SS保存場所(けいおん!) TOP  >  非日常系 >  律『ネェネェ』

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






律『ネェネェ』 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1280501844/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/30(金) 23:57:24.89 ID:oGbpxWVvQ

『今度ノすタfセセf劔。ゥI撥D錐年ハ、ドッカ渙ィtーとモ遊ベヒソ牴xLナイ?』

ぶよぶよと蠢く肉塊が、暗く粘ついた声でそう言った。

『すホサyネ祭ォ? ワザワエャWCQエヒ]?角マデ行ッ閂ト;批麸と?』

『ハハ、勘(熙ヒ&ヤッテクレヨ紬。コイツ今WCQエヒ]?角咨まッテンダ。
 ナンカオf&ノ前、コ6GBbュlナッテ始メテすけームVワユア性タ縷ンダカラサ』

似たような肉塊があと三つ、目の前に並んでいる。
テーブルを囲んで、カップに注がれた汚水をさも美味しそうに啜り上げながら、
金切り声と呻り声とそれ以外の奇声を交わしあっている。

注意すれば、こいつらの会話の意味を酌み取れないこともない。
おかげで私は、辛うじてこいつらの不信感を誤魔化せるギリギリのところに留まっていられた。
こいつらが勝手に話し合ってるうちは放っておけばいいが、
こちらに話しかけてきたときまで無視するわけにもいかない。
姿形はどうあれ、こいつらは私の“友達”ということになっている。





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 03:11:53.30 ID:06z+s4M3P


「看ォ函ン℃もshいかるファんsあ^ビすロしtえ貰ワNaい渡ナ!」

「2=マチネィ2ゥ・U`わぁぁぁぁ^」

 二体の肉塊は楽しそうにお互いの体をぶつけていた

「ウ肇:縵ニzd'サdd♪ そうネ、鹿Reね」

 もう一体がそう言うとの肉塊が私の肩に何かを伸ばし“ポンッ”と置いた
 きっと優しく私の肩を叩いたのだと思う

 コイツは比較的他のヤツ等に比べて落ち着いたヤツだ
 いつもどことなく私を気に掛け、皆に汚水を丁寧に注いで回る

「そうだな! 私も頑張るよ」

 私がそう声をかけるとみんな嬉しそうだ



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 03:26:40.99 ID:06z+s4M3P


 最初はおかしいのは自分の方だと思っていた
 きっと手塚治虫の漫画みたいに自分が狂ったのだと思った

 でもそうじゃなかった

「9ヘウユojオa懇みイツそ J鑒ぉ、ビヤあァミ@ぁぁ!」

「(#Lウワヌ! k・アF陰\アfぃッ^!!」

 二体の肉塊はまだ楽しそうにぶつかり合っている
 私の知ってる姿ではないけど、きっとこの二体の肉塊は律と唯なんだと思う

 そんな2人を見ていると少し和む
 私は汚水を1口舐めた
 
「ちょっと苦い、でも、……暖かい」
 

 なぜか自信があった
 うまくは言い表せないけど
 “自分はだけはまともだ”という変な自信だけど



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 03:35:04.22 ID:06z+s4M3P


「毛1Eb8リ・`shィン↑ます」

 一体がそう発し、少ししか減ってないカップに新たに汚水が注がれる

「ムギは気が利くな」

「??■? ェ% ? ?¨ ∵? ェ% ?? ????」

 私の顔に生暖かい何かがかかった
 きっと私の一言に喜んでくれたんだ

 私はムギであろう肉塊に微笑むとまた1口汚水をすする



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 03:44:22.41 ID:06z+s4M3P


 私は元から友達が多いほうではなかった

「瘰@M・E0ィPイーA・だよっ! 凋"£」

「そ、%ム■H睿pqd7! フ(E"、フ(E"」

 みんなおかしくなってしまったけど私の友達には変わりない
 だから私はこの状況に絶望はしていない

「ナ孫リイIロ砧Q・ハ-shノeう♪」

「ほら、そろそろ練習しよう!」

 ただ1つ
 願いがある……



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 03:52:37.23 ID:06z+s4M3P


 みんなそれぞれのポジションにつく
 あれ? 唯だと思ってたのは律だったのか
 
 これは大変失礼しました……ふふっ


「斐クッモハ。るぜ!」

 律はそう言うとバスドラムに入っていった

「ひ QK`・5蓬♪」

 ムギはシンセをその肉塊に取り込む

「ムアアヘムエアカ■ロyぉ-」

 唯はギターを逆に持ちアンプから伸びるシールドを自分の体に突き刺した

「じゃあ、最初は“ふわふわ”からだな!」


「1、2、サ螳、Ⅳ!」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 04:05:12.90 ID:06z+s4M3P


               ――――――♪
 君を見てるといつもハートDOKI☆DOKI
 
 揺れる思いはマシュマロみたいにふーわ☆ふわっ

 いつもがんばるー、キミの横顔ー、
        <薺 £テ-   <舘Hワヌ□巣ー
 ずっと見てても気づかないよねー

 夢の中なら二人の距離chゐ干ェめられるのになO` ̄

(あ……)

 あぁ カミサマお願い
 
 二人だけのDream Timeくァカーxイい☆

(はじまったのかな?)

 お気に入りのヲルヒ晰ん 抱いてー

(私もようやく)

 今曲ユxも オヤニ3ラェミ♪
 
(そっちにいけるね……)
       ―――――♪

 おわり



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 04:08:17.87 ID:06z+s4M3P

以上、色んな意味でお目汚し失礼しました

一応補足
・律=凋"£
・唯=H睿pqd7
・澪=z暑y゙エス
・紬=AaXA(罫懸^
      です

お付き合い頂きありがとう"コZ%ィました!



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 04:10:12.07 ID:06z+s4M3P

あ、>>1
凋"£ 視点でごめんね では!



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 04:08:51.60 ID:9JDxwfJWQ

ちょっとちょっと 唯一まともな人間に見えるあずにゃんの出番は



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 04:09:12.22 ID:wQQZthuf0

ああ
もしかして沙耶の唄知らないとか?



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 04:28:19.14 ID:bVTnJOiM0

沙耶の唄ってこんな感じなの?



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/31(土) 04:43:20.34 ID:wQQZthuf0

>>27
>1はな
最序盤だけど





関連記事

ランダム記事(試用版)




律『ネェネェ』
[ 2012/04/12 16:41 ] 非日常系 | | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:6261 [ 2012/04/12 19:51 ] [ 編集 ]

文字化けしとる

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6