「少ししか写ってないから気づかなかったけれどほら
  みんなこの写真の人の足をみて」

「足がどうしたんだよ」「なになに?」
ざわ ざわ ざわ ざわ
紬「次に唯ちゃんの足を見てちょうだい」

唯「私の……足?」

律「!!」



545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 03:31:37.81 ID:EH8Qz/4mO

紬「何かが違うわよね」

「何かって……」「写真の平沢は……白のソックス?」「ここにいる平沢さんは黒タイツ」
「あれ……平沢さんって黒タイツが基本だったような」「あー、確かにそうだよね」
「で、でもそれはたまたまあの日が白のソックスの日で」」
ざわ ざわ ざわ

紬「えぇ、黒タイツは唯ちゃんのトレードマークだといっていいほどのものよ」
律「で、でもそんなの唯だって毎日って訳じゃないじゃないか!」

「あっ……確かあの日体育があって着替えの時唯ちゃんと黒タイツだと蒸れるよねーって話したよ私」

唯「あの日は確かに黒タイツだったよ私!」

「そう言われると」「……確かに」



558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 03:53:31.34 ID:EH8Qz/4mO

「そんなの特定されないように履き替えたのかも……」

紬「特定されたくないためにわざわざ靴下なんて変える人いるでしょうか?」
律「……」

紬「やはりこの写真の人物は唯ちゃんじゃないわ!」

唯「ムギちゃん……!」

紬「唯ちゃん……本当にごめんなさい!
  私……私……混乱しちゃって聞いた話を鵜呑みにして
  唯ちゃんの言葉に耳をかたむけようとしなかった……

  本当にひどいことをしたわ……私は友達失格ね……」

唯「……許さないよ!」

紬「……」

唯「友達失格だなんて私が許さないんだから!」

紬「えっ?」

唯「この前私のこと“平沢さん”なんて言ったのも許さないんだからね!
  罰としてこれからも私と友達でいること!」ニコッ

紬「……唯ちゃん……私……私」ポロポロ

ざわ ざわ ざわ
「私も謝らなくちゃ……」「でもほら、田井中さんが唯ちゃんから聞いたっていうのは?」



568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 04:09:05.77 ID:EH8Qz/4mO

「ホントだよねー私達は田井中さんのこと信じただけだし」
紬「……そうね……まだ泣いちゃいけないのに……グス

ごめんなさい」

紬「りっちゃん……なんであんなこと……嘘だったんでしょ?」

律「……」

「うわ……ダンマリしちゃったよ」「あれ?田井中さん黒幕?」

唯(……りっちゃん)

紬「待って!皆
  これじゃ唯ちゃんの時と変わらないじゃない!私が言えることではないですけれど……
  ちゃんとりっちゃんの話を聞いてあげましょ
  りっちゃんだって何かあったはずよ」

シ-ン

律「……」



573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 04:17:48.07 ID:EH8Qz/4mO

―――その頃廊下!

ざわ ざわ ざわ

澪「なんだ?いつもより騒がしいな」

澪(また……唯のことかな?見に行ったほうが……いいよな)

澪(唯には悪いけど……律の為なら……)

梓「澪先輩……おはようございます」

澪「梓…おはよう
  どうしたんだ
  2年生の階なんかに来て」

梓「……今たたかっているんですよ
  唯先輩が 」

澪「あぁ……万引き事件か」

梓「あれ……本当は犯人律先輩なんですよね?」

澪「!!!」



579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 04:32:21.58 ID:EH8Qz/4mO

澪「何を言ってるんだ?
  誰がそんなこと言った」

梓「……」

澪「……唯か?

梓、梓が唯のことを慕っているのは分かるけどな――――」

梓「そんなことを聞きたいんじゃないです!
  もう唯先輩じゃないっていう証拠も出ました!」

梓「紬先輩が唯先輩の無実を証明しました」

澪「!!そんな……じゃあ律の嘘が……」

梓「……やっぱり澪先輩は律先輩を庇っていたんですか……」

澪「……」



581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 04:33:29.56 ID:EH8Qz/4mO


梓「……今さっき唯先輩の疑いは晴れました

そうなると次に叩かれるのは確実に律先輩です」

澪「!!」

梓「私はもう律先輩を許せませんし、かばう気にもなれません
  多分これからも……澪先輩のした行為も許せません……
  ただ今律先輩を守ることが出来るのは澪先輩だけでしょうね」


澪(……律!)ダッ




582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 04:35:57.14 ID:Nu22LXab0

あずにゃんカッコよすぎるだろ…惚れた



584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 04:37:34.58 ID:5uSxRd9EO

あずにゃんマジ男前



585 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 04:38:04.11 ID:gxrtbHEQ0

あずにゃん!!





586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 04:49:48.24 ID:EH8Qz/4mO

――教室!

紬「ねぇりっちゃん本当のことを聞かせてよ……」

律「……はめたんだよ私が唯を
  唯じゃないって分かっててさ」

ざわ ざわ ざわ

唯「……」

紬「何でなの?どうして?どうして……そんなこと」

律「……」

紬「答えて!」

唯「ムギちゃん…」

律「こうするしかなかったんだよ
  私が私を守るためには……

  なんたって私が万引き犯なんだからさ」

ざわわざわざわ
「えっ?今の聞いた?」「マジで?」「うわぁ……」「ひどすぎー」「信じらんない」



590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 05:04:35.64 ID:EH8Qz/4mO

紬「!!!そ、そんな……」

律「軽い気持ちでやったんだよ

 たかが漫画くらい ってさ

  そして次の日学校にくるとさ、私がやったのに唯が疑われてやんの

  唯ならさ……なれてるだろうと思って
  こんなことぐらい笑い飛ばすんじゃないかって……

  それでだよ
  唯に罪を擦り付けたのは」


ざわ ざわ ざわ ざわ ざわ ざわ ざわ

「うわぁ……」「死ねよ犯罪者!」「まんまと騙されちゃったよ」
「考え方がもはや常人じゃないよねー」「平沢さんがカワイソー」

ガラッ

澪「違うんだ!」

唯「澪ちゃん!?」
律「!!!澪!?」

「なんだなんだ?」「あれ田井中容疑者の幼なじみじゃない?」



592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 05:15:00.90 ID:EH8Qz/4mO

澪「律だけが悪いんじゃないんだ!」

澪「私も……私も共犯者なんだ」

紬「嘘でしょ?澪ちゃん……」

律「おい、澪お前何言って―――

澪「私は知ってたんだ、最初から唯じゃなくて律が犯人なんだって…………
  それを知りながら和や私のクラスメイトに犯人が唯だって流したのも私だ」

澪「本当は親友が道を踏み外したら咎めなければいけないんだろうけど……私には出来なかったんだ……」

律「……澪」

澪「もう絶対許してもらえないのは分かってる……

でもこれだけは言わせてほしい


本当にすみませんでした」


唯「りっちゃん……澪ちゃん……」


  「お前ら罪償いとしてさ、血でるまで土下座しながら地面にデコぶつけろよ」
「どげーざ」「どげーざ」「どげーざ」



596 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 05:24:48.92 ID:EH8Qz/4mO

唯「も う 止 めて ! ! !」

 「!!!」


唯「もう止めてよ……これ以上私達を苦しめないでよ……」

澪律「唯……」

「そんな、私達は平沢さんの為にね?ねぇ」
「そうだよ!平沢さんが味わった痛みをこいつらにも――

紬「狂ってる……!
  唯ちゃんに痛みをあたえたのは誰?

  私 達 じゃない!

  それなのに……りっちゃんや澪ちゃんに全て責任転換して……
  なによりあなた達はまず唯ちゃんに謝るべきだわ!!

  それに私を含めてここにいる人で
  りっちゃんや澪ちゃんを裁くことができるのは唯ちゃんだけなはずよ!!!」


シ-ン…………

「平沢さんごめんなさい……」「本当にごめんね、唯ちゃん……私……」

唯「もう……いいよ……
  もう いいから

  澪ちゃんやりっちゃんに私にしたようなことはしないで……」



598 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 05:28:46.04 ID:EH8Qz/4mO

澪「唯……本当に……本当に……」

律「…………」

唯「私ね、もうりっちゃんと澪ちゃんとはこれまで通りの関係には戻れないよ」

唯「こんなことがあっても私軽音部にはいって本当によかったと思うんだ……

  今まで本当にありがとう
  りっちゃん、澪ちゃん……」

唯「本当に……ありがとう」ボロボロ


紬「唯ちゃん……」



604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 05:55:38.16 ID:EH8Qz/4mO

こんにちわ 平沢 憂です!

あの事件から1ヶ月が経ちました

たった1ヶ月しかたってないけれど…いろんなことが起きた1ヶ月でした

まずついこの1週間前澪さんと律さんは学校をやめました

大きな虐めはなかったけれどやはり小さな嫌がらせや陰口が絶えることはなかったようです

私はあの人達がした事を許せませんでしたがやはり心は痛みました

それから当然のごとく軽音部はなくなってしまいました

残念だけれどあの状態から部活を続行するのは……無理だよね……

お姉ちゃんは時々軽音部の写真やギー太を眺めては寂しそうな顔をしますが

「これからムギちゃんや和ちゃん、憂、あずにゃんと
 軽音部の思い出に負けないぐらい思い出を作るんだー!」って意気込んでいます!

今日もみんなをよんで闇鍋パーティーを開きます!


ふとしたことで絆は壊れてしまうことがあるけれど私達はもう大丈夫だよね?
なんたってお互いを誰よりも信頼しているんだから

END




608 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 06:00:50.73 ID:gxrtbHEQ0


よかったぜ



609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 06:16:57.51 ID:M/SUtJCVP

良かったよお疲れさま!



613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/12(木) 07:42:43.47 ID:1jAUvMMGO







関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「それでも私はやっていない」
[ 2012/04/06 05:45 ] 非日常系 | | CM(7)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:6197 [ 2012/04/06 07:23 ] [ 編集 ]

元通りハッピーエンドではないのか
でも良かった

タイトル:
NO:6199 [ 2012/04/06 11:04 ] [ 編集 ]

女子高のイジメなんてこんなもんじゃないっすよーw
学校やめる?軽音部解散?そんなもんですむわけないっしょw

ある意味澪律の話なんだから二人の自殺エンドでもよかったのに。

タイトル:
NO:6200 [ 2012/04/06 11:47 ] [ 編集 ]

>「どげーざ」「どげーざ」

うん、お前らが謝れよ

つーか俺の律をなんて扱いしてんだよおおおおおおおおおお

タイトル:
NO:6201 [ 2012/04/06 11:52 ] [ 編集 ]

ないっすよーwwwwwwないっしょwwwwwwないっすよーwwwwwwないっしょwwwwwwないっすよーwwwwwwないっしょwwwwwwないっすよーwwwwwwないっしょwwwwww

タイトル:
NO:6204 [ 2012/04/06 13:03 ] [ 編集 ]

広告ウザい。あと重い。どうにかしろ管理人。

タイトル:
NO:6207 [ 2012/04/06 16:47 ] [ 編集 ]

広告なんて他のサイトに比べりゃ少ない方だろ
これくらいで重いとかどんだけ昔のPCつかってんだよw
んなことより梓のAAはなんなのよ

タイトル:
NO:6229 [ 2012/04/07 14:09 ] [ 編集 ]

サラ金とか楽天の広告どうにかしてくれよ。
文字に被って読みにくいんだけど。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6