SS保存場所(けいおん!) TOP  >  男体化 >  梓「憂…好きです…」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






梓「憂…好きです…」 【男体化】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1253805323/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:15:23.89 ID:GbNzGra/O

唯「う~ん…もうちょっと寝かせて~…」

憂「ダメだって。もうお姉ちゃんのご飯も作ったんだからさ」

唯「うぃぃ~」

憂「それに今日から二年生でしょ。早いとこ行ってクラスとか確認しないと」

唯「わかったよぅ…」
ガチャ
憂「じゃあお姉ちゃん、俺あっちだから。学校頑張ってね」

唯「はいよ~憂も頑張ってね~」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:16:38.46 ID:GbNzGra/O

数日後!

唯「軽音部に新入生が入って来たんだよぅ~!」

憂「良かったねお姉ちゃん」

唯「それで、今度その子を連れてうちで歓迎会をしたいんだけどぉ~…」

憂「任せてよ!軽音部の皆さんもくるんだよね?」

唯「さすがぁ~!頼りになるぅ~!」

憂「えへへ~」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:17:45.53 ID:GbNzGra/O

週末!

梓「唯先輩の家で歓迎会…ですか?」

唯「そうそう!今日は家には誰もいないから気兼ねしなくていいよ!」

律「あれ、憂君は?」

唯「憂はもちろん家にいるよ!」

澪「そ、そうかぁ~憂君は家にいるのかぁ…」

律「おぉ?澪どうしたんだ?」

澪「べ、別に!?なんでもないわよ!」

律「ならいいけど~なんか嬉しそうだったからなぁ~」

澪「ウルサい!」
ガン
律「な、殴ることないだろ~」

唯「あはは~」

紬「うふふ~」





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:18:27.34 ID:GbNzGra/O

梓「あ、あの、憂君って誰ですか?」

唯「私の弟だよ~」

梓「唯先輩の弟…」
モワワ~ン

憂「おねいちゃ~ん!」

唯「弟~!」


憂「おねいちゃ~ん!」モワワ~ン

梓「なら大丈夫そうですね」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:19:09.32 ID:GbNzGra/O

唯「どうぞ~あがってあがって~」

部員「おじゃましま~す」

憂「どうも皆さん」

律「お~憂君!高校の合格発表以来か?」

憂「はい。皆さんも元気そうで良かったです」

澪「う、憂君!こここここんにちは!」

憂「こんにちは澪さん」

紬「お邪魔しますね」

憂「はい」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:20:01.28 ID:GbNzGra/O

梓「この人が唯先輩の弟さん…か、カッコイい…」

憂「梓さん?」

梓「は、はい!?」

憂「お話はお姉ちゃんから伺ってます。お姉ちゃんをこれからもよろしくお願いします」

梓「へ?あ、ハイ!?よろしくお願いしますです!」

憂「皆さんスリッパをどうぞ。上に用意がありますから」

律「梓どうしたんだ~?」

梓「い、いや、唯先輩の弟にしては随分しっかりしてるなぁ~って…」

律「そうだろそうだろ~私達も驚いたもんさ。澪なんて未だに緊張しちゃってるからな」

澪「や、やめろ!」

律「うわ!相変わらず用意がすげえなぁ!」

梓「これを、私の為に…」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:21:22.12 ID:GbNzGra/O

律「憂君は本当に料理が得意だな~」

梓「えっ!?憂君が一人でつくったんですか?!」

唯「失礼な!私も作ったよ!このケーキ!」

梓「えっ!スゴい!」

唯「のうえにクリームを乗せました!」

梓「そんなことだろうと思いました…」

憂「あ、あの!お姉ちゃんは色々やってくれましたよ!飾り付けしたり…部屋を綺麗にしたり…」

梓「必死にかばってる…」

さわ子「それにしても憂君カッコイいわよねぇ~私も後5歳若かったらなぁ」

律「ってさわちゃん先生?!」

部員と憂「いつの間に~!」

さわ子「で憂君どうかしら?私と大人の時間を…」

憂「いや、遠慮しておきます」

唯「まあそれじゃあずにゃんの歓迎会を始めますかー!」

みんな「おー!」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:23:00.32 ID:GbNzGra/O

別の日!

梓「まさかいきなり弦が切れるなんて…」

憂「あれ、梓さん?」

梓「えっ、憂君…?どうして楽器店なんかに」

憂「実はお姉ちゃんが弦を切ったみたいで俺が買いに来たんです」

梓「…だらしないなぁ…」

憂「でも梓さんに会えて良かったです」

梓「にゃ!?」

憂「梓さんなら弦どれかわかりますよね。
  実は俺わからなくて…お姉ちゃんもわからないみたいで…」

梓「へっ?ああ、はい…っていうか唯先輩弦わからないって…」

憂「それにしてもこの前の歓迎会は大変でしたね…」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:24:06.82 ID:GbNzGra/O

梓「さわ子先生の持ってきた酒を律先輩が澪先輩の飲み物に混ぜて大騒動でしたね」

憂「さわ子先生には女装させられるし散々でしたよ」

梓「あ、でも女装似合ってましたよ!唯先輩に凄く似てました」

憂「そうですか?嬉しいな…」

梓「嬉しい?」

憂「はい。やっぱり姉弟なんだなって思って…」

梓「お姉ちゃんの事…唯先輩の事好きなんですね…」

憂「変ですよね…自分でもシスコンかなって思いますし…」

梓「…そんな事ないですよ…唯先輩、可愛いですから…」

憂「そうなんですよ!特にゴロゴロしてるお姉ちゃんが可愛いんですよ!」

梓「は、ハァ…」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:24:47.50 ID:GbNzGra/O

憂「そう言えば、梓さんは今高校一年生ですよね」

梓「?そうですけど…」

憂「なら同級生ですね。普通に話しましょうか?」

梓「え、はぁ…憂君が宜しければ…」

憂「じゃあ梓ちゃん、これからもよろしく」

梓「憂君…よ、よろしく…」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:25:46.75 ID:GbNzGra/O

梓家!

梓「ハァ…なんだろうこの気持ち…こんなの初めてだ…」

パン!チャ!シュクチョク!

梓「メール…律先輩からだ…」

律『今日憂君と二人で歩いてたけどもしかしてデートですかぁ~!?』

梓「げっ、律先輩に見られてたなんて……デートかぁ…」
モワワ~ン

モワワ~ン

梓「…ふふ…って私、何考えてるんだ…」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:27:15.23 ID:GbNzGra/O

放課後!

澪「どうした梓?今日は楽器にキレがないぞ?」

梓「そ、そうですか…?」

律「そうだぞ~なんだ悩みでもあんのか~?」

唯「あずにゃん悩みがあるの?」

梓「い、いえ、そう言うわけじゃ…」

澪「そうか…でも梓がこんな調子じゃあな…今日はこのへんにするか」

梓「どうしてだろ…全然ダメだ…」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 00:27:56.55 ID:GbNzGra/O

澪「それじゃあまた明日」

律「じゃあな二人とも~」

紬「また明日~」

唯「バイバーイ」

梓「お疲れ様です」

唯「それにしてもあずにゃん大丈夫?」

梓「大丈夫だと思います…ちょっと今日は…」

憂「お姉~ちゃ~ん!」

唯「あ、憂~!」

憂「お姉ちゃんの後ろ姿が見えたから追い掛けて来たんだ」

梓「憂君…」

憂「梓ちゃんも一緒ですか。みんなで一緒に帰ろうよ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:07:31.99 ID:GbNzGra/O

職員室!

さわ子「珍しいわね。梓ちゃんが私に相談事なんて…」

梓「先生…先生には、ギターが弾けなくなったことありますか?」

さわ子「…どういうことかしら」

梓「何か…他のことを考えて、ギターが上手く弾けないんです」

さわ子「なる程~ズバリ!梓ちゃん、アナタ恋をしてるわね!」

梓「えっ…恋…ですか」

さわ子「そ、恋。女は男に恋をすると何も手につかなくなるのよ」

梓「た、例えば…?」

さわ子「例えば…あまりにその人を思うあまり
     無言電話を1日し続けて休日潰したりとかかしら?」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:08:21.78 ID:GbNzGra/O

梓家!

梓「恋…かぁ…」

梓「…」

カチ、カチ、プルルル、ガチャ

唯『どしたのあずにゃん?』

梓「唯先輩、今度の休み、暇ですか?」

唯『休み?うん、暇だけど…』

梓「でしたら、唯先輩のお家に行ってもよろしいですか?」

唯『うんいいよ!』

梓「本当ですか!?じゃあ今度の休みにまた!」

唯『ふぁ~い』

ガチャ



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:10:55.59 ID:GbNzGra/O

休みの日!

唯「やっほ~あずにゃん…ていうかあずにゃん今日なんか気合い入ってない?」

梓「き、気のせいですよ!気のせい!ハハハハ…」

唯「今日も家族はいないから気兼ねしなくていいよ~」

梓「はっ、はい…あの、憂君は…」

唯「憂?憂は今日お家にいるよ~」

梓「そ、そうですか…」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:12:05.06 ID:GbNzGra/O

唯の部屋!

唯「にしてもあずにゃんが私に会いたいなんてびっくりだよ~」

梓「はは…」

コンコン

唯「ほーい」

憂「お姉ちゃん?クッキー焼けたけど食べる?」

唯「食べる食べる!ワーイありがとー!」

ガチャ

憂「梓ちゃんこんにちは」

梓「こ、こんにちは…」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:13:47.13 ID:GbNzGra/O

唯「ちょっとお花に水をあげてくるね!」

憂「お花を摘みにいくだよお姉ちゃん…」

ガチャ

梓「憂君と二人きり…」

憂「お姉ちゃん、学校でどんな感じ?」

梓「唯先輩?うーん…ちょっとあれかな?」

憂「なになに?」

梓「やたらスキンシップしてくるし…変なあだ名つけてくるし…」

憂「お姉ちゃんってあったかくて気持ちいいよね!」

梓「…憂君は本当、お姉ちゃんが好きなんですね…」

憂「はは…」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:14:58.91 ID:GbNzGra/O

梓「憂君は…彼女作らないの?」

憂「彼女?いや~考えたこともないかも」

梓「どうして…」

憂「お姉ちゃんがいるからかな」

梓「えっ…」

憂「お姉ちゃんに彼氏が出来たら考えるかもね…」

梓「…やっぱり…憂君…唯先輩の事…」

憂「…どうかした?」

梓「う、ううん…何でもない…何でも…」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:16:25.87 ID:GbNzGra/O

梓「それじゃあそろそろ帰りますね」

唯「はいよ~気をつけてね」

梓「憂君もそれじゃあ…」

憂「あ、ちょっと待って」

梓「えっ?」

憂「送ってくよ」

梓「ど、どうして…」

憂「スーパーに行かなきゃ行けないから…お姉ちゃんは家で待っててよ」

唯「アイアイサー!」


憂「それじゃあいこうか?」

梓「あ、うん…」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:17:15.31 ID:GbNzGra/O

梓「…」

憂「…」

梓「…」

憂「…」

梓「憂君、もし唯先輩に彼氏出来たら、どうしますか?」

憂「…そうだなぁ…お姉ちゃんに見合う人か確かめないとね」

梓「そんな人が見つかるまで、憂君一人になっちゃいますよ」

憂「お姉ちゃんがいるから大丈夫だよ…」

梓「お姉ちゃんが彼氏見つけた時一人になったらどうするんですか…?」

憂「それは…いやだなあ…」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:18:38.11 ID:GbNzGra/O

梓「憂君…大切な話があるんです…」

憂「はい…」

梓「私…実は憂君の事…」

憂「ごめんなさい」

梓「えっ…?」

憂「なんとなくわかってました。でも正直よくわからないんです…俺も…」

梓「そ、そうですか…そうですよね、こんな、ちょっと前にあったばかりなのに…こんな…」

憂「梓ちゃん…」

梓「じゃあ、最後のワガママ聞いてもらってもいいですか?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:46:39.40 ID:GbNzGra/O

憂「はい…」

梓「1日だけ…1日だけ、デートしてもらえませんか?」

憂「…」

梓「いやならいいんです…無理強いはしませんから…」

憂「いいですよ」

梓「えっ…?」

憂「梓ちゃんかそれでいいなら、いいよ」

梓「憂君…えへへ…」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:47:35.85 ID:GbNzGra/O

澪「梓、今日は調子がいいみたいだな」

紬「ほんと、何かいい事でもあったのかしら?」

梓「何でもないですよ~えへへ~」

律「なんだよ教えろよ梓~」

梓「えへへ~」

唯「このクッキーおいしー!」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:48:56.04 ID:GbNzGra/O

平沢家!

憂「お姉ちゃん、明日は俺、家にいないから」

唯「ふぇ~い…ふぇ!?なんで?」

憂「実は梓ちゃんと出掛けてくるんだ…」

唯「あずにゃんと…?」

憂「うん。夜ご飯までには戻るから」

唯「ふーん…」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:50:00.83 ID:GbNzGra/O

翌日!

憂「どうも平沢憂です。今日は初めての梓ちゃんとのお出かけです」

梓「おーい!ごめーん!」

憂「梓ちゃん!服、可愛いね」

梓「えへへ…」

憂「今日はどこいくか決めてある?」

梓「どこでもいいよ…」

憂「そっか…じゃあ梓ちゃんの…」

梓「あの」

憂「はい?」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:51:17.23 ID:GbNzGra/O

梓「あの…『梓』って…呼んでもらってもいいですか?」

憂「…うん、わかった。なら俺の事も、『憂』でいいよ」

梓「うん!じゃあ行こう!憂!」

憂「うん、今日はよろしく、梓」



唯「……」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:52:01.34 ID:GbNzGra/O

梓「今日は楽しかったね…」

憂「うん、久しぶりだよ!こんなにはしゃいだのは」

梓「憂に喜んでもらえてよかったよ!」

憂「はは…じゃあ家まで送るよ梓」

梓「ん…そだね…」

憂「…」

梓「…」


唯「…」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:52:59.06 ID:GbNzGra/O

梓の家の前!

梓「今日は本当にありがと…私のワガママに付き合ってもらって」

憂「はは…」

梓「…」

憂「梓…」

梓「ごめんね…今日は…今日は絶対泣かないって決めてたのに…」

憂「…」

梓「憂…」

憂「ん…」

梓「!?」

憂「今はこれが精一杯です…」

梓「…ずるいなぁ…そういうのずるいよ…」


唯「…」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 01:54:00.29 ID:GbNzGra/O

憂「ただいま~」

「…」

憂「誰もいないの?お姉~ちゃ~ん」

「…」

憂「…お姉ちゃん?」

唯「あ、憂おかえりーもうお腹ペコペコのペコちゃんだよ~」

憂「ごめんごめん、先に食べててもよかったのに…」

唯「憂と一緒に食べようと思ったんだよう~」

憂「ありがと、お姉ちゃん。今から作るから待っててね」

唯「うん………憂、今日楽しかった?」

憂「ん?うん、楽しかったよ」

唯「そっかあ~…」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 02:17:52.24 ID:GbNzGra/O

唯「ねぇ憂、今日一緒に寝よ?」

憂「えっ?急にどうしたのお姉ちゃん…」

唯「今日はなんだか憂と一緒にいたいんだよう~…だめ?」

憂「いいけど…」

唯「ワーイ!」

憂の部屋!

唯「それじゃあおやすみなさーい!」

憂「おやすみなさい」

唯「…」

憂「…」

唯「ねえ憂…」

憂「どうかした?お姉ちゃん」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 02:19:32.25 ID:GbNzGra/O

唯「憂は、ずっと一緒にいてくれるよね?」

憂「どうしたの急に。もちろん、お姉ちゃんとはずっと一緒にいるよ」

唯「よかった…どこにもいかないでね…」

憂「お姉ちゃん…?」

唯「zzzz」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 02:20:29.93 ID:GbNzGra/O

学校!

澪「唯?大丈夫か?」

唯「へ?何が?」

澪「何か…調子悪いのか?」

唯「何言ってるの澪ちゃ~ん、私はこの通りピンピンだよ?」

澪「ならいいんだけどな…」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 02:21:46.01 ID:GbNzGra/O

帰り道!

澪「それじゃあまた明日!」

律「じゃあなー!」

紬「また明日」

唯「バイバーイ」

梓「お疲れ様です」

唯「あずにゃん、何だかちょっとご機嫌?」

梓「そ、そんなことないですよ~」

唯「そっか…実はね、私凄く気分が悪いんだ」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 02:23:15.41 ID:GbNzGra/O

唯「あずにゃん、憂とキスしたでしょ」

梓「えっ…ど、どうしてそれを…」

唯「私、ずっと見てたんだよ。なんであんな事するのかなぁ…憂は私の何だよ?」

梓「私のって…憂は憂じゃないですか!人を物みたいに…」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 02:25:11.55 ID:GbNzGra/O

唯「憂の事、呼び捨てにするぐらい仲いいんだあ?キスするぐらいだもんね?
  私でも、憂が高校生になってからはしてないのに…」

梓「…お、おかしいですよ、実の姉弟でそんなこと…」

唯「あずにゃんに何がわかるの?
  私達の事…私達、あずにゃんが思ってるより、ずっと仲いいんだよ?」

梓「そ、そんなこと言われたって…」

唯「ねえあずにゃん」

梓「な、何ですか…」

唯「あずにゃん、早死にしたいの?」

梓「えっ…?」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 02:26:37.96 ID:GbNzGra/O

憂「お姉~ちゃ~ん!」

唯「あ、憂~」

憂「お姉ちゃんの後ろ姿が見えたから走ってきたんだ…って梓ちゃん大丈夫?」

梓「…えっ…」

憂「顔、真っ青だよ?具合悪いの?」

唯「ホントだ!?あずにゃん大丈夫?」

梓「…だ、大丈夫です…私、ちょっと用事を思い出したんで、先に帰ってて下さい!」

憂「?梓ちゃん、どうしたんだろ…」

唯「さぁ~どうしたんだろうね~」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 10:25:04.88 ID:GbNzGra/O

平沢家!

憂「何だか梓ちゃん様子が変だったな…まああんな事があったばっかだし…当然かな」

コンコン

憂「?…はい」

唯「憂~入ってもいい?」

憂「うん、大丈夫だけど…」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 10:26:13.56 ID:GbNzGra/O

ガチャ

唯「えへへ」

憂「どうしたの、急に」

唯「憂、ちょっとそこに座って」

憂「ベッドの上?うん…」

唯「んしょ…ねえ憂」

憂「何、お姉ちゃん」

唯「憂はお姉ちゃんの事好き?」

憂「もちろん、当然だよ」

唯「そっか…えへへ、そうだよね」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 10:27:14.34 ID:GbNzGra/O

憂「どうかしたの?お姉ちゃん」

唯「憂~ちゅーしよ」

憂「へ?」

唯「お願~い」

憂「いや、あのお姉ちゃん…ん…」

唯「ん…ぷはぁ…」

憂「お姉ちゃん…」

唯「じゃあおやすみ憂」

憂「う、うん…」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 10:28:45.86 ID:GbNzGra/O

梓の家!

梓「今日の唯先輩普通じゃなかったよ…唯先輩…あんな…恐いよ…」

パン!チャ!シュクチョク!

梓「メール…唯先輩からだ…」

唯『あずにゃん今日はごめんね!
  ずっと2人の後つけたわけじゃないの
  最近憂と仲悪くて心配で…でも
  しばらくかんがえたら今日わたし変だったよ!
  姉としてちょっと嫉妬したみたい…ごめんねあずにゃん…』

梓「唯先輩…どっちが本当の唯先輩なの…」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:39:40.28 ID:GbNzGra/O

別の日!

ピンポーン

聡「はーい」

ガチャ

憂「すみません…お姉さんはいらっしゃいますか?」

聡「え…なにこのカッコイい人…まさか姉ちゃんの彼氏!?
  いや、あんな糞デコ野郎とは全く釣り合わないタイプじゃないか…」



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:40:37.47 ID:GbNzGra/O

憂「あ、あの…」

聡「あ、ああ姉ですよね!ちょっと待ってて下さい…」

ドタバタ

聡「ね、姉ちゃん…」

律「ん、どうした聡、鳩が政権交代した顔みたいになって…」

聡「豆電球だろ…あれ、豆電球…」

律「どうしたんだよ」
聡「あ、ああ…姉ちゃんにカッコイい人が会いたいって…」

律「はぁ…」

ドタバタ

律「あれ、憂君?どうしたの」

憂「実は…ちょっと相談事がありまして」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:41:36.76 ID:GbNzGra/O

律「ふーん…まあここじゃ何だし上がってよ」

ドタバタ

律「で、相談事ってなに?もしかして恋の悩みとか!?」

憂「あ、いえ、お姉ちゃんについてなんですが…」

律「唯?唯がどうかしたの?」

憂「最近お姉ちゃんの様子がおかしいんです。学校で何かあったのかと思って…」

律「唯が…?いやぁ、特に何もないと思うけどな…」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:42:22.36 ID:GbNzGra/O

律「まあ唯の事だし、腹の調子でもおかしいんだろ」

憂「そうだといいんですけど…」

律「ごめんな、大した事出来なくて」

憂「大丈夫です。今日はありがとうございました」

律「うん、まあ何か分かったら連絡するよ」

憂「はい」


唯「……」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:45:20.58 ID:GbNzGra/O

放課後!

紬「2人とも先に行ってて!私職員室行ってくるから」

唯「はいよー」

律「おいっす」

唯「2人きりだね~」

律「そうだな~あ、そう言えば唯…」

唯「ねえりっちゃん、昨日りっちゃん家で憂何してたの?」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:46:23.97 ID:GbNzGra/O

律「え、い、いや、何でお前知ってるんだよ…」

唯「姉弟だもん当たり前だよ~それで、何してたの?」

律「唯…なんかお前、おかしいぞ…?」

唯「そんなことないよ…」
スタスタ

唯「ねぇ、何してたの?」

律「あぅ…それは…」

ガチャ

澪「2人供遅くなってごめん」

紬「どうしたの2人供?」

唯「うーうん?何でもないよ?」

律「憂君の言ってた通りだ…唯の奴おかしいぞ……」

カチ、カチ



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:47:10.78 ID:GbNzGra/O

澪「よし、今日はこんなもんだな」

唯「あずにゃん、今日ちょっと2人で残らない?」

梓「えっ…いや…あの…」

唯「いいよね?」

梓「…はい…」

律「じゃあ私達先に行ってるからな~」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:48:17.09 ID:GbNzGra/O

ガチャ

唯「さてと…」

カチ、カチ

唯「あずにゃん、憂の事好き?」

梓「えっ…な、なんで…」

唯「だよね~憂カッコイいもんね!料理もできるし、頭もいいし…でもねあずにゃん」

梓「…」

唯「憂が好きなのは、私なんだよ?あずにゃんの事なんてなんとも考えてないよ」

梓「そ、そんなこと」

唯「これ、聞かせたあげる」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:49:19.67 ID:GbNzGra/O

カチ

唯『憂はお姉ちゃんの事好き?』

憂『もちろん、当然だよ』

カチ

唯「ね?最初からあずにゃんは入れないんだよ」

梓「こ、こんなの唯先輩が言わしてるだけじゃないですか!」

唯「…はぁ…あずにゃんもうちょっと頭がいいと思ったのに…」

カツカツ

梓「い、いや、近寄らないで…」

カツカツ

梓「いやぁ…やだよ…」

カツカツ

梓「いやぁ!」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:50:27.37 ID:GbNzGra/O

バタン

律「唯!やめろ!」

澪「やめるんだ唯!」

紬「やめて唯ちゃん!」

梓「先輩!」

唯「みんな…なんで…」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:51:18.28 ID:GbNzGra/O

律「私達だけじゃないぞ」

梓「う、憂君…?」

唯「憂…どうして…」

憂「お姉ちゃん…」

律「憂君に来てもらったんだ。唯の様子がおかしいって」

唯「おかしくなんかないもん!」

律「おかしいだろ!お前ら姉弟だろ!?それかの好きだとかなんとか…唯…目を覚ませよ…」

唯「違うもん…違うもん…」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:53:33.15 ID:GbNzGra/O

憂「お姉ちゃん…」

唯「憂…違うよね?私達さ…愛し合ってるよね?」

憂「お姉ちゃんの事は好きだよ…
  でもお姉ちゃんが、誰かを傷付けるとこなんてみたくない…
  そんなお姉ちゃんは、駄目だよ」

唯「…そんな…そうだよね…憂は…誰にでも優しいもんね…憂、ごめんね…」

憂「謝るのは、俺にじゃないよ」

唯「…ごめんみんな…ごめんねあずにゃん…」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:54:21.87 ID:GbNzGra/O

梓「唯先輩…私、憂君に伝えたい事があります…聞いてもらえますか?」

憂「…はい」

梓「憂…好きです…」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:55:46.95 ID:GbNzGra/O

律「実は私も…」

憂「えっ」

澪「わわわわたしも!」

紬「実は私も憂君の女装が大好きなの!」

和「話は聞かせてもらった。私も好きよ、憂」

さわ子「もちろん憂君が一番好きなのは私よね?」

悪魔将軍「これが友情パワーか!」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:56:53.10 ID:GbNzGra/O

憂「こんにちは平沢憂です。今日はみんなとの初めてのお出かけです」

みんな「おーい!」

おわり



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 12:01:00.92 ID:GbNzGra/O

めでたしめでたし

この後憂はみんなを孕ませ野球チームを作るんだがそれはまた別のお話です




97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 11:57:56.30 ID:hl4uwM3N0

え?



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 12:01:42.72 ID:xM9aWp/LO

え?



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 12:04:00.52 ID:nBr37dZi0

どうしてこうなった・・・



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 12:05:45.28 ID:JxbVtQnpO

え?





104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 12:08:25.46 ID:GbNzGra/O

このオチは最初から考えてたんだ…ちょっと長くなりすぎた感もあるしな…



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/25(金) 13:00:24.58 ID:GbNzGra/O

ちなみに気付いてるかわからないけど唯のメールは縦読みでした



関連記事

ランダム記事(試用版)




梓「憂…好きです…」
[ 2012/04/07 21:36 ] 男体化 | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6