SS保存場所(けいおん!) TOP  >  カオス >  唯「えんじょう!」

お知らせ

SS保存場所は移転しました。
現在けいおん!関連の更新はしていません。
今後更新するかは未定です。
SS保存場所






唯「えんじょう!」 【カオス】


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286038212/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/10/03(日) 01:50:12.45 ID:cn9GJYX7O

澪「えっ」





2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 02:00:24.27 ID:cn9GJYX7O

どうもこんにちは、平沢唯です。放課後ティータイムは今や大人気アイドルとなってます。

ニューシングルは売り上げランキングは必ず10位以内、

音楽番組からも引っ張りだこ、海外進出も夢じゃないと言われました。

私達はとっても喜びました。しかし、そんなある日の事です。

────

唯「えぇ!?澪ちゃんブログやってるの?」

澪「ああ、そうだけど?」

唯「へぇ~すごいなー憧れちゃうな~」

澪「そんな大した事じゃないだろ、梓も律もやってるしな」

唯「なんと!!」ガビーン

澪「唯もやってみたらどうだ?最近だと無料で開設できるぞ?」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 02:09:30.94 ID:cn9GJYX7O

唯「じゃあ、やってみよっかな?帰ったら難しいことは憂に聞いてみるよ」

澪「そうだ、それが良い。あ、ちょっと待ってて…はい」サラサラ

唯「?何これ?えいち…てぃー……」

澪「私のブログのURLだ。もし開設したらリンクに貼ってくれ」

唯「ゆーあーるえる?リンク?……何だか分からないけど、分かったよ!」

澪「ああ、それじゃあな!」

唯「うん、ばいばーい!」

────

唯「うーいー、ただいまー!」

憂「お帰りなさいお姉ちゃん♪」(玄関で押し倒してくれないかなぁ)

唯「あ!あのね、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

憂「え、何を聞きたいの?」(彼氏?じゃあ悪い虫は追い払わなきゃ百分割にして下水に捨てなきゃ)

唯「あのね、ブログをやってみたいんだけど……」

憂「ブログ!?」(まさか、ネット上数十億の人前で私に告白を……)



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 02:19:30.22 ID:cn9GJYX7O

────

唯「タイトルは『うん☆たん日記』でいいかな……名前は…ひらさわ…」

憂「実名で登録!?」(お姉ちゃんの名前が世界に響く、だと……)

唯「えっ!?何かいけなかった?」

憂「……いや、何でもないよ♪」(危うく変なリビドーに落ちるところだった……)

唯「そう…ブログの背景は……あ、これかわいいー!」

憂「そうだね、可愛い♪」(でもお姉ちゃんが百那由多倍可愛いよ)

唯「プロフィール画像……うい、デジカメってあったっけ?」

憂「はいっ!」(万が一に備えて六台持ってるもんね)シュバッ

唯「可愛く撮ってね~」

憂「うん!ハイ、チーズ!」カシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

唯「そ、そんなにはいらないよ……」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 02:30:07.08 ID:cn9GJYX7O

唯「こうして…えっと………出来たー!」

憂「やったねお姉ちゃん♪」(ついにお姉ちゃんが世界に進出したー!)

唯「よぉし!初日記書くよ!」フンス!

憂(ああ、お姉ちゃんが世界に情報を発信する……)

唯「最初は挨拶からかな……『ブログ開設しました!これからよろしく!』っと……書き込み!」

憂「おめでとうお姉ちゃん♪じゃあご飯にしない?」(お腹の音を録音する機材は完備してるけど)

唯「うん、そうだね!お腹ペッコペコだよ~」

憂「好きなだけお代わりして良いからね♪」(女体盛り用に身体は洗ってあるし)

────

唯「ごちそうさま~!」

憂「お粗末様でした♪はい、アイス♪」(一切の抜かりはないっ!)

唯「あいすー!」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 02:44:35.05 ID:cn9GJYX7O

唯「……あ、そういえば」ゴソゴソ

憂「ん?何の紙かな?」(メアドか?他人の電話番号か?今すぐ外出してトイレとかに書いて……)

唯「澪ちゃんがブログやってるみたいだからさ、そのURLなんだって~」

憂「fuck'in son of the bitch!」(えぇ!?そうなんだー)

唯「!?」

憂「あ……へぇ、そうなんだー」(あの●●●●雌豚野郎……)

唯「それでね、どこに入力するか教えて欲しいんだけど……」

憂「解ったよ、えーと…はい、出来たよ♪」(落ち着け憂、後で暴れれば良いんだ……)

唯「おぉー!これが澪ちゃんのブロ…グ………」


『ミオの極彩色の部屋── THE DREAM WORLD──』



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 02:50:55.37 ID:cn9GJYX7O

唯「…………」

憂「…………」

唯「……えーと……自己紹介は……」

何故人間は夢を見るのだろう。叶えられないかもしれないのに。
まるでコーヒーに浮かべた角砂糖を融かすように世界は流れていく。
その流れの中で一筋に歌を残し刹那を駆け巡らせていく存在……
放課後ティータイム、秋山澪。この多様な電子の海ではミオ。
田井中律
平沢唯
琴吹紬
中野梓
そして私。
誰が欠けても成立しない、お互いが依存する哀しげな音楽隊…………

唯「」

憂「」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 03:02:55.48 ID:cn9GJYX7O

唯「…何、この……何?」

憂「何か、澪さんって……すごいね……」
  (やべぇぇぇ!脳改造されてる!もしくはスピードボールやってる!)

唯「あんまりカウンター回ってないし…日記に…POEM?」カチ


スイートクラウド
あの雲はマシュマロでふわふわと柔らかいまま宙に浮かび眠っている
黒い雲はチョコレートソースがけ 苦い苦いビターチョコかな?
だから泣いているの、苦いのは嫌だよーって わんわん泣いて、シロップを地面に降らす
ココアパウダーの地面はいつもありがとうって、若芽のグミをクッキーの太陽に伸ばすの


唯「」

憂「うっぷ……ちょっとトイレ……」(やべぇ!胃腸にきた!毒撒き糞野郎が!)タタタタ

唯「……はっ、に、日記の方は…」カチ

憂「オゲェェーッ!」ビチャッビチャチャチャ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 03:16:37.52 ID:cn9GJYX7O

ミオの徒然なる日々その86
今日はPOEMを三話更新した、そして私の頭はシフォンケーキだ。
真ん中は空っぽで、そこからどうでも良いことが抜けていく。
大事な思い出はずっと甘くしっとりとしたまま。だから私はシフォンケーキ。

唯「ま、全く変わってない……うっぷ!」ダダダダ

憂「げっふ……あぁしんどかった……!?」(お姉ちゃん!?まさか私のゲロ風味の唇を…)

ガチャ、バタン!唯「お、オボゥェェェッ!」ビチャ!ビチャビチャ!

憂「…………」(私のゲロを貰ってくれるなんて……)ジーン

憂「……ん、日記………」

憂「………うぶぶっ!」(コイツかぁ~っ!畜生!)

唯「ハァ……びっくりしたよ……」トボトボ

憂「!」ダダダダ、バタン!(……お姉ちゃんのゲロ臭!)

唯「え!?まさか憂も……」

憂「ヴボェェェヘヘヘッ!」(お姉ちゃんのゲロを嗅ぎながら胃液を吐ける!幸せ!)ビチャチャチャ

唯「!?」



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 03:29:40.91 ID:cn9GJYX7O

────

唯「はぁ……」(昨日はびっくりしたよ……)グッタリ

律「よぉ唯!って何か辛そうだがだいじょぶか?」

唯「おはようりっちゃん…それが…あ……りっちゃんもブログ持ってたよね?」

律「おぉ?ついに唯も知るようになったか…私のブログをっ!」サッ

唯「……え、携帯からも見れるの!?」パァァッ

律「ああ!最近じゃ携帯から記事を送れるぞ!」ニコッ

唯「えぇぇ!?すご~い!……あ、私もブログ始めたんだ~」

律「何ぃ!?ついに唯も始めたのか……」

唯「それでね、りっちゃんのブログを貼って良いかな?」

律「もちろん大歓迎だ!あ、これが私のURLな」ピピッ

唯「うん、ありがと~!えーっと」(後ろのドラム日記……良かった普通で)ホッ

律「?」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 03:40:08.98 ID:cn9GJYX7O

唯(日記は…とりあえず先月のを見よっと)

上タン柔らか!
今日は演奏明けの打ち上げで焼き肉店に行ったら丁度食べ放題やってましたっ!
上タンを焼いては食い、焼いては食いの繰り返しで、澪から突っ込まれたー!
あ、肝心の澪はずっと焼いた肉をサンチュに巻いて食べてました!
食べ放題キャンペーンは来月いっぱいまでやってるそうなので、隙があったらまた行きたいです!

唯(あのお肉は美味しかったなぁ……また行きたくなってきた)ジュルリ

律「ふふん、涎を出したな?」

唯「……ハッ!?」

律「無理もないだろう……何故ならそのブログ、八割方食べ物関連しか書いてないからなっ!」ババーン

唯「なんと!?」ポチポチ

唯(打ち上げで行った店、たまたま立ち寄ったレストラン、果ては駄菓子まで……)

唯(これは…もはや食べ歩き紀行と言っても間違いないっ!)



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 03:51:33.20 ID:cn9GJYX7O

律「それで、お前のブログはどうなんだ?」

唯「URLは……で…まだ挨拶しか書いてないけど…」(りっちゃんの、1日何千人と見てる)

律「どれどれ……あら、ランキングサイトに登録してないんだな」

唯「ランキング?」

律「私のブログを見てみろ。へへ、ちょっと多いが8つのに登録してるだろ?」

唯「おー!現在……36位……」

律「順位は気にするな。こういうサイトに登録してから、ネットやってるみんなに見せられるんだぞー?」

唯「なんと!?」ガビーン

律「家に帰ったら登録してみな。大体3つぐらいが目安だ」

唯「うん、そうするよ!ありがとうりっちゃん!」

律「おうよ!……あ、梓ー!」

唯「あずにゃ~ん♪……はっ!?」(あずにゃんもやってたよね……)

梓「なっ!?」(抱き着く途中で動きが止まった?)



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 04:12:00.72 ID:cn9GJYX7O

律「なんかさ、唯もブログを始めたみたいなんだ」

唯「それであずにゃんもブログやってるって聞いたからさぁ~……見せて?」

梓「あ、そういう事なら……」ピピッ

唯「ありがと~あずにゃん♪」(あずログ、か……まずは日記かな…?)カチカチ

トンちゃん観察記
今日もカメラ目線を外しません。相変わらずの顔をしています。
そろそろお嫁さん探しに行こうか迷ってます。そしたら名前は……唯先輩に決めてもらおうかな?

唯「…トンちゃんが大きくなってる!?」

梓「そうなんですよ、日に日に成長してるみたいです!」

唯「あ、近所の野良猫を写真に!?可愛い~!」キャッキャ

梓「その子は週に三度は遭遇するです!もふもふでしょ?」キャッキャ

紬「………」●REC

律「ハッ!?いつの間に……」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 04:19:45.08 ID:cn9GJYX7O

唯「……あ、あずにゃんのブログにもランキングサイトが!」

梓「登録しないと始まりませんからね。今ではコメントも毎日届いてます」

唯「あ、ほんとだ~!」(トンちゃん可愛い、私の家の亀も元気です、ペロペロ……)

梓「先輩のブログにリンク貼っても構いませんよ。同じ放課後ティータイムですから」ニコッ

唯「あずにゃ~ん!ありがとぉぉっ!」ダキッ

紬「うふふ♪」●REC

律「………」(コレ、言った方が良いのか?)

唯「……あ…」(そういえば澪ちゃんに教えてもらったんだっけ)

律「どうした?」

梓「まさか気分でも悪いんじゃ……」

唯「いや……澪ちゃんのブログについてなんだけど……」

律「っ!?」

梓「っっっっっっ!?」

憂「オボェェッ!」(お姉ちゃんの思いが吐き気に!?)



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 04:30:50.52 ID:cn9GJYX7O

唯「……あの、二人とも…?」

律「ゆっくり話せ、唯……身体の痒みが収まらない…」ガリガリ

梓「ちょっと待って…うっぷ……ん……」ゴクリッ

唯「…………知ってる?」

律「ああ、勿論……教えたのは私だからな」ガリガリガリガリ

梓「正直、あれは少し……うぷ、また上がってきた」グッ、ゴクン

唯「教えたの、りっちゃんなんだ……」

律「だって親友だから教えてやらなきゃと!しかし待っていたのは……ぐあぁ痒い!」ガガガガガガ

梓「すべてが予想以上で……あ、トイレに………」スタタタタカササ

唯「……なんか、ゴメンね……」

律「いや、謝らなくていいよ。一番の問題なのは……」

澪「おはよう、皆。今日は私が一番最後か……」

唯「あっ」

律「っ」ガリガリ



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 04:46:56.22 ID:cn9GJYX7O

澪「……で、律。聞きたいことがあるんだが」

律「何だ?」ガリガリ

澪「ブログランキングサイトを教えてくれないか?」

唯「!!」(どうしようどうしよう)

唯(もし澪ちゃんのブログを見たなら……)

唯(同時多発ゲロが発生するよ!)

律「………あぁ、良いともさ」

唯(りっちゃん!?)

澪「本当か?ありがとう律、これで広める事ができるよ」

律「良いって良いって、これがURLなー」ポチポチ

澪「……よし、届いた!」

唯(\(^o^)/)



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 04:56:45.37 ID:cn9GJYX7O

澪「ん……済まないがトイレに……」スタスタ

唯「……りっちゃん、何で教えたの?あのままだと犠牲者が…」

律「大丈夫だって。教えたランキングサイトについてだがな…痒っ!」ボリボリ

紬「うふふ♪」バリバリ

律「あぁ、気持ちいぃ……もっと右…ヒットしてないサイトは自動的に消去だ…」

唯「…えーと…つまり澪ちゃんのブログは……」

律「しばらくしたら無くなる……かもしれない…あぁ…ムギ!?」

紬「りっちゃんの背中、柔らかいわね…♪」


そんな、いつも通りの光景が変わったのは、それから二週間後の話でした………



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 05:09:43.53 ID:cn9GJYX7O

────

唯「『今日はギー太の弦を張り替えました!ついでにピカピカに磨いてあげました!』っと………」

憂「すっかりブログも慣れたね♪」(ギター風情が、無機物の癖にお姉ちゃんに……)

唯「でもりっちゃんは半年前からやってるから敵わないかな……あれ、メール?りっちゃんから……」ピッ

件名:今すぐこのランキングサイトに行って
本文:澪のサイト見てみろ!大変な事になってるぞ!

唯「……澪ちゃんのサイト?どれどれ……」カチッ

憂「はいお姉ちゃん!エチケット袋だよ!」(出したらちゃんと私が保管を……)

唯「ありがとう……特になにも変わってない…うぷ……え……!?」(コメントが128件!?)カチカチ

憂「………これは!?」(うへっwwwwざまぁwww)


─────
VIPから来ますた
─────
ポエムきめぇ……ガチで吐いた
─────
澪ちゃん痛すぎワロタwww



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 05:18:12.37 ID:cn9GJYX7O

澪ちゃん電波過ぐるwww
─────
うわぁ……きめぇ………
─────
ミオちゃんは良い子ですよ。あなた達みたいな人がバカにしないでください。
─────
上の意見に同意です。私もミオさんみたいになりたい。虐めないでください。
─────
↑自演乙www

唯「これって……炎上、ってやつだよね……」

憂「澪さん……大丈夫なのかな……」(ドゥッヘッヘwwwwやばいwww我慢できねwww)

唯「と、とりあえず澪ちゃんに、いや、あずにゃんに知らせて……あ、あずにゃんから!」

澪先輩のブログが大変です!

唯「『もう見てる』返信!」ポチッ

憂(雌猫が、遅ぇよバーカ)



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 05:30:43.44 ID:cn9GJYX7O

唯「今度はりっちゃんからメール!?」ポチッ

本文:澪と連絡がつかない!メール送っても返ってこない!今家の前だけど開かない!

唯「返信……次はあずにゃんから!?」ポチッ

大至急近くのファミレスで話し合いましょう、律先輩も呼びます!

唯「『りょうかい!』返信」ピピッ

憂(雌猫糞野郎が、今ファミレス?万が一お姉ちゃんに何かあったら……)

唯「うい、行ってくるね!」スタタタタ!

憂「分かった、行ってらっしゃい!」(さーて………)スック

憂(2ちゃん…ニュー速……『【ガチ電波】秋山澪のブログが痛い件』っと……)

────

律「スマン、遅れた!」

梓「早く座って下さい!皆揃いましたね、知っての通り先輩のブログが……」

唯「……待って!更新されて…っ!!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 05:46:11.19 ID:cn9GJYX7O

今このブログを見ている人達へ
何でいちいち嫌なコメントを残しますか?もしくは私の作品が理解出来ないんですか?
どうせあなた達は頭が悪そうなんで、別に理解して欲しくはないです。心底下らない。
悪口を残した人はみんな訴えます。最高裁まで持ち越しますからそのつもりで。

律「火に油注いでどうするんだ!」

梓「しかも中指立てた写真付きで……」

唯「澪ちゃん……もうコメントがこんなたくさん!?」


─────
ニュー速から来ました、勘違いするなハゲ
─────
ふわふわ時間とかふでぺんボールペンとか歌詞が本気で気持ち悪い
─────
唯……全てに恵みをもたらす天使
紬……金持ちひけらかし沢庵ブス
律……未来ハゲデコフラッシュウーマン
梓……仕切り屋KYゴキブリ
澪……電波伝導性サッカリン脳味噌ハゲ
─────
↑唯好き過ぎだろwww



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 05:58:35.69 ID:cn9GJYX7O

律「あん畜生!意地でも電話に出てやる!」ピポパ

梓「唯先輩、私達は何をすれば……」

唯「えーと………ごめん、思い付かないや……」

梓「そうですか……じゃあ祈りましょう……」

唯「うん!!むむむ……」(澪ちゃんのブログ炎上が収まりますように……あれ?)

────

憂「……あ、もうブログ消しちゃったかぁ…」

憂「………魚拓は全ページ用意してあるけどね♪」

────

唯「ブログが消えちゃった!?」

律「何ぃ!?全く電話に出ないし……」プルル、プルル……
梓「……どうしたら……澪先輩の頭に血が登ってないと良いんですが……」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 06:09:37.02 ID:cn9GJYX7O

律「……駄目だ!澪の奴、全く反応が無いぞ!」

唯「えぇぇ!?ど、どうすれば……」

梓「………こうなったら先輩の家に乗り込みましょう!」

唯「えぇっ!?」

梓「澪先輩は頼りになるけど、メンタル面はボロクソに弱いんですよ!」

梓「布団から足を出してはいけないって聞いて、夏場でも布団被って寝てるんです!」

梓「悔やんでいる内に自殺なんかしていたら、どうするんですかっ!」

律「梓…そうだ、こうなったら乗り込むしかないっ!」

紬「そうよっ!」

唯「ムギちゃん!?いつの間に……」

紬「やっと見付けた……詳しい事は全部解ってるわ!行きましょう!澪ちゃんの家に!」

梓「やってやるです!」



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 06:24:05.37 ID:cn9GJYX7O

澪ちゃんはマンションで一人暮らしです。
でもマンション自体は高校時代の実家から歩いて十分の場所にあります。

唯「……ムギちゃんは何で澪ちゃんのブログを知ってたの?」スタタタ

紬「有名な掲示板に澪ちゃんの名前があるのを見付けて……それで」スタタタ

律「……あれだ!あのマンションの、確か………六階の右から三番目の部屋だ!」

────

憂「『今澪さんのマンション前にいるけど…』スネーク、よくやった」カチャカチャ

憂「『部屋前までGO』っと………」カチャカチャ

────

梓「あれ……純!先輩のマンション前で何を?」

純「あ、いや………何でもないから……」サササッ

梓「携帯片手に何を……?」

───

憂「『邪魔が入った』?くそ、空気読めない奴………」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 06:26:38.78 ID:maoZKnYo0

wwwwwwwwwww
純wwwwwwwwwwww


憂は唯にカメラぐらい仕込んでるはずだろ





33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 06:35:48.43 ID:cn9GJYX7O

>>32
憂「そんなことしたら犯罪じゃないですか!」(部屋には仕掛けているけど)

律「秋山……ここだ!おい、澪!中にいるんだろ!」ドンドン

唯「澪ちゃん、いるんだよね?私達だよー!」ドンドン

梓「澪先輩、何の心配もいらないですよ!どうせコメントしてる奴は口だけばっかですから!」ドンドン

紬「澪ちゃん、開けなさい!……こうなったら!皆、下がって!」ススス

律「ムギ?一体何をする気で……」

紬「まんぼぉぉっ!」ドガァッ!

律「うぉぉ!?扉が弾け飛んだっ!」

唯「これで中に入れるよ!行こう!」ダッ

梓「はいっ!」(紬先輩には逆らわないでおこう)



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 06:52:13.19 ID:cn9GJYX7O

律「澪の部屋、入るのは始めてじゃないんだが………」

唯「花柄の壁紙なんて初めて使ってるの見たよ……」

梓「ぬいぐるみがあふれかえってます……」

紬「可愛いわね…でもまずは澪ちゃんの部屋……」

律「あった!おい、澪!」ガチャガチャ

唯「また鍵が掛かってる!?」

梓「怖がり過ぎというか……ムギ先輩?」

紬「解ったわ!みんな、下がって!」ススス

梓唯律「りょうかい!」サササッ

紬「すぅぅぅ…まんぼぉぉぉっ!」ドガァッ!

────

憂「『何故か扉がぶっ壊れてるんだが』?『こうなったら行くしかないだろ』っと……」カシャカシャ



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 07:12:03.39 ID:cn9GJYX7O

澪「…………」

律「澪っ……アイマスクに耳栓、か………」

唯「…………」

梓「…………」

紬「…………」

律「…………」

澪「ZZZ………」

律「えっ」

紬「えっ」

唯「えっ」

梓「えっ」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 07:23:38.14 ID:cn9GJYX7O

律「とりあえず起こすか……」ユサユサ

澪「………うーん……」モゾモゾ

純「突撃したものの……何やってんだろ……」

梓「あれ、純?」

純「えっ」

澪「…………」

澪「えっ」

─────

律「澪、お前ののブログについてだけど……」

澪「ああ、さっぱり消したからもう終わっただろ?」

唯「えっ」



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 07:34:53.95 ID:cn9GJYX7O

梓「先輩…甘すぎます……ネットではまだまだ騒ぎ続けてますよ……」

澪「えっ」

律「不特定多数の人達に見られている上であんな写真貼ったら流石にな……」

澪「えっ」

紬「今掲示板にはアンチスレ五件、それからもうまとめwikiも出来てるわ、ブログの魚拓含めて」

澪「えっ」

唯「澪ちゃん、正直に言うとポエム見てたら吐いちゃったよ……」

澪「えっ」

純「『今HTTメンバー全員集まって澪袋叩き中』っと………」

澪「えっ」

────

結局この騒ぎの後澪ちゃんはしばらく活動を停止する事になりました。

決め手はガジェットなんたらやヤフーのニュースに載ったからです。

半年経った今でも澪ちゃんはネット上で「サッカリン脳」というあだ名で呼ばれています………



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/03(日) 07:49:27.37 ID:cn9GJYX7O

あ、でも一つだけ良いことがありました。

ムギちゃんに頼んでアンチスレとやらを見せて貰ったら、やたら私を持ち上げる人がたくさんいました。

澪ちゃんには不謹慎かもしれないけど、素直に嬉しかったです。

────

憂(携帯15台、パソコン5台、iPhone3台、計23機)

憂(携帯とパソコンの機種は全て別、ここまであるならば好き勝手が自演は可能)

憂(つまりは如何なるスレの流れを完全に支配することが出来る!)

憂(『サッカリン脳より唯ちゃんだな』『唯ちゃんが一番』『沢庵きめぇ』『デコ眩しい』)

憂(『HTTの梓ってゴキブリなの?』『澪「ゲロ吐きまーすwww」』『唯ちゃんは天使』…………)


終われ



関連記事

ランダム記事(試用版)




唯「えんじょう!」
[ 2010/10/03 15:20 ] カオス | | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

サイト関連
メール ツイッター 最新記事一覧(30件)
ユーザータグ 検索

U:
P:
色々変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更


本体の背景色変更


名前の色変更
IE8:重
火狐4.01:軽
chrome:軽


広告4
広告5
広告6