SS保存場所(けいおん!) TOP  >  ガンダム >  憂「00ライザー目標を駆逐します」#3

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






憂「00ライザー目標を駆逐します」#3 【ガンダム】


第1期
唯「出番だよっエー太」#1
唯「出番だよっエー太」#2
唯「出番だよっエー太」#3

第2期
唯「ダブルオーライザー目標を駆逐する」#戦う理由編

唯「ダブルオーライザー目標を駆逐する」#戦う理由編 の内容は憂「00ライザー目標を駆逐します」#1に入ってます。

憂「00ライザー目標を駆逐します」#1
憂「00ライザー目標を駆逐します」#2




297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)00:12:47.87 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------

---プトレマイオスブリーフィングルーム---

さわ子「そう・・・唯ちゃんとむぎちゃんが・・・」

澪「分かったのは、アロウズのトップの唯とむぎが世界を滅ぼそうとしている事・・・か・・・」

梓「そんな・・・唯先輩、むぎ先輩・・・」

さわ子「理由も聞けなかったのね」

理由を聞けないのは失態であった、説得しようにも何を言えばいいのか
わからずじまい・・・






300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)00:15:50.60 ID:BBniHGId0

憂「すいません・・・でもきっとあの二人は何か勘違いをしてるだけだと思うんです、
なんとか理由を聞いて説得してみせますから!」


さわ子「そうね、あの子達がそんな事するなんて私も思わないわ、なんとか
二人の眼を覚ましてあげましょう!」


憂澪梓「はいっ」

そうだ、それでいい、今悩んでいても仕方ない、次こそ・・・次こそは・・・

そうだ、通信の時にいっていたあれは何だろう?何か重要な事だったのだろうか



301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)00:20:01.34 ID:BBniHGId0

律「それで新しく情報が入ったって?」

さわ子「そうよ!監視者からの情報と私の予想ではもうすぐ包囲網がしかれる、
逃げられないわ」


澪「それで宙のラグランジュスリーにあがろうって事になってるんだ」

律「わかった、準備する」

そこで空気と化していた小さな新人が遠慮がちに手を挙げ、言いづらそうに口を開いた

梓「あのっ私にも何か手伝える事はありませんか?」



303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)00:23:21.80 ID:BBniHGId0

憂「梓ちゃん・・・」

腕のいいパイロットが足りなかった、それに信用できる存在も・・・だがこの子なら2つの条件を
クリアしているが、しかし・・・長考したのちさわ子は答える


さわ子「そうね・・・梓ちゃんがいいなら、もう少し先で・・・手伝ってもらえないかしら」

それは澪には複雑な心境であった、できれば梓には戦いに関わってほしくないのだ

自分が一度梓を手にかけてからはそういう思いは強くなっていく

澪「・・・私は梓に戦ってほしくは・・・」



306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:00:14.91 ID:BBniHGId0

梓「大丈夫です、澪先輩、私がやりたいんですから」

澪「梓・・・」

梓の目線が自分にむいている事にきづくと言葉を吐き捨ててドアから出て行く

律「ふん・・・邪魔だけはするなよ」

梓「は、はい」

憂澪(・・・)

さわ子(困った子ね)



307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:02:41.10 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------

---梓部屋---

突然憂が突拍子もない事を言い出した

梓「鬼ごっこ?」

憂「うん!この艦けっこう広いんだよ、やらない?」

そんな幼稚な事憂が言うであろうか?しかし少し考えるとすぐに答えはでた

梓(憂がこんな事いうなんて・・・そっか、私を元気づけようとさせてくれてるんだ)

梓「ううん、憂ありがとう、元気づけようとしてくれてるんだよね」



308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:04:20.39 ID:BBniHGId0

彼女は優しく笑いながら否定する

憂「え、えへへ~違うよぉ、楽しそうだもん!」

梓「ガンコなんだから・・・そういう所唯先輩にそっくり」

その言葉を受け取り、憂はなぜかクネクネと腰をふり頬を赤らめて手を両頬にそえた

そしてなぜか思っていた事を口にしてみた、いや口に出していた

梓「私律先輩に許してもらえるかな」



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:06:00.90 ID:BBniHGId0

突然いわれた台詞に悲しい顔を見せるとまた同じ笑顔を見せ語りかける

憂「梓ちゃん知ってる?律さんね、梓ちゃんいない時に梓ちゃんどうしてるか?とか
すごい聞いてくるんだよ?」


梓「え?」

憂「許そうとしない人の事を気にかけたりしないよね、だから本当は
はやく仲良くなりたいんじゃないかな」


そっか律先輩気にしてくれてたんだ・・・



310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:07:49.28 ID:BBniHGId0

梓「うん・・・私もはやく前みたいな関係に戻りたいな・・・」

憂「なれるよきっと、想いは同じなんだから、ただ今はちょっと
すれ違ってるだけだよ」


梓「うん・・・うん・・・」

心が救われるとはこういうものなんだろう、誰かに話すだけでも気持ちが
落ち着く、これが人の暖かさなんだなと思った

憂「そうだ、思いきって律先輩に抱きついちゃえ!」



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:08:55.03 ID:BBniHGId0

梓「な、なんで///」

憂「お姉ちゃんがそうしてくれたらなんでも許せるからだよ!」フンス

少し思い出すとなるほど、憂のいう事はこの姉妹に間柄に限っては的を得ている

梓「・・・納得」

憂「ほらほら早く行って!」

梓(嫌だけど・・・それで仲直りできるなら・・・やってみようかな)

梓「うん・・・」



312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:10:36.23 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------

梓「律先輩っ」

少しぶっきらぼうに反応される

律「梓か、何だよ」

梓(怒ってる・・・のかな・・・それにしても現状に立ち会ってみたら、恥ずかしい・・・できないよ・・・)

梓「あ・・・あ・・・の・・・」

律「あの?」



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:12:07.08 ID:BBniHGId0

梓(言えないっ)

梓「そ・・・の・・・だ、抱き・・・・っぃ・・・・」

律「だき?」

律「ん?舵機?」

律(船のかじの事だよな・・ああ手伝いって・・・この艦の操縦士にでもなりたいのか?)

律「お前が本当にやりたいなら止めねーよ」

梓(えっ!?いいのかな)



314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:13:46.39 ID:BBniHGId0

梓(ううん、本人から許しがでたんだしいいんだよね)

これで仲直りできるなら梓としては願ったりかなったりだ、念の為もう一度確認する

梓「その・・・いいんですか///」

律「別にかまわないぞ」

梓(よ、よし行こう、頑張れ梓!)

そこに角から澪が姿を現し二人に気づく



315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)01:14:33.63 ID:BBniHGId0

澪(ん?あれ律と梓だ、一緒にいるって事は仲直りしたのか!?)

澪「おーい!り」

梓「失礼します!」ダキッ

律「え?」

梓「///」

澪「え?」

澪「おいこのクソデコーーーーーーーーーー!」ダッ



320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)02:01:10.37 ID:BBniHGId0

律「ち、ちが、梓はなれろって!」

梓「ごめんなさい律先輩!(許してくれるまで)離しません」

澪「でこおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

律「おま何言って、アッーやめて顔に平手打ちはやめて!ああああああああああああああああ」

バッチーン



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)02:03:51.89 ID:BBniHGId0

ごめんまじでごめん
サルってPCの前で正座しながら何度か意識飛んでる、寝させてください
明日残ってたら18時頃からまた一気に投下していきます
落ちてたら製速で生息していきます




323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)02:05:13.38 ID:x+0BfJBr0

そうかおやすみ



324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)02:53:17.43 ID:x+0BfJBr0

浮上する



327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)05:14:38.20 ID:d4wo1KQyO

唯が敵になっているとな?



328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)06:49:07.89 ID:i1Q34FsnO

一期で本来のリボンズ役が死んだからな



329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)06:51:52.36 ID:nz9x1SNV0

>>328
メカ和「呼んだ?」



331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)09:14:35.13 ID:hc5RXyRxO

呼んでねーよw



332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)09:40:54.72 ID:LU3pxOY20

なにこれりっちゃんハーレムなの?修羅場なの?



333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)10:45:31.20 ID:1c21lA5eO

聡ェ('A`)



335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)12:41:30.52 ID:InSnNQoIO

ホシュンザム



339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)16:06:09.66 ID:d4wo1KQyO

落とさせない



340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)16:20:47.07 ID:DtAA7b6l0

メカ和「フフフ…私の掌で踊るのよ、唯」





342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:12:40.18 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------

---コンテナ内部---

憂「律さん、その頬の手の跡どうしたんですか?」

律「うるせーやい・・・」

澪「じ、自業自得だ」

憂「?」

曜子「敵トリロバイト6機を確認、各員準備を行ってください」

澪「作戦開始だ」



343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:13:34.38 ID:BBniHGId0

保守ありがとうございます

いきまっす



344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:14:44.68 ID:BBniHGId0

律「へいへい」

憂「はいっ」

一方ブリッジでは作戦中特有の忙しい報告を行っている

曜子「敵はトレミーを包囲しつつ接近してきます」

さわ子「攻撃開始時間は?」

曜子「0024です」

さわ子「しずかちゃん!」



345 名前:やってしまった海の中ですイマ:2010/11/15(月)18:18:06.00 ID:BBniHGId0

しずか「はい、トレミー海中から急速浮上体勢に入ります」

曜子「!大型魚雷接近してきます」

さわ子「爆風を利用して一気に宙へ駆け上がるわよ、引き付けてちょうだい!」

さわ子「00、アリオストランザム開始!」

そこに通信に耳を傾けていた二人に指示がとんでき、勢いよく返事を返す

憂澪「了解」



346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:23:12.84 ID:BBniHGId0

律「しっかしガンダムと艦の端末を繋げて艦をトランザムさせるなんてな」

憂「驚きだねっ」

さわ子が息をのみ、待ちに待ったその言葉を吐き出した

さわ子「今よトレミー緊急浮上!爆発の上!かっとばせー!」

しずか「よいしょーーーーーーーーーーーー!」

ぐんぐん爆発を利用し上へ上へと登っていく

海面にでる直前さわ子から指示が出る

さわ子「GNフィールド展開!トレミーを飛行モードへ」

艦が赤く染まり爆音爆速を出し、海から浮上、重力を無視させるその動きは
いかなるMSも追いつけない



347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:25:36.21 ID:BBniHGId0

---海上---

「艦がトランザムした!?」

聡「このスピードは・・・」

キミ子「慣性の速度じゃ!」

最大千速で追いかけビームを撃つが当たらない当たらない、それも当たり前だろう

機体全てが揺れ、それに加えてトレミーという細かい的を狙い打つようなものなのだ、誰にでも
できる物ではない



348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:27:24.92 ID:BBniHGId0

しかし--

紬「私なら当てれちゃうの」

本隊から離れた上空白いガンダムがバズーカ状の兵器を構え、爆速のプトレマイオスに狙いを定める

紬「上昇角度の変更、ほんのちょっと」

紬「セラヴィーなら余裕ね」

バズーカから粒子が吹き出し、極太のビームがプトレマイオスに向かって
発射される

それは角度、タイミング全てが完璧に艦へと向かっていた



349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:31:27.00 ID:BBniHGId0

憂「なっ」

憂はそれをモニターで見ガンダムとビームの正体を確信しどっと汗が吹きだす

憂「セラヴィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

誰もが撃墜されると思った、だがあり得ない芸当をやってみせる者がいる

律「狙い撃ちは私の十八番ってな」

ケルディムはライフルをビームへ向けるとトランザムを発動しビーム出力を上げ
極太ビームへ狙いをつけ発射される


結果ビーム同士がせめぎあい、相殺しその後にはいつもと変わらない青空が澄んでいる
だけであった




350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:35:49.82 ID:BBniHGId0

さすがのイノベイターもこれには驚く、ビームをビームで打ち消す?
どこの化け物だろうか


紬「・・・」

律「残念だったなむぎ」

紬「凄いわ・・・メッセージ送ってあげなきゃね」

ケルディムのモニターに呼び出し音が鳴り、ふと眼をむける

律「ん?なんだ?有線回線から通信?」

律「ヴァルハラカラノキカンニケイイヲ シメス」

律「どういたしまして・・・だな」



351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)18:37:03.37 ID:BBniHGId0

そこに新たなモニター回線が開き、意外な顔を覗かした

梓「律先輩凄かったです!」

律「お世辞はいいよ」

梓「そんなつもりじゃないんですけど・・・すいません」


『ごめんなさい律先輩、(許してくれるまで)離しません』


律(・・・)

モニターに写る梓は顔を伏せ、肩をおとし、明らかに落ち込んでいる



352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:18:55.48 ID:BBniHGId0

律「なぁなんでさっき抱きついてきたんだ?」

梓は眼を開き、少し恥ずかしそうにすると言いづらそうに理由を話す

梓「え・・・あの憂が・・・唯先輩に抱きついてもらったら・・・何でも許せちゃうからって・・・その・・・」

律(あぁなるほどね)

律(梓はこんなに私に謝ってくれてるのに、すこし意固地になりすぎたのかな)

律(こいつだって、わざとじゃなかったんだ、でも・・・)



353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:20:31.76 ID:BBniHGId0

澪「律!私からも頼む!梓を許してやってくれ!」

憂「私からもお願いします!律さん」

突然、土下座をする二人の姿がコックピットに映し出された、なんとMS毎だ、シュールな絵に
律も眼を丸くする

梓「う、憂、澪先輩・・・」

二人の瞳がまっすぐ自分を向き、その眼が自分を捉えて離そうとしない



354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:21:26.17 ID:BBniHGId0

律(全くお人よしのばかばっかだな)

律「なぁ梓・・・」」

梓「は、はい・・・」

律「・・・艦に戻ったら飯でもくうか」

梓「え?」



355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:22:45.57 ID:BBniHGId0

律「食わないのか?」

梓「た、たべます!」パァア

律「そっか」

艦が通りすぎた後には梓の心を表すようにキラキラと粒子がずっと輝いていた

そしてそのままトレミーは予定通り宙のCBのアジトラグランジュスリーへと向かう



356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:24:41.84 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------

---ラグランジェスリ---

デブリ帯その中にひっそりとデブリに偽装した中規模の綺麗なアジトがあった

先に宙に上がっていた整備士が自分達に手を振る

アカネ「おーい!」

しずか「あ、アカネおいっす!」

アカネ「おいーっす!」



357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:25:42.96 ID:BBniHGId0

懐かしい顔にお互い抱き合い喜びを体全体を使って表す

憂「ここがラグランジュスリー・・・」

澪「久しぶりだなぁここ、CBに入って訓練の時によくきてたんだけどな」

さわ子「当時と場所は変わってるけどね」

場所を変えたのは得策であった、なぜなら唯と紬は何度もアジトへと足を
運んでいたからだ、もし前のままの場所であったら発見されていただろう



358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:27:02.82 ID:BBniHGId0

憂「わぁすごいすごい!!」

憂「ねー!」

梓「ねっ!」

後輩二人が眼を輝かせ子供のようにはしゃぎ騒いでる、騒がしいといえば--

澪「律のやつはどこにいったんだ?」



359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:29:37.25 ID:BBniHGId0

探している主の目撃情報がさわ子から寄せられる

さわ子「りっちゃんならここに着いた途端食堂に走っていったわよ」

澪「お腹すいてたのかな、そろそろご飯時だし・・・」

さわ子「そうね、憂ちゃんはアカネちゃんと一緒に先に新しい支援機のテストお願いね」

さわ子「みんなは部屋に行った後しばらくしたらご飯にしましょうか」

憂澪曜子しずかアカネ「はーい」



360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:31:00.66 ID:BBniHGId0

---食堂---

皆が食堂につくと律がまってましたといわんばかりに出迎えた

律「さぁさぁ座ってくれ!!」

曜子「なーに、りっちゃん」

しずか「お、なんかいい匂いがするよ」

澪「やっぱりご飯か、憂ちゃんは新型のテスト先やってくるってさ」

律「あいよー」



361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:32:46.16 ID:BBniHGId0

みんなが着席すると律が奥からハンバーグを持って出てくる、それを
みんなの前に一つ一つ置いていった

律「私が腕によりをかけてつくったハンバーグ召し上がれ!」

しずか「今何ていった?」

曜子「わかんない・・・」

しずか「これ誰がつくったのかな?」




362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:37:43.87 ID:InSnNQoIO

律見た目アレだが家事スキル高いんだよな



364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:42:31.42 ID:hc5RXyRxO

我らがりっちゃんだからな



363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)19:41:49.11 ID:i1Q34FsnO

>>1多分このスレの読者には、ラグランジュポイント3宙域=L3宙域で通じると思うぞ。





365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:15:32.66 ID:BBniHGId0

律「私だよ」

梓「おぉ・・・」

律「どういう意味だよ」

あの日以来律と梓はちょっとづつだが会話をするようになっていた、少しずつだが
二人の距離は縮まっているようだ

慌てて手を横にふり、顔をぶんぶんと振る

梓「いっいえっ!」



366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:17:11.46 ID:BBniHGId0

>>363
わかた!

いきなりとまったらサルったと思ってくれ!!



367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:18:11.47 ID:BBniHGId0

割と真面目な顔をしてさわ子は言う

さわ子「冗談はそれくらいにして」

律「冗談って何だよっ」

澪「それが冗談じゃない、律は料理がうまいんだ」

みんなの声が見事にはもり、それは声を重ねてオーケストラのように大音量へと変わる

全員「えーっ!?」



368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:19:19.89 ID:BBniHGId0

そこにキョロキョロしていたさわ子が何気なしに律に訴えた

さわ子「・・・なんか梓ちゃんと澪ちゃんのハンバーグだけでかくない?」

律「気、気のせいじゃないか?」

言われて自分のハンバーグと他のみんなのハンバーグを首を動かし見比べてみる

澪(あれ?本当だ・・・そして梓の私のよりでかいな・・・・・)

梓(ふにゃ・・・うれしいな・・・///)

机の下では誰にも気づかれないように梓は足を自分の足に絡み合わせた



369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:21:51.19 ID:BBniHGId0

さわ子「えーずるいずるいー」

律「子供かアンタ」

その様子を見てひとときの幸せを感じる全員、自然とここに笑顔が溢れていた

澪梓(ふふ・・・)

いきなりわずかだか誰にも気づかれない程度の粒子がラグランジェスリーを包む

梓澪「!?」

瞬間二人の脳裏になにやらざらつきを違和感を感じ頭を抱え始めた



370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:24:00.86 ID:BBniHGId0

梓澪(なんだこの感じ、死んでいく・・・人が?)

なぜ分かるのだろうか、自分でも分からない、だが分かってしまうこれは何だ?

律「ん?大丈夫か澪その・・・あずさ」

澪「大丈夫、大丈夫だから」

梓「私も・・・大丈夫・・・です・・・」

だが二人の様子は尋常ではない、さっきまでとはまるで違うからだ

律「でもお前ら様子が・・・」



371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:27:54.26 ID:BBniHGId0

大声が食堂に弾け飛ぶ

ミオ「だいじょうぶだっていってんだろうが!!」

ミオ「ったく、なんだぁ、おちおち寝てもしてられねぇ」

全員「!?」

食堂が静まり返り、律を覗く皆がきまずそうに押し黙った

その様子を見、面倒くさそうに乱暴にたちあがると舌うちをして部屋を出ようとする

ミオ「ちょっと散歩してきますっと」

梓(澪先輩・・・?うう・・・)

さわ子「ま、まぁまぁせっかくりっちゃんが作ってくれたんだし、食べましょ」

律(・・・)



372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:30:49.97 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------

コンテナの一室そこにはトランザム状態の00の背中に新兵器オーライザーがドッキングしていた

粒子の発生源はここである

憂「なんなのこれ・・・出力がどんどん上がっていく・・・」

憂「これがオーライザー・・・ダブルオーライザー」

アカネ「校長がトランザムと一緒に送ってきたツインドライヴシステム・・・これほどなんて・・・」



375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:37:28.27 ID:BBniHGId0

あり得ない、いままでの00とは計り知れない数値を打ち出していく

あまりの出力に太陽炉から粒子の丸いリングが2つ形状されそれは尚現在も巨大化していく

憂「世界を変える力・・・これならお姉ちゃんを・・・」

突然・・・突然だ、憂はいくつもの不思議な人の声を聞く事になる

全ての隔たりがなくなり、心から心へと感情が溢れてくる

憂「なに・・・これ・・・」

しばらく耳を傾けていると、トランザムの限界時間を突破し、出力が下がる

それを機にぱったりと人の声は聞こえなくなったのであった



376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:40:07.96 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------





「・・・ダブルオーの声が聞こえる・・・俺は・・・」




377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:43:06.13 ID:i1Q34FsnO

せっちゃん?



378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)20:46:18.91 ID:InSnNQoIO

現代か、それとも帰した未来か



379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:00:23.16 ID:hc5RXyRxO

未来のせっちゃんビームサーベルもろ食らいしてなかった?



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:12:22.34 ID:InSnNQoIO

読み直したら確かにビームサーベルのくだりあったな、討たれたか未来のは

サルかね、ここでちょっとした小ネタをば
害伝とよく呼ばれてる千葉がクアンタに単機でエルスを殲滅出来る設定を追加したんだとさ
まったくあの人クアンタの凄さは強さじゃなくて対話能力なのに、なに考えてんだか



385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:26:30.85 ID:oZC4A5ezO

>>380
誰かあいつに外伝書くのやめさせろよマジで



381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:15:04.70 ID:1c21lA5eO

何か前回よりも地の文がカオスになってるな

しえん





382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:18:52.60 ID:BBniHGId0

---ブリッジ---

皆がご飯をたべた後思い思いに行動していた時、突然呼び出されここに集まる

梓「澪先輩、大丈夫ですか?」

澪「ん?何がだ?」

梓「さっきの・・・」

澪「?」

あの事は澪も言いたくないだろう、律は軽くフォローをいれてやる事にした



383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:23:11.89 ID:BBniHGId0

>>380
え、まじでwwww
>>381
すまん、この辺よく見直してないんだ



384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:25:38.34 ID:BBniHGId0

律「まぁいいじゃ~ん、それで私達をここに集めたわけは?」

さわ子もそれに感づいてか、さっさと用件を話し始めた

さわ子「ええ、さっき情報が流れてきたわ、連邦に反抗的だった
アフリカ中東のスイールが文字通り無くなった」


憂「なくなった?」

町がなくなる?そんな表現あるだろうか、一夜そこらで突拍子に町が
なくなるわけがない、憂がそう聞いたのも当然である



386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:27:12.61 ID:BBniHGId0

さわ子「衛星兵器メメントモリによって宙から攻撃、いえ、具体的にいうと
大質量のレーザーで焼ききったというべきね」


憂「な、国をやききるって!そんなばかげた兵器が・・・」

さわ子「カタロンが動き出したという情報も出ているわ、私達もメメントモリを破壊する為に
出撃する事になる」

皆顔を俯き、眉間に皺をよせている、罪のない人達が何人も死んだのだ

梓「それを指示しているのも・・・唯先輩達なんですか・・・?」



387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:29:12.54 ID:BBniHGId0

さわ子「・・・でしょうね、憂ちゃんの報告であったヴェーダを掌握し
実質アロウズを動かしているのはイノベイターである彼女達・・・」


憂は思うなんでこうなっちゃたのだろうと

憂(あの優しいお姉ちゃんの心はどこにいっちゃったの?)

澪は顔を上げて、みんなの同意をえるために言った

澪「なら止めなきゃな?」



388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:31:52.68 ID:BBniHGId0

律もそうだと思う、だが一つだけ心残りがある

ヴェーダをあちらが掌握しているという事は--

律「なぁヴェーダってむぎが言ってなかったか?人の道標だって」

確かにそうだ、戦術予報士の自分がむぎとは付き合いが長い、
それは痛い程聞かされていた、でもだとすると--

さわ子「道標の邪魔になっているのは唯ちゃん達を邪魔する私達だっていうの・・・?」

困惑するソレスタルビーイング、だがそこに全員を見て凛と響く声がする

憂「破壊します」



389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:33:31.78 ID:BBniHGId0

梓「う、うい?」

憂「例えヴェーダがそういってもお姉ちゃん達は間違ってる、破壊します」

憂「私の意志で」

それはヴェーダから道標からはずれ兵器を破壊しようという事だ

もともとソレスタルビーイングは
ヴェーダの推奨に乗っ取って動いていた、それを跳ね除けようというのだ


そうだ、これが間違ってるかあってるか分からない、けど自分達の意志で
唯達を止めよう、罪のない人達が一方的に死んでいいはずがない憂の顔をみて全員がそう思えた



390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:35:12.85 ID:BBniHGId0

梓「唯先輩達を止めて、説得しましょう!」

律「そうだな!」

梓「は、はい!」

合いの手を掛け合う二人を見て憂と澪は優しげに見守る、だが普通に梓と会話していた自分に気づき
律は恥ずかしそうにそっぽを向いたのであった



391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:37:19.58 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------

すでに機体がボロボロでところどころに花が咲いている機体の中で右手を失った
男はカタロンのMS隊を相手に獅子奮迅の活躍をしていた


「・・・カタロン・・・あの時と同じ・・・くるか・・・」

オービタルリングの先にあるメメントモリ周辺ではカタロン艦隊が戦闘を繰り広げていた、が

カタロン艦隊は砲身を変えられる衛星兵器メメントモリ、敵の抵抗により
苦戦をしいられていた、それは一方的な暴力といってもいい



392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:41:37.54 ID:BBniHGId0

今も沈みそうな艦が一隻

しかしダブルオーライザーが駆けつけその艦を救ってみせた

憂「カタロン艦隊へ、こちらソレスタルビーイング、衛星兵器破壊ミッションは
私達が行います」

思わぬ援護に艦長と思しき男は頭を下げる

カタロン艦長「感謝する・・・」

憂「衛星兵器の詳しい情報があれば回線HTTで転送を」




393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:49:10.02 ID:InSnNQoIO

カタロン相手に?、撃つ相手逆じゃね刹那君

エルス殲滅設定は何かプラモだかの説明書の画像が一緒に貼られてたから
千葉が監修何かに書いてあるらしい



394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)21:58:50.32 ID:hc5RXyRxO

殺那敵勢力?



402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:20:54.45 ID:InSnNQoIO

刹那君も敵かよ、ホント戦力的に厳しいの好きだなww





395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:07:43.00 ID:BBniHGId0

部下に激を飛ばし回線HTTを開く

カタロン艦長「すぐに転送しろ」

電子音がなり00のモニターに情報が表示され、すぐに母艦へと送る

憂「転送を確認、衛星兵器の次弾発射の可能性があります、艦隊をオービタルリングの
下側に」

カタロン艦長「了解・・・」

通信を終わらせ鈴をなり合わせたような音を出し、宙域に留まった00ライザー



396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:10:19.28 ID:BBniHGId0

太陽路から巨大な粒子のリングを2つ出すと敵を引き付け次々と敵を撃破するが
エクシアに似た、いや滅んだ世界でみたMSガンダムからの攻撃に驚き一瞬足が止まる


憂「あのガンダムは!」

「かわしたか」

憂「あなたは・・・あの時の・・・あなたは誰ですか!?」

男は意外そうな顔をし、事務的に答えてみせる



397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:13:05.16 ID:BBniHGId0

「俺は刹那・F・セイエイ」

刹那「元ソレスタルビーイングのガンダムマイスター、現在はアロウズのパイロットだ」

憂「刹那・・・ガンダムマイスター・・・なんでアロウズに・・・」

刹那「・・・彼女達がいっていた・・・お前が俺と同じか・・・」

憂「彼女・・・同じ・・・?」

刹那「・・・あれを壊させるわけにはいかない」



398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:14:50.73 ID:BBniHGId0

刹那「ダブルオークアンタ目標を駆逐する」

エクシアを思わせるボロボロの機体は剣を構えると、
ダブルオーと同じ鈴の音をすり合わせたような音を出しオービタルリングを平面移動してくる


憂「!」

こいつはやばい、イレギュラーすぎる、威圧感が今まで戦った敵とはダンチであった



399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:15:41.98 ID:BBniHGId0

そこに、さわ子からの通信が入る

さわ子「憂ちゃん今からミッションを開始するわ」

憂「りょ、了解、1機不安要素の特別機がいます」

さわ子「そう・・・なら・・・」



400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:17:41.67 ID:BBniHGId0

---------------
-----------
-------

憂はあれからなるべく戦わないように逃げに徹し、刹那の攻撃から
身を守っていた


刹那「逃げてばかりか」

憂「刹那さん!教えてください、あの時なんで私達を助けてくれたんですか!?」

突然行われる通信に眉をピクリと動かせ、不思議そうな口調でいう

刹那「助ける?何を言っている」

憂「ッ?」



401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:19:20.22 ID:BBniHGId0

おかしい、話が噛みあっていない、だが機体、容姿はほとんど一緒だといっていいだろう

機体が大破しているか、していないかの違いだけ、どういう事だ

ハッとしミッションプランスタートの合図を母艦に文字として送る

さわ子「きたっ」

プトレマイオスのモニターに表示された言葉は--

「目標の誘導に成功」



403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:22:56.79 ID:BBniHGId0

それを見た途端、遠方にメメントモリがあるオービタルリング沿いに艦を這わせ一気にメメントモリ
へと突撃をしかけるプトレマイオスの姿が出現


正面のハッチがあく

そこにはバズーカを担いだ梓の新型機体ガンアーチャー、律のケルディムがメメントモリ
方面にむかって銃を構える

刹那「そうか、しまった!」

刹那は思い出したかのように追いかけようとするが、00オーライザーに牽制され
それを許してくれようとはしない



404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:24:57.31 ID:BBniHGId0

憂「あなたの相手はこの私!」

刹那「くっ」

憂はこのクアンタを倒せるとは思ってはいなかった

なぜなら熟練された憂と00ライザーですら動きが
全く読めないのだ


だが、回避に特化し、避け牽制だけならなんとかできそうだった、いわば
自身を囮にする作戦


憂「お願いします!律さん澪さん!梓ちゃん!」



405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:26:41.31 ID:BBniHGId0

梓「うん!一気に本丸を狙い打ちますよ!」

律「おーらい!」

そのままGNフィールド張りメメントモリに向かうプトレマイオス

メメントモリが手の出せない場所にも入り、このまま行けば一気に撃破できるはずであった

だが敵もさるもの、左側面から砲撃をし
プトレマイオスをメメントモリの射線上へと押しだそうとする


曜子「船体がじょじょに右側に押し出されて・・・メメントモリの射線軸上に入ろうとしています!」




406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)22:29:48.02 ID:hc5RXyRxO

梓デビュー戦ktkr





407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:00:37.66 ID:BBniHGId0

しずか「衛星兵器の射線軸上まで残り14!」

さわ子「・・・・・・・」

報告が行われている間もじょじょにじょじょに軸にはいっていくプトレマイオス

皆額に汗をにじわす、そして墜に・・・

曜子「トレミー敵衛星兵器の射線軸上に進入しました!」

遠眼に衛星兵器に光が集まりエネルギーをためているのが目視できる

地獄への道は開きはじめていた・・・



408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:01:25.71 ID:BBniHGId0

アカネ「さ、さわ子先生!」

さわ子「まだよ・・・まだ!」

しずか「で、でもっ」

さわ子「まだよ!」

普段物腰の優しいさわ子の怒号が響く

そこにチャージを終えたメメントモリが今正に発射せんと砲身をきらめかせた

さわ子「今よ!澪ちゃん!」



409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:02:56.51 ID:BBniHGId0

その言葉を皮切りに高出力ビームがメメントモリから発射されプトレマイオスを光の中へと
葬りさる、全員の眼にその光が差し込んだ


刹那「やったか」

憂「・・・・」

刹那「く・・・」

消えたはずだった、直撃したはずだった、だが敵艦反応がある




410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:03:55.11 ID:9nLuxSNYO

ガンダム00のOPでけいおん!
http://www.youtube.com/watch?v=NEpyROYiOsM&feature=related

機動戦士k-onガンダム2nd・偽OP
http://www.youtube.com/watch?v=Ok0_sjTF4PQ

機動戦士K-ONガンダム・PSP版OP『DreamofButterfly』
http://www.youtube.com/watch?v=UzgFC4d0YVI

支援がわりに貼っとく



420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:38:44.56 ID:1c21lA5eO

>>410
何度見てもいいな、エレハンのOPの





411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:05:29.17 ID:BBniHGId0

そちらを見ると、上空から艦を赤く光らせ、あの爆音爆速の直滑降で再びリング上へと艦を這わせるプトレマイオス
の姿があった


メメントモリが当たる瞬間一瞬で上空へと移動したのだろうか

どんな機動をしている!敵部隊は唖然としている

刹那「やはりこの世界はあの時と同じなのかっ」

憂「みなさん・・・」

コンテナの中で人一倍冷や汗をかき、肩で息をする澪の姿がある、その顔は
焦りながらも口頭を上げていた


その少女の乗機アリオスは端末で艦と繋げられている



412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:07:55.13 ID:BBniHGId0

澪「トランザム・・・」キリッ

撃破したはずの艦が現れ焦ったのか、敵防衛部隊からプトレマイオスに向かって
砲撃が行われ、船体が揺れる


さわ子「アリオスのトランザムは全部船の推進力に回している、GNフィールドは使えない・・・
りっちゃん!」


律「おう!トランザム!」

プラグを伝ってケルディムのデコが赤く光り、新兵器シールドビットを展開し、オートで敵の砲撃に
ビットを合わせ、艦を守り、更に艦は進路をメメントモリへと向ける



413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:09:25.80 ID:BBniHGId0

しずか「メメントモリまで距離6000、アリオス、トランザム限界時間まで9,4セコンドです」

律「こっちももたないぞ!まだかよ!」

艦は線路の上を進む進む、だがこちらの防御とて無限ではない、律も焦りはじめていた

そして、シールドビットもほぼ破壊され、目標にかなり近づいた頃--

アリオスのトランザムの限界時間が訪れ、さわ子が叫ぶ

さわ子「梓ちゃん!」



414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:11:23.96 ID:BBniHGId0

梓「やってやるです!」

さわ子からの合図を確認し、赤のガンアーチャーはバズーカにチャージをはじめ、メメントモリに
狙いを定めた


梓「ハイパーバースト!むぎ先輩だけの専売特許じゃない!」

チャージ発射された球状のビームがメメントモリへと唸りをあげてむかう

耳を劈く音がし大爆発が起こる

だが破壊されたのはメメントモリの強芯部のみ、命となる電磁場光強芯部を露出させた
だけでメメントモリを破壊するには事足りない



415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:13:34.45 ID:BBniHGId0

そこに電磁場光強芯部に向かって赤を纏いスコープを覗き狙いをつけるスナイパーがいた

律「あれが・・・電磁場光強芯部・・・」

律「チャンスは一度」

心臓がうるさいほどなる、眼がかわく、口から心臓がとびでてきそうだ



416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:14:32.05 ID:BBniHGId0

さわ子「りっちゃん!」

梓「律先輩!」

澪「律!」

憂「律お姉ちゃん!」

みんなの想いを受け、その想いを弾丸に込め、心を落ち着かせる

律「ロックオン!ねらいうつぜぇえ!」



417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:16:59.76 ID:BBniHGId0

放たれた弾丸は音速を超え、まっすぐ、まっすぐに電磁場光強芯部を打ち抜き
メメントモリを沈黙させる


その横をプトレマイオスが通り、しばらくした後
メメントモリは爆発しその身を消すのだった

澪「さすがだな律!」


さわ子「ミッション完了!敵の追撃があるかもしれない、
憂ちゃん撤退するわ!一気に地上におりるわよ!」


憂「了解」




418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:32:52.10 ID:InSnNQoIO

そういえばハロかなり空気だなww
もしかして載せてないのか?



419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:36:55.38 ID:VY7i3Xor0

すべてドラムで制御しているなら
ビットとかドラム叩きまくりだな



421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:41:01.05 ID:VY7i3Xor0

さわ子「りっちゃん!」ギャギャギャギャーン←歯ギター

梓「律先輩!」ギュオオーンギュオギュオ

澪「律!」ベンベンベベンベンベン

憂「律お姉ちゃん!」ジャカジャカジャカ

みんなの想いを受け、その想いを弾丸に込め、心を落ち着かせる

律「ロックオン!ねらいうつぜぇえ!」ドンスカンドンガンバンドン




ということになっているのか



422 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月)23:47:17.18 ID:hc5RXyRxO

ハロの代わりにトンちゃんがやってくれてるに決まってるだろ女子高生





423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火)00:02:02.46 ID:2lW/1xlM0

憂はクアンタをひきつけている間何度も撃墜されたと思った場面があった

だが、なぜかクアンタは絶好のタイミングでワンテンポ遅れて追撃をしてくるのだ

その為かわし続ける事ができた

憂(右手のせい・・・?)

憂「撤退します」

刹那「まてっ逃がすかっ」



424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火)00:03:20.69 ID:2lW/1xlM0

憂が撤退の挙動を見せ、追おうとした所で上空から真紅のビームが雨のようにふり
それを邪魔する

憂「なにっ?」

刹那「何だっ」

姫子「ふふっばいば~い」

予定外の援護により刹那が戸惑っている内に憂はその機に乗して一気に脱出したのであった



425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火)00:04:14.55 ID:2lW/1xlM0

宙域に残されたクアンタ、悔しそうに顔を歪めるが、不可思議な事を思い出す

刹那「ダブルオーライザーのパイロット、俺の事を知っているのか?」

刹那「・・・ソードビット」

ソードビットと呼ばれるファング状のそれは輪を創ると粒子を発生させクアンタは
輪をくぐり姿をビットと一緒に姿を消す




関連記事

ランダム記事(試用版)




憂「00ライザー目標を駆逐します」#3
[ 2010/11/19 13:12 ] ガンダム | OO | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6