SS保存場所(けいおん!) TOP  >  スポンサー広告 >  非日常系 >  律「交換しましょ」唯「そーしましょー」#前編

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

律「交換しましょ」唯「そーしましょー」#前編 【非日常系】


http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1265038279/

律「交換しましょ」唯「そーしましょー」#前編
律「交換しましょ」唯「そーしましょー」#後編




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 00:31:19.56 ID:bRepAUBg0

律「なぁ、唯」

唯「はい?」

律「ちょっとだけ私のわがまま聞いてくれないかな」

唯「アイス奢ってくれるなら!」

律「現金な奴…まぁ、いいや」

律「一日だけ私に憂ちゃんのお姉ちゃんさせてくれない?」

唯「んー、うん」

律「おー! マジか!?」

唯「……ん」

唯「あれ?」





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 00:35:10.18 ID:bRepAUBg0

ほうかご!

澪「で、それってようは律は憂ちゃんの姉になって」

紬「唯ちゃんがりっちゃんの弟さんのお姉ちゃんになるってこと?」

律「そそ。そゆことー」

澪「大丈夫なの? 唯」

唯「うん。どうせ一日だけだし、ちょっと弟ってのも前から憧れあったし」

唯「アイス奢ってもらえるし!」

澪・紬・梓(餌で釣られたのか…)

梓「でもまだ憂たち二人の了解はもらってないんですよね?」

律「まぁね。でも一日だけだし、たぶん大丈夫だって」

唯「そっか、憂にも聞いてみなきゃいけないんだ」

澪(あー憂ちゃんならきっとNOって言うんだろうなぁ)



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 00:39:16.17 ID:bRepAUBg0

律「あ、言うの忘れてたけど」

律「その日はウチの両親が温泉旅行行ってるからウチにいるのは聡だけなんだよ」

「……」

梓「え」

澪「…それって」

紬「男と女が一つ屋根の下…ふ、ふ、二人っきり……だと?」

唯「おぉ~それならウチも憂だけだから同じ――」

澪「待て待てっ、それとこれとは全然違うだろ!?」

梓「相手は一応他人なんですから!!」

紬「血迷っちゃダメよ唯ちゃん!! …あぁ、私の唯ちゃんが汚されてしまうぅっ」

澪「おい」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 00:42:42.66 ID:bRepAUBg0

律「そ、そんなに必死になんなくても」

梓「なりますよっ、バカなんですか!?」

律「ばっ……とにかく聡はまだ女になんて興味ねーし大丈夫だって。
  の裸見てあがっちまうくらいなんだぜ?」

律「それに澪。澪なら聡がどんな奴かわかるでしょ?」

澪「いや…まぁ、聡はいい子であることには違いないけど…」

唯「澪ちゃんがそう言うならきっと大丈夫だって」

紬「あ゛あああぁ!? 唯ちゃん! ちょっと落ち着いてよく考えなさいっ!」

唯「ムギちゃんが怖いっ」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 00:45:32.11 ID:bRepAUBg0

律「本当に大丈夫だってば…」

紬「何か! あってからじゃ! 遅いのよ!?」ブンブン

律「おぅ!? ち、力いっぱい肩をゆすんなよっ」

澪・梓(必死の顔だ!)

唯「む、ムギちゃん」

紬「何!?」

唯「だ、大丈夫だから…ホントに…」

唯「それに何かあったら大きな声あげるから! そうだ、防犯ベルも持っていこう!」

澪・律・梓(聡(くん)が不憫…)



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 00:47:59.35 ID:bRepAUBg0

律「とりあえず憂ちゃんに聞いてOKだったらメールよこしてね。話はそれから」

唯「あいあいさー!」

梓「あれ、結局話進んじゃうんですね」

澪「もうなんとかなるでしょ…ってムギはもう諦めたのか?」

紬「まさか」

澪「…粘るんだな」

紬「当然!」フンス

梓(なんかかわええ)



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 00:50:50.37 ID:bRepAUBg0

ひらさわけ!

唯「―――てなワケなんだけど…だめ?」

憂「そ、そんな唐突に…」

憂「それって律さんがウチに来て、お姉ちゃんが律さんの家に行くってことなんだよね?」

唯「そだよー」

憂「歳が離れている男の子とはいえ初対面の男の人と二人っきりって…」

憂「それにお姉ちゃん私がいなくても大丈夫なの?」

唯「…む」

唯「それって何か私は憂がいなきゃ何にもできないって言われてるみたい」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 00:55:03.74 ID:bRepAUBg0

憂「ご、ごめんね! そんなつもりで言ったわけじゃ…」

唯「だいたい憂だっていっつも私にべったりだし、私がいなかったらどうなのかな!」

唯「憂は昔から寂しがりやさんでしょうがないもんねー!」

憂「な…」

憂「べ、別にそんなことないもん!
  お姉ちゃんなんていなくたって寂しくもないし、しっかりやれるもん!」

唯「へー! どうだか!」

憂「お、お姉ちゃんのバカぁっ! いいよっ、行けばいいじゃん!
  どうなっても知らないんだからね!?」バンッ

唯「むむむ…憂のおたんこなすっ! なすび頭っ! 言われなくてもそうしますよーだ!」

唯「あっかんべー!」ドタタタタ…

憂「もう知らないっ」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:00:51.91 ID:bRepAUBg0

ガチャリ、ドンッ!

唯「ばかばかばか! 憂なんてもう知らないんだからっ」

唯「はぁ…はぁ…」

唯「……あ」

唯「りっちゃんにメールしなきゃ」

唯「えっと、OKだったよ~☆ …っと。送信!」

ヴィィン、ヴィィン

律「ん、お! 唯からか」

律「おぉ大丈夫だったかー」

律「えーと、それじゃあ…明後日の土曜のAM10時からお互いの家に …と。届け~私の想いよ~送信!」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:04:57.76 ID:bRepAUBg0

つぎのひ!

梓「けっきょくホントにするんですか!?」

唯「うん。予定通りでありますっ」

律「ぬははは! 明日が楽しみじゃ~!」

澪「唯、よく憂ちゃんが許してくれたな?」

唯「…ん、まぁね」

梓「…?」

澪「で、聡は何だって?」

律「まだ言ってないよ」

律「ていうかあえて言わないでおくわけよ」ニヤリ

澪・梓(め、面倒くせぇ…)



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:08:33.36 ID:bRepAUBg0

唯「え、大丈夫なの?」

律「心配ないって。あいつのことだから何とかなるし、一応それらしい事は濁して言っておくからさ」

澪「濁す必要ないだろうに…」

律「きっと聡の奴テンパるぞー」

梓「なんて嫌な姉ですか…」

唯「え? え?」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:12:24.87 ID:bRepAUBg0

澪「ところでまだムギは来ないんだな?」

律「ああ、ちょっと用事があるから遅れるって言ってた」

梓「今この場にいたらどうなったことやら…あはは」

紬「呼んだかしら?」

梓「 」ガタッ

唯「あわわわわ」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:15:17.66 ID:bRepAUBg0

紬「話は聞かせてもらったわ」

紬「唯ちゃん。はい、これ」ドッサリ

唯「お、重っ」グググ…

澪「…リュックいっぱいに」

梓「防犯グッズ?」

紬「のようなものだと思ってくれていいわ」

澪・律・梓(本当は何なんだ)



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:19:35.00 ID:bRepAUBg0

紬「あと、これを」

唯「あ、かわいいウサギのぬいぐるみ~」

梓「ふつうのぬいぐるみみたいですけど」

律「何かあるのか?」

紬「小型カメラを内部に取り付けてあるの」ニッコリ

唯「え、えー…」

律「その笑顔が今は怖くて仕方がないっ」

紬(唯ちゃんに悪い虫がつかないように監視することができるし、
  プライベートも覗けるだなんて最高だわぁ)



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:22:41.26 ID:bRepAUBg0

梓「ていうか何もここまですることないんじゃ…」

紬「用心するに越したことはないわよ。それに唯ちゃんの身を守る為ですもの」

律「わ、私の弟はそこまで悪い奴じゃないぞ?」

澪「…たぶん大丈夫だよ」

紬「その油断が悲劇を生むかもしれないわね」

唯(と、とんでもないことになってきちゃった…)

律「まぁ、でも…意外とおもしろいことになりそうだし別にいっか」

澪「…聡が大丈夫なのか心配になってきたな」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:25:31.77 ID:bRepAUBg0

パンツ…はいてくれよ、な?


つぎのひ!

憂「……」

唯「……」

唯「…じゃあ行くから」

憂「…」プイッ

唯「む……ふーんだっ」ガチャ

バタン

憂「…忘れ物とかしてないよね」

憂「あれ、ちゃんとハブラシ持っていったのかな…」

憂「パジャマも…あ、枕は自分のじゃなくても寝られるのかなぁ」

憂「ほんとに大丈夫……」

憂「!」

憂「し、しらない! しらない! しらなーいっ!」ブンブンブン



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:33:27.09 ID:bRepAUBg0

律と憂!

ピンポーン

律「こんちはー」

憂「はーい。 あ、律さん! どうぞ上がってください」

律「おっす憂ちゃん。それじゃあ、お邪魔しま…あ」

律「ただいまー!」

憂「…は、はい?」

律「あれ? 唯から話聞いた…よね?」

憂「えっと、今日だけ律さんが私のお姉ちゃんになるって…そ、そうですよね?」

律「そ、そうそう! だ、だからただいまって…」

憂「…ああ! なるほど! お、おかえりなさいっ」

律「もっかい…ただいまー! (…初っ端からやっちまったか)」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:39:29.56 ID:bRepAUBg0

憂「はい。お茶どうぞ」カタ

律「お、ありがと。…何かごめんね。突然変なこと頼んじゃって」

憂「いえいえ、気にしてないですよ。それに楽しそうですし」

律「そっか? だったら良かったー…せっかくの休日に悪いことしちゃったかなって思って」

憂「全然大丈夫ですってば」ニコ

律「…ほんとにできた妹だよなぁ、憂ちゃんは」

憂「そ、そんなことないですよぉ///」

律「正直唯が羨ましいくらいだっての!」

憂「あ…お姉ちゃん……」

憂(ちゃんと律さんの家まで着けたのかな…バスもちゃんと乗れたかどうか…)



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:42:53.25 ID:bRepAUBg0

律「ん? 憂ちゃん? おーい」

憂「…へ!? あ、はいっ」

律「どうしたの、急にボーっと…あ、ひょっとして唯のこと考えてたでしょ?」

憂「い、いえ! そんなまさか…」

憂「そんなことより私、律さんのお話色々聞きたいなー!」

律「お、私の武勇伝を聞きたいのか? それじゃあ話して進ぜようっ」

憂「わーわー(お姉ちゃんのことは考えない、考えない)」パチパチパチ



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:45:00.80 ID:bRepAUBg0

律「…てな感じでさぁ!」

憂「あはは、スゴイですね」

律「でしょでしょー」

憂「はい、やっぱり律さんって面白くてとっても良い先輩です」

律「もーっと、もーっと褒めていいから!」

憂「ふふふふ。律さん楽しい!」

律「ははは………」

律「……」

憂「あれ、どうしました?」

律「う、憂ちゃん。あのさ…」

憂「ん?」

律「……今日だけ…お、お姉ちゃんって呼んでくれない、かな…?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:49:15.76 ID:bRepAUBg0

憂「へ?」

律「あ、いや…その///」

律「…だめ?」

憂「……」

憂「あはっ」

律「うう…」

憂「はーい! お姉ちゃん♪」

律「え、あ……わはぁっ」パア

律「妹よぉーー!!」ギュ

憂「きゃっ!? く、苦しいですよぉ」

律「くぅー! かわいいのぉ、かわいいやつじゃあぁ」ギュウウ



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:53:00.67 ID:bRepAUBg0

律「一度言われてみたかったんだよ!」

憂「あれ、でも弟さんがいるんですよね?」

律「あいつはお姉ちゃんなんて言わないし、言われてもなんかキモいし…
  ていうか妹に言われてみたかったんだな! うんうん」

憂「そうだったんですかー (あはは…わかんないなぁ)」

律「そのついでに悪いんだけど、敬語で話すのも無しにしてくれないかな!?」

憂「え、でも」

律「おおお願いしますっ」

憂「あー…う、うん。お姉ちゃんっ」

律「あぁん、もう死んでもいいや…」グッ



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:55:08.53 ID:bRepAUBg0

憂「ところでまだお昼にするには早いですよね」

律「あ…」

憂「は、早いよねー」

律「! 確かにそうだな」

律「そうだ! 二人で買い物に行かない?」

憂「あ、いいです…じゃなくて、いいねそれ」

律「じゃあ昼は外でとることにしよっか」

憂「うん、それでいいよ」

律「そうと決まればすぐにしゅっぱーつ!」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 01:58:39.00 ID:bRepAUBg0

憂「最初はどこから見ていくのお姉ちゃん?」

律「はいはいっ、お姉ちゃんです! えっと最初は…」

憂(ふふ、律さん嬉しそうだなぁ。喜んでくれて何よりだよ)

律「そこに新しくできた雑貨屋とかどう? その近くにゲーセンもあるんだよ」

憂「OK~」

律「あはは、いいなぁ。姉妹っていいよ。やっぱ!」

憂「そう?」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:00:48.60 ID:bRepAUBg0

男A「おーい急げよぉ」

男B「ま、待っててば…うわ!」ドン

憂「あ、危ない!」

律「え? わぁっ!? こら、気をつけて…」

律「あれ、確か聡の友達の…」

男B「そんなあなたは聡のお姉さん…」

男A「おい早くしろって…あ、どうもッス!」

律「おーす。どっか遊びいくの?」

男A「今から聡誘って外で遊ぼうかと思いまして」

律「え、聡を?」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:03:39.11 ID:bRepAUBg0

律(あれ、そしたら唯はどうするんだろうな…まぁ、なんとかやってくれるかな)

男B「え、何か問題でも?」

律「ううん。何でもない。それじゃ、気をつけて遊びなよー?」

男A・B「はーい」

律「んじゃ、行こっか?」

憂「うん(あれ、聡くんって……お姉ちゃんどうなるのかな)」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:06:25.30 ID:bRepAUBg0

憂「あ、これかわいいね~」

律「雑貨屋ってなんかおもしろいよな。変なもの置いてあったりとか」

憂「あはは、確かに」

憂「あ…これ」

律「んー? お、ペンギンのぬいぐるみかぁ」

憂「なんだかお姉ちゃんみたい」クス

律「私?」

憂「あ、律さんの方じゃなくて…」

憂「や、やっぱりなんでもない!」

律「?」

憂「次! 次ゲームセンターに行こうよ」

律「お、いいぜ~。…っと、ちょっと先行ってて」

憂「え? わかった」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:08:19.75 ID:bRepAUBg0

律「お待たせ~」

憂「あ、きたきた」

憂「何か買ってたの?」

律「ん、まーね」

律「それより最初は何するよ? ガンシュー? それとも格ゲーでも…」

憂「え、えーと…あ、UFOキャッチャーがある!」

律「じゃあそれいっときますか」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:10:36.90 ID:bRepAUBg0

律「もう少し右、もう少し…も、もうちょい…あっ」

憂「ん~……」

律「そこ!」

憂「引っ掛かった! …ああっ」

律「穴の近くに落ちるとか…これ悔しいな!」

憂「うんっ、でもこれぐらいで止めとくよ。キリなさそうだし」

律「まぁ、100円も馬鹿にならないしね。にしても何でお菓子の詰め合わせなんか狙ったの?
  隣のやつとかのほうが取りがいがありそうなのに…」

憂「あ、うん。ちょっと欲しかったかなーって」

憂(…無意識にお姉ちゃんの為に取ろうとしてた///)



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:13:22.18 ID:bRepAUBg0

律「そろそろ昼飯行っちゃう?」

憂「そうだね」

律「ほいほい。と、その前に」

律「プリクラ、記念に一枚…よろしい?」

憂「よろしい!」

律「そのノリの良さまで私は愛せるっ」グッ



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:15:24.72 ID:bRepAUBg0

店員「いらっしゃいませー。ご注文は?」

律「えっと、ハンバーグ定食一つに」

憂「オムライスのセットを」

律「じゃあその二つを」

店員「かしこまりましたー」

律「いやー、にしてもこの時間帯だと客が多いなぁ」

憂「運良く入ることができたね」

律「だね…ん? あそこにいるのって…」

憂「あ、澪さん」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:18:31.39 ID:bRepAUBg0

律「窓際の席で一人ぽつんと…何してんだ?」

憂「誰かと待ち合わせとか?」

律「どうだろ? …ちょっと携帯ならしてみるか」ピ

憂(ふ、普通に話しかけに行けばいいのに)

ヴィィン、ヴィィン、デンワダヨ!デンワダヨ!キラリン☆

澪「あ、電話…律から?」

律(今どきの女子高生であの着信音は珍しい…)

澪『はい、もしもし』

律『私りっちゃん! 今あなたの後ろにいるの!』

澪『ひっ…って、いないじゃん!?』



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:22:12.78 ID:bRepAUBg0

澪『いたずらか? まったく…』

律『まぁまぁ、ところで一人で何してんの?』

澪『何でそれを…もしかしてどこかにいる――』

澪「あ」

律「わーわー」ブンブン

憂「あはは…」ペコリ

澪『わざわざ電話使わなくてよかっただろ!?』

律『いいじゃん。とりあえずこっちおいで』



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:25:17.64 ID:bRepAUBg0

澪「やぁ、憂ちゃん。…ていうかほんとに例のアレやってたんだな」

律「まぁねー、楽しませてもらってる♪」

澪「律がよくても憂ちゃんは迷惑なんじゃないか」

憂「そんなことないです。律さん…お姉ちゃんといるととても楽しいですし」

澪「お姉ちゃん?」

律「今日だけお姉ちゃんって呼んでもらってんの。へへ、いいでしょ」

澪「変態…」ボソ

律「なっ」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:29:15.01 ID:bRepAUBg0

憂「ところで澪さんは一人でどうしたんですか?」

律「恥ずかしがりの澪ちゅわんがこんな人が多いところでってのは気になる…」

澪「さすがに私をナメすぎだろ」

律「はいはい。で?」

澪「…うん、新しい歌詞を考えてたんだ」

律「こんなところでまたどうして…」

澪「いや、ファミレスって中々集中できたりするからさぁ」

憂(…ちょっと変わってる)



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:33:37.25 ID:bRepAUBg0

律「で、何か書けた?」

澪「……」シュン

憂「あ…だ、大丈夫です! 澪さんならいい詩が書けますよ!」

憂「ふぁ、ふぁいとーっ」

澪「お…おー!」

憂「はい! これでバッチリですね」ニッコリ

律(こういうところは唯と似てるところあるよなぁ)

澪「ありがとう憂ちゃん。お蔭でもうちょっと頑張れる気がしてきたよ」

律「な? 妹って偉大だろ」

澪「どうして今その話になる」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:37:54.14 ID:bRepAUBg0

律「さーて、そろそろ行きますか」

憂「うん。それじゃあ、澪さん。頑張ってくださいね」

澪「ああ」

律「…あ、そうだ」

澪「ん、どうしたの?」

律「あとでウチの家によって聡と唯の様子見てきてくれない?
  どうなってるかちょっと気になってて」

澪「あー…まぁ、とりあえずわかった」

律「ありがと。それじゃ」

澪「うん」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:41:01.49 ID:bRepAUBg0

律「お腹も膨れたし、次はどこ行こっか? 憂ちゃん」

憂「うーん…」

律「どした?」

憂「あのね、お姉ちゃん。私のこと呼び捨てで呼んで欲しいな」

憂「その方が姉妹って感じもするでしょ?」

律「…おぉ」

律「おぉー! 憂ぃ!」

憂「なぁに? お姉ちゃん」

律「憂ー!! 妹よぉ!!」ギュ

憂「ふふ」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:52:04.83 ID:bRepAUBg0

律「憂、憂~♪」

憂「そ、そんなに連呼されたら照れるよ…」

律「あはは、ごめんごめん」

律「でも嬉しくてさ」

憂「そっか―――あ! 危ないっ」

律「へ?」

ヒュッ…スコーン

律「あいたっ!?」

憂「だ、大丈夫?」

律「うう…サッカーボール?」

?「すみませ~ん……」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:45:30.99 ID:bRepAUBg0

?「怪我しませんでしたか!?」

?「って、あれ…姉ちゃんじゃん」

律「聡!」

憂「え、この人が聡くん?」

律「ああ、一応弟の聡」

聡「一応って何さ…どうも、田井中 聡です」

憂「あ、平沢 唯の妹の憂です。こ、このたびは姉がお世話に…」

聡「いえいえ、気にしないで…あ」

聡「ていうか姉ちゃんっ! 一体どういうことなんだよ!?」

律「あはは、だから言ったでしょ。新しい姉ちゃんだよ」

聡「意味わかんねぇんだよっ…たく、携帯に掛けても出てくれないし」

律「まぁまぁ…それよりよくも私にボール飛ばしてくれたな?」

聡「いや、俺じゃなくて…」

?「お~い……」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:49:26.36 ID:bRepAUBg0

憂「この声は…」

律「唯!」

唯「聡くーん。ボールあったの……って」

唯「りっちゃん! それに……」

憂「……」

律(…?)

聡「あ、ボールはありましたよ。大丈夫でした」

唯「そっか。りっちゃん達はどうしてここに?」

律「歩いてたらボールが飛んできて私の頭にクリンヒット」

唯「え!? ご、ごめんねっ、私が遠くに蹴っ飛ばしちゃって…」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:56:23.91 ID:bRepAUBg0

律「いや、大した事なかったから別に構わないけど」

律「ていうか唯、お前聡とサッカーしてたの?」

唯「んー正確に言いますと私と聡くんとその友達二人の合計四人ですっ」

憂(お姉ちゃんがサッカー…)

憂(け、けがしないか心配だよぉ)ドキドキ

聡「友達の誘い断りたくもなかったし、
  さすがに唯さんを家に一人にしておくわけにもいかなかったから」

律「無理に誘ってないだろーなぁ?」

唯「そんなことないって。何してればいいかわかんなかったから助かったよ」

律「…ならいいけど」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 02:59:23.09 ID:bRepAUBg0

男A「おーい、まだかー?」

男B「はぁはぁ唯さんはぁはぁ」

唯「あ、すぐ行くからちょっとまってて~」

唯「聡くん。私さきに戻ってるね!」タタタ…

聡「はい。それじゃあ姉ちゃん、くれぐれも憂さんに迷惑かけるなよな」

律「へ、お前こそ唯に手ぇ出したりするなよー?」

聡「ばっ///」

憂「!」

律「唯かわいいだろ?」

聡「知らねーしっ! ばかでこっ」タタタ…

律「おほー♪ 照れてる、照れてる」

憂「……」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 03:04:02.95 ID:ehZ6OjvU0

>男B「はぁはぁ唯さんはぁはぁ」
しか目に入らない



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 03:04:36.77 ID:8AtYBQYTP

B興奮し過ぎだろ・・・




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 03:05:54.34 ID:bRepAUBg0

律「あの調子ならなんとか唯ともやっていけてるみたいだな」

憂「……」

律「やっぱり心配?」

憂「そ、そんなことっ」

憂「あっちはあっちで楽しめてるなら何よりだし…」

律「そっか?」

憂「私たちも負けずに楽しまなきゃ!」

憂「次いこ、次!」

律「あ、ああ」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 03:07:42.93 ID:bRepAUBg0

ひらさわけ!

律・憂「ただいま~」

律・憂「おかえり~」

律「…ぷっ」

憂「あはっ」

律・憂「あははははは!



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 03:11:31.77 ID:bRepAUBg0

律「いや~遊んだなぁ」

憂「すごく充実してたよ」

律「あっというまに夕方になってたしな」

憂「楽しいと時間が過ぎるのが早いよね…あ、そろそろご飯作らないと」

律「何作るの?」

憂「無難にカレーとか」

律「よーし、じゃあ私も手伝うよ」

憂「え、悪いですよっ」

律「んー? 今なんて」

憂「わ、悪いよ…お姉ちゃん」

律「気にすんなって、一人で作るより二人の方が手っ取り早いだろ?」

憂「うん…」

律「大丈夫! カレーなら自信あるからさ!」

憂「そう? それじゃあ頼っちゃおうかな」

律「まーかしといてよっ!」



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 03:13:18.41 ID:bRepAUBg0

律・憂「できたー!」

律「にしても料理作ってるとそれだけで何だか腹一杯になる感じしない?」

憂「あ、わかるー」

律「まぁ、食べるけどね」カタ

憂「ふふ」

律「はい、それではご一緒にー」

律・憂「いただきまーす」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 03:17:30.98 ID:bRepAUBg0

憂「ふぅ」

律「いやー美味かったなぁ」

憂「うん」

律「そういやいつも甘口カレー食べてんの?」

憂「ああ。お姉ちゃん…唯の方のお姉ちゃんが甘口じゃなくちゃヤダっていつも言ってて。それで…」

律「ふーん、お子ちゃまだなぁ」

憂「で、でもでも、甘口カレー食べてるお姉ちゃんはかわいくて!」

憂「とーってもかわいくて!」

律「あはは(唯には…負けるなぁ)」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 16:37:20.99 ID:bRepAUBg0

律「あ、そうだ」ガサゴソ

憂「ん?」

律「はい、これ」

憂「あ…」

憂「これ雑貨屋であったペンギンの…」

律「色々つきあってくれたお礼に。…あ、もしかして微妙だった?」

憂「とんでもないっ、すごく嬉しいよ?」

律「そっか! 気に入ってくれてよかった」

憂「えへへ」ギュー



110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 16:40:03.39 ID:bRepAUBg0

憂「お姉ちゃーん、お風呂沸いたよ~」

律「お、じゃあ一緒に入るか」

憂「うん…え」

憂「はい!?」

律「いいじゃん、ここまで来たら一緒に風呂入るぐらい。ね?」

憂「うーん…」

憂「…じゃあ、一緒に入ろっか?」

律「YES!」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 16:43:06.49 ID:bRepAUBg0

憂「じゃあお姉ちゃん入るよ~」

律「おう」

ガラガラガラ…

律「……」

憂「あ、あんまりジロジロ見ないで///」フックラ

律「……」ペッタンコ

律「ゆ」

憂「ゆ?」

律「許さんぞぉぉぉ」ガバッ

憂「!?」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 16:46:49.01 ID:bRepAUBg0

憂「もう…びっくりした」

律「面目ねぇ」

憂「ふふ」

憂「あ、背中洗ってあげるね」

律「おおー気が利きますなぁ」

憂「えへへ」ゴシゴシ



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 16:51:15.71 ID:bRepAUBg0

律「こんどは私がしたげるよ」

憂「うん、ありがと」

律「…ねぇ」ゴシゴシ

憂「なぁに?」

律「もしかして唯となんかあった?」

憂「え、あっ」

憂「…な、なんにも!」

律「…憂って嘘つくのは下手くそだよなぁ」

律「ほれ、お姉ちゃんに言ってみ」

憂「律さ…お姉ちゃん…」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 16:49:16.90 ID:bRepAUBg0

律「―――なるほどねぇ」

律「…私が悪いよね。無理言ってこんなことさせたのは私なんだし」

律「ごめん…」

憂「あ、あやまらないで…お姉ちゃんは悪くないんだよっ?」

憂「お姉ちゃんにあんなこと言っちゃった私が悪いの…」

律「でも、憂は唯を心配して言っただけじゃんか。
  それにあの唯が一人で泊まりに行くってのは憂じゃなくても心配になっちゃうって」

律「…まぁ、誘った私がどうこう言える立場じゃないけど」

憂「……」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 16:56:01.27 ID:bRepAUBg0

律「もしかしたら唯の奴、喧嘩したことなんて忘れてるかもしれないぞー」

律「唯はすぐ忘れることが特技だからな」ゴシゴシ

憂「どうだろ…」

律「おいおい」

律(そこまで思いつめてるとは…)

憂「はぁ…」シュン…



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 16:58:33.20 ID:bRepAUBg0

ふろあがり!

憂「お姉ちゃん、アイス食べる?」

律「お、いいねぇ。風呂上りのアイス」

憂「はいどうぞ」

律「んー! んま~い♪」

憂「よかった」

憂「……」

憂「…お姉ちゃんは聡くんと喧嘩したことある?」

律「んー? したことあるっていうか、しなかったときの方が珍しいかな」

憂「え」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:02:29.57 ID:bRepAUBg0

憂「いっぱいするの?」

律「おー、数え切れない」

律「殴り合いもしょっちゅうだし」

憂「な、殴り合い!?」

律「グーでね」

律「よく考えるとすげーしょうもない事とかでさぁ」

憂「う、うん…」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:06:44.98 ID:bRepAUBg0

律「だから唯と憂みたいなのほほんとした姉妹は逆に私には凄く珍しく見えるの」

律「てかその様子だと喧嘩なんて全くしたことなかったんだね」

憂「うん…」

律「あはっ」

律「くよくよすんなって!」ドン

憂「わわっ」

律「なんだかんだ言ってさ、仲が良いからこそ喧嘩できんだよ」

律「それって別に悪いことじゃねーし、お互い非があったと思うんだったら謝り合えばいいだけじゃん」

律「…大丈夫だよ。憂も唯も良い子だから」

憂「お姉ちゃん…うんっ」



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:12:21.75 ID:bRepAUBg0

すうじかんご!

律「むむむ」ピコピコ

憂「…えいっ」バヨエ~ン

律「な、なっ…あ!」バタンキュー…

律「参りました」

憂「まだまだだね、お姉ちゃん!」

律「憂、きさま…このゲームやり込んでいるなッ!」

憂「答える必要はない」

律「おおっ…このネタが通じるとは」

憂「愛読してますから!」エッヘン



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:18:22.46 ID:bRepAUBg0

憂「あ、もうこんな時間!」

律「うおっ、気づかなかった…ほんと時間過ぎるの早すぎ」

憂「ね。寝所はお姉ちゃんの部屋でいいかな?」

律「え? あ、ああ…(自分で頼んでおいて何だけど゛お姉ちゃん゛がごっちゃになってややこしい…)」

律「…あ、やっぱ待って」

憂「へ?」

律「一緒に寝ません?」

憂「え」



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:23:13.13 ID:bRepAUBg0

憂「ちなみに具体的に聞いておくと、どういう風に…寝るんですか」

律「一つのベットに二人並んですやすやと…」

律「だ、だめ?」

憂「そんなわけじゃ…」

憂(お風呂も一緒に入ったんだし、これも同じなんだろうけど…)

律「じゃあ」

(何でだろう…)

憂「い、いいよ」

(意識しちゃってる…)

憂「……お姉ちゃん」

(……律さん)



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:30:24.97 ID:bRepAUBg0

憂「…じゃあ電気消すね」

律「はいはーい」

カチッ

律「うはぁ、暗ぇ~」ギュッ

憂「わぁっ///」

律「へへ、憂って温かいんだなぁ…ぬくぬく~」

憂「そ、そうかな」

律「…なんか、すぐに……眠くなってきちゃった…」ウトウト

憂「え、もう?」

律「…あのね……憂、私……すー…すー…」

憂「…寝ちゃった」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:32:07.08 ID:bRepAUBg0

憂「……」

憂「……」チラ

律「…ぐぅ」

憂「あ…///」ドキ

憂(ドキドキして寝れない…)



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:34:49.85 ID:bRepAUBg0

憂「これって…」

憂「…私は律さんのことが好きってことなのかな……」

憂「…ね、律さん」ツン

律「…んー………」

憂「ふふ、そんなはずないか」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:38:10.78 ID:bRepAUBg0

憂(そういえば…お姉ちゃん、大丈夫なのかな)

憂(何も起きていなければいいけれど…)

憂「…お姉ちゃん」

憂「やっぱり私、お姉ちゃんの言うとおりだったかも」

憂「お姉ちゃんがいないと落ち着かなかったんだもん…」

憂「ごめんね…お姉ちゃん…」



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/02(火) 17:42:40.16 ID:bRepAUBg0

つぎのひ!

律「じゃあ、色々お世話になりましたっ。すごく楽しかったよ」

憂「私もいい経験ができて良かったです。たまにはこういうこともいいかもですね」

律「私的にはずぅっとこのままでもよかったんだけどねー」

憂「そ、それはちょっと…」

律「あはは! 冗談だってば。あ、それより…唯と仲直りできるといいね」

憂「あ…はい」

憂「私、ちゃんとお姉ちゃんに謝りますからっ」

律「ん、大丈夫だよ。二人とも仲良いんだから…それじゃあね。妹よっ」

憂「ばいばい、律お姉ちゃん!」ニコ

律「あ…ちょっと待って!」

憂「ん?」

律「…や、やっぱり何でもなーい! じゃあね! ばいばいっ」



関連記事

ランダム記事(試用版)




律「交換しましょ」唯「そーしましょー」#前編
[ 2012/04/28 12:15 ] 非日常系 | 律憂 唯聡 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。