SS保存場所(けいおん!) TOP  >  スポンサー広告 >  変態 >  憂「お姉ちゃんに私が和ちゃんと付き合ってるのがバレた」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

憂「お姉ちゃんに私が和ちゃんと付き合ってるのがバレた」 【変態】


SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServiseより

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1335976197/




1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 01:29:57.77 ID:Ylye+rh30



憂「ちょっと聞いてる?」


和「聞いてるわよ」スーハースーハー


憂「お姉ちゃん皆に言ったりするのかなぁ」


和「あら?皆に知られるのが嫌なの?」スーハースーハー


憂「そう言う訳じゃないけど・・・」


和「そう・・・・はぁ・・・、あぁ!・・んあ、・・・・イクッ!!!」ビクビク


憂「ちょっと私の靴下持って何やってんの」





2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 01:38:22.88 ID:Ylye+rh30




憂「返して」ゲシッ


和「ま、待って!まだイッてるの!凄いのキちゃうよおおお!」クンカクンカ


憂「ちょっと白目向かないで気持ち悪い」


和「あっ・・・・ああっ、ん・・・」ビクビク


憂「早く返して眼鏡割るよ」


和「ああん、ひどぅい」



3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 01:40:36.01 ID:Ylye+rh30




和「ふぅ・・・ごめんなさいね、憂の可愛い瞳に見られてたら止まらなくなちゃって」


憂「え、私今まで和ちゃんの顔なんて見たこと無いけど」


和「私にかかれば憂の後ろ姿見るだけで目が合ったも同然、
  今こうして憂の家のリビングに居ることなんて憂の膣内にいるのと同然よ」


憂「はい玄関こっちだから、じゃあまたね」


和「ちょ、やめ!わ、わかった!真面目に聞くから鞄外に投げないで!」



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 01:46:16.43 ID:Ylye+rh30




和「さて、私と憂がラブラブチュッチュでSEXが週8で毎時間ディープキスは当たり前で最近の私のブームが憂のお弁当のオカズを一旦口に含んで軽く噛んで元に戻すってのがバレた話だったかしら」


憂「してないけどね、あと最後の話は後で詳しく聞かせてね」


和「あら口が滑ったわ、全く憂は私の事なんて何でもお見通しなのね」クスッ


憂「そうだね、うん、もういいよそれで。
  その感じだとお姉ちゃんにバレたのも和ちゃんが口滑らせたっぽいね」


和「そんな事ないわよ、最近学校も忙しくて唯ともゆっくり話す時間なんてなかったし」



5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 01:53:02.85 ID:Ylye+rh30




憂「まぁ、一応受験生だしね」


和「一番最近話したのは憂の靴下の匂いを嗅ぐと何も考えられなくなるってのと
  憂の膝の裏を一日中舐めていたいって話したぐらいよ」


憂「それ、それだよ多分、忙しい中よくそこまで濃い話出来たね」


和「あら、もっと話したい事があるなかで出来るだけ今話さなきゃって思うことを話したんだけど」


憂「あっそ」


和「ふふっ、唯も今の憂みたいに諦めた顔してたわ」


憂「でも、その話だけじゃ和ちゃんが私に一方的に変なことしてるだけで、
  付き合ってるようには聞こえないと思うんだけど」


和「きっと唯も誰かから同じような愛情表現を受けているのよ」フフ


憂「こんな近くにこんな変態が何人もいるなんて世も末だよ」



6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:03:26.31 ID:Ylye+rh30




和「ふふっ、心配しなくても大丈夫よ。私が自分をさらけ出すのは憂の前だけで、
  普段学校では真面目な生徒会長で通ってるんだから」


憂「真面目な生徒会長なら学校でお姉ちゃんに変な話しないで」


和「あら、あの程度で変な話だなんて、手厳しいわね」


憂「それよりもうすぐ晩ご飯の時間だから支度しないと」


和「じゃあ一緒に作りましょう」


憂「え、食べてくの?」


和「食べていいの!?」ガタッ


憂「ちょ、ちょ!近づかないで!押し倒そうとしないで!」


和「だって!だって憂が食べていいって!」クンカクンカ


憂「どこ匂い嗅いでんの!な、舐めるなぁ!」ゴチン



7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:06:35.78 ID:Ylye+rh30




和「い、・・・痛い」サスサス


憂「和ちゃんが悪いんでしょ」


和「だって憂が食べていいって・・・」


憂「晩ご飯の話でしょ」


和「・・・!そ、それは
  『もう!私はデザートでしょ!せっかちさんなんだから☆』というメッセージ!!?」


憂「もう数回殴っておけば良かったかな」


和「ガラスの置物で後頭部を数回殴るなんてコナ○の世界なら死んでるけどね」



8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:10:50.09 ID:Ylye+rh30




憂「和ちゃん、そこの水洗いしたキュウリ取って」グツグツ


和「分かったわ」ペロペロ


憂「もう一回洗うからそこどいて」


和「ふぇぇぇん!、っていうか唯はどうしたの?」


憂「今日は澪さんの家で勉強会で晩ご飯は食べてくるって」ジャー


和「あらそうなの、あ、カレーできたわよ」


憂「んじゃ食べよ。サラダもスープも出来たから



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:16:17.93 ID:Ylye+rh30




和「いただきます」


憂「はいどーぞ」


和「・・・」


憂「」モグモグ


和「(ふっふっふ)」


和「(実はスープを運んだときに憂のスープに怪しげな薬を入れちゃいました!)」


和「(効果はすぐ出るってムギは言ってたけど、そろそろかしら)」


憂「和ちゃん、食べないの?」


和「た、食べてるわよ?美味しいわ!」モグモグ



10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:17:55.23 ID:Ylye+rh30




和「(お、おかしいわ・・・・)」


和「(いい加減そろそろ効果が出てもいいはず・・・・)」


憂「ふう、お水おかわr・・・え!?」ガタッ


和「!!」


憂「ちょ、な・・・なにこれ・・・」ビクン


和「(キタ━(゚∀゚)━!!)」


憂「和ちゃん・・・なんかしたでしょ」ギロ


和「っ!な、なんのことかしら(こ、怖い!でも逃げちゃダメよ私!もうすぐ憂は私のものに!)」


憂「っ・・・た、助けて・・・」ビクンビクン


和「今助けるわああああ!!!!!」


憂「ってなると思った?」


和「・・・・・え?」



11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:25:59.10 ID:Ylye+rh30




和「くそう・・・」シクシク


憂「スープに錠剤そのまま浮いて残ってたよ、全然溶けなくて残念だったね」


和「うぅ・・・すいません許してください」


憂「まぁ、なんかされるのは薄々分かってたし、もう変なことしないことだね」


和「はい・・・憂?」


憂「何?」


和「『っ・・・た、助けて・・・』ビクンビクンって可愛かったわよ」


憂「全然反省してないね」



12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:31:23.68 ID:Ylye+rh30



prrrrrrr  prrrrrrr



憂「? お姉ちゃん?」


憂「はいもしもし、どしたのお姉ちゃん」


憂「・・・・ん、そうなんだ、わかった」


憂「大丈夫だよ、あんまり遅くまで起きてて体壊さないようにね」


憂「うん、うん。じゃあ、おやすみ」


憂「・・・・・」ピッ


和「どうしたの?」


憂「今日はお姉ちゃん澪さんの家にお泊りだって」



13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:31:54.88 ID:Ylye+rh30



和「へ、へえ~」


憂「あ、お風呂入らなきゃ」


和「ね、ねぇ憂?」


憂「?」


和「ひ、1人で寂しくない?よかったら私が・・・」


憂「・・・・・」


和「な、なーんて、あは、あはははは・・」


憂「じゃあ、お願いしようかな」


和「・・え?」



14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:32:21.97 ID:Ylye+rh30




和「い、いいの?」


憂「・・・」


和「う、憂?」


憂「私、お風呂入ってくるね。和ちゃん・・・後でいい?」


和「わ、私はもう夕方入ってきたから大丈夫よ」


憂「そっか、じゃあちょっと待っててね」



15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:32:48.86 ID:Ylye+rh30




カポーン



憂「・・・・ふぅ」


憂「私、駄目だなぁ」



16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:33:18.20 ID:Ylye+rh30



ガチャ


和「あ・・・」


憂「お待たせ、長風呂しちゃった。」


和「・・・」


憂「もうこんな時間だね、布団敷こっか」



17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:36:27.02 ID:Ylye+rh30




憂「電気消すね」パチ


和「う、うん」


憂「・・・」


和「・・・」


憂「何年ぶりかな、和ちゃんと二人きりで並んで寝るの」


和「・・・」


憂「いつもは、お姉ちゃんもいたもんね」



18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:56:57.80 ID:Ylye+rh30




憂「私、お姉ちゃんが大好きなんだよ」


憂「お姉ちゃんとして、だよ?多分」


和「・・・」


憂「ずっと前から一緒で、何をするのも何処に行くのも、お姉ちゃんについて行ってた」


憂「和ちゃんとも仲良かったけどさ、それどもやっぱ特別だった」


憂「なんでだろうね、別に前と比べてお姉ちゃんが私と一緒に居る時間が減ったわけでもない。
  だたお姉ちゃんが他の誰かと一緒に居る時間が増えただけ」


憂「それなのに、私はなんだか寂しくなっちゃったんだよ」


憂「その他の誰かに嫉妬してるわけでもない、私にはお姉ちゃんしか居ないのに、
  お姉ちゃんは私以外にも居るんだなって思っただけで。そんなの当たり前の事なのに」


憂「なーんて、全部言い訳だけどね。ただ1人でいるのが寂しかっただけ」



19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:57:37.90 ID:Ylye+rh30




憂「ごめんね、こんな私だって知ってて付き合ってくれてるのをいいことに、
  全部言いたい事言っちゃって」


和「・・・憂」


憂「和ちゃん、今日はありがとう。
  ホントはお姉ちゃんから今日は家に私1人って聞いてたから来てくれたんでしょ?」


和「憂・・・憂ぃ」スーハスーハー


憂「息荒いよ和ちゃん、頭の匂い嗅がないで」


和「はっ!私ったらこんな雰囲気の中なにを・・・!」



20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:58:02.25 ID:Ylye+rh30

憂「・・・和ちゃん」ギュ


和「え、え!?ちょ、憂さん?」


憂「」ギュー


和「(う、憂が私を抱きしめてる!?そ、そんなはずないわ!
   そう!これは罠よ!油断させて私を追い出す気なんd)」


憂「和ちゃん」



憂「私のこと、好き?」



21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:58:28.79 ID:Ylye+rh30




和「え!?」


憂「答えて」


和「え、ええ、好きよ」


憂「えー、ただ好きなだけー?」


和「大好きよ。今すぐ憂を真空パックにつめてもって帰りたいくらい」キリッ


憂「それは駄目だけど、・・・んーそうだなぁ」



憂「キスくらいならしてもいいよ」



22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 02:59:41.34 ID:Ylye+rh30




和「なっ!え、え、いいの!?」ヌギッ


憂「服脱ぐ理由はないと思うから着といていいよ」


和「そ、そんな・・・、!! そうか!そういうことか!」ガバッ


憂「ちょ、ちょ!脱がせようとしないで!」ゴチン



23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 03:00:08.51 ID:Ylye+rh30




和「ま、まさか枕元に用意していたとは・・・」スリスリ


憂「まったく、目覚まし時計なだけマシだったね」


和「普通の女の子だったっら泣いてるほど痛いけどね」


憂「・・・和ちゃん、今日は本当にありがとう」


和「本当に感謝してるなら洗濯前の靴下の1つや2つくらい欲しいとこだわ」


憂「ホント望みが歪んでるよね・・・、もっと普通のことなら了承の有り得るのに」



24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/03(木) 03:05:23.86 ID:Ylye+rh30




憂「ところで、和ちゃんは本当に私の事が好きなんだよね?」


和「しつこいわね、そんなに信じられないなら今から私の体に憂の排出物でも塗りたくろうかしら」


憂「十分わかったよ、ありがと。・・・ねぇ和ちゃん、
  いろんなこと言った後で信じてもらえないかもしれないけど」


憂「私には和ちゃんが必要なんだと思う、多分だけどね」


和「憂・・・、ねぇ、舐めていい?」


憂「それは駄目」



憂「でも、好きだよ、和ちゃん」ギュ



憂&和 ほっこりEND

終わり



関連記事

ランダム記事(試用版)




憂「お姉ちゃんに私が和ちゃんと付き合ってるのがバレた」
[ 2012/05/08 22:00 ] 変態 | 憂和 | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

タイトル:
NO:6476 [ 2012/05/08 22:23 ] [ 編集 ]

よいことです

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。